« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

中華 受楽

ヨガの恒例懇親会。

この日はヨガのレッスン後、会場の石神井公園駅南口にある受楽へ移動するのが流れ…なのですが、

なんとこの日は午前中は胃がん検診予定日。

バリウムをたっぷり飲んで

「大丈夫なの?ご飯食べられる?」と心配されるなか、

懇親会から参加いたします

Cimg6074 受楽の二階は3間つづきの大きな宴会場となり、

この日はそのうち2間をつなげての懇親会。

普段は一部、二部と時間が2グループに分かれてのレッスンなので、

なかなか顔を合わせない同じサークルのお仲間ともお話のできる貴重なお時間です。

先生を囲んで(←一番若い)の歓談も和やかにすすみます。

ワタシは

「飲めるの?」と心配するお友達をしり目に、

ぐいぐいお昼からビールもいただきます。

Cimg6075 前菜で、鶏の春雨サラダ。

春雨のもどし具合が絶妙

すっごく美味しい。

いっこ隣に座る、2歳に満たないカワイイお嬢ちゃまも、大きな箸を使ってわしわしと食べておりました

Cimg6076 韮饅頭。

今までの懇親会で初めて出されたお料理では?

えびがうっすら浮き立って見えて、きれいだし、かわいいお料理。

これをつまみつつ、

ビールをきゅいいっと。

Cimg6077 えびチリ。

ぷりぷりエビ。

それほど辛くないので、辛いのが苦手な方も食べられるのでは?

滋味だわ~~

Cimg6078 これこそ、先生の好物、ワタシも好物、

鶏とカシューナッツの炒め物。

この食感、たまりませんわ~

Cimg6079 卵をたっぷり使ったあんかけ。

「すごいね~、どれだけ大きな中華鍋で作ってるんだろうね~…」とはワタシの左隣のお友達談。

Cimg6080 このころになってくると、

だいぶおなかも落ち着いてきます。

それでも、ビールを飲んで勢いづいたか、

しっかり人並み…いや、おかわりも何気にしているので人並み以上に食べているワタシ…

バリウムってお腹がはるよね~と心配してくださったおふたり…見せられませんね、この姿(うち一人は左隣なので、この食べっぷりはしっかり見られてましたが

Cimg6081 最後のスープで、

たっぷり水分補給。

バリウム飲んだ後は、とにかく水分をたっぷりと…と注意を受けましたし、看護師さんにも「アルコールでもいいですよ。」とコメントもいただき、

これまでに摂った水分は、ビール、お茶、スープ…ととにかく多し。

このスープ、おだしをしっかりとった優しく深いお味。

決して喉が渇くことがなく、でも物足りなさは感じられない、という満足度の高いもの。

その後、ライチもしっかりいただき、お店をあとにしたのでした

充実した一日でしたわ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわしのパン粉焼き

いわしを買ったら、よくするもの…

梅煮と、

このパン粉焼きです。

Cimg6063 パン粉や軽く水スプレーでふんわり戻し、

ここに、パセリとローズマリーのみじん切り、粉チーズを加えておきます。

Cimg6067 いわしは頭と内臓をとりだし、

塩、こしょうをしたら、小麦粉をふって、卵にくぐらせて、

パン粉をしっかりとつけて、上からオリーブオイルをまわしかけます。

すきまには、同様に塩・こしょうをふったじゃがいもの厚切り、そしてトマト(こちらには何もなし)。じゃがいもにもオリーブオイルをまわしかけるのを忘れずに。

250度で20分ほど焼くと、主菜と副菜のできあがり。

次男、物憂げに壁にもたれかかり、

「…まだ~~~?」

待て

おかあさんは写真撮影が欠かせないのだ

Cimg6070オーブンで焼いている間に、

パプリカは細切りにして、焼き付けたらドレッシングでマリネ。

(熱いフライパンで焼き付けそのまんまドレッシングを入れると、酸味もまろやかになるし、味も入りやすい

マッシュルームとしめじは、バターソテー。

Cimg6071 緑がないと、

慌てて追加するナムル。

リーフレタス、みず菜、薬味ねぎを使って。

塩をかるくふって、ざっくりまわします。

しばらく置いたら、ごま油をまわしかけ、これまたざっくりまわし、

最後にたっぷりのすりごまを入れて、これまたざっくり。

Cimg6072 塩でほどよく量がしんなり落ち着き、

たっぷりの野菜がいくらでも入るナムル。

特にこの薬味ねぎが入った類のナムルは、

レタスや水菜が入っていても、不思議とごはんのおともに合うのです

美味しいので、このところ最近かんたんナムルを副菜にするのにはまっております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたカキフライ

冬になってもう幾度となくやったカキフライ。

オイル焼きとともに、大好きなレシピです。

Cimg5470 付け合せはいたって、シンプルに。

さっぱりしたドレッシングをかけていただけるお野菜に限ります。

Cimg5468 だって、タルタルソースがかなりこってりですから…

この度、欲張って大量にのせたら

「もう、タルタルしててやだ~~~~

と長男から意味の分からないクレーム。

タルタル、は形容詞ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かますの塩焼き

かますを買うとき、

塩焼き以外に思いつかないワタシです

他にはどんな食べ方があるのでしょう…

お勧めレシピ、教えてください

Cimg6021 かなり細い小さなかます

…でしたが、

小さなこどもたちにはちょうどこれくらいが良いです。

量的にも。

骨をとる作業の手間的にも。

横に添えているのは久々なじゃがいものバター醤油煮。

正確には、バターだし醤油煮?

Cimg6022 にんじんとえのきだけのナムル。

Cimg6023 かぶのマリネ。

かなりさっぱりとした夕食、でした。

Cimg6054 もの足りず、

日本酒のぬる癇に、

次男の学年でつけた練馬大根のたくあん漬けで、

ちびちびちび…

だらだらだら…

次男もお茶を飲みつつ、たくあんをつまんでおりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めちゃめちゃ美味しい=デリッツェフォーリエ~恵比寿店

モニター体験の帰り道、

信号待ちのワタシ、方向が違うのに、黄色い店舗にすいーーーーーっと引き込まれてゆきました。

Ca3h0008 DELIZIEFOLLIE 恵比寿店

イタリア人がパリで開いたお店、らしいです。

すでに何店舗か展開しているようですが、

都心にそうそう出ないワタシには初めて

しかも、大好きなジェラートのお店と知り、

おひとりさまで堂々と入っていきました

みなさん、持ち帰りの方が多いようです…

でも、混んでるわけでなく…冬だからかな。

Ca3h0006 ひとりの店員さんが丁寧に応対してくださるので、

写真OKのお返事をいただいた後は、

順番待ちがてら写真をぱちぱち。

何のフレーバーにするかもじっくり悩みます。

傍らでは仲良くカップルでひとカップ。

Ca3h0007ケースのなかにキレイに盛り付けられたジェラート、

イタリアで見たまんまです。

フルーツの飾りつけや、ジェラートの柔らかさがひとめで分かる波模様や渦模様。

もっとキレイに写真撮りたかったな~

いつもなら、こってりしたピスタチオやラムレーズンなどを選ぶところですが、

先ほど美味しいケーキもいただいたことですし、

さっぱりしたものを…

リモーネ(レモン)、ペスカ(白桃)、バッチオ(ショコラ)の三種盛りにしました。

Ca3h0005 非常になめらかで、酸味がばっちりきいて、

素材の甘みで勝負、余分に糖分を足してないところがいいではないですか

め~ちゃめちゃ美味しい~~~~~

イタリア語でいうとDELIZIEFOLLIE

まんまですよ

四種類にして、やっぱりピスタチオも頼めばよかったかな~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふるさと青汁

あちらこちらのメーカーからこぞって発売されている青汁。

今回、ふるさと青汁(発売元:マイケア)のモニター体験をしてきました

Ca3h0004 これです。

スティックタイプの粉末、ひと箱で30包入っているので、

いつでも新鮮な状態で楽しめます

Ca3h0002 モニターのお礼に…と

ヴィタメールのケーキ。

嬉しいですね~~

すぐ、甘いものにつられちゃいます…

甘さ控えめで、美味しかったです

Ca3h0003 青汁も飲んでみました。

初めて飲んだときも、

「んんん

抹茶っぽい印象。

非常に飲みやすいのにびっくりです。

ケールでなく、明日葉を使っているところがポイントだとか。

食物繊維や栄養素もたっぷり。

ケーキといただいても、違和感ない…

これで何となく伝わったでしょうか?

Cimg6060 きっとうちの子たちも好きな味に違いないと確信したワタシ。

帰宅して早々に、青汁ラテを作ってみました。

「お腹すいた~」というので、牛乳を混ぜたらおなかも落ち着くかな…と。

もちろん、お水にそのまま溶かしても美味しいです。

…で、感想はというと…

「これだけなの~~~。もっと飲みたい~~~」とおねだりが。

苦味が抑えられた抹茶風味のふるさと青汁。

モニター用にいただいたものなので、そんなしょっちゅうこどもにもあげてたら、効果がのぞめる2週間ももたいないよ~~~

「おかあさん、こどもも好きですからもうひと箱下さい、っていえば良かったのに。」と次男。

いやいやそこまで思いつきませんでしたし、言えませんよ…

やはり、次男はちゃっかりもののようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こってりミートソースのフェットチーネ

スーパーバリューでこんな生パスタ発見

Cimg6051 これは

単発で入ってきたのでしょうか?

今までこんな商品扱っているとは知りませんでした。

うどんとかを作っている製麺会社の様子。

もっちりした麺と知り、吉祥寺のスパ吉風ミートソースを作ることにしました

…とはいえ、プロの作るデミグラ風ミートソースには近づけもせず、

オリジナルです。

干ししいたけはたっぷりの量を水で戻してみじん切りにします。

玉ねぎ、にんじん、セロリ、にんにくはみじん切り。

合いびき肉にナツメグ、オールスパイスを加えて炒めたら、野菜としいたけを加え、じっくり炒めます。そこへ、ハインツのトマトケチャップ、オイスターソース、白ワイン、お砂糖、豆板醤、しいたけの戻し汁を加え、煮詰めていったら、塩、胡椒で味を整えて出来上がりです。

普段トマトソース系には決して使わないケチャップと砂糖、そして豆板醤。

でも、このパスタに限っては必要不可欠。

甘くて辛いのがポイントです

フェットチーネは生パスタだったので、ゆで時間はわずか3分。

茹で上げたらオリーブオイルを回しいれてくっつかないようにして盛り付けます。

Cimg6052 あとは、ミートソースをのせ、

クリームチーズを牛乳少量でゆるめて加熱して溶かしたものをたっぷりのせ、さらに粉チーズをバサリ。

かなりこってりの

フェットチーネ・ミートソースの出来上がりです。

よぉくからめていただきます。

このこってりさ加減、たまぁに食べたくなるんですよね

もちろん、食後は「もう、いい」ってほど胃にもたれますが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブーランジェリー コチュウ ~阿佐ヶ谷

パンダ珈琲店に向かう途中、

ご一緒したお友達おすすめのパン屋に立ち寄りました。

彼女は美味しいパン屋、ケーキ屋にとても詳しい。

手芸にも詳しい。

奥が深いお方です

Cimg6025 ブーランジェリー コチュウ。

阿佐ヶ谷駅より北側、第九小学校の近くの中杉通り沿いにあります。

Cimg6026 横に長いお店で、

外からもどんなパンがあるかよく見えます

Cimg6027 メロンパン発見

二種類あるみたいだけれど、そのうちの一種が残り一個なのを目ざとく外からチェック

これは急がねば

Cimg6044 デニッシュ類が多いな~とみてはいたものの、

ほかのパンに気をとられ、すっかり忘れてレジへ。

こちらが今回購入したパンたち。

大きいのから、パン・オ・ノア、黒ゴマペーストとくるみのベーグル、カスタード入りメロンパン(買えました)、ゴルゴンゾーラ。

Cimg6049 メロンパンはその日のうちにおやつとしていただきました。

カスタードが硬めにしっかり練られた卵とミルク、そしてバニラの香り…皮もしっとりしている…好みです

翌朝には、ベーグルとゴルゴンゾーラを出しました。

黒ゴマペーストにはちょっとだけ小豆も入ってます。

あとクルミ。

ベーグル独特のあの硬さがなく、もっちり。顎関節症のワタシにはとても嬉しい

ゴルゴンゾーラとくるみのパンは、チーズの香りが強く、長男はこちらの方が気に入った様子。ワタシも朝からワインを飲みたくなってしまいましたヨ

これは、暑い夏にキリッと冷やした白でいただくといいようです

お値段も控えめだし、これはまたあっち方面に出るときは立ち寄りたいパン屋さんです

…でも、遠すぎるな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンダ珈琲店~パンダ熱烈歓迎!

よく立ち寄るkomakuraさんのブログ。

そこに非常に気になるお店が…

パンダだらけのカフェ

パンダ珈琲店

同じブログを読んで気になる~とお話ししていたヨガ友と、ヨガ後にそのまま行ってきました

Cimg6028 阿佐ヶ谷駅南口、中杉通り沿いにあるビルの二階。

一階の階段入口には看板とパンダちょうちんがぶら下がり、なかなかのインパクトです

一月中にも中国より上野動物園にパンダ二頭がやってくるということで、今話題の中心にあるパンダ。

このタイミングで行かなくっちゃ

Cimg6043 階段を上ると、

そこには

パンダのかわいい立て看板

Cimg6033 お店に入れば、

ゆるやかな時間が流れる

癒しのオーナーと

癒しの空間。

あちらこちらに

パンダ、パンダ、パンダ。

Cimg6031 カウンターの棚にもパンダがぎっしり。

Cimg6030 アンティークの棚にも

パンダがぎっしり。

Cimg6029 よく見れば、

リサ・ラーソンの動物たちもいます。

これらの動物は他の棚でも見られ、

きっと好きなんだろうな~とオーナーの趣味も垣間見えて楽しい…(アラビアのパラティッシもあったし、北欧好き?)

Cimg6032 パンダのカフェカーテンに、

お父さん、と名札のつけられたメガネをかけたパンダ。

手には折詰らしき手土産が…

酔っ払いパンダか

Cimg6035 こんなパンダだらけのカフェでいただくランチは、

やっぱりパンダ。

不定期で出る、キーマカレーをオーダー。

これがまたすっごく美味しかった

きっと玉ねぎを飴色になるまで炒めたのかな~と思わせる深い甘みと辛さがしっかり馴染んだお味。

お顔はとろ~りチーズ。

ランチには、これにドリンクかソフトクリームがついてくるのですが、

お外はまだまだ寒いので、温かいドリンクにします。

+200円で、お店名物パンダココア、パンダオレに変更できるので、

ふたりともそれぞれ頼みます。

Cimg6038 この可愛らしさ

パンダ、高まるぅ

お砂糖を入れるのを躊躇してしまうくらい、

…ですが…

Cimg6041 スティックシュガーもまた、パンダ

イラスト、違う

うぅぅ~~

どうしよう、地団駄ふみたくなってしまった…

もうッ可愛すぎるじゃないですか

娘がいたら、連れてきたい

いないけどッ

ぜひ、ぜひ、一度は足を運んでいただきたいおすすめカフェです。

Cimg6042 満ちたりてお店をあとにし、

階段を降りようとしたら、下がった梁部分に

こんなタペストリーが…

もう、心配りしすぎじゃないですか

すっかり乙女気分になった私たち、

この後、阿佐ヶ谷の個性派ショップ、ロシア雑貨パルクにて

マトリョーシカとチェブラーシカで目の保養をいたしました

そういえば、パンダ珈琲店のアンティークの棚にも、パンダリョーシカがあったな…

(おまけの写真)

先日二度も見かけて、悩んだあげくつい買っちゃった手ぬぐい。

Cimg6047 これまた偶然にもパンダ柄。

なぜに悩んだか…ですが、

もうひと月もたてば、春…なのに、

雪の大玉を転がすパンダの絵、だから。

もっと早くに、去年のうちにでも買っておけばよかったな…

手ぬぐい…季節を感じる柄が多いのでしょうがない、といえばしょうがないけど、

集め出すと、きりがありません。

用途は色々で便利なんですけど…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

セキュリティ、何に気をつけてる?

ココログのブログネタにのっかります。

今月に入って、やたらめったらセキュリティについて気を使う機会があるので一言。

まずパソコンが壊れて、新しく買い換えてすぐにやったことがセキュリティソフトの導入。

こどもが普段から使うので、いつどんなときにややこしいサイトに行くか分からない。

今回の壊れた原因はそこではないと思いますが、まずやった事。

携帯アドも最近変えました。

これまた迷惑メールが多すぎて、色々対策を講じたもののどうしようもなくなっての最終手段です。

きっと無料着メロダウンロードを一度利用したのがいけなかったかな…

今回は、新アドレスでもセキュリティを強化しています。

メールフィルタの制限方法も細かくなり、区や学校の安全安心メールの受信にもそのまま放置すれば受信できなくなるというマイナス面もありますが、その細かい設定をきちんと行えば、欲しい情報だけ取り入れることも可能となり、わかってしまえばとても便利なフィルター機能でした。

情報をいつなんどきでもどんな方面からでも享受できるかわりに、

こうしたセキュリティ強化は欠かせない、

せちがらい世の中になりましたなぁ…

常時安全セキュリティ24

ブログネタ: 【賞品付き】セキュリティ、何に気をつけてる?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うさぎやのどらやき

月イチ、パッチワークの会。

すっかりご無沙汰していたので、

縫い始め、縫いどまりの基本も忘れるほど

Cimg6018 今回はランチョンマット作りです。

生地は、このためにコットンフィールドで以前購入しておいたもの。

優しいピンクの花柄に、ヒューシャピンクを合わせてみました

まだピース縫いばかり。

おしゃべりが弾んで、あっという間にお茶の時間。

Cimg6017 今回のお茶菓子、

都心からおいでの方が、

わざわざ日本橋のうさぎやさんまで

どらやきを買ってきてくださいました

噂に聞くも、

まだ口にしたことがなかった、

評判のどらやき

Cimg6015 つやっつやの小豆は、しっかりした食感も残しつつふっくら炊きあがり、甘さ控えめ、蜜の味。

生地の皮もぱんっと張っているけど、しっとり…。

しかも、大きい。

お昼にさしかかるまで作業をしていたので、

毎回お腹が「ぎゅぅぅぅ~」と鳴ってしまうワタクシ。

そんなときに、この美味しさ、そしてこの大きさ。

幸せ~~~~

おごちそうさまでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おうちのなかで、しいたけ狩り

Cimg6009 スティッチの耳のような、コレ。

シイタケです

去年おともだちに頼んで生協で購入してもらった

「しいたけ栽培セット」

第一期は、どんどこ雨後の竹の子状態で生えてきましたが、

2巡目以降はぱったり…

いわゆる休眠期ですな。

時折霧吹きでふきかけて待つこと1か月…

その存在をすっかり忘れておりました。

子供部屋の掃除の際、久々にじっくり見てみれば

手の平くらいの大きさのしいたけが二本にょっきり。

ヨシ、きた~~~

活動期、再び

高まるぅ~~

早速その日の夕飯の材料にいたしました。

Cimg6013 しめじ(こちらはお店で購入)とともに、

グリルで焼いた厚揚げに餡かけとして。

Cimg6012 こちらは定番、

茄子とピーマンの

ひき肉味噌炒め。

Cimg6011 こちらは、

鶏肉とれんこん、生姜をゴマ油で炒め、

ナンプラー、老酒、塩で調味したもの。

粉さんしょうをたっぷりかけていただくと、シンプルだけど結構いけます

Cimg6010 この三品の共通点は

ゴマ油。

我が家は、

ゴマ油とオリーブ油の消費が激しい…方かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーキ型お寿司~平日のお誕生日ごはん

ちょっと早めに次男のお誕生祝いを休日に皆でしましたが、

じゃ、当日は?となりますよね。

一応、します。

おばあちゃんからのお手紙も読んで、

ケーキのかわりに、平日にお誕生日の場合の恒例ケーキ型お寿司で祝います

Cimg5990 今年のトップを飾るのは生ハム。

これまた一応、希望を聞いておきます。

「肉?魚?」

…おおざっぱに、ですが

今年は「肉」だったので、なかの混ぜ寿司の具種にも、

ちょっと鶏がらスープを混ぜて味付けしています。

こうするとちょっとした違和感が消えます。←かつおだしだけだと、違和感あり。

Cimg5991 あとはスーパーで見つけた鶏きんかんを

干ししいたけとともに甘辛く炊いたもの。

鶏きんかんとは、卵として産み落とされる前の卵黄だけの状態のもの。

スーパーでは初めて見たかも。

Cimg5999 即席吸い物。

豆腐、わかめ、みず菜。

Cimg6000 食後のデザートは、ケーキの代わりに

いちごヨーグルトムース

冬休みにお友達が遊びに来て下さったときに持ち寄って下さったコレがとても美味しくって、レシピを頂戴しました

(この日、慌ててで催促しちゃいました。お忙しいときにゴメンナサイ

かんたんで美味しい、言うことなくquick recipeイチ押しデザート。

今回ホイップも明治ホイップクリーム(チューブ状)を使い、

自分のものは自分でデコしてもらいました。

かなり欲張ってクリームを絞り出し、デコもあったもんじゃない長男

カタチにこだわり、お絵かき好きを発揮する次男

それぞれに楽しめたようです。

でも、普段自分のホイップ(ちょっと柔らかめ)に慣れているワタシ、

かなりこのホイップクリームの絞り出しは苦労しました

しっかりした固めホイップで、小さな絞り出しができない~~

手軽な商品のはずなのに、難しくって…もう、いいやと懲り懲りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレートショート~お誕生日ケーキ

次男のリクエストはチョコレートクリームのケーキ、でした。

Cimg5960 以前台までココアスポンジにしたら、かなり甘く仕上がったので、今回はシンプルなスポンジ台にします。

なかも薄くスライスしたいちごとクリームを挟むだけなので、

スポンジには柔らかさを求め、共立てで。

色々挟んで重みでつぶれる可能性もあるときは、別立てのほうがしっかりしたスポンジに焼き上がるのでいいそうですヨ

Cimg5962 シンプルに、シンプルにいたしました。

正直、思いつきませんでした…

最近ケーキ食べてないからかな…

新しいアイディア、浮かばない…

Cimg5963 上から見ると、こんな感じ。

周りをクリームで飾り、なかは、生チョコ(配合は適当に…)を紙コルネで絞り出してチェック柄に。

いちごを並べて出来上がりです

Cimg5971びっしり埋められたキャンドルを吹き消すのに、

かなり時間を要した次男。

相変わらず、

「ふ~~~っ」と、

息を吹くのが苦手。

口をすぼめてはいるのですが、

どうも、

「ふぉ=====」と散らしている印象。

手前のキャンドルの炎がやっと消えたと思ったら、向こうのすでに消えたキャンドルに燃え移ったり…とぐだぐだでしたが、笑いをまきおこしてくれて楽しかったワ

おっきくなったから、

「なぁにぃ?」

「どうしたらいいのぉ?」

と聞くより、まず自分で考えることから始めようね

お誕生日、おめでとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステーキ大好き~お誕生日ごはん

さてさて年明けいよいよ、我が家のお誕生日ラッシュの始まりです。

口火をきるのは次男。

ちょっと早いですが、家族そろってのお休みの日にお祝いをしました

Cimg5967 お赤飯の素を使って、お手軽ごはん。

「おかずに赤飯は合わない」と過去何度か主人に言われましたが、こういうときにこそのお赤飯。

はずすわけにはいきません

Cimg5964 メインはいつも希望を聞いています。

今回の次男の希望は、

ステーキ。

近くのスーパーになかなか手頃なサイズのものがないので、フラッグの練習で光が丘まで行ったついでに、

久々フレッツに立ち寄り、こどもに選ばせて購入。

副菜は、お野菜のコンソメ煮と、じゃがいものチーズ焼き。

Cimg5958 じゃがいものチーズ焼きは、私の好きなレシピ。

牛乳と塩にじゃがいもを浸してレンジにかけて加熱。

(蓋をしない方がいい具合に水分もとび凝縮された味に)

その後、アルミホイルの上にごっそり移して胡椒をふり、粉チーズをふって、グリルで焼いて出来上がりです。

お野菜のコンソメ煮も、軽く下ゆでしたにんじんと、ペコリス、スナックエンドウを、濃いコンソメスープで煮含めて、胡椒をふり、最後にはオリーブオイルをふりかけて一気に汁気をとばして出来上がり。

Cimg5966 スープはミニサイズに。

黒ゴマとかぼちゃのスープ。

Cimg5957 黒ゴマはよくすりつぶし、蒸したかぼちゃも皮ごとすりつぶします。

ナツメグ、シナモンシュガー、塩、胡椒、チキンコンソメ、牛乳を足して、網でこします。

玉ねぎはみじん切りにしてバターで炒め、これもミキサーにかけて、あとは合わせて、味を調整したら出来上がりです。

Cimg5968 ご飯はもち米だし、お肉もしっかりボリュームあるので、お腹いっぱい…

食後にはケーキがどで~んと待ってますが、

かなり胃もたれしそうかも…

ケーキについてはまた明日UPします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンと携帯、なくなると困るのは?

年明け早々に、パソコンがいきなり壊れました…

立ち上がらない…

これほどまで困ったことはありません。

ブログを始めて以来、欠かさずやってきたこと(ワタシにとって日記として始めただけに)が途絶えてしまう…

焦りました~

Cimg5952 新しくやってきたのはこのコです。

でもまだ仲良くありません。

使い方。。。慣れない。

ならびに、携帯機種変更しました。

ついでにアドも迷惑メールに悩まされ、変えちゃいました。

ブログネタで、究極の選択!でありますが、

すっごくリアルです。

ワタシの場合は、パソコンかな…

携帯は、結婚して以来5年ほどはいったん解約して離れてたことがあるので、

いざとなったら我慢できるかも。

ブログネタ: 究極の選択! パソコンと携帯、なくなると困るのは?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横手のよこまき

TV番組ケンミンショーで気になるのがご当地グルメです。

普段はドラマにはまり、ケンミンショーはなかなか見る機会がありませんが、

見ると脳裏に焼き付いて離れないB級グルメが数多く紹介されています。

そのなかでまたひとつ。

よこまき、に次男ともども釘づけ。

横手市はヨコッターと呼ばれるひとたちが、全国に発信できるいろんなB級グルメの普及活動を行っているとか。

そのなかの、よこまき。

Cimg5934 お好み焼きの生地に、

ねぎ、紅生姜、ソーセージをのせて、薄く長く焼き、

Cimg5935 お箸にぐるぐるっと巻きつけて、

ソース、マヨネーズ、青のり、かつおぶしをかけていただきます。

お祭りの屋台とかに出てきそう。

お箸を抜いて、普通に食べてよし、

そのまんまで食べてよし(これは難しかったが…)?

量はそれほどできないので、間食的なものでしょうか。

Cimg5938 こんな風に巻くので、

生地はなるべく柔らかく、薄くしたほうがいいようです。

焼き目はしっかりつけたほうが、美味しかった

Cimg5937 おうちで食べるので、

野菜ごろごろスープとともに。

寒い日はやっぱり温かい汁物が一番です

| | コメント (10) | トラックバック (0)

パコラのラスク

お気に入りスーパーのカズン(大泉学園駅南口)で、またもや美味しいお菓子発見です。

Cimg5932 Pacoraという、

岐阜県関市にある天然酵母パンのお店の

ラスク。

ラスクの形状がまず違う。

薄くスライス…ではないのです。

サイコロ形。

元のパンはどんな形だったのでしょうね?

ココアベースの生地パンと、プレーンの生地パンが入っていて、甘みがとても控えめ、そして、生地がきめ細かなせいなのか、舌に刺さらず、さら~りといただけるのです

これ、ラスクをいただく上でいつもひっかかっていたポイント。

サクサク感は好きなのですが、かけらが舌にあたり、歯のあいだに刺さり…と違和感がとても気になってはいたのです。

パコラのラスクにはそれがない。

気に入りました。

きっと定番で入ってくるものとは違うんでしょうね、カズンさん。

こういうご当地もの、どういうタイミングで、どういう方が見つけて仕入れて下さるのでしょう??

どんな方のチョイスなのか、最近そちらが気になってしょうがありません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ししゃもの春巻き

ししゃも、たま~に20尾ほどまとめて購入するときがあります。

以前は朝食が和食だったのであっという間になくなってましたが、パン食にかわって以来、使う量だけ残してあとは冷凍…というパターンでした。

でも、今回はやけにふっくらした美味しそうな子持ししゃもが並んでいたので、冷凍するにはもったいないかな…と、思いクックパッドでレシピ検索です

ありましたよ、今までとは一味違う、一気に何尾も食べられるレシピが

Cimg5942 ししゃも+とろけるチーズ+青じそを春巻きでクルリと巻いて揚げるんです

レシピにはチーズは入ってませんでしたが、

食べ盛りのこどもたちにはボリュームアップにチーズは欠かせないでしょう

青じそにチーズ…結構私もほかの料理で使いますし

間違いなし

Cimg5943 こんな風に、見た目は普通の春巻きですが…

子持ちししゃもが丸ごと入ってます。

あとは野菜いためと、

かぼちゃのマヨソース焼き。

マヨネーズ+牛乳+マスタードをぐるっと混ぜて蒸しかぼちゃの上にかけてグリルで焼いたもの。

Cimg5944 クックパッドには、あとで醤油につけて…とありましたが、

チーズもししゃもも塩分たっぷりなので、

これで十分です。

青じそがさっぱり中和して、こどもにも好評おかずとなりましたクックパッドに感謝

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Gclef

どっと疲れる買い物のあと(最近の家電の多機能にはついていけない…)、

ゆっくり取説を見るべく、お茶タイム。

帰るにもちょっと時間があるので、ひとり喫茶です。

Cimg5948 吉祥寺の小道に入ったビルに、

ワタシの好きな喫茶店があります。

Gclef

紅茶の専門店です。

昔から、住む街で必ずお気に入りのお店がありました。

お友達や母と…もありますが、ひとりでも入れるお店というのが必須条件。

大阪では堂島にあったムジカ。

福岡では薬院浄水通りにあったチャイハナ。

いずれもゆったりくつろげる場所でした。

こちらも

「お好きな場所にどうぞ」

の声をかけられ、好きな場所に座れます。

「こちらへどうぞ」と席まで案内されることが多いなか、ココ、結構ひとり喫茶には重要ポイントのひとつです。

Cimg5946 そしてくつろげる空間。

色調がワントーン落ちた感じが好き。

椅子も、ひとが何度も腰をおろしたであろうクッションのゆるみや、木目の艶があると落ち着きます。

お店の方のなんともゆるやかな雰囲気も◎。

Cimg5947 紅茶パフェにも惹かれましたが、

この日は寒かったので

スパイス入りのロイヤルミルクティーに。

これも何種類かあり、悩んだあげく、

アニス入りのものに。

ついてくる生クリームがラムの風味…と書いてあったので、つい…

アニスだけが茶葉に入っているのも珍しいし。

ストレートティーはポットに入ることが多いですが、

ロイヤルミルクティーまでポットサービスなのはここが初めて。

最後まで飲みきったあと、ポットのふたを開けてのぞいたら、あの星形をばらしたアニスがごろごろと茶葉に混ざって入ってました

よい香りです

しっかり濃く出て美味しかった

取説を十分読む時間はあったのに、ひたすらぽや~っとしてしまったひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンバーグのつなぎ、何使う?

ハンバーグのつなぎネタ。

以前ふれた、おともだちからの情報をもとに作ってみました。

Cimg5921 見た目はなんにも変りないハンバーグ

…のように見えますが…

Cimg5922 むふふ

見えます…よね。

この粒。

そうです、これが、パン粉のかわりのつ・な・ぎ

ひき肉も心なしか、

時間をかけて焼いたわりに表面もパサつかずにジューシーに仕上がったような…気がいたします

ぽろぽろと、粒が垣間見えるのは若干慣れず、気になるところですが、ある程度つぶして使ってみたらそうでもなさそうだし、これが残っていたところで全然問題なくおいしいですヨ。

しばらく、ハンバーグのつなぎはこれでいこう

そう、心に決めたワタクシです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

豆腐チゲ

鍋です、鍋。

やっぱり寒い冬は鍋でしょう

というわけで、今回は豆腐チゲ。

Cimg5771 胡麻油でニンニクと生姜で炒めたあと、豚肉を炒め、長ネギと刻んだキムチを加えてこれまたしっかり炒めます。

ここに、コチュジャン、豆板醤、味噌(甘めと辛め)を加え、味を馴染ませたところで、ざっとお水大量投入。

鶏がらスープの素と、練りゴマ、醤油、お酒を加え、塩などで調味してスープの出来上がり。

Cimg5772 あとは、絹豆腐やお野菜、キノコ類を足して煮込めば出来上がり

最後に卵を落として半熟でいただくのが大好き

Cimg5773 こどもには香辛料きついのはあまり良くないんだろうけど…うちの子たち食べられるし、ま、いっかと、

しょっちゅうやってるかも、です。

最近のプチ切れが多いのは、

このせいか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超どでかにぎり

たまに行くお寿司屋さん。

この日はちょっと帰りが遅くなり、夕食をここで。

お好みにぎりか、盛りかで選ぶのですが、

この日はとにかく考えずに食べたくて、

「海の恵みにぎり」の盛り合わせ。

写真を撮りそびれましたが、とにかくおなかがすいて、カウンターなのが幸いし、できたものから出していただきました。

ネタが大きいので、後半になってかなりおなかいっぱいになってきたところで、

まったく同じものを頼んだ長男、

まさかの、

「お好みを追加で頼んでいい?」

あなた、無理して「僕はいっぱい食べるんだぞ」アピールしてませんか

再確認しましたが、

やはり食べられるそうです

「炙りサーモンありますか?」

おもしろがった板さん、

「こんぐらい、食べられる?」とすっごく大きく握ったシャリをちらり。

こっくりうなずく、長男。

おいおい、そこは

「え~~」

と、一応ひいておくべきではないのか

結局作っていただきました、

ジャイアン寿司。

Pa0_0002_2 長男の指でご確認ください。

ちなみにワタシの手と長男の手はすでに同サイズです。

厚みのあるネタ。

そしてその下からしっかり存在感をアピールする、

おにぎりサイズのシャリ。

これを見て、隣の主人はこう期待していたそうです。

「おとうさん、これひとつ食べる?」と言ってくれるに違いない…と。

Pa0_0001_2 ところが長男。

「おっきくて、こぼれちゃうよ~」と、

嬉しそうに語りながら一貫ほおばり、

さらに迷わずもう一貫に手をのばし、完食。

このサイズを食べるという稀有の機会に、人に分け与える、という感覚がすっかり抜け落ちてしまったようです。

板さん、ちょっと席をはずし、戻られてすぐにはらんの上が空になっている様子に驚き呆れていました。

…すみません。

ホントに遠慮のない家族で…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海老とホタテのグラタン

牛乳を買い込みすぎてしまい、思ったより飲み干すペースが遅いな、と感じたとき。

夕食は、惜しげもなく使えるグラタンです

Cimg5779 海老とホタテのグラタン。

にんにくとバターで最初にこれらをソテーして、ワインで臭みをとばし、塩コショウしたら一旦引き上げます。

あとは、ホワイトソース作り。

火にかけたバターがふわーっと泡だったところで小麦粉投入し、混ぜ混ぜ。

ほんのり狐色になったところで、牛乳でのばしながらかき混ぜることの繰り返し。

あとで具材のだし汁(肉系か魚介系か)も足してさらに混ぜ混ぜ。。。

…とここまでは、独身時代月イチ料理サロンで習いました。

なぜにサロンというか…自分は椅子に座って、シェフが料理するのを見てメモしていくだけだから

そこのお店の顧客対象なので、開かれた教室ではなかったです。

こういうスタイル、一時期はやりましたよネ。

そこでは、とろみがついたところでシノワで漉してましたが、そんなものは家にないのでそのままで塩コショウして完成です

Cimg5784 寒いときに熱々のグラタンは最高

あったまるぅん

奥はちょっと冷えますが、

かぶと生ハムサラダ。

こども曰く

「ホタテじゃなくて、肉、肉がいいよ。」

だと

最近、ワガママになってるのでビシッとここでも杭を打ち込んでおきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋蕃茄の中華蕎麦

寒くって寒くって…

病院からこどもの習い事の送迎の合間に、ラーメンでカラダを温めます

Pa0_0000 大泉学園駅南口からすぐ、線路沿いにある麺屋蕃茄。

つけ麺が専らお気に入りでここへ来ると、

つけ麺Onlyでしたが、

今回はラーメンつきのちびっこメンズが一緒なので、

初めての中華蕎麦。

Pa0_0001 さっぱり系のスープにこってり脂がうすく膜をはり、

細麺によくからんで美味しい

刻みねぎがこれほど合うスープっていうのも嬉しく、

ついつい飲んでしまいます。

豚肉はがっちりしているけど、大きいし、

小松菜もしゃきしゃき。

そして、麺が多い。

お腹をすかした子もワタシも嬉しい量です

ごちそうさまでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛スジ煮込み=どてやき

どて焼き、ってご存知ですか?

ワタシの学生時代、よく先輩方に連れていかれたお店の味です。

今では、きっと入るのも尻込みするかも…ってくらい女子っ気ゼロの飲み屋さん。

牧野酒道場。

細長く、カウンターだけの飲み屋で、

ここに立ち寄れば武道系の先輩方の誰かと顔を合わせるようなお店でした。

ここでの味で忘れられないのが、どてやき。

牛スジをじっくり長時間味噌や醤油、酒、みりんなどで煮込んだおいしいおかず。

…というよりお酒のあて?

寒くなると日本酒とともに無性にこれが食べたくなるときがあります。

今回は牛スジを肉のアンデスで購入し(ヤスノC&C(高野台)と併設されたお肉屋さん)、

早速当時の味を思い出しつつ作ってみました。

Cimg5928 牛スジは適当な大きさにカットしたら、一度茹でこぼしをして臭みをとります。

その後、しょうがのみじん切り、長ネギの緑部分とセロリの葉と一緒に煮込んでさらに臭みをとり、

大根、にんじん、灰汁をぬいたこんにゃくとともにひたすら柔らかくなるまで煮ます。

それから、酒、砂糖、みりん、唐辛子味噌(soy bean farm)、味噌、醤油、塩で味付けし、さらにくつくつと煮込めば出来上がりです。

薬味ねぎをちらしていただくと、とろんと崩れる大根とにんじん。ぷりっとしたスジがなんとも言えない美味しさ。こんにゃくも薄く細長くカットしたので充分すぎるくらいに味が染みてこれもイイひゃ~~~懐かしい~~~~~

おやっさん、お元気かしら…

Cimg5927 今回の副菜は、酒道場とはゆかりもないもので、

かぼちゃの煮つけ、納豆のおろし大根和え。

気持ちはどてやきに100%向かっていたので、

副菜はやっつけで。

どてやき、バンザイ~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無病息災を願う

昨年はいろんなことがおきました。

「大丈夫」と何人からか声をかけられるほど、夏に集中してありました。

Cimg5929 なので、春の七草には俄然力が入ります

パケのなかをあけて並べてみましたが…

ワタシの好きなセリは一本しかなかった。

Cimg5930 無病息災を願う、新芽にあやかろうと、

なるべくシンプルに。

せいぜい足すのは卵くらい?

今年は、大きな心配ごとが起きませんように…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最初のパン焼き

お正月明けてから数日、

ようやく今年最初のパンを焼きました。

寒くてまぶたが重くて、なかなか目覚められないこの頃。

やはり冬の早起きはツライです

久々、ということで

こねやすい柔らかなロールパンレシピで。

でも、成型は、久々、ということで

丸パンで。

Cimg5926 焼きたては、やっぱり美味しい。

なんにも特徴ないパンだけど、

ふかふかで飽きない。

けれど、

けれど…

またちゃんと起きられるかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡蠣フライ

大きな牡蠣を見つけると、ワクワクします

「牡蠣フライにしようか。」

傍らで、ワタシよりひとまわり上くらいのご夫婦が話していました。

ワタシの心の声とおんなじ

Cimg5915 いつもの習慣で2パック購入したら、

やはりひとつひとつが大きいせいか、

かなりのボリュームになってしまいました。

「お母さん、多すぎ

そう言われましたが、なんとか完食してもらいましたヨ。

美味しかったし

さらには、お正月に出しそびれたミニチーズ盛り合わせパックを出したら、

またまた大喜びして、食べる食べる。

チェダーと、クリーム、グラナパダーノとカマンベール。

クリームチーズは、いつも食べるものと違って、何だかコーンの香ばしい香りがして一番美味しかったかも

次の日、次男の検診に言ったら、先生に

「カルシウム分が何だか多いですね…」

と言われましたが、

「すみません、チーズと牡蠣をたくさん昨晩食べちゃいました~」と告白すると、

「なるほどね」と納得されました。

すごいね、すぐ結果に出るんだね。

びっくり。

定期検診、何も出なくて良かった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坦々麺

正月明け、何だかパンチのきいたものが欲しくてたまりません

というわけで、三人のお昼は坦々麺に決定です

Cimg5911 にんにくとしょうが、ねぎをゴマ油で香りづけしたら、

豚挽き肉を炒めます。

そこに、坦々麺のベースとなる

豆板醤、甜麺醤、お味噌、練りゴマ、ナンプラーを加えて、

さらに鶏がらスープを加えます。

すりゴマもたっぷり加えれば、とろっとしたスープの出来上がり

(すみません…以前、お友達にレシピ教えてもらったのに、我流でおしすすめてます)

あとは、生めんを茹でて、丼に盛り合わせます。

Cimg5914 スープが足りませんでした

あんまり辛くない坦々麺。

それでも、私は好きだからいいのです

こどもたちは…サッポロ一番が良かったらしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手巻き寿司+和菓子で〆る

正月三が日の締めくくりは手巻き寿司で。

Cimg5901 もうこの日あたりになると、

年末に履けていたデニムがきつい

お正月中はスカートで過ごしたせいもあり、

久々に足をとおして、そのサイズの変わりように驚きました

明日からはちょっと控えめにしなくては…

Cimg5903 …と思っていたら、

両親からお土産が宅急便で贈られてきました。

年末年始京都旅行に出ていたので、

俵屋吉富さんの雲龍

豆政さんのくり餅

Cimg5906 この日は雲龍から口切することにしました。

お豆の艶加減が麗しく、村雨餡のもっちりを楽しみつつおしいただくなか、

こどもたちは「全部小豆じゃん」と軽々しくいう。

「和の心が分からないとは日本人じゃない」と

叱っておきましたヨ、お母さん。

Cimg5907 お正月にたっぷり使って、

これでもうなくなってしまった、お抹茶。

もう少し、たくさん飲みたかったが…

夜の8時では買いに出かけることも出来ません。

まだまだお菓子はあるし、明日にでも買いに出ましょう。

京都は、大晦日に南座で行われた西本智美さん指揮によるコンサートを目当てに出かけたらしい。

間近の席で見られてとにかく指揮がすばらしかったと興奮する母。

う~ん、見たかったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デパ地下グルメクルーズ

初売りに朝から午後までたっぷり行ってきました。

…とはいっても、自分用ではなく主人への誕生日プレゼント探し。

ひたすら慣れないメンズフロアをぐるぐるまわっては、セールに萌える男子陣のなかに入りこんでいいもの探しです。←自分以外のものでも妥協はしない、気に入ったものが見つかるまでは探すし、買わないガンコ者です

同じような女性を数人見かけますが、やっぱり男子が多い。

で、棚の上はぐたぐた…

女子は習慣でたたんで戻す人が多い中、男子はそのまんまぽんっと戻す人が多いようです。

何とかお昼をまわったところで見つけ、ひとまずホッと胸をなでおろしました。

その後、自分の小物をみてまわり(服はもう出足をくじかれたのでいらな~い)つけて楽しむこと数時間。

化粧品コーナーでもいろいろ試してもらったり、聞いてみたりすること1時間余(ひやかしでなく、ちゃんと買いましたけど)。

あっという間に半日が過ぎてしまいました。

今晩の夕食は、おせちも少なくなってきたのでデパ地下で惣菜を買い足していきます。

Cimg5899 「ビールが旨くなる!」というPOPにつられて

買ってしまった、

甘エビのから揚げ。

Cimg5897 試食をして、これまた「ビールが美味しくなるかも~」と

買ってしまった、

手羽の香味揚げ(辛口)。←黒胡椒がきいて美味しい

次男が好きなレバーをつかった、

鶏肝の赤ワイン煮(たまごつき)。←懐かしくなる味

…が、しかし、ここで誤算が。

レバーに抵抗感をなくすため、今まで我が家ではあえて煮物にはせず焼いたり炒めたりでクセを出さないようにしていました。

初めてのレバーの煮もの。

次男、つまずく。

箸、進まず。

美味しいんですけど…レバー。

しっかり卵はとっているじゃないか、次男よ。隣のレバーもしっかり食べなさい。

Cimg5896 お野菜類は、

がめ煮と、

栗きんとん。

おなますで。

(またも写真とりそびれ

Cimg5898 あとは、とろみをきかせた

にら玉汁をたっぷりと。

今日はたっぷりデパートにいる時間はあった割に、

紳士ものでてこずりました。

台所用品と、タオルとかも見たかったのに…

もう一度行きたいが、まだまだ正月休みだからこれ以上家をあけられませ~~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和三盆チャージ~和菓子 大吾

元旦の朝、近所のお社までお宮参りへ。

まだ頭のすっきりしないこどもたちを目覚めさせるため、

まずは和三盆でチャージ

Cimg5858 和菓子大吾で、お正月用の煉切りを購入する際に、またもや長男うるうる攻撃で、

「ね、これ買って~~ん」

滅多に口にしない和三盆糖だけれど(こどもでなかなか口にする機会ないものネ)、いただきもので味をしめたらしい。

ここでは季節や好みに応じていろいろ選べるよう型も豊富で、5種くらいのパケがありました。

そのなかでお正月で、しかも紅白ものでなさそうなものを考えたら…平安の夢。

熱い緑茶をたっぷり入れて、

「これ一つ食べたら、お参り行くよ~」と声かけすると、迷わず真ん中の板ものをチョイス。

さっとチャージさせて、行くつもりがいつまでもじっくりじっくり味わっている(アイスのように)

一年の計は元旦にあり

今年も(喧嘩にまで発展する)食い意地のはった兄弟のようです

さて、この日の夕食。

Cimg5892 大晦日から転じて正月のすき焼きをお腹一杯食べて、

ひと休憩も入れないうちに、

「やっぱり、今日のうちに和菓子食べたいなぁ」

と、主人ぽつり。

元旦の夕方、ぐったり昼ねしてお菓子を出し忘れていた私に珍しく優しく、「明日でいいよ」と言っていたのだが…

ここにも食いしんぼうがいた(←しかもやや偏食気味の)

Cimg5894夜にお抹茶というのも、眠れなくなりそうであまりよろしくなさそうだけれど、

ワタシもつられて食べたくなったので

いただきました

こどもたちは、独楽チョイス(喧嘩にならないよう、次男分も長男がお店で選んだものと同じものを)。

主人はころ柿。

ワタシは紅椿。

年に一度しか出さないんじゃないかという、

いただきものの抹茶椀で美味しくおしいただきました

お椀は写ってませんが、黒字に金で繊細な鳳凰が描かれてます

それにしても大吾さんの煉切り、しっかり締まっていて美味しい~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おばあちゃんと一緒に食べたお雑煮

ブログネタ: 【写真ネタ】お宅の「お雑煮」、写真で見せて!参加数拍手

祖父母のルーツは元々鹿児島。

なので、お雑煮はお頭付き海老入りのすまし汁です。

去年のお正月は、横浜の叔母宅で、祖母とともに大人数でわいわい賑やかにおせちをいただきました。

その祖母ともお別れし、

今年のお正月はあらたまって重箱には詰めず、簡略化したもので済ませます。

それでもせっかくなので、祖母と一緒にいただいたお雑煮と昆布巻きはしっかりとはずさず作り、これをいただきながら思い出しています。

Shougatu2  ぶりの昆布巻き。

短冊切りにしたぶりは熱湯をふりかけ、血合いをぬいたら

水でしんなりさせた昆布をくるりと巻き、かんぴょうで結びます。あとはしょうがをたっぷりきかせて柔らかくなるまで炊いて、その後味付け。

甘いものが大好きだった祖母。

ワタシの作った栗きんとんを一度食べてもらいたかったな。

Shougatu1  重箱に詰めない代わりに、

大皿に盛ったり、

一人分の皿に盛りつけたり。

Shougatu3 お雑煮はこういうカタチで生まれ育ちました。

小さい頃から、雑煮って海老が入っているものだと思ってたのだけど…

地方によりけり違うのですね。

ケンミンショーでもやってるのかな?

お椀の下のほうに、

白菜をしいて、大根を重ねてすわりを良くしたところで焼いたおもちをのせます。

それから、青菜、にんじん、しいたけ、生麩、そしてえび、三つ葉を飾りつけ、

かつおと昆布のおだしの澄まし汁を入れて出来上がり。

重ねた順番や具の種類は母がだすお雑煮のまんま。

はずせないのが海老と共に、個人的に好みの生麩。

実家の近くで扱っているのは大丸しかなくって、いつもお正月の準備のお買い物についていくとき、長呂儀と生麩を選ぶのが幼い頃の楽しみでした。

今住むこのあたりでも生麩、なかなか扱ってません

石神井のQueen's伊勢丹ぐらい。

気長にいろいろな店舗を数日かけてまわっているうちに、見つからずに焦っての大晦日購入。

来年からまっすぐ、かつ早めに石神井に買いに行くことにします

Cimg5878 …ちなみに、

今年買った手毬は見た目はすっごく可愛いのですが、

去年の緑と白の四角いほうがもっちりして生麩らしさがよく出ています。

食感も全然違うので色々たべてみる必要ありですネ

それにしてもQueen'sの方、とっても親切でした。

取り扱いの問い合わせに三種あるうちの特徴、サイズまで説明してくださり、

「お正月準備になくなる場合もありますので、取り置きますよ」と。

一袋しか買わない旨、伝えても気にかかった二種を揃えていてくださりました。

嬉しい。

頑張って師走に自転車走らせて良かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年越しそばは…

大晦日の年越しそば、何にするか毎年悩みどころです。。。

なぜなら、いつも夕飯はすきやきとお約束になっていたから。

こどももまだ夜更かしできる年齢ではないので、お腹いっぱいになったところで普通にお蕎麦ではきつすぎます。

お子さんのいる皆さんのお宅ではいったいどういうタイミングでお蕎麦を出されているのでしょうか?

ただ、今回は救世主が

それは、鴨鍋

そもそも

「お正月のお鍋は何が食べたい?」と聞いて、主人が鴨だと答えたところから始まりました。

鴨も牛肉も年末に用意して、ぎりぎり大晦日になって思いついたのが順番を逆にするということ。

お鍋で楽しんだあとは、別鍋で茹でたお蕎麦を器に入れたところで、鴨出しのとれたスープをかけていただくのです。

Cimg5857 お蕎麦用にわざわざ出しをとる手間も省け、

しかもしっかり鴨の味

来年からこうしようかな~~~

毎回お正月用の鍋やらいろいろ台所を占拠してもう動きようがなくなっちゃうもの…

Cimg5856 ちなみに鴨鍋ですが…

写真を撮る間もなくカラッポに。。。

珍しく撮りそびれてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »