« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

ひな祭りパーティ★レシピ講習会

西武池袋本店×レシピブログのコラボイベントに参加してきました

場所は、7階インテリアフロアにある、キッチンスタジオ。

Cimg6386親子で楽しむかわいい!ひな祭りパーティ★レシピ

ご自宅で料理教室も開かれているという人気ブロガー、

のんのんさんによる料理講習会です。

ほんの1時間ですが、ポイントを絞って分かりやすい講習な上、

のんのんさんのほんわか、ちょっぴり抜け感のあるお人柄のおかげで、くつろいで楽しむことができました

Cimg6363 キッチンスタジオは、リニューアルされてから何度も通ったことのあるはずの場所なのに(お隣のキッチングッズのところなんてよく立ち寄る場所なのに…)、まったくこの日まで気づきませんでした。

すっきりと見通しのよいオープンスタイル。

Cimg6362 指定された席は前から2列目の真ん中で、ベストポジション

レシピブログ様、ありがとうございます。

キューピーちゃんのお雛様がお迎えしていて、お隣のブロガーさんと「カワイイ~~」としばし和み。

ぼんぼりのように見えるのは、この日のレシピのひとつテリーヌ。

野菜と豆腐からできていて、ピンク、緑、白と三色。お雛様カラーですネ

Cimg6381 この日のメインは、やはりお寿司

我が家でもお祝い定番の寿司ケーキでした

一気にのんのんさんへ親近感が湧いてきます。

でも、花弁の作り方といい、葉っぱの散らし方といい、

台も三色といい、さすがプロ。

美しい仕上がりです。

うっとり…

Cimg6369 台の三色をうまく作るコツも、丁寧に教えて下さります。

型から抜いてのきれいな形に、思わず自らも嬉しそうなのんのんさん。

カワイイ~~~~

Cimg6377 その後、

飾りつけのコツも伝授。

花弁は今回生ハムで作られてました。いかに花っぽく作るかちょっとしたことですが、知るとフムフムなるほどね~~。

ワタシが今まで作っていたのとちょっと違いますよ。

今度からはのんのんさんの方式で作りますわ…

Cimg6385 コチラはデザートの、

甘酒いちごミルクパンチ。

米麹の甘酒でノンアルコールなので、お子さんも楽しめるというメニューです。

果物や、お抹茶白玉も入って、ひんやり氷で冷やしていただきます。甘酒、温かいとぬるっとした感じがこどもの嗜好になかなか合わなさそうですが、これならゴクリと飲めそうです。

お寿司の三食詰め込みのときといい、上の花弁の飾りつけ、そしてこのパンチ…

すべてこどもと一緒に楽しみながら作っていただける、というコンセプト。

レシピをいただき、メモもしっかりとり、

Cimg6379 お寿司の試食もいただき、

(さっぱりとしたお味で美味しかった~~~

質問タイムには、しっかり質問もさせていただきました

これで、しっかりのんのんさんレシピ攻略いたしましたゾ

さてさて、

我が家の3月3日の食卓やいかに…

お楽しみに~というより、自分が楽しみ~~~高まるぅ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいなり肉団子

おいなりさんの甘辛いお味が好きなのですが、

中身を酢飯でなく、肉団子に代えておかずにします。

Cimg6338 地味~な色ですが、滋味です。

こども受けもいたしました

副菜は、

・ごぼうとにんじんのマヨサラダ

・納豆

Cimg6336 ①豚挽き肉250gに、塩としょうがのすりおろし、醤油、卵1個、

里芋2個+長いも5cmほどを加えてフードプロセッサにかけます。

②油揚げは油抜きをした後半分にカット。

裏返して、内側には粉をふっておきます。

③②に、①を詰め込んで鍋にぎっしり並べます。

④水に砂糖、醤油、みりん、お酒を足したものを鍋の隙間に流し込み、肉が煮えるまで煮込みます。

Cimg6337 ⑤肉が煮えたら、いったん取り出し、底の広い鍋に煮汁を空けてある程度煮詰めたところで、肉を戻し、味を煮含めて出来上がりです。

⑥別茹でして水にさらして絞ったほうれん草と一緒に盛り付けて、煮汁をまわしかけて出来上がり。

テレビ番組で最近、鶏挽肉で油揚げに詰めて、上品なお出しで煮含めるお料理が紹介されてましたが、我が家の油揚げ詰めはコテコテのおいなりさん味。

しかも、里芋と長いも効果でむっちり柔らかい練り物系のお肉です。

歯や顎に自信のないお方でも大丈夫かも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フレンチトースト

朝ごはん、しばらく胃の調子が悪かったので、パンごねは控えておりました…

(感染性胃腸炎だったら困るし

しばらくその間は、超熟とブーランジェリーベーのパンで朝食。

超熟も厚切りの方が好みですが、さすがに一枚全部は食べきれず、4枚切りを半分にカットしていただいてました。

Cimg6340 二日目ともなると、乾燥してしまうので、

ここで久々にフレンチトーストに

たまにすると、こどもたちはすっごく喜んでくれるのです。

シナモンシュガーを最後にたっぷりかけるのが好きで、

いったんワタシが全員分ふりかけて出しているのに、

次男は追加でばっさばさ…と落としておりました大丈夫

普段はこの量で充分なはずの長男は、久々のフレンチに萌えたのか、

「まだないの」とフレンチトーストの追加オーダー。

ちょうど最後のパンでもあったので、やむなくワタシのしかないのよ…と、遠慮してくれることを見越してのニュアンスで伝えたつもりが、あっさり横取り

こどもの食べる量はホントムラが出る(好きなものだと大人以上に食べることも)ので、困ります。

きっとこれで明日同じの出しても、それほど食べないんだろうな~と思いつつ、また次回のフレンチトーストは遠く先々までお預けにしておこう…と目論む母でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡蠣のオイル焼き+生クリームαごはん添え

生食用の牡蠣をごっそり買って、今日はおさかなDay

肉、魚、肉、魚…となるべく一週間偏らないようにしているのですが、

この冬、おさかなDayに牡蠣が登場する確率かなり高いです

Cimg6353 今回は、牡蠣のオイル焼きに最後生クリームを加えてマイルドにしたもの。

ごはんとの相性抜群

なので、長男さっそく楕円形の小鉢を使って、左写真のごとくきれいに盛り付けておりました。

くくくッ~~~~、ワタシより上手にご飯をもってる…

ちなみにワタシのごはん盛り付けは

Cimg6351 コチラ。

高く盛り付けると、

なんだかバランスが悪い

やっぱり、「見栄え」と「美味しそう」は比例するようです。

Cimg6347 作り方は、鶏肉とじゃがいものハーブ焼きのときと同じ。

ただスパイスがちょっと違うだけ。

①ジップロックのなかに、オリーブオイル・刻みにんにく・バジル・タイム・塩・白胡椒を入れて、手で揉みつつ混ぜ込みます。

②牡蠣を水洗いした後、水分をキッチンペーパーでふきとり、①に牡蠣をつけること1時間余。

③じゃがいもはカットして、電子レンジで蒸した後、オリーブオイルで、スライスしたエリンギとともに表面をしっかり焼き付け、そこに先ほどの牡蠣を投入し、強火でソテー。

④お酒をふって、アルコールをとばしたら火を止めて、生クリームをひとまわししてぐるっとかき混ぜて出来上がりです。

⑤お皿に、小鉢を使ってごはんをカタチよく盛り付け、サイドに④を盛り合わせます。

⑥最後にハウス ローストオニオンをふりかけ、イタリアンパセリをちぎってのせて、はい、召し上がれ♪

Cimg6238 ←ローストオニオンは、写真のまんなかのボトルです。

香ばしく、チップ状になったオニオンは、トッピングとして見栄えするだけでなく、食感、甘みも加えてくれる働き者です

レシピブログのハウススパイスを使ったオリジナル「食べるスパイス」レシピモニター参加中>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煮豚くん

久々に煮豚くん登場です。

豚肩ロース肉のブロックがお買い得になっていると、作りたくなる一品

Cimg6332 お鍋にお肉がかぶるくらいのお水と、お酒、長ネギの青い部分、セロリの葉、生姜の薄切りを入れて、煮ます。

途中灰汁をすくいとり、

20分ほどたったら、さらに醤油を加えてくつくつ…

で、出来上がりです。

その間に、

・かぼちゃサラダ(アーモンドスライスはなかったので、ダイスで代用)

・きゅうりとかぶの甘酢

を作って、

煮豚くんには、

Cimg6331マヨネーズと生クリーム、粒マスタードと胡椒を加えたマヨソースをたらっとかけて、いただきます

…とはいえ、

ワタシはお腹の調子がいまいちだったので、

横目に見ながらおかゆを…

せっかく自分も食べようと大きめブロックで買ってあったのに~残念…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

リバーシブルシュシュ

吉祥寺のコットンフィールドはいつ行っても楽しい布地屋さんです

どうやって作るんだろう?と思うような見本がぶら下がっていても、

レシピのコピーをいただくこともできます(一部キットになってたりして有料ですが)。

以前から作ってみたいと思っていたシュシュ。

ようやく、重い腰をあげて作ってみました。

そのきっかけも、コットンフィールドのサンプル。

まったく違う柄の組み合わせで表裏を縫い合わせた、それはそれはカワイイサンプルが、ちょうど目線にぷら~り、ぷらり。

カットクロス2枚とミニポンポンテープでできるらしい。

Cimg6327 その表柄もまさに、ワタシの好み

あまのじゃくなワタシはさすがに裏地はちょっと色味を変え、お揃いは避けましたが、ほぼサンプルに近い状態…

ミント系の色は雑貨類でも好きな色なので、気に入ったクロス2枚を手にいれホクホク

ところが縫い合わせているうちに、どうも自分の顔色には合わない色だということに気づきました

ショック~~~

こどもに

「どう?」

と尋ねても、

「う~ん、ビミョー。もっと濃い色のほうが似合うと思う。」

というストレートな意見が…

まだ冬カラーの服ばかりだから似合わないのか、ホントに似合わない色なのか…

自分でも揺れてます。

とりあえずは、朝の洗顔のときに使ってみようっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水炊きのタレ

レシピブログのハウススパイスを使ったオリジナル「食べるスパイス」レシピモニター参加中

ひとりお鍋をしております…

だって、寒いんだも~~ん。

Cimg6321 水炊きだと、おろしポン酢が好きなのですが、

このところハマっているのがピリ辛コチュジャンダレ。

Cimg6320 こんな風な

魚のたらや、

お豆腐など、

さっぱりしたものにはぴったりのタレなのです。

(材料 ひとり分)←さみしくなんかないゾ

・水…100cc

・みりん…20cc

・おろしにんにく…ひとかけ

・おろししょうが…にんにくの半量

・鶏がらスープの素…小さじ1/2

・コチュジャン…小さじ1/2

・しょうゆ…小さじ2

・ラー油…6プッシュ

・長ねぎ…10cm位

・白すりごま…小さじ1

(作り方)

①長ネギは、長さ5cmの白髪ねぎにして、水に5分ほどさらし、水気を切っておく。

②水とみりんを鍋に入れ、沸騰させてアルコールをとばす。

③②におろしにんにく、おろししょうが、鶏がらスープの素、コチュジャン、しょうゆ、ラー油を入れて混ぜ合わせる。

③白髪ねぎと、すりごまを加えて出来上がり。

Cimg6322 白髪ねぎは、火からおろした後に入れること。

せっかくのしゃきしゃきとした食感、そしてちょっとぴりっとくる辛味を残しておきたいから。

お友達にこういうタレがあるよ、と聞き、

おうちでアレンジし、計量化してみました。

ここ最近の一番ワタシのお気に入りです

すりごまがたっぷりだとよく具材に絡みますヨ

Cimg6240 使った辣油はこちら、

ハウス食品のもの。

ワンプッシュキャップだと、

出しすぎずに餃子など小皿で使いたいときも便利です。

Cimg6238 ハウススパイスを使ったモニターに当選し、

ただいまレシピブログにて公開中です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Slow Life cafe and dining Hearth~池袋

Cimg6233 お洒落~なガレットをいただきたくて、

池袋のHearthに向かいます。

Cimg6235 このなんともウッディな雰囲気…

くつろげる期待感が高まります。

入って左手は全面ガラスで陽がふりそそぎ明るいお席、右手は奥まっていて落ち着いた雰囲気のお席となってます。

雑居ビルに入っているのですが、とてもこのお店からは想像つかないほど素っ気ない目立たな~いビル。一度通り過ぎたほど…

Cimg6223 ワタシはおひとりサマで右手奥のテーブル席の方へ。

こちらも1テーブルごとに、すだれカーテン?が間に下がり、横の席の様子が一枚オブラートにかかったようになってます。

ワタシのように人を見るのが大好きな人間にとっては、失礼なことにならず良かった(^_^;)

Cimg6224 テーブル向かいのカウンター席の奥にはワインがずらり…

しかも逆さま

ここでは、たくさんの種類を楽しめるようグラスサービスが充実しているようです。

しかも、空気に触れないままコルクを抜き、ワインをサーブすることができる画期的なサーバーを使ってボトル管理しているため、いつでも鮮度のよいワインをいただけるらしいのです。

いやあ…悩みました…

かなり。

でも、せっかくなら今度飲める方と一緒に来たいかもと、

今回はおさえました←毎回飲んでたら…ねぇ…?

オーダーしたのは、卵とハムとチーズのシンプルなコンプレット。(ミニサラダ付)

ランチには+100で飲み物がつきます。

ガレットはそば粉100%で作るのがふつうなようですが、こちらは日本人の嗜好に合わせてさらに米粉をプラス。

縁はパリッとしあがりますが、そのほかはもっちりとのびのある食感が楽しめる、とても美味しいガレットです

ランチにハースセットなるオプションをつければ、

・スープ・3種デザートの盛り合わせ・有機紅茶orハーブティがつくらしいので、

これまた女子会にはもってこいのようです。

これまたかなり惹かれましたが、やはりひとりで食べるには惜しく、いつか誰かと共有したいわぁ…と次回まで残しておくことにしました。

サービスする方もさらっと心地よいし、ここは女子同士の池袋ランチにおすすめです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛乳って飲むと背がのびる?

【3名様限定】しぼりたて超濃厚な大仁牧場牛乳をモニタープレゼント!! ←参加中

このところ、ワタシのなかで「牛乳ってやっぱりたくさん飲んでいると背がのびるの」という疑問が大きく脳を占領しています。

ここ数か月ぶりの健康診断で期待していたより背がのびていなかったちびっこメンズ。

ところが、周囲の知人のお子さんたち、会うごとに大きく育っていらっしゃる。

聞けば共通項目がこれら。

・飲み物はお茶より、牛乳。

・おやつに牛乳。

・ひとりで1リットルは毎日飲み空けているらしい。

すごいなぁ…

我が家では夏こそ飲みはすれど、冬になると朝くらいしか飲んでないかも…

(あとは給食で)

そんなときにモニプラで、

こんなに美味しそうなものをモニター募集していました。

どうか、当選してくださ~~い

おかあさんは、この生乳の自然にできるというクリームを味わいたいのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たい焼き器があったら作りたいもの

いいもの王国★ホワイトデーにはコレが欲しい!みんなで楽しくたい焼きパーティー! ←参加中

モニプラを検索していたら、

こんなに魅力的な商品発見

たい焼き器…あこがれのツールです。

これがあったら、毎日のおやつに困らない。

カスタードだってありだし、あずきだってストックしてあるし、栗あんだってあるし…

何より作りたいのは、ハム・チーズ・卵

ボリュームたっぷりだから、きっと男子のおやつにぴったりなはず。

えびでタイをつる…ではなく、

タイで、ホワイトデーのプレゼントをつる

屋台の焼き上がり♪《電気たい焼き器》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゃきしゃき野菜炒め

レシピブログのハウススパイスを使ったオリジナル「食べるスパイス」レシピモニター参加中

引き続き、

Cimg6239 GABANあらびきガーリックを使ってのレシピ。

…というか、

野菜炒めなので、レシピ、というまででもありませんが…

Cimg6243 食感にこだわった、しゃきしゃき野菜炒めです

・長いも…1/2本

・れんこん…一節

・すなっぷえんどう…12本

・塩、こしょう…適量

・鶏がらスープの素…小さじ1/4

・GABANあらびきガーリック…適量

①長いも、れんこんは0.5cmの輪切り、すなっぷえんどうは1/2に斜めカットします。

②れんこんは軽く水に5分さらした後水切りをします。

③フライパンにオリーブオイルをひいて、長いもからまず焼き目をつけては取り出します。

次にれんこんも焼いて取り出します。

④オリーブオイルを薄くひき、すなっぷえんどうを炒めたら、③を戻し、鶏がらスープの素を大匙3の水で溶いたものを回しいれ、強火で短時間のうちに味を含めます。その際、塩、ピンクペッパーで味を整え、最後にGABANあらびきガーリックをふりかけて出来上がり。

Cimg6244 普通の野菜炒め…ではありますが、

どれも食感がしゃきしゃきしたものばかりを揃え、

カタチも個性を主張して、箸でつまむのが楽しくなります

ピンクペッパーとあらびきガーリック、なかにじんわり染みこんだ鶏がらスープの素が特徴の副菜。

もう一品、というときにお野菜たっぷり摂れますヨ。

野菜炒めには欠かせないにんにく。

最初に野菜を入れるより先に、通常なら刻んだ生にんにくをくわえますが、こちらのあらびきガーリックなら、後入れでも香ばしく仕上がります。何より、炒めている間ににんにくが焦げ付いて苦くなる心配もありません。便利~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よもぎ食パン

Cimg6255 最近早起きがつらくて、

ぎりぎりまで寝ようとしています

どう見ても明日は起きられないかも~と思ったとき、

前日の夕方にパンを焼くことにしています。

小さなパンだと、乾燥や固くなるのが気になるので山形食パン成型で。

Cimg6257 これで1.5斤。

この日は、よもぎ粉を使って、よもぎ食パンです。

粉に対し10%ほどの割合で混ぜ込みます。

よもぎ粉は乾燥状態なので、必ず水で戻し、水分をしっかり絞ってから加えることを忘れずに。

朝食はいつも軽めなので、これで2食分はとれます。

朝はマーガリンを塗って、トースターで軽く2-3分焼いていただくのがベスト

じゅわっと油分が染みて、表面はカリッとしあがるのがお気に入り。

Cimg6258 食パンを焼くと楽しみがひとつ。

パリッ、ムギューッ感がたまらないッ

ここの部分は、母子ともども誰がとるか=誰が早く食卓に着くかで取り合いです。むふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たらコロッケ

レシピブログのハウススパイスを使ったオリジナル「食べるスパイス」レシピモニター参加中

コロッケ、というと肉が王道ですが、お魚のたらを使ったコロッケ、かなりイケますヨ。

Cimg6309

材料は、

・じゃがいも…425g

・皮なしたら…170g

・塩、白コショウ、タイム…少々

・GABANあらびきガーリック…少々

・ターメリック…小1/2

(衣用)

・パン粉…適量

・卵…1個

・小麦粉…適量

(作り方)

①皮をはずしたたらを薄くオリーブオイルをひいたフライパンで、火を通しながら細かく崩してゆき、そぼろ状にする。骨はこのとき除いておく。塩、胡椒、タイム、GABANあらびきガーリックをちらし、味をつける。

②じゃがいもは皮をむき、適当な大きさに切ったらレンジで蒸してつぶし、塩、胡椒をかるくふり、ターメリックを入れ、しっかり混ぜ込む。

Cimg6304 ③①と②を合わせ、丸める。

④小麦粉をまぶし、溶き卵をつけ、水で軽く湿らせたパン粉をつけて、油できつね色になるまで揚げる。

ターメリックとタイムが特徴のお魚コロッケ。

スパイシーなお味は、それだけで十分ですが、もう少し濃い味をお好みならケチャップを添えてもいいでしょう。

副菜は、さっぱりめに。

キャベツとベーコンの蒸しもの、トマト、きゅうりとわかめの酢の物で。

Cimg6239 GABANあらびきガーリックのスパイスを使ったレシピモニターに参加してみましたが、

シンプルにさささっと素材にかけてそのままいただいても良いし、こうして料理の過程で風味づけとして使っても、生のにんにくより香ばしくそれだけで奥行の出るいいシゴトしてくれます

「あ、にんにくを加えた方がいいかも」と思い立ってもすぐそのまま使える手軽さがいいですネ

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小学校の給食

小学校の安全安心ボランティアをしてきました。

ほんの数時間ですが、

学校公開とは違う、こどもたちの顔、先生の顔が垣間見られます。

気を抜いているとき、ワタシと目があって

「あ、見られちゃった

という子。

「こんにちは~」と声かけると、

「こんにちはーーーッ」とワタシより大きな声で返してくる子。

主事さんがいつも忙しそうに、いろんな事にオールマイティに対応し、それもにこやかにスマートにこなしているところ(縁の下の力持ち、とはこういう方たちをいうのだな)。

午前中のボランティアが終わり、

最後はお楽しみの給食です。

自分が子供の頃は思いもしなかったバラエティに富んだ給食メニュー。

こどもの味覚を「おこちゃまメニュー」でごまかさない姿勢=食育は、月間の予定表からもうかがい知れ、自分もまだ知らないメニューまでのってて

「これってどんなお料理?」とこどもに尋ねることも多々あり。

この日は、ボランティアが決まってからすっごく楽しみにしていたメニュー。

Cimg6312 ・牛乳

・大豆のキーマカレー

・ジャガイモコーン

・ナン

ナンとカレーですヨ

しかも、カレー、すっごく美味しかったです。

スパイスの香りがちゃんとしてる。

大豆もぐずぐずになっておらずいい煮具合。

自校給食だから、カレーも温かい。

幸せだな、いまどきのこどもたち。

出版されている変な給食、なんてのもあるけれど、

少なくともこどもたちの通う小学校は、よく考えてくださってます。

お世話になっています。

ごちそうさまでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筆で塗るジェルクリームって…

高級熊野筆とVGヴィーナスギアwのコラボレーション!「筆で塗るジェルクリーム」 ←参加中

肌がワントーン明るくなるというジェルクリーム。

最近はいろいろ高機能商品が出ているんだな…と感心するだけで終わってましたが、

これは使い方が違うので目を惹きました。

なんと、筆で顔をぬるのだとか。。。

びっくり。

効果が気になるところです。

モニターに当選したら嬉しいんだけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪だるま探訪

東京に初雪が観測されて数日。。。

こどもたちは雪が降ったり溶けたりに一喜一憂。

ワタシは雪解けのなかようやく自転車に乗れて、

ちょっと遠出がてら、

雪の名残を楽しみます。

雪だるまを見つければ写真を撮る、というひとり遊び。←決して寂しい者ではありません

Pa0_0000 メガネ屋さんの前で見かけた、

メガネ雪だるま。

くぅ~~~ッやるねぇ、粋だねぇ。

なんだか、お店のドアの内側に立っているお方にそっくりなのは…もしかしたら作者だから

Cimg6302 前日の夜にここを通ったときは、もっともっとふっくらして、

頬もチークでピンクに染まってかわいかった雪だるま。

さすがに気温10度を超えたら、一気にスリムになってしまわれてました。

残念…

かなりかわいかったのですよ。

首元のリボンといい、ボタンといい、お手手もミトン風に作られていてかなりのお洒落さんが作ったとみられます。

Cimg6300 通りがかりのお宅で、

きょうだい雪だるま発見

かなり良さげなバスケット網の帽子をかぶり、

お顔はご満悦の表情

これまた、かなりの凝り性さんの力作とみられます。

一度自転車で通り過ぎ、またバックしてパチリ

段差ちがいに置いたところにもセンスの良さがうかがえて…しばし鑑賞。

Cimg6301 一番、鑑賞時間の長かった雪だるま。

小さな公園でしたが、

遊具の前に溶けかけの雪だるまがひとつ。。。

ひとっこ一人いないシチュエーションといい、

なんだかストーリー性を感じてパチリ

これを作ったときの高揚感、そして翌朝これを見たときの気持ち。。。

考えるとちょっと切なくなります。。。

ブログネタ: 【写真ネタ】あなたが目にした「雪」の写真を見せて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きなチーズプリン~お誕生日ケーキ

引き続いて、お誕生日祝いごはんです。

…というか、食後のデザートですね

Cimg6275 ここ3年、主人のお誕生日はプリンです。

2年ほどはカスタードでいきましたが…

今年はちょっとプリンの種類を変えてみました。

見た目変わってないようですが…

クリームチーズがたっぷりと入ってます

通常のカスタードの卵と牛乳、砂糖に加え、クリームチーズとくれば、

あ~~~~~恐ろしく高カロリーに違いない…

でも、クリーミーで美味しい~~~

普段のプリンを焼くときと同じ温度、同じ時間だけかかるので、カタチはしっかり保っています…なのに、スプーンを入れると滑らか~

これは…クセになるかもヨ

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒酢豚と皮蛋&青菜の炒め物~お誕生日ごはん

主人のお誕生日祝いごはん。

リクエストは…

ここ3年ほどおんなじです。

「酢豚」

食後のケーキは、

「プリン」

同じメニューというのも楽っちゃぁ楽ですが、

まったく同じではツマラナイ…というへそ曲がりな性格のワタシにとっては、

簡単なリクエストを難しく考えてしまうきらいが…

肉の切り方や、組み合わせる野菜メニューをどうしようか…と頭をひねります。

Cimg6266 まずは酢豚。

トンカツ用のロース肉を使って作ります。

ほどよい厚みなので、火も通しやすい

賽の目に切れ目を入れて、老酒や卵液で下味をつけた後、片栗粉をつけて揚げます。

玉ねぎ、パプリカは今回あまり油を使わず焼き付けて食感を残してみました。

最後にぱらりとごま油をまぶす程度に。

合わせた黒酢だれを煮詰めたところで、肉と野菜を加えてからめて出来上がり。

白いご飯がもりもりいけます

わかめと豆腐のさっぱりスープで、しっかりしたおかずを食べた後の口の中もすっきり。

Cimg6268 こちらは、

青梗菜とにんにくの芽、うずらの皮蛋の炒め物。

ポイントは、醤油漬けにしておいたにんにく~。

醤油とナンプラーを1:1で漬け込んだにんにくは、炒めるときにそのまんま醤油も調味料として使っちゃいます。

皮蛋はカットすると炒めるときにばらつくのが心配ですが、参考にした本を読むと、湯通しすればぎゅっと締まってばらばらにならないらしい。

実践しましたが、ホント、黄身がなかから飛び出ることはありませんでした

Cimg6267 こちらは、

野菜の甘酢漬け。

「譚さんのフライパンでいいんだよ~ん」参照で作りました。

塩をきつめにふってその後水にさらして塩抜きをすると、食感がシャキッと仕上がるところは、以前減塩プロジェクトでの講演会でも知ったところ。

ピクルスと違って冷ました甘酢で浸し、最後に熱した油をまわしかけておくこと。

ここがポイントらしい。しっかり色どめもできるので鮮やかです。

具材は、大根、パプリカ、きゅうり、セロリの4種。

しょうがと唐辛子を細く切って一緒に漬け込みます。

油ものたっぷりご飯にはホントさっぱりして箸がすすみます

中華のとき、なぜかついつい量を作りすぎてしまうきらいあり。

またまた量が残りましたが、翌日の朝ごはんと消えました。

食後のデザート、プリンについては明日UPいたします~

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生チョコづくり

急に思い立って

「チョコ、ぼくも作りたい

と、言い出したふたりのちびっこメンズ。

手作りチョコをいただいて、

『手作り→好きな量だけ作れる→たくさん食べられる

と、卑しい想像にとらわれる長男。

手作りチョコをいただいて、

『手作り→おもしろそう→作ってみたい

と、想像力を膨らませる次男。

そのどちらも、ギフト目的のチョコ作りではなさそうです

その後、作る段階になって卑しい創造は影をひそめ、よって作る意欲をなくした長男は参戦せず、次男とワタシで作ることになりました。

Cimg6247 湯煎にかけて、

チョコと生クリームをゆるめています。

Cimg6249 この日は雪もちらつくほどの寒さだったので、

軽く「ベランダに持っていったら、すぐに固まってくれるかもヨ」

と、言ったら、すぐさま実践。

お地蔵さんのように、じ~~~~~~~っと

チョコの入ったボウルを抱えて微動だにしない次男。

何を考え、立ち尽くす…

Cimg6252 寒い外で立ち尽くし、力を使い果たしたか、

その後丸める段階ですでにゲームの方へ逃避。

ワタシひとり、まるめていきます。

ホワイトチョコは、ココアパウダーをまぶし、その後粉糖をかけます。

Cimg6253 ストロベリーチョコは、粉糖をまぶしただけ。

ワタシも生チョコ作りは慣れないので、

もうシンプルにいっちゃいます。

変に凝って失敗しても…ネ

近頃の小学生女子のほうがよっぽど上手かも。

デコ技、学びたい~~

【今年のバレンタイン何あげましたか?】 ←参加中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大根の明太子サラダ

おともだちに教えてもらった、

・大根の明太子サラダ。

Cimg6209 作ってみましたヨ

右側の小鉢。

味がしっかりついているのが好きなので、

アレンジしてみました。

①スライサーにかけた大根に、塩をふり、水をしぼって味を馴染みやすくさせます。

②明太子はほぐして、マヨネーズとちょっぴりの出し醤油とあわせます。

③①を②でよく和えて出来上がり。

左側は、

・小松菜と油揚げの炒め煮

Cimg6210こちらはもうひとつの副菜。

・れんこんのきんぴら

ごま油でしっかり炒めて、みりん、だし醤油で和えたら

かつおぶしをたっぷりふりかけて出来上がり。

Cimg6208 主菜は、

・ぶりの塩焼き

…といっても、我が家では塩・黒胡椒・タイムをふってオリーブオイルで焼いてしまいます。

こうすると、焼き魚があまり好きでない主人が遅く帰ってきても、レンジで温めなおしても、タイムで生臭さが消えていただけます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベーコン巻ハンバーグ

ドラマ「冬のサクラ」を見ていたら、

だいぶ前の回でしたが、

今井美樹さん演じる主婦が夕ごはんで作っていたハンバーグがとても美味しそう…

これは作ってみなきゃ、とトライします。

Cimg6207 上から見ると、

いつも通りのハンバーグ?

副菜は、

ドラマのマネでなく、その場にあった材料で…

・れんこんやいんげん、エリンギの炒め物

・かぼちゃのミルク煮

ハンバーグですが、実はいつもと違います。

ドラマのものは、くるりとベーコンらしきもので巻いていたのです。

Cimg6204 ハンバーグの種のまわりに、

粉をはたいたベーコンをぐるりと巻いて密着させます。

真ん中はへこませますが、まわりは高さを揃えて成型…

Cimg6206 サイドからの写真。

かなり焦げ付いてしまいましたが…

ベーコンが加わるだけで、いつもより旨みUP

でも、お箸では食べにくいので、

ナイフとフォークで召し上がれ

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカリ・ダ・ポルタ ポルテーゼ~渋谷

今年初めておともだちとのお出かけ。

作品展三昧です。

まずは練馬文化センターへ、フランス刺繍と鎌倉彫作品展を見に。

じっくりとみるのは初めて。まるで絵画のようなフランス刺繍の手仕事の細やかさ、技術の豊かさに感動です。鎌倉彫も、文箱くらいしか今まで目にしていなかったのですが、椅子だったり菓子鉢など、そこにあるものはクラシックで重厚。フランス刺繍と相まって、すっごく素敵な調度品でした。

次に向かったのは渋谷パルコのクリエイターズマルシェ。

ひょんなことから知った福岡のクリエイター、Sai designさんの色と造形の面白さに魅入ってしまいました。ワタシは扱いがぞんざいなので、残念ながら身につけることはできませんが、実際につけている方のお花のブローチは本当にキュートで、ほかに見られないデザイン。

ほかの作家さんのものも並び、ひとつひとつ見て回りました。

そして…楽しみにしていたのがランチ~~

バカリ・ダ・ポルタ ポルテーゼ

通称 BACARI。

雑居ビルのらせん階段をのぼって入り、奥まったところにあるイタリアン。

Cimg6191 あら…エレベーターもあったのですね。

目印の看板も。

Cimg6192 普通だったら、化粧所とかありそうな通路の脇にお店はあります。

まさに、穴場

…でも、すっごく人気のあるお店のようです。

12:00オープンでちょっとすぎに行くと既に満席。

なので、後にまわろうと思っていたパルコを先にまわってから戻ってきました。

こじんまりしたお店ですが、とても活気づいているし、ひとり客も多い。

…ってことは、ホントに期待できそう

ランチメニューも色々ありますが、

一番シンプルなのが、パスタランチとサラダランチ。

そのなかでも2種あり、選択することができます。

すべてランチには、前菜、パンと飲み物、ミニデザート付です。

Cimg6195 前菜の盛り合わせとパンがまず運ばれてきます。

白くて外はぱりっ、なかはふんわりのシンプルなパンですが、

前菜とすっごく合う

前菜を口に運び、パンを口に入れるとさらにお互いが美味しく感じるのです。

かぼちゃ、なす、にんじん、ヒヨコマメ。

それぞれの素材がしっかり味わえて、嬉しい前菜。

Cimg6197 ワタシは蝦夷鹿の生ハムシーザーサラダをチョイス

ジビエですよね~冬はやっぱり。

サラダとはいえ、肉厚のしっかりした生ハム、美味しくって満足感があります。

シーザーサラダなので、チーズもたっぷり

パンとも十分相性よし

Cimg6193 別に頼んだ、グラスワインとも相性抜群です

グラスは白、赤400円~で、

お店の方にお勧めを尋ねました。

生ハムに合うよう軽めの赤か、しっかりめの白

かなり迷いましたが…

予算が合えば両方飲みたかったかも~~~

でも、プライスが「~」ってとこが、どれだけ上がるか心配で及び腰になっちゃいました。

主婦になると、なかなか自由にはできませんもの…

この赤、果実味とスパイシーな香りがとっても心地よい。

軽くても、あっさり…に終わらず、またどんどん飲み進みたくなります。

鶏肉をあっさり焼いたものにも合いそうです。

Cimg6196 おともだちは、

ペンネ サーモンのクリームソース フェンネル風味

これも味見させていただきましたが、

鮭があぶらっぽすぎず、しっかりした身で、美味しかったです。

フェンネルの香りが控えめで、上品な印象。

量はちょっと控えめ…

ランチには、これに肉か魚が付くコースメニューもあるので、それにはちょうど良いボリュームとなりそうかな。

Cimg6200 ミニデザートは、プリンとイチゴのムース。

ランチにつく飲み物は数種ありましたが、

ワインも飲んだことだし、エスプレッソをチョイス。

たっぷりのお砂糖で甘くて濃いエキスをぎゅっと飲み干します。

久々に美味しいイタリアン。

そして、すっごくサービスの良いお店。

ひとりでもふらりと入っていけそう…

夜はいろいろ美味しいものがもっと食べられそう…いいなぁ。

ごちそうさまです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柚子こしょうソーセージ~明治ケンコーハム

冬場は早起きがツラくてなりませぬ

毎朝パン焼きのために起きていたのに、この頃はすっかり二日に一回のペースでまとめ焼き。

もっぱら丸パン。

たまに、くるみを入れたり。

レーズンを入れたり。

シンプルなので、それに合わせるものはその日の気分で変えちゃいます。

たいていはフルーツにヨーグルトがけが多いかな。Cimg6189

この日は、

このソーセージが主役。

(副菜:豆苗の卵和えと、ザワークラフト)

みんなのプロジェクトでモニター当選しました~

Cimg6087 新商品

明治ケンコーハム 柚子こしょうソーセージ。

薄い皮にぷりっとしたソーセージは、

油をひかず、熱したフライパンでじっくり温めるとBESTだそうです。

もちろん、レンジで温めたり、スープの具にするにもOK。

普段でも柚子こしょうは使いますが、ネックは粒が残って味にむらがでてしまうというところ。

でも、このソーセージ、どこを食べても全体に柚子こしょうの味と香りがゆきわたり、

しかもほどよい辛さ加減。

塩分はしっかりあるほうなので、このままお酒のあてにもできます

チョリソーはメジャーですが、

ここで柚子こしょうとは…

考えましたね。。。

これはモニターでなくても、

買っちゃうかな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

医療レーザー脱毛体験

SBCグループのファンサイトファンサイト応援中

医療レーザー脱毛体験をしてきました。

以前にも皮膚科で体験済ですが、

美容外科クリニックは初めてです。

Cimg6221 今回おじゃましたのは、

湘南美容外科クリニック 池袋店。

美容外科というだけあり、さまざまなプランを扱ってます。

それに受付の方、お美しい…

しかも品のある気さくさ。

緊張の糸がほぐれました。

受付を済ませ、

Cimg6218 受付横の広い待合室でゆったりと座り、

カルテに記入します。

その後、番号で呼ばれ(これはプライバシー考慮のため?)、

Cimg6214 カウンセリングルームへ。

こちらで、

担当の受付の方から病院の説明。

その後、担当看護師から今日の施術の説明。

個室になっているため、どんな些細なことでも聞きやすいのも嬉しいですネ

この個室も幾つかあるため、カウンセリングで待たされる、ということもないようです。

Cimg6215 おや、

これはこれは…

人気芸能人がイメージキャラクターをしている、というのも

ちょっとした安心感が…初めてのところなので、ちょっと緊張していましたが、スタッフの方もほどよい距離感でのお話。

来院するまえのイメージだと、営業とかあったらどうしようか…なんて心配していましたが、それもありませんでした。

事情を話すと院内撮影も快く了承していただけました。

もちろん、個人のプライバシーは配慮したうえで。

Cimg6216 担当看護師さんの案内で、

脱毛専用施術室へ。

こちらもカーテンがひとつひとつのベッドにひかれ、

スムーズに施術に臨めるようになっています。

機器は、アレキサンドライトレーザー。

小さなゴーグルレンズのようなものを着けてSTART。

輪ゴムで軽くはじくような痛みが照射するたびにおきますが、

かなりの速さで進み、それほど気になりません。

あっという間に照射も終わり、肌を冷却したあとは、消炎クリームを塗って終了。

カウンセリングから終了までわずか30分くらい?

毛周期は約1年(個人差あり)。

成長期(皮膚のなかで毛が伸びる期間)→退行期(伸びた毛が抜け落ちるまでの期間)→休止期(毛が抜け落ち、次の成長期を迎えるまでの期間)

大きく分けて3つの期間に分けられます。

このなかでの成長期が、レーザーの反応する期間にあたります。

レーザー脱毛も一回では、全体のうちの一部の成長期にあたる部位にのみ反応するため、休止期や退行期の部位には対応できません。

なので、約2~3か月の間隔で数回の施術が必要なようです。

気になった点や不安な点も、予約時の電話のほか、施術前のカウンセリングに相談することができるのでこの際クリアにしておくと、安心して癒しの場となるでしょう。

びっくりしたのは、お値段。

これまたワタシのもっていた美容外科、というイメージからはずれてました。

ワタシが以前受けた皮膚科より一回あたりがずっとずっとお安い。

キャンペーンだからなのもあるんだろうけど、ほぼ半額に近い。。。

顧客が多いから、機器費用分ペイできるという見込みなのでしょうか。

キャンペーン期間については明記されてなかったので確認は必要かも。

それにしても…目からうろこ体験でしたわ。

とても気持ちよく過ごすことができました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんまのオリーブオイル煮

たっぷりのにんにくを使ったお魚を食べたくなり、

さんまのオリーブオイル煮です。

Cimg6185 これ、ツナ缶をイメージしてもらえばいいかな。

オイルでじっくり煮るわけです。

Cimg6180 にんにくをたっぷりのオリーブオイルで温め、香りを移したところで、頭とわたを抜いたさんまを入れ、塩、白胡椒、タイムをふります。

蓋をしてある程度煮たら、底のオイルを表面にまわしかけ、

今度はブロッコリーをのせて、軽く塩をふり、さらに蓋をして煮ます。

ブロッコリーまで火が通れば、カットしたプチトマトも入れて軽くソテーして、出来上がり。

Cimg6183 副菜は、

・もやしとえのきだけの卵炒め

・長いもとじゅんさいのわさび醤油たれ

秋田産じゅんさいが、西友で手頃なお値段で手に入れられました。

ちゅるんとした食感。

好きなんだな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏肉のレモンハーブ焼き~お誕生日ごはん

Cimg6144 自分へのお誕生日ごはんです

長男のインフルエンザで予定より一週間ずれてしまいましたが、調味したお肉は冷凍していたのでもちこたえました。

ワインは、ロゼの辛口。

このままケーキまでいただけるという便利なワイン。

1500円未満のコストパフォーマンス高い、

ドメーヌ・アラン・ブリュモンVDP ガスコーニュ ロゼ

名前覚えられない~~

要するにアラン・ブリュモンさんの農園で作られたロゼワインということ。

(よし、何とか覚えた)

一緒にここの白も購入しましたが、これは後々の楽しみに。

フランスの南部で作られたため、果実味が高く、でもぶどうの重みも感じられるワイン。

このワイン、シラーとメルローのほかにタナーというぶどう品種も使われてます。

タナー種って初めて。

これがしっかりしたぶどうの重みを感じさせるもとになっているのかな。

シラーもスパイシーだから、このふたつだけだと硬質…なんでしょうが、

ここにメルローが入って、しっかりしているi印象もあるのにまろやか~な仕上がり。

ロゼってシャンパン以外はちょっと甘めな印象をもっていたので、これはギャップに惹かれました

Cimg6141 そのワインを飲みつつ、

◎鶏肉のレモンハーブ焼き。

…塩・胡椒した鶏肉を、レモン・オリーブオイル・バジル・ローズマリーを合わせた液を入れたジップロックにIN取り出して、二分割し、250度のオーブンで50分焼きます。

◎じゃがいものオーブン焼き

…鶏肉を取り出した後、残り液に軽くじゃがいもをまぶし、塩・胡椒をしてオーブンで鶏とともに焼きます。小さい新じゃがを皮ごと、が美味しい

◎きのこのバターソテー

…エリンギ、マッシュルーム、しめじをバターで炒め、軽くワインをふってアルコールをとばし、塩・胡椒で調味。

Cimg6143 ◎ごぼうのポタージュ。

ごぼうは切ったあと水にさらすこと5分。

じゃがいも、玉ねぎの薄切りとともに、バターで半透明になるまでソテーします。

鶏がらスープ(素使用)にローリエを入れて、柔らかくなるまで煮、灰汁をしっかり取り除きます。その後ミキサーにかけて、塩、胡椒で最終調味。器に入れ、生クリームをたらっと入れたら出来上がり。

生クリームはほんの少し。

でもすっごくまろやかなのは、繊維がたっぷり入っているからかな。

お気に入り

あとは、ベビーリーフとプチトマトのサラダ、お赤飯。

Cimg6156 食後にはタカノのケーキ

軽い食感なので、ペロリと1/4カット食べられちゃいました。

Cimg6179 こどもからはお手紙とお絵かきノート、

ストラップと鉱物のプレゼント、

主人からはパスタの本「シルバースプーン」のプレゼント。

ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウサダッシュ大作戦

ウサダッシュ大作戦
マルキュー前でウサビッチ発見!!

その場でブログにUPし、確認してもらえれば、

先着で、キレネンコGet

Cimg6203 極悪囚人ウサギ、

かわいい~~~

このアニメ、you tubeで検索すれば見られます。

ほんの1分半ほどですが、キレネンコ(ピンクうさぎ)の極悪ぶりと、プーチン(おともだちがゲットした緑のボーダー)のおとぼけぶりに、子供たちも抱腹絶倒。

この日が記念すべきキックオフで、

その後都内~福岡まで、逃走するらしい。

詳しくは、

こちらウサダッシュ大作戦HPまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アボカドのカルボナーラ

程よく熟れたアボカド…

このままアボカド納豆にしてもよし…

でも、この日のお昼のパスタはカルボナーラと決めていたので(こどものリクエスト:来週は明太パスタらしい)、試しにこれに混ぜ込んでみることにしました。

実験、実験

どっちもクリーミーなので、相性はいいはず。

Cimg6131 たっぷりのオリーブオイルに、みじんぎりのにんにくを入れて温めます。

そこへベーコンを投入し、じゅわ~っと脂が出たところで、

アボカドを投入。

木べらで、ゴツゴツと中華鍋のなかで大まかにくずしていきながら炒めます。

Cimg6132 パスタは、またまたコチラ

さぬき麺心

生パスタ6番 フェットチーネタイプ

120gが5玉入って、お得な上にもっちり食感がクセになる

最近二か所のスーパーで見かけました。

迷わずGet

たっぷりのお湯でゆでること3分。←このパスタ、茹でるのに塩はいらない。

先ほどの中華鍋に入れてオイルをからめたところで、

卵と粉チーズ、塩、黒胡椒を合わせたものを入れて、あわただしくかき混ぜパスタに馴染ませたら出来上がり。

Cimg6134 かなりこってりまろやか~なので、

さらに黒胡椒をたっぷり挽きます

こどもも大好きなアボカドの緑もたっぷり、

食欲をそそる一品です。

実験成功なり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

肉じゃがコロッケ+春雨サラダ

肉じゃがを作った翌日のお楽しみ…

それが 肉じゃがコロッケ です

Cimg6091 肉じゃが100%だと、水分たっぷりでまとめにくい。

なので、

レンジで新たに蒸したじゃがいももプラス。

そこに、黒こしょうもたっぷり足して甘いだけに終わらないコロッケに仕上げます。

Cimg6090 副菜は、春雨サラダ。

鶏胸肉は塩を軽くふって蒸して細かくさいたもの、

セロリ、にんじん、きゅうり、貝割れをたっぷり。

ゴマ油、しょうがのすりおろし、ちどり酢、こしょう、砂糖、塩をよく混ぜてとかし、最後に少量のお湯を加えて味を馴染ませます。

ざっくり春雨と野菜、鶏肉をドレッシングと合わせたら出来上がり。

Cimg6092 さっくりの揚げ物に、

酸味を利かせたサラダはよく合う~~。

こどもも、春雨サラダは大好きです

ワタシよりたくさん食べてました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉じゃがとナムル

こどもの大好きメニュー、肉じゃがです。

Cimg6085 多めに作っておかないと、

翌日のお楽しみに支障が…

(これについては翌日UPします。

毎度のことなので、以前の日記を読んだ方ならその先が読めますよね

Cimg6084 こっちは、今や定番副菜。

ナムル。

今回はもやしと小松菜。

簡単に蒸してor茹でて、和えるだけ。

塩、ごま油、たっぷりのすりゴマ。

お野菜の食感と旨みが楽しめる、たっぷり摂れる、ナムルってすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーライスに何入れる?

カレーライス。

いろんな具の組み合わせがありますが、

ワタシが迷わずコレと選ぶのが、

チキンときのこのカレーです。

おうちで作るカレーの場合、ですね。

ちなみに、お外で食べるときは、マトンとほうれん草、リコッタチーズのカレーが大好きです

今年最初のカレーをUPしそびれていたので、

ちょっと遅れましたが記録、記録。

1月の末近い日でした。

そう、長男がインフルエンザにかかる直前?

今週のテレビで言ってたのですが、人がカレーを食べたがるときって、

ウイルスが体内に入ったときなんですって。

カラダが勝手に排出力を高めようとカレーに含まれるあるスパイスを欲しがるそうです。

すごいですネ、嘘でしょ…って普段だったら思ってたけど、

まさに長男

「カレー食べたい」と言ったのが、インフルエンザの発熱二日前だったので、

信じてしまいましたヨ。

今年入って最初のカレーだったので、即日作りました…が、インフルエンザウイルスは結果排出できなかったようですねあと一歩…残念。

Cimg6057この日、入れたもの。

もちろん、鶏肉。

そして、キノコ類。

しめじ、エリンギ、マッシュルーム。

さらには、れんこん、にんじん、玉ねぎ。

玉ねぎはたっぷりの量をじっくり炒めて甘みを出して。

Cimg6061 マッシュルームなどのきのこ類はバターでじっくり炒めて。

(写真はマッシュルームだけしか映ってませんが)

Cimg6062 出来上がったら…

何が入っているのやら、一見わかりませんが…

ちゃんと色々入ってます

ちなみに、ルーは、

コスモ直火焼きカレー、これ一辺倒です

イチ押し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分~我が家の恵方巻き

昨日は節分でしたね。

柊の小枝に焼いたいわしの頭を刺し、玄関の横に差して、鬼を払うという習慣を今年になって知りました。

…というより、朝のスーパーのチラシを見て知りました

参りました。

そういう事とは知らず、めざしをここ一か月ほど探していたワタシ。

一昨日あっさりとスーパーで見つけ、小躍りして帰り、

昨日の節分の朝、飾らないうちに焼いて食べてしまいました。

Cimg6115 探していた理由、というのは、

昔まだ子供の頃、よく食卓にのぼっていたな~という記憶がよみがえり、それを子供たちに話したところ、興味津々

「食べてみたい」と言い出したため。

まあ、西日本ではいわしを焼いて食べると、そのにおいを嫌って鬼が退散する、というお話のある地域もあることだし、間違ってはいませんよね

朝食は、めざし。

そして夕食は…

恵方巻き。

今年は南南東。

こどもたちと方角を確認し、もくもくといただきます。

Cimg6121 手前一本は、

まぐろのたたきときゅうりの細巻き。

無言で食べやすいように短めにカット。

味があっさりしすぎてしまいました。

その後、主人用に作ったねぎとろ巻きの方が美味しかった

輪切りにカットしてあるのは、サラダ巻き。

こっちは大好評

カニかま、ちょっと甘めの卵焼き、サラダ菜、マヨネーズで巻き巻き。

副菜は、

・里芋としめじの甜麺醤風味の煮物

・切り干し大根とひじきの炒め煮

これでは、足りなかったようで、サラダ巻き再リクエスト。

しかも太巻き一本ずつ食べたいというちびっこメンズ。

Cimg6123 作りましたよ~またまた卵を焼いて…

かなりの太さなので、

喉を詰まらせないよう声掛けします。

顔中の皮膚をくしゃくしゃにさせて食べてます

結局、ふたりとも完食。

すごい食べっぷり…。

その後は、豆を食べたさに、豆まき。

Cimg6127 戸建ではないので、残念ながら外に豆をまけず、

和室を閉めきっての豆まき。

兄、容赦なく投げつける。

泣く鬼を演じる、弟。

見守る母。

寸劇、楽しめました。

豆を二店舗まわって、一袋につき一枚ずつ鬼のお面をもらってきた甲斐ありましたワ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青汁ラテ

青汁ラテ
しばらく家にひきこもり状態でしたが、今日はこれから自転車に乗ってひとっ走り!
寒いので、青汁ラテを飲んで温まってから外に出よう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんかつ

揚げ物が多い我が家です

Cimg6046 から揚げかとんかつ、

結構多いかも。

それでも久々なとんかつに、

こどもたち大喜び。

とんかつソースも少なくなってきたし…

買いに行かなくては。

副菜は、かぶときゅうり、生ハムのサラダ。

ゴロゴロのかぶがこざっぱりしてお気に入り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザにかかったら…(おやつ編)

インフルエンザにかかったら…

最終は おやつ編

やっぱり熱が出るとひんやりのど越しの良いものが欲しくなりますよね。

真っ先にプリンとも思い浮かびましたが、

今月は主人の誕生日で、きっとまたプリン希望だろうから(おそらく?)…違うもので。

休日の夕方にどさっと買い込んでおいたのは、

ヨーグルトといちご。

そう、以前お友達に教えていただいた、

いちごヨーグルトムース です。

ビタミンCは、抵抗力を高める栄養素。

かかってからでも、体力が落ちないようしっかり摂る必要があります。

ちなみにビタミンAは免疫力を高める栄養素。予防に普段からしっかり摂るといいらしい。

Cimg6112 ミキサーをひっぱり出して、

いちご、ヨーグルト、お砂糖、練乳、そしてふやかしたゼラチンを順番にミキサーにかけ、

冷やし固めるだけ。

今回はいちごをちょっと多めに入れました。

さらに柔らく、いい感じ

熱がすっかり下がってカウント三日目←耳の痛みで一日のびちゃった。

明日からいよいよ学校へ行けますわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザにかかったら…(看病する側の過ごし方編)

こどもがインフルエンザにかかって、熱は早くも下がってくれたものの、ここから解熱後のカウントに入ります。

あがったらリセット。

そのまま2日が経過すれば学校へ行ける。

ちょうど発熱が休日だったのもあり、

その日の夕方やったこと。

・ごっそり買い物。数日分のストック。

・図書の返却と予約図書の受け取り←これ、去年失敗した教訓

・図書の大量借り出し

・マスクの補充とベビちゃんイオン飲料購入←ドラッグストアで使い捨ての女性・こども用をひと箱。サイズが大人用が多いなか、このちょっと小さなサイズは密着性もあり助かります♪

・次男にもしものときのおつかい出来るかチェック(棚の位置等)←やっぱり足りないものって出てくるもの。普段ひとりでは行ったことはありませんが、ここで自信をつけてもらいましょう。頼りにしてるよ!

普段は、肉・魚とローテを組みますが、魚は日持ちしないし、回復時にまず食べたいもの=うちの子の場合肉、なので、今回3日分を見込んで購入。

そのうち二日分は挽肉大量購入。これで色々アレンジききますもの

(一日目:しゅうまい、二日目:肉団子コチュジャン甘辛ダレ和え←写真撮りそびれ)

あとは、もし長引けば普段お買い物に付き合ってくれる次男にお願いすることにします。

…でも、結局熱は一日で

まずはひと安心。

ただ鼻づまりもかなりひどく、中耳炎になってしまったようなので、解熱後二日のカウントを待って耳鼻科へ。

Cimg6107冷凍うどんを使って、

食欲が出たころのお昼ごはん。

天ぷらはうちの常備野菜、れんこんとかぼちゃ。

わかめ、ねぎ、卵でボリューム感たっぷり。

それでも全部食べきった息子。

これなら大丈夫だワ

Cimg6110 平日、体温を測るほかすることのなかったワタシ。

家で過ごす膨大な時間を、

大量借り出ししておいた文庫本の読破と、

月イチパッチワークの会の宿題の作業に割きました。

Cimg6109 ひたすらモチーフ作り。ちくちくちくちく…

時間がそれでも余るので、布違いでもうワンパターン。

水色とこげ茶…昔から変わらず好きな色の組み合わせです。

さてさて、このモチーフ…何に見えますか?

答えは…

リボン

ただし、モチーフ同志を一見リボンに見えないつなぎ方にするのが、パッチワークの面白さ。

よく見るとこんなところにこんなカタチが…的なものは、いろんなパッチワーク作品でも見られます。

今まで「ここまで縫い合わせるの大変だろうな~」程度で見ていたパッチワークですが、こうした事を知ると、鑑賞の仕方も変わってきますよネ

…で、これらのリボンモチーフですが二月の会ではいよいよ仕立てに入っていきます。

出来上がりはランチョンマット。

今回は色違いも作れたので、二枚の完成を目指します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チーズ揚げ~しゅうまいの皮が余ったら

しゅうまい…

いつも具が先になくなってしまい、皮がたくさん余ってしまいます。

パケの後ろの肉の分量、野菜の分量、のはずなのですが、

ワタシの包む量が多いのでしょうか

それで学習する能力もワタシにはなく、またしても、今回皮をたくさん余らせてしまった

昨日のブログにUPさせた、チーズ揚げに変身です。

作り方は超簡単。

カマンベールチーズをサイコロ状にカットし、皮で包んで揚げるだけです。

仕上げにたっぷり黒胡椒をふりかけましょう

お酒のおつまみにもぴったりです。

ちなみにこの日は老酒ロックでいただきました。

Cimg6097 包み方、毎回同じじゃつまんないので、

今回はちょっと考えて…

名付けて「ほおずき揚げ」

ほおずきっぽいカタチに見えませんか?

揚げるのは…重心がかたよってて、浅い油で揚げるのはちょっとツラかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザにかかったら…(お食事編)

インフルエンザに長男がかかってしまいました

次男にうつらないことを祈りつつ、隔離、隔離。

マスクも着用し、

部屋も時折窓を開けて換気。←寒い~

熱を出したその日は食欲もなく、ぐったり寝て、時折幻覚も

急にむくっとおきて、枕をぷち、ぷちっと押しながら、「イチ、二、サン…」などと数を数えつづけるという奇行もやらかしたり、「ちゃんと並ぼうよ~」など寝言を結構言ってましたが、

一日で何とか熱も下がりました。

食欲がなんとなく出てきたようで、

「枝豆、食べたい。」

というので、冷凍ストックの枝豆を使って、おかゆ。

Cimg6093 たっぷりのお水で炊いて、

鶏がらスープの素と、すりおろしショウガ、ナンプラー、ゴマ油で味付けします。

具材は、薄皮をのぞいた枝豆、薬味ねぎ、卵でシンプルに。

この味付け、ワタシの大好物でもあるので、ちゃっかりワタシもいただきます

水分は、あまり甘いスポーツ飲料だとすぐ寝てしまった後に口がネタネタするので、

ベビー用スポーツ飲料を用意しました。

「ベビちゃん、飲む?」と聞くと、驚いて「なんで

普段、ポカリやアクエリアスを飲まないので、今までうなされつつ飲んでいたスポーツ飲料はポカリだとすっかり思い込んでいたようですベビちゃん用だと知るとガックリきてました。

でも、美味しいし、甘さ控えめだし、文句は出ません。

夜もおかゆかな~と思ってたら、食欲がさらに出てきた様子。

家族はしゅうまいの予定だったので、聞くと「食べる。ちょっとだけ。」

「チーズ揚げもあるけど。」

「食べる。」

「お母さん、久々にポテトサラダ、食べたいな。」

…というわけで、晩御飯メニュー決定。

Cimg6101 まずは、当人リクエストのポテトサラダ。

粒マスタードを効かせると酸味がほどよく美味しい。

Cimg6099 胃に負担かかるかな~と思いつつ、

極力少量に抑えてみた、

しゅうまい、蒸しキャベツ、チーズ揚げ。

あとは、またおかゆ。

次男、ワタシ、主人はしっかりとしたサイズでいただきましたヨ。

いつもは量の多少に細かい長男も弱っているせいか、こんな少量でも文句なし。

しゅうまいに老酒を入れてみたんだ~と、香りの特徴を伝えると、ふむふむと静かにうなずいていました。

「ほれ。」と飲んでいた老酒ロックを差し出すと、静かにふむふむと嗅いでいました。

う==ん、愛しいわが息子よ・・・。

いつもガミガミ言っててごめんヨ、と、静かでおとなしいわが息子を眺めてしばし省みるひとときでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザにかかったら…(お薬編)

こどもが一人、インフルエンザにかかりました。

A型。

今、流行らしいですね。

一気に9.2度をマーク。

ひや~~~~っと思いましたが、

早めに病院へ向かい(一応発熱して6時間は経過しただろう?頃を見計らい)、リレンザを処方していただきました。

Cimg6102 朝・夕服用。

一回につき、二吸入。

ブリスターと呼ばれる、

円盤状のパケに、粉のお薬が入っています。

白い部分にそれをセットし、ベージュの器具に装着し、鈎で穴をあけて、白の吸い口から吸いだすという仕組みです。

小さなお子さんは、その吸う、ということが難しいのでタミフルを処方されますが、

ある程度になると(小学生低学年で理解と実際に吸うことが可能なら)リレンザのほうをお医者さまからも勧められます。

吸入口に口をつけている間にまちがって、息を吐いちゃうと穴の部分から粉がぷぅぉ~っと吹き出てくるので要注意。

ワタシも、こどもも、このカチャ・カチャと装着する過程が大好きで、

いかにカッコよくスマートにできるかで体温を0.1度くらいテンション上がってるかも

(毎年このシーズンとなると)大体母子ともどもかかっちゃってますが…今年はどうだか。

ちなみに、こうしてブログに書けるのも、一日で熱が下がってくれたから…

あとは平熱までしっかり下がり、安定すること二日間を待つばかりです。

(病院によって、二日、ないし三日と違いはあるようですね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »