« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

夕暮れどきのお散歩

夕方の鐘のなる頃、

次男が「自転車のタイヤがパンクした」と帰ってきました。

早いうちに持っていこう、と自転車屋さんへ二人で行きます。

押しながらおしゃべりをしていたら、

「今日、公園の桃がキレイになっていた。」

「紅くなってくるところと、まだ緑のところと二色なところがキレイなんだよね。」

そう聞くと、

「おかーさん、カメラ持ってくれば良かったな~。撮りたかったな~。」

とつい口走ってしまいました。

「今からボク、取ってくるから待ってて。」

そう言って、取りに行った次男。

パンクした自転車の傍ら、しばらく道端でお留守番。

大切そうにインナーケースに入ったカメラを持ってくる次男。

自転車屋に寄ったあと、その公園に寄り道して、夕暮れどきのお散歩です。

Hakkensha

Momo1_2


産毛がびっしりビロードのような桃。

うん、いい色してます。

Ajisai1


「あじさいもキレイ」

ふむふむ…パチリ。

Momiji


「もみじはまだ紅くないけど、これも青々していてキレイ」

なるほどなるほど…下から見上げると透けてキレイ…パチリ。

Sora


「あ!見て、ヒコーキ雲だよ。ここから撮るとキレイだよ。」

…となぜか立て看板の下から顔をくぐらせるようにして撮るよう指示がでる。

でも確かに、この限られた空間で撮るのが広い範囲のなか切り取りやすい構図かな…パチリ。

おかーさん、スカートなのでちょっと危ない姿勢でした…

途中次男にカメラを奪われたけど、まだまだその手には重いようでシャッターを切るたびぶれている。

きっと、ぶれなくなる頃にはすごくいい写真撮れるんじゃない?と親バカに思うワタシなのでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉じゃが

このところの肌寒い夜が続いた日があったときに風邪をひいたのか、喉が痛い(>。≪)という主人。

なるべくスパイスを使わない料理で…となると、

肉じゃがかな

P1020722


ストウブ鍋で煮込みます。

圧力鍋で作ると、じゃがいもは煮崩れ、玉ねぎもバラリ…となってしまうのですが、ストウブ鍋だとその煮崩れの心配がないんです。

すごいなぁ…

しかも弱火で数分という圧力鍋と同様の省エネクッキング。

P1020725


鍋任せの肉じゃがに、

副菜は、

P1020726


・枝豆

・キムチまみれ豆腐

キムチまみれ豆腐はこの夏、我が家のヘビロテとなる兆しあり。

水切りした木綿豆腐にたっぷりの刻みキムチを和えて休ませて置く。オットゥギのゴマ油をひとたらしで病みつきですワ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

獲りたてを使って、とうもろこしご飯

特に用事はないものの、良いお天気…。

どこかに出ようかと思っていたところに、

facebookで「とうもろこしが美味しい」情報を聞きつけ、

すぐに自転車を走らせたワタクシ

P1020727


買ってまいりましたョ。とうもろこし。

まだお髭がもしゃもしゃしています獲りたてって嬉しいわ。

あとは、

きたあかりと、丸々と太った枝豆購入。

早速晩ご飯の材料に

P1020735


スーパーカズンでこちらも丸々と太ったイワシを買い、甘辛く煮付けました。

ちょっぴりお酢もたらしたので、甘いなかにもさっぱりとした仕上がり。

副菜は、トマトとポテトサラダ。

この材料が先ほど購入したきたあかり

皮をむいてレンジで蒸し、鶏がらスープの素を少量まぶしつけマッシュしたら、牛乳、マヨネーズ、粒マスタードを合わせて、最後にきゅうりの塩もみと合わせます。

P1020736


プリップリのとうもろこしと枝豆は、ストウブ鍋で蒸し焼き。

野菜の甘味がギュッと凝縮されてさらに獲りたてを美味しくいただけるんです

もう子どもたちもその甘さ、美味しさに大喜び。

「今度はもっと多く買ってきてよ~」だって。

P1020734


そして、新鮮なとうもろこしを買ったらまずやるのがとうもろこしご飯

生の状態で包丁でそぎ取り、お米と一緒に炊き合わせます。

塩とお醤油も入れて。今回は塩を塩麹に代えてみました。塩っけは薄くなりますが、甘味は強まるのかな??

プチプチとはじけるとうもろこしが美味しかったです。

それに食べごたえある~~。これだけでお腹いっぱいになりました。

実は今回お醤油を入れるのを忘れてしまったので、甘さだけでちょっと塩気が足りない…と残念に思っていたのですが…

そうだ、そうだ…アレがあったんだ~~

P1020737


きゅうりてんこ盛り

ぬか漬け。手軽にトライできるパウチパックぬか漬けで漬けました

これをパリパリやりながらご飯をいただくとまぁ美味しい

存分に夏野菜を楽しむ食卓でしたわ…

シアワセ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉詰めピーマン解禁!!

夏野菜がそろそろ出回ってきました

ハウスものと違って、色濃くピンと張った野菜を見ると、嬉しくなっちゃいます。

(ハウスものも、もちろん美味しくいただいてます

そんななか、いつもよりピンと張った見事なピーマンが詰まった袋を発見。

地場だし、これは露地ものかなと期待しつつ、これで肉詰めピーマンを久々に作って子どもたちを喜ばせてあげよう作戦スタート。

P1020716


合挽き肉と玉ねぎ、えのきだけを使ってハンバーグ種をコネコネ…。

つなぎやスパイス類はいつもと一緒。

あとはレンジの加熱に任せます。

出来上がったときの蒸し汁を鍋にうつして、みりんと焼肉のタレ(辛口)で煮詰めて水溶き片栗粉を入れれば、ソースの出来上がり。

加熱されても、ピーマンの肉厚さは損なわれず美味しい

やはり肉詰めピーマンのピーマンは肉厚なのが一番だなッ

P1020715


副菜は、

・にんじんととうもろこしのバターソテー

・ぬるぬるネバネバ酢の物

長芋、オクラ、納豆と、先日そうめん用タレを作った際の産物、しいたけの煮たものを刻んで、お酢をちょっぴりたらしたそうめん用タレで和えたもの。ちょっぴりゴマ油も足して、すりゴマも加えるのでさっぱりだけに終わらず香ばしさも楽しめます。

蒸し蒸しした夜も、これでしのぐのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めかじきのカレー

無性にカレーを食べたくなるときってありませんか

そんな日がこんな日

P1020713


魚カウントの日だったので、

めかじきを使ってカレーを作ります

みっちりしたお肉で美味しいんですよ

魚だったり、お肉でも癖のあるものだったりするとちょっといつもよりスパイスを効かせます。

調子にのりすぎたか、

この日はコリアンダーを間違えて粒のまんま投入してしまいました

調子にのりすぎましたね←アニメ「トリコ」のゼブラのセリフが頭に響き渡ります…

慌てて、鍋のなかですりこぎを持ってドンドンと潰そうとするもなかなか上手くいかず。

「うわーこの粒つぶの香りやだー」と次男。

そうだね~。香菜(シャンツァイ)の種だもんねぇ。

お口いっぱいカメムシの香り…

(呑み助にはたまらない香りなのですが…)

次回はちゃんとすりつぶしてから使います

…というより、使い切ったら粉末を探して購入しなくては。

さ、次回のためにまたダイスカットトマトを買い溜めしておかなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏肉続き

お魚が続いたと思ったら、今度は鶏肉続き。

部位は違いますが

P1020701


鶏もも肉を焼いただけ。

にんにくをすりこみ、塩&黒こしょう。

岩塩が肉の粗野な感じを引き出してくれて、うちのちびっ子メンズ喜ぶ~

肉の焼いた後の脂を使って、グリンピースとコーンも炒めます。ちょっぴり塩をふるだけで、美味しい

P1020702


副菜は、

・焼きナス

・里芋とこんにゃく、ピーマンの味噌炒め

里芋とこんにゃくは先に味噌だれとだしの素で煮込んで味を染み込ませます。

汁気がほとんどなくなったところで、中華鍋でゴマ油でさっと炒めたピーマンに里芋とこんにゃくごと移して、ざっとからめて汁気をしっかりとばして出来上がり。

こうすればピーマンはシャキッとした食感はのこって、芋のとろみのついた味噌ダレがよくからむし、こんにゃくにも味は染み込み、里芋は柔らかで美味しいのです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チューリップ揚げ

手羽元の唐揚げ…というと、

チューリップ揚げというイメージが昔からあります。

持ち手のところにアルミとか、飾りとかつけちゃったりするイメージ。

でも、我が家ではいつも手羽元に縦に一本切り込みをいれるほかは、まんま揚げておりました。

…ま、気まぐれにたまには手をかけてみよう…とナイフを手に持ちいざチューリップに挑戦。

P1020710


12本といえど、かなり疲れます。

いつもの三徳で入れようと思ったものの、切れ味と大きさで上手くいかず、

ヘンケルスのペティに持ち変えると…あらら、スパッと入る。

最初からこれでやっておけばよかった…と思いました

このあと、

にんにくのすりおろし、岩塩、ガラムマサラ、ナンプラー、パプリカをすりまぜたドロッとしたたれを作り、

手で一本一本すりこんでいきます。

20分ほど味を染み込ませたら、粉をはたいて揚げるだけ。

P1020711


ガラムマサラの香りがぷんと鼻をつく、唐揚げの出来上がり

副菜は、

スナップエンドウとカリフラワーのサラダ、トマト、枝豆。

長男はお弁当のなかみのものと一緒と思ったらしいが、

違うんです。

ちゃんと味を変えてますから。

…というと、

ガウガウガウ…と噛み付いて「うわーーーっホントだ」などと喜んでおりました。

次男もくりくりっと目を見開いてのリアクション、Thanks。

この笑顔を見るのが楽しいんだな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

休日も部活。

朝からいなくて、お昼もいなくて…の生活に慣れてきました。

…いや、ちょっとさみしい…

P1020705


今日のおかずは、

・手羽元の唐揚げ

・枝豆←保冷剤代わりの冷凍

・プチトマト

・卵焼き

・カリフラワーのガラムマサラ煮

・ごぼうとにんじんのマヨサラダ

急なお弁当で、今晩のおかずの鶏肉から2本拝借。

チューリップ揚げにしました。

それを見た長男、テンションあがりましたね~。

骨付きに丸っとしたお肉がついてるのって野生本能を呼びおこすのでしょうか…?

ワタシ的には大きさは違うものの、「はじめ人間ギャートルズ」のお肉を思い浮かべてしまいましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かれいの煮付け

お魚づいてます

フレッツまで足をのばせば、つい翌日分まで買い込んでしまう…

よって肉・魚交互のサイクルが崩れます…お魚主体のほうがいいな…と思うのですが、子どもは納得しないし、主人は残すことで無言の自己主張をする…

けれど、珍しくこの四日間は文句なしでした。

あさりにじゃがいもが入ってたから?

お刺身だったから?

ぶりのソテーが肉っぽいスパイシーな味付けだったから?

かれいの煮付けだったから?

P1020699


そう、四日連続お魚デー最終日は、かれいの煮付け。

柔らかな身は、好きらしい。

でも「どうして、こうお魚って骨がたくさんあるんだろーねー」

「ねーッ」

談義は毎回ながら噴出し、骨限定で文句を言いつつ食べてます。

P1020700


副菜は、

・小松菜とほうれん草のおひたし

・プチトマト

・青しそ冷奴

お魚とともに、大量にフレッツで購入したプチトマト。

ワタシのおやつに、そして夕食に…と出してたらあっという間になくなりそうです。

甘くて美味しい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶりのソテー

ぶりはお肉と同じような焼き方をするのが大好きです

にんにくで香りづけしたオリーブオイルで、やや強火で焼き目がつくまで…が好み。

あとは、塩と黒胡椒をふっていただく…

ぶりの脂がぶくぶくするのをみるとワクワクしてきます。

P1020664


副菜は、

・きのことパプリカのにんにくバジル(白ワインで味をなじませるのがポイント)

・ポテトサラダ(粒マスタードでさっぱりと)

・トマト

このごろ、スゴイ勢いでトマトを消費しています。

プチトマト、トマト…糖度も結構この時期から高くて甘~い

ブランドトマトでなくても美味しいって嬉しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カスタードプリン

プリン、でなく、カスタードプリン。

このほうが何とも昭和な響きがする…と萌えるのはワタシだけでしょうか

なので、シンプルに作ったものはプリンとは言わず、敢えてカスタードプリン、と言わせていただきます。

卵、牛乳、砂糖。

生クリームも入ってないし、

他の食材も入れない、シンプルの極み。

そんなカスタードプリンは、

急な暑さに耐え切れなくなったとき、体調がゆらぎだしたときに欲しくなるんです。

ここ数日。

急激に湿度と気温が高くなり、

まさに食べたくなる要素は十分整った…という感じ。

P1020671


作りました。

四人分。

ホントはもっと多めに作っておきたかったけど、

毎回ながらお砂糖の多さにはびっくりなので、今セーブ中の身にはちと毒だったりします。

P1020673


前回久々に作ったときに、設定温度で迷って「す」がかなりたってしまったので、10度さげます。蒸し焼きする容器が変わると本通りにはいかないんですよね。

うん、美味しい。

卵とお砂糖、牛乳の味がギュッと詰まってる。

ぐずぐずに崩れないように気をつけつつ、底のカラメルソースを引き上げるのがもどかしい。

病み上がりに食べたくなるような、そんなノスタルジックな気分に浸れる味なのです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いももち、再び

長男待望の家庭科実習です。

もともと好き、というほうではないのですが入学して初めてということで期待感高まったのでしょう。

初回は いももち。

そう、以前家で「作る」と教科書を見て俄然やる気にさせた、あの、いももち。

P1020691


実習でやってみると、細かな部分で違っていたこともあったようでして、

早速復習で作ってみる、とのこと。

フライパンをふるってもらいます。

P1020693


相変わらず、成形は大雑把だけど、味はよくできていたと思います。

パリッとした表面がしょうゆで香ばしく美味しかったです。

ごちそうさま

P1020692


この日はフレッツにまで足をのばしたので、

ぶりとまぐろのお刺身。

副菜は、

きゅうりとなすの塩麹和え。

調味料はほかに、いりこだしの素、薄口醤油、ごま。

さっぱりしていくらでも食べられるサラダみたいな感じ。

湿度の高い日(台風が近づいてきてた)だったので、こんな副菜が欲しくなりました☆                                                                                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさりとジャガイモの蒸し煮

久々にあさりを買いました。

このところ夕方になると目のしたのクマが目立つように…

やはりね、こういうときは意識して摂るようにしたいです。

しじみにも手をのばしかけましたが…

朝からはちょっと面倒…とものぐさになり、

夕食のあさり登板のみにとどめました。

P1020688

久々我が家の大好物定番アイテム。

じゃがいもとあさりの蒸し煮。

普段だとプチトマトを入れるのですが…今回はちょっと蒸し暑くって生で食べたくなり外に。

新じゃがだったので皮付きで蒸したものを使います。

あさりをにんにく・ローズマリー・白ワインで蒸して取り出します。

出たお汁に、蒸したじゃがいもを入れて、オリーブオイルを回しかけ、強火で汁がなくなるまで火を入れます。

パチパチ焼き目がつきだしたところで、あさりを戻して胡椒をふり、ざっくり混ぜたら出来上がり。

これ、簡単なわりにむっちゃくちゃ美味しいしかも、手が込んでる風にみえる

副菜は、

・カリフラワーのガラムマサラ炒め煮

・カットきゅうりマヨ+マスタード添え

・プチトマト

カリフラワーも、じゃがいもとアサリも個性的な味なので、ここはきゅうりやトマトでさっぱりと口直しをしつつ食べるのが一番なのです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸源ラーメン

週末の試合の帰り道。

以前から母子ともに気になってしょうがなかったラーメン屋さん。

大型店にもかかわらずいつも行列。

試合も今までお昼までだったり午後だったりで機会を逃してました。

丸源ラーメン練馬関町店。

入って注文したのは肉そば。

Ca3h0236


一番スタンダードなメニュー。

この脂がしっかりのっているスープ好きです

それでも味がちょっとさっぱりめだったので、

次男、それからワタシ、どろだれラー油を足しています。

麺といい、何だか懐かしくなるようなお味。

駐車場も結構とめられるようだし、なかではお子様ラーメン用につくおもちゃも充実しているし、わたがしまである(50円)。これは家族向けでいいですね。

せっかくなのでメルマガ登録をその場でしておきます。

新加入だと1回限り(期間限定)でソフトクリームがひとつサービスされるというので

Ca3h0238


ぎゅっと固いソフトクリーム。

これまた懐かしい牛乳ソフトって感じいいです、いいです。

お腹いっぱいで、自転車をまた走らせ帰途につきました…とさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父の日はとんかつ

週末は父の日でしたね。

我が家の面々が一同揃ったのは夕方でした。

長男は主人と一緒にお出かけ。

次男はワタシと一緒にお出かけ(フラッグの南関東地区順位決定戦)。

夕食に父の日プレゼント贈呈。

ワタシからはリネンハンカチ。

こどもたちからは、コーラとチョコレート。←きっとコレが一番嬉しかったと思う。好物ベスト1だし。

P1020687


晩ご飯は一瞬悩みましたが(前日メンチカツだったし)、

主人大好物のトンカツに。←一応聞いてみたが、とんかつがイイ(・∀・)とのこと。

付け合わせのキャベツのサラダは、めいっぱいさっぱりめに仕上げました。

オリーブで塩味を、あとは粒マスタードとレモン汁で酸味を。

お味噌汁には野菜もたっぷり昆布もたっぷり。

おなか、苦しい…( >Д<;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当初の目的を忘れ、吉祥寺ちぃ散歩

こどもがついにメガネデビューです。

いやな事です。

当人も眼科ではすごく渋っておりました。

「メガネ、みな悪くてもかけてないよ。」

でもね、その度数はワタシから見てもかなり悪いのだよ…

というわけで、

吉祥寺のZoffへ。

P1020680


新商品Zoff SMARTのキッズタイプがあるらしいのでこの一点買いに、雨の中バスに乗ってお出かけです。

P1020682


大人に比べ、キッズは1デザイン2カラーのみ。

長男の希望でブラックを購入。

このシリーズ、とにかく軽いんです。フレームだけでわずか9.4g。

視力が悪くなるとレンズだけでも重くなり、メガネをかけるのが億劫になります。

やはりこの軽さは見逃せない

さらに、このフレームはぐにゃんぐにゃんに曲がり、元に戻るという弾力性に富んだ素材でできているんです。

メガネっこあるある「バキッあッ折れちゃった」なんてトラブルもこれで回避できるでしょう。中学生男子のことです。校庭で遊んでぶつかって吹っ飛んで折る…ありがちなことではないですか。…まあ、レンズは通常のものなので割れますが…

zoffの低価格帯からは抜け出ますが、この機能をもってすれば他店のおしゃれメガネよりいいのでは?と思っちゃいました。

さて、そのメガネを作ってもらっている間、雨の吉祥寺をちぃ散歩いたします。

Ca3h0233


肌寒い日だったというのにアイス食べたいという男子ひとり。

では…と連れていったのが、パルコとL.breathの間を入ったアーケード街にある「くまもと物産館」のソフトクリームコーナー。

でこぽんアイスが出ていました。

Ca3h0234


写真では伝わりにくいですが、

キレイなレモンイエロー。

ジェラートに近い食感で、

後味さっぱり、べたつかずとても美味しい

(「いいよ」と上から目線で言われたものの、ちゃっかりしっかりいただきました)

Ca3h0235


そのソフトを食べさせながら、向かった先はミートショップ サトウ。

長い列かと思いきや、まだ休日の朝方、しかも雨が降る肌寒い日となれば10分くらいでメンチカツを購入できましたう~ん、ついてる

その後ブックオフに向い、色々みてまわった後、Zoffへ戻りメガネGet。

帰途につきました。

もとはメガネを作りに行ったのに、出来上がり時間を大幅に超え、ちぃ散歩。

男子を連れていった割に、まわれた方かも。。。

ソフトクリーム効果は絶大だな

P1020684


その日の晩ご飯はもちろんメンチカツ

かなりのボリューム。そして独特のまんまるボール型。

P1020683


レンジで軽く温めてグリルで焼けば、なかからジュワッと肉汁が出てきます

美味しい

けれど…お腹いっぱいになりやすい…

また次男ギブアップしかけました。

副菜は、マカロニサラダとキャベツ・トマト。

お味噌汁もさっぱり系で済ませました。

しばらくメンチカツはいいかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピザトーストは母の味♪

自分がまだ子どもだった頃、

朝食はパンとたくさんのお野菜が入った丼サラダでした。

丼にたっぷり盛り付けられた葉ものやかぼちゃなどの芋類、茹で卵にハムと、てんこ盛りサラダは、乙女の胃には朝からかなり苦しい思いをいたしました

今でも帰省するとこんな朝食は続いています。

祖父母の家でもそうだったので、ここに長寿の家系の秘密があるのかな。。。

このボリュームたっぷり朝食と並んでよく出てきたのがピザトースト。

4枚切り食パンにこんもりケチャップで炒めた温野菜とたっぷりのチーズ。

時代は変わって、

我が家の朝食ピザトースト。

P1020661

う~~ん、うすっぺらい。

今はまだこれくらいの量で十分な子たちです。

いずれこれが4枚切り食パンに変わり、上にのる野菜もずり落ちそうなほどの山になるのはいつのことやら…

P1020610

作り方は、

レンジで加熱してケチャップと和え、カイエンペッパーを少量ふりかけるだけ。

こうすれば、フライパンで炒めるより油は使わなくて済むんです。

加熱する前はスチームケースの蓋が浮いていても、しんなりボリュームダウン。

これで見た目にも食べやすくなる?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

砂肝で軟骨風バーグ

子どもたちが過去2度ほど食べて、ハマリにはまったハンバーグ。

それが、

P1020660


砂肝の軟骨風バーグ

軟骨だと砕くのも大変だし、砂肝のほうが食感も良く、なんてったって栄養価が高い

P1020659


砂肝の下処理もせず(食感のひとつとなるので)、ちょい薄め、ちょい大きめにカット。

それをフードプロセッサにかけた鶏胸肉と合わせます。

塩、しょうがのすりおろし、山椒、お酒、醤油、卵、片栗粉と合わせて種をつくり、じっくり焼くだけ。

あとは、甘辛い(醤油・みりん・砂糖)タレを作ってちょっと煮込み、片栗でとろみをつけたら出来上がり。

青じそや大根おろしをそえていただきます

全体に淡白なお味なので、生姜や山椒はたっぷりめな方が◎

我が家のちびっこメンズは好きですが、どちらかというと女子向けでは?

副菜は、

甘辛ダレをたっぷりかけているので、

野菜をシンプルに添えます。

・茹でいんげん(うっすら塩味)

・焼きかぼちゃ

・トマト(このトマトが美味しくって長男その後一個おかわり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たちうおの唐揚げ

太刀魚はワタシの好きな魚のひとつです

P1020630


この日は唐揚げにしました

塩・胡椒をきかせて粉をはたいて揚げるだけ。

皮のパリパリ感がなんともいえない美味しさ

右は、

きゅうりのQちゃん風漬物。

このごろ一気にきゅうりの価格が下落。大量に購入し、唐辛子を少しきかせた甘い漬物に仕上げます。

こどもが競って取り合うほどの大好物なので、作っても作ってもすぐなくなります。

P1020633


左のグリーンサラダは、レタスと水菜とカシューナッツ。

ヨーグルトとマヨネーズ、マスタードでドレッシングを作ります。

P1020631


こっちはお豆腐のキムチ和え。

これ和えるだけですが、時間をおけばすごく美味しいんです。

ちょっぴりオットゥギのゴマ油を加えるのもポイントです。

単品食材もののおかずが多くなってしまいましたが、

こうすると、皿の数って増えるんだな~。

P1020634


なんだか、いっぱい作ったような気がする

いっつもワンプレートだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストウブで燻製

せっかくのストウブ鍋、最近使用はご無沙汰だったので引っ張り出して使いました。

P1020655


燻製に。

P1020654


鋳物でずっしり重たい鍋は、煙と熱を逃がさないので自家製の燻製もできるんです

昔、父が中華鍋で作ってくれたときも美味しかったなぁ…と思い出しました。

この日は主人が夕食不要と言っていたので、こうした実験的料理の日には最適。

(香りの強いものは✖なので)

具材は…

P1020646


今が旬!とパケにも書いてあり、思わず手にとってしまった鮎。

内蔵とエラを除いて洗った後、漬け汁へ。

P1020647


その後、水である程度抜いて水分を拭き取ったら天日干し2時間ほど。

P1020648


鍋は余熱した後に、アルミ箔にのせた燻製用の木片ミックスチップと黒糖をセット。

ダイソーで購入した天ぷら揚げ用の網を使って、具材をのせます。

P1020649


ホントはざらめのほうがいいようですが、なかったので黒糖で代用。

この糖分で色がつく、らしい。

弱火でやるのですが、その間もうっすら香りはするものの、煙はまったく鍋から漏れ出る様子はなし。ストウブ、優秀なコです

P1020650


出来上がり。

鮎、卵、チーズ。

出来上がりすぐは、燻の香りがきつすぎるので12時間はおいたほうが熟成も進み美味しくなるらしいのですが…そこまでよく読み進めてなかったワタシ、3時間ほどで夕食タイムになっちゃいました

結果報告としては…

やはり燻の香りがきつかったです

卵はそうそうに引き上げたので、程よく…というか、あまり変わらない?

チーズも何とか。

ただ、鮎は液から塩分を抜くための水さらしが十分にできてなかったらしく、しょっぱかった副菜と一緒にかきこんで何とか食べられる濃さ。

一番手をかけた割に、詰めが甘かったか…

燻香もつきすぎて…12時間おく、というのに納得です。

P1020651


副菜は、

・にんじんのナムル

・キャベツのオリーブサラダ

・カットトマト

・納豆のおろし大根和え

P1020652


ほかがさっぱりしたもので良かったです

翌朝残ったチーズを出したところ、むちゃくちゃ美味しいではないですか

やはり、燻製は出来立てではなく、時間が美味しくしてくれる料理のようです

今度作るときは2日がかりで準備せねば…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙臺まころん?仙台まころん?

またもご近所穴場スーパー「カズン」にて、

美味しいご当地ものお菓子発見です

P1020656


仙台まころん。

仙台にある伊藤食品さんの作る、ホロッとした食感、ホロッと気持ちがやわらかくなれるお菓子です。

…でも、

ネットで検索したら、地元仙台では「仙臺まころん」というネーミング。

同じ「せんだい」という呼び名ではあるけど…

ワタシ、読めませんでした

カズンで購入したこの「仙台まころん」のラベルは全国用なのかしらん

同じ会社と見るとそうなのかな~と推察したのですが…。

お味は、というと

落花生粉で作っただけあり、すごく香ばしく噛めばサックリ音がします。

でも、ワタシは

ちゅぅぅぅぅッと口に含ませて溶かすに限るのです

シュワワ~ッと溶けていくさまが何とも癖になるんです。しかも落花生の香りが口いっぱいに広がり鼻にぬけていくのがたまりませんな

美味しい~~~~

P1020657


これに合う飲み物はやっぱり牛乳系でしょーー

抹茶も飲みたい気分だったので、お抹茶たてた後、ホイップした牛乳をこんもりのせていただきました。

うわッ最高だわ

余談:

昨日のサッカーオーストラリア戦、母子三人で盛り上がりました。

翌朝、次男恒例玄関の羊さんの配列決めですが、

P1020658


「試合はじまるよー。早く早く~」

テレビの前に陣取る羊一頭。

二階から慌てて駆け下りてくる2頭。

最後、ちょっと出遅れ気味のネコ…だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海苔巻き唐揚げチキン

鶏むね肉を安さに負けて買ったものの、何に仕上げようか悩みます。

普通に唐揚げにすると決まって「固い」と文句をいう。

なら変わり揚げにして、ちょっと小ぶりにカットしてみたら目先も変わり食べやすくなるのでは?と、本でみた海苔巻き揚げチキンにトライ。

P1020608


酒・しょうゆ・塩で下味をつけた鶏むね肉に卵をからめ、

海苔を巻き、

小麦粉と片栗粉を合わせた粉をつけて揚げます。

揚げたてはサクッと香ばしくお酒にもピッタリ

ただ、冷めてくるとやはり胸肉のぱさっと感が出てきます。

小ぶりにしてよかったかも。

お皿には巻いて食べるように青じそを出しましたが、

これがまた冷めてもさっぱり美味しくいただけるので、

次男青じそおかわり。

いそいそベランダへおもむき、摘んで洗って振って水切りしたらお皿にポン。

副菜はさっぱり系を多くしてみました。

・オクラと山芋のおひたし

・れんこんのにんにく醤油炒め

・人参と大根のおなます

なかでもオクラと長芋の小鉢は好評でした。

みりんとだし醤油を合わせたものに漬け込むだけ。

ある程度時間をおいた方が長芋にも味がしみます。漬け汁もたっぷりめに注ぎ、一緒にすすっていただくくらいが喉越しも良いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンバーグ

久々にハンバーグ登場。

P1020628


しかもこの大きさ

なぜかって

…それは、ワタシのおかげなんだよ。

お腹の調子が悪くって、急遽夕食を控えることにしたワタシ。

合挽き肉は購入済だったので、それを3人で分けてもらったんです。

いつもより大きくって、こどもも喜びましたとさ。

ワタシはでしたが…

副菜は、グリーンサラダとにんじんのミルク煮。

ワタシが食べられない分、シンプルにいたしましたヨ。

腹いせ…ではありませんヨ…決して。

妬み…ではありませんヨ…決して。

手抜き…でも、ありませんヨ…決して…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NFLフラッグフットボール日本選手権東京埼玉地区予選

午前中~午後にかけては真夏日かと思いきや、

夕方からシタシタ…と雨が降り出すこの熱帯気候。

今春からこんな様子が続いてはいましたが、

自転車で遠路繰り出したのでこの日ばかりはかなり焦りました

午後から東伏見にある早稲田大学アメフトグランドにて、

NFLフラッグフットボール日本選手権東京埼玉地区予選最終日。

朝はいつもよりゆっくり寝ていたので、お昼ごはんは現地で摂ります。

P1020640


これでもお弁当です

留守番用に作った鮭とレタスのチャーハン。それをタッパーに詰め込んで。

卵ときゅうりのQちゃん風漬物のっけ盛り。

Qちゃん風は、水・醤油・みりん・砂糖・酢・生姜・唐辛子・出しの素(粉末)を煮立てて漬け込むこと数度で出来る簡単漬物。

チャーハンは黒ゴマがプチプチ弾けて、見た目は地味~ですが、滋味でごじゃりますぅ(←ドラマ大奥風)

さすがにこれだけでは足りず、近くのふしみ団子で、団子とすあまを購入し、糖分もしっかりチャージいたします

さて、試合結果ですがブロンコスはプライマリー1チーム、キッズ2チーム中、1チームが関東大会へコマをすすめることとなりました。

来週は東京埼玉地区内での順位決定戦、再来週はいよいよ関東大会です。

P1020641


夕食はカレー。

朝のうちに用意しておきました

P1020639


久々のコスモ直火焼きカレー・ルーを使って。

P1020642


食後は夕方に長男が作ってくれたミルクゼリー。

カットに凝りだしましたネ

P1020643


勝利を祝って、次男チョイスのファンタオレンジで乾杯です。

暑かったので、美味しいなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんまの梅煮

練馬の気温がなんと30度をマークしたという真夏日(まだ6月頭なのに)。

さんまの塩焼きポン酢か、さんまの梅煮にするかで悩み、

P1020627


こどもに尋ねたところ、梅煮に決定

お酒・みりん・しょうゆとともに、たっぷりの生姜と梅干を一緒に入れて炊くだけの簡単レシピ。

…ですが、崩した梅の酸味がほどよくお魚に合うんです

こんな暑い日にピッタリなレシピ。

副菜もさっぱり系で飽きずに食べてもらいましょう

・冷奴青じそとポン酢

P1020626


副菜続き。左から

・にんじんしりしり

・ごまのナムル

・ほうれん草の白和え

副菜を何にするか悩んだとき、ごまのナムルとほうれん草の白和えはすぐに決まったのですが、あとひとつ色が足りないな~とウンウン唸っていたら…

「なぁにぃ?」と次男、台所に登場。

いやさぁ、かくかくしかじかで色が寂しいんだよねぇ…なんてボヤいていたら

「にんじんしりしりなんていいんじゃない?」とGoodアドバイス

次男のおかげで寂しい色遣いがちょっと明るくなりました。

ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船橋屋の豆かん

いただきものです。

江戸時代からの老舗、

亀戸天神の船橋屋。

くずもちで有名なお店のようです。

P1020635


いただきものは、塩豆と寒天が入ったシンプル極まりない逸品。豆かん・黒蜜付き。

老舗の自信がうかがえます。

ゴロゴロと塩豆がとにかくたくさん入ってます。

よくありがちなぼそぼそ感はなく、皮がポロっと剥がれるわけでもなく、

いい固さに仕上がってます。

ワタシは西日本育ちなので塩豆には馴染みがありませんが、江戸前がこれだと言われればなるほどそういうものか、と控えめな塩っけをこの際存分に楽しみます。

寒天も固すぎず柔らかすぎず、歯にあたればクスッとつぶれるほどの弾力。

P1020636


オレンジをカットして、一緒に楽しむことにしました

黒蜜の甘さが塩豆でさらっと流され、なんとも後味がよろしい…

どうもごちそうさまでした

さてさて…

ついでながら、我が家に最近仲間入りしたそば猪口をお披露目

P1020637


現代ものに比べれば一回り小さなサイズのそば猪口。

明治~大正ものらしいのですが、

龍のまわりにちりばめられた雲がドットのようで非常に愛嬌のある猪口なのです

Ca3h0231


あまりの可愛さに吉祥寺PukuPukuより連れて帰ってきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭のクリームソース

久々にホワイトソースを作って鮭にかけてみました。

P1020604


鮭は塩胡椒をして小麦粉をはたいたら、オリーブオイルでこんがり焼きます。

ホワイトソースには玉ねぎのスライスも一緒に。

ちょっと多く作りすぎてお皿からはみ出んばかり…

ホワイトソース好きの次男は「美味しい

そうでもない長男は「う==ん苦しい」

評価は半々。

けれど、大人気だったのが副菜のきのこのソテー。

オリーブオイルとにんにくで、じっくりエリンギとしめじを炒めた後、ささっとワインをふりかけ飛ばします。塩・胡椒・乾燥バジルを加えて出来上がり。

冷めても美味しい副菜です。

他には、

・小松菜のソテー

・マッシュポテト

・カットトマト

もったりしたホワイトソースにマッシュポテトはかなりお腹にたまったようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベビーキルト~ヨット柄

月一パッチワークの会。

ベビーキルトで、

ヨット柄のものと、チューリップ柄のもの、2枚を制作中です

この日は、モチーフをつなぐ布のカットと接ぎ方を習ったところで終了。

単純作業は家で次回までにやってくることにします。

あとはおしゃべり、おしゃべり

P1020615


ここまで出来てくると完成のイメージもつかみやすくなり、もうひと頑張りしようと思えてきますワ。

次回は1ヶ月後。

足りない布も出てきそうなので、早め早めに色合わせを済ませておかなくちゃ。

並行作業でやっているチューリップ柄のほうも考えなくては…

そして…作業のあとはお楽しみ、お茶の時間

P1020617


今回のお当番さん、

今の時期にピッタリなレモンケーキをおだふじ(練馬区東大泉)さんで購入してきてくださいました

この手のお菓子、トッピングのチョコ部分の香料がきつかったりして残念なものが見られますが、おだふじさんのは違いました。

レモンの皮を使う程度にとどめているせいか人工香料が感じられません。

素直に美味しい~~~と思えるお菓子で、みなさんが上品にいただくなか、数口でペロリしてしまったワタシまた、食べたいな~~~と切に思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Butcher’s table

大泉学園のユニクロ隣にあるハンバーガーショップ、

ブッチャーズテーブル。

P1020622


中間考査中で給食なしの長男を連れてランチにやってきました。

P1020623


お天気も良く外で食べたかったのですが、入店時には外は満席でしたので中で着席。

P1020618


ワタシはサーモンとクリームチーズのサンドイッチとアイスティー。

P1020620


長男はブッチャーズバーガーとコーラを頼みました。

ハンバーガーは人差し指の長さほどの高さ。

ボリュームはたっぷり。ポテトもたっぷり。

そして平日ランチについてくるコーラのサイズの大きいこと

これが出たときの長男の驚く顔と喜びにかわる顔を見たくて連れてきたのです。

コーラ大好きですから。

ワタシは以前、バーガーのスモールでもお腹いっぱいだったというのに長男は普通のサイズで完食。

やはり、男子の胃は違いますね。

背はちっちゃいけれど…

ワタシはサンドイッチを美味しくいただきました。

お腹いっぱい。

満足です

これであと一日、中間考査がんばってもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小ふぐの天ぷら

小ふぐの一夜干し。

そのまま焼いていただくのもいいですが、

どうしても酒の肴っぽくなってしまう…

なので、天ぷらにしました。

他にお野菜もいろいろ…

P1020569


小ふぐは骨がグサッと刺さるので、食べる最中にも油断なりませんが美味しいので子どもたちも珍しく文句を言いません。

P1020570


いかの一夜干しも買ったので、こちらは七味唐辛子をふったマヨネーズで

一杯のいかを目前でハサミを入れてカットしていくと食欲が高まるようで、

競うようにして食べてました。

結局、

酒の肴になってしまいましたね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱庭的

2年前ほど前、長男が作った図工作品。

端木切れを継いで作るドールハウス。

尺のあまり具合に「コレはわざと」と疑問を抱かせる長男らしい大雑把な作品。

飾る所が見つからず、今も玄関の下駄箱の上に鎮座しております。

そこにやはり2年ほど前から住みつくようになった羊3頭+アジアンチックなネコ1匹。

いつも彼らは(彼女らは?)次男の手により、登校前にいろんな配置をされるのです。

その日その日にストーリーがあり、面白いのですが、

今日は雨のなか、影おちた感じがまた良くて思わずパチリ

P1020607


何やらご相談の様子…

なにを計画してる?

明日に組む隊列でも考えてる?

こうして今日も色々妄想の世界に飛んでゆけそうなドールハウスのひとコマでした

(ワタシも密かにときどき配置を楽しんでおります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

marbleSUD ムック本

本屋に行くと店頭で真っ先に目に飛び込んでくるのは、厚みのある箱のついたムック本。

いつもチラリと見回して「ふ~ん…」で終わってしまうのですが、

過去2度marimekko本にハマった経験あり。

お得というより、この柄が欲しいと思わなければ手にとらないタイプです。

…が、

久々血迷ってしまいました

たまたまネットで見つけた、あじさい柄のグラニーバッグ。

それがとてつもなく欲しくなったのです

この柄、ここのオリジナルデザイン。

作ることもできないと知ると、なおさら欲しくなりました。

早速近場の本屋へ足を運び、店頭に積んでないのを確かめ(4月下旬発売だったので無理ないか)カウンターで取り寄せ依頼をします。

…ところが、

ない。

出版社在庫が既にZERO~~~

こうなると、現時点で若手客のいない立地条件の本屋さんでの在庫を探すしかなし…。

とも、考えたのですが…ムフフフ。

ちょっと閃いちゃったんです。

プ、プ、プ…と番号を押し、繋いだ先はショップ。

そう、そのブランドショップだったら在庫あるかも…と考えたのです。

ビンゴ~ありましたッイエィ

P1020572


即自転車で取りに行きましたよ

コレが欲しかった付録本=ムック本。

マーブルシュッド、と読みます。

吉祥寺店があって良かったン

電車でいくような店舗なら、たかがムック本…と諦めてたかな。

手書きのテキスタイルを信条とするブランドで、若手対象っぽくはあるけど、オトナでも部分使いで着こなせそうな洋服がいっぱいありました

P1020606


A4サイズもすっぽり入るというサイズの布バッグ。

ちょっとゴワッとした触りが気になりますが、これはおいおい洗ったりすれば治まるのでは?と期待をもって…

取っ手までぎゅっと丸いのが気に入りました。

いっぱい使っちゃおうっと

オリジナルのあじさい柄も、独特の世界観があってカワイらしく、旬でもあるのでいっぱい使っちゃいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏を焼いただけ

バタバタとしてしまった日。

こんな日は鶏肉を焼いただけをえいやッと勢いで出します。

P1020549


剥がした皮をまずは焼き、塩をふる。

身もある程度脂を拭き取ったフライパンでそのまま焼いて、塩と山椒をふる。

出た脂を使って、ほうれん草を炒め軽くオイスターソースをたらして胡椒をふり副菜も出来上がり。

P1020550


鶏肉を焼いている間にはこっちのさっぱり酢の物を作ります。

乾物の切り昆布をさっと洗って、少量のお水とともにレンジに入れて加熱して戻し、その戻し汁にみりんを足してさらに加熱してアルコールをとばし、その後酢と薄口しょうゆを足して、サイコロ状にカットした長芋と、塩をふってしぼったきゅうりを一緒に和えてごまをふって出来上がり。

あとは、納豆なり、昆布なり出してご飯をたっぷりといただきます。

「えこれだけ」と手抜きがバレましたが、

皮をしっかりカリカリに焼いたところは評価してもらったようで、結果喜んで食べておりました。

良かった、良かった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お刺身にはいろいろさっぱりした副菜を…

練馬谷原交差点からちょっと北西にのぼるとあるフレッツ。

倉庫が3棟たち、

野菜・肉・日配、魚介、缶詰・粉や調味料類に分かれた見るだけでも楽しいお店です。

光が丘で練習の帰り道、次男と立ち寄ると必ず次男は魚コーナーへ。

生きている貝やエビ、珍しい魚もたくさん見られるからです

威勢のいいお兄さんたちがその場で手早くさばいてくれるのも嬉しい。

いつも切り身でパック詰めの魚ばかりを見ているこどもには新鮮な光景なのです。

ここに立ち寄るとワタシもテンションがあがり、魚メニューが多くなってしまうのです。

この日はお刺身。

旬の生しらすも購入。

P1020562


青じそはプランターですくすく育っているので、

好きなだけちぎって使います。

P1020564


副菜は、さといもといんげんの煮物。

P1020565


長いもの梅しそと酢の和え物。

一番人気はこれでした。

ちょっと暑い日でもあったので、こうしたさっぱりしたものが人気あるみたい。

梅干に添えてあるしそを、酢と合わせてミルサーにかけペースト状にし、長芋に和えただけ。できるだけ長時間おいておかないと、なかなか染み込んでくれません仕上げにゴマをふって出来上がりです。

しゃくしゃくとした食感も爽やかですよん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベビーキルト~チューリップ柄

このところ、特に用事がなければ家に引きこもり生活。。。

日差しも強くなり、外出すると疲れが夕方に出てしまい寝込みかねないので…

家では、

時代小説をまだ継続読書中。

その合間に息抜きがてら読んだ東野圭吾の「宿命」。

いろんな秘密のなかに、予想だにしない答えが隠されているのは東野圭吾ならでは。

最後の一行は、ちょっとキザなセリフも入ってたりして。。。

犯人はあれれこんな人だったの?なんて動機がちょっと荒削りなところもあるのは初期作品だからなのかな?

そのへんは片目をつぶるにしても、色々な人間模様が、こう繋がってくるのか…と驚く仕上がりでした。

本を読む合間にやること。

最近ハマっている「最高の愛」の録画を見ること。←たまに韓流ドラマにハマる

そして、ベビーキルト製作。

ヨット柄で製作中のなか、出来たら兄弟でひざ掛けとして共有してね、と軽く口をすべらせてしまったのが運の尽き

自分たち各々で欲しいそうです、ハイ。

同じ柄なのも面白くないので、もう一パターンとして製図をいただいていたチューリップを見せて、これになるけど…と諦めるかな~と見込んで見せたら、意外や意外。

「うん、コレがいい…ね、バラはないの」とノリノリ次男。

…こうしてチューリップ柄のモチーフ制作にも入ることとなりました

せっかくだから女の子っぽく見えない、元気な色にしよう、と考え、

Piece1


こんな色に。

明るいトーンですが、自分的には男子でも使えそうな配色…と思って…思い込みますPiece2


基本はこの2色チューリップで。

葉っぱの色も2パターン。

これらを6つつないでベビーキルトへと仕上げる予定です

今月のパッチワークの会が今から楽しみでなりません

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あじフライ定食+ミルクゼリー

ふっくらしたアジが買えたので、

迷わずあじフライ~~

P1020553


揚げている最中にも身がぷくっと厚みを増してくるのが分かりテンションアガります~

魚のフライに相性がいいのは、やはりマヨネーズでしょう

P1020554


なので副菜は、

たっぷりマヨネーズと粒マスタードを加えてごぼうサラダ

さっぱりとさせるためにトマトも不可欠。

P1020555


野菜もも少し追加。

パプリカ、青梗菜、新玉ねぎとで豆腐チャンプル。

ビールが合う~ッってメニューですが、

このごろ疲れやすくなっているので、飲む気分にはならないんですね。

毎日飲んでるんじゃないの?と思っているワタシの知人たちに聞かせてあげたいです。

ワタシも飲まない日はありますハイ

結構正直にカラダが欲するもの、差し止めしておいた方がいいもの、がわかり易い方…だと思います。

そんなときに…

するりと喉越し良いゼリーが食後に登場です

またしても長男がいそいそ台所に立って夕方作っておいてくれたもの。

こんな体調のとき、油モノ料理の後に、嬉しいねぇ…

P1020556


「びっくり杏仁だから」と前振りの長男。

なにもない、白い器に白いゼリー。

P1020557


スプーンを差し入れ食べ進めば

「おぉッ

底にパイナップルが隠されていました。

ごちそうさまです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キューピー マヨネーズ

最近、マヨネーズをよく使います。

いろいろなメーカーのものをそのときに買いますが、

カルディで可愛い瓶入りを発見。

キューピーのもの。

迷ったあげく、両方買っておきました。

すぐになくなるしネ

空いたときが楽しみな瓶なのです

P1020559

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩麹スープ

朝ごはんのスープ。

いつもは塩で味付けるところを、塩麹で代用。

P1020534


ぷつぷつと麹が浮かぶさまを見ると、

それだけで美味しそうに見える…

シアワセだわぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭のムニエル

ムニエル、と聞くと中学の調理実習を思い出します。

この日は鮭のムニエル。

P1020543


ふっくら美味しそうなノルウェーサーモン。

どう調理しようか考えすぎて原点に。

塩・胡椒・小麦粉をはたいて焼くだけで十分美味しい。

副菜は、

・そら豆

・れんこんとえびの炒め煮

・ピーマンとナス、エリンギの味噌炒め

P1020544

茄子とピーマンが食卓によくのぼるようになってくると…

夏が近づいてきたんだな~…と感じるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

男子中学生のお弁当

この日は朝から長男のお弁当…を、

朝の旗当番に間に合うよう製作。

前々日までは、うひゃ~登校時間までに化粧も間に合うなんて心配していたけれど、

よくよく考えた前日。そういえば、次男が幼稚園に通っていた頃は、毎日お弁当で、長男の小学校の旗当番が重なるときもあったんだった…と思い出し、すっと気が軽くなりました。

そんな軽い気持ちで作ったお弁当。

P1020546


あれこれ何にしようか考えて作るより、短時間で作れたかも。

気負うと時間が余計にかかるものなんですね。。。

おにぎりは3種を5個。ちょっと多いかな…と思いつつも移動中に寄って形が変形するよりいっか…とぎゅうぎゅうに詰め込みます。

おかずは左から

・れんこんと鶏肉の甘辛煮 スナップエンドウ添え

・ネギとパプリカの卵焼き

・枝豆

・切干大根、にんじんと切り昆布の炒め煮(前日のおかずをまわします)

・きゅうりと切り昆布の塩麹漬け

・プチトマト

卵焼きは密かに♥のカタチに詰め込んだのですが…

気づかれなかった…

ま、そんなもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »