« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

どっさりトマト

蒸し暑くなると、トマトが美味しくなる季節到来です。

そうなるまでもうちょっと先のことなんでしょうが、この間箱売りされていた真っ赤なトマトを見て、つい手をのばしてしまいました。

Cimg0026 まずは、

トマトのきゅうり酢和え。

甘酢にきゅうりのすりおろしを混ぜて、トマトと和えます。

彩り鮮やか。これに青ジソも加えるとそうめんとも合うんだな~~。

でも、この日はハンバーグと青菜の炒め物、トウモロコシと合わせました。

Cimg0021 次の日は、

焼きなすのドレッシング和えのタワーに使ってみます。

トマトが大ぶりな方が、横から赤の色味が映える

横から大きく輪切りにするので、食べ応えも十分。

…というか、箸では食べにくそうでしたが

こっちとあわせたのは、

Cimg0019

いわしのフライ。

最近胃の調子が悪いので、私の分はパス。

好きなんだけどな~

治ってからのお預けだな。

Cimg0020 冷奴には山形のだしをたっぷりかけて。

こどもは、これが大っ好きで、ごはんにもこの後かけて楽しんでおりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かなり大きなウインナーパン

日曜の朝食です。

最近始めたフラッグフットボールの練習が毎週土曜なので、この日の朝は何かとバタついて、パン食も日曜に移動しました。

ドライイーストを使ってのパン作りに戻ったので、朝から仕込みに入ります。

Cimg0024 …のわりに、シンプルな惣菜パン。

ウインナーパンです。

…て、大きすぎっ

アメリカンドッグ用のウインナーを買ったのですが、それに合わせてちょっと大きくしすぎたようです。65g分割?

チーズもたっぷりかけてボリュームありますが、ショートニングを使っているので食感は軽く、こどもでも食べきれるかな。

あとは、桃とバナナのヨーグルト和え。

紅茶。

紅茶用に沸かしたお水ですが、クリンスイでろ過したものを使うとかなり早く抽出できました。さすが~レシピ本とおりでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メレンゲ菓子

メレンゲの焼き菓子に目のない私。

ケーキ屋さんに入ったり、ベーカリーに入って一回りしたら、メレンゲをチェックします。

Cimg9990 先日従姉妹の出産祝いで伺った際に、手土産で選んだのがこちら。

保谷のアルカションのメレンゲです。

ホントは、生菓子が良かったのですが、月曜の朝に訪問、ということもあり、時間的に前日では無理だしな~と諦め、日持ちする焼き菓子を当初より決めてました。

その日の主役はベイビィちゃんだけど、お姉ちゃんとなった2歳の女の子の喜ぶ顔も見たくて。

一緒にうかがったもうひとりの従姉妹も心得ていて、皆が喜ぶゼリーのイエをチョイス。彼女はとても心配りが細やかでいてさりげない女性。自分にはない要素なので、すごく憧れてます。周りの人を和やかにさせてくれるオーラをもつ人っていますよね。

さてこのメレンゲ、ポリポリとかじったり、口のなかで溶かすのがかなり気に入ったようで、一本食べてはまた一本と口にしてました。良かった

手前はベリーの味で、うっすら赤紫色。

奥はアーモンドダイスとチョコがついています。

家ではよほど卵白が残りすぎってとき以外には、時間もかかるので焼きません。

だからこそ、こういうときくらいと手にとってしまうのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルシウムを水で摂る

昨日より、水続きの話題です。

世間での水に対する関心度の高さに、今頃になってちょっと首を突っ込んでます。

今回は、体験モニターやってみました。

Cimg0009

ダノンのBODY-ism。

一日に必要なカルシウム摂取量の50%を、この一本でとれるというもの。

すごくそそられます。

骨密度をキープしたいのに、うってつけのドリンクですね。

では、早速…

レモンの香りと、ほんのほんのわずかな甘み。

すっごく、ワタシ好みです

喉越しも気にしますが、何よりも一番気になるのが後口なのです。

こういうペットボトルを口にする機会って、外がほとんど。

喉が渇いているから買うのに、後口が甘くてねた~~っでは、また何かすっきりするものが欲しくなってしまうから。

その点、このDANON BODY-ismなら、クリア。

すっきりするので、喉の渇きは十分癒されます。

そのうえ、カルシウムが摂取できるなんて

カルシウムがとれるミネラルウォーターも色々販売されていますが、たくさん摂れているのに、まったく硬質な感じがしないのは、なぜ??なくらい。

キリンビバレッジです。自動販売機などでも見つけたらお試しあれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリンスイを使ってみた

ポット型浄水器に新製品CP007(三菱レイヨン)が出たので、使いはじめました。

Cimg0017_2 なんでも、除去対象物質のうち15品目も除去し、しかもミネラルはそのまま残してくれているという何ともミラクルなポット型浄水器です。

ミネラルウォーターを買わずして、作れる(カートリッジは交換必要ですが、通年使うことを考えるとお得らしい)というので、

早速効き水するべく、こどもも巻き込んでみました。

Cimg0018

ライオンと鳥のシールを貼って区別してみます。

まあ結果は上々。アルカリ性ミネラルウォーターを選択しました。

でも、もともと東京のお水って美味しいんだよ、と巷でもペットボトルで売っているくらいなので、何かいいところは?とまだまだ追求は続きます。

Cimg9984 意外なところですが、お茶の抽出時間がいつもより早く出来ました。

これも弱アルカリ性ならではの特性らしいです。

普段の麦茶や緑茶、いずれも水出しでも香りや色が短時間でいつもよりしっかりしているような気がします。

さらには、レシピも添付してあったので早速料理も…

Cimg0016 スペアリブの付け合せの野菜に。

茹でる水に使うと、アク抜きや、緑色の出もよい、とあったので、ポテサラの枝豆を茹で、インゲンを茹で、野菜を合えるレモンバターソースをゆるめる水もこれを使用。

枝豆、日が少々たっているのに甘くなったかな~

いんげんも変色なくきれいにしゃきっと茹で上がりました。

ちょこっとした違いなんでしょうけど、嬉しい

実験のようで、楽しい

お米も、白くもちっといつもより2割増し美味しく出来たかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼリーのイエ~福島県いわき市

久々に生まれて1ヶ月の赤ちゃんを抱っこしてきました

小さくて柔らかくて、ホント可愛い

従姉妹の赤ちゃんを見にいってきたのですが、一緒にお祝いに駆けつけたもうひとりの従姉妹のお祝いと手土産が、「ゼリーのイエ」でした。

Cimg9994 パッケージはとてもシンプル。

…というか、懐かしいゼリーの形のスタンプ。

…?

福島県いわき市??

Cimg9992 お取り寄せしたらしいです。

卵や小麦粉アレルギーのお子さんのいる方からの紹介で、安心して食べられるおやつ、だそうです。

カタチも懐かしい~~~色鮮やか~~

Cimg9993

種類もたくさんあるようです。

Cimg9991

こちらは「小さなデコレーション」というケーキ型のゼリー。

いろんな味のダイスゼリーが寄せられて綺麗。

キャンドルもちゃんとついてました。

Kodomo これくらいの大きさ。

赤ちゃんのお姉ちゃんになる2歳の女の子も大喜び

「ふーしたいの」

というので、せっかくだから火を灯して、

ふー、してもらいました。

Cimg0013 カットすると、こんな感じ。

寄せる透明ゼリーはレモンの風味で爽やか。

この季節にぴったりです。

Cimg0012 箱詰めのゼリーは、分割していろいろお試しします。

どれもプルンプルンと揺れて、なんとも懐かしくなる情感たっぷりゼリー。

カットすると、中はムースが入ってます。

香料は使わず、昔ながらのホント優しいゼリーです。

一番のヒットはオレンジかな。

なかがヨーグルトムースで、食べ飽きない味でした

ここのお店、手作りなので生産数に限りがあり、すぐ注文したから届く、というわけではないようです。季節によっては、早めにオーダーした方がいいようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚揚げと豚肉

お好み焼き用に買った豚バラ肉が大量に余りました。

以前テレビでやっていた、美人になるためのお料理を実践します。

Cimg9978 なんでもお肌に良いとか

厚揚げに、豚バラ肉を巻いて片栗粉をまぶし、フライパンで全面焼きます。

焼肉のタレをまわして、照りをだして出来上がり。

中の厚揚げはむっちりして、外はお肉でカリッとした食感。

なかなかいけます。

Cimg9981 きゅうりとオクラ、海草類の酢の物。

きゅうりは、ファーマーズショップこぐれ村で購入したいがいがのしっかりついた大きなきゅうり。

せっかくだから、他の二本は縦に4ツ割りにして30cm近いきゅうりスティックにします。

唐辛子味噌をつけて食べると、美味しい~~

Cimg9982 アスパラガス、カボチャ、しめじのクリーム煮。

今日も一日、蒸し蒸ししています。

ちょっと食欲(台所に立つ気)落ち気味かも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

粉モノばかりの週末

週末、ホットプレートを一度出すと延々ホットプレート料理が続いてしまいます

先週末に至っては、手始めにパンケーキの朝食。

そして餃子。翌日お好み焼きと大活躍。

Cimg9989 焼き餃子の好みは、薄い皮でパリッパリのもの。

30枚入りで安い価格だったりすると、必然的に皮が薄くなるので、好みに近い仕上がりになります。

安上がりでよいです

Cimg9990 今回はちょっと皮が余ってしまったので、ハムとチーズを入れて包んでオマケ。

Cimg9991 とうもろこしをレンジでピピピッ

何よりもこどもの喜ぶメニュー…というか素材?

Cimg9992 豚肉と切干大根、ピーマンの炒め物。

豚肉に下味をつけて焼き、あとから水戻しした切干大根、ピーマンを入れて一緒に炒めてゴマをふるだけで、しっかり味がうつります。

Cimg9993 そうめん入りお味噌汁。

これらのメニューは全て真夏のアイテムばかりのよう。

蒸し暑かったので…

夏、先取りです。

ちなみに翌日のお好み焼き。

Cimg0030 普段は豚玉ですが…

この日に限って

+えびもどっさり。

+そばものせて、モダン焼きにします。

なぜか…

父の日、だから。

お好み焼きにはご飯も当然つけます。(関西人の)父の日、だから。

Cimg0031 枝豆もつけます。

(ビールは飲めないヒトだけど)父の日、だから。

ファーマーズショップこぐれ村の枝豆は産毛もチクチクするし、豆の入りも太くて良い良い

Cimg0032 食後には大きなプリンを用意しました。

(甘党)父の日、だから。

Cimg0028 こどもたちからは、デココーラ。

(コーラ大好き)父の日、だから。

…供したこれらを見る限り、お子様メニューですな

まあ、父の日、だから好きなもの食べてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫いも蒸しパンレシピ

朝から甘いものが食べたくなりました。

手早く食べられるもの、手早く、カンタンに…

パンはこの時間からだと無理なので、蒸しパンに。

Cimg9999 紫いも粉を粉分量の1割分差し替えて入れます。

焼き上がりが、綺麗な紫に…といいたいところですが、

よくよく見れば、シュレックアイス(去年の31であった、紫と緑の粒)のような色になりました。

使用方法を見れば(クオカの通販)、卵を使うと時折緑に変色するが問題ないとのこと…そうなんだ~~。

Cimg9995 蒸し器に入れる前は美しい紫なんだけどな…

Cimg9994 小鉢に、オーブンシートを四角にきったものに四箇所切れ目を入れて、折りこむとプリンカップがなくても作れます。

Cimg9996 20分ほど強火で蒸せば、出来上がり。

分量は、

卵…1.5個

砂糖…70g

練乳…30g

牛乳…80g

サラダ油…30g

薄力粉…135g

紫いも粉…15g

ベーキングパウダー…10g

①卵、砂糖を泡だて器ですり混ぜ、練乳、牛乳、サラダ油の順に入れてその都度すり混ぜます。

②粉類はすべて合わせてふるい、①に混ぜ込み、型に流して強火20分で蒸します。

※粉は、今回一割分紫いも粉にしたけれど、シンプルな生地にするなら薄力粉150gで。

※練乳と砂糖の割合はお好みで多少変えても失敗ありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファーマーズショップこぐれ村 リニューアルオープン

大泉学園通りを北上し北園交差点手前にある、JAあおば東京の「ファーマーズショップこぐれ村」。産地直売所で、長らく仮店舗営業でしたが、6月20日にリニューアルオープンしました。

ガラス張りで広い店内には、様々なとれたて野菜がたくさん

昨日は残念ながら閉店間際で入れずじまいでしたが、今日は10時半を過ぎた頃に向かいました。既に店内も、そしてその店舗周辺も人でたくさんです

それでも次男をともない、その次男にお野菜を選んでもらいます。

Cimg0018 どれも美味しそうです。

せっかくだから、お昼は蒸し野菜にします。

Cimg0024 専用蒸し器はないけれど、パスタパンで代用です。

パスタあげ用のざるには、北あかり、かぼちゃ。

その上にざるをひっかけて、そこには紫キャベツ、いんげん、アスパラ、オクラ。

鶏肉は軽く塩をふり焼いたもの。

並べた野菜をみて、「このカボチャ、どこのカボチャ?」と次男。

ちゃんと今日買ったものは覚えていたようです(カボチャは昨日他店で購入したヨ)。

Cimg0025 タレは、

唐辛子味噌、マヨネーズ、酢、練乳、ヨーグルトを混ぜたもの。

甘いけどちょっとピリッとするタレ。

ジャガイモやアスパラと相性いいです

あとは、おにぎりの山のお昼ご飯。

シンプルだけど、美味しい野菜だからそれでいいのです(主人は「これだけ?」って顔でしたが…)。

ちなみに水菜。お味噌汁の具にしましたが、予想外のオススメ野菜です。

普段から水菜は欠かせないのですが、ここのものは筋張ってないのに、すっごくしっかりしたシャキシャキ食感しかも、香りが強いこどもも、「うんうん」と同意するほどのすっきりした香りが口中に広がります。美味しい~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「夜は短し歩けよ乙女」

Cimg9960 森見登美彦さんの「夜は短し歩けよ乙女」。

本屋さんでPOPがついていたので、随分前に図書館で予約し、ようやく読むことができました。

ジブリの世界のようなお話。

ありえないでしょ?と思うような奇天烈な登場人物が続々出てくるなかで、一見普通の主人公の男女。

でも女子も愛すべき個性をもつ、不思議天然乙女。

この乙女が可愛くて可愛くて、ワタシも恋してしまいました。

微笑ましくなる片思いのお話と平行して、不可思議な世界と奇天烈な人たちが騒々しくおりなす物語です。

漫画を読み進むような軽い気持ちで読めました~。

アニメにするといいのかなぁ…舞台もおもしろそうだなぁ(こっちはもう実現したようですが)。読んでいるといろんな色が脳裏にチカチカ浮かぶ、ファンタジィなお話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小魚の天ぷら

小魚(ナンだったか名前を忘れてしまいました~~)をごそっと買ったので、

夜は単品天ぷらです(面倒になり他の食材まで手がまわらず)。

Cimg9979 天ぷら粉と粉チーズ、刻んだイタリアンパセリを混ぜ込んで衣にします。

Cimg9981 それをピンク塩にちょんちょんとつけていただきます。

ヒマラヤ岩塩、色のイメージと違ってストレートな塩味。

マイルドではないな~~。

Cimg9978 久しぶりにタコとセロリのサラダも登場。

酸味をしっかり利かせます。

Cimg9982 小魚はたくさん買ってあったので、一部はシンプルな天ぷら衣のみで揚げて一晩保存。

翌朝は、玉ねぎと卵でとじこみ、ごはんとお味噌汁のおかずにいただきました

カルシウムたっぷりとれたかな~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わさび塩

わさび塩、という調味料を見つけました。

Cimg9988 静岡の㈱山本食品のものです。

わさび関連の食品や調味料をかなり出しているらしいです。

パッケージがちょっと面白い。

Cimg9989 ラベルに用途がいろいろ書かれているのですが、

注目すべきはその右横。

目盛りがね、うってあるのです。

上から、「満タン」

「半分」

「そろそろ?」

「購入?」

…気になる。

使うたびに、気になるじゃぁありませんか。

そろそろ?なんて目盛りにきちゃったら、またスーパーで探さなくては…と気が焦る。

この時点ではまだリピするかどうかなんて決めてないにしろ、気が焦る。

なんだかね~~。素晴らしいです。このラベルを考えたヒト。

感心します。

Cimg9991_2 それはさておき、お味ですが。

すっごく効きます。わさびの香り。

先日のわさびの種もなくなったことだし、これはお茶漬けに使えますね

おにぎりにもどうぞ、とあったので、

Cimg9990 まず第一作目は、おにぎりに

わさびのつぶつぶ粉が白い米の上に点々とつくサマは、

あれ?土筆の胞子が飛んじゃった?的な感じですが、

一口食むと、ツンとわさびの香り。

これからの季節、食中毒予防にもお弁当のおにぎりにこのわさび塩、使えます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひいかの煮付けと豆ごはん

お昼はこってり油ものになると、夜はさっぱりものを選ぶ。

お昼がさっぱりしたものになると、夜は揚げ物系となる。

このリズムが顕著になってきた今日この頃です。

でもたまに崩れるのが、お昼にスーパーカズン(大泉学園南口)で、お買い得で美味しそうなお魚類を見つけたとき。ついつい、昼にさっぱり系だろうと夜も引き続きお魚の味を活かしたさっぱり系になってしまいます。

この日も程よいひいかを見つけました。

Cimg9976 背骨をぬいて、わたをとり煮付けます。

里芋とにんじんも一緒に。

今回は足とカラダがはずれずに、何とか原型をとどめるのに成功。野菜の上にのせてカタチをアピール

Cimg9977 ほうれん草と水菜の和え物。

白ゴマペースト、みそ、練り辛子、砂糖、酢で和えダレを作り、ざっくり混ぜ込みます。

水菜はさっと湯をかけただけなので、シャクシャクとした歯ざわりが気持ちよいです。

Cimg9978_2 豆ご飯。

グリンピースをさやから出すのは、次男の好きな仕事。

私が途中手伝う、と手をのばすのを嫌がります。

まあ急ぐこともないので、今回は全部まかせました。

自分で手をかけると、食べっぷりも良くなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チキンのスイートチリソース和え

Cimg9983 一度買うと、なかなかなくならないスイートチリソース。

また生春巻きでもしようかな…と思っていたけど、生春巻きをシンプルにハムときゅうりだけで巻いていたら、ついついコチュジャンを手にとってきゅうりにつけて巻いてしまいました

というわけで、出番なくしたチリソース。

メインのマヨチキンの予定をちょっと変えて、こちらに使うことにしました

鶏肉は適当な大きさに切って、塩・胡椒をし、粉をはたいてカリッと油で揚げます。

パプリカはみじん切りに。

油で軽くパプリカを炒めたら、揚げた鶏肉を入れ、そこへタレ(スイートチリソース+マヨネーズ+牛乳を混ぜたもの)を投入し、軽く火にかけながら和えたら出来上がりです。

サラダ菜をしいた上にのせて、ルッコラスプラウトをのせれば彩り鮮やかです。

Cimg9985 先ほどのシンプル生春巻きとともにいただきます。

とうもろこしは、今年初。

甘い~~

Cimg9987 びわも今年初

でも安売りのものを買ったせいか、こちらはちょっと甘みが足りなかった…

梅雨に入って、蒸しっとした空気に包まれるとこうしたアジアンチックな料理が食べたくなるんですよね

こどもも、チリマヨが出来る頃にはぷう~~んとチリソースのいい香りがするらしく、「うまそっ」と浮き足だっておりました。

こういう好反応がかえってくると、作りがいがあるってもんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

憧れのリビングダイニング

こどもとレゴ遊びなんて久しぶり

「個々に理想の部屋を作ったら、合体させてひとつの家を作ろう

と作り始めたのですが、だんだん道がそれて、好き勝手なものづくりにはまり込む兄弟

私も自分の部屋…といいつつ、思い浮かべるのはリビングダイニング。

超現実的~~

Living1 設定はホームパーティ。

広いリビングには、大きなテーブルと様々な椅子。

そこから一段あがると、ステージのようにリビングを見渡せる広いキッチン。食器棚もオープン。間接照明で食卓を照らします。

Living2 調理台とコンロは一体型で、アクセントカラーに。

下には、収納棚もばっちり。もちろんオープン。

ひとりには広すぎるので、お手伝いできる友人も、リビングからステップをあがって駆けつけます。

う~~ん、いいなぁ。

Cimg9921 ところが…

このホームパーティを邪魔するモノが現れたので(侵入者?)、次男の有する「お助けマン」登場。

(これが当初の目的よりはずれていって出来た産物)

赤く光るバズーカ砲で、侵入者を一撃

(黒い先端部分がホントに飛び出る仕掛けです)

Cimg9922 見よこの勇ましい姿。

警備会社の人にしては、随分と乱暴な撃退法ですけど。

でも、侵入者もそれなりにかなり異様な生物なので…

Cimg9923 髑髏の顔が3つも並んだ恐るべき侵入者

でも、大丈夫。

その後「お助けマン」により、見事吹っ飛んでしまいました。料理のお皿には被害もなく、そのままホームパーティは続けられましたとさ。

おしまい。

Cimg9928 …その後、わたしの居ぬ間にLDの改造は息子たちによって着々と進められ、気がつけば…

秘密基地総司令部と化しておりました。

赤のキッチンには不思議なアンテナが…

調理していたはずのヒトは、パネル操作のヒトとなり…

ダイニングの人たちは作戦を練る。

ステップを駆け上がり、パネルの後ろを駆けゆくヒトの数も増え、慌しい感じに。

Cimg9929

よく見れば、敵のスパイのコウモリが潜んでいることに気づき、驚くスタッフのリアクションまで細かに描写。

彼らのワールドは奥深くておもしろい…

Kaiju_2

恐竜型異生物も獲物を見つけ、虎視眈々と狙っています

登場人物や話の展開が色々練りこまれ、これ、フィルムでとれたら面白いのにな~と思うばかりです。

既にレゴ遊びから離れ、傍観者となった私…たまには記録しようとカメラマンに変身です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナッツパンとチョコチップパン

週末のパン作り。

土曜はドライイーストでナッツパンを作ります。

Cimg9975 くるみを切らし、カシューナッツとアーモンドを荒く刻んで入れ込みます。

ドライイーストだと、食感も軽く、ひとつふたつと幾らでも食べられそう。

案の定、長男はスープもあるのに3つも平らげてました。

Cimg9976 日曜はホシノ天然酵母種で、チョコチップパン。

卵、バターも入ってますがドライイーストに比べると、

サクッというより、パリッ。

そして、もっちり。

食べ応えあるので、ひとつでお腹いっぱいです。

天然酵母種もこれでラスト。どうしよう…通販で買うか、それともしばらくはドライイーストで焼こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚の角煮と味卵ちゃん

時々チェックするブログのなかで、美味しそうな味卵の作り方発見

くつくつと煮るのが味卵…という固定観念をくつがえされました。

詳しくはコチラ

これで作ってみると、ホントにしっかり味がついて美味しいです

ではでは…豚の角煮とその煮汁で漬けたらおいしいかも

…と妄想はふくらみ、早速やってみました。

Cimg9971 いい感じに仕上がりました。

ただ、肝心のメイン豚はちょい硬い…

Cimg9974 うふふふ…

半熟ですヨ。

でも味はしっかりつきました。

豚の角煮(大根とともに)を先に作って、その煮汁をすくって、さらにしょうゆ+オイスターを足して濃い目の漬け汁を作り、これに半熟卵を漬け込みます。

こうすれば、豚の角煮と同じ味で味も短時間でしっかり馴染むし、しかも半熟のままでいられる。

脂っこいところが苦手な次男は、肉の脂身を残し、真っ先に卵を食べ切る始末…。

メインは角煮なんですが…ま、いっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつおの刺身サラダ+長いもとブロッコリー炒め

Cimg0007 生カツオがお得だったので、お刺身サラダにします。

まずはみりんとしょうゆを煮切ってさまし、漬けにします。

このとき炒りごま、すりゴマもたっぷり、さらにはラー油もたらしてピリッとさせます。

お皿の下には、大根ときゅうり。この大根の桂むきが一番時間がかかったかも苦手です。薄く剥くのは。

野菜の上に、漬けにしたカツオをどっさり、ルッコラスプラウトを飾りと香りづけにのせます。

気持ち+カロテン、プチトマトを添えて。

さっぱりしたものが夕食に続いたので、ちょっとだけ油ものを。

Cimg0006_2 長いもとブロッコリの炒め物です。

長いもは厚めの輪切りにし、油を薄く敷いたフライパンで焼き色がつくまでしっかり焼きます。ブロッコリは下茹でし、ベーコンを投入した後に加え、強火でじゃっと炒めた後に、焼肉のたれ(しょうゆ味)で味付け。

これでカンタン一品出来上がり。

この日は、石神井まで朝昼と往復徒歩、さらには午後からまた石神井公園までこどもを連れてサイクリング&歩き回りで疲れました~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピロシキ+ドーナツ+黒ごまプリン

お楽しみの月イチパン教室です。

朝方は雨が残り、石神井の先生のお宅まで30分あまりかけて徒歩で参ります。

歩きつつも期待に胸膨らませ、自然と早足に…

着いてエプロンをつける頃になり、どっと汗が吹き出てきました。

Cimg9981 今日はピロシキです。

中の具は、あらかじめ先生が作ってくださっていたのでぎっしり詰め込んで閉じます。

この閉じをしっかりしないと、揚げている最中に飛び出てくるので、要注意です。成型のときはもちろんのこと、二次発酵後は膨らんでまた開いているときがあるのでこのときもまた閉じていきます。

Cimg9983 揚げたての美味しいこと

さくっと揚がった表面のすぐ内側はしっとりふんわりした軽い生地。中にはぎっしり具がつまっています。

本場とは違いますが、春雨と卵が入ることで汁気が吸われて旨味が閉じ込められ、生地もべとつかないのだとか。

素晴らしい

これはまた家で作ってみたいと思いました。やっぱり家族にも揚げたて食べさせたいしね

Cimg9979 もう一種のパンは、ドーナツ

ドライイースト、ベーキングパウダーを使って発酵させて作ります。

シュガーパウダーをまぶしたもの、チョコレートがけして、アーモンドダイスをまぶしたもの、アーモンドスライスをのせたもの、シナモンシュガーをまぶしたもの。

いろいろあって、いろいろな味が楽しめて嬉しい~~~

今回は揚げパンがたくさんです。

Cimg9982 生徒は5人なのですが、これだけのものが揚がりました。

すべて先生が揚げてくださいました。

ありがとうございます

これだけ並ぶと10人くらいは呼べそうなパーティになりそうですよね。

Cimg9984 そして、お楽しみメニューは…

黒ごまプリン

竹カップに入って、雰囲気もバッチリ。

金粉までかかってます。

Cimg9985

黒ごまペーストと生クリームを使い、アガーアガーで冷やし固めます。プラスチックカップに入れると分かりますが、

二層になってみえるのは、上に黒ゴマソースがかかっているから。

透明ガラスの器に入れると映えるわヨと先生のアドバイスが入ります。

梅雨入りもしたし、これからこうしたデザートがついつい欲しくなります

今朝も雨でやられ、蒸しっとした一日。つるりんとした喉越し、よございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛と豚のラグーソース

お昼ごはんです。

ひとりです。

昨日の晩、あっさりしたものを食べたせいか、反動でしっかり食べ応えのあるものが食べたくなりました。

半端な量の牛肉、豚肉があるのですべて叩いてラグーソースにします。

Cimg9975 さらにとどめで、最後生クリームと合わせて

こってり度UP。

さっぱりを好んだり、こってりを好んだり、

一昼夜で色々と欲張るワタシの食欲

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯵の塩焼き+さっぱり系

このところ前の食事でちょっと食べ過ぎると、胃がもたれ気味になります。

カラダも疲れがとれにくくなったような。

これは、季節のかわりめ、だからでしょうか?

…それとも、更年期障害??

暑くもなかったのにさっぱりしたものが食べたくなり、買い物に出れば自然と足はお魚コーナーへ。

Cimg9970 鯵の塩焼きにしました。

シンプル is Best.

ポン酢をかけて酸味度upさせます。

Cimg9972 でも、まだカラダが酢をほしがるので…

長いもときゅうりの酢の物。

酢、しょうゆ、コチュジャン、胡麻油でドレッシング風にしたもので和えます。最後にすりゴマもたっぷり。

Cimg9971 カロテンもとらなきゃ、ってことで

カボチャとしし唐の揚げびたし。

Cimg9973

ひんやり喉越しよいものもほしくて…

ごま豆腐。

でも基本さっぱりめに、しょうがを多めにおろします。

これで、明日の朝はしっかり食事がとれそうかな…

もう朝の心配する私って…胃がもたれようが、やはり食いしん坊…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯おにぎり~カタチを崩さないためにはこうするのだ☆

日曜は、次男が最近始めたスポーツの大会があるということで応援に行くことに。

今月入会なので、次男はサイドで応援組。出場はまだまだ先のこと…まずはルールやゲーム運びの勉強の一日です(…といいつつ、やはりフニャフニャしている。わかっているのか?観ているのか?ン!?)。

長男も珍しく見に行く、というので途中つまめるようカンタンおにぎりを持参します。

「食べる時間がしっかり確保できるか分からないので、つまみつまみとなるかも…」と事前に聞いていたので、おにぎりのみで一個ずつラップ包装。

Cimg9962 梅、しゃけ、ふりかけ。

下に敷いているのは牛乳パック。

これがとてもいい働きをしてくれるのです

Cimg9964 ほら、この通り!

こうすれば、おにぎりのカタチが崩れません。

さらには、下着のごとく補正効果も絶大

出先では、作ったはずの丸みのある三角が完璧な三角形に変身してご対面。

微妙におにぎりの大きさも加減してあるので、小食気味の次男と私たちとで区別するべくマスキングテープにマークをつけます。パックの綴じ目もマスキングテープで閉じれば、開け閉めが何度も出来、ひとつ食べては後で…ということもできます。

持ち帰るときには、開いてたたみなおしてテープで留めなおせばフラット&コンパクト。

持ち運び便利でオススメです。

今回は結果おにぎりの数が足りなかったようなので、再来週の試合のときはもう少し奥行きを長くとりなおしましょう。ちょっと工作気分で楽しいですヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひじきと大豆の焼き飯

ひじき、幼い頃はあまり好きではなかったのですが、いつの頃からでしょう?

大好きな食材となりました。

特に、チャーハンや稲荷寿司に入っているのは大好き。

黒い食材が、カラダによさそう、という印象を与えます。

Cimg9983 長ひじき(芽ひじきより太い)と、いんげん、にんじん、玉ねぎ、たっぷりの大豆を使って、素朴な焼き飯です。

どれもポヤンとした味なので、しょうがをたっぷり刻んでしょうゆで味を締めます。

卵は予め半熟の固まり状の炒り卵を作ってお皿にあげておき、野菜やご飯も炒めて調味した後に最後に軽く混ぜ合わせて出来上がりです。

食物繊維たっぷりの焼き飯食べて、カラダをリセットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅が枝餅をつくる

福岡では有名な梅が枝餅。

太宰府天満宮の名物焼き餅で、境内から奥の階段をあがる先々に、そして参道にもあちこちに「梅が枝餅」ののぼりがあがっており、参拝がてらお茶と餅をいただくのが定番コースです。

これと同じ焼餅で、博多区の中洲川端の櫛田神社にも「櫛田のやきもち」なるものがあります。

味がお店により微妙に異なり(小豆の粒具合だったり、甘さ加減だったり)ますが、見た目には同じ感じかな。

それが急に食べたくなりサイトを検索。櫛田のやきもちや、梅が枝餅も地方発送はしているみたいですが、それよりも気になったのがレシピサイト。

作れるみたいです…となると、作ってみたい…というより、早く食べてみたい

というわけで、早速手ごろなレシピを検索しみてみれば、うむ思ったよりカンタンなようです。

きっとプロはプロの配合があると思いますが、

まあ、家でつくるものですから…

Cimg9955 できましたよ~~~

熱々をほおばると、ちゃんと外も香ばしくパリッと焼けて美味しい

うちでも食べられるじゃぁありませんか

Cimg9959 作り方は、白玉粉を耳たぶの硬さになるようお水で溶きこねて、なかに餡子を入れて包み、ゴマ油をうすく手につけて平たくしたら、フライパンでじっくり弱火焼き。

ひっくり返すときには、ターナーで軽くプレス。

このプレスが肝心です。お店では専門の器具でプレスされてます。

Cimg9958 焼けてすぐに食べないものは、ラップで包んでいきます。

これも、お店とおんなじ

こうすると、焼きたてのカリッとは違った、しっとりの餅も楽しめるというわけです。

はぁ~~幸せだぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モスキート音

近頃、世間で話題のモスキート音。

ヘルツが段階をおって高くなり、どのあたりまで聞こえるのか確かめるサイトを発見。

やってみましたよ~~

ワタシは、14000Hzまでは聞こえました。エッヘン

こどもは、一番高い17000Hzまでしっかり聞こえ、主人は10000Hzでもう聞こえないらしい。

自分はどうなんだろう…って思う方、一度試す価値あり。

できれば、他にも同時に何人かで試すと盛り上がるかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レーズンバンズ

私はどうもドライフルーツに目がないようです。

プルーンを筆頭に、レーズン、白いちじく、マンゴー等入っているかごを見つけると、その前でじぃーーーーっと立つこと1分(みじかっ!)。

価格的にもちょっと高いとなると、今どれだけ家に残っていたかな~などといろいろ逡巡してしまうのです。

パンも同様、ドライフルーツが入っているのが大好き

今朝もやっぱりレーズンバンズを焼きます。

Cimg9946 可愛いレーズンバンズちゃんには、やっぱり可愛いカットが似合います。

ワタシ的にかわいいカタチ、

コロン、

ツノ、

ポチポチ、

チラリ、

照り。

なので、丸くまとめたら十文字にはさみで切り込みを入れてレーズンをチラリ見せ、生地はツノ出し。卵白を塗ったあとに、グラニュー糖をまぶすのがお気に入りスタイルです。

これに、またしてもワタシ的超定番ミルクスープをあわせて今朝の朝食はキマリです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マレーチャン~池袋

池袋へ出たついでにランチです。

Hanakoの特集号「池袋案内」を熟読していた仲間うちで、マレーチャンへ行ってきました。

池袋のマルイの裏側、西池袋公園近くにあります。

マレーシア料理なんて初めてだね、といいつつランチメニューを見ましたが、どれもタイ料理に極近く感じられます。お国が近いからかしら?日本の東北と九州くらいの差なのかしら?

Cimg9936 友人たちはグリーンカレー。

人気メニューらしいのですが、何せ辛いので私はパス。

Cimg9938_2 私は鶏とカシューナッツ炒めにします。

これは日替わりらしい。

サラダ、スープ、ライスと、食後にコーヒー、ミニデザートがつきます。

Cimg9939 よく見れば上に大きな赤唐辛子が二本。

あひゃ~と思いましたが、それをどけてしまえば、柔らかな鶏肉とカシューナッツに甘めのあんがよくからまった美味しい炒め物。

ごはんがすすみます。

ランチビールも追加したので、なおさら食欲も旺盛になったようで、あっという間に完食。

ごちそうさまです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶漬けパーティ

日曜に運動会が行われ(途中、中断となり火曜に続きが催されましたが)、月曜にこどもたちは学校が振替休日となりました。

でも、鼻声気味でもあるのでお出かけは一切なし。散髪だけ、例外としました。

つまらなさそうにしながらも、一日母子三人で「一緒」を楽しむこととします。

遊びはレゴ。

お昼は「お茶漬けパーティ」

パーティと名づけましたが、メンバーは母子三人。非常に地味~なパーティです。

Cimg9924 でも、お茶漬け大好きなこどもたちは一気にテンションup

のせるものは、

①みょうが(水にさらした後)となすを塩もみして水切り後、しょうゆとごまで合えたもの

②大根の葉をみじん切りにしたものをレンジで乾燥させ、鮭フレークと、ごまを合わせたもの

③先日の「わさびの種」を砕いたもの

④刻み海苔

基本①か②を選択し、③と④を加えます。

Cimg9926 こっちがなす茶漬け。

Cimg9927 こっちは鮭茶漬け。

これで何杯かいけてしまう子たち。止まらぬ長男を、最後にストップをかけた私。

お腹こわしちゃうよ~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

My弁当

Cimg9931 この日のMy弁当。

運動会のときの鶏肉を冷凍保存していたので、これを使って照り焼きにします。

今日のメインは、白ご飯のなかの梅干

「夏日になりそうです」というお天気予報を聞いて急に梅干の酸っぱさが恋しくなりました。

梅干だったら、和でしょう

鶏の照り焼き、しし唐添え。

にんじんと切り昆布のきんぴら。

卵焼き。ほうれん草ともやしのコチュジャンダレ和え。

キモチ梅干を二個にしたいところでしたが、帰宅してからのお楽しみにとっておきましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運動会のお弁当

お天気のはっきりしない日曜日でしたが、天気予報では午後3時くらいから雨予報。

時折晴れ間も見えていたので、希望をもって気合を入れてお弁当づくりです。

ぱっと見のアイテムは同じでも、いつもの味付けをガラッと変えて「あれ?違う」と思わせてみようと、普段見ない料理本を引っ張り出して基本のから揚げ&ポテトサラダのふたつの味を変えてみました。

Photo まずは唐揚げ。

下味に、焼肉のタレを使います(←ココが違うよポイント)。

あと、ちょろちょろと調味料を足して、ゴマもたっぷりもみ込み20分おき、片栗+小麦粉をあわせた粉をはたいて揚げます。

真ん中はいんげんの肉巻き。

Photo_2 ポテトサラダ。

茹でたジャガイモは一口大のかたまりのまま、塩・胡椒・酢で下味づけ。

新玉ねぎのスライスは水にさらし、ハムとじゃがいもとともにマヨネーズで和えます。そのあとにちぎったレタスも和えます。

じゃがいもの下味づけと、レタスを加える(←ここが違うよポイント)のは初めてでしたが、これ、いいです。下味があると、マヨネーズも少しで十分だし、レタスのしゃきしゃきした食感も玉ねぎとあわさって後味もさっぱりします。

この他は、ひじきの野菜の炒め煮、卵焼き、カリフラワーのカレーしょうゆ味、きゅうりとみょうがの甘酢漬け。このへんはいつもの味つけで。

Photo_3 おにぎりと稲荷寿司は数としては少なかったのですが、おかずが多すぎたみたい。張り切りすぎた?

次男はそれほど食べないので、彼の食べ分が私にまわってくることに。お昼の残り少ない時間慌てて胃におさめます。

こどもはご飯主体のほうがいいようです。

次回の反省材料だわ…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

まぐろ+アボカド丼

運動会、突然の豪雨にみまわれ午後の部が途中で中断となるアクシデントに見舞われたものの、平日にその続きが見られるということで、ひとまずホッ。

後片付けを手伝って、帰途についた途端ドッと疲れが出てきました。

年々、体力の衰えを感じます。

私より年上の先生方の軽やかでキレのある身のこなしを目の当たりにし、自分のカラダを甘やかしすぎたな~とちょっぴり反省

…と大の字になって、いろいろ考えていたところ、ふと時計を見ればもう夕方も間近。

ご飯もたくさん余ってるので…食べに行こうか、といえない私。

「今日は寿司を予約してるんだ~」という小学校ママの声+つい先日TVでみたカフェ人気メニュー「サーモンとアボカド丼」が頭のなかでふい浮かびあがりました。

今日の晩ご飯は「漬けサーモン丼」だ

…ところが、主人は「サーモン、あまり好きじゃない」とのたまいます。

じゃ、「漬けまぐろ丼」だ

早速マグロのさくを買いに走ります。

みりんとしょうゆを煮切って冷ましたものに、わさびとマヨネーズ、白ごまペーストを混ぜます。たぶん、こんな感じだろ~な~、出来るかな~と思いつつ色々混ぜ込んでしまいました。そこへ、スライスしたマグロ、白ゴマを入れ漬けます。

アボカドをレモン汁とともに細かく刻みます。

寿司飯にもたっぷり白ゴマを混ぜ込んでおきます。

あとは、組み合わせるだけ

Cimg9911 寿司飯⇒アボカド⇒漬けマグロ⇒ルッコラスプラウト⇒海苔

アボカドと合わせるので、しょうゆやわさびはちょっと濃いめに合わせたほうが良いかも。

アボカド好きな母子三人は「美味しい!」

アボカド食べない主人は「…」←少なめには入れた

好き嫌いが多いのは損してる、と思うのは食いしん坊だからでしょうか。

Cimg9913 お吸い物は、ヤマキのだしの素&昆布茶の合わせ技。

いいんです、インスタントチックでも

水菜とわかめ、豆腐とちくわをどっさり入れます。

朝からお弁当づくりで馴れない早起き、運動会でも立ちっぱなしで疲れて眠いです…このしょっぱさ加減がこういう時には嬉しいな…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »