« ヒールスニーカー | トップページ | HEDIARD ハーブティ フラワーフルフレイバー »

映画「おくりびと」

とても穏やかで、心が凪いでくる映画でした。

納棺師のお仕事が、とても美しい所作として描かれてました。

最愛の人とのお別れのシーンの数々も、人の心の温かみを感じ、単に悲しく沈んだものに終わらず、時折コミカルなシーンも人としてのあわれを感じました。

テレビよりも、映画で見てよかった、と思わせる映像と音楽です。

ステキ…

次は、「トウキョウソナタ」「アキレスと亀」だな。

|

« ヒールスニーカー | トップページ | HEDIARD ハーブティ フラワーフルフレイバー »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「おくりびと」:

« ヒールスニーカー | トップページ | HEDIARD ハーブティ フラワーフルフレイバー »