« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

渋栗ロール~大吾

大晦日は大吾へお正月のお菓子を買いに行きます。

Cimg5849 相変わらずの大混雑。

自転車を脇に停めるのも一苦労。

練切りとお干菓子を選んだところで、番号札をいただき後はひたすら、待つ。

待ち時間は長いので、外に出て店舗を撮影。

長男、どうにかしてフレームinしようと両手をあげますが、如何せん、背がちっちゃい

寝癖頭しかうつってませんゾ

それでも時間があまるので、長男にお会計をお願いし、ワタシはもひとつ先のスーパーへ。

生麩が見つからず、大泉のスーパーをあちらこちら探し回りましたが…

ここでも見つからなかった

やっぱりこのあたりじゃQueen'sしかないのかも…

どうしよう…午後のこれから行くか…??

Cimg5850 長男提案で、大吾で今日のおやつも買ってかえることにしました

最初一緒に行きたがっていた次男、自転車が小さすぎて人前で運転するのは嫌らしい(でも、駐輪場所がまだ確保できないうちは新しく大きいのが買えないのだ)。

こういうときに、こども用自転車駐輪場が確保されてないととっても不便。。。

早く、駐輪場募集出ないかな…

さてさて、やむなく一緒の遠出を諦めた次男のためにも…おやつ買い。

きっとコレは期待できるぞオーラを出しまくりのこのロールケーキ、ぎっしり固めのモンブランクリームが断面から見えています。

Cimg5851 四等分にカットし、いただきま~す

米粉を使っているのか、もっちりしたロール生地。

そして中身の渋栗モンブランクリームは、予想外の控えめな甘さ、そして、期待以上の美味しさでした

もう一本おかわり~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もちつき

年末もちつきの行事に今年も参加させていただきました

去年初めての参加だったのですが、

おおらかで、とっても居心地のいいお宅です。

お誘いいただいた方に感謝

11時頃に伺いましたが、9時頃から夕方まで続くというこのもちつき…

Motituki2 既にいろんなおもちが作られてました。

きなこ、しょうゆ、大根おろし、納豆。

どれもいただいてから、もちまるめに参加。

そうそう、美味しい豚汁もいただきました

今回はエプロンとハンドタオルを持参し、動く気満々でいざ参戦

Motituki3 今回は男手が足りて、もちをつくことはありませんでした。

オンナ衆はひたすら餡子玉をクルリと餅でまるめていきます。

しっかり粉をまぶしてのばす、のし作業も楽しい~~

合間に持参した純米酒「白神山地の四季」をくびりと飲みつつ…ひたすらまるめる。食べる。まるめる。飲む、飲む。

もちろんちゃんと手洗いを欠かさずに

Mochituki1 集まった子達も順番にもちつき体験です。

しっかりついてもらわなくっちゃ、餅が固くなる

蒸篭で蒸したての美味しいもち米をいただいたこどものパワーもあなどれません

こちらのお宅に集う子たち…なぜか圧倒的に男子が多い。

女の子はとっても貴重です。

今年は赤ちゃんの女の子ふたりと、女子が4人。

16人超は男子なり。

日本では今男女比、どうだったかしら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(限定!うちの)男子はやっぱり肉じゃが好き?

その昔、雑誌やテレビで”男子は肉じゃが好き”という神話がうちたてられました。

当時私の周囲にはそれほど肉じゃがを偏愛するほどの男子はおらず、

「それって単なる思い込み?根拠のないウワサ?」なんて思ったものです。

…ところが、

うちのちびっ子メンズたち、あれほど探しても見当たらなかった”肉じゃが偏愛メンズ”なのです

Cimg5579 この肉じゃがに含まれる全ての素材が大好きらしい。

ホロホロに崩れる肉、然り。

丸のまんまゴロリ…のじゃがいも、然り。

柔らかく崩れそうなにんじん、然り。

味が染みて色が薄茶色になりつつの糸こんにゃく、然り。

これらは全て”、おかわり出来ること”が基本らしく、今まで何度かちょうどぴったりな量に作る度に、かなりのブーイングを浴びてきました。

なので、今回は万全を期して大きめの鍋にたっぷりと作ります。

二回食分。

ええ、もちろん翌日もいただきましたとも

こどもたちも大満足

肉じゃがだけは得意なの…という女子に、将来ひっかからないだろうかと、

今からちょっと不安に駆られた母(将来の姑)でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昆布茶を使ったケーク・サレ

昆布大使もいよいよ12月末で任期満了です。

何か昆布を使ったレシピを…といろいろ考えてはきましたが、

今回は、流行のケーク・サレに昆布茶を取り入れてみました。

サレはお塩の意。

塩、そのままを使うより、旨味たっぷり昆布茶を使ったほうが味も素材と馴染みやすいのでは?というのが、きっかけです。

Cimg5746 張り切って材料を取り揃えるというのでもよかったのでしょうが、今回は試しに作ってみるので、家にあるものばかりで手軽にいきます

Cimg5747 材料は、

薄力粉…160g
B.P.…小匙1
ハム…1枚
スナップえんどう…4本
黒胡椒チーズ…2個
しめじ…半株
卵…2個+卵白1個分
昆布茶…小匙1
粉チーズ…小匙1
サラダオイル…小匙1
①卵をよく混ぜ合わせ、薄力粉とB.P.を合わせてふるったものを加え、だまがなくなるまで混ぜる。
②ハム、黒胡椒チーズは細かなダイス状にカット。スナップえんどうや黒胡椒チーズもみじん切りにする。
③①に、昆布茶と粉チーズ、サラダオイルを加え混ぜ、②をよく混ぜ合わせ型に流し込む。
④200℃に予熱したオーブンに入れて、180℃に設定しなおして40分ほど焼成すれば出来上がり。
Cimg5750 熱いうちも美味しいですが、数時間おいて、表面が乾燥しはじめたくらいもまた味が馴染んでよし。
他のお惣菜を盛り合わせれば、ちょっとしたカフェごはんにもなりますヨ。
この日は、熱々をお昼ご飯にスープとともにいただき、
Cimg5753 夕食には、他のおかずとともにのっけてみました
こどもたちには、あまり好評ではないケーク・サレ。
(みじん切りにしていると余りものの寄せ集めのように見えるらしい
別にね、食感がもそもそするより細かくしたほうがいいと思うんだけど…ネ
鶏肉は、喰酔たけしで食べたアジアンな味が忘れられず、クミンやオレガノ、ターメリック、塩・黒胡椒をきかせて焼いたもの。
右上は、ホワイトセルリときゅうり、生ハムのマスタードサラダ。
真ん中はカブのサラダとプチトマト。
ちょこちょこと盛り合わせると、ついついおつまみ感覚になって横にお酒をおきたくなってしまうのは忘年会気分がまだ抜けきれないからでしょうか
てへッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子会 at喰酔たけし

Cimg5730 石神井の喰酔たけしにて忘年会です

宴会コースで、「女子会」なるものがあると聞き、そちらで予約。

3時間コース3980円、飲み放題付きなんて、素晴らしすぎプランです。

それに。。。。

遠く過ぎ去りし日々を思い出させるような「女子」の響き…

「ジョシ、高まる」←まだドラマSPECをひきずってます

さてさて、せっかくなので美味しすぎるたけしさんのお料理の紹介。

Cimg5732 前菜は、サーモンと貝柱、スモークチーズのミルフィーユ。

バジルソースとバルサミコが控えめに入り、新鮮なお魚を出してるよ~の自信のほどがうかがえます。

乾杯のビールとともに、いただきます。

はぁ。。。予約できて良かった

Cimg5735 萩(鳥取)の生本鮪のカルパッチョ。

脂がのっていて美味しい

マヨの味、美味しい~

この後も乱舞状態です。

Cimg5734 きっとたけしさんとこでランチやるとしたら、こんなの出てくるのと思うような、

ワンプレート。

ひとりずつにこれだけのものが出てくるのも嬉しい。

カップにはラタトゥイユ。

酸味も控えめで、ゴロンとしたお野菜がホロホロとくずれます。

ポテトサラダは、スモークのベーコン?がたっぷり刻んで入っていて、ビール(2杯目)によく合います。

「これ、真似したいけど~どうやって作るんだろうね~」と主婦談義も盛り上がる

チキンレッグは、サティ的なスパイシーな味付け。

これまたはまります。

こういう味付けもいいなぁ…

昨日の我が家のナンプラーレッグも好物のひとつですが、こちらのレッグも是非真似したい味。

ネギがいい薬味となって、残さずいただきます。

Cimg5736 エビちゃん、登場

下のフリルのお皿のような春巻きの皮とともに揚げているのかな?

エビの衣の上にかかっているソースがまた美味しいんですが、もはやどうやって作っているのかわかりません

取り付かれたかのように、箸がとまらず、味わい続けます。もちろん、おしゃべりもとどまるところ知らず。

Cimg5738 エビパンも一緒に出てきました。

このまま食べてよし、

上のエビの上のソースをつけていただいてもよし。

香ばしくって美味しい…

エビ料理下手で家で扱うことも少ないワタシにとって、これはありがたく、嬉しい

Cimg5739 ここで3杯目。

ジンジャーハイボールにchange

生姜好きなワタシとしてはツボどストライクです

生姜のすりおろしがピリリときいて、

お料理のジャマをしないのもよし

Cimg5740 おねえさんが、鍋の用意にとりかかりました。

「まずはスープを味わっていただき、

その後、お肉を。

それからお野菜を入れて、

薬味を使ってポン酢でお召し上がり下さい。」

Cimg5742 博多風水炊き、ということで、また、

「高まるぅ」←SPEC見すぎ

酔いがまわりはじめたなか、説明を皆でもう一度確認しあいながら、まずはスープをいただきます。

鶏のおだしがしっかりきいて、これは即細めんを入れていただきたいほどの完成度。

こどもが食べてたらきっと「ラーメンにしたい」と叫んでいたかも。

これを鶏肉とともにまずは味わい、

Cimg5741 こんもりと盛られたお野菜の山をくずしつつ入れていきます。お豆腐は別皿から、同じく鍋に。。。

キャベツの甘みが加わり、さらに旨味UPなのですが…

ここで既にお腹一杯になってしまってます。

なかなか気持ちとカラダがリンクしてくれない

もどかしい~~~

食べたい~~~

でも、お腹いっぱい~~~~~~~

Cimg5743 ポン酢やもみじおろしを使い、

酸味作戦で、さらに胃におさめていきますが、

かなりスロー。

やっぱり入らない。

柚子胡椒、美味しい。

食べたい、でもこれ以上入らない。

…といいつつ、お酒だけはさらに飲み進み、気持ち〆気分で、いちごっ酎を注文。

いちごの酸味と甘みがぎゅっとしぼりだされた美味しいお酒

でも、〆の雑炊が…

飲み物オーダーストップがかかる前に、再度ジンジャーハイボールをオーダー。

やはり、雑炊に甘いものは似合わない。

雑炊も一杯でもうお腹いっぱい。

食べたいのに、食べられない…

贅沢な、でも最大に苦しむ悩み事。

デザートの豆乳ゼリーもなんとか完食し、はちきれんばかりのお腹をかかえ、残した食べ物にゴメンナサイをし、おしゃべりもまだまだ足りず、最後は心残りな女子会でした

1年ぶりな方もいらっしゃったし、ホントこういう会は貴重ですね。

おつきあい、これからも大切にしたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花フェアリー占い

芸能のイトーカンパニー(ともさかりえさんら所属)のサイトで見つけた、

おもしろい占い、

花フェアリー占い

すごくキャラ立ちしているフェアリーたちが勢ぞろい

イラストも色も形もPOP

生年月日を入れるだけで、自分がどのキャラに該当するのか分かるのですが、

それがまた共通項を色々見つけられて

「当たってる?」

なんて思ったりしてひとり笑い

ちなみにワタシはコスモス

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマスケーキ

25日に行った我が家のクリスマス会。

シンプルなまでのワンプレートにしたのは、

ケーキが大きかったから

22cm角のバットでスクエアに焼成したジェノワーズを二等分にして重ねるとカステラの箱なみの迫力です。

Cake1 白いし。

箱っぽいでしょ。

シンプルに周りは生クリームでのばしていきました。

上には、いちご、ラズベリー、ブルーベリー。

ベリーベリーにしたかったの

Cake2 そして、中身もぎっしりいちごが丸のまんま並べてあるのです

どこを切ってもいちごが出てきますよ~~。

なかのクリームは初挑戦。

クレーム・ムスリーヌ。

名前を聞くとなんじゃそりゃ、ですが、簡単にいえば、カスタードクリームを通常のバターよりかなり多めでのばしたもの。

生クリームよりおさまりがよく、挟む部分に高さをとりたいときも可能にします(ある程度はいちごなど支えとなるものも必要ですが)。

最初にカスタードクリームを作り(この際も最後に無塩バターを通常通り入れて仕上げます)、その後、別ボウルで無塩バターをクリーム状に混ぜたもののなかに少しずつ練りこんでいきます。

全部生クリームより、卵黄の甘みも楽しめて紅茶にもぴったり

…で、食後ですが、やはりケーキが大きすぎたので半分を四等分し、残りは翌日にまわしました。

もっと縦長のスリムタイプに仕上げなくてはなりませんでした。

そのほうがオシャレに仕上がってたかも…

ま、スクエアの重ねは初めてだったので様子見できて良かったです。

ちなみに、

長男、

このケーキを作るまでしつこく

「マジパン作ってよ。」コール続いてました。

細工は面倒だし時間がかかるので(我流だと限界がある)、それはお誕生日ケーキのときにね。

ブログネタ: クリスマスに食べたいのはどれ?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスごはん

我が家のクリスマス会は25日でした

平日だと主人が何時に帰宅か全く予想つかないもので…

今年はワンプレートに全部のっけ盛り。

Gohan4チキンレッグ。

野菜チップサラダ。

ポテトサラダ。

ブロッコリーのスープも作りました

◎チキンレッグは、最近皆のお気に入りから揚げの調味で。

にんにくとしょうがのすりおろし、ナンプラー、醤油、酒、柚子茶、砂糖をよく混ぜたタレをジップロックに入れて、レッグを漬け込みます。朝漬け込んでおけば、夕方には充分でした。

オーブンシートをしいた天板に並べ、オリーブオイルを全体に塗りつけ、余熱250度に熱したオーブンに入れて、210度に設定しなおして焼くこと50分。

外はこんがりパリッパリ。

なかはしっとりむっちむちの鶏肉が味わえます

◎野菜チップサラダ

Gohan1 無印良品のこれを活用

味をつけずに素揚げしたものなので、

サラダセロリ(細くて葉のクセも強くない)とサラダ菜をドレッシングで和えた後、のせるだけで食感を楽しめるサラダとなります。

…ただし、今回赤かぶの彩りがクリスマスっぽいわとチョイスした冬野菜ですが、甘みが強かった…ので、こどもたちに不評。

定番野菜チップ(こちらはかぼちゃやいんげんなどやはり彩りが鮮やか)にすれば良かったのかな…

ワタシは好きでしたが…

◎ツリーポテトサラダ

じゃがいもを蒸してマッシュしたら、牛乳でしっとりさせ、塩をふり、マヨネーズで和え、胡椒をふりいれたらベースのマッシュポテトは出来上がり。

円錐形にしたこれに、蒸したブロッコリーを差し込めば、ツリー型の出来上がりです。

毎年、ツリーポテトサラダにはトライしていますが、サイズも中身も様々。

今年はどんなのにしようか…と考えるのが楽しい

◎ブロッコリーのスープ

ブロッコリの茎部分を蒸して、牛乳とともにミキサーにかけてきれいにくずします。

鍋に水とチキンスープの素を入れて熱し、溶かしたらミキサーにかけたものを流しいれ、塩、胡椒で調味してできあがり。

最後に生クリームをひとたらしします。

チキンレッグは大好物なので、ナイフとフォークで苦心しながらキレイに平らげていくこどもたち。

ちょっと長男よりも次男のほうが上手かな???

ブログネタ: クリスマスに食べたいのはどれ?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男子用コサージュ

Cimg5652 一分竹ビーズと、極小ビーズを使って

ちくちく我流刺繍。

gekkoに見えるかな。。。

こどもは最初手足なしのシルエットを見て「カエル」だって

チャコペンで、一匹目は試行錯誤のなかトカゲっぽく見えるようにスリムな体と長い尻尾を表現したつもりだったのだけど…

鉛筆で書くようになめらかな線は再現難しい…

途中くじけそうになりました。

カエルにやり直すかとも一瞬よぎったものの、やっぱり次男のgekko好きを考えるとはずせないし、カエルと違ってシーズンレスだし。

黒のフェルト地に刺そうと考えたので、ちょっと渋めの玉虫色ビーズを貴和製作所に探しに行ってきました。

ワタシ的好みではもっとキラキラ系ですが、うちのちびっこは男子。あんまり白く反射するキラキラでは着けてくれそうにない…でも、これだけ地味派手ならイケルかも

Cimg5691 その後は、フェルトを切り抜き下に布地を貼り付け強化&糸隠し。

バイアスにカットした布地にタックを寄せて、羽とともにgekkoのまわりを飾りつけ、最後に裏地を貼って、ピン留めすれば出来上がりです。

羽も貴和製作所で扱っている二種を3本ほどつけてみました。

布地は全て、かつて子供用のパンツ作りの余りもの。

写真のは二人分を重ねてますが、実際はひとつずつ着用。

写真のカーデにくっつけてクリスマス会にお出かけです

女子だといろいろ母も小物チョイスに盛り上がるのですが、男子だとなかなか範囲が狭まる。

せめて、これくらいはさせてくださいよ~と有無をいわさず、ピン留め。

タックを寄せたとき、ちょっと女子っぽい?とも思いましたが、黒やカーキ、茶色トーンだし、デニムやコーデュロイでざっくり感も出たので、ユニセックスで使えそうかな。

クリスマスが終わったら、ワタシもちょいちょい使わせていただきますワ

親子ともどもgekko(お絵かきや鑑賞)好き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス会

こどもたちの所属するフラッグフットボールチームのクリスマス会が、トミコシ会館で行われました。

選手とその家族で行われる会、今年はなんと90名近くの参加

選手たちの1年の活躍を褒め称え、来年に向かってまたチームがひとつにまとまろうと士気を高める、大切な会です。

前半はボウリング、後半は表彰式や出し物、食事であっというまの5時間でした。

Cimg5655 これ、何だか分かりますか?

結婚して以来1~2度しかボウリングをしておらず、こんなものがあるとは知りませんでした。

幼児用のすべり台。

いえ、違います。

ボウルのためのすべり台、です。

頭のところにボウルを乗せると、あとは勝手にはずみをつけてボウルがころがっていってくれるという仕組み。

さらにはこの馬のたてがみをまっすぐ真ん中に向けておけば、方向付けも正確に行えるというもの。

すばらしいアイディアグッズ

幼児たちがえっちらおっちらボールを持っていく様は、見ていて思わず

か~わい~い

Cimg5656 待ちうけ画面はすっかりクリスマスモード。

いいね、盛り上がります

こどもも、大人もごっちゃになって(親子は敢えてチームを分けて)ワイワイ、跳ねたり、ハイタッチもあり。

普段なかなか話せない方々ともおしゃべりできたのでは?

後半のTonakai納会では、かわいいトナカイさんや、

司会をこなすかわいいミニスカサンタの選手もいましたヨ

各チームごとに選手の表彰があり、

ひとりひとりに細かなメッセージ、

コーチの皆さんの思いやりに頭がさがります

こどもたちはほんっと、シアワセです

Mae 今年東日本大会で優勝したチームには、

特別に今年度の戦績を残した記念Tシャツまでひとりひとりに配られました。

世界に10枚しかない、特別なTシャツ(コーチ+選手)。

前はこれ。

Senaka 後ろがね、戦績表。

細かいのです。

記録、いやがおうにも覚えてしまいますね。

次男の手にしたこのTシャツ、

来年はブロンコスに所属する他のチームも、がんばって獲ってほしいな。

壁は厚く、高いけど。

母は声を枯らして応援するヨ。

Head Go,Go,BRONCOS

チームシンボルのかぶりもの。

ちびっこにかぶせると…

そら恐ろしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ばかもの」

先週ロードショーの映画「ばかもの」を観てきました。

人が、少しずつ知らぬ間にずれていく(自分自身が、そして周囲とが)哀しみがじっくり時間をかけてえがかれてます。成宮くんが堕ちていくさまは、こんな風に弱っていく人いるなぁ…と見ていてツラくなります。アル中ってホントにおそろしい病気なのですね。。。

後半部分では内田有紀ちゃんの入浴シーンに涙、涙、涙。

哀しくって美しくって。

片品の景色の美しさと、人の純粋さがとても清々しく、最後には救われました。

見ていて、ひっかかる映画です。

でも上映館、少なすぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お弁当で前日のタレ活用

久々のこども弁当づくりです。

Cimg5645 家族皆普段はお弁当がいらない生活なので、

こどもは大きくなれど、お弁当箱は買い換えず、

必要なときは、とりあえずワタシの二段弁当箱を使ってもらってます

次男も長男も年齢の割に小ぶりですが、お弁当箱は同級生より大きい

これよりワンサイズ小さいものだと、物足りないらしい。

さて、この日のお弁当。

昨晩作ったタレが残っていたので、鶏のから揚げと、スナップエンドウのソテーに活用します(きっと一口食べて、気付いてくれるに違いない

・鶏のから揚げ…タレに一晩漬けにして、小麦粉をはたいて揚げました。コチュジャンや胡麻油、にんにくしょうがも効いているので新鮮な美味しさ

・スナップエンドウ…塩茹でにし、またしても前日の残りタレ活用で調味。水分はしっかり飛ばして。

・卵焼き

・カリフラワーのカレー醤油味…下茹でにしたカリフラワーを、カレー粉と出し醤油、みりんを使って味を含ませたもの。お弁当箱に入れるときは、キッチンペーパーでギュッ

・プチトマト

・おにぎり三種…梅、昆布、元気ふりかけ(copse)

このところ、夜更かし(日付までは変わってませんが)が多く、朝の早起きはヒジョーにツライ…

やはり、ワタシは小学生低学年なみの睡眠時間が必要なようです(浅い?何度も起きるから?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水炊き鍋のタレ

以前、鶏団子のつなぎを教えて下さったお友達より、また耳寄りレシピ情報が

水炊き鍋のタレ、です。

Cimg5639 水とみりんを鍋に入れて熱し、アルコールをとばします。

おろしにんにくと、おろししょうが、鶏がらスープの素、コチュジャン、豆板醤、しょうゆ、ゴマ油を入れて混ぜたら出来上がりです。

すりゴマをたっぷり、白髪ネギをたっぷり、火を止めてから加えるのがポイント

白髪ネギがシャキシャキしているうちが美味しいから、だそうです。

Cimg5642 昆布と骨付き鶏肉の水炊き。

きっとポン酢でも充分美味しいのですが、

やはり寒くなってくると、ピリッと辛い味も恋しくなるというもの。

Cimg5643 このタレ、病み付きになること間違いなし。

白髪ネギが、意外にこどもたちに大好評

タレがまだ薄まらないうちから白髪ネギがなくなります。

追加ダレを温めて白髪ネギを多めに投入し、ネギのみ追加投入しますが…すぐにまた、なくなる

こどもの舌は正直である

美味しいタレを教えていただいて、感謝感激ごちそうさま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶりのソテー

ワタシもこどもたちも、揃って黒胡椒が大好き

黒胡椒せんべいから、黒胡椒チップス、そして黒胡椒を使ったお肉や野菜料理まで…何でも来いなのです

Cimg5572 そして、この日はお魚のぶりのソテーにもたっぷり効かせます

オリーブオイルには予めにんにくの香りを移し、

高温でじゅわ~~~~っ

最後に、塩、そして黒胡椒をガリガリガリーッ

副菜のフライドポテトにも、ビニール袋に小麦粉+塩+黒胡椒+パプリカを混ぜ込んでそこにポテトを入れて袋を膨らませシェイクすれば、うまい具合にまんべんなくポテトについて、あとは揚げるだけ。

あとは彩りよく、パプリカ三色としめじのソテーピエトロドレッシング和えと、トマトを盛りつけて出来上がりです。

この頃お魚が多いせいか、

「今日の晩ご飯は何?」と聞かれて、

「お魚~」と答えると

「え~~~」とがっかりされるのですが、

このタイプのソテー、殊にぶり、となると脂ものっていて好評です。

そこで、ホラみたことか、お魚に偏見もつんじゃない~っとまたしても口を酸っぱくする母なのでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏団子のきんちゃく包み

お友達ママからの美味しいレシピ情報、いただきました

鶏挽肉ベースに野菜を入れてつくね種を作り、これをお揚げのきんちゃく袋に仕立てるというもの。

そして、ナイショに教えていただいた「つなぎ」。

これはお友達のまたお友達のナイスアイディアなので、すみません…特許なみのアイディアと思うと、口コミではいいけど、ネットにのせるのははばかられます。

Cimg5591 かなり種はこねあげましたヨ。

さらには、極細スライサーにかけたにんじんと、薄輪切りにしたごぼう(下茹で済み)を加えさらに、こねこねこね…

Cimg5612 だし汁で炊き上げるときに、一緒に里芋やたけのこも炊いちゃいました

これでボリュームUPをはかります。

里芋は次男の大好物

あれだけ頑張ったきんちゃく袋を尻目に、先に里芋完食で「うまい、うまい」を連呼。

…きんちゃく、食べてみてください。

おかあさん的には、そちらでその声を聞きたかった…

Cimg5615 このレシピを教えてくださったお友達は、

「むっちりとしたお肉になるわよ」とのことでしたが…

残念野菜をたっぷり入れすぎて、野菜の食感のほうがメインになっちゃった~~~~

イケてるお味とは思いますが、むっちり感は味わえず…

Cimg5613 副菜は、とろろ。

Cimg5616 こどもリクエストのアボカド納豆。

Cimg5614 これは又違うお友達オススメ、マッコリ。

しっかり冷やして、シェイクしていただきます。

酔わない

気がつけば、ゴクゴク

にっこりマッコリ、ひとりで半分飲んじゃった。。。

甘い。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かぼちゃコロッケ+あっさり和風マリネ

この日の晩ご飯のメインはかぼちゃコロッケ♪ねっとり甘いかぼちゃと鶏挽肉のやさしい味のコロッケに合う食材は、さっぱりとしたやはり和風な副菜に限ります。

…というわけで、今回は、とろろ昆布をアクセントにした和風マリネを考案!
(昆布大使ネタ用に、色々考えねば…)
Cimg5620
①にんじんはスライサーにかけて細長くし、塩を軽くふって下味をつけます。水が出るようなら切ります。
②豆苗は、根っこの部分を切り落とし、レンジで軽く蒸します。
③みりんのアルコール分を飛ばし、だし醤油、千鳥酢、柚子胡椒、サラダ油を混ぜ合わせます。
  みりん:出し醤油:サラダ油:千鳥酢=1:1:1:2の割合。柚子胡椒は少量をよく溶き合わせます。
④③のドレッシングを①と②にかけて、よく和えます。
Cimg5618 ⑤長いもを0.5mm暑さの輪切りにし、サラダ油をひいたフライパンでしっかり両面焼き付ける。
⑥⑤を熱いまま、④に和えて馴染ませたら、ぱらぱらととろろ昆布をほぐしつつ、全体に混ぜ込んでいき、出来上がり。
あっさりとして、野菜の甘みを感じるマリネに、とろろ昆布がしっかり馴染んでいいお味です。
Cimg5623 上にもたっぷりと(ほぐしながらが肝心ですが…)とろろ昆布をのせれば、見た目にもステキですヨ。
こどもたちも、かぼちゃの甘みで口のなかがねっとりしてきたところで、口直しにさっぱり和風マリネを口にして、
「うまい!」と親指をたててサイン。
とろろ昆布が、こんなところでも隠し味として大活躍です♪
Cimg5624 はい、ここでメインのかぼちゃコロッケのお写真もパチリ。
一応、昆布大使ネタ用に作った夕ご飯なもので…
副菜メインに書いてしまいましたが…
こどもはかぼちゃコロッケも大好物です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぜんざいの季節です。。。

ある朝。。。気がつけば、寝坊

Cimg5580 急いで朝ごはんの準備を。。。

でも、頭もはっきりしな~い

そんなときにひらめいた

甘いものが脳を活性化する、らしい。

冷蔵庫に常備してある、小豆とおもちで急遽ぜんざいを作り、

おなますを作り、朝食に出しました。

こども曰く、

「あ~。。。おかあさん、手抜きしてる~~~~~」

でしたが、

穀物も、糖分も、ビタミンも色々バランス的にはまあ悪くはないと思いますよ。

それに何といっても、カラダが温まる

寝坊した働かない頭もスッキリする

ぜんざいは、おやつだけにはモッタイナイのだ

…というわけで、ぜんざい大使に立候補します

【井村屋】ぜんざい大好き“ぜんざい大使”を大募集!!ぜんざいFPをプレゼント! ←参加中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

えぼ鯛のみそ漬け

えぼ鯛をお魚やさんで見つけると異常にワクワクするのはワタシだけでしょうか?

福岡で魚介の美味しい居酒屋さんがあるのですが、そこで必ず頼むのがえぼ鯛の味噌漬けを炭火で焼いたものでした。

香ばしい味噌の焦げる香りと、ほろほろとくずれる柔らかな鯛の身にもう生唾ゴックン

それがパブロフの犬現象を引き起こしているようです。

えぼ鯛を家で味噌漬けにしているときも、既に生唾ゴックン

Cimg5540 西京味噌があるので、

それをたっぷりと塗りこみ、一日おきます。

美味しくなあれッ

Cimg5541 さてさて晩ご飯の時間。

見た目は何も変哲ないえぼ鯛ですが、

しっかり味噌の味が染みこみ、

中はふんわりしっとり。。。ご飯のおともにピッタリです

横には小松菜と油揚げの炒め煮。

サイドには、ゴマ豆腐。

Cimg5542 大豆も一緒に入れ込んだ、

ごぼうとにんじん、こんにゃくのきんぴら。

えぼ鯛がしっかり味をつけているので、

こちらは薄味に炊き込み、最後にちょこっとマヨネーズで和えると。。。マイルドなお味となります

しっかり繊維野菜もとっておかなくちゃね…

この頃、こどもの行事にかかわりがてらのランチも多く、偏りがちで体重計の目方も気味

せめてせめて家での食事は素朴にいきたいとこのまま続けてやってたら、

きっと、

「お母さん、最近地味なご飯ばかり・・・」

とポロリこぼされそうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパ吉

こどもたちの所属するフラッグフットボールチームのクリスマス会もいよいよ来週と迫ってきました。

この日は同じく世話人をしている方と、吉祥寺へ買出しです

あいにくの雨でしたが、団体分の買出しは数も半端なく、次第にテンションがあがってきますた~のし~い

お昼になってランチをすることになったのですが、「吉祥寺は久々なの~」という方を案内するにも気が張ります。お嬢タイプの彼女にはやはり新天地であるハモニカ横丁かな…と久々にスパ吉を訪れました。

Cimg5576 幸いにもカウンターが空いてました

まだ次男が未就園児だった頃、長男を園に送りがてらよく吉祥寺まで次男を連れて行ってました

その時は、ミートスパ+豆腐とアボカドのサラダ+グラスワインが定番。

…で、今回ですが…

Cimg5575 やっぱり久々にミートスパゲティを選んじゃいました

ビーフストロガノフのような濃いソースを、

もっちもちの太麺にしっかりからめていただきます。

これにはやはり、

やはり、

Cimg5574 ビールがよく合うでしょう

昼間だとあまり酔いがまわらないので、

こういうランチとなると、

ついつい頼んでしまいます。。。

一杯だけネ

買い物もほぼ終えたし、あとは詰めていく作業を週末に残し、

がんばるど~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さばのみそ煮

冬になると脂ののってくる鯖

こってりとした甘辛い味噌で煮込んだ鯖は、この時期よく食卓にあがる一品です。

Cimg5552 いつも煮汁が足りないほどになってしまうので、

今回は気持ち多めに作りました。

煮込んで脂の溶けこんだ、とろみのついた煮汁をたっぷり鯖にまわしかけます

ごはんがすすみますネ

副菜は、

さっぱりめに。。。

Cimg5554 ほうれんそうの白和え。

鯖味噌がしっかり甘めに仕上げたので、

いつもは甘めの白和えもこの度はさっぱりめに。。。

Cimg5553 こちらは酢の物。

トマトとさっと茹でた豆苗を、ポン酢とかつおぶしで和えます。

豆苗は茹でると青臭くなるので、胡麻油をひとたらしして、臭みとり&香りづけ。ついでに、すりゴマもたっぷり和えて酢の味をしっかり野菜にまぶしつけます。

酢の物大好きなので、副菜に必ずといっていいほど一品。

気持ち疲れがとれるよ~な気がいたします。

スッキリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぎょうざ鍋

ブログネタ: この冬、流行りそうな“鍋”料理は?参加数拍手

今月の雑誌を色々図書館で読んでいるうちに見つけた餃子鍋。

その餃子のカタチの麗しさに一目ぼれです。

早速、頭にたたきこんで夕食に作ってみました

Cimg5566 このカタチが、そうで~す

非常にカワイイ

なんだかクラゲがふんわり膨らんだ瞬間のようで、

赤ちゃんのおむつふっくらが透かし見えるおズボンのようで、

はたまた、和菓子の練りきりのようで…

いろいろ例えはつきませぬ

Cimg5569 スープまではレシピを見ていなかったので、

適当に作ってみました。

鶏がらスープの素と、しょうが、にんにく、ナンプラー。

寄せる野菜も雑誌とは関係なく勝手に、水菜、ニラ、白菜、もやし、えのき茸、しめじ。

Cimg5570 ぎょうざの具ですが、

挽肉、しょうが、干ししいたけ、キムチ、ゴマ油、紹興酒、木綿豆腐。

キムチと木綿豆腐という組合せがおもしろくって、割合まではよく覚えてなかったので、これまた分量は適当に。

柔らかくて、美味しい

餃子の皮は大判で。ぎっちり具を包み込みます。

スプーンの上にスープと一緒にのせて、箸で割りながらいただくとさらに美味~

今年の冬は餃子鍋流行っているようですよね。

〆はやはり、ラーメンにいたしました。

あたたまる餃子鍋、オススメですよんほふほふ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えびシュウマイ

Cimg5548 鶏挽肉とえびのぶつ切りを使って、

シュウマイ作りです。

今回は昆布大使のブログにもUpするために、がごめ昆布を入れてむっちり感を増したシュウマイに仕上げました

ホントは昆布の食感も残したかったのだけど、残念ながらがごめの細切りだと柔らかくなってしまい×。

きっと早煮昆布を使って細切りにしたら、食感が残ってプチプチとしてたかな

Cimg5551 えびのぷちぷちと、がごめ昆布のねっとりさがいい感じのシュウマイに完成。

昆布が模様のように入ってます。

かなり入れたし

Cimg5550 この日はバタバタとしてしまったので、

副菜もこれだけ。

ブロッコリのオイスターソースふわふわ卵和え。

にんにくの香りを効かせたので、ごはんのおともにもなりますヨ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おだふじのマロンスイーツ

冬の定番行事、マラソン大会が小学校で行われました。

「何番以内なら、ご褒美におだふじのケーキね

と、お約束してましたが、残念ながら届かず…

けれど、タイムは確実に縮めたこと、長男に限っては陥入爪の手術を1日のばして膿んだ足でありながら頑張って走ったことを評して、「よし、ケーキを買おう」とおだふじへ。

Cimg5555 我が家の面々、典型的なマイペース人間で、何一つとして行動を合わせようという気持ちがみられないのですが、

(これは家族をみる他の方々からのコメント数々…)

なぜかケーキの好みは一緒なのです…

合わせるわけでもないのに、マロン一辺倒。

こどもが選んだのは和栗のモンブラン。

オトナが選ぶのはマロンショコラ。

Cimg5556 ブラウニーズが土台となった、マロンショコラ。

甘さが控えめなのが好みのワタシは、ちょっと心配でしたが、おだふじはブラウニーズも控えめな甘さ

上にかさねたマロンクリームなどでしっとりと仕上がり、

最後まで飽きずにいただけます

上の飾りも控えめで美しい。

こどもの和栗モンブラン、お皿にのせて写真に撮りたかったのですが、せっかちな兄弟は、お皿にのせるやもうフォークをさしておりました

あまりに嬉しそうにちびりちびりと味わっているので、

「一口欲しいなぁ~」とは言えずじまい。

ま、いっか。

お疲れ様でした。

よく走りきりました。

そして、ごちそうさまでした。頑張ったおかげで、オトナも一緒にケーキを食べることができました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピンクッション。。。ミニミニ

パッチワークの会、前回はキルトからちょっと離れてピンクッション作りをしました。

いつもお宅に持っていくのは、お菓子の空き箱に必要最低限詰めなおした手芸道具たち。

Cimg5544 道具を揃えてまずは満足する、典型的B型?性格のワタシ、パッチワークを始めるにあたり、華奢なキルト用待ち針まで買い求めちゃいました

それに見合う、可愛いミニピンクッションを作るべく、色あわせにも気合が入ります。

Cimg5490 そして出来上がったのがコチラ

ミニミニ。。。ピンクッション。

ぷっくりとした山に、真新しい待ち針を刺せば…

良い、良いワ

自己満足の世界にしばし浸ります。

工作的な作り方なので、ワタシの得意とする分野。

楽しい~~~

Cimg5489 その場で皆さんの作ったものを集合写真撮影

人は写っていませんが、その方々の好みがしっかり投影されていて、それが分かるワタシは、この写真を見てムフフフ…としのび笑い。

好みって、いいお年のオトナになるとしっかり固まってくるもので、その方の雰囲気にもマッチしてくるものなのですね。

キルトを始めて、なんとなく感じてまいりましたヨ

なんだかその方たちを撮っているような不思議な感覚におちました。。。深いなぁ、キルトって。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中村屋@WestParkCafe~吉祥寺

吉祥寺へコットンフィールド経由FreeDesign行きで、白いふくろうをGetした後、

短いひとときのLunchTimeです。

この日はお昼まで用事があり、済ませてから吉祥寺だったため、時間もかなり限られてました。

考える間もなく、目ぼしいお店発見。

Cimg5528 中村屋@WestParkCafe

一階はラーメン屋さんですが、

二階がカフェになって、ハンバーガーやサンドイッチを扱っているようです。

迷わず、二階へ。

Cimg5523 ランチタイムには、

スープorサラダ、ドリンクバーがついてきます。

トマトスープですが、酸味が抑えられ色々なお野菜たっぷりで甘みも出ていて美味しかった~~~

Cimg5524 お友達はB.L.T.サンド。

サンドイッチも、そしてフライドポテトもかなり大きめ。

Cimg5525 ワタシは吉祥寺special。

ハムとレタスがたっぷり何層もサンドされ、

シャキシャキとした食感でなかなかいけます。

何よりパンがとっても美味しかった

コーングリッツがまぶされ、香ばしくパリッとしたフランスパン風ですが、なかはしっとりして、噛み切りやすい。

どこのパンを使っているのでしょう…?

お値段的にはランチタイムにこれだけだとちょっと高め?と感じますが、

今回ゆっくり出来ず、飲み物も最初の一杯きりだったけど、ドリンクバーでのんびり何杯か飲みつつおしゃべりできれば妥当なのかな。。。

サンドイッチは、野菜もしっかり水分が切れているしパンも美味しかったしでなかなか良かったです

ミニデザートか、ミニサラダがつけばなお、主婦層はがっちり取り込めると思うのですが…

欲張りかしら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマスツリー

いよいよクリスマスが近づいてまいりました

Cimg5512

欲しかったピンクのボウルを、今シーズン早々に見つけて購入。

去年はオフを見計らって…とケチっていたら、

狙っていたピンクはなくなってしまったので…

立ち寄ったキャトルセゾンで見つけるや否や即決

一緒にいらした方はその喰らいつきに少々驚いていらっしゃいました

Cimg5538 そこから約1ヶ月後…

ようやく日の目を見ることに

去年までのオーナメントは来年にまわし、

今回は、Happy Pink でまとめます。

…て、色、分かりにくい???

Cimg5529 拡大

はっきりしたピンクではなく、

ピンクブラウン、

ホワイトピンク、

モーヴ…

など、微妙なピンクの取り合わせなので、

去年との違いが分かりにくい…

Cimg5531 今年追加したのは、

ピンクのボウルだけではありません。

靴下のキルト。

10月より、パッチワークを月イチで始めました

初めての作品がこれ。

色の組合せって、個性が出るようで、

同じものを作った方の作品を見るとまるで違う仕上がりです。

ワタシのものも、以前から知っている方から

「貴方っぽい色のチョイスだね」と言われました。

これから徐々に増やしていき、来年には靴下とボウルだけの組合せ…というのもいいかな、と考えています。

Cimg5532 こちらは、毎年飾っている小鳥さん。

私の部屋で見つけた、クリップ付きのもの。

年々、羽についた極小ビーズがとれていってます。

…だからといって、つけなおすわけでなく…

いずれまた、キレイなビーズで着飾ってあげようかな。

Cimg5534 そして、新たに仲間入りした小鳥さん…ではなく、

白いふくろう。

可愛いでしょ

リアルな羽で作られたオーナメントです。

でも、これクリスマス用ではないんですよね。

お部屋のワンポイント飾り、らしいです。

PUEBCOから出ている鳥シリーズ。

ネットで見て気になり、実物を見に吉祥寺のFreeDesignヘ足を運びました。

やはり、可愛い

そして見た目よりプチプラ

連れ帰りましたヨ。

正面を向いたコと横に顔を向けたコ、同じ鳥でも二種あるようですが、ワタシは迷わず横に顔を向けたコをチョイス。

このほうが、カラダの美ラインがひきたちます

新参者ですが、見晴らしのよいてっぺんの特等席へ留まらせてあげました。

ブログネタ: 【写真ネタ】「クリスマスツリー」を撮ってください!参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼おろしを初おろし

Cimg5522 copseで購入した、竹製の鬼おろし。

ワクワクしつつ、練馬大根をおろします

なんと、すばらしい

ざっくり、繊維を残しつつ簡単に粗くおろせるではありませんか。

Cimg5519 ほとんど水が出ない

お魚定食をお店でいただいたときの感動の大根おろしが家でも食べられるなんて

一気にたくさんおろして…

我が家で最初に使ったのは…

Cimg5521 はい、

もうお分かりですよネ。

ポン酢に、

大根おろし、

薬味ネギ。。。

喉がまだ赤い、らしいので唐辛子は控えますが。。。

Cimg5520_2 寒い冬にぴったりの

お鍋です

なかでも好きな鶏鍋。

大根おろしはたっぷりとまみれるように使うと、

しゃきしゃきの食感も楽しめます

最後はうどん、翌朝はおじやで〆ました

鬼おろしに、感謝。

ブログネタ: しゃぶしゃぶのタレ、好きなのは?参加数拍手

| | コメント (2) | トラックバック (0)

copse~大泉学園

以前触れた「やまばと食堂」。

しばらくお宅前で看板を見かけないな~と思ってたら、

その方たちが大泉学園の学芸大付属の近くにお店をOPENされました。

土曜の昼下がり、早速自転車で向かいます。

Cimg5508 copse(コプス)

まだ一週間ということですが、早くも噂を聞きつけたお客さんがひっきりなしに出入りされ、人気のほどがうかがえます

もしかしたら、やまばと食堂の常連さんたちなのかしら…?

白くペイントされた壁に、いい色ぐあいの木のドア。

そして床もコツコツとヒールがいい音を鳴らす板張り。

かなりのこだわりようです。

OPENしたてとは思えない、落ち着きのあるお店。

なかに入って左手にはこだわりの食品類。右手には、日用雑貨が数少なく、でも存在感をしっかりアピールするように置かれています。

そのなかで味見をさせていただいて、購入を決めたのは、

Cimg5510 にんじんスプレッド。

と、げんきふりかけ。

にんじんのキレイなオレンジに惹かれたものの、味が想像しづらく触手がのびなかったのですが、クラッカーの上にちょこんとのせたものを試食させていただいて、即購入決定。

地元加藤農園さんの有機野菜を使い、にんじんと紅玉の甘みのみで、お砂糖を一切使ってないスプレッド。レモン汁がさわやかに効いて、カラダにすーっと入ってきます。

こういうのを離乳食に使うといいんだろうな…

パンにそのまま塗ったり、お菓子の材料にも使えると聞き、ワクワクして一瓶手にしました。

Cimg5518 翌朝さっそく、スプレッド開封。

真っ先に,お楽しみにしていた長男が使ってました

ワタシも再度お味見

げんきふりかけは、鉄火味噌や根菜類をじっくり炒めた、ドライ、でもちょっとしっとりなふりかけ。

1日小匙1杯で元気になれるそうです

混ぜ込んだミニおにぎりを試食して、同行した長男

「これ買ってぇん」と言わしめた一品。

ワタシも元々唐辛子味噌をごはんのお供にするくらい味噌は好きなので、これまた即購入決定。

早速、その日の夕食の食卓にのぼりました。

次男もまた味噌好きなのでお気に入りの一品に。

話は戻って…

ほかに雑貨類を…とじっくり見て回りましたが、日用雑貨とはいえ、非常にこだわりがみられます。

下のかごにはさりげなく、fogのリネンも。

好みの深い赤でしたが…衝動買いするにはやっぱり良い値がつくfog。

広げてみたかったな。。。サイズによってはもしかしたらお買い得だったのかな…

悔いが残る。

あと、すぐに目に留まったのが竹製の鬼おろし。

以前、探し回って見つからずステンレス製のおろし器を買い求めたばかりでした(粗くはおろせるが、理想のものではあらず)。

悩んで一旦店を後にしたものの、やっぱりやっぱり気になり舞い戻り、一本購入。

これで週末の食卓は一気にcopseづくしになったのでした

鬼おろし、まず最初にどう使ったかは翌日UPしますネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食育授業の効果出た②

練馬区民であるからには、名産、練馬大根がどうやって出来るのか、どんな特徴があるのか知っておくことも必要かも…と思ってたら、こどもたちの通う学校では一定の学年になるとその練馬大根の育成授業があります。

長男のときにも経験しましたが、今年は次男が練馬大根に携わりました。

…とはいえ、普段の手入れはすべて農園におまかせ。

時折畑に出向いては、種まきから、間引き、観察、収穫と段階をふんでゆきます。

つい先日はいよいよその収穫が行われました。

練馬大根は、青首大根に比べて、真っ直ぐで長く、細い大根です。

ゆえに、育てるにも真っ直ぐにのばしていくために普段の大根よりずっと深く畑をたがやす必要があります。もちろん石などの異物なんてもってのほか。あっというまに除けて育ち二股になったりツイスト状になることも…

抜くときも簡単には抜けません。青首と違って長くもあり、細くもあり、決して力任せにしてはなりません。ちょっと体重をかけて、腰をふんばろうとすると斜めに力が加わりポキッと折れてしまいます。

…というわけで、こどもも、オトナもかなり大変だったようです(今年はワタシは同行できず)。

その日のうちに二本のうち一本はたくわん作りように学校に残り、一本は持ち帰ってきました。プリント宿題とともに…

料理を自分で作って、その調理法、感想を写真や絵を使ってまとめるというもの。

そのプリントを見せられたのが、夕食を作ったあとでした

もう作っちゃったし…

Cimg5475 ふろふき大根。

たけのこと、いんげんも足しちゃいました

Cimg5476 副菜は、茄子とピーマン、きのこのオイスターソース炒め。

さて、翌日、今度こそ次男にチャレンジしてもらいます。

Cimg5503 さて、このなかで次男が作ったものはなぁんだ

Cimg5501 答えはコチラ

大根と青ジソのサラダ。

Cimg5496 大根をスライサーで細長くカットしていきます。

青ジソは、調理ばさみでやはり細くカット。

あとは、ピエトロドレッシングで和えてかつおぶしをたっぷり混ぜ合わせて出来上がり。

…ドレッシングとかつおぶしを大盤振る舞いしたらしく、

口に含んだら酸っぱさがじゅわ~~~っ

Cimg5495 あと一品分。

大根葉を包丁で刻んでくれました。

この後はワタシにバトンタッチ。

炒めて、ゴマ、油揚げなどを足して甘辛に調味してごはんのお供にします。

Cimg5502 残念ながら、こちらは葉のえぐみに慣れないこどもたちの不評を買ってしまいました

ワタシは平気なんだけど…

しっかり二日目は写真をプリントアウトして、宿題を仕上げた次男。

こういう学校の授業もいいもんですね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫いものモンブラン

Cimg5485 この金具を使いたくって、

モンブラン作りです。

…とはいっても、

生栗の季節は過ぎ、

栗の瓶詰めも見てみましたが甘さが分からないし色もまっ黄色で却下。

マロンクリームの缶詰もありましたが、

自分で固さや甘さを調整したくてこれも却下。

今回は紫いも粉を使ってみました。

紫いも粉を牛乳でのばしてペースト状にし、砂糖、はちみつ、ラム酒を加え味を調整します。

最後に溶かしバターを入れ込み、ねっとりとした紫いもクリームの完成。

Cimg5483 モンブランの台作り。

これもまた悩みどころ。

最初思い浮かんだのはメレンゲ。

大好きなんだもん…

でも即却下。小さなメレンゲは作って1時間の低温焼成。

モンブランを作る台の大きさになると、6時間…と手持ちのお菓子レシピ本にはありました。

焼き色がつかないようしょっちゅう覗く必要もあって、1時間でもハラハラ…。

お友達のお宅に持っていくもので、台だけ前日に準備を…と考え出したのが夜。これでは夜通しになってしまう

タルト台はスタンダードだし、小さいから焼成による底の浮きや縮みが気になる

そこで思いついたのが、アーモンドプードルとバターで作ったポルポネーゼ。

ホロホロと崩れる食感もいいかな、と決定です。

Cimg5484 直径は、空き瓶の口で型どり、一枚ずつナイフでカットします。

焼成も20分ほど。

夜更かしせずに済みましたヨ

あとは乾燥剤を入れてタッパーで一晩。

翌朝、組立てにとりかかります。

生クリームは好みの甘さにホイップして、台の上に高く絞り出します。

そして真打、あの口金をつかって紫芋のクリームをぐりぐりと絞り出していきます。

Cimg5493楽しいけど、固い力のいる作業です。

慣れず、ぷちぷちと切れてしまったのは家用に。

何とか絞りきれたものは持っていく用に。

最後に粉糖でお化粧を。

台、ホイップ、クリームの三つそれぞれは程よい甘さだったはずが、合わせてみると甘すぎに

相乗効果?

これはまた次回、どこを減らすか考えるとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カントリーフェア&デニッシュロール&パピヨン

月イチパン教室です。

Ts360267 カントリーフェアは、牛乳とグラニュー糖を使った口どけの良い大型パンです。

大きな生地をみつ編みにすること、大小二本。

Ts360268 それを上に重ねて厚みを出して、二次発酵へ。

上から見ても、サイドから見ても、編み編み状態。

卵をハケ塗りしたあと、アーモンドスライスを散らします。

Cimg5482 焼成後のパンはホントに大型

そのもこもこしたカタチは、風の谷のナウシカのオームのよう…

Cimg5479 こちらはデニッシュロールとパピヨン。

デニッシュロールは、フィリングにアーモンドプードルやスライスアーモンドをたっぷり使い、たたみ込んで細長くカットしたものを渦巻状に巻いたもの。

パピヨンは、折りパイを作り、細く短冊状のものを真ん中からひとひねりしたもの。

その層の細かさは、手作りならでは

パイシートを使うことの多いワタシも、これを口にすると「う~~ん、やっぱり手作りするべきか…」と省みます。

それにしても、先生のパイ生地をのばしてはたたむ作業の手際の良さは圧巻です。

これ、きっと自分でやると、ぴりっと生地が破れてバターが飛びでてきそうかも…

丁寧に、力を入れすぎない…勉強になります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽華日 大泉邸

久しぶりに夜のお出かけです。

PTAで去年一緒に一年間やった仲間達と。。。

大泉学園駅ちかくにあるビルの地下、楽華日 大泉邸にて。

Cimg5406 小さな戸を開け、身をかがめて入るとお店です。

(写真は出るところ

Cimg5405 手前はカウンターがキッチンをぐるりと囲んでいますが、

なかに入っていくと、

古民家のような作りになってます。

あがりかまちになっていたりして、ちょっとした個室気分

Cimg5394 宴会コースの最初は、

鶏のたたき。

しっかり身のしまった鶏の身に、

甘いおしょうゆをたらりとたらし、

ちょっと柚子胡椒をつけながらいただきます。

美味しい

Cimg5398 お醤油は初めてみた、

フンドーテンの

あたりや醤油。

まるで、出し醤油のようなまろやかさ。

きっと卵かけご飯にあう!

濃厚しょうゆ。

Cimg5397 飲み放題コースにしていたので、どんどんおしゃべりとともに、喉の渇きをいやすべくアルコールの追加。

カクテル類はアルコール薄めなので、

何杯か飲みましたが、まわりません。

ごくごく、ごくごくいただきます。

グリーンサラダをもしゃもしゃといただきつつ、

久々1年ぶりに集う面々。

Cimg5400 鶏のからあげとポテト。

衣がさっくり揚がって、またまたお酒がすすむじゃないですか

Cimg5402そうこうしているうちに、お鍋登場。

ここで…

見えますか?

これ、囲炉裏。

ワタシたちの席は囲炉裏端になってましたの。

人数も多いので、鍋はふたつ。

ただし、加熱はアウトドアのあの燃料。

鶏のいいおだしが出ているな~とスープを飲んでいただいてたら、

Cimg5403 〆は中華そばでした

スープに入れて沸騰したところで出来上がり。

さっぱりとした鶏スープでさらさらといただきます。

口のなかもすっきり

Cimg5404 一口デザートも出て、

最後だよ~というサインですが、

おしゃべりは尽きず、

皆さんで二次会はお茶をしに…

…とワタシは、週末の試合を控えていたので一次会でおいとまいたしました

たくさん飲んだわりに、翌朝はお弁当作りの早起きもすっきりお目覚め

きっとアルコール分が低かったのと、ウコンの力のおかげですネ

スタッフの対応もとても気持ちよく、居心地の良いお店でした

ごちそうさまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブーランジェリー・ベーではずせないパン

大泉学園駅北口から歩いて5分くらいの位置にある、ブーランジェリー・べー。

いろいろそのときの気分で、ちょこちょこ購入しますが、

どうしてもはずせないパンがあります。

Cimg5210 ミルククリームと、クリームパン。

食事パンとともに、どうしても欲しくなる甘いパン。

デニッシュ類も美味しいのですが、

気がつけば選んでるのがこの二つのパン。

これと牛乳たっぷりのコーヒーで、ぶらついた後の遅めのお昼にするのがお気に入りです。

ちなみに、ちょっとテンションが上がったお買い物の日や、日差しの強かった日には、

アンチョビとオリーブ入りのフガスを購入し、ちぎりつつビール、もしくはワインを飲むお昼…なんてパターンもあり。

どちらもひとり…なのですが、ひとり、なのですが、美味しくってニヤついていただいております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »