« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

キャベツとアンチョビのパスタ

お休みの日のお昼は大抵パスタです。

手軽にできるのと、ワタシがパスタ好きだから

一人暮らしをしていた頃、一時期1日1-2パスタなくらいのパスタ好き。

Cimg5121 この日はキャベツとマッシュルームを、

アンチョビペーストで味付けしたパスタ。

キャベツは前もってレンジで蒸しておくと、炒める時間は少ないし、甘く仕上がるし一石二鳥。

マッシュルームとえのきだけは、にんにくたっぷりのオリーブオイルでじっくり炒めて旨味をだします。

キャベツを足して、白ワインとアンチョビソースで具と汁を馴染ませて、茹でたリングイネと茹で汁少しを足して、しっかり汁をリングイネに吸わせます。

色味は白っぽく味気ないものですが、アンチョビうまうま

白胡椒とパセリをふりかけ出来上がりです。

やっぱりパスタって好きだわ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハタダベーカリー~東伏見

東伏見駅すぐ近くにある、早稲田グランド。

フラッグフットボールの試合観戦に行ってきました。

今…喉が痛いです…声をはりあげすぎたようです…

今日は、試合の合間の短いお昼時間を手軽に済ませるため、

Cimg5125 以前行って以来お気に入りのハタダベーカリーへ。

可愛らしい外観に、

可愛らしいおじいちゃんとおばあちゃんが営む

天然酵母パンのお店です。

Cimg5129 窓の外からも美味しそうなパンが覗けます

Cimg5126 カレーパンとクリームパン、

バターブレッド(キャラメルソースが練りこんである)、

ル・ヴァン・レザン、

そしてチーズプチパン。

Cimg5127 ざらっとおばあちゃまがすくって一袋160円なり。

これがとても気になっていたのです。

先々週伺ったとき、店頭に出ていなくて地元っ子らしき小学生が「チーズプチパンできてますか~?」などと聞いていたのを耳にして、是非一度賞味しなくては…と思っていたのです。お目にかかれて嬉しいわ…

コロコロとした小さなサイズで、ぷりっとチーズがはみ出るカワイイshape。

ひとつまみして口に放り込む楽しさ

生地はしっかりしているので噛みごたえもあります。

これはお酒のおつまみにもぴったりそう

ちょこっとだけお昼につまんで、後はしっかり持ち帰ります。

お夕飯のあとのお楽しみにしようっと

伏見だんごも買って帰ればよかったかな…

東伏見に行くと、試合ばかりでなくて、ついでも多くなってしまう…

Cimg5130よく頑張った次男にごほうびのアイス。

今日はハロウィン、31の日。

(試合後、仮装したカワイイMちゃんがブロンコスメンバーに「Trick or Treatと言ってね」とキャンディを配ってくれました←あんまり可愛くて涙目になりそうになっちゃった)

次は兄弟揃って(プライマリーとキディでチームは違いますが) 、関東大会だ

頑張れよ~のアイスでもあるんだけど…伝わったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ししゃもはおかず?おつまみ?

☆ししゃも=おかず?おつまみ?合わせたいベストパートナーは?北海道厚岸漁協直売店 ←参加中

モニプラで、ししゃもがごっそりいただけるというモニターに応募中です。

決まったら…

おつまみにしちゃいましょう

以前朝食がごはん食のときは、ししゃもをおかずとして出していましたが、

今だと迷わずおつまみですね。

もちろんこどももつまめるように…

天ぷら衣に粉チーズを入れて、軽くフライパンで焼き付けちゃいます

うーーーん…当たりますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡蠣のクリームソースご飯添え

ちょっとでも疲れ気味だな、とか、貧血気味だな、と思うとこの時期は牡蠣をおかずにします。

こどもたちもそれが分かっているようで、

「お母さんが疲れると牡蠣が出てくる」と嬉しいのやら困ったやら…

Cimg5023 前回と同じく、にんにくとオリーブオイルでさっと炒めたら、

白ワインとタイム、ローズマリー、バジルで香りづけ。

今回ご飯を添えて食べることにしてるので、ジャガイモや茄子、旬のマッシュルームも薄切りにしてしっかりオイルで焼き付けてから加えます。

塩、胡椒で味付けしたら、バターと生クリームをさっと加えて和えるだけで、とろみのあるソースの出来上がり。

Cimg5024 ご飯は炊いておいたものを人数分、ガーリックオイルとターメリックで炒めます。

炊き込みで作ると、あとで白ご飯食べたい人が食べられないので、後で味付け派です。

たっぷりの牡蠣ソースをからめていただくと、ご飯がたくさん食べられる

元気になる一皿。

Cimg5026 副菜は、

キャベツとベーコンの蒸したもの。

シンプルにあとで軽く塩、胡椒したもの。

Cimg5027 黒ごまたっぷりきんぴらごぼう。

これだけ純・和風。

でもしっかり根菜とれるからいいんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

&STRIPE~吉祥寺

質問1.これ、何でしょう…?Cimg5100

答えは、ボタンです。

吉祥寺にあるボタン専門店&STRIPEに行ってきました。

いつも気になっていたのです。

でもなぜかお昼休み中の札を下げたときにしか通りがからず、チャンスを逸してました。

アトレ吉祥寺の地下のハンズのコーナーで、&STRIPEのアクセサリーキットが売られているのを見つけ、また行きたい病がザワザワ…

ついに、開店中のドアをくぐることができました

残念ながら、外観の写真もNGだったのでそのお店の可愛さがお伝えできませんが、

Cimg5099 パケのシールロゴの可愛さで想像してみて下さい

赤い看板が目印で、

ワタシの好きなギャラリー風のお店OUT BOUNDのお隣です。

店内にはヨーロッパやオーストラリアなどから集められたボタンの箱が壁面ぎっしりに積み上げられています。

サンプルアクセサリーとともにキットも販売されており、ボタンをどんな風に活かしてアクセサリーにすればいいかのヒントにあふれています。

フジテレビドラマ「夏の恋は虹色に輝く」オンエア中、竹内結子がしていたボタンゴムが気になってしょうがなかったワタシ

ワタシも作るのだ~とシンプルなボタンを探してましたが、そのうち、サンプルにあったエーデルワイスボタンに目がとまりました。

似たような形のブローチを以前、母から譲り受けていたので、これは縁、とばかりに購入決定。

ドットのように穴がポツポツあいたボタンは、サンプル通りにつないでピアスに。

Cimg5102 ボタンなので、ゴムに縫い付けるだけ

コピス吉祥寺に入っているpart clubで、金具付ゴムを売っていたのでこちらを購入。

ボリュームに対してゴムがちょい細めですが…

ダメになったときに太いものに付け替えよっと

Cimg5101 ピアスは丸かんでつなぐだけ。

下は、半貴石のガーネット(by貴和製作所)。

サンプルでは、下に貝の鳥ボタンがぶらさがってそれはそれはアートな世界でしたが…高い

手作りだとワタシの雑さが随所に出てくるので、パーツが高くても良さが出てこない…

鳥さん、せめて一羽1000円をきってくれれば…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネイチャー・センス展

週明けの月曜、こどもたちとネイチャー・センス展を見に行ってきました。

土曜に学校公開のあった恩恵で、月曜は振替休み

以前から、chappyさんのブログで紹介されていたこの展示が気になってしょうがなかったので六本木ヒルズタワー53階森美術館へGo

アーティストは、吉岡徳仁氏、篠田太郎氏、栗林 隆氏の三人。

日本の自然観について考察した現代美術です。

体感できるオブジェもあるので、こども連れに向いているわ!と即決。

Photo 吉岡徳仁氏のスノー。

時折ファンがまわって、ふわーっと巻き上がったかと思うと、静かに落ちてゆく雪。

羽毛を使って雪を表現した世界観に、こどもたちもしばし立ち尽くします。

雪がすべての音を吸収したかのように、この前では誰もが静かに佇む。

観客も巻き込んでの雪の世界の再現です。ステキ~~~…

…でも、やはりこどもたちは落ち着かなかった…

ワタシはここにもっといたかったのに…佇んでいたのは5分もなかったのでは??

ハニー・ポップという、まるで蜂の巣のような紙でできた椅子をテレビで見て以来、気になっていた人だけに、もう少しこの人の世界観に浸っていたかったのにな

篠田太郎氏の映像作品は、普段目にしている風景を違う角度からうつしとったもので、今まで見ていた世界が異世界に思えます。

例えば、都心の高速の下の水路。高速道路は近代的な建築物なはずなのに、この水路の目線から見ると、上のコンクリートが遺物のよう。静かにながれゆく水だけが時を経てもそのままで、まわりの喧騒と時計の針のすすめ方のずれを感じるのです。

栗林隆氏の展示は、こどもたちにとって、とても分かりやすく創造力をかきたてるものでした。

Photo_2 境界線をテーマにいろんな作品に取組んでいる同氏ですが、

ここでは雪の木立の地面を境界とした巨大展示が。

ここの部屋に入ると、低く一面に張り渡された和紙の下を身をかがめながら歩いていきます。

そんななか、穴がぽつぽつと開いているので、そこから顔を出してみると、一面雪景色の木立が。

時折スモークもたかれ、霧のたちこめる銀世界が目の前に広がります。自分が冬眠中の何か小動物になった気分。

写真の右下に両手をあげているのがもぐら気分の長男。

Photo_3 こちらも境界。

海面を境界にしたもの。

下から見上げると、土を見事なまでに盛り、亀裂が美しく入った様は、崩れやしないかと危うさを感じ、その山の大きさは目を見張るほどです。

サイドの階段を上っていき、上から見下ろしてみると、その大きな山が、実は海面下の様子だったことが分かり、円形のアクリル盤から上は、その山のほんの一部が島々として表れている様子が分かります。

おもてに出ている目に見えている山や地面は、決して海に浮かんでいるものではない、目に見えない部分が大きいということを想像させる作品。

この人の頭のなかはどうなっているんだろう。

目に見えているものを、全く違う角度から見ようとしている姿勢にただただ感心。

Photo_4 展示を見終わったあとは、書籍ギャラリーコーナーがあったので、思い思いの本を手に取りじっくり読みふけります。

…というと、賢そうなおぼっちゃまのようですが、

長男は漫画。

次男は絵本。

様々な世代に受け入れられる本のバリエの広さ。

ワタシはせっかくなので、美術本をちょいちょいかじり読み。

その後は展望台で景色を楽しみ、

Cimg5089 お腹がすいたので、ヒルズサイドテラスB2Fの

HAKKA KIDSのお店に併設されているカフェで昼食。

ビュッフェスタイルになっていて、

6歳超はオトナ料金(イタい)。

小さな子連れ用のメニューが主体で、野菜中心。

味も塩分、スパイス控えめなので、幼児連れにはもってこいでしょう。

そうね、そうだったわ、こういう食事がいいのよね…と思いつつ、

今ではすっかりスパイスまみれの食事中心だな~としばし反省。

メニューの種類は少なかったので、こどもたちは全種類制覇?

こども服のカフェだからか、ちょっと内容に対してお高いような…

こども料金の設定、どうにかなりませんでしょうか…

Cimg5092 店内の壁からにょきっと出ている動物オブジェ。

こどもは怖がらないのだろうか。

おりしも時期はハロウィン。

普段は真っ白オブジェに、帽子だったりかつらだったりかぶせています。

ワタシたちのテーブルはこんなモノトーンでしたが、

向かいのテーブル側の壁のオブジェは真っ赤なかつらをかぶった動物も…かなりコワイ

お腹いっぱいになったところでお店を後にし、

エレベーターに乗って地上に…と狭い通路で待っていたら…

な、な、なんとそこへSPに囲まれた小西真奈美さん登場。

通路が狭いことが幸いして、間近に見られました、顔、半分の大きさでは?

小さいお顔に、すっきり高い背…お美しい

すぐ上で国際映画祭が開催されているのでそちらへ向かわれるのでしょう。

この日一日、最初から最後まで美しいものが見られて良かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お風呂の温度

クリーミーな泡がうるおいながら汚れを落とす!美容液せっけんモニター募集★ ←参加中

一気に昨夕より寒くなりました…。

お風呂の設定温度を一度あげたワタシです

寒くなってくると、ゆっくりつかるお風呂が楽しみになるわけですが…

つかっている間はひたすら無。

ヨガでいうところの瞑想に近い感覚に落ちます。

そんなときに欠かせないのが、お風呂にポチャンと入れても大丈夫な卵型ライト。

20cmくらいでずっしりくるので、実際は静かに置くのですが、ぼんやり光の色が変化して夢の世界へいざないます。

あとはアロマオイル。数滴たらすだけで、いい香り…

ただし、自分が一番最後のときくらいかな…「クサい」というオトナも若干一名いるもので…こどもは好きなようですが…まあこればっかりは慣れですからしょうがないか。

しょっちゅうモニター応募してますが、今回気になって応募した浴用グッズ。

水戸の納豆せっけん。

コレ、名前だけで既に惹かれる要素100%だと思いませんか?

当たればいいなぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (3)

ぶりの昆布巻き

ぶりの脂がのって美味しい時期です。

ぶりのイノシン酸と、昆布のグルタミン酸とで旨味黄金タッグを組ませます

Cimg5096 ぶりの昆布巻き

お正月にお呼ばれしたとき、

叔母さまが作ってくれたもの。

あまりの美味しさに、こどもたちが何本もおかわりしたほどでした。

鹿児島のほうでは、昆布巻きに巻くのはぶりだそうです。

あっさりした出しに、ぶりの脂がよく馴染んで味に深みが出てきます。

こどもたちは、おせちに入る昆布巻きは味が濃すぎて苦手ですが、これは大好物

前回自分で作って、早くに調味料を入れて失敗

今回はせっかちにならないよう気をつけます。

昆布って一度調味料を入れてしまうと、幾らその後煮ても柔らかくなってくれないんですよネ…

ぶりは拍子木状にカットし、水に戻した昆布をきっちり巻き込み、下処理したかんぴょうで巻くだけ。

昆布を戻したときのお水+しょうがの細切りで、昆布巻きをじっくり煮込んでいきます。

柔らかく煮えたのを確認してから、みりん+砂糖+醤油を加え、弱火で味を入れていきます。

最後に水煮たけのこを入れてひと煮たちしたら、火を消して、味を含めていくだけ。

Cimg5094 シンプルな調理ですが、昆布とぶりの組合せがもう最高なのです

副菜もシンプルに。

・さつまいもの蒸したもの

・ほうれん草とえのきだけのおひたし

・白菜とかぼちゃの味噌汁

旬のものが入れば、シンプルでも美味しい。

ワザも何も必要ないんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ファンファンファネルって何モノ?

発明屋ファンサイト応援中

Cimg5000 こういうものを知っちゃうと、ついつい誰かにしゃべりたくなるワタシです

ファンファンファネルという、シリコン製の薄~いシート。

ご存知ですか?

Cimg5015 モニターで以前、ペーパークラフト恐竜を製作し、味をしめた次男、

送られてきたこれを見て、

「なになに?窓にくっつける恐竜の飾りもの?

と、興味しんしん。

そうですね…見えなくもない。

この薄さ、この曲線のなせるワザなのですが、

Cimg5007 なんと、

漏斗

くるくるっと丸めて、詰替えたい容器に差し込むだけで、

サイズも自由自在。

残ったダイストマトだってカンタンに詰め替えられました。

Cimg5004 他には、シリコンの特性を活かして、

すべりどめマットに。

Cimg5002 瓶のオープナーにも使えてしまうという

一枚で、三役をこなすカワイイシートなのです。

次男は自分用ではなかったので、ちょっとがっくりきていたようですが、この使いみちには驚いてました。

Cimg5018 先日の栗の渋皮煮のときの、

シロップを鍋から移し変えるときにも、

早速ファンファンファネルを使いました。

便利だの~~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩鍋うどん

鍋物が恋しくなる季節となりました。

今回はタイミングよく、塩鍋うどんが送られてきたので思わず小躍りしちゃいました

Cimg5028 さぬきうどんの亀城庵。

楽天グルメ大賞を7回も受賞した株式会社讃匠のおうどんです。

Cimg5029 こちらは添付の塩スープ。

坂出沖の塩を使って作られたスープで、お鍋のもととなります。

Cimg5030 うどんは半生タイプ。

均一にゆであげるため、

あらかじめ全部トレイに出しておきます。

しなるほどしっとりたわむ様から期待できそう…

Cimg5031 パケに添付されていた塩鍋うどんのレシピ通りに、すすめていきます。

まずは、たっぷりのお湯を沸騰させてうどんを入れます。

すぐに浮いてくるので、そこでお野菜を入れていきます。

…驚きですよね?

普通、うどんは別ゆでしますものね。

でも、今回は特別レシピらしいのです。

このうどんの茹でたとろみも活かしたお鍋らしい。

Cimg5032 ある程度うどんが煮えてきたら、しゃぶしゃぶ用の薄切り豚肉も投入し、その後塩スープを加えて混ぜ合わせたら出来上がりです。

うどん自体の塩分もあるので、お湯はとにかくたっぷりが肝

麺を水洗いしないのは初めてですが、こういうのもあり、なんですね~。それとも、この製麺だからかしら

はてさてお味のほうは…

Cimg5036 美味しい

塩のきいたおだしのお鍋なので、

レシピおすすめのおろし生姜を入れると、

ぴりっと味が締まります。

ぽん酢もおすすめらしいのですが…

あっという間にいただき終わっちゃいました

モニターなので本来なら、いろいろお試しするべきなのでしょうが…

うどんは半透明でのびのある麺。

トングでつかんでものび~っとしますが、途中で切れることはありませんでした。

素晴らしい腰の強さ。

麺もスープもいけますヨ。

ごちそうさまでした

株式会社讃匠(さぬきうどんの亀城庵)ファンサイト応援中

そうそう、お鍋のあとのクールダウン。

Cimg5037 チリ産のざくろ。

国産のものよりずっとずっと大きい。

しかも、てっぺん割れてない状態。

熟れどきはいつなんだろう…と思いつつ数日おいてましたが、お鍋でカラダが熱くなったところでさっぱりしたお味を求めて、ざくろ解禁~~

Cimg5039 周りをざっくり洗ったら、

水を張ったボウルのなかで切れ目を軽くいれたざくろを手で割っていきます。

中にはコーン粒大のざくろの実がびっしり

口に含んでは種を出す作業を面倒くさがりながらも、

さわやかな甘さと酸味にとりつかれ、おしゃべりを楽しみつつ、最後までいただきます。

そこで長男、驚きの一言。

「これってワインの味がするね

びっくりしましたよ~いつ、飲んだって…

でも、よくよく聞いて見れば、味、というより香りを言いたかったらしい。

ワタシがワインをあけるとき、昔からコルクの香りをかぐのが習慣になっている長男。

ざくろを口に含んだときの香りが(そのコルクの香りに)似ているという。

ざくろの香り…一時期よく飲んでいたイタリアワインにそんな香りがありました。

こどもの記憶ってすごい…

「ワインみたいにする

Cimg5042 そういって、ザルとボウルで一気に残りのざくろの実をこしていました。

漉されたジュースの色は、確かにワインそのものルビー色。

ワタシは飲んでないので分かりませんが…ジュースにしてみると実で食べるより美味しさは半減してしまったようです。残念だったね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しょうがのディップ添えとパスタ

地産地消の練馬区民です

自転車で走れば、無人販売だったり、おじちゃまやおばちゃまが店先に立っていらしたりして、朝獲り野菜を購入することができます。

この日は新しょうがときゅうりをGet

Cimg4905 早速、しょうがはスティック状にして、

ディップを添えていただきます。

Cimg4906 最近はまっているアンチョビペースト

マヨネーズと相性がよいので、どんなときでも使っちゃいます

オリーブオイル、マヨネーズ、おろしにんにく、アンチョビペーストでディップを作り…

Cimg4907 しょうがはピリリとするので、なるべく細くカットして、

茎も持ちやすいサイズにカット。

たっぷりつけていただくと旨旨~~

Cimg4909 パスタは、茄子とベーコンのトマトソース。

シンプルだけど、これが美味しい

茄子は最初にしっかりたっぷりオイルで焼き目がつくまで焼くと、とろっとろになるのが大好きなのです。

リングイネも好きなのよね~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんまの韓国風煮つけ

ハンおばさんの万能調味料、最後の最後、少量を残していたのでこれで使い切りです。

Cimg4971 さんまを三等分にカットし、

しょうがのみじん切りと、ハンおばさんの万能調味料、料理酒を使って、さんまを煮込みます。

これだけでものすっごく美味しくなるので、使える万能調味料です。

この間FMラジオでも、新大久保でのライブでこの調味料が紹介されてました。結構売れているようですね

せっかくお汁がお魚といい出しがとれるので、厚揚げを最後に加えてしっかり染みこませます。

Cimg4972 副菜は、根菜の煮もの。

鶏肉が少量残っていたのですが、

こうした煮物にいいだしが出るので使えます

少量残っているから、と使い切らずにとっておくほうのワタシです。貧乏性なもので…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッサージするクレンジングクリーム

Cimg4977 マッサージできるクレンジングクリーム、と聞いての第一印象。

・化粧の汚れをまた肌にこすりつけることになるのでは?

答えはNoでした。

モニターで試用中の、

素肌畑 マッサージクレンザの使い方を見れば、なるほど、納得です。

①肌にとって、顔全体になじませる。桃色のクリームから透明色に変わったら、一度ティッシュオフ。

②もう一度同量をとって、顔全体になじませ血流マッサージを行い、今度は洗い流す。

Cimg5017べたつかず、弾力のあるジェルのような質感。

これを顔にのばしてマッサージしても肌をこすってる感覚はありません。

ティッシュオフするときもべたつかないのに、こすってる感覚もなく拭き取れるのが不思議。

そして特筆すべきは洗い流した後のお肌

これは初めてです。

こどもたちの肌に非常に近い、しっとりすべすべなお肌になるのです。

元々できているブツブツはどうしようもありませんが、肌のすべりには驚きです。

すべすべ=乾燥?でもなく、しっとり=べたつき?でもない。

こども肌。

寝る前は、お肌を手の甲でなでつつ確認し、ほくそ笑む日が続いています

cosme committeeファンサイト応援中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗の渋皮煮

一日中雨の木曜日。

ひんやり冷たい空気が入り込むので、窓を開けたり、閉めたり。

いただきもののハーブティをいただきつつ、

家にこもる日は、じっくり取りかかれる栗の渋皮煮にトライです。

Cimg5010 約1kgを購入しましたが、よく見ればひとつふたつは針穴のあいた栗もあります。

虫だわ…

そういうのはよけて、ひたすら鬼皮むきです。

栗はしばらく水につけておいたのでしっとりしています。

これを、栗剥き鋏をつかって剥いていくわけです。

包丁よりずっと楽ちん。

椅子に座ってひたすら地味な作業…なわけですが、

you tubeで好きな曲をガンガンかけていけば、スムーズ~(RIP SLYMEや、KARA、superfly、東方神起などなど…)

Cimg5013 ちょっと刃を入れてぐぐっと起こせば、うまくいけば鬼皮がごっそりとれるラッキーなことも。

Cimg5018 重曹と水とで煮ては、煮こぼして新しい水と重曹と代えて、また煮ること数度。

その間、筋を取り除いたり、余分な渋皮をはずしたり…

最後にお砂糖を入れて煮て冷まして出来上がりです。

目分量のお砂糖だったので、普通より甘さ控えめ。

長くはもちませんが、飽きずに幾つもぽくぽくと口に入れられます

Cimg5016 渋皮の色がきれいに出て、美しい。

もう少し甘く煮ていたらお菓子にも使えていたかな。

今シーズン機会あったら、今度は甘めに煮てみよう。

煮てはこぼして…の繰り返しの間、

手持ちぶさただったので、秋冬バージョンの携帯ストラップを作ってみました

Cimg5009 歳甲斐もなく、

ガーリー路線で

リボンは以前ネックレスを作ったときの余りモノ。

お花のコサージュに使った布は、こどものパジャマパンツ用の余りモノ。

レースはnatural kitchen(100均)。

こげ茶の毛は、以前見た映画「かいじゅうたちのいるところ」の前売り特典についてた怪獣の毛玉。←おもしろいネーミングだなぁ。

あと鎖網は、こどものあやとり糸に購入した毛糸by DAISO。

異素材をいろいろ集めたごちゃごちゃ感が気に入ってま~す。

栗のあずき色がつかないよう、毎度作業中に手を洗っていたら、手がかさついちゃった…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

牡蠣の香草焼き

最近ワンパターンにはまりつつある、魚介の香草焼き。

今回は牡蠣の香草焼きです。

Cimg4946 手前が牡蠣と水菜を焼いたもの。

今回は全てがてんこ盛りでダラダラと崩れて境目が分かりにくい…

牡蠣はよく洗ったら水気をふいて、オリーブオイルとにんにくで炒めて、塩、白胡椒、タイムをふり入れてローズマリーをのせて、白ワインを軽くふり、強火で汁気を一気にとばします。

最後に刻んだ水菜を加えて残った汁気を吸わせて出来上がり。

それでも今度は水菜から出る水分で、汁はだら~~

でもこの汁がご飯と合いましたちょっとのご飯を混ぜ合わせるとリゾットのように旨味が染みこみ美味しい…

結果、皿を持ち上げ米粒をかきこもうとする行儀の悪い子達に変わり身

慌ててスプーンを渡しました。

皿の右上はかぼちゃを蒸したものを焼いただけのもの。

甘くて香ばしくて何もつけなくっても充分。

左上は、ポテサラなのですが、今回はキノコ類をまとめてにんにく、アンチョビ、オリーブオイルでじっくり炒め塩・胡椒したものを蒸したじゃがいもと少量マヨで混ぜ合わせました。これまたキノコが美味しいアンチョビ…最近のヘビロテアイテムです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デニッシュペストリー&バターフレーキー&かぼちゃ

月イチパン教室です

クロワッサン以来のロールインバター使用。

忘れてます。すっかりたたみ方忘れてました

Cimg4980 こねあげは短く、冷却して生地を休ませた後、バターを折り込んでいきます。

のばしては折り、のばしては折りの繰り返し、冷却もまた間にはさんで生地がだれないようにします。

のばす棒はいつもと違って、ステンレスの長い棒で。

Cimg4981 冷却前のたたんだ状態。

この時点で既にいくつもの層が出来上がっているのです。

焼成するとバターの層が溶けて膨れて…うくくッ楽しみ

Cimg4983 生地のカットも定規を使って等分に。

デニッシュペストリーは今回5種。

生地のカットは均等ですが、ここに包んでいくものは様々で、飾り切りやたたみ方も変化をつけていきます。

Cimg4984 例えば、こちらはアップルシュニッテン。

煮りんごとレーズンをのせたらシナモンシュガーをふり、

二つ折りにかぶせて閉じ、輪の部分に切り込みを入れてグローブ型にしてりんごを覗かせます

Cimg4991 これが焼成後のデニッシュペストリー。

三角形がリュバン。ハムとチーズがサンドされ、焼き立てをいただきましたが、とろけるチーズじゃないのに柔らかく、デニッシュとマッチングして美味しい

その左横があんデニッシュ

そして、スリージュ(カスタードクリーム)。

上段右がチョコデニッシュ。上段左が、上写真の中身のアップルシュニッテン

Cimg4985 そして、こちらはたたんで層をつくる過程は一緒ですが、生地の配合が違う、バターフレーキー

のばした後、定規を使って長方形に4等分カットし、これを重ねていきます。

Cimg4987 重ねた生地をまたカット。

これが一個分。

Cimg4989 デニッシュペストリーは色々なかに挟み込み一個で充分な甘さだったり、おかず入りの食事パンとして成立してますが、バターフレーキーは砂糖や卵の割合も少なく、さっぱり塩味でショートニングのさっくりした食感が楽しめます。

Cimg4994 焼成後はこんなキュートなカタチに

四枚の生地を重ねてカップインさせるときに、ちょっと先端を開かせてから仕上げ発酵させるのがコツ。

しっかり開かせてしまうと、美しく仕上がらない

微妙な加減が必要なようです。

グループ講習なので、これはどなたが開いてくださったのか…一番美しいのを撮らせていただきます

Cimg4995 クロワッサンやデニッシュなどの焼きたてをすぐに召し上がったこと、ありますか?

これがもう格別なんです

外はホントにさっくり一体感をもった生地に焼き上がり、

中はひっぱると、しっとりした生地がのび~るんです

パリパリとした表面のバター層からポロポロと剥離してこぼれ落ちる…これがデニッシュなんだと思ってましたが、それは時間が経ったものを温めなおしたときのもので、焼成したてはまったく異なるものなんです。

これを食べちゃうと、やっぱり焼きたてでなくっちゃ~と思っちゃいますヨ。

Cimg4996 こちらは、お楽しみメニューの

かぼちゃ

ネーミング、ストレートすぎです

ですが、非常にカワイイ

パウンドケーキの作り方ですが、卵は卵黄のみがどっさり入ってます。カボチャペーストや栗の実も入って、とってもリッチなお菓子

へたの部分はココアクッキーを別に作ってます。

Cimg4982

こういう型を使って作りました。

美しい…

ケーキ型って美しいですよね。

新しく目にするたびに、思います。

欲しくなります。

…でも、我が家には置き場がこれ以上はないのでぐっと我慢です。

ゼリーのイエの型みたい…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

さばの揚げ焼き

美味しそうな生さばの切り身を購入したものの、はてさてどうしよう…と悩みます。

焼きたては美味しくても、時間がたってレンジで温めたさばは主人は嫌いらしい

時間が経っても美味しいさばのみそ煮もいいけど、今日はそんな気分ではない。

そんなときは、にんにくオイルでシンプルに焼き付けるのが一番

時間がたってもこれなら青臭くなりません。

Cimg4947 焼くにはちょっと多めのオリーブオイルに刻んだにんにくを入れてしばらく放置してから、低温で温め、香りを移します。

さばには塩をふって、中火にしたフライパンに入れて、ローズマリーを入れ込み蓋をしてじっくり揚げ焼き状態に。

両面しっかり焼けたら黒胡椒をふって出来上がりです。

表面の中骨は骨せんべい状になっているのでこのままパリポリといただけます

サラダは、水菜とレタス、キュウリとパプリカ。上にれんこんチップスを散らして、先日行ったはらのキッチン風に

ドレッシングは、マヨネーズと白ワインビネガー、アンチョビ、おろしにんにく、粉チーズ。

横にちょこっとカボチャサラダも添えて…

今日のご飯のなかでは、さばの中骨とれんこんチップスがツボ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅干にちょい足し、食べる調味料プロジェクト②

Cimg4903 Cimg4901 紀州 石神邑より送られてきた、梅干セット。

これらを使っての意外なおすすめレシピ大募集!に参加中です。

紀州 石神邑ファンサイト応援中

今回は、そのうちの蜜っこと呼ばれる、はちみつ漬けの甘酸っぱい梅干と、しそ漬け梅干を一緒に粗くたたいて使います。

蜜っこを味見したときから似てる似てる~と感じていたのが、ポモドーリセッキ。

イタリア産トマトを乾燥させたものです。

甘くて酸っぱくて…が凝縮された味。

なので、思い切ってイタリアンに使っちゃうのだ~~(大胆

バジルの代わりに、しそ漬け梅干で香りをきかせます。

Cimg4948 まずは、オリーブオイルたっぷりと刻んだにんにくを中華鍋に入れてしばらく低温で香りを移した後、

中火にして茄子をしっかり焼き付けます。

しめじとまいたけを投入し、更に炒めます。

そこへ、さきほどの梅干の荒刻みを入れてよく混ぜ合わせ、白ワインをふりいれて火を強め、味をしっかり入れていきます。

味見して、塩・胡椒で整えたら出来上がり。

Cimg4951

見た目はすっかりイタリアン

酸味がほどよくきいて、子供達の反応も

いけます。きっと塩分控えめで、甘みと酸味のバランスとれたこれら完熟梅干だから上手くいったのかも…

Cimg4950 この日のメインは鶏肉をシンプルに塩・黒胡椒で焼き付けたもの。

あとはマカロニポテサラ。

久々にマカロニ登場。

久々にマカロニ購入、でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おでんと栗ごはん

夜はぐっと冷え込んでまいりました。

この日の夕食は、おでんに決定

次男をスーパーに連れていくと、カゴの中身が増えることは以前にも触れましたが、

今回は栗の詰まったパックを両手でうやうやしく掲げ、

「お母さん、栗食べよう、栗」と澄んだ眼で直視されるとむげには断れません

ごはんは、栗ご飯に決定

この二品、味のきめてはやっぱり昆布だしでしょう

Cimg4932 吉祥寺の商店街にある、乾物屋さん。

斜め向かいにメンチカツで有名なお店や、練り物の店、羊羹の店もあり、いつも界隈はにぎわっています。

昔からあるお店で、乾物ならなんでも揃っているのが心強い。

昆布も等級数に分かれ、品揃え豊富なので、お店の方に声をかけると、気持ちよく相談にのってくれます

せっかく昆布大使(12月までの限定)にもなったことだし、ぐるりと昆布製品を見てみます。

ご飯にそのままのせて使えるようなものから、和え物に使えそうなものまで様々

後ろの棚にずらりと並んだ商品の佇まいは昭和の雰囲気で、ここにいると和みます。

Cimg4952 さて、昆布、お正月のときはやはり等級も上のものを選びたいところですが、普段使いなので、こちらで。

それでも立派

Cimg4959 これをカットして、

栗や塩、お酒とともに炊き込むだけ。

(油揚げも入れてちょっとツヤ出し)

Cimg4960 今回はしょうゆも入れませんでしたが、

昆布だしのうまみが上品に栗の甘みをひきだします。

塩もかなり控えめだったので、

ごまと塩をさらに上からパラパラ。

Cimg4961 おでんもしっかり旨味が出ました。

こちらはご飯より多めに昆布を使います。

ちなみに、次男、実はおでんやお鍋に使うだし用に入れた昆布が大好きなのです

鍋からさらって「昆布もらうねッ」と語尾からもテンションの上がりようが分かります。

Cimg4963 さてさて、今回大活躍したツールをひとつ。

貝印の皮むき鋏。

握りやすく、刃を差し込む角度を変えるだけで、鬼皮だけだったり、渋皮もだったり、力を使わず剥けます。

包丁使いに自信のないワタシ(持ち方がおかしいらしい)にも便利

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お米を作る難しさ

Cimg4964 小学校でお米を作る授業があり、

田植えの際に分けていただき持ち帰った苗。

ただ、お水を切らさないよう水を足し足し育てた無農薬米。

途中花をつけたときに、長男が

「米のミルクを味わう」と言って、

ついばむので、穂がかなり寂しくなってしまいました…

数本の苗なので苦にはなりませんでしたが、これが何ヘクタールともなると、大変ですね。

さらに無農薬米となると、手をかけるのも大変だろうな…と思うにいい体験でした。

【3名様限定】青森県産 自然農法無農薬米『新米 つがるロマン』プレゼント!! ←参加中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハートブレッドアンティーク

吉祥寺アトレ内散策中に、期間限定のお店発見です

Cimg4914 9月20日~10月24日の間ですが、

名古屋市内にあるという

ハートブレッドアンティークの

チョコリングが売られています。(500円也)

お店がカワイイ。

Cimg4916壁に飾られたチョコリングをよく見れば、キャラのくりんくりん目玉がニッコリ笑ってこちらを覗きこんでます

名古屋をよく知るお友達、

「あ~デニッシュだ~。買って帰ろう」と嬉しそう。

ついつられて、ワタシも購入。

「コメダみたいにすると美味しいかもよ。」と後につづいた台詞にくらっときちゃったのが購入のきっかけかな。

Cimg4941 かなりの大きさ、かなりの高さ。

エンゼルケーキ型の大きさ分くらいですね。

正直、デニッシュでチョコたっぷりじゃ食べきれるかしら??と心配しましたが…

カットして、温めると面白いくらいに食べられます。

朝食のときに、半分ほどいただき、残り半分は…

Cimg4944

アイスとともにおやつとしていただきました

このときのポイント。

デニッシュはしっかり温めます。

アイスをからめつついただくと、もう最高です

ちなみにアイスはさっぱりめのお味のほうがいいかも。

ワタシはお手製アイス~。

季節はずれですが、このデニッシュのために購入当日慌てて作りました☆

どんだけ貪欲なのでしょう…自分でも鍋を温めながら思いましたよ。

でも、食べてみて「やっぱりいけるよ、この組合せだよ~」と思えたからいいのです

トッピングはハーシーズのキャラメルシロップです。

あ~チョコリングもう一個買ってもよかったかな…

Cimg4931おまけ写真。

アトレ内はあちこちハロウィンデコで楽しかったです。

これも地下のワンコーナー。

床にも黒い影がそこかしこに…

ひだりの白いおばけの足元に、生足が…ギャー

って、潜んで遊ぶ女の子のおみあしでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はらのキッチン

Cimg4929 吉祥寺へ用事ついでに、新しくできたアトレ散策してきました。

食品店舗は以前からある店、新しい店とが混在し、新規の顧客も、昔からの顧客も満足できるヴァリエ。

ランチのできるお店もいろいろ増えたようですが、

この日はお友達が「はらのキッチン」をすすめてきました。

ご存知はらドーナッツのカフェ。

「ここはすぐに混むから、早めに入ったほうがいいかも…」ということで、

ランチタイム開始時間に入店。

ランチを終えて出る頃には、このとおり、外にもびっしり列が…

Cimg4922 スタッフさんの制服がなんともゆる~い園児服な感じでカワイイ

すずめのお宿のよう。

椅子もすべてどこかの学校の払い下げを思わせる使い込まれた雰囲気。どれも型が違って、懐かしくなるような空気が店内をおおっています。

Cimg4923 選んだランチは、おともだちが、

ピリ辛味噌漬け豆腐丼

丼にこれでもかというほどお野菜たっぷり。

サラダボウルにもお野菜たっぷり。

しゃくしゃく…と小気味いい音が店内そこかしこで聞こえてくるようです。

Cimg4926 ワタシは日替わり豆腐キッシュ

自分がつくるキッシュは、チーズたっぷりバターたっぷりなのですが、

さすがはらのキッチン。

豆乳を使ったキッシュで、野菜がぎっしり詰まり、生地はそのつなぎとして入る程度。

添えてあるグリーンサラダには、パリパリのさつまいもやレンコンのチップス。

かぼちゃのスープもとろ~り。

とにかく、お野菜をたくさん摂れてヘルシーさを前面に打ち出すカフェのようです。

キッシュの生地対野菜の割合、これは参考になりましたワ

でも、生のお野菜が苦手…という方にはちょっとつらすぎるくらいの生野菜のオンパレードです。

Cimg4927 食後には別メニューではらロールをオーダーしました。

やっぱりこれを食べて帰らなくちゃね

ワタシはここのロールケーキ、初なのです。

迷った末に、和栗の竹炭をチョイス。

色が美しい。

お友達はきな粉。黒豆がクリームの中に入り、そとの生地にも黒豆きな粉が入ったほんのり甘めで香ばしい香りのロールケーキ。

Cimg4928 カフェオレとともにいただきましたが、

このロール美味しい

思ったよりずっと軽くしっとり甘さ控えめ。

きっと3切れくらいペロリとしちゃいそうです。

栗も思ったより多くごろごろとクリームに隠れて、これまた嬉しい

想定外だったのはカフェオレ(飲み物はランチ込)。

サイズが大きく、泡もしっかりたち、

最後はお腹一杯で、苦しくなっちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅干にちょい足し、食べる調味料プロジェクト①

紀州 石神邑ファンサイト応援中

モニプラで「第2弾!食べる調味料プロジェクト 梅干にちょい足し 意外なオススメレシピ大募集!!」by 紀州 石神邑 に参加中です。

Cimg4899 当選メールが届いて、翌日には宅急便で送られてきたのがこちら

なかに梅干が入っているとは思えない、なんともスイーツなパッケージ

たぶん遠目に見ると、ゼリー?と思っちゃうかも。

○うす塩味梅干(8%)

○しそ漬け梅干(13%)

○かつお味梅(8%)

○蜜っこ(7%)

Cimg4912 4種類のお味がありまして、そのすべてが完熟。

とっても柔らかく、つぶれないようにこうしたパケになるのも納得です。

これらを調味料として使うわけですが…

今回は、うす塩味梅干を塩がわりに使ってみました。

Cimg4913梅干は種を除いてたたきます。

柔らかなので、すぐにペースト状になりました。

蜜っこはそのまんまいただきましたけど、とろけるようでしたヨ

これに、しょうゆ、料理酒、おろししょうがを加えてよく混ぜ合わせます。

さて、この合わせ調味料ですが、鶏肉の下味に使ってから揚げにするのです

Cimg4939 ペースト状なので、ビニール袋に入れて、よぉく揉みこんで味を馴染ませるのがコツ。

その後、溶き卵、片栗粉をつけて揚げます

今回はこどもたちや主人にも相談したところ、

主人は「ハンバーグやから揚げのとき、梅干を一緒によく食べ合わせる。」という発言から、こちらのレシピに。

ほんのり酸味と塩味がいい塩梅です ←まさに「あんばい」どんぴしゃり

副菜は、

・ごぼうとさつまいものマヨサラ白ごまたっぷり和え

・カリフラワーのカレー醤油味

・プチトマト

Cimg4940 ・きゅうりと新しょうがの浅漬け

Cimg4938ご飯は、先週末の日経に載っていた

エリンギご飯←主人リクエスト

鶏モモ肉の旨味とエリンギの肉厚な食感が楽しめる炊き込みご飯。

Cimg4936 おまけは、鶏皮のかりっと焼き。

鶏モモ肉を買ったとき、パックから取り出して思ったより皮多いかも…と思ったとき、昔は「だまされた~」とがっくりきてましたが、これをおまけに作るようになってからはホクホクするようになりました。

しっかり脂抜きできるまで焼いて、塩と胡椒をふるだけ。

キッチンペーパーで吸い取っていきながら油はねに合うのは毎度ひやっとしますが、この皮、病み付きです。

大きく焼いて包丁でカットするのですが、大きさにムラあり、こどもたちはどれをとるかで真剣モード。←元々、皮はおまけ程度の量なので。

梅干にちょい足しおすすめレシピ、ワタシはから揚げをおすすめしま~す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロールキャベツとマヨサラダ

この頃まだまだ高いキャベツ。

上石神井の野菜やさんで、嬬恋産のやわらかしっかり巻きのキャベツが2割方大手スーパーより安く売っていたので、ついで買い。吉祥寺帰りで、汚したくないこども服も一緒にごっそり後ろのカゴに乗っけて自転車を走らせます

Cimg4894 こんなときはやっぱりロールキャベツでしょう

小さな葉っぱになると巻くのに苦労するので、大きな葉のあるうちに作らなくっちゃね。

なかはハンバーグと一緒の種で。

コンソメスープで煮込み、大豆やブロッコリも終盤あたりで入れて味を含めます。

Cimg4895 最近はまっているマヨサラダ。

具材はいろいろその都度あるものを使ってますが、

これ、いけますヨ

蒸したさつまいもと、カリフラワーと、ブロッコリの茎。

蒸したらドレッシングで和えて下味をつけること。

その後、辛子とマヨネーズを混ぜたもので野菜を和えて、白ゴマたっぷり降りいれます。

ごろごろ野菜のマヨサラ、かなりの食べ応えあり。

ロールキャベツでもかなり枚数使ったし、いつもよりたくさん野菜が摂れたなぁ~と満足いたしました

(普段野菜のおかずで「足りない、足りない」と四苦八苦するので…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏手羽と卵の親子照り煮

メニューが決まらないうちに、なんとはなしに手をのばしてしまうもの…

それはやはり鶏肉でしょう

モモ肉がその最たるものですが、たま~にコラーゲンふるふるの手羽先に目もいきます。

Cimg4891 そういうときは、ほとんど手羽のから揚げが多いのですが…珍しく煮てみました

最初に手羽は軽く塩をふり、しっかり焼き付けておきます。

その後、しょうが、砂糖、しょうゆ、酒、はちみつ、みりんと水で煮汁を作り、そこに鶏肉とゆで卵を入れて煮付けるだけ。

水分はほとんどなくなるまで煮込みます。

照りっ照り

手羽は食べるのが面倒ですが、この柔らかさは代えがたい。

Cimg4892 かぼちゃの煮っ転がし。

Cimg4893 塩昆布、

大根葉(間引き分なので柔らかい)、きゅうり、おくらを使って浅漬け風サラダ。

サラダなので、酢も使います。

千鳥酢、やっぱりえこひいき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極DINING清水

前週のレディースデーに映画「大奥」を見に行き、目の保養をした後、ランチに向かいました

Cimg4860 大泉学園駅近くにある、

極DINING清水。

そう、石神井の人なら知っている石神井公園駅北口のSUSHI DINING清水の姉妹店です。

ゆったりくつろげるお店です

Cimg4852 ワタシは日替わりで、刺身四種盛り。

お刺身だけでなく、揚げ物(鶏から揚げか野菜の天ぷら選択)、煮物、浅漬け、茶碗蒸し、サラダ、ご飯、お味噌汁、ミニデザートがついて1260円なり。

Cimg4851 まずはサラダが通されます。

シーチキンがこんもり盛られて、

野菜もしゃきしゃき美味しいです。

Cimg4856 茶碗蒸し。

好きなのに、家では滅多に作らないもの。

シアワセ。

Cimg4854鶏のから揚げ。

ふた切れでしたが、大きい

いや大きすぎます。

女性のお口に入れるには、どうしたら良いものか案じます。

でも、かりっさくっとして美味しいので、よしとしましょう。

Cimg4857 お刺身、これも肉厚でしっかりしてました。

揚げ物、お刺身もついたら、食いしん坊なワタシには大満足

Cimg4858 ご飯は、白米か五穀米が選べます。

迷わず五穀米。

Cimg4859 +105円でコーヒーをつけました。

だって、定食にミニデザートがついているんですもの。

飲み物つけないとネ

黒ゴマプリンもちびちびといただきましたヨ

おいしゅうございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貝じゃが~あさりとじゃがいも煮

肉じゃがの、肉のかわりにあさりを使っておかずにします

スペイン料理にこんな風なおかずがあったもんだ、とそらもう何となくで再現。

でも、あさりもじゃがいもも万能食材。何となくでも美味しく仕上がるので、紹介します

Cimg4878 作るきっかけは、

主要の食材から離れましたが、

いいブラウンマッシュルームを見つけたから

千葉県産のすっごく肉厚、漫画のように大きくコロリンとしたマッシュルームがお手ごろ価格だったので、思わず手にとっちゃいました。

シチューか?アンチョビ風味のポテサラに使うか?

色々悩みましたが、あさりも美味しそうだったので、貝じゃがに決定

Cimg4880 ①あさりはしっかり砂抜きさせて、よぉく洗っておきます。

②にんにくはみじん切りにし、フライパンに入れたオリーブオイルにしばらく放っておきます。

③ブラウンマッシュルームは汚れをふきとり、肉厚にスライス。パプリカは1cm×2cmくらいにカット。

④ローズマリーは小枝二本ほど。

Cimg4881 ⑤②を火にかけて温まったところで、レンジにかけて蒸しておいたじゃがいもをしっかり焼き付けて、軽く塩をふったら、一旦ひきあげます。

⑥マッシュルームとパプリカを入れて炒めます。その後、あさりを入れて、ローズマリーをのせ、白ワインをふったら強火にして、蓋を閉め、ゆすって火を通します。

⑦⑥に⑤を加えてしっかり汁気をじゃがいもに吸わせながら炒め煮していったら、白胡椒をふって出来上がりです。

Cimg4882 あさりの旨味がにんにくとマッシュルームで倍増

それをじゃがいもがしっかり吸い込んでいるので、

もう幾らでも食べられます

子ども曰く

「大皿にもっともっと盛ってよ~」

「それって、人を呼んで楽しくやりたいってこと?」

「違う、オレ達だけで食べるの

…って、どこまでケチケチ食い意地星人なのだ、長男よ

Cimg4884 副菜は、ブロッコリ、キュウリ、トマトのサラダ。

ピエトロドレッシングでマリネして、これまた放っておくだけでいい具合に味が馴染むのですよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々にパンを焼きました

体調を崩して以来、しばらくやめていた朝のパン作り。

やっと再開です。

Cimg4875 とりあえずは、ロールパンを手始めに。

二食分ほどまとめて焼いておきました。

毎朝はキツイもん。

焼き始めた当初は、毎朝でも苦にならなかったのだけど…

Cimg4849 二食分のうちの初日の朝食は、

トマト風味のスープとともに。

なす、にんじん、しめじ、大根葉(次男が学校の授業で練馬大根栽培中。間引き作業で持ち帰った苗。)、玉ねぎ、大豆、ベーコン。

せっかく肌寒い朝だから、とスープにしたのに。

「ヨーグルトフルーツのほうがいいよ~~」だそうな

Cimg4876 翌朝。

二食目の朝食は、

いつもの

ヨーグルトフルーツに。

皮ごと食べられるトンプソンシードレス、ここにも入れ込みます。

バナナ、オレンジ、ブルーベリーは欠かせないので、

黄緑が加わり、彩り華やか

この後、パンはおかわりされず、トンプソンのみのおかわりが、兄弟ともに続きましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新米の季節ですね…

【K+dep】玄米付!姉妹サイト:黒樂(こくらく)『本格精米機』のモニター第2段 ←参加中

新米の季節ですね。

よく行くスーパーのコイン精米機で、精米する方々の気合の入りようもいつもより違うような

精米したてのお米を食べたい…と思いつつ、

無洗米を手にするワタシ…

だって並ぶのが大変なんですもの。

機械になれず、おたおたして次の順番の方たちをイライラさせそうになっちゃうかも…

そんなとき、モニプラで、まるで炊飯器のような形をした精米機があるのを知りました。

欲しい…

かなり欲しい。

だって、自家精米でいつも炊かれている友人の作るおにぎり、とっても美味しいんですもの

我が家のちびっこメンズたちは、ここのおにぎりが大、大、大好きでした。

我が家でも食べさせられたらシアワセなんだけど…

当たらないかな~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーボー豆腐と浅漬け風サラダ

合挽き肉を買って、今夜はハンバーグねと考えてましたが、

夕方になるにつれ、次第に疲れは色濃くなり、ついにこねが面倒になってしまいました。

こんなときは、挽肉をそのまま炒めるお料理に変更です。

Cimg4866 マーボー豆腐

にんにくや生姜をたっぷり刻み、

挽肉とともに炒めます。

途中、長ネギ、しいたけのみじん切りも投入。

Cimg4869 調味料は、砂糖、味噌(お味噌汁に使う普段もの)、甜麺醤、豆板醤、オイスターソース、紹興酒。

馴染ませていくと、美味しそうな色に…

水溶き片栗粉でとろみをきかせます。

この間、木綿豆腐は水切りして、切っておきます。

Cimg4868 忘れてならないのが花椒

一日の疲れをすーーーっと飛ばしてくれる、

清涼感ある、スパイス。

日本の調味料でたとえると、山椒っぽいかな。

これを粗くすりつぶして、豆腐を加えたときに一緒に投入し、香りと風味を出します。

最初の炒める時点で入れてしまうと、焦げてしまえばエグみが出て食べられたもんじゃないので、最後にとっておくのがコツ。

Cimg4871 薬味ねぎをちらすのを忘れてしまいましたが…

それほど辛くしてないので、こどもも大好き

香りが食欲をそそるらしく、ご飯と一緒にもりもり。

Cimg4873 パンチの効いた主菜がくると、

副菜は控えめにさっぱり味で。

枝豆と、さっぱり浅漬け風サラダ。

Cimg4872 浅漬け風サラダに入っているのは、

キャベツ、きゅうり、オクラ。

そして、塩こんぶ。

調味料はだし醤油を希釈して、千鳥酢とお砂糖でさっぱり甘い味付けに。

Cimg4870 スーパーで見つけて以来、

そのパンチあるパケに惹かれて買っている、

くらこん 塩こんぶ。

なんてったって、塩こん部長のイラストがいい

大阪の義母からいただく松前屋の塩昆布は、美味しくってすぐになくなってしまうので、その後はこちらでもたせています。松前屋さん、池袋西武にもあるのですが…なにせ、我が家の消費ペースから考えると…おそろしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すだち蜂蜜

すだちをおすそ分けいただきました

徳島産のもので、贈答用に小箱に入ったものだったとか。

うやうやしく頂戴いたします

こちらではあまりすだちを見かけませんよね。

西日本、福岡ではよくから揚げにもすだちが添えられてます。

久々にすだちを味わえるとあって、嬉しくなっちゃいました。

Cimg4861 さて、どうしましょう…

悩んだ末、

レモン蜂蜜のように、すだちを蜂蜜漬けにすることに。

ここ数ヶ月、長男は朝起きてすぐに、甘い飲み物を一杯飲むのが習慣となってます。

梅シロップがあったころは、それを水で薄めて。

なくなったら、レモンの蜂蜜漬けを薄めて。

それがなくなったら、ゆず茶を…という風に。

Cimg4865 種をのぞいて、薄切りにしたものをはちみつに漬けるだけのカンタンシロップづくり。

明日の朝には、もう飲めるでしょう。

皮はちょっとホロ苦いので、食べるかどうか分かりませんが…

出来たら一部、お菓子の材料にも使いたいけど…

きっと長男のこと、自分の飲み分が減ると、またウギャウギャ言い出すに違いありませんそれを考えると…

どうするかな~~?

※後日談…しっかり皮まで食べている長男。「ちょっと苦いでしょ?」と聞きましたが、「でも、美味しい。」と、飲み干した後、もしゃもしゃと咀嚼しておりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美肌養液 I’m PINCH ④

お試しモニターとしていただいた美容液

…いや、美肌養液I’m PINCH

Cimg4790 いよいよ最後となってまいりました。

こちらの出番です

ノーストレス!ほじほじスプーン

最後の一滴まで大切に使ってもらいたい、そういう企業精神から出来たのが、コレらしいです。

Cimg4885 紙の裏面に、

どう使うかが、イラストとともに描かれてありました。

Cimg4888 衛生面から、最後の一滴に使ってください、とのこと。

(何度もほじほじスプーンを使うんでなく)

このネーミングといい、カタチといい、そのしなり具合といい、使いたくってたまらなかったワタシ。

もう残り少なくなるにつれ、

「あぁ、もうなくなっちゃう…」

という悲しさと相反して、

「いよいよ、あれの出番…」

と期待感高まる気持ちを抑えきれずにいました。

Cimg4887 最後の一滴。

ピンボケ気味で、

残念なショットとなってしまいましたが、

よくしなるスプーンはしっかり働いてくれましたヨ

化粧水のあとの顔にするするとのばしてゆきます。

Cimg4889 あなたの肌への「ご褒美」

どこまでも、購買意欲をくすぐる

I’m PINCH。

アイムピンチファンサイト応援中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の山ぶどうピアス

昨日のご飯のおかずが少なかったのは…ビーズアクセ作りに時間をかけてしまってたからでした

もう2週間前くらいになるでしょうか。

雨続きの頃、バスで乗り合わせたステキな女性の耳に、これまたステキなピアスがぶら下がってました。

一目ぼれです

不自然なほどガン見して、しっかり目に焼き付けましたヨ。

耳元(ほぼ、うなじ)をじっと見るって、かなり視線イタかったことと存じます。

その女性に申し訳ないことをいたしました。

つい先日、やっとこさ貴和製作所へ。

Cimg4844 今回は、ちょっとリッチに半貴石を購入。

やっぱり、あの一目ぼれピアスはこんな風な色でなくっちゃ再現できませんワ

オレンジは、カーネリアン4mm玉。

グリーンは、グリーンアベンチュリン3mm玉。

赤紫は、ガーネット3mm玉と、ドロップ型。

色あわせで、クリスタライズを見たりしましたが、ツルリンとして、ぽってりとした色味は、これが一番でした

で、早速イメージとして焼き付けたピアスを再現です。

Cimg4846_2 出来上がってみると、思ったカタチの房に仕上がらない…けど、

山葡萄ピアス、一丁あがり~~

仕上げてみて気付いたこと。

確か、あのとき見かけたのはもうちょっと華奢だったような…たぶん、2mm~3mm玉だったかも。

4mmをメインにしたので、かなりのボリュームになっちゃいました。

実りの秋ってことで、ま。いっか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋野菜の煮びたし

ふっくらとしたさんまを買って、いそいそ家へ帰ります

Cimg4847 シンプルに塩焼きで

トマトがちょびっと…

最近、トマトが随分高いです。

困ったものです

Cimg4848 副菜は秋野菜の煮びたし。

秋茄子、かぼちゃ、れんこん。

あと大豆。

素揚げにしたら、酢を入れたさっぱりだし醤油とオリーブオイルのドレッシング(すりおろし生姜入り)に、じゃぶっと漬け込み、底からぐるりぐるりと混ぜ込み放っておくだけ。

その、酢を今回ちょっと入れすぎて「酸っぱい~~」と言われちゃった。

すみません。。。いつも目分量なもので。。。

今回は非常におかずが少ないです。

なぜなら…

理由はまた明日UPしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンプソンシードレス

「もったいない。

西友で○○や○○も買えるのに…」

このフレーズがCMで繰り返し聞かされるようになって以来、足しげく西友に通ってます

そこで必ずといっていいほど買ってしまう、ワタシの最近のハマリもの。

Cimg4833 それは、ぶどうです。

右の薄黄緑のトンプソンシードレス(イチ押し)と

真ん中のフレームシードレスは、

皮が薄くそのまんま食べられて、しかも甘い。

ぷちぷちという皮が破れる瞬間の食感がたまらずイイ

…というわけで、ヘビロテ&冷蔵庫ストックフルーツNO.1です。

左横は、もう旬終わりすれすれ、駅前の野菜やさんで売られていた生プルーン。

こちらもワタシは大好物なので、すかさずGet

これまた皮ごといただけるので、ざばっと洗うだけで出せるカンタンアイテム。

これらを好きなだけ食べると、もうシアワセ、シアワセ

たまに調子よく平日の昼食後にひとり完食してしまい、夕食後に知らないちびっこメンズたちが「食後の果物~~あの、ぶどうネッ」なんて所望された日には、平謝りでしたワ

皮ごとってところが非常に好きなんです。

お魚でも、鶏肉でも、果物でも…皮好きなもので

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭のホイル焼き

脂ののった鮭の切り身、きのこの豊富なシーズン…

とくれば、やはりホイル焼きでしょう

Cimg4831 一応、切り身大きめではあるはずなのですが…

しめじとえのきだけに埋もれて見えません…

切り身にはあらかじめ塩をふり、

上に、きのこ類をのせた後、バターの薄切り、

白ワイン少々をふり入れ、グリルで9分。

アルミホイルはちょっとだけ隙間をあけておかないと、ワインの香りがこもってしまうので要注意(対ちびっこメンズ&オトナメンズ用)。

あとは、お好みで胡椒をふっていただくだけなのですが…

長男、ふりすぎです←厳重注意。

副菜は、

・大学芋

・蒸しオクラ←岩塩ちょびっとで充分美味しい

・ほうれん草とえのきだけのお浸し

Cimg4832 お味噌汁には、

お豆腐&ねぎ…

またしても納豆昆布登場

とろ~りとして温まります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスキングテープがこんなところに!?

「おかあさんに、ずっとずっと渡したかったプレゼントがあるの。」

次男から、フラッグフットボールの練習の帰りに言われ、帰宅して手渡されたもの。

Cimg4836 「いい音が鳴るんだヨ

工作好きな次男の手作り雑貨。

しかも、これはお気に入りキャップを使っているではないですか

(注釈※一時期、次男はペットボトルでカラフルなキャップを収集しておりました。)

キャップをふたつ使って、なかにビーズを閉じ込め、振ればシャカシャカシャカ

あれれ、ワタシのお気に入りマスキングテープを使ってるヨ

何種か、たぶん考えて貼り付けていったらしいとうかがえる様子に、親バカながら感心しました

いいセンスしてるじゃないか、息子ヨ

Good job

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルボナーラ

フラッグフットボールの練習を終え、遠路自転車で帰ってきた長男。

(次男はお父さんの自転車に乗ってなので楽ちんなのだ。)

ぐたぐたです。

「づかれた~~~

それでも、玄関に入るなりニンニクとオリーブオイルの香りが漂っていたのか、

「今日、パスタ YEAH~

パスタだとテンションがあがるようです。

Cimg4830 パスタを多めに茹でておいたので、

こんなに山盛り。

それでも足りなければ、DONQのバタールを食べてもらいます。

バジルはさっきベランダ菜園でたっぷり摘んだもの。

ちぎって入れ込みます。(香りが足りないのでそれはドライバジルでカバー)

こどもも主人も大好きなカルボナーラ。久々に厚切りベーコンなので、これまた嬉しそう。

あっという間に平らげました。

ワタシはやっと普段通りの体調に戻り、久々の白ワインをくぴくぴ飲みながら、ゆっくり胃へとおさめてゆきます。

せっかく減った体重が、また逆戻りだわ。。。

さ、食後は図書館へGo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美肌養液 I'm PINCH ③

アイムピンチファンサイト応援中

美肌養液 I'm PINCHを使い始めて5日目です。

朝晩の化粧水のあとに、この美容液を使う習慣が板についたころ…一週間分という容量のリミットが近づいてきました。

…でも、もうちょっと使えるかな??

夜はワンプッシュ、朝は最大で1/2プッシュという加減なので、個人差があるのかも。

Cimg4803 白くトロッとした液で、少量でもするするとのびていきます。

せっかくなので、ここでマッサージタイム。

先日、ウィンドーショッピングを散々したあげくに駆け込んだコスメカウンター(RMKさん)で、鏡を見て愕然目のまわりにくっきり表れた疲れサインがこんなをしていたら、親切なBAさんがマッサージの仕方を教えて下さったのです。

マッサージクリームでなくても、I'm PINCHなら肌に負担をかけずにマッサージが出来ます実践しなくては、せっかく教えていただいた順番も忘れてしまいますから

馴染んだら、乳液。

これを使い始めてから、朝の洗顔後が楽しみになりました

なぜって…面白いようにお肌が水を弾くんです

以前から混合肌で、水分も油分もMAX。水は弾くほうではありましたが、粒がコロコロと顎へと伝って落ちていくサマを見ては、にやけてしまいます

効果、出てきているようですヨ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

納豆昆布とは…!?

クイーンズ伊勢丹に行くと、和な食材が充実しているので覗くと楽しくなっちゃいます

今回は昆布コーナーを覗いてきました。

実は10月から三ヶ月間、昆布大使となったちぃちぃです

普段から昆布は好きでいろいろ取り入れてはいますが、今後三ヶ月間はいつもより積極的に摂取してブログUPしていきます

Cimg4819 今回購入したのは、

納豆昆布

…納豆が入っているわけではありませんヨ。

北海道の道南地方で収穫される粘りの強いがごめ昆布を細切りにしたものです。

昆布の量の2倍のぬるま湯で5~10分ほど戻せば、納豆なみによく粘る昆布となるわけです。

これにお好みで、醤油やみりん等を加えて味付けしていただきます。

ごはんにのせても美味しいとか。

Cimg4823 袋から出せばこんな状態。

乾物なので、常温保存でOK。使いたいときに使いたいだけ戻す、常備するには便利ですね。

Cimg4828 ねばねばが大好きなファミリーなので、

納豆と薬味ねぎを合わせてねばねば度UP

味付けは、

みりんを煮切って、出し醤油と酢を加えて、

さっぱり酢醤油にしていただきます。

酢を加えると更にあわ立ちが良くなるんですよね~~

ご飯と一緒にいただくと、美味しい~~~~~

こどもたちはこの後、納豆昆布のみ(本物の納豆はなし、昆布のみ)を酢醤油でまたおかわりしてました。とても気に入った様子です。

Cimg4824 ちなみに、この日のメインはかますの塩焼き。

れんこんチップスを添えて。

あとは、ほうれん草とにんじんの和え物。

Cimg4826 和え物は、炒り卵も混ぜるとマイルドになるし彩りもキレイ

みりん、お砂糖、出し醤油、すりゴマいっぱい。

彩りでこどものをひこうと思ってましたが…

今回は納豆昆布にもっていかれました。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

どうしても思いつかないときの定番副菜

疲れから回転性の眩暈で苦しんだ数日間。

それまで眩暈を軽くみていましたヨ。

ひどい酔いのときって、グラ~ッと景色が回りますよね?あれがずっと続きます。目をつぶっても、こどもが横切って目で追っただけでも、横になっても…気持ち悪いし、横倒れしそうになるので歩けない。

まだ多少は残りますが、ちょっとは動けるようになりました(画面を見ると酔う)。

こんな日でも晩ご飯を作らなきゃ。

Cimg4810 …というときは、定番副菜で。

れんこんのおかか和え。

ピーマンとしらすの炒め煮。

豚肉があったので、きのこと玉ねぎと炒めて、

おろし大根とポン酢で。

ワタシは食べずに寝る、寝る、寝る。

自分の食欲がないときは、メニューが思いつかずに困ります。

すまない。

唯一、食べたかったもの。

病院のすぐ近くの野菜屋さんで生落花生発見。

Cimg4811 塩茹では大好物。

これだけはちゃっかり、食べました。

食べて、歯磨きをして、寝ました。

こどもより早く。

翌日。

パソコンにちょっとでも向かえるようになったのだから、良くなったもんだわ。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »