« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

スコーン

お休みの日の朝はパンケーキにすることが多いです。

バターをたっぷり溶かして、メイプルシロップをかけて…朝から甘いものを口にすると、テンションしますよね。

パン好きで、こどもの頃は毎朝パンで育った私です。

が、今、平日の朝はほとんどごはん食。学校の給食までお腹がもたないこども達のためです。

お休みの日だと、お腹がすけば昼食の時間を少し早めることもできるので気兼ねなく、パンとスープにありつけます。

Cimg7135 で、今日は久々にスコーンを焼きました。

レーズンとくるみをたっぷり入れ込んで、カンタンにスプーンで盛って、250度で約15分くらいで焼きあがります。

さくさくなのは嬉しいのですが、何せ行儀の悪い子供たち…ポロポロこぼすこぼす…

だから、滅多に作りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイーツデコ~シロップがけの楽しさ

スイーツデコにはまり数週間。

ちまちま作っていたパーツをそろそろ使ってみようと思いました。

黒すぐりやラズベリー、イチゴを使うとなるとやっぱりタルトかしら…

でもタルト台は作ってない

で、コールドストーンクリマリーのワッフルコーンカップに似せて作ったものを代用。

Cimg7144 写真手前がそれです。ひだが寄っているのがそれっぽいかな。好きだよね~コールドストーンクリマリー

奥はソフトクリーム。

左はドーナツ。

さて、ここで初めてのソースがけ体験です

ソフトクリーム屋さんの見本を見て自分なりに研究はしていたものの、やはり難しい…

使ったソース材料はコレ

Cimg7145 右三点は、ガラス絵の具。100円ショップダイソーで扱ってます。

黄色は、シリコンの白クリームにのせるとちょっとオレンジがかったマンゴソースのような仕上がりになるので、この三色の中では一番のお気に入りかな

左のマロン色はTulipのSlick。ファブリックペイント絵の具です。Tシャツの上にのせて模様書きできるもの。かなりべったりとしたのりかたなので、まさにチョコソースドーナツの上にかけたものがそう。ユザワヤで買いました。

ガラス絵の具のちゃいろはソフトクリームの上にかけたのだけど、透明感があり、かなり仕上がりは違います。キャラメルソースっぽいかな。両方買ってて良かったかも。

あらためて思いました。ソースがけ、難しい~~でも、楽しい~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュトーレン

シュトーレンそろそろクリスマスのご飯は何にしようかと、気にかかる時期。

今日のパン教室ではまさにクリスマスらしいドイツの伝統的なパン、シュトーレンを習いました。スライスアーモンドとウォールナッツの入ったマンデルシュトーレンと、ミックスフルーツのたっぷり入ったクリストシュトーレンです

焼き上がったパンに、ブランデー、バター、アプリコットジャムを順にたっぷり塗りこむ作業は、イベントっぽくて何だか楽しいお酒OKな人だとブランデーを重ね塗りしたりして。最後に粉糖をたっぷりふると、おめかししたようでそのままギフトに出来そう。

食べ応えも充分です。とはいえ、お店で買うどっしりした保存に向く重厚感とは違うのです。ふんわりとしていて、ミックスフルーツの味も何だかフレッシュに感じるのは焼きたてならではかしら。この瞬間を味わえるのは教室だからなのですよね…幸せです

シュトーレンそしてそして、このパンだけでなく、おまけメニューとして、ポンデケージョも作りました大好きなんですね~このもちもちパン。いつか習いたい、と熱望していたメニューなので、念願かない感激しかも、作り方がカンタンなのでさらに感動これはうちでも材料さえ揃えば、作れそう…いや、作ります
シュトーレン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和三盆糖

和三盆をいただきました。

小箱に入ったものを何箱も。

「もらいものなんだけど、うちでは私しか食べないから~」と笑って、「こんなに食べられるかな?迷惑じゃないかな?」と不安そうに尋ねてきました。

心配ご無用!

我が家は皆甘党です。和も洋も何でも大好き。

こども達は和三盆糖がお干菓子として、お薄のときに出されるものとは知らなくっても、ポイポイひとつ二つと喜んで口に入れていきます。

Cimg7134 Cimg7140 徳島の岡田糖源郷というお店のものです。

岡田製糖所といって、和三盆を製造し、和菓子商へ卸しているのが本業だそうです。

口に含むとさらりと溶けて、

優しい甘みが広がりますが、後味はさっぱり。こども達も虜となり、写真にある紅白の包みなど3個食べ、さらに4個目と間をおいては食べたがります。

あっという間に積み上げられた箱が残すところ一箱となってしまいました。

最後の箱は、紅葉などをかたどった細工ものなのでなおさら大切に食べたいようです。

私も、ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みたらし団子

Cimg6912 ちょっと前のお話になりますが、

満月の夜のこと。

「今日は満月だよ!お月見団子は用意した!?」

と、こどもが突然言い出しました。

学校でこの日は満月ですよと聞いたようです。

「え~~急に言われたって!」

蒸したり、ついたりは面倒…と、手軽に白玉粉を使ってみたらし団子をこしらえました。

「違うよ~~お月見団子だよ!」

そんなこと言われても…時間がないんだもの。

期待に添えなくてゴメンナサイ

でもこのミニサイズの串団子もなかなか可愛いと思うのだよ

まあ、最後はおとなしく、食べてくれました

次回からちゃんと満月に向けて備えなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボンゴレビアンコ

谷原交差点よりやや北よりにある大型スーパー「フレッツ」で、あさりが安かったのでごっそり買い込んで、夜はあさりの酒蒸し、そして休日のお昼は簡単パスタにしてみました。

パスタ、気軽で美味しくって大好きです。

でも休日はどんなソースにするかで悩みます。

なぜかって…

母子はともにトマトソース大好き。

家人はトマトソースが好きでない。やたらとクリームソース好き。

ボンゴレロッソだと、ソースの最後まで美味しく食べられるから大好きなメニューなのですが、休日は泣く泣くあきらめます…(たまには出すけど

で、ボンゴレビアンコ。

コンテナガーデンでわっさわっさと育った青じそを使い、バジルも使い、ニンニクをなじませたオリーブオイルに、軽くワインで蒸したあさりの汁を投入。

さらにパスタの茹で汁をちょっと足して、隠し味に昆布茶をちょっと溶かし、白胡椒をスリスリして。

茹で上がったパスタを強火でさっとソースとなじませたら、皿に盛り、あさりをのせます。

Cimg7020 お野菜が足りないので、1cm角切りにした(ミルポワ)根菜や香味野菜を煮込んだスープを添えて。

あぁ、グラス一杯でいいからワインが飲みたくなる…

やっぱり、ボンゴレビアンコだったらソアベがいいなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サランボ

いつもは小さめのシュークリームを何個も食べるのですが、今日は欲張って大きめのものを作ってみました。

手のひらにドンと乗るくらいの大きさ。

コージーコーナーのジャンボシューくらいかな?

でも、その大きさになると可愛げもなくなってくるのでちょっぴりお化粧を…

Cimg7131 サランボ

外は飴がけをして砕いたナッツを真ん中にくっつけます。

オーブンシートの上にくるっとひっくり返しておけば、このとおり表面が平たく飴もダラダラと周りに広がらずにすみます。

中はラム酒やキルシュワッサーなどリキュールを利かせるのがサランボらしいのですが、私はグランマニエにしてみました。

こともあろうに子供たちはこれが出来るまで待ちきれなかったのか、ぷっちょを食べ始めました。

…ああぁ~、手作りスイーツの前になんてこと…

お腹すかせた状態で味わってほしかったのにぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイーツデコ材料集めに走る

このところスイーツデコにハマリつつあります。

この間まで、やっぱり食べられるお菓子作りの方が性に合う、と言っていたのに

集い作り方を教えてもらいつつ、おしゃべりしつつ…が何ともこの細かな作業を楽しいものに変えたようです。

…で、おうちでも作ろうと、まずは参考書を購入。それから粘土。あと、ビーズ、絵の具他色々。

ユザワヤや、貴和製作所、ダイソーを見てまわります。

目が疲れました…

でも、めげない。

パーツ作りを始めます。

Cimg7013 いちご

Cimg7018 ラズベリー

手前のピンクは、ツヤ出し前。

まるで、りあるジャンボタニシの卵だったので、

これは記念にパシャリ。

Cimg7019 こちらは色違いでブラックベリー

青っぽく写っているのはツヤ出し前。

今はひたすらパーツ作りですが、これを使ってスイーツが完成したらまた記念写真をとろうかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハヤシライス

ドラマ「流星の絆」にハマッてます

ドラマのなかのショートドラマが宮藤官九郎らしさ炸裂で小さな起爆がたくさんしかけられてます。ドラマ全体はシリアスで、私の好きな作家東野圭吾さん原作。二人の作品の表現は真逆といった印象をもってたけど、このドラマはうまく合わさって二度おもしろいのです。

で、最近どこへ行ってもかかっている嵐の「beautiful days」を聴くたびに、ハヤシライスを食べたい口になってしまうのです。そう、パブロフの犬です。

ドラマのなかでも頻繁に出てくるハヤシライス。私も小さな頃はよく食べていましたが、大人になってお店でも出すところも少なく、自然と口にする機会が減りました。

だから、ハヤシライスのルーをお友達から「おススメよ」といただいたときにはガッツポーズ

Cimg7009 作りましたよ、早速。

このルー。私の好きなコスモ食品とパッケージが一緒。

有限会社岩木屋のものです。

表はビーフシチュー・ルーとあり、裏面はハヤシ・ルーとあります。…というか、どっちが表??

バターでしっかり炒めると、とてもまろやかで酸味やわらかなハヤシライスが出来上がり。

この味、クセになりそうですCimg7010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュークリーム

今日のおやつはシュークリームです。

お友達のお宅で、スイーツデコを教えてもらうことになり、手土産用に作りました。

久々なので、生地の固さがどうだったかな~状態でかなり心配でしたが、何とか何とか膨らみました。でもベストまではまだまだ…久々だとやはり詰めが甘いようだわ

Cimg7006 上にアーモンドを刻んでのせました。

ちょっと焦げているのは、おうち用だからいいのさ。

スイーツデコは、ひたすらパーツ作りでした。

フルーツの作り方のコツも教えてもらったし、

明日は材料の買い足しにユザワヤに行こうかな、ともくろんでおります

お菓子作りも楽しいけど、スイーツデコ作りもみんなでワイワイしながらすると楽しいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビビンバを家で作ると…

昨日は雨も降り、肌寒い一日でした。

こんな一日は朝からホットプレートで始まります。

朝はパンケーキ。目の前で湯気があがり、ふんわり甘いパンケーキをほおばると幸せ~~

今朝はこどもが焼いてくれたり返したりしてくれたので、見ていて心もあたたまる

お昼は、ビビンバを作ることにしました。

ナムルを大量に作り、豚肉を刻み味付けて焼き、バットにそれらを整然と並べていきます。

ホットプレートは250度にセット。

ゴマ油をひいたら、なるべく薄めにご飯を広げ、その上にナムルとキムチ、お肉をのせ、

卵をおとし、刻んだのりをたくさんのせて…

Cimg6977 あー…くずすの、かなり勇気がいります…

綺麗に並べたんだけどな~

そう悩んでいるうちにもチリチリ、チリチリ…

ご飯の焼ける音。

ここで一気に、コテとフライ返しで混ぜ込んでいきます。

カチャカチャカチャカチャ…

石焼ビビンバは味覚、視覚はもちろんのこと、聴覚でも楽しめるご飯なんですねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

持ち寄りごはん

友人と持ち寄りごはんです。

Cimg6914 真ん中は、茄子と牛肉の和風マリネ

三つ葉と唐辛子が色を添えて、食が進む一品。

これはもって来てくれた方にレシピを教わったので、近々作ってみます。

私が作ったのは右斜め上のレンコンのはさみ揚げ

鶏つくねをれんこんで挟み、てんぷらにして揚げた後、甘辛い醤油ダレを作ってからめました。あと、おにぎり。

他にいただいたのは、トマトソースのペンネと、バジルソースのフジッリ

あと、春巻きの皮にかぼちゃのペーストを入れて揚げたもの。

かなりお腹いっぱいです。

デザートには、スパイスシフォンケーキ

朝のうちに出来るお菓子といったら、こういうスポンジ系が一番。

Cimg6915 Cimg6916 切り分けるとぷぅ~んと色々なスパイス香が…

お友達がカフェオレをポットに入れてきてくれたので、ぴったりでした

スパイスの強さからいうと、紅茶よりミルクたっぷりのコーヒーの方が合います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

La毛利

大泉の北にある白石農園。

都内でもこれだけの広域の農地は現在ではかなり少ないようです。

この農園に隣接してあるLa毛利のランチに行ってきました。

Cimg6906

日当たりもよく、窓の外はのどかな畑。天井の梁からは生ハムが何本もぶらさがって、開放感あふれた店内はゆったり落ち着きます。

Cimg6911 椅子の背もたれ部分は…

キャベツ

ランチにはメインの入ったコースと、パスタのコースがありましたが、私はパスタコースを。

Cimg6908 前菜には、サツマイモと真鯛のキッシュをチョイス。

下の層にサツマイモが入り、中心部はほぐした真鯛のたっぷり入ったフィリング。

Cimg6907 友人たちは、自家製ハムの盛り合わせ。

かなりのボリュームです。

味見させてもらいましたが、

やわらかく美味しかった

Cimg6910 パスタは、トマトベースの七種の野菜のスパゲティをチョイス。

さつまいもやれんこんが入っていたのがビックリ

ごろごろ入ったお野菜はどれも茹で加減良くトマトソースにからまって美味しかったです。

そして何よりも自家製パンが美味しかったです。

「おかわりはいかがですか?」「喜んで!」

ですね。またパンだけでも買いにいっちゃうかも~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チョコバナナクレープ

今日のおやつはチョコバナナクレープ。

昨日行ったスーパーの玄関前に、クレープ屋台が出ていて甘~い香りをさせてたので、

つい食べたくなりました

Cimg6905 朝のうちにココアをたっぷり入れた生地を作って寝かせます。

バナナとミックスナッツ、チョコシロップを購入。

さあ、3時のおやつタイムです。

鉄のフライパンで焼くと、はがすのも難しい…

子供用には、食べやすいように中に具を包み、私の分はたたんだクレープの上にのせてみました。こうすると目でみても楽しい…

何枚も食べたかったけど、私は一枚でガマンガマン…最近ちょっとデニムがきついものですから…

そういえば、福岡のMaison・de・YOSHIDAで食べるクレープシュゼットは絶品です。

行ったのはもう随分昔。

ワゴンでお客のテーブルの前までシェフが移動して、目の前でフランベしてくれるのです。

店内が暗めなので青い炎が幻想的で、香りも立つのでそれだけで酔いしれます。

オレンジたっぷりのソースでふんわり仕上がったクレープはもうとろけそうなのです

あぁ、また食べたい…あれ食べたさに何度か通いましたウフフン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おでんと翡翠ごはん

ひとりでお昼ごはん。

いつも単品だとか、○○ごはん、とか超カンタンに済ませます。

かなりさみし~いゴハンかも。

でも、今日は無性に銀杏を食べたくなったので、翡翠ごはんを一人分炊いてみました。

小さな土鍋だと、お米の芯までしっかり火が通るので美味しくいただけます。

なぜ一人分?家族の分は??

銀杏を子供にたくさん食べさせるな!という家人の手前、銀杏のゴロゴロ入ったご飯が炊けないんですね

ゴメン…銀杏好きなこども達よ。

で、昨日のおでんの残りもあったし…

Cimg6904 あ~~あったまります

私のおでんは、だしとりに昆布と手羽先を使います。

手羽先はトロンとして肉離れも良く、美味しいのですヨ

ちなみにもち巾着のなかにも銀杏二粒入れてます。

どれだけ好きなんだよ~って

| | コメント (3) | トラックバック (0)

グミ☆初製作

料理研究家とうへい先生のブログで、グミの作り方を発見。

それを見て、熱望したこどもと作ってみました。

量ることから、混ぜるところまで、全て小学校低学年の彼がやってのけました。

簡単だと、親の手出しもなく、達成感もあるようでかなり楽しんでました

型に流すところだけ私。

Cimg6810 Cimg6811 こんな可愛い型があったので、使ってみました。

シリコンだから楽かな。

…あ、サラダ油を塗り忘れた…

細かな手足の部分、取り外しが難しい…

Cimg6808 りんごジュースにレモンをちょっと足して作ったので、ほんのり黄色。

ちょっと大きくて、噛むのが大変でしたが、手作りだと優しい甘みでよいです

次回はサラダ油塗りを忘れずに、色もバリエを増やしてやってみたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いせやの焼き鳥

Cimg6803 吉祥寺のいせやで、焼き鳥体験です。

休日は結構混んでいるのを見かけますが、平日は慌てずとも大丈夫なようですね。

二階まで吹き抜けの開放感あふれる店内は、とってもいい気持ち

Cimg6797 壁にとりつけられた扇風機のオレンジの羽が雑貨やチックでお洒落

店員さんも若いお洒落な感じの方たちばかり。

意外…

Cimg6799 オーダーした焼き鳥が焼けるまでの間、もつ煮込みをつまみつつ、ビールを飲みます。

Cimg6801 こちらは友人が頼んだ「かちわりワイン」。

その名のとおり、氷で割ったワイン。

見るの、初めてです

Cimg6800 じゃじゃんッ

焼き鳥、どれでも一本80円だなんて、

店内の雰囲気同様、昭和のにおいプンプン。

素晴らしすぎです

「テラス席」と札のかかった座敷に、一度どっかり座って、のんびりまったりしたいなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホットビスケット

おやつに甘いものを急に食べたくなったら、お店に行く?

いえいえ、アイスだったら買いに出ますが、そうでなければたいてい量りを出すことから始めます。

その方がほどほどの量で満足できるから。

今日はそんなこんなで、ホットビスケットを作ってみました。

Cimg6795 スコーンとほぼ同じレシピ。

今回はレーズンを間にはさんで板状にのばし、四角に切ってみました。

このサイズだとポロポロと食べこぼしもなく綺麗に食べられるかな。

添えたのは、ホイップクリームと先に作ったかりんシロップ

かりんの酸味とレーズンは相性が良いようですね。紅茶といただくと顔がゆるみます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かりんシロップ

こどもが小学校でかりんをもらってきました。

「校内(校庭)で、秋ならではの落ち葉や木の実を探しましょう」という授業のなかで、かりんの実を拾ったものの、図工で紙に貼るには大きすぎる素材なのでそのまま持ち帰ってよし、となったらしいです。

Cimg6790 かなりキズだらけの実。

「これは食べられる実なの?」

と聞かれると、食べられるものだと驚く顔を見たくなるのが親心

早速、これを使ってかりんシロップ作りにとりかかります。

初めてでしたが、煮出して実を取り出した後の薄黄色の液体が、お砂糖を入れて煮詰めていくうちにルビー色のとろりとした煮こごり状に変わっていく様は見ていてワクワクしました

Cimg6792 ホラ、瓶に詰めるととっても綺麗

これをお湯で溶いてのんだりすると、風邪のひきはじめや予防には良いとのこと。

明日にでも試してみましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家日和

3連休ですね。

お天気も良いしピクニックに行きたい気分ですが、明日にとっておくとします。

お天気よい日に外に出るのもいいけど、のんびり陽のあたる暖かい窓辺で、のぉんびり読書もいいものです。

こういうときは普段好きな推理小説、ミステリーものはさておいて、顔がゆる~~くなれる短編集に限ります。

Cimg6228 奥田英朗さんの「家日和」。

なかでも、「妻と玄米ご飯」はニンマリものでおススメです。

巷ではやっているロハスを実践する妻を尻目にひとりぼやく小説家の夫。ご近所にはロハスの伝道者、お洒落でフェミニストな夫婦も登場して、巻き込まれつつある、小説家の夫の視点から描かれています。あるな~、これ。という素材を使っての短編の数々は、軽い読み応えでサクサクとしながらも読後には気持ちが優しくなれるおススメ本です。表紙のミニチュアのような住宅街のイラストも味出していていいんだな~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »