« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

余りご飯でキンパ

ご飯が余ると…

キンパ。

日本の寿司のように寿司飯を作る必要はなく、

おにぎりよりずっと美味しいし、お野菜も一緒に摂れる

Cimg8329 海苔は家にある普通の海苔。

これに、

オットゥギのゴマ油を刷毛塗りし、

塩をパラパラ…

冷ごはんを薄く広げて、

きゅうりやにんじんのナムル、

魚のすり身天ぷら(さつま揚げ)を細長く配置して、すりごまふって巻くだけ。

ゴマ油の香ばしさと油分が、日本の巻物にはない独特の風味を出してくれます。

もっと色々一緒に巻けばいいのだろうけど…余りものでも美味しいからいいのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フルーツポンチ

夏休みにお友達のおじいちゃん宅でいただいたフルーツポンチが美味しかったので、

家でも作ってみました。…というか、ワタシでなく長男が。

Cimg8349

自分の小さな頃には好んで食べた思い出がありますが、

そういえば自分で作ったことなかったな~~~

こどもに作ってもらおうと、

・缶詰のトロピカルフルーツミックスと桃、

・白玉(こどもたちが外に遊びに行ってる間に作ってしまったこれも作れたのに…)

・サイダー

でシンプルに。

缶切を使う際、そういえば初めてだったと発覚。

最初に缶に爪をたてるのがうまくいかず、四苦八苦。

でもぜんまいのようなものをぐりぐり回すと面白いほどに切進められるので、長男おもしろいほどリアクション大。

あとは桃を適当にカットしてもらい、

すべて材料はボウルに入れて、軽く混ぜるだけ。

Cimg8348 「うまい、うまい」

と、先を争うようにおかわり三昧。

兄弟でまたどっちが多いと争いだす。

まったく、なんでこんなに食い意地が張って我先に、と育ててしまったのか…

毎度のことながらすごく後悔に駆られます。

…はぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二代目オーブンレンジでまず試作したもの

オーブンレンジが壊れて丸一週間ない生活にそろそろ慣れたころ…

NV100がやってきました

店頭では、

①二段同時オーブン機能が使えるのか

②サイズ(食器棚のオーブンスペースに入るか)

③なにはなくともまず値段

ばかりが気になり、ほかは全然見もしなかったワタシ。

なぜなら…最近のオーブンはとにかく簡単メニュー(番号選択)が多すぎる。

いらないんです。

アナログ人間なので、手動で温度やマイクロ、時間設定するのが一番すっきり分かりやすい。

案の定、来て早々操作マニュアルとにらめっこ。

レンジとオーブンの区別ボタンがないので、ダイヤルで選択。

フムフム…

とりあえず、

Cimg8347 スチームオーブン機能をお試し。

天然酵母のテーブルパン。

焼けてます。

焼きムラは多少ありますが、

気になるほどではありません。

焼き上がりも以前よりちょっと柔らかくふんわり中身は焼けたかも。

ヨシ

次に試したのは、レンジ機能。

Cimg8344 蒸しパン。

これまた結構いい感じに。

こちらはムラは一切できませんでした。

Cimg8345 朝食にスープとともにいただきます。

簡単ダイヤルメニューでいろいろ試したいところですが…

それはおいおいと…

(アナログなもので…)

石釜オーブン、ホントは欲しかったけど、

第二希望のこっちも十分働いてくれそうなので、ひとまずホッとした次第。

何より以前のオーブンレンジと同じメーカーなので、基本のきはおんなじところが良かった

下のトレイもはずして洗えるしね。

それにしても…

ちゃんとマニュアル読まなくちゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイツリーとすべり台を大いに楽しむ

スカイツリーの大きさをこどもと楽しんだら、

もちょっと先にある

素朴~な大横川親水公園にもぜひ足をのばしていただきたいものです。

Cimg8318 スカイツリーが高さ634メートルを誇るなら…

Cimg8313 こちらの公園は随分と細長い公園のようですが、ワタシたちが降り立ったのはその一部分。

船のカタチを模した

管理事務所の二階部分から長い水色のすべり台が大きなカーブを描いてのびています。

Cimg8311 見えますか?

建物の左部分にプラレールのごとく見える水色部分。

Cimg8314 ローラー滑り台なので、

これほどの距離でも摩擦でおしりが痛くなる心配はありません

大人もこどもと一緒なら童心にかえって楽しめる

(ワタシは写真を撮るのにせいいっぱいで残念ながら乗りそびれました

傾斜もゆるやかなので、幼児だけでも兄弟でひっついて嬌声をあげながら滑ってました。

すべりたかったな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんかつ かつき亭

現代美術館での展示を楽しんだ後、

さてお昼はどうしようか…という話に。

「とんかつ茶漬けがいい

長男の駄々ごねにより、足をさらにのばします。

目指すは、

とんかつ かつき亭 吾妻橋店。

Cimg8308 暑い日にとんかつなんて勘弁

と正直思いましたが、

前回長男と主人とで行ったときに、すっかりこの味に長男はまり、

「家で作ってもらいたいから食べて覚えて

…仕方ない…

そんなに美味しいのならお母さんも気になるし。。。

Cimg8301 正確には

かつまぶし、

というらしい。

食べ方にもアドバイスがメニューにのっており、

◎半分はソースをかけて、そのままの味を楽しみ、あとの半分は出汁をたっぷりとかけてお茶漬けとして楽しむ

とある。

そのとおりにいたします。

Cimg8303 通常のとんかつと違って

(お隣さんのお席の厚みあるカツと比較してみました)

お茶漬け用は、薄く小ぶりに仕上げてます。

さくっとした衣。

しっとりしたお肉はとても美味しい

Cimg8305 ドキドキしつつ、

お茶漬けに挑戦です。

お出汁はたっぷり急須に入っているので、好みの量をまわしかけます。

ネギと三つ葉、のり、ごまがこんもりのせられ、わさびをとかしつついただくと…

「おいしい~~~~~~~

これはびっくり。

いけるじゃないですか。

豚カツの衣やお肉の厚みはこの厚みでなくってはなりません。

きっと普通にいただく厚みではこれほどサラリとはいただけないでしょう。

ねぎの辛味や三つ葉のさっぱり加減もなくてはならない薬味。

ホントに美味しい。。。

目から鱗がポロリ。

きっと勧められなければ食べてなかったなぁ。

Cimg8309 目玉メニューの

とんかツリーにもそそられるものありましたが…

こっちは、最近揚げ物は少量で充分のワタシにはいっかな

若手にお譲りいたします。

Cimg8310 このすぐ近くの

スカイツリー。

しっかり目に焼き付けてきました。

真下あたりを散策しましたが、

大きすぎてフレームに入りませんね。

ちょっと離れたくらいがキレイに入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フレデリックバック展+名和晃平-シンセシス展

Cimg8241 東京都現代美術館で開催中の

フレデリックバック展、

名和晃平-シンセシス展をみに行ってきました。

アカデミー賞を受賞した「木を植えた男」というアニメしか知らず、

特に興味を持っていなかったのですが、

展示では彼の代表作アニメをはじめ、絵画、テレビ番組の舞台美術製作、イラストに至るまで様々な分野に挑戦していることを知り、驚くとともに感嘆しました。

イラストのなかでも本の挿絵に至っては、自ら出版社に赴く時用に作成したデモ用作品も展示され、ここに文章のスペース、ここにこういうイメージで挿絵…と設定が細かい

見ていてどんな文章がここに入って、仕上がればどんなにキレイな本になるだろう…とワクワクするほど…(実現しなかったようで残念) 

愛する街の観光用のパンフに至っては、イラストとともに小さく手書きで「美しい村」という踊るレタリングもあり、愛情をこめて書き上げたことも偲ばれました。

実現化しなかったことが自分のことのように残念。

舞台美術でも、毎日変わるセットをテーマに合わせて創作から組み立てまでもひとりでやってのける、というくだりまで説明があり、

あらあら、まあまあ、この人はどこまで全力投球な人なんだと身の心配をしてしまうほど。

「木を植えた男」はアニメを見たのは初めてでしたが、こんなにメッセージ性の強いものとは知りませんでした。←このあたりにも思ったら一直線、という人柄が出ている。

他にもさまざまなイラスト、アニメが展示されてましたが、近代化にともなう様々なデメリットを揶揄する部分が見られ、活動に積極的な姿勢がうかがわれます。

はたして彼はよく語る人だったのでしょうか、それともこうした絵にその内面・思考を込めるかたちをとる、内に熱きものを秘めた人なんでしょうか。

名和晃平展では、造形を楽しんできました。

入って最初に目に飛び込んだのはメタリックな質感で細かなうねりが植物の蔦のように壁をはっていく大きな作品。不届きなワタシは「牙狼」の世界観にリンクさせてしまいました。

全部で13の部屋に仕切られた作品室が続き、鹿などの剥製に大小のビーズでびっしりと埋め尽くした大型作品などはその美しさにウットリ…貴和製作所にあったらいいな…と思わせる乙女ゴコロわしづかみの作品。ビーズひとつひとつを近くで覗けば、なかに封じ込めた鹿の毛並み、目などが拡大鏡のように映し出され、ちょっと離れれば対面にいる人が反転して写りこむ面白さ。

ヴィラスという作品群の部屋は発砲ポリウレタンを吹きつけた大きな造形が、青白く静かにそびえたっている、という印象。ひとつひとつが氷結晶のようでこのまま成長して変化していくのではないかと思わせます。照明もここだけ変わっていて、同じように展示を見ていく人たちがモノクロ写真のように色を亡くして見えるのです。見る表情が真剣であればあるほど、色の効果で鬱として何かにとりつかれたような雰囲気に。作品だけでなく、人まで見入ってしまいました。

リキッドも人の感覚を麻痺させるような作品。家にこんなのがあったら、きっと無表情にいつまでも眺めてしまうかも…と思わせるような、揺らいでいるのに安定したイメージを持たせます。ポコッポコッ…と粘着質な虹色の泡が出来てはじける繰り返しは、そのうち何かが生まれ出てくるかも…とその先を色々考えてしまいます。

次から次へとまったく違う素材を使った作品を魅せるこのお方、一体どんな人?

写真がないので想像に駆られます。

長々と美術館で涼んだ後は、駅までの道をのんびり歩いていきます。

先週のドラマ「ドンキホーテ」でカメラのシャッターを切る女の子のシーンに影響されたか、長男と次男がその道すがら気になるものを次々と撮っていきます。

Cimg8251 まずは出てきた美術館。

Cimg8270

歩道脇のモニュメント。

Cimg8279 同じく歩道脇の柱の鳩さんのおしり。

Cimg8284 街路樹に脈絡なくぶら下げられた

様々なもの。

Cimg8285 ベンチに申し訳なさそうに座る

大きなピーマンくん。

Cimg8281 焼き鳥やさん、とおぼしきお店のテナント。

キラキラお目目の鶏たち。

焼かれちゃうのに、

なぜそんなにキラキラと輝いている?

色遣いは、ザ・昭和。

Cimg8288 そしてそのすぐ隣には…

Cimg8287 お洒落~な雰囲気を前面に出している

本屋さん。

木箱を使う様子もこなれた感じがあって素敵。覗いてみたかったけど、スタスタわが道を行く主人ははるか前を遠く歩き、声をかけるにもはばかれる…

残念。

途中、長男次男とでどっちが長い時間カメラを持っているでワイワイ揉めていたが…

暑苦しく、ほおっておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いわしのオイル焼き

いわしを買って、

オイル蒸し焼き。

Cimg8203 オリーブオイル、にんにく、

ディル、タイム、ローズマリー、

塩、胡椒。

あとは、蓋をしてひたすらくつくつと蒸し焼きにするだけ。

Cimg8204身離れがしやすく、

はずれた身に少しマヨネーズをつけていただくのも美味しい。。。

副菜は、

じゃがいもとグリンピースの蒸し焼き。

にんじんのマスタードサラダ。

ちょっと脂っぽくなってしまいましたが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャベツとベーコンのバジルパスタ

お昼はもっぱら麺類。

夏休みに入ると、

そうめんの出番が格段増えますが、

パスタも相変わらず。

Cimg8157 ありあわせのお野菜で。

バジルペーストと、

キャベツ、ベーコン。

キャベツがしんなりたくさんいただけるので、

大きな玉を買って早々はこのパスタで口火をきります。

地味な見た目…

でも、いいんです。

お昼はやっつけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライパンでパンを焼く

長年愛用のオーブンレンジがダウンして数日…

次のオーブンレンジが来るまでの数日…

食卓にあがるメニューがガラリと様変わりしました。

葉物が多くなり、切って和えるものが多くなり、根菜は薄く切って煮るパターン。

基本じっと鍋の前にいる、ということがツラい性質なので、今まで下処理はすべてレンジにまかせてましたワ。

そして…

失ってまず困ったのがパン作り。

作らなきゃいいじゃ~ん

とくればいいのですが、たまたま壊れたその日、既にホシノ天然酵母種でこねたパン種は一次発酵が終わり、ベンチタイムのときだったのです。

焼けない…

と、くじけそうになりましたが、以前ピザをフライパンやグリルで焼いたこともあったので、

今回はフライパンで。

Cimg8333 焼けるものですね~~~。

カタチや厚みは限られますが、

ちゃんと、

外パリッ

中もっちり

に仕上がります。

Cimg8331 38g分割で、

アルミカップの上で軽く1.5cm位の厚みにのしてから二次発酵させます。

その後、熱したフライパンにそっとひっくり返したカタチでまず片面。

中弱火で約6分。蓋をして熱がまわるようにします。

その後、もう片面(アルミ側)を下にかえして、約6分。蓋をして焼いたら出来上がり。

片面を焼き始めた時点でぐぐ~っと持ち上がり膨れるのもわかって、そのときは「ヨシッ」と手応えを感じました。

フライパンでもパンは焼けるのね~~。

味をしめて、フライパンでのパンづくりすること数回。

天然酵母種、バターも卵も入ってないシンプル種だから、生地がちょっと硬めというのも良かったのかな

| | コメント (0) | トラックバック (1)

にしんそば

お天気が悪く、蒸しっとした日には

さっぱり冷たいおそばがよく合います

Cimg8325 にしんの甘露煮を見つけたので、

迷わずにしんそば

にしんの甘露煮を初めて食べるこどもたち。

最初はそのどかっとのせた姿に

「え~魚?」

とマイナス的な反応でしたが、

食べてみて食べてみて、と急かしたら

「美味しい~~」と好感触。

そうだよ、食べてみなくちゃ分からないんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国のはるさめで冷麺風にできます♪

先日UPした韓国春雨の大量購入エピソード。

何に使うの?って思いませんでしたか?

チャプチェはもちろん、

最近ハマった使い道…

それは

Cimg8170 韓国冷麺の麺に春雨を代用すること

さつまいもが原料の韓国産の春雨、

茹でると、

もっちり噛みごたえある弾力麺となるのです。

だから、普通に麺として食してもいける

Cimg8172 日本の春雨と違って、

ちょっとグレーがかってます。

原材料が違うから、と知るとなるほどどうりで

暑いときにさっぱりいただけて、

野菜もたっぷりいただける。

良いものづくしの冷麺です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おんどる

こどもを連れて、久々新大久保へ。

韓国春雨をきらし、ごっそり購入しようともくろんでの外出です。

ご近所スーパーでも100g単位では見つかるのですが、少ない、割高。

Cimg8198500g入りのを2パック購入。

あとは、濃いゴマ油。

これは人づてに聞いたのですが、

日本のゴマ油より香りだかく、

ナムルもこれで作ると一味違うのだとか…

メーカーはどれがいいのかまでは聞きそびれたので、メジャーどころのオットゥギで。

あとは子供の好きなキンパもデリで。

Cimg8193 昼食は、

久々におんどるへ。

780円ランチメニューが充実していて、

子連れでもメニュー選びに困りません。

ワタシは

骨ヘジャンク。

骨付き豚肉を煮込んだ旨辛鍋。

半ライス付です。

Cimg8192 こどもたちは

石焼ビビンバ。

ひとりひとつづつですが、

ペロリ。

わかめスープもついてきます。

お店のおにいさんのお話によると、

「わかめスープはお誕生日など特別なときに出される」んだとか…

知らなかった~普通に今までついてきてたから、普段ものだと思ってましたわ…

ビビンバを混ぜるのに四苦八苦していたら、

「お兄さんが混ぜてあげるから、ちょっと待って」

と順番に混ぜてくれました

お忙しいのに親切さんです。

Cimg8190 これらのお料理が出るまで待つ間にいただいた小皿の数々。

どれも美味しいです。

三人ですっかり空にしてしまい、

気が付いたらおかわりが出てきました。

嬉しいな

Cimg8196 せっかくなので、

食後にはパッピンスをいただきます。

食事とともにオーダーすれば、

580円が480円でいただけるのです。

練乳といちごソースがかかった王道ものと、

抹茶ソースがかかった抹茶ビンスをひとつずつオーダー。

餅やフルーツゼリーが入って美味しい~~~

コーンフレークもとうもろこし香が香ばしくいけます。

あっという間にぺろり~ん。

ごちそうさまでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オーブンレンジが壊れちゃった…

8年間使い続けたオーブンレンジがついに昨日ダウン

日立の2段オーブンが使えるもの。

栗原はるみ先生監修のもと使いやすく、広い庫内は大量のパンや焼き菓子を作るのにとても便利でした。

急きょ次のオーブンを探しに今日は家電量販店へ。

当時はスチームなんてない時代だったので、

「そもそもスチームって?」から始まる質問攻め。

予め機種は絞って、

東芝の石釜か、日立のヘルシーシェフか。。。

石釜がいいよ、とは聞いてたものの、うちの食器棚つくりつけのレンジ台のサイズに微妙~なのと、値段で主人から却下…

結果ヘルシーシェフに。

ネットでは結構安いのに、実店舗だとあまりお安くならないのね…

石釜が遠のいて残念ですが、

使い勝手で慣れている日立におさまったのも安心といえば安心かな。

あとはレンジが来るのを楽しみに待つばかり…

…といいつつ、新しいものに不安を隠しきれないワタシ。

もう歳なのかしら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お祭り屋台パーティー

今年はことごとく夏祭りに行きそびれています

なので、お祭り屋台の味風に夏の旬を味わおうとばかりに、

平日の昼下がりの昼ごはんは、

Cimg8185 こんな風に簡単に屋台気分を楽しんでみました

ベランダに、ピクニックシートをしき、ミニテーブルを出してお外気分も満喫。

とうもろこしは蒸したあと、しょうゆとみりんを刷毛で塗りつつグリルでこんがり

あとは、枝豆。

キリリと冷やしたプチトマト。

あとは大きなおにぎり。

Cimg8186 ベランダの緑が生い茂り、

夏真っ盛りといった感じ。

とうもろこし丸々一本は食べることがないので、

テンションMaxの二人、かぶりつくこと必死です。

結構これでお腹がいっぱいになるものですネ

Cimg8187 食後は冷やした甘~いスイカで熱とりいたします。

久々のベランダごはん。

ピクニックにきたようで楽しかったナ

Cimg8184 おまけ。

小学生の人気アニメ、

イナイレをビデオで見ている次男。

なぜか正座。

息をつめて見ている姿がおかしくて思わずパチリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なが餅笹井屋

お土産で珍しいものをいただきました。

「なが餅なんだけど、知ってる?」

知りませんでした。

Cimg8205 四日市名物、

なが餅。

450年も昔から

作り続けられている老舗、

笹井屋さん。

Cimg8206 開けてびっくり。

長々としたお餅が横たわってます。

幼い頃から馴染んだ梅が枝もちと、似た風味。

なかに餡が包まれた、柔らかな焼き餅です。

パッケージの透明に白の長々とした文字おしゃれ~

なによりも、

このおもち、カタチが面白い。

薄くて長く、まるでラングドシャのちょい大きい版みたい。

手にもつと、自然に薬指と小指が立ってしまいます

上品にいただけるお菓子ですね。

なかも甘さ控えめの粒あん。ほんのり香ばしい焼き目の香り。

美味しかったです。

ごちそうさまでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはぎ

久々のおはぎ

Cimg8214 小豆をたいて、

自分の好みの甘さに仕上げます。

お昼にいただくので、

ちょっと甘じょっぱいかな…程度がよろし。

前回は大きく丸く作りましたが、

それだと甘さに飽きて手が伸びなくなるので、

ちょっと足りないな~の小さめ、細長サイズに。

副菜は、

Cimg8215 さっぱり大根とにんじんのおなますに、

茄子とオクラの梅おかか和え。

プラス、

キムチ

普段はおはぎを何個も食べない子どもたちですが、

甘さを中和させる副菜の活躍で

しっかり3個食べられましたヨ。

良かった、良かった

ワタシも久々のおはぎをお腹いっぱい食べられてシアワセです

Cimg8216 明日の朝は、

余った小豆を使って

あずきトーストだな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

れんこんバーグ

合いびき肉をたくさん購入して、昨日に引き続き挽肉料理。

Cimg8182 れんこんバーグ。

青ジソを生地にたっぷりと練りこんでいるので、

甘辛ダレでもさっぱりした風味。

肉が余ったので、ピーマンの肉詰めも添えて。

Cimg8183 副菜、

またまた酸味をきかせたサラダ。

大根と青ジソのサラダです。

たっぷりかつおぶしをまぶすのがポイント。

青ジソ。

このところ連日の暑さのせいか、

異常なほどの大きさの葉に育ちます。

早く育つので葉も硬くない。

暑すぎるのは困るけど、こうしてたくさん青ジソを使えるのもいいものだワ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻婆豆腐

暑くなると食べたくなるのが、

韓国料理、中華料理。

この日は挽肉をたっぷり購入したので、

久々に麻婆豆腐

Cimg8175 豆板醤、甜麺醤、味噌、砂糖、塩、ナンプラー、花椒をきらしたので五香粉。あとは生姜とにんにく、ねぎもたっぷりと。

ちょっと甘めで後からピリピリッとくる辛さが好みです

Cimg8176_2 副菜は、

レモンの香りで酸味をきかせた春雨サラダ。

暑くてカラダがだれていても、

酸味があれば食はすすみます。

酸っぱいの大好き

Cimg8174 つまみは、

旬のゴーヤチップス。

苦いけど、旨い。

…と、長男次男のお気に入り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空芯菜好き♪

このところじゃがいもゴロゴロだったり、にんじんサラダだったり、根菜の料理が多く、

葉っぱをたくさん食べた~い衝動にかられました。

そんなときは、

JAあおばのこぐれ村へGo

毎朝とれたてピンピン葉ものがたくさん。

この日はお昼前で人気商品はなくなってるかも~とあまり期待せずに行ったものの、

ちょうど今入荷して並べているところ(作られた方)発見

しかも空心菜、青梗菜もある

早速夕食の副菜は、中華野菜の炒めものにいたしました。

Cimg8147 シンプルに塩、胡椒、にんにく、オイスターソースとごま油で。

とりたての青梗菜は、後味がすーっと清涼感も感じられます。

空心菜は、食感がとにかく大好き。

お店のようにはいきませんが、それでもあのすっきり空洞がいい具合にシャッキリ感をKeep。炒め物が下手でもそれなりに上手くいくので嬉しい

Cimg8146_2 メインはアサリとじゃがいもの蒸し焼き。

あさりの旨み汁をじゃがいもに全部吸わせて、

最後は焼き色つけて出来上がり。

疲れたな~というときに、

やっぱタウリン補給しなくっちゃね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンポンシュシュ

リネンの余り布で、

ワタシも夏休みの工作を…

Cimg8180 ポンポンシュシュ。

ピンキング鋏でカットするけど、

やっぱり生地の目が粗いリネンだから、

ぽろぽろと糸くずがしばらくは出てきそう…

ワタシの髪についているのを見つけたお方、

声をおかけくださいませ。

「ついてるヨ」

できれば、その糸くず取って下さると助かります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コリコリ鶏つくねバーグ

帰省先の地方番組で見たお料理。

長男と釘づけ

何がって…軟骨好きのワタシたち、その食感を違う素材でもって表現しちゃうというその技に、です。

早速試しに作ってみましたヨ

分量はまあいつものとおり曖昧うろ覚えでなんとなく…

Cimg8167 甘辛いタレでからめれば…

美味しいぃ~~

鶏肉のむっちりしたなかに、

コリコリと時折混ざってくるこの食感。。。

コレコレ~~

求めていたのはこれなんです。

鶏ムネ肉を使ったので、冷めて時間がたつとちょっともっさり感は否めませんが、

今後改良の余地あり。

それにしても、これまた定番おかずの仲間いりですな

Cimg8166 鶏ムネ肉、砂肝、玉ねぎ、青じそ、しょうが、

卵、片栗粉、砂糖、塩、しょうゆ。

…だったかな。

軟骨のような食感を出すのに、砂肝を使うアイディア。

おもしろいでしょ?知ったら試したくなる気持ち、分かるでしょ?

是非、軟骨好きさんはお試しあれ

(割合は多くないほうがいいようです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お茶漬けパーティ

夏休みのとあるお昼ご飯。

帰省先より買ってきた、ふぐ茶漬け賞味にひっかけ、

恒例お茶漬けパーティー開催です

パーティーといっても、

メンバーは、ワタシとこども二人。

さらさらとひたすらお茶漬けをいただく催し。

今回は、

長男と次男二人でセッティングから準備してくれて、ワタシはその間読書をして、台所とダイニングは見ないでね、というお約束を守ることに徹しました。

Cimg8152

「できたよ~。おいで~」という声掛けに、テーブルを見てみれば、

パーティーっぽく、

サークル状にセッティングされたトッピングの数々に、

真ん中はたっぷりの緑茶の入ったポット。

あらあら、何だか楽しくなってきました

「なかなかやるじゃないの」とストレートに感想を述べると、

嬉しそうに顔をくしゃっとさせて笑います。

か~わいいッ

Cimg8153 買ってきたふぐ茶漬け。

こんなにかわいいパケ

なかには、

上の写真左下のような小袋7つ入ってます。

Cimg8154 早速、

いただきま~す。

原材料欄の筆頭にふぐ、とありました。

…が、ちょっとわかりにくい。

さっぱりとしたお味で美味しかったです。

Cimg8155 ワタシは夏バテ気味だったので、二杯で充分。

(次男は三杯。長男四杯。)

二杯目は、

長男の一番好きな、

なす茶漬けを流し込み、

ごちそうさま、になりました。

ありがとうね、うちのちびっこメンズたち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちのカブトちゃん

おともだちのパパさんに夏休み入って早々連れていっていただいた虫捕り。

かぶとむしもGetし、日がなお世話に励む次男。

Kabutomushi 男子カブトなのに、

トップにボリュームリボンを飾り付ける次男。

…う~~む。

それはどうかと思うが…

なかなか似合ってるかも

ゼリーにしがみつくカブトくん、かなりPretty

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流しそうめん

日記がさかのぼって…

帰省より前のことになりますが、

こどものお友達のお誕生会にお呼ばれです

夏生まれのお友達、

小さなころからお誕生日はじいじお手製の流しそうめんでお祝い。

毎年遠方の地から切り出してくる青竹を使い、孫たちも仕上げなど手伝いつつ、じいじが一から作ります。

じいじのこどもたちもこうして流しそうめんを楽しんだ、とのことなのでもう数十年の年季入り。

Soumen1_2 その完成度の高さからもうかがえます。

スゴイの一言。

距離。

そしてコース取り。

段差を加えてスピードに変化を加えてます。

麺などの下受けのざるの下にもうひとつコースを設け、水が無駄にならないようお池の方へとのびている…

つゆや食器類、おかずもとれるよう長い台もサイドに完備。

手馴れた孫たち。

Soumen2 そうめんとともに、

コロコロ完熟トマトや、

熟れたサクランボが流れてきます。

回転していると見分けが(ワタシは)つきにくかったのですが、こどもたちは素早く見分け、すかさずサクランボ優先でGet

トマトも熟れてとても美味しかったので二番目にGet

なんやかんやとたくさんいただき、喜ぶお呼ばれキッズたち。

主賓はもてなしが楽しいようで、最後にやっと椅子をひっぱり出し、「た~べよっと」とゆっくり食事。

彼の器の大きさが今からみてとれます。

Soumen3 公園でひとしきり遊んだあとは、

おやつにフルーツポンチ。

またまた大きな器登場。

(こちらのお宅はホントに大人数サイズが次から次へと出てきます)

何人ものこどもたちが行列を作り、ひとりずついただいてはすぐ空にし、また列をなす。

テーブルの周りにはいつまでも見慣れたこどもたちの列がグルリ、さらに前につめようとジリジリ…。(ホットケーキになっちゃうぞ「トラのバターのパンケーキ」「ちびくろさんぼ」)

ワタシまで一緒におごちそうになりました。

お誕生日、おめでとう。

今からシャチョウのような器の大きさをもつ彼のこれからの成長が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナナフシ

Nanafusi 公園で虫捕り。

蒸し暑いので、

そこかしこに、

しっとりすべすべのキノコたちが顔をだし、

公園に長時間いようという大人たちは、

腰に蚊取り線香を装着。

ワタシとこどもは、

虫よけミストで。

そんななか、ナナフシ発見。

ホントに手足が長いのね…

ゆらゆらバランスをとりながら、動くさまは見ていて癒されます。

小顔で何十頭身というのも昆虫にしてはモデルクラス。

見惚れます。

こどもが虫探しに奔走するなか、隣に座るオジサマ方と談笑。

すばらしく立派なデジカメから、ツミやタカの姿を見せていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辛子明太子~稚加榮

明太子、

福岡で明太子土産といえば、いつも椒房庵にするのですが(美味しいし、空港で買えるし、東京では売ってないし)、

今回はちょっと気分を変えて稚加榮。

Cimg8144 自宅用なので、

もちろん切子で

こどもの頃より

よく祖父に連れていってもらった料亭稚加榮。

巨大な生簀と広々とした席は、

隣のお客さんのお話も気になりません。

Cimg8145 明太子の特徴までは覚えてませんでしたが、

今回味見。

おだしが効いて、

まろやかです。

うにの塩漬けっぽいイメージに近い?

強く出過ぎず、まろやかなので幾らでもいただけます

110gほどではあっという間…ですね

Cimg8150 ちなみに…

ワタシはホカホカご飯でいただくより、

冷ご飯でいただく方が大好き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬刺し、うまうま!(^^)!~宮本精肉舗

熊本に住む弟家族と実家で合流。

熊本の大きなスイカと、馬刺しを携えてやってきました。

馬刺しはその日の朝に購入。

地元には幾つか有名な馬刺し専門店があるらしいのですが、

今回は近場で地元の方おすすめの

宮本精肉舗

Cimg8126 お店の方におまかせで3種類ほどみつくろっていただいたとのこと。

珍しいのは左端の白い、タテガミ。

脂身ですが、歯ごたえも感じられ珍味。

グラム2000円あまりの高級馬刺しも美味しかった~。

福岡に住んでいたころ、何度か馬刺しは口にしましたが、これほど美味しいのは初めて。

おろしにんにく、おろししょうがをたっぷりと溶かしこんだ刺身醤油でいただきます

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大型のビゼンクラゲ~海響館

下関にある水族館、海響館に行ってきました。

ここはフグの種類を数多く扱うのでは国内一。地場ならではの特長をもつ水族館です。

もちろんショーも充実しており、

Iruka 水しぶきが間近に飛ぶストーリー仕立てのイルカやアシカのショー、

スナメリのウォーターリングなど、

さまざまなものが時間ごとに設定されています。

Penguin 館内にいるペンギンも陸の上や水中での様子をスロープで下がっていくと順次見られるし、

屋外のペンギンについては

「手を出さないでください」という看板が掲げてあるくらいすぐ顔の先でよちよちお散歩中。

コンパクトカメラでもってズームなしの撮影でコレですから、

近さが実感できるのでは?

Same1 屋外に常設のタッチングプールがあり、

ヒトデやナマコなども気軽に触れる場所があるのですが…

屋内で、この夏の特設会場として設けられた

もうひとつのタッチングプール。

兄弟そろって、

いろんな種類を見つけては触っているもの…

それは…

Same2 サメ

どれもおとなしい性質のものらしく、

サメ肌を体感できます。

ワタシも触ってみましたヨ。

ちなみに、おとなしい…といっても口の近くに手をもっていくのは厳禁だそうで、

回遊性のサメですから、ゆるゆるとこっちに向かってくるのが分かるとそっと一旦手を水から出し、頭が過ぎたところでまた触る、という繰り返し。

こういう試み、そうある体験ではないので面白かったです。

Kurage それから、

この日一番癒されたもの…

ビゼンクラゲ。

クラゲゾーンで一番大きな水槽に、

通常は、画面の端に写っている小さなクラゲがたくさん入っているだけなのですが(これでも十分癒される)、

この日のお昼前に入ったばかりの大型ビゼンクラゲが悠々と泳ぐ様にしばし見とれてしまいました。

ちょうどその日の朝早くに、有明海で採取されたのだとか。

採取した当人のスタッフさんが満足げに水槽を眺めていらっしゃいました。

こんなに大きなクラゲ、見たことがありません。

タイミングよいときに来館できて良かったです

新入りの直径50cm以上はあろうかビゼンクラゲ(なんと20kg)と、それをはるばる連れてきた飼育員さんのお顔。

水族館のお仕事を垣間見られたようで得した気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝ごはんのボリューム

我が家は至って軽食です。

パンとフルーツとヨーグルト(もしくはサラダ、もしくはスープ)、牛乳(大人は珈琲)。

実家に帰ると、

サラダのボリュームが全く違う。

Cimg8076 このカラフルなお野菜の下にきれいに隠れているレタスやきゅうりたち。

ヨーグルトとフルーツ。

大きいマグカップにたっぷりの牛乳。

でも気分が変わるからか、

なぜだかお腹にきれいにおさまってしまうんだな…

不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野ヶ里歴史公園で弥生時代に思いをはせる+α電車で浮かれる、の巻

福岡からちょっと足をのばして佐賀まで。

電車で1時間をきるくらいで、吉野ヶ里遺跡のある、歴史公園へ向かいました。

駅からは徒歩約15分。

Michi 「あと○○m」と表示が数か所に立てられた、ほぼまっすぐで広い道を歩いていきます。

両サイドに広がるは水田。

稲穂の青い香りが懐かしい。

自分の小・中学校は田んぼに囲まれていたので、この香りは郷愁を誘います。

電車に乗っている最中は雨もぱらついてましたが、

見事な晴れ。

Tanisi 九州の田んぼとみるとついつい覗いて探してしまうのが、

外来種ジャンボタニシの卵。

やはり、ありました。

鮮やかなピンクの粒粒。

色はキレイなんだけどなぁ…

Tateana 歴史公園は、遺跡が発掘された土地をそのまま活かし、幾つかのゾーンで構成されています。

一日でまわるには広大で、園内バスを利用し、一番奥手にある王族の墓、北墳丘墓から順番に見ていきました。

他のゾーンでは竪穴式住居や高床倉庫なども再現され、中に入って当時の生活様式をしのぶこともできます。

要所には弥生人姿の方がいらっしゃり、当時の様子、その場所のはたらきについて分かりやすく説明されるので、こどもにも難しくありません。いつもマイペースなうちのちびっこメンズも立ち止まり聞く姿勢を保つことができました。

Aruku それにしても歩く、歩く。

夏場は、

帽子、水筒必須です。

ただ、ミストがふわぁ~っと拭き出すスポットも数か所あり、合わせて業務用の扇風機でクールダウンもできます。水で手などを濡らせるよう溜めて(絶えず新しい水が加えられてあるので安心)あるところもありました。行く先々のゾーンでこれがあるので、意外と快適に歩めるかも。

Magatama 最後に体験ゾーンで勾玉作りをし、終了。

左写真は長男の作ったもの。

白い直方体の蝋石から削る、磨くの作業を施します。

次男は薄い桜色ピンクで作成。

入園早々、化石堀り体験もし(夏休み限定)、これらの体験だけで軽く2時間。

※体験の締切時間にも注意しましょう。

充実した半日でした~。

もう少し歳を重ねれば、ちょっとキツイかも…

(腰が弱くて…(+_+))

最後に…

ちょっと語らせてください。

鉄子でないのに、九州管区内に入るとついついテンションMAXになるのが、車両の美しさ。

今回は行きに快速と普通に乗っただけですが、なかでもこの車両、毎回ながら小躍りするほどこだわりのデザインです。

Densha 外見はシャープでシンプル。

座席の窓はすべて外からはブラックで見えにくいようになってます。

もちろん席からは外がキレイに見えるし、眩しくない。

フラットで広々とした窓のカタチ。

シルバーもマット仕様。

Shanai2 吊り輪も細いベルトに細い大きなリングが、座席に沿い、さらに出入り口ドア付近はサークル状にぶらさがっているのです。揺れればホールでダンスしているような動きでうっとり

Shanai1 座席が秀逸。

家のなかにあってもいいんじゃないというほど、

スタイリッシュな木目と黒皮。

厚ぼったくなく、薄く無駄のない線。

アクセントなのか機能なのかポチポチのドットも利いてます。

Seat サイドに波状のステンレスも薄く入って持ち手のステンレスとリンク。

硬派でかっこいい~

家具を見るのが好きな人にとっては、あらあら電車でもこうして楽しめるの?とワクワクするような内装が多いのも、九州JRの電車の特長です

他にもホームに湯布院の森号など、色のキレイな車両が次々とすべりこみ、一人浮かれてしまいました(鉄子ではないので詳しくは語れませんが…)

デイリーポータルZ

ブログネタ: 【賞品付き】これが私の夏休み!を教えて 参加数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京カンパネラ~東京土産

福岡へのお土産に選んだのは、

日持ちがして暑いなかでもべとつかないお菓子。

Cimg8017 悩んだ末に、

東京カンパネラ。

パッケージの美しさに惹かれました。

あとは向こうで会う予定だった、

叔母や従妹、そのこどもたちにもきっと好まれるであろう、と味見して決定。

Cimg8016 バターと卵がたっぷりの薄いラングドシャが3枚、

間に薄くホワイトチョコが挟まれています。

ホワイトチョコの分量が控えめなところが甘すぎなくていいのです。

もともとはショコラ味のこげ茶のカンパネラが作られ、

こちらは夏季だけなのか空港限定なのか?

2年前から限定数量取り扱うようになったそうです。

チョコ自体はそれほど好むほうではないので、こちらのほうが好き

波のような模様の入ったラングドシャも華奢な美しさを感じます。

Cimg8018 なかに入った商品のカードには、

フジ子・ヘミングさんの色鮮やかなブーケの絵。

(ピアノだけじゃないのネ)

この澄みきった水色、オレンジ~黄色がかった花たち。

個人的に気持ちがぱぁっと晴れる色味です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葦屋~福岡市内

ワタシにとって、女性の鏡である祖母に会いに福岡へ行ってきました。

その後、

毎回立ち寄る居酒屋さん、城南区にある葦屋。

お昼もしっかりした定食が安価でいただくこともでき、テーブル、カウンター、座敷とすべてがオープンで清潔、酔っ払いで騒ぐお客も今のところ遭遇せず、ファミリーで来ても違和感なくいられるお店です。

Cimg8015 木がふんだんに使われた店内も落ち着きます。

今回は夜(昼より夜くる方が多いかな)。

お店のところで、

おそらくチラシを置いていたのか、低い台に重しとおぼしき水ダンベル一つ。

おもむろに

「筋トレだ」

といきなりトレーニングモードに入る長男

お店のものです。トレーニング用においているはずがない、

ちゃんと戻してください。と話して、ひとまず決着。数回は励んでいたか…

Cimg8010 おめあての

とんこつラーメン(実際オーダーしたのは、きくらげたっぷりの、きくらげラーメン)をいただき、

大満足の二人…いえ、ワタシを含め3人か。

ここはどんぶりが大きく、量も多め。

でもでも…

替え玉大好き長男は、

Cimg8011 「替え玉ひとつ、カタメンで」

と追加オーダー。

ほんに、嬉しそうにいただいておりました

Cimg8009

ほかには、

鶏軟骨のから揚げ。

軟骨かタコかでかなり迷ってましたが、

いずれにしても酒飲みが欲しがるようなものをこどもたちも好むようで…趣味が合って嬉しい

Cimg8014_2 宮崎の地鶏の炭火焼き。

香ばしく、じわっと美味しい鶏肉をいただきます。

塩がきいてますが、

付け合せのキャベツといただいたり、

同じく付け合せの柚子胡椒をちょんとつけていただいたり…

柚子胡椒、鶏がつるんとした表面からか、そんなにつかず、ほどよい柚子の香りだけが際立ち爽やかな風味に変化した味を楽しむことができます。

塩の焼き鳥に柚子胡椒、とてもいい組合せ

母は毎回ながらソース焼きそば。

家でそう食べる機会がないからなのか、(ワタシはよく家でする機会があるので)毎回チョイスするのが分からない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いのちをいただく

Cimg7978 西日本新聞社発行の

「いのちをいただく」

以前学校公開での道徳授業で、

教材に使われ、

じっくりと読みたくなり、

図書館で予約していたのがようやくやってきました。

人気のほどがうかがえます。

食べ物のありがたみ、

今その扱いが粗末に扱っている、という自覚のない子どもたち。

うちの子を含め、まだまだいます。

人が生きていくうえで、必ず何かしらの命をいただいているのだという現実。

食肉加工センターで働く人のお話をもとにできたというこの本。

食育に関する書籍のなかで、年齢を問わず、こどもに読んできかせたい本No.1かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅シロップ解禁~

今年漬けてた梅シロップ、いよいよ解禁。

Cimg7983 最初はサイダーで割ります。

ワタシは去年漬け込んだ梅酒で…。

Cimg7984 手前が梅酒。

奥が梅シロップ。

「間違えないで飲んでよ~~」

ちょっと台所に立つ間に、

先んじて取り間違えて飲みやしないかと、

ちょっとハラハラしたひとこま

梅シロップ。

お砂糖によっても味が違うのでしょうが、

酢の種類によっても違いますね。

千鳥酢、まろやかです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »