« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

旨ダレ漬けチキン

名古屋手羽先風?な、鶏肉料理。

P1020537


素揚げした手羽元は一旦クッキングペーパーにとった後、タレに漬け込みます。

タレは、醤油と煮切ったみりん、そしてたっぷりのゴマ。

スプーンでゴロンゴロンとまわしつつ、タレを上から回しかけつつ、うっすら染み込んだかな~というところで出来上がり。

P1020541

旨ダレ漬けチキンの出来上がり

ビールにもぴったりですが、ご飯にもぴったり

先ほどの残ったタレは、肉の旨味もしっかり移っているので余さずキャベツのタレとして使います。これがまた激的な旨さ

母子一致の「今度はもっとキャベツの千切りを山盛りにしようよッ」意見。

P1020540


副菜は、またまたご飯がすすむ乾物の炒め煮。

切干大根と切り昆布、にんじんを戻し汁とかつお出しの素、醤油、みりんで煮たもの。

ポイントは、戻した大根や切り昆布、にんじんをゴマ油でじっくり炒めて水分をしっかり抜くこと。こうすれば、あとの旨みの汁をしっかり吸い込んでくれます。

鶏肉が甘めなので、こちらの煮物はカイエンペッパーをこっそり入れてピリ辛に。

この小鉢一杯で、次男ご飯茶碗一杯を完食。

どれだけ好きなんだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みりん干し、大好き♪

西から東京へ移り住むようになってまず驚いたこと。

お魚の干物でコーナーがひとつできていること。

下関でも福岡でも、お刺身にできる状態の様々なお魚が幅広く占拠されています。

そしてほんのほんの隅っこの1段ほどの棚に干物。

なのであまり馴染みがなかったのですが…

こちらに住むようになってからは一夜干しだったり、みりん干しが好物のひとつに。

この日もさばのみりん干しを購入し、

晩ご飯のおかずに加えます。

P1020532


おろし大根を添えて、味の濃さを和らげます。

いくら好きでもしょうゆ味系濃すぎるのはニガテなんです

副菜は、

・かぼちゃとさつまいも、そら豆の味噌マスタード和え

・きゅうりのQちゃん風漬

・小松菜とえのきだけのお浸し

味噌マスタードは、市販の甘い味噌ダレにマスタードを加えたもの。

ゴロゴロ芋類の野菜もこれならさっぱりいただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男子中学生のお弁当

運動会振替休日の朝。

お弁当を作るワタシ。

ひとりぶん。

部活があるんです、長男。

なので、ワタシはいつもの平日と変わりない過ごし方となりました。

P1020527


朝早くに出発なので、慌てて作りました。

ご飯は、おしょうゆを浸した海苔をなかに仕込んでいます

おかずは左から

・えりんぎとしめじ、豚肉のにんにくローズマリー焼き

・揚げ餃子(昨晩の餃子の残りを揚げただけ)

・大学いも

・枝豆、プチトマト

・にんじんとインゲンのベーコン巻

今週社会科見学であと一回お弁当予定。

お弁当づいていると、幼稚園(毎日弁当)の頃を思い出します懐かしい

あの頃も年長のとき小さいカラダながら既に二段弁当になっていて周囲に驚かれていた長男。

今も変わらずカラダは同級生よりひとまわり小粒ですが、お弁当はひとまわり大きいようです…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つけ麺&ミルクゼリーセット、餃子&ミルクゼリーセット

週末は見事な快晴、日差しはかなりの強さでした

おかげで長男の顔は黒くなり、

次男の顔は左頬から右頬まで赤いベルト地帯となっております

そして顔の変化だけでなく、土曜の中学の運動会も終え、疲れがどっと日曜にやってきました。

お昼は

P1020520


究麺つけ麺で、こってりの後、

「┐(´∀`)┌ハイハイみなさーん、デザートですよー」

と、長男。

P1020521


朝起きてすぐに作っていたミルクゼリー。今回半量はカップにそのまま冷やし固め。

後ろのボウルはおかわりように残りををそのま冷やし固め、シロップを注いでくずしたもの。

お楽しみは夕食後にもとっておこうよ、という母の進言によりボウルのミルクゼリーは夜までおあずけ。

食いしん坊の長男も夕食が餃子と聞き「そりゃ中華には杏仁豆腐風が合うでしょ」と素直に聞き入れてました。

こってり料理のあとは、ひんやりさっぱりデザートが合うし、何だか週末の疲れもするーっと落ちていくような気がします

P1020523

そして、夕食の餃子

にらとキャベツたっぷり

P1020524_3


副菜は、餃子の餡が少し残ったので、卵と豆腐、野菜をあわせてイリチー。

味噌味+カイエンペッパーをまた投入(GWのときに初めてのカレーで主人が大きい缶を購入したので使い切らなくては)、ピリリと辛いお酒のあてにもなります

にんにくやら肉やら味噌やら味がしっかりした夕飯を食べたあとは、

お待ちかねの…

P1020526


ミルクゼリー

大ボウルで冷やし固めたので、カップで作ったときより崩しておりますが、

柔らかくてチュルンと入り、さっぱり美味しい

長男よ、ごちそうさまです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運動会のお弁当2012 第2弾

先週に引き続き運動会のお弁当づくり。

今度は長男の学校の運動会です。

前回と同様大変か…と思えば、そうでもなく…

その理由は量が総体的に減っているから…といえましょう。

Bento1


長男たち生徒は教室で食べるので、別弁当。

サイズにはまるような量でOK。

これでも大人男子用のお弁当箱なので多いとは思うのですが、

重箱に詰めると際限なく食べるので、こちらのほうが少なくて済みます。

Bento2


気持ちフルーツも足しておく

Bento3


こちらは残された三人が食べる用。

前週はおにぎりが収まりきれず別に牛乳パックに詰めましたが、今週は三人分なので、重箱におにぎりもIN

おにぎりの真ん中に、出来立てきゅうりのQちゃん風漬物を詰めましたが、

好物とする次男にほとんど食べられてしまいました。

Bento4


おかずは(手前から時計まわりに)、

・カリフラワーの辛子マヨグリル焼き

・いんげんのゴマよごし

・鶏の唐揚げ+プチトマト

・かにかま卵焼き

・きんぴらごぼうのパスタサラダ

中学生の運動会、

迫力があっていいですね。

見ていて面白かったです。

ただ、一種目が長い長い。

観覧する小学生が野放図になってました

知らない子であっても注意してしまったワタシ。

他の人は意外に知らんぷり。

どうなの…?

長い一日も終わり、

満面の笑みで「頑張ったでしょ?オレ」と帰ってきた長男。

午前中フラッグの練習をし、その後野放図の一部と化していた次男

(とはいえ男子ふたりでフラフラ囁きつつのデートしていたようですが。)

遅くまで仕事して疲れて遅寝。先週は次男の競技さえも見逃していたので、「間に合わなくなるよ」と言うと、ブーブー言いながらも何とかギリで長男の出番に間に合って観覧した主人。

皆の労苦をねぎらって、この日も家で焼肉です。

おなかいっぱい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とん勝つ

中学運動会前日。

クラス対抗の気合がハンパないことを知り、願掛けのトンカツ。

P1020502

たま~に食べたくなるのですが、

それほど好き、というわけでもないメニュー。

豚肉の旨味が衣に包まれてダイレクトにこないのがもどかしいのかも

(訳わかりませんか

P1020503


翌日のお弁当用にきんぴらを作り、

前日の夕食にはサラダ仕立てにしたのですが…

これがパスタ+マヨネーズとすっごく合う

…どうしようあすもこの手にアレンジするか

ちなみに、コレは

①にんじんとごぼうのきんぴらを作る。

②サラダ用のパスタを塩湯で茹で上げ、水を切ったらドレッシングで和える。

③①と②をボウルに合わせ、辛子とマヨネーズで和えて、すりごまをたっぷり混ぜて出来上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

閉じこもりで二日間…時々パッチワーク

この二日間、

家に閉じこもっておりました。

二日間で外に出たのは一度きり@スーパー。

どうもこのところの不安定な天候と花粉で、体調と気分が

家では

家事のほかは

読書。←従兄弟にすすめられた時代小説を読み進め中。

そしてパッチワーク。

また読書。←ミステリーもの。気分転換に。

舞い戻ってパッチワーク。

ヨット柄モチーフをちくちく6ピース縫い上げました。

今度は次の段階、接ぎ合わせの背景色を決めるところまで。

P1020497_2


前回のパッチワークの会までは、この鮮やかなグリーンをもってこようと思ってたのですが…

あらためて見てみると…

もっと合う色があるのではなんて思えてくるのです。

で、家中にあるものを引っ張り出して…

P1020495

このブルーグリーンが、ピンときた…かな?今のところ。

やはり自分っぽい色が落ち着きます。

つなぎのスクエアの布もリンクしそうなものをチョイス。

けれど、子どもたちは先ほどの鮮やかなグリーンがいいみたい

これから数日してまた改めて見た印象で決めようと思います。

子どもが使うものだしね。

…とここで問題がひとつ。

「共有ね」

と話していたら

「ひとりずつ欲しい」

「ひざ掛けに使うんだったら、一枚ずつでしょ。」

と次男。

さすがにそうだな~と思い、この作品はヨット柄かチューリップ柄になるんだけど…と話すと

「じゃ、チューリップ柄で

うぬチューリップ柄とな

「バラとかのほうがいいんだけど、ないの?」

うぅぅむ…バラ…

まさかこっちに転ぶとは思いませんでした。

けれどキルトを学ぶにはいい機会。

その希望、自分の技術向上のためにも叶えてみせよう

間違っても乙女なチューリップにならないよう気をつけなければ…

ハードル、上がりました

次の会までに布を新たに買っておかなくては…

(背景色の布も元々長さが足りないので…)

ついでにもっと合う色がないか見てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お肉も食べたいけど、胃もたれも気になるのね

このところ気温差が激しく、

運動会など特別イベントもあったりと…

子どもやワタシもダウン気味。

疲れたときにガツンとお肉を食べたいけれど、

カラダがついていけず、翌朝胃もたれ…なんてことも時々あります

…なので、お肉とともに大根おろしの副菜も添えて消化を促すお手伝い。

P1020488


・牛肉とにら・パプリカの炒め物。

P1020490


・大根おろしとなめたけ、根こんぶのポン酢和え

P1020489


・さつまいもの揚げ焼き

・きゅうりのQちゃん風漬け

肉おかずときゅうりの漬物で一気にごはんを食べる子どもたち。

いやいや…そんな食べ方したら、翌朝くるって~~~

いつもは大丈夫なんでしょうが、

本調子でない子たちを見ているとつい色々言いたくなるかーさんなのでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビと卵のカレー

何と二日続けてのカレー。

どれだけカレー好きなのと思わせる連続カレー。

昨日作ったルーが単に多すぎたから…なんですが。

(NHKきょうの料理レシピの)

でも、子どもたちもワタシも美味しくってもう一回食べてもいいかな、というのもありまして

昨日のめかじきはすべてさらってしまい、二度目のカレーはまた違う具にしました

P1020486


エビと卵のカレー。

エビはゆで汁も捨てずにルーに混ぜ込みます。

卵は半熟ゆで卵にして、そのままゴロン。

食べるときに好みで崩していただきます

ここでコダワリPOINT。

エビも卵もまろやかな食材なので、辛さ・香りはもう一段階引き上げるのです。

クミンやコリアンダー、カイエンペッパーを足してさらに炒めたあとに、エビや卵を加えて和えます。

これだけで昨日のカレーとはまた別物カレーの出来上がり。

市販のルーと違い、この手は毎回作ったほうが美味しいのでしょうが、まぁ今回は作りすぎたのでそのまま流用。

昨日もカレー、今日もカレー…だけど、

一応かーさんお皿を変えてみたり、具を変えてみたり、辛さを変えてみたりしてみたんだよ、と聞かれてもないのにアピール

結果、おかわりもしてくれたしめでたしめでたし…でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めかじきのカレー

めかじきを4枚買ったものの、何のメニューにしようか迷ってしまいました。

ソテーにするといつも焼きすぎて固くなる…

なので、今日は煮込みで

カレーです

P1020478

玉ねぎは茶色くなるまでクミンシードやにんにく、しょうがとともに炒めます。

P1020480


その後、カシューナッツを牛乳でミルサーにかけたものや、ダイストマト、コリアンダー、ターメリック、カイエンペッパーを順に加えていきます。

水分を含んだものが入ればその都度炒めてとばす…を繰り返し、

いい香りがぷーんとしてきたところで、カットしためかじきを入れて軽く煮込んで塩で調味したら出来上がり

P1020482


めかじきカレーの出来上がり

ご飯は、ターメリックとバターで炊き込みました。

仕上げにパクチーの粉末をパラリ。

P1020483

めかじきはふっくら柔らかく出来上がり、カレーとぴったり

カレーペーストは、「NHKきょうの料理:チキンカレー」のレシピです。

一度食べれば、やみつきになること間違いなし。

ルーだけでもおかわりする長男と次男。

GWで父子が一度チキンカレーを作ってハマったらしいのですが、

魚も美味しい

ぜひ一度お試しあれ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金環日食

東京、曇り空が時折かすめるなか晴れ。

金環日食、鑑賞できました。

P1020462


カメラレンズに日食用グラスをかけて撮ろうかと思いましたが、

金環から欠け始めた頃に薄曇りで肉眼でも撮れるくらいになったのでパチリ。

そのまんまだと目を痛めるし、センサーが壊れる恐れもあるして恐る恐る…

Kinkan1


グラスは年明け早々に購入。

見た目重視の次男は上の柄をチョイス。

性能は変わらないのに「俺、コレね~~」だって。

Kinkan3

しばし鑑賞。

次男、飽きる。

長男、登校時間を気にしつつ鑑賞。

欠けたのを確認し、家を出ていきました。

晴れて良かった…

Oh

母、楽しみにしていた木漏れ日写真を撮るのを忘れてました

階下に降りて、ウロコ写真撮ろうと思ってたのに~~~幻想的な写真欲しかったよぅ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほうぼうとアサリのトマト煮込み

ほうぼう…

今まで買ったことなかったお魚でしたが、

白身が美味しそうだったのとお手頃プライスだったので購入。

アサリと合わせてトマト煮込みにします。

P1020373


①あさりは砂抜きしてすり洗いをしたら、スライスしたにんにくとオリーブオイルを入れたフライパンに入れて白ワインをふりかけ蓋をして蒸し焼き。その後いったん取り出します。

②フライパンにオリーブオイルを足し、適当にカットしたほうぼうを入れて、タイムとローズマリーを上にのせて、軽く焼いた後、ダイスカットトマト(水煮缶)、白ワイン、塩、カイエンペッパーを入れて蓋をして煮込みます。時折スプーンでソースを身にかけつつ味を馴染ませ、ソースが煮詰まってきたところで火を止めます。

③お皿にほうぼうを盛り付け、サイドにアサリを盛り、ソースをまわしかけて出来上がり。

ほうぼうの身が柔らかくふっくら仕上がり、

子どもたちも喜んで食べてくれたので良かった

「魚なんて骨がなければいいのに…」

と毎回ボヤくこどもたち。

「骨がなければ魚も泳いではいられないし、こうした身にもならないと思うんだけど。動物はみんな同じ。魚にも骨があって当たり前。これを面倒くさがると、自分がちがったカタチに退化しちゃうよッ」

と毎回うんざりしつつ聞かせるワタシ。

…まったく。

ワタシの子どもの頃は当たり前に週の半分以上は魚だったよ(うろ覚え?)

P1020374


副菜はごぼうサラダ。

フリルレタス、念入りに洗いましたヨ←前回虫びっしりを見つけて用心する子どもたちなので…

ごぼうにはグリーンオリーブを細かく刻んで混ぜ込んだのですが、

それを何かと間違えた様子でじーーーっと見据えてましたが、

「オリーブだよ」と一言いうと、安心して口にしてました。

まったく…へたれだなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運動会の翌日もお弁当

昨日の運動会のお弁当に引き続き、

今日は一人分のお弁当をつくりました

P1020445


相変わらず大きなお弁当箱です

大人男子サイズですもの…

でも食べるのはまだ小さな小さな中一男子。

今日は試合応援なので、ご飯はそれほど詰め込みませんでした。

おかずは、昨日朝運動会用に素揚げした肉団子を少量残しておいたのでこれを活用。

酢豚にしました。

あとは、

・カリフラワーのカレー醤油味

・冷凍枝豆(保冷剤代わりに)+プチトマト

日なたに放置しないでよとは言いそびれましたが、わかってるよね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運動会のお弁当2012 第1弾

快晴すぎる暑さのなか、

ALLIEを塗って運動会に万全に臨んだワタシ

朝は早起きするつもりでしたが、結局40分ほど遅れて起床…

お弁当はほどほどな気合で臨みました。

なにせ鶏の唐揚げと思い込み勇んで買い込み、その後確認で聞いてみたら肉団子のリクエストがきたという不始末…

出鼻をくじかれる、とはこのこと。

Bento2


…で、作りましたよ肉団子。

揚げた後、甘辛醤油だれをうっすらからませてゴマをくっつけてます。

肉種には、豚肉・鶏肉・玉ねぎ・しょうがすりおろし・塩・オールスパイス・黒胡椒・老酒・オイスターソース・ゴマ油・卵・片栗粉。

Bento1


こっちはお野菜系の副菜。

左のグリーンあたりから時計回りで

・ナスの甜麺醤炒め+スナップエンドウとベビーコーンの塩オイル茹で

・だし巻き卵

・きゅうりとラディッシュのQちゃん風漬物

・かぼちゃサラダのきんつば風

Bento3


我が家では珍しい、ホントに珍しい果物だけの段。

まあ人並みにデザート入れてみました

毎年「果物ないの?」と聞かれるので…

Bento4


おにぎりは3種。

今年は長男が部活を終えて合流ということで、お昼はどうなることやら…と案じてましたが。

やはり間に合わなかった…

なので、持ってきたお弁当箱に現地で予めつめかえておきます。

Bento5


最初はこのくらい。

けれど、皆がお重のなかを完食できなくて、このあとさらに肉やら茄子やらギュウギュウに詰め込むこととなります…蓋、しっかりとは閉じられない状況に。

後ろの三角柱の白いボール紙は牛乳パック。

なかはラップでひとつずつ包んだおにぎりが詰まってます

おにぎりはお弁当箱におさまる個数ではないのでいつもこうして三角柱のエコパックに詰め込み携行。

カタチも崩れないので安心だし、完食できれば平たくコンパクトに持ち帰ることができてとっても便利ですヨ

ちなみにその日の夜は焼肉

家のホットプレートにて。焼肉仕様プレート装着して、

この日の主役次男のリクエスト、レバーも忘れず購入し、

お肉いっぱい野菜もいっぱい

翌朝当然のごとく胃もたれいたしました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさかの期待されてなかった鶏の唐揚げ

運動会のお弁当、

今年は長男と次男が小中と分かれるため何となく気合が入りません

食べるのは4人分だから変わらないんでしょうが…

メニューが決まらないまま、なんとなくで買い揃えていく食材。

そのなかで唯一「やっぱり鶏唐メインでしょう」と鶏もも肉だけは真っ先に手にとってました。

ところが。

…ところがッ

「おかーさん、肉団子がいいなぁ

というまさかの指令が次男から。

鶏肉買っちゃったよ…とは言えませんでしたよ。

結局前日夜のおかずが鶏唐となりました。

P1020404


まさかの期待されてなかった鶏の唐揚げ

食卓に出したら

「よしッ」とガッツポーズ、もしくは声をあげる二人。

(ま、長男は大好物なのでとくに大喜び)

次男よ、それでも一番は肉団子なのだね。

朝、コネコネがんばろっと( ゚ー゚)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨット柄~ベビーキルト

ただいまベビーキルト製作中です。

…とはいえ、ベビー用に作っているわけではなく子どものひざ掛けに使うつもり

月イチパッチワークの会での課題、いよいよ大型製作に手をかけたのです

とりあえず第一回目は、なかのヨットパターンから作り始めてます。

Ca3h0233


こんな感じ。

海に浮かぶヨット。

これを6つ作り、つなぎ合わせていくのです。

空のチェックは、かつて子どもの半袖シャツ二枚分を製作したときの余り布。

まだまだ小さな頃、よく夏の帰省時に着るようにお揃い半袖シャツを新調していたのを思い出します←空港や人混みに紛れてもすぐに探せるように。

中途に余った布もこうして活用できるとは…嬉しいな

さてさてこのヨットパターン、他の方が作るとこんな感じに。。。

Ca3h0234


印象がガラリと変わりますね。

これがパッチワークの面白さ。

Ca3h0232


こちらの方はいつも優しい色調を合わせてこられます

布のチョイスが人それぞれでこれほどまで違うとは…

これが会で集う醍醐味。

個人でやると、どうしても好みの色ばかりになっちゃって、刺激にならないですもの。

横をチラチラ見つつ、次回はあんな風に色あわせが出来たらいいな…なんて考えているんですヨ、実は

今回のヨットパターンは既に全て切り取った後なので刺激を受ける機会は逸してしまいましたが、次作品では是非

それからお楽しみのスイーツ

Ca3h0235


丸福コーヒー(大阪)のプリン。

甘くてねっとりなめらかな喉越し…

癖になる美味しさですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煮豚くん

はい、またまた登場の煮豚くんです

P1020400


作るたびに野菜の割合が多くなってきて、健康膳っぽくなってきてイイ感じ

みっしりしたお肉なので満腹感もあるため、こればかり多いと飽きちゃうんです。

それより蒸し野菜を多めに盛ったほうが食物繊維もたっぷり摂れるし。

なので、今回は大胆に春キャベツを芯ごとざっくりカット。←既に他の料理に色々使ったので、芯の部分も内側の柔らかな部分のみ。

蒸すとすっごく甘くて美味しいんですにんじん、かぼちゃも然り。

オクラとカブはグリルで焼きました。

煮玉子は、茹でた卵を漬け込むだけ。

しかも今回即席なので、

ビニール袋にしょうゆ・みりん・鶏がらスープの素を入れて、殻を剥いた熱々のゆで卵を入れてクリクリと全体にまわしこんでほおっておくだけの手抜き。

ところが、これが大ヒットでした鶏がらスープの素って下味付けに抜群の働きをしてくれるんですね熱々の卵を入れたのもあり(マリネっぽい)、すぐに味が染み込んでくれて…美味しいんです。半熟をちょっと通り過ぎちゃった茹でになったけど、それでも美味しい。

癖になりそう…

あ、ちなみに漬けダレ。

今回はマヨネーズに醤油、キューピーのマスタードをたっぷりきかせました

マスタードは普段マイユのが辛味もなく大好きなんですが、

先日行ったスーパーで見つからず、キューピーのを初購入。

洋辛子のごとくピリリと辛さがきいて、これはこれでまた色々使えるんです。

今回のタレにはわさび代わりに。←わさびを使おうと思ったのですが、足りなかった…

これでタレのつけすぎも防げるし、何より野菜の甘味が引き出せて一挙両得

でも…もうこのマスタードもなくなるしマイユは補充できたので、わさび、早く買っておかなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンドールチキン風なさんま焼き

タンドールチキン風なさんま焼き。

ヨーグルトにターメリック・ガラムマサラ・パプリカ・塩・胡椒を入れて、内蔵や骨をはずしたさんまを漬け込みます。

あとはフライパンで焼くだけ。

…が、肝心の皮が張り付いてとれてしまった~~~

次回はシートを敷いたオーブンで焼いたほうがいいかも。

P1020343


お魚メニューと知ると必ずや喜色にはならないこどもたち。

けれど、食べるや

「うまい」と叫んだ一品。

混ぜて漬け込んで焼くだけなので失敗知らず。

お魚メニューに悩んだら、こちらもぜひお試しくださ~いオススメです。

副菜は、

・粉ふきいも

・にんじんのマスタードレモンサラダ

・ほうれん草のごまおひたし

漬け込んでいる間にすべての副菜もできちゃう時短料理です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アガタ竹澤ビル、馬喰町ART+EAT

十数年来の再会を果たした友人とランチ後、ひと駅先のアガタ竹澤ビルへ。

リノベーションされた雑居ビルで、以前はきっと事務所ばかりが入っていたであろうそこは今やおもちゃ箱をひっくり返したような個性的なテナントが幾つも入っています。

P1020397_2


入口はこの通り。

地味ながら、表におかれた手書きボードが個性をはなってます。

このビルの一階にはK18のアクセサリーショップが。

総ガラスばりとコンクリート打ちっぱなしのなかに入ると、なんとも華奢で素敵なデザインのアクセサリーが美術館のように高低差をつけてディスプレイ。

たとえばアンティークテーブルを逆さに天井からワイヤーで吊りその上に飾られてあったり…

細い組木のような二段の棚もいい味出してるな~なんて見てたら

「実は盆栽だなを逆さにして取り付けているんです。」とここにもびっくりなディスプレイ。

奇抜なだけでなく、そのジュエリーを際立たせるための演出。実際最初は「おっ?」と思いましたが、すぐに展示されるアクセサリーのほうに目が吸い込まれていきました。

ホント欲しくなるようなものが数点あったのですが、いかんせんお値段が…高い。

残念。

気をとりなおし、いざビルのなかの階段をあがっていきます。

P1020389_2


こんな風にドアストッパーで半開き状態のお店もあったり…

これはチェコスロバキアの雑貨店。

食器やデッドストックの布、洋書、文房具…

なかでも一枚のお皿に心惹かれ、何度も手にとりましたが…一枚きりというのとインパクト強い柄なので見送りました。

そのほかにも、

ドイツ雑貨のお店だったり、

デザイナーものの洋服店だったり、

一見なんの変哲もないドア。

そこから覗くのは色彩あふれる空間。

くじを開けるときのワクワクする感じ?

こうしていくつかのお店をまわり、上までまわったところであるひとつのドアが開き、そこからひらりと素敵な女性が出てきました。

お店?と閉まったドアを覗くと、お店ではない様子。

閉まったまんまだし、看板もなし。

ドアにはラベルのみ。

見て(;゚Д゚)!

n100ではないですか

ナチュラル系ファッション誌で何度か目にするブランドですごく気になってたんです。

…でも残念ながら事務所のよう…

きっとあの素敵な女性が身につけていたのもn100なんでしょうね…

ひととおりまわったところで、

お茶を飲むことに。

P1020396_2


ビルのなかでひときわ白いドア。

馬喰町ART+EAT。

レバノン料理とデザートを出すギャラリー併設のお店。

しばらくランチ営業はやめます…という張り紙を見つつ、営業してるのかな~と覗いてみました。

「どうぞ」というまたもや素敵な女性の笑顔に迎えられ、一歩入ればそこはアートな空間。

P1020391_2


使い込んだ大きなテーブルとインパクト大な絵画。

この反対側の壁には作家ものの展示販売があり、そちらは撮影NG。

P1020390_2


椅子もすごく雰囲気あるもので、座るにもどこにしようか迷ってしまいそう…

P1020392_2


キッチンも広々…ku:nelの世界だわ…

メニューを見て悩んだあげく

P1020393


友人はキャロットケーキとコーヒー。

にんじんがぎっしり入り、ナッツもぎっしり。

シナモンの香りと、上のレモンがちょっと効いたバタークリームが個性的。

とにかく美味しくってビックリ

見た目は至極シンプルですが、想像以上の美味しさ。

P1020394


ワタシはオリーブのケーキ。

オリーブオイルとオリーブがゴロンと入ったパウンドケーキ。

とてもしっとり、そしてふんわりして、これまた予想をいい意味で裏切る美味しさ

ほんのり塩味もきいてます。

二人ともケーキセットにして、735円なり。

大きさもあったし、さきほどのランチで少々物足りない感ありましたが、このケーキセットで十分お腹を満たし、気持ちも満たされました。

これらのケーキは料理研究家小川美穂さんプロデュースによるもの。

キャロットケーキ…レシピ知りたいわ。

お店も広々として非常に癒されます…

癒されついでにまたもやおしゃべりがはずみ、気が付けばタイムオーバー。

こどもの帰宅時間がせまってきたのでおいとまいたしました。

友人からお土産にいただいた

板倉屋の人形焼とカステラ焼。

P1020399


美味しくちょうだいいたしました。

ごちそうさまです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cafe紅

学生時代の友人と十数年ぶりの再会を

小伝馬町で果たしました。

まだ東京に越してきて間もないので、なるべく彼女のわかる地域で…

と思ったのですが、

もうひとつ狙いが。

それはドラマ「新参者」を見ていた人ならウンウンと頷く和風喫茶、黒茶屋。

実際に小伝馬町にある町家風Cafe紅(もみ)で撮られたものだったのです。

加賀恭一郎扮する阿部寛さんが座られたところに座りたい、と予約も入れ、

いざゆかん。

P1020388


おもては雑貨店。

このタイル壁左から壁沿いに奥に入ると

P1020379


Cafe紅はあります。

引き戸をひいて入ります。

ここで靴をぬぎ、下足箱に入れたら畳の間。

P1020383


う~~ん、昭和の趣。

P1020385


中庭の新緑が雨に濡れて美しい

なんだかここで文をしたためたくなるようなガラス戸。

P1020386


ここです。

ここに阿部さん座られたんです。

むふふふふふ…

P1020381


ランチは3種ありましたが、

鶏のハンバーグを。

生ゆばや、切干大根のサラダもついて和風。

ちょっとさっぱりしすぎで物足りない二人…

Cafeなので、食事より喫茶にむいていたかもしれません。

台湾茶は美味しかったし、黒蜜きなこパフェ(加賀恭一郎も食べたという)も人気らしいのでそれを食べればよかったかしら…

十数年ぶりの再会にしては、お互い物怖じもせず弾丸トーク。

きっとここのお店の和んだ雰囲気のおかげです

ごちそうさまでした…

…でその後、二人が向かった先は…

この後のUPにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おッしゃ!」がもらえる肉じゃが

まさに男子ごはんの代表格??といわれる肉じゃが。

「今日の晩ごはん何?」と聞かれた際、

肉じゃがと答えると必ずといっていいほどもらえる

「おッしゃ

特になんの変哲もない肉じゃがですが、

好きみたい。

世でいう男子ごはん、というのも当たってるのかしらん。

P1020346


P1020347

副菜は、ワタシの大好きなピーマンのじゃこきんぴら。

八百屋でピンと張った大ぶりピーマンがぎっしり袋につまっているのを見つけたときには頭のなかはこのメニューが

ご飯のおともにぴったりなんです。

P1020348

配膳している合間に、

ごそごそと台所から何かを持ち出す次男。

見ればワタシのお味噌汁にとろろがのっていました

次男のお味噌汁にはとろろ+納豆。

とろっとしたお味噌汁が飲みたかったのね…

ワタシもそんな気分でした。

ありがとう

できれば納豆も欲しかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日ごはん

昨日は母の日。

早朝から試合の応援に出かけ、帰宅してからはグッタリで寝込んでおりましたワタクシ

おひさまにあたると疲れが出ますよね~。

長男は、

母の日のプレゼントに晩ご飯を作る、と宣言。

ありがたいこってす。

次男は…映画怪人二十面相のビデオに夢中になり、ちょこっとお手伝いで母の日プレゼントにのっかります。

Cooking1_2


米を炊き、

食後のデザートの杏仁豆腐の準備をして冷蔵庫へ冷やし固めに入った後、

おかずの準備にとりかかります。

家庭科の教科書にのっていた煮込みハンバーグ。

レシピ通りにすすめるので、ワタシより丁寧。

こねの作業に至っては上々。焼くときにひび割れもせずふっくら。

副菜のにんじんやいんげんはカットは長男、

炒めは次男。

盛りつけは「メンドー、ニガテ~」と言いつつ、コツを伝えると、

真剣な様子でセッティング。

その間に次男はグリーンサラダの用意で、リーフレタスなどを洗おうとしたそのとき…

ハプニング発生

直売の野菜なのでこれもありなんですが、びっしり小さなアリらしき虫が内側についておりました。

流しはそこで大パニック

「うわわわわわッ」

「おかーさん、おかーさんッもぉやだッ」←へたれ次男。

「えーッ、なにッうわッやめてッ」←へたれ長男。

しょうがなくおかーさん登場。

洗い落としていきます。

次男は気をとりもどし、きゅうりのカット。

Cooking2


こうして出来たのがこちら。

なかなかキレイだし、美味しかったよ

Cooking3


食後のデザートは、ワタシ好みのふるふる柔らか杏仁豆腐

果物もどっさり入れて

「はい、おかーさん

その傍らで、

「あれ?果物ひとつも入ってないけど…」とおとーさん。

「自分で入れて」と長男。

しばらくして着席の次男。

これまた「あれ?ぼくのに果物入ってない」

「おかわりは自由だから自分で入れて」と長男。

母の日だけの特別扱い

すごく嬉しかったよ。

こどもたちよ、ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伏見だんご

NFLフラッグフットボール日本選手権、地区予選がいよいよスタートしました。

今朝は6時過ぎに家を出て東伏見にある早稲田アメフトグランドへ向かいます。

眠たい…

試合は

キッズ部門2チーム

プライマリー部門1チーム

の参加にて、

勝ったもの、負けたものがありました。

親として見ていると、

負けたチームの方が選手たちはやりきった感が見て取れ、試合終了後も清々しいものがあり、次回への期待も大きいものでした。

次男たちのチームは結果的に勝てましたが、

チームとしてのまとまり、選手の強い意欲は見て取れず、

ゲーム運びもなんとも見ていて危ない橋わたり…

プライマリのときはプライマリのわりにスマートな試合運び、皆でひとつの目標へ向かって…と盛り上がりを見せていただけに、キッズにあがってからその頃と意識の程度が変わらず年数が経過したにもかかわらずギラギラとした意欲や向上が見られないのが残念…と保護者間でも話していました。

これは帰りのサーティワンは無しだわ~と思いつつ、

お留守番の主人用も含め、お団子はしっかり土産として買って帰ります。

P1020360


揚げきなこの団子が好物で、つい立ち寄らずにはいられません。

P1020361


購入したのは揚げたてのむっちりでビンゴ

ずんだにも焼き目がついて嬉しい

P1020364


家でゆっくりいただきます。

ずんだは、柔らかくしっとりした餡で粒粒もしっかり。

ごちそうさまです。。。

そして、また来月試合で行った際にはお世話になるかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お好み焼き

お好み焼き粉をきらして以来、

すっかり粉+長芋のシンプル技によるふんわり感にハマってしまったワタシ。

P1020207


そうなのよね。

お好み焼き粉を使わなくってもできるんだもんね。

…というか、大阪に住む多くの方は使わないんでしたよね。

初心にたちかえって作るお好み焼き…

ふんわりして うま~~~~ッ

これを一口入れて、

ごはんを頬張る。

これをさらに一口入れて、

ごはんを頬張る。

ソースとご飯でごっちゃになった口のなかを

さら~っとお味噌汁で和ませる。

うん、美味しい…

やっぱり、

お好み焼きには

ご飯とお味噌汁は必須ですねむふふン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩麹ポークソテー

間違いなしに大喜びされるポークソテー。

簡単でもあるのでこのところ頻繁に食卓にあがってます

P1020339


お肉は塩麹に漬け込んでおき、

それを筋きりしたあと、肉叩きでたたいて焼くだけ

下ごしらえの間に副菜の準備。

・ポテトサラダ

・パプリカのマリネソテー

・かぶのマスタード和えレモン風味

色が白・茶・赤・緑と揃えば見た目にも◎ですな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿司 割烹 虎勝

福岡最終日の夜、一族で馴染みの虎勝さんへ。

Ca3h0217

Ca3h0218_2  

Ca3h0219

  


Ca3h0220


ビールで献杯したあとは、

日本酒へ切り替え、真澄と大山をいただきます。

Ca3h0224


ホントはお寿司での会食を予約していましたが、

スミマセン数食変更して、

Ca3h0221


せいろ蒸し。

よくよく考えると

スゴイおじさまに「待て」をさせてしまいました。

写真を撮らせてくれてありがとうございます。

Ca3h0222


やりいかのお刺身。

いかのお刺身は福岡に来ると楽しみなひとつ。

Ca3h0225

ふっくら身の太ったあさりの赤だしも上品な美味しさ。

Ca3h0226_3

鯛のあら煮は絶品だったよ、おばあちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡みやげ

3日間の不在で家をまわしていた父子三人へのお礼に、

お菓子と明太子を買いました。

椒房庵の辛子明太子が好きではありますが、

たまには違うものを…と

地場の百貨店岩田屋とやまやのコラボ、オリジナル商品「五口福」。

P1020325


これは家用の切子。

ギフト用紙箱になるとよりわかり易いのですが、真ん中の帯らしきものは博多織の紐のデザイン。

辛子明太子の味は二種。

京七味と一味。

味見をさせてもらい、見た目にも粒粒のスパイスが見え隠れする京七味にしました。

P1020326


思ったより、辛味がくるよりだしの風味がじんわりくる優しいお味です。

あっという間になくなるかな…

P1020323

お菓子は、新お土産の「とっとーと」にもかなり惹かれましたが、

やはり飽きない味、癖になるミルクの香りの「博多通りもん」に決定。

P1020324


しっとりした皮と餡、練乳の香りは類なき美味しさ。

P1020332


あと一つ。

小袋の「チロリアン」。

幼少時より慣れ親しんだ味は今も変わらず、よりモダンで美しい色があふれるパケとなり、購入意欲をそそります。

この色遣い、好きだなぁ。

ホントは丸缶で欲しかったのですが、早朝便だったので天神店舗は購入できず、空港店では袋パケのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父子生活

私の不在中、

全部外食かと思いきや、

何とカレー作りに挑戦したようです。

P1020286


NHK「きょうの料理」を録画していたらしく、

まずは父子3人で鑑賞し予習。←ここが主人らしい

材料の買出し。←カイエンペッパーが見つからずお店をまわったらしい。

そこからは三人共同作業で、ルーを使わずスパイスから作るカレー。

そして長男。ちゃっかり、ワタシのいない間にミラーレス一眼を扱っていたようです。

写しもワタシと同じような角度から…

オートにしていたので、こどもにも扱いやすいみたい。

なかなか美味しかったそうです。

P1020281


デザートは、今や長男の十八番、牛乳かん。

固め具合もだんだん滑らかなのどごしのオリジナルレシピができつつあるようで…。

うん、感心しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スーパームーン

連休後半はバタバタとし、丸3日以上もパソコンを開けなかった日は初めてかも。

(スミマセン…このブログは備忘録として2-3日分をデスクトップからため書きしているんです。)

大切な人とお別れをし、その日の夜、いとこ達と歩いていました。

「満月だね。」

彼女が指さしたそこには、見事なまでに山吹色の大きな、満月。

空が藍色に映るほどにあかるい、満月。

ゆっくり歩きながら満月を見上げるなんてもう十数年なかったかな。

言われるまで、そのときどこを見て歩いていたのかも覚えてません。

眠る前、携帯に着信メールの点滅。

「スーパームーン、っていうんだって。」

月が地球に最も近づくタイミングと満月とが重なる稀有の機会。

ここ数日のことがふわふわと宙に浮いているような感覚。スーパームーンがあまりにしっくりいきすぎて、殊更今、ここにいる、という事が絵空事のよう。

泣いて、笑って、頭がほどよく痺れて。

今の頭のなかは実のところこんな色なんじゃないか…と月を見上げて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オットゥギのチヂミ粉

前回の新大久保での買い物で初めて買ったもの。

チヂミ粉です。

一緒に行った方からのオススメ品、オットゥギのチヂミ粉。

P1020276

オットゥギといえば、ゴマ油でも馴染み深いので安心して購入。

これを水溶きして作ります。

P1020277


ホットプレートにゴマ油をしいたら、

ニラ、にんじん、ネギをのせ、

ここでチヂミ種を流して、上に海鮮もの…の手順でしたが

間違えて全部のせてしまい、その後チヂミ種を上からだらり。

その後溶き卵もどろり。

P1020278


片面焼けたらひっくり返してよく焼き、出来上がり

いい感じに仕上がってます。

P1020280


漬けダレは、

しょうゆ、ゴマ油、玉ねぎのみじん切り、ゴマ油、刻み唐辛子。

これをちょちょんとつけていただくのです

もっちりして美味しい~~~

P1020279


もうひとつのおかずは、チャプチェ。

大量に作りすぎてしまいました

これ+白ご飯と、わかめのスープ。

お腹いっぱいですごちそうさま。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ホットプレートビビンバ

連休中のお昼ご飯。

そろそろ麺・ご飯ワンパターンに飽きたころ。

今シーズン初のホットプレートビビンバ登場。

昨年はこれ大好評でした

かなり偏った好みの主人でも「コレが食べたい」とリクエストが入るほど。

P1020274


作り方は簡単。

野菜のナムルを数種作り、

お肉は塩で焼いておく。

キムチ、ごま、卵をのせて、

あとは熱したホットプレートの上にゴマ油を敷いて、

ご飯をのせ、さきほどの具を並べ…コチュジャンも好みの量をのせて…

あとはぐっちゃぐちゃに混ぜて出来上がり

P1020275

コチュジャンの辛味がグッとくるので、これからの季節、食欲なくってもコレなら大丈夫

P1020272


…で、オススメの食材を。

オットゥギのゴマ油は、日本のゴマ油と比べて濃厚で、香りよし。ナムルにも最適です。

ヘチャンドルのコチュジャンは、国産のコチュジャンはなんだったの?と思えるほどのコクのあるホントに辛いお味噌。いつものつもりでドバっと入れると後悔の辛さになるので、切り替えたら少しずつから試していくのが良いでしょう

とにかく、何だか今ひとつな仕上がり…と思ったときには、ゴマ油とコチュジャン、これを変えるだけでも大きく味が変わりますヨ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏の唐揚げ

このところ低迷を続けていた鶏の唐揚げ。

慌ててやる余り、衣がしっかりつかずに油っぽい仕上がりになっていたのです。

今度は

「今日は唐揚げ」と腹をくくって作り始めたので失敗しませんでした。

失敗しないはずの唐揚げで失敗続きだったので、一体どうしたのか…と焦ってましたヨ

P1020248


このところ肉続きなもので、

ワタシはちょっとピースを減らしてセーブします

副菜は、

・トマト

・焼き長芋とシシトウ(甘辛味)

・春雨サラダ

P1020247


春雨サラダは、レモンをちょっとたっぷりめ。

唐揚げと一緒にいただくと美味しいんです

そしてその唐揚げはご飯のおともにピッタリ…

…と傍らに視線をうつせば、なんとッ

次男、ご飯をごっそり残しておかずを平らげている

また何か企んでるな…と思ったら、

「魚ふりかけ食べたい人手を挙げて」コール

反射的に手を挙げてしまいました。

久々に、魚ふりかけ登場。これでご飯を食べたくて残していたらしい。

…って次男が台所へ移動し、ミルサーを引っ張り出し、

煮干をかけて、くるみをかけて、最後に粉チーズをごっそり混ぜ込んで作ります。

P1020249


たっぷりかけて食べるのが美味しいんです

次男よ、ごちそうさまでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉団子

久々に豚ひき肉で肉団子

下味は、塩、胡椒、にんにく、しょうが、老酒とオイスターソースに、ゴマ油。

玉ねぎのみじん切りは予め加熱して冷ましておき、

卵と片栗粉をツナギとします。

P1020250

揚げたては、プチプチと肉の弾力がたまりません

P1020251


副菜は、

・蒸しキャベツの和え物

・いんげんのゴマよごし

・にんじんとラディッシュのゴママリネ

にんじんは今回幅広の薄々にピーラーで剥きました。いつもは細く切るのであまり噛みごたえがないのですが、こうするとちょっとイメージ一新できて高めにも盛り付けるのでイイかな生姜をたっぷり効かせたゴマ油ベースの甘酢に、塩もみしたあとのにんじんとラディッシュを漬け込んでおくだけ。

お味噌汁は最近皮が柔らかいのが出回りはじめた茄子と油揚げです。

お野菜たっぷりだと嬉しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーブルケーキ

暑い日が続いたと思ったら、雨で一気にクールダウン。

このところ冷たいおやつばかりでしたが、

ここにきてバターケーキが恋しくなりました。

やはり肌寒くなると嗜好も変わるんですね…

思い立ったら吉日…とばかりに、あるもので。

ドライフルーツ類は少なくなってきているので、

シンプルにマーブルケーキ。

P1020267


久々にクグロフ型登場

P1020269

たっぷりのミルクを注いだ紅茶とともにいただきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アボカドと豆腐のサラダ

こども大好きメニューのサラダ。

色々ありますが、

これがホントに大好き。

P1020231


豆腐とアボカドのサラダ。

下には水菜とレタスとトマト、上には炒ったちりめんじゃこ。

味噌ベースのゴマドレッシングを作り、とろりとかけるとホントに美味しい

P1020232


もうひとつの副菜は、ナスとシシトウの甘辛炒め。

蒸し暑い日になると欲しくなる一品。

ここにもゴマ登場。

この間新大久保で大入り袋を購入したのでこのところゴマを心置きなくたっぷり使ってます

P1020230


メインは、さっぱりとしたかますの塩焼き。

鬼おろしでおろした大根にはポン酢をかけて美味しくちょうだいしました。

ごちそうさまです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煮豚くんの煮汁を使って翌朝はスープです。

煮豚くんの副産物、煮汁を翌朝のスープに活用します

野菜は色々とあるものを足し、ベーコンも入れて味を足して…

P1020239


昭和のお味、ピザトーストとともに。

P1020235


ピザトーストに使う玉ねぎ・にんじん・ピーマンは、

pascoのミニスチーマーで下蒸し。

こうすると炒める時間も、油もちょこっとで済みます

母が昔よくやっていた技。そのまんま使わせてもらってますヨ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バナナ蒸し焼きプリン

連休中は毎日冷たいデザート。

(今日はまたちょっと肌寒いものの、暑い日が先週から続いてましたから…)

アガーを使ったり、粉寒天を使ったり…

そして蒸し焼きしたものだったり

P1020240

この日は蒸し焼きタイプ。

毎日作るのが面倒になり、二日分をため作り

シンプルなカスタードもつい数日前に作ったので、

今回はバナナプリンに挑戦。

なんと粗くカットしたバナナをプリン液と一緒に蒸し焼きするんです。

もちろん、変色しないようあらかじめレモン汁を軽く合わせておきます。

加熱されたバナナのまったりした甘さ、ほんのり香るレモン、そしてカスタードがよく合うんです

P1020244


さらに味をマイルドにするために、ホイップした生クリームものせて。

プリン液も生クリームを配合しているので元々マイルドではありますが…

カロリー高いなぁ。

ホントは上に飴をシュシュッと糸状にしたかったのだけど、

どうも上手くできず、もたもたしているうちにべっこう飴のようになってしまったカラメル。

それでも薄いので割って飾りにのっけてみました。

…でも、固いから食べるに邪魔でしたワ

これならカラメルをシロップ状にして生クリームのまわりに流したほうが良かったかな。

これでストック分食べ終わり~。

このバナナ蒸し焼きプリンですが、一日経った方がバナナがいい具合に締まって美味しいです

明日はまた何作る~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サブバッグ

高学年になってくるといろいろ作品を持ち帰るにも大変です。

前にさかのぼりますが、3月お道具箱等を持ち帰る次男がついにブーイング。

「手提げバッグ小さすぎる

そうそう、幼稚園のときから使ってたサブバッグなんです。

くまちゃんのアップリケなんてつけちゃって

いい具合にヘタレてきたので、そのくまちゃんも風化して幼稚っぽさも目立たなくなってきたかな~なんて思い、そのまんま良ければ6年間使ってもらえれば…なんて目論んでおりました。

…が、やはり無理だったみたい。

ちょうど長男も大荷物の日、リュックだけでは大変そうなのでついでに兄弟揃って帆布で作ることにしました。

P1020108


こっちが長男用。

高さ49cm、幅も40cmくらいかな。マチは13cm。

かなりの大きさで、たっぷり入ります。

P1020203


次男は上のバッグサイズだとカラダが振り回されてしまいそうなので…

高さが40cmくらい。幅、マチは上のバッグと同じくらい。

長男のは底を一枚布で折り紙状に作ったのですが、これだと垂れ下がりサイズが大きくなってしまうので、次男には底一枚作って崩れにくいようにしました。

お揃いのテープ、お揃いの布。

でも、兄弟で体格もカラーも違うのでなんとなく違う仕上がり。

縫い目はがたがたですが…

作ってて楽しかったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねばねば酢の物

蒸し暑い日の晩ご飯。

P1020226

泡立つほどのねばねば酢の物に限ります。

ねばねば成分と酢で疲労回復間違いなし

使ったのは、ねこぶまんま という12種の昆布が入ったものと、

長芋、オクラ。

長芋やオクラのねばねばはもちろんですが、ねこぶまんまのなかのねこ足昆布というものが半端ない粘りを出して、このとおり泡立ちkeepです。

P1020229


こうして器に入れてもまだ泡立ってます。

これがたまらなく美味しいんです

もうひとつの副菜は、

新玉ねぎとトマトのマリネ。

P1020228

メインは煮豚くん。

味噌ソースでいただきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »