« バタークーヘン&大納言ブレッド&金すこう | トップページ | どて焼き »

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

Cimg7931 35度超えのなか、

サングラス、キャップ、日焼け止めで防備して遠出の目的地は、

8/14まで

「2011イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」

開催中の板橋区立美術館

毎年気になりつつ行けずにいた催し。

ボローニャ市と板橋区は密接な交流を図っており、

毎年ボローニャで開催される児童書専門の見本市「ボローニャ・ブックフェア」でのイベント「ボローニャ国際絵本原画展」に入選された作品が、この時期になると区立美術館に特別展示されるのです。

5枚一組にすれば誰でも応募できる新人イラストレーターの登竜門とされ、

そのテーマや題材、表現される手法(リトグラフ・ガッシュ・水彩等・CG)も様々です。

今回初めて見ましたが、タイトルも分かりやすいものから難しい~というものまであり、

どちらかといえば、大人向けの展示かな。

混んでもなかったので、すごくゆっくりと楽しむことが出来ました。

1時間半以上はいたかな?これできっと子連れだったら、30分ともたなかったかも…

入選作品の本もロビーに展示されているので、じっくり読んだり眺めたり…(外国語はとんと分からず)。

なかでも面白かったのは、フィリップ・ジョルダーノの「竹取物語」の原画展示コーナー。

一目見て、「宮崎駿さんの影響絶大」と思わせるファンタジーの世界。

独自の世界観も広がり、竹取物語のお話をうまく表現されています。

絵だけでも十分、大人の絵本。

欲しい、と思ったものの、一階のショップで見たら予約取り寄せで何と4000円超え。

絵本で…と思うと及び腰になっちゃいました

こどもが手軽に手にとれる価格にしてほしいなぁ…

細かにみると色々楽しめる絵本ではあるのですが…う~~ん。

Cimg7930 期間限定で、

一階のショップ横には

カフェボローニャも。

展示であっという間に時間が過ぎてしまい、こどもの下校時間が迫ってきていたので諦めて退散してきました。

残念。パンやケーキが美味しそうだった…

Cimg7929

イラストが好きなお方はぜひ

|

« バタークーヘン&大納言ブレッド&金すこう | トップページ | どて焼き »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリア・ボローニャ国際絵本原画展:

« バタークーヘン&大納言ブレッド&金すこう | トップページ | どて焼き »