« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

満月の夜、ハロウィンモードの月見だんご

昨晩は満月。

インフルエンザ予防接種に行った帰り道、薄雲の合間からまぁるいお月さんが見えていました。

「キレイだねぇ~」

と私が言えば、

「そうだ、お月見団子作るんだったよね

夜なのに、自転車をこぎながら大声を張り上げる長男。

うわぁ…覚えていたか。

先月の満月のとき、お団子食べたいとうぎゃうぎゃうるさい長男をおさめようと

「じゃ、次は10月30日だからそのときにね。」

と約束しちゃったんです

夜も遅いし、

太るからいやだなぁ…と

思いつつ(子どもが目の前で食べているのを見るだけというのはどうも我慢ならなくて…)

ミニサイズで作ることにしました。

P1040157


小さめそば猪口と小鉢に入るくらいの、白玉。

P1040158


小豆を入れたかったので、ちょこんとスプーンで丸めてのせます。

甘いだけだと締まりがないので、オレンジを入れてハロウィンのカボチャカラーっぽく色でも楽しみます。

どぎつい色も足したくて、紫芋の粉を練りこんだ白玉もプラス。

最後に黒糖で黒蜜を作って、たらりと回しかけて出来上がり

ちょっとだけれど、この時間帯、丼を食べた直後なのでちょうどいい量。

子どもたちも満足。

次男のゆで卵もいただけたし、お月見だんごも(串にささってたり、四方盛りになってないけど)いただけたし、予防接種一回目も無事終わったし、いい満月の夜の過ごし方でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぐろとサーモンのアボカド丼…とゆで卵

P1040156


半熟ゆで卵

なぜこっちがメインに写真を撮っているのか、

訳があるんです。

初めて、次男がひとりでガスコンロを利用して作ったおかずだから

「今日、おかーさん、ボクおかずを作るね」

それを最初聞いたとき、

またヘンテコな…(失礼)野菜ざく切りサラダが出てくるのかと思ってたんです。

ところが、

鍋を出して、

ボウルを出して、

水を張って、

タイマーを傍らに置き…

そこからは台所に入ってないので見てはいないのですが、

「はい、どうぞ( ^ω^)_凵 」

出てきたのは、

岩塩を小皿にちらして、

ボウルには氷水にはなした卵たち。

学校でゆで卵を習ってきたらしいのです。

ちょっと感動しました

周りには同学年でお料理のできる女子が結構いて、すごいな~と常々感心していましたが、次男に関しては特に期待はしていなかったんです。

そろそろお米の研ぎ方くらいは覚えてもらわないとね…くらいで。

だから、(おかず…とは言わないけど)自ら進んで入ってくれるなんて思いもしなかった。

嬉しいなぁ…

半熟加減もいい美味しいよ~。

ごちそうさまです

と、忘れてました。

この日の晩ご飯。

P1040154


まぐろとサーモンのアボカド丼。

下にレタスの千切りがたっぷり入って、食感がいいんです

わさびをたっぷりきかせた醤油をまわしかけていただきます。

長男の膝の故障と、インフルエンザ予防接種で夕方から外出。

帰宅したのは7時をまわったころ…。

お米だけは、先発診察券を出しに行ってそのまま病院待機の私に代わって長男に研いでスイッチオンまでお願いしておきました。助かるわ~。

簡単にできる丼で、子どもたちも好物なので良かった良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当~ちょこっとハロウィン

校外学習の日。

晴れてホントに良かったです

早出なのでお弁当も早めに用意。

残すところ一日でハロウィン気分もおしまい…ってことで、

ちょこっとハロウィン気分のサプライズ。

もっといろんなデコもあるのでしょうが、ワタシにはこれで精一杯

P1040152


・オバケちゃんオムレツ。

なかには、ベーコン・玉ねぎ・グリンピースの入ったマッシュポテトを入れてあります。

ほかには、

・いんげんとにんじんの肉巻き甘辛

・かぼちゃの煮付け

・いんげんのコチュジャン黒ゴマよごし

・赤かぶの甘酢

ご飯は、リクエストとおり鮭がたっぷり。

遠足じゃないから、学習のまとめがいがあるような収穫を楽しみにしています。

お土産にばっかり気をとられるんじゃないよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バースデーカード

父の誕生日に合わせて、

池袋パルコの上階にある世界堂(文具店)に行った際、

数色のキャンソン ミ タント紙を購入。

両親や、今は亡き祖母に送るバースデーカードはここ数年、この紙を使って手作りにすると決めています。

その人のことを考えながら色を選ぶのは楽しい

何となくどんなカードにするかもイメージしつつ選んだのは今回3色。

濃いピンク色

濃いカーキ色

キャラメル色

生まれ年にちなんでイノシシをモチーフに。

P1040109


フリーハンドで楽しく切ったり、描いたり、貼ったり

字は自由すぎて…もうすこし肉太にしても良かったかな

P1040111


ぷっくりうり坊は我ながら気にいってます。

描いているうちに四匹に増えちゃった

水性ボールペンだとタント紙にキレイになじんでなんだか上手くなった気分になれる。

P1040113


カードのおもて。

実はイノシシにしようとしたアイディアの発端は、次男の折り紙。

最近ハマっている折り紙で次から次に仕上がる作品のなか、イノシシ発見。

その味ある表情、カワイイ

父の誕生日にも近かったので、お願いしてカードの表に使わせてもらいました。

ポケット部分は草むらをイメージしてチョキチョキ。

そこからヒョコッとイノシシが顔を出しています。

P1040114


ちゃんと自立できるんですヨ

おとうさん、

しばらくはこんな風に飾ってもらえると嬉しいな

お誕生日おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

日曜。

午後からの雨予報のはずが、午前10時をまわって早くも降り出しました。

こんな雨のなかでも長男サッカー試合です。

寒かっただろうな~~

P1040133


朝は6時半くらいには出ていったけど…

おつかれさんです。

お弁当は、

熱変換してもらうようご飯をたっぷり詰め込みます。

トッピングはリクエストどおりの昆布。

おかずは…

・ブロッコリのニンニクソテー

・鶏肉の合わせ味噌漬け焼き

・にんじんのナムル

・海苔巻き卵

・かぶの梅じそ漬け

鶏肉は、

白味噌とコチュジャン、お砂糖を合わせて牛乳で溶きます。

これに漬け込むこと20分くらい??あとはじっくり焼き、山椒の粉をふるだけです。

かぶは、隠し包丁を入れたら軽く塩をふっておき、

梅じそを叩いたのに、酢と砂糖を足して浅漬け状態に。

今回は彩りはっきりパターン。

いつも茶色でくすんだ印象なので珍しいかも。

やはり食欲は色、ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛丼

休日のお昼ご飯、

牛丼なんて何年ぶりなんでしょう。。。

急に食べたくなり、土曜のお昼ご飯に作ってみました。

P1040126


玉ねぎ、生姜、牛肉。

シンプル極まりない材料を

酒、みりん、砂糖、醤油で煮込みます。

つゆだくで紅しょうがをON。

美味しいなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かぼちゃのベイクドチーズケーキ

巷はハロウィンですが、

今年は子どもたち、何のイベントにも参加しないままですので…

せめて気分だけでも、とお菓子を作ってみました

かぼちゃのベイクドチーズケーキ。

かぼちゃをマッシュして牛乳でのばし、

お砂糖は、黒糖主体で。

コクのあるベイクドチーズに仕上がりましたよん

せっかくなので、クリームをぽとん、と落としてお化け風に…

P1040128


こげ茶はチョコペンで。

周りのマシュマロ、かぼちゃのカタチで可愛かったので購入。

P1040130


四等分にして、じゃんけんで一番勝ち。

吹き出物が出るといやなので、クリームが一番少ないのをチョイス。

二番勝ちの次男は大喜びで大きくクリームデコが入ったものをチョイス。

三番手のおとーさんはマシュマロが一個多いのをチョイス。

四番手長男は、「なんでオレのには何もないんだよぉ」とうぎゃうぎゃ言いながら残りを取ります。一番負けだから仕方ないでしょ。

P1040132


かぼちゃの甘みと黒糖の組み合わせは正解だったようです

美味しい

お化けちゃん、食べられて殊更「うぎゃ~」という表情が似合ってますゾ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国お惣菜

新宿&新大久保買い物から帰宅。

歩き疲れ、この日は母子三人の夕食…ということもあり、

前もって新大久保でお惣菜を購入。

買ってきたものばかり…というのは珍しく、

子どもたちも

「これは作ったの?どれを買ったの?」

と聞いてくる始末。

(ΦωΦ)フフフ…楽させていただきました。

P1040119


手前から

・サムゲタン

・キンパ

・チャプチェ

・ブロッコリのにんにく炒め

「チャプチェは作ったんでしょ?」←普段だと作る派

ブブーーッ買ってきました~

「この鶏のは作った?」

ほぼブブーーッネギと水菜は切って入れましたが、他はパウチパックです。

「キンパは買ったでしょ。」

ピンポーンワタシが作るともっと厚切りにします。

「ブロッコリは作ったね。」

ピンポンピンポーンどこをどう見たって韓国惣菜ではないもんね。

P1040120


キンパは1本だけ購入。

サムゲタンのもち米とスープできっとお腹がいっぱいになるかな…と思って。

P1040125


正解です。かなり満足感あります。

内容量1kg。鶏は半身。ソウル市場オリジナルのパックを購入。

しっかり鶏の旨みを感じるスープに、ほろほろと全がゆ状態のもち米。

ネギと水菜を足して、食感もプラス。

美味しい~~~~

P1040121


南大門市場のお惣菜コーナーで売ってるチャプチェは味もひかえめ、お野菜もしっかり入ってお手頃価格。これをお手本にしていつも作っています←おんなじように作れないけど

P1040122


もうちょっと野菜プラスしたい…ってことで、申し訳程度に一株のブロッコリ。

シンプルにゴマ油、塩、にんにくのみで味付け。先に蒸してあるので味もしみやすく簡単なおかずです

P1040119_2


最初は「足りるかな?」でしたが、「十分、お腹いっぱい」でした。

満足、満足。ちょうど鉄鍋(数年前近くの蕎麦屋さんが閉店ということで払い下げでGet)でサムゲタンいっぱいいっぱい入るサイズがあって良かった

P1040118


こちらは今日ソウル市場で購入したもの。

オットゥギのゴマ油が今までで一番安く買えました

サムゲタンも買ったのは初めて。

いろんなメーカーが並んでいましたが、選んだのは当スーパーオリジナル。

大きなお店だしオリジナルとうって出るからには下手なものは出さないでしょ、と読み、当たりで良かった

南大門市場では、キンパとチャプチェ。

色々スーパーがあるので、覗いてみると面白いですよ

梨やりんごも料理に使うので美味しいものが袋に詰められてお買い得なプライスで売っていたりするので、過去何度か重いな~と思いつつ買ったことも。

おうちごはん@新大久保惣菜、美味しかったですごちそうさまでした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おんどる 新大久保本店

またもや おんどる新大久保本店でランチです

朝10時からの激早ランチ

この日の主目的は、オカダヤ新宿本店(手芸店)にあったので、まずは腹ごしらえ。

Ca3h0366


ランチビールとおこげマッコリで乾杯~~

時間を考えると…早いですが、ま、景気づけです。

このあと、色々目的のものを探し、(かなりの重さ)持ち歩くという使命がありますから

ナムルやキムチがここは美味しいので、お料理が来るまでつまみつつおしゃべりに花を咲かせます。

Ca3h0368


お友だちは、辛いのが苦手だということで

石焼チーズプルコギ丼。

「辛くないのでお子様にも大人気~」とメニューに書いてあるとおり、美味しくってマイルドだったようです左横はスープ。この日はじゃがいものスープでした。

Ca3h0367


ワタシも珍しく初トライで豆もやしのビビンバ。

ここで辛くないものを頼むのはサムゲタン以来

「驚きの美味しさ!リピート率No.1」などとメニューに書かれてあったのと、豆もやしファンなので釣られました。もちろんスープもついてきます。

ご飯の上には豆もやし、ひき肉のそぼろ、ネギと超シンプル。

これに手前の合わせダレ(これが肝心要なのでしょう)を適量入れて混ぜていただきます。

「全部入れたらしょっぱいですよぉー」と笑顔でアドバイスを受けたので、加減しつつ入れて混ぜてはいただきます。

ウン、美味しい

シンプルなのに、じわっと美味しい

小皿のナムルやキムチをつまみつつ、マッコリを飲みつつ、このビビンバ、いい感じです

材料のシンプルさを考えると割高感ありますが、美味しいので文句はありません。

辛いのばっかり食べ続けた後、これが欲しくなってくるかも・・・。

豆もやしの美味しさも申し分ありません。

満足

ここのお店は、他店よりずっと安くて美味しくてメニューも豊富。接客もよいのでなかなか浮気できません

早めのランチを終え、最後にお楽しみのオカダヤ新宿本店をとっておき、

その後、ソウル市場(スーパー)、スキンガーデン(化粧品専門店)、南大門市場と新大久保巡回を楽しんだワタクシたちなのでした

おそらく総重量3-4kg?なで肩にはツライ重さです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡蠣フライ

このところ、きがつけば揚げ物。

ヒジョーにまずいサイクルです

間に鍋などのさっぱり系が入ってくるので、振り幅が大きくなるのかな…

気をつけよう

この日は牡蠣フライ。

パックを開けてみたらひとつひとつが小さな身

ありゃりゃ~~~。

道理でお安かったはずだわ。

衣をつけるとき、ふたつでひとつに合体させてみます。

P1040085


P1040087


ちょっと揚げすぎましたか

副菜は、

・りんごと白菜のカシューナッツサラダ

・ごぼうやいんげん、にんじんのきんぴら

揚げ物のあと、さっぱりしたドレッシングで和えたこのサラダは口のなかがさっぱりします。

母が昔白菜とりんご、水菜とナッツのサラダで作ってくれたので、それをその日の気分でちょこっとアレンジ。でも、淡白な味の菜っ葉類とりんご、ナッツという組み合わせだけははずせません。

P1040086

この小鉢、

ドットのいろみが可愛くって、一目惚れ。

石神井台の雑貨屋さんcopseで見つけた作家さんのもの。

一点一点の違いが楽しく、柄物系は揃いで買うよりサイズで合わせて出会いで買い足していったほうが良さそう。そば猪口はきんぴらや酢の物、ゼリーなどを入れたりするのに重宝しているのでひとつ増えてもふたつ増えても我が家ではウェルカムなのです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉団子鍋

先週末、今シーズン初めての鍋解禁

キムチもつ鍋でした

豚白もつは一度茹でこぼし、

もう一度新しいお水から、にんにく、しょうがをたっぷり入れて煮ます。

キャベツ、にんじん、長ネギ、ごぼう、もやし、豆腐…

最後にくつくつと煮たったところで大量のニラ投入

写真に撮ると何がなんだか…てな感じでしたので、撮りそびれ。

今回は今シーズン第二弾のお鍋。

肉団子鍋。

P1040093


豚肉と鶏肉のひき肉をあわせ、長ネギのみじん切りを入れて作りました。

つなぎは片栗粉と卵。

調味は塩、ナンプラー、酒、しょうがのすりおろし。

昆布でダシ取りをして、ゆだったところでぽとぽととひねり出した団子を落としていきます。

その後スープにも味をつけ、

にんじん、白菜、しめじ、長ねぎ、豆腐を投入。

最後に水菜。

外は冷たい雨でしたが、温かいものをとりいれポッカポカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松茸ごはんと鶏のからあげ

松茸ごはんの素を購入し、

簡単炊き込みご飯。

P1040032


ごぼうとエリンギも足して、何やらフツーにきのこの炊き込み

この日のおかずは、

大好きな鶏のからあげ。

P1040029


下味は、にんにくとしょうがのすりおろし・ナンプラー・酒・パプリカ・黒胡椒。

調味料を全部肉にすりこんだたら、溶き卵を揉み込み、小麦粉を振り入れて揚げます。

P1040031


副菜は、

・にんじんのナムル

・トマト&レタス

・ポテトサラダ

もりもり食べて、太っちゃうかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぐろとアボカドのわさび醤油和え

アボカドたっぷりでないと子どもたちに納得されない、

まぐろとアボカドのわさび醤油和え。

P1040026


その理由は…

アボカドを数切れ残し、あとで納豆と合わせてご飯にのせるため

アボカド納豆ご飯もまた大好物なんで

この日はとにかく子どもたちのご飯がすすんですすんで、

4合半はキレイになくなってしまいました

一体彼らは何杯食べたのか…

P1040027


副菜は、

・かぶのしらす昆布和え

・揚げかぼちゃのシナモンシュガー

 

かぶは、軽く塩でしんなりさせたところで甘酢と合わせます。

あとはふりかけのしらす昆布を混ぜ込むだけ。

揚げかぼちゃは、蒸したかぼちゃを強火でさっと素揚げし、シナモンシュガーをふりかけたもの。シュガーはそれほど多くかけていないのでうっすら香るだけでかぼちゃの甘み主体です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

揚げ肉団子

子どもたちが小さなころはしょっちゅう作っていた肉団子。

最近はたま~に。

ほんと、たま~に作るだけ。

ひき肉より塊肉をちゃんと噛める歯をもてるようになりましたから

成長を感じますね。

P1030941


久々の肉団子。

揚げたてはふんわり外はカリッとして美味しい

豚:鶏=3:1の割合でひき肉を塩、白胡椒、オールスパイス、しょうがで練り上げ、

玉ねぎのみじん切り(加熱済)、オイスターソース、老酒、醤油を混ぜたところで片栗と卵を投入しさらに練り、

人差し指と親指の輪っかでひねり出して油で揚げていきます。

翌日は味も馴染み、肉も締まっているのでお弁当にもピッタリ。

そういえば、幼稚園に通っていた頃は毎日お弁当だったからよく作っていたのかも

副菜は、

・ほうれん草のナムル

・ブロッコリのサワー漬け

・切干大根とにんじんの炊いたん

お野菜もたっぷり摂らなくっちゃね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かれいの煮付け

次男はかれいの煮付けが大好きです。

主人は魚の煮付けがキライです。

ほとんど手をつけずにこっそり捨てられたりすると、Σ(゚д゚lll)です。

この翌朝もΣ(゚д゚lll)な様を目にしてしまいました。

次男なんて

「なんでボクのは少ないの?」と嘆いてたのに…

今度から量は逆にしておこう。

捨てられるくらいなら小さい方にしておこう。←かなり腹わた煮えくり返っているワタシ

P1030943


かれいの煮付け。

しっかり煮汁も残して、

小芋も煮含めます。

美味しいのにな…

好き嫌いが多いのはホント困る。

残してくれるなら好きな人が食べるのに、食べ物が捨てられるのは憤懣やるかたありません。

P1030944

P1030945


副菜は、

・小松菜と厚揚げの炊いたん

・長芋のバター醤油焼き

長芋は味の含みが悪いので、最初に塩で下味をつけ、その後バターで焼いて、醤油も強めにしたくらいが丁度いいようです。今回、ちょっと薄味になっちゃった。

あぁ、それにしても憤懣やるかたなし&いいオトナがと思うと情けない…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々モニター応募

【10月新商品レポート大募集】11月新発売のおいしいスイーツセットをプレゼント! ←参加中 食欲の秋。 おやつの時間も、この季節限定ものが続々… モンテールのスイーツは、お皿に出すと 「どこのケーキ屋さんの?」 と聞かれることがあります。 美味しいですよね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポークソテー

豚肉ロースは、

とりあえず塩を強めにして、にんにくと黒胡椒をガツンときかせて焼くのが

子どもたちは好きなようです。

ちなみにおとーさんは豚カツ派。

この日も

ソテー。

P1030875


付け合せを珍しくフライドポテトにしてみました。

あとは小松菜のソテーと、にんじんの粒マスタードレモンサラダ。

ちょっと焼きすぎて固くなってしまいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太刀魚のから揚げ

ワタシは太刀魚がホントに好きです。

水族館でチラチラとまばゆい光りを放って泳いでいるのを見たりすると、

「う~~~ん、美味しそう…」

と唾がこみあげてきます。

縦にゆらゆらする生態に興味は微塵ももたず、

脳内は切り身にした太刀魚を香ばしく焼き上げる様子でいっぱいになるんです。

けれど…

東京は太刀魚が高い。

福岡より、高い…

ように思います。

太った太刀魚を買う勇気がでません。

この日も薄い太刀魚を購入。

P1030940


この皮を美味しくいただきたく、から揚げにしました

背びれも皮もサクッとしてなかの身はホロホロ…

うん、美味し~~い

レンコンもチップスにしました。

副菜は、

・トマト

・いんげんとブロッコリのにんにく炒め

子どもも

「骨さえなければねぇ~」

なんてぼやきつつ、美味しそうに食べてます。

彼らも太刀魚は大好きらしい。

そもそも、嫌いな人っているのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏手羽元のさっぱり煮

今頃になって

夏の疲れ??

それとも気温差による疲れ??

夕方になるとどっと眠気が襲ってきます。

これはお酢をたっぷりとらねば

…というわけで、

定番鶏手羽元のさっぱり煮。

手羽先でもよく作ります。

とにかく骨付きなのが美味しい

P1030884


柔らかく煮たいので、staub鍋の出番ですよ~。

一番下にはごぼうの乱切り。

これ、我が家の定番です。鶏の旨みをしっかり吸ってくれるんです

それから手羽元。一本切れ目を入れておき、味の染みをよくするのと肉離れがよくなる効果を狙います。

それかられんこん。

たっぷりの生姜。

ここに、合わせ調味料をまわしかけ蓋をして加熱。

醤油、酢、みりん、お酒。お酒以外は同量。お酒は半量。

staub鍋の良さは水はなくても調味料や食材の水分が鍋のなかで対流し、旨みをがっちり封じ込めて調理できるということ。

普段のお鍋だとお水をたさないと焦げ付くので注意ですが、

これだと蓋をして中火で加熱、沸騰後5分間とろ火、火を止めてしばらくおけば出来上がりなんです。

ただ、このさっぱり煮の場合は水分をさらに飛ばしてしまいたいので蓋をとってさらにもう少し返しつつ煮込みます。

P1030886


うん、いい感じ

P1030887


あとは、蒸したかぼちゃと一緒に盛り付けて、

煮汁をまわしかけて出来上がり。

根菜もたっぷり。

お酢もたっぷりだけど、お肉なのですっごくまろやかな味に。

副菜に、

小松菜ともやしのナムルの小鉢。

これでカラダのリセットできるかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PIZZERIA&BAR LIONE

今年大泉学園駅南口ロータリーにOPENした

PIZZERIA&BAR LIONE。

先週の中学合唱コンクールの帰りに行ってきました

北口にあるエノテカ・リオーネの姉妹店。

Ca3h0323

ランチは、

サラダ前菜プレート

+

ピザ

+

ドリンク

で950円也。

ピザはメニューのなかから好きなように選べるので初来店で迷いました

Ca3h0318


店内にはテーブル席のほかにカウンターもあるし、

すっきりしたレイアウトに、

明るくってさっと気のついてくれるサービス。

陽気な風通しのよい雰囲気のお店です。

Ca3h0319

前菜サラダプレートはグリーンの下に前菜が隠れております。

フレッシュなお野菜とともにいただけて美味しい

ドリンクはジンジャーエールにしました。

Ca3h0320


連れのお友達が頼んだのはスモークサーモンのピザ。

Ca3h0321

ワタシはポルチーニなどのきのこピザ。

生地はもっちりナポリ風。

すっごく食べごたえあります

連れは半分でギブアップ。

ワタシも残り2ピースで満腹…

どうしよう(;´Д`)と困っていたら、

「良かったらテイクアウトなさいますか?」

といいタイミングで声掛けが…

嬉しいことにお持ち帰りができるんだとか

普段イートインでなくてもホールでテイクアウトもできるそうです。

これは色々なシーンで使えそう…。

Ca3h0322


プラス300円でドルチェも加えることができます。

カワイイ

お昼時間はあっという間に満席。

人気もあるようですね。

また来るときはパスタも食べてみようかな…

どうもごちそうさまです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・ドログリー

久しぶりにラ・ドログリーを覗いてきました。

フランスの手芸材料専門店で、

東京には渋谷と池袋(西武池袋百貨店)に店舗があります。

ここのビーズやボタンはとてもカラフルなのにシックにおさまるんです。

お店の方に相談すれば一緒に選んでもくれます。

ただし、つきっきりのコンシェルジュ状態になってしまうので、

先客がいると根気づよく待つことも必要です

今回は主人の超シンプルな替えボタンを紳士服売り場で購入した後、

上の階にあるラ・ドログリーの色に癒されに行ってきました。

(その前に、繋がっているパルコに入っている世界堂(文具店)にてタント紙選びで既に色の洪水にあってきましたが…)

ずらりとディスプレイされたボタンタワーには

前からずっと気になっていて、でも買えずにいたボタンが…。

ヨシ、と気合を入れ

ついに、ついに購入です。

服のようにそんなにもったいぶるほどの価格でもないんでしょうが…

ボタンひとつにしては立派なお値段です。

これでヘアゴムにしました

Ca3h0344


マットに見えますが、貝ボタンなので光沢があります。

面は薄く波打ち、平面でないのが珍しい。

さらに螺鈿細工が施され、きれいなあざみのような花模様。

35mm。

ラ・ドログリーのなかでは一番大きなサイズの部類では?

やっと手にいれたので嬉しくってたまりません

これからしばらくは毎日のように着けているかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たつみやのたい焼き

フラッグフットボールの試合が日大グランドと聞き、まず思いついたのが

「たい焼き、ケーキ、どっちにしよう」

…スミマセン、ホント真剣味が足りません。

でも食い気をワタシからとったら何が残るんでしょ…と思うほどに

朝起きたら昼何を食べよう…

昼を食べたら、夜はなんにしよう…

欲のかたまりでできた罪人です

Ca3h0324


試合もひと段落ついたので、帰りの保冷剤を用意してこなかったワタシはケーキ屋を諦め、一路たつみやへ。

行列がぐるりと続いてましたが、窓から覗く作業は見飽きず、待つ時間もまた楽しい…

Ca3h0325

Ca3h0326_3

その間に、購入枚数をすっごくすっごくワタシなりに悩んでおりました。

焼きたてはまず一枚食べたい。

…で、持ち帰りをマイナス1カウントで3枚にするか、

それともさらにもう一枚家でも食べるために4枚にするか…。

ブツブツぎりぎりまでおんなじ調子で言っていたので、同行した子どものお友達とーさんに苦笑されてしまいました。

「まあ、明日から気をつければいいんですよね。」と言えば、

ツッコまれ、

結局

「一枚その場で食べて、四枚持ち帰りです。」

とお店の方に伝えたその時点で

「やっぱり頼むんですか」

と最後のツッコミ。

ハイ、やはり今日は2枚食べて、明日から気をつけることにします

Ca3h0327


だって羽がついてるんですよ。

食べずにはいられませんョ

Ca3h0328


パリッとした皮に

しっかりたっぷり尻尾まで入った餡子がまた美味しい

「羽はおとさないでください。」

こういう注文を入れている声が後方で。

…なるほど。

ワタシもそうしたいところです。

こういう頼み方もあるんですね。

持ち帰り用はあとでしんなりするのも見越して、キレイに羽はカットしてありました。

その場で食べる場合も極端に広がった羽はハサミできっているみたい。

なので、こうした「おとさないで」というリクエストはアリですね。

ワタシも次回、通のようにこうして言ってみたいもんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生・小学生・母弁当

日曜。

長男は部活で試合(応援)。

次男はフラッグフットボールの地区予選大会。

そしてワタシは次男所属チームの応援。

父、単独行動。

というわけで、外出する三人分のお弁当づくりと在宅とーさんへの置き昼食。

P1030932


朝はバタバタとして、かなり差し迫った状況となったので長男一足先に蓋を閉め出発。

残ったワタシと次男分も出発時間が差し迫り、カメラもぶれぶれ…

「こんなに急いでいるときにカメラ撮る余裕ないでしょ」

次男からのツッコミも入ります。

ごもっとも。

テンパリ気味なので、ここでシャッターを押しちょっと気持ちを落ち着けようかと…

という言い訳をしつつ、

「ご飯は自分の好きなのをふりかけてね。」となにげにちょこっとやらせます。

P1030933


次男の好きなのは野沢菜ちりめん。

ちなみに今日のお弁当のおかず。

・ししゃもの黒ごま天ぷら

・切干大根、ほうれん草、きゅうりのナムル

・茄子とパプリカの味噌炒め

・だし巻き卵

・冷凍枝豆

P1030931


作っておいたのに、蓋を締めた時点で詰め忘れたことに気づいたサワー漬け。

(冷蔵庫にしまって夜つまみました)

おとーさんへはお皿に盛ってラップ

応援、来てほしいんだけどなーー…

試合結果。

長男たちの学校はここにきて一敗。←サッカー

次男たち練馬リトルブロンコス、3チーム中1チームは全勝。

来月関東大会へと進みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんまの塩焼き

秋に入り、

かますだったり、鮭だったりの塩焼きはやったものの、

秋刀魚の塩焼きをまだ食卓にあげていませんでした。

満を持しての登場です、さんまさんどうぞ~~

(満を持して…といっても準備も何も((;^ω^)イラナイが…)

P1030927


グリルで焼くと、受け皿に脂がたまるほどのってます。

これは期待できます

おろし大根にポン酢でさっぱりといただくのが良さそうかな、と醤油は片付け

骨からはずしてパクリ

内臓もしっかりして美味しい~~。

子どもたちにも食べるよう勧めます。

長男は頭頂部の骨と骨のあいだにある身が好きなので、格闘中。

(キレイに食べて欲しいんだけど~~…散らかしてる)

P1030926

さてさて、

これ。

茄子の味噌田楽に使ったもの。

茄子のなかをくり抜き、

唐辛子味噌、みりん、砂糖、で煮詰めます。

身は粗くしゃもじで崩しつつ、とろ~りしたところで茄子にもどしてグリルで焼くだけ。

P1030929


前回田楽を作ったときに味噌だれが濃すぎたので、今回は身をいれることで調整。

ほどよい濃さに。

右はほうれん草ときゅうり、切干大根のナムル。

切干大根は水で戻し、軽くゴマ油で炒めたあと他の材料と合わせ、

塩、おろしにんにくを和えます。

最後にオットゥギのゴマ油をひとたらし。

食感もいつものナムルと違ってコリコリして美味しい

翌日のお弁当にも使うことに決定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぶりかまのマリネソテー

ぶりかまを見るとすぐにやりたくなるのがマリネソテー。

ぶりは洗った後に水分をとり、

塩をふっておきます。

P1030920


いつもはヒマラヤ岩塩がお気に入りですが、お土産にいただいたハワイの塩を使ってみました。

ビニール袋に、

スライスしたにんにく、オリーブオイル、ローズマリーを入れて

そこへ塩をふったぶりかま投入。

30分ほどおいたら

熱したフライパンで蒸し焼きにします。

片面を返したところで白ワインをふり、さらにもう片面蒸し焼き。

なかはふんわり、外は焼き目のつくまで。

あとはたっぷりと粗挽き黒胡椒をかけていただきます

P1030921


骨の内側についたお肉がそれはそれは美味しい…

魚だけれど、ぶりだと肉と遜色なくガッツリした味に。

副菜は、

・いんげんとえのきだけ、大豆のソテー

・ブロッコリのレモンドレッシング漬け

・にんじんのグラッセ

子どももこれなら

「やった(((o(*゚▽゚*)o)))」と喜ぶお魚メニューです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚揚げの豚肉巻き

子どもウケのいいおかずのひとつ。

厚揚げの豚肉巻き。

P1030867

P1030868


厚揚げを拍子切りにして、

豚ロースの薄切り肉は塩をふって、小麦粉をはたき、厚揚げを巻きます。

あとは醤油・みりん・お砂糖・お酒で煮込み、最後煮切ってしまうだけ。

絹とうふの厚揚げを使うと、よりふんわり感UPで外の肉のパリッとした感じとの好対照さを楽しめます

副菜は、

・れんこんとひじきの炒め煮

・トマト

・きゅうりと豆苗、くらげの酢の物

くらげの酢の物は大好物なので、また塩漬けを買いに行かなくては

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

「今度のお弁当はワイルドにして」

長男のリクエストです。

ワイルド、とは骨付き肉のチューリップ型から揚げのことなんです。

勝手に長男命名…というか、長男の部活仲間が以前お弁当をのぞいてきて

「いいなぁ、ワイルドで」と褒められて嬉しかったらしい。

P1030918


リクエストに応じ、

お弁当箱に占める割合は少ないものの

左端にワイルドを詰め込みましたヨ

あらためましておかずラインナップ

・ワイルドから揚げ

・だし卵焼き

・大豆ときゅうり、ツナのマヨサラダ

・いんげんとごぼうのゴマよごし

・にんじんのレモン粒マスタードサラダ

ご飯は、

前日の残り栗ご飯の栗がどっかいっちゃった炊き込みご飯に、高菜。

この日は中学の合唱コンクール。

見に行きましたが1年生も真剣に唄い、指揮し、ピアノを弾く。

誰もがみなカッコよかったです

声変わりした子達はその低さが女子の声とハモりさらに魅力的でした。

長男はまだピュアボイス。

身長がのびていけば変わっちゃうのかな…

嬉しいような寂しいような…

うちにはビデオカメラがないのでその声は録れない。

カメラの動画で今のうちに録っておくべきかしら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビとあさりの炒め物

何とも気ぜわしくて

炒め物でささっと時短ご飯。

P1030912


ご飯は栗の炊き込みご飯←今回はセットものを使って炊き込むだけ

次男がミルサーで作ったふりかけ(煮干・ナッツ・粉チーズ)をパラリとかけると、

またコクが深まり美味しい

P1030914_2

P1030910


エビとあさりはむき身のものを購入。

ちょっと楽チンさせてもらいます

あとは、

青梗菜、パプリカ、にんじん。

生姜、ゴマ油、老酒などで香りをつけて、エビの生臭さを取り除き、

ナンプラー、オイスターソース、鶏がらスープでコクを足し、

下ごしらえした野菜とともに味付け完了。

水溶き片栗粉でとろみをつけて、熱々をキープ

P1030911


こちらはきゅうりと水煮大豆を塩で下味付けしたあと、

シーチキンとマヨネーズ、粒マスタードで和えたサラダ。

きゅうりはサイコロ状に切るのが食感もよくっていいようです

添えたレタスもこれでモリモリいただけます。

…にしても、焦りました。

サラダ作るとき冷蔵庫を覗いたら残り少なかったはずのマヨネーズがなくなっている

自転車をすっとばし近場のドラッグストアへマヨネーズを買いに行きました。

もうとうに日は落ち、肌寒い…。

空も群青色…澄み切っていて秋の夜空がワタシは好きです。

秋から冬への移行も早いかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナポリタンスパゲッティ

年に2-3回ほど、

急に思い出して、

急に食べたくなる味。

決まってそれは昭和的な味。

もしくは味の濃いもの。

その両方を兼ね備えた

ナポリタンスパゲッティは

子どもも名前は覚えてないけど

「トマトベースなのに甘いスパゲッティ」として味は覚えており、

好物なんです。

(たぶん続けてはムリ…かもしれませんが)

P1030874_2


ソーセージにベーコン、ピーマン、玉ねぎ、にんじん。

トマトにトマトケチャップ。

これでパスタの太さが1.8mmならいうことなしなのですが…

パスタまでストックはなく、いつもどおりのもので。

おいちぃ

味が昭和に戻っただけでなく、

ココロまで昭和の子どもに戻ったよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏のソテー

お祭りの屋台で

かしわ焼きを見ると、

家で食べられるのに…と

ケチ根性がむくむく。

…で、

鶏のソテー。

シンプルに塩と黒胡椒で。

最後に白ワインをふってふっくらと。

P1030856


次男、またしても乳歯が生え変わらないうちに永久歯がわきからニョキッと生えてきました。

よって抜歯@歯科医院

夕方遅くの帰りになるので、手軽にできるソテーとポテトサラダ、にんじんのマスタード和えはとっても便利です

お肉も柔らかいので気にならない。

良かったね、次男。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芋もちアレンジ

P1030846
P1030848


P1030847


夕食の用意をしていたら、

「今日いももちをお団子風に作りたい

と長男。

時短料理を慌ただしくしていたワタシにとって狭き調理台は死守したい…というわけで、彼にはダイニングテーブルと作業場として使ってもらいました。

そのあいだワタシは、

・かますの塩焼き

・茄子とピーマン、パプリカの唐辛子味噌炒め

・もやしと豆苗のナムル

を用意。

長男は、

じゃがいもをレンジで蒸して皮をむき、

フードプロセッサーで粉砕。

「醤油ときなこ味にしたいんだけど…」

と言う。

じゃ…

「揚げてみたら?」

粘りが出るほどマッシュしたじゃがいもを丸めて小麦粉をまぶしたら、こんがり揚げます。

その後、

醤油にくぐらせたり、

きなこ+砂糖をまぶしたり…の二種。

P1030849


きなこはわさわさしてそれほどの味にはなりませんでしたが、

醤油味は一旦油を通したものが断然美味しい。

新発見です。

芋もち\(^o^)/バンザイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

3連休サッカー三昧の長男。

お弁当作り三昧の母。

世の中高校生男子弁当づくりに毎日励まれるおかあさま方に比べれば、

まだまだ週末だけなら甘っちょろいもんです

P1030876


「おかずはぎっちり詰めてもらった方がいいな( ´∀`)」

などと、珍しく言ってくるから

「がんばって食べてね~」と品数は増やさず一品の量を増やしてみました

・白ご飯に昆布プラスきゅうりのキューちゃんもどき漬け

・にんじんの豚肉巻き照り焼き

・ブロッコリのにんにく炒め

・冷凍枝豆

・グリンピース入りオムレツ

・プチトマト

・にんじんのマスタードレモンサラダ

「なんでこんなに卵が大きいの?」

と文句言いたそうでしたが、

いいんです。

これ、美味しいですから。

卵にマヨネーズを溶き入れるだけで、粉チーズを入れたときのようにコクが出る。

お弁当にはピッタリですよん

…あ、もちろん塩・胡椒も入れて調整済。

鉄のフライパンを使ってますがマヨには油分もあるので離れもイイ感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

この3連休。

長男は部活のサッカー新人戦(2年)。…の応援部隊(1年)。

次男はフラッグフットボールの練習&地区予選の始まり。

母としてはエールを送るばかり。。。

せめて長男の手持ち弁当だけでも頑張ろう。

P1030872


…といいつつ、前日の残りものアレンジ

前日のじゃがいもと鮭は、

カレー粉と小麦粉をまぶしてフライに。

きゅうりのキューちゃんもどきは朝作ったので浅漬け。

卵焼きと、小松菜と豆苗のナムル。

暑い一日になりそうなので、塩で下味をつけたご飯と梅干。

まだまだ暑さが追い打ちをかけてきます…。

フラッグの見守りでお日さまにあたり一足先にばてた母なのでした

よって残り三人のお昼ご飯はカイエンペッパーをガツンときかせたナポリタン。

P1030874


味も濃いめに。

ソースを作っているあいだ、

材料に使う白ワイン抜栓ついでに、myコップにも注ぎ、飲みつつパスタ作り。

バテたカラダに染み渡りますうふふ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南青山 WAGASHI まめ

同級生の写真展@渋谷ヒカリエに見にいくがてら、青山をぶらり…。

行きたかった靴店danscoと、覗いてみたかった和菓子店 まめ。

小さいお店なのに、豆にとりつかれたお客様がすいこまれていき、早々に売り切れる品もあるとか…

などとネットで見ると気になるじゃぁありませんか。

エイベックスの裏、となると分かりやすいので行ってまいりました。

Ca3h0296


曲がり角にはちゃんと立札アリ。

10Mなのに、見落とす方もいるってことかしら??

Ca3h0295


ありました、ありました。すっごくキレイな木目とグリーン。

カフェみたいな佇まい。

Ca3h0293


商品の見本はこんな感じで並べられています。

スッキリ。

Ca3h0294


豆大福も定番として手に入れたいところですが…

そうそう青山に来ることもないですから、やはり季節限定栗のものですよね。

栗むし羊羹3切れ分にあたる半竿と、栗大福を購入。

Ca3h0308


Ca3h0307


Ca3h0309


大粒の栗がゴロンと入っています。

栗大福も栗むし羊羹の栗も、甘さを極力控えめにして栗本来の甘みとねっとり感が味わえます。甘露煮が苦手な方も、この栗なら大丈夫なのでは?

小豆もめずらしく、お豆の香りがすごくする。

こし餡です。

お砂糖も控えめだろうし、お豆の煮具合はきっと柔らかめというより固めなのでは??硬さはまったく感じられませんが、豆の青々しさが伝わってくるぐらいですもの。

豆好きにはたまりません。

けれど甘いものが大好きで大好きで…という方にはさっぱりした印象かも。

P1030871


せっかくのゴロゴロ栗むし羊羹なので、

「濃い目の緑茶と、お抹茶どっちにする?」と子どもたちに尋ねてみました。

答えはわかってたけど…

「抹茶

だよね~。

やっぱり一番美味しいよね。

今回抹茶茶碗は出さず、緑茶椀で小さく茶筅を使ったので

「泡がたってないね」と次男の鋭い指摘が…

でも美味しくいただいたようですよ。

「栗、美味しい」

ホント、栗そのものの味がして美味しかったです

…でも、ちょっとお高いかな。

青山だから…かな。

近場の和菓子店の栗菓子も覗いてみたくなっちゃいましたふふ

手頃で美味しいのは大泉にもありますし…

やはり家用にはコストパフォーマンス第一でいきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭のソテー

鮭がふっくら美味しそうなので、シンプルにソテー。

ワインをふるだけでふっくら蒸しあがります

P1030869


味付けは、塩胡椒・ディル。

シンプル~。

ブロッコリは蒸した後、にんにく塩で炒めます。

じゃがいもは蒸して、やはりディルと塩、胡椒とで和えてゴトゴトケースのなかで粉ふき芋風に。

あとはトマト。

ちょっと少なめ…ですが、おやつをがっつりいただいたのでいいんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベビーキルト&ミニ半月ポーチ

月イチ パッチワーク教室。

今回は製作途中のベビーキルトのキルトの仕方を教えていただき、続きは家で課題にするとし、ミニ半月ポーチを作ってきました

Ca3h0277





これらは一緒に習っている生徒さんのとワタシのものを並べたもの。

同じ型紙でもこうして布選びやマチ幅の取り方で仕上がりが大きく印象変わることに。

手前はハロウィンバージョンで作ってこられた方のもの。

すごいなぁ。

すっごく賑やかでハロウィンの楽しさが伝わってきます。

仕上がりがまた楽しみ

ワタシのものは手前左のお花と黄緑と卵黄色ドットのもの。

薄いマチのほうがスッキリしてカワイイだろう…と仕立てましたが、

比べてみるとマチをしっかりとってコロンと仕上げた方が断然カワイイ

う~ん、この辺はやはりグループでやるメリットですね。

「気づき」も大切なんです。

さてこのポーチ、

自分がまた期間をあけてひとりで作れるようここに写真記録しておきます。

Ca3h0285



バイアスに裁断した布を表部分から一本取り波縫いで本体に縫い付け。

Ca3h0286



裏に巻き込んでたてまつり縫い。

Ca3h0287






Ca3h0288_2





ファスナーと本体の真ん中部分に合印をつけてそこからまち針で留め、

2本取りで半返し縫い。

表部分にはバイヤスの縁下に落とすよう際に目を出します。

片面がしっぽから縫えたら、今度は頭からもう一面も半返し縫い。

あとは、サイドのファスナー金具すぐ下あたりを2本取りで合わせ綴じ3回ほどし、あと開いた部分はまつり縫いで閉じます。

裏に返して、マチ部分を波縫いしたら出来上がり。

飴ちゃん入れにピッタリ

この日は家での課題をすすめるため、他の方のベビーキルトを見せていただきました。

Ca3h0280



優しいトーンで作られた、キャリア歴の長い生徒さん。

キルトが美しい…



Ca3h0278


こちらはワタシと同じタイミングで始められた方。

すっごくカワイイ色合わせ。

真似したくなる…というか、このまんま欲しいです

月イチの会では、お互いの作品を見て刺激を受けたりしてとても活気ある場なので毎回楽しみなんです。

そして忘れてならないお茶の時間

今回はワタシがお茶菓子当番だったので昨日UPしたタルトを持っていきました。



Ca3h0284


ココアのタルト生地に、アーモンドクリーム生地を流し込み、りんごのキャラメリゼしたものと上に絞り出したのはスイーツポテト。

秋味タルト。

美味しいネスプレッソのコーヒーでいただきました。

うん、シアワセだなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

dansco en…

ずっと憧れで履いてみたかった靴…。

ありませんか?

そういう靴、ありませんか??

ワタシはあります

ようやく決断し、

直営ショップに行ってまいりました。

履き方に特長があるということで、

普通の靴とは違うようです…。

でも、一度履くとやみつきになる。

…らしい。

Ca3h0302


南青山にある、

dansco en…

danscoの直営ショップです。

デンマーク生まれのクロッグスをアメリカで改良した何とアメリカ製品。

見た目は北欧、なんですけどね。

Ca3h0300


ずらりと並んだシリーズの数々。

色だったり、皮の種類、型だったり…

目が泳いでしまいます。

狙うはプロフェッショナル…なのですが、

同サイズ皮の種類だけで5種もありました。

全て出していただき、ゆっくりお店の方とカウンセリング。

Ca3h0301

「足を入れてみてください」

しゅっと音がしそうな履き込み口。

入れる瞬間。

同じサイズ&型なのにここまで違う?とまでに自分でもわかります。

あっという間に2種脱落。

微妙に違うだけで、足型にはあっていそうなもの残り3種。

「では、足に合うタイプのものを絞り、この靴の歩き方で歩いてみて確かめましょう。」

このまま靴を履き、お店の外へ出ます。

で、この靴の特長について。

・土踏まずと履き口の甲部分でホールドさせ、つま先と踵は全くのフリーであること。

・よって、普段の靴で緊張して小指など曲がってしまった部分を伸ばすため、

靴のなかでぐっぱぐっぱ指をして、指と指の間を開いたりしてすっかりリラックスをさせること。

・立つ時の重心をつま先でなく、踵にかけること。

・歩くときは足を前に投げ出すようにして歩き、つま先を後ろで地面を送る歩き方はしないこと。

以上4点に注意して、

「まっすぐ歩いてみてください」

お店の前のアプローチ部分(ビル)のタイルを左から右へ、そして戻って歩いてくる様子を、

かがんで正面から見るお店の方。

(うわ…職人だわぁ)

「うん、一番あっているのはこちらの方。けれど、これから冬に向け厚手のソックス、もしくは夕方足がむくんできた場合を考え、このソックスを一枚重ねばきして、またちょっと歩いてもらえますか。たぶんもう一足がフィットするのでは」

と備え付けのナチュリラ系ソックス(danscoブランド)を手渡されリクエストが。

なるほど…

最初の印象と違い、

またフィット感が高まるものと、逆にちょっと履き口がきつく感じられるものが出てきました。

ますます悩みます。。。

オイルド系のアンティーク調のものは色がすっごく好きだけれど厚みのあるソックスで調整しなければ浮いてしまう…

艶のあるソフト系は薄手ならこのまま何の負荷もなく気持ちよく履けるが、寒くなってきたときに厚手のものを履くとちょっとキツくなってしまうかも…

「お客様がどう履かれるかにより、オススメはこれらのどちらかに絞れると思いますが…

ちょっと型を変えてみてこちらを試してみられますか?」

プロフェッショナルにばかり絞っていたワタシでしたが、そうして出されたのが

イングリッドシリーズ。

まさにサボ~なのですが、ベルトがついていて、踵の調整が可能。

しかもプロフェッショナルよりフィット感がワタシの場合はいいようです。

走れるdansco、を実践できそう。サボなのに…。

すっかり傾倒。

決めました。

オイルドタイプの

イングリッドに。

Ca3h0305


Ca3h0306


ベルトは穴があるので靴下やタイツの厚みで調整可能。

踵にひっかけてもよし、前の履き込み口にスライドさせてアクセントとしてサボとして使ってもよし。

本国アメリカではプロフェッショナルが主流らしいのですが、

日本ではおサレ靴としてこのイングリッドが人気あるらしいです。

そのまんま履いてきた本革コンバースは箱に納めてもらい、

珍しくのお着買い(おきがえ)。

でも、これでその後数キロ歩き、バスに数十分立って乗っても全然平気でした。

スゴイぞ、danscoくん。

staubに続き、長年のお買い物計画実現第二弾です。嬉しいな

ちなみに…

TONYMOLYのフットピーリング、完璧に終了いたしました~。

これを待っていた感もあったんですよね。

スッキリ足でお買いものに臨めましたよ。

Ca3h0289


ちゅるん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りんごとさつまいものタルト

久々にお菓子作り

このところの暑さですっかり長男のゼリーにハマり、

お菓子作りから遠のいていました。

翌日は持っていく先があったので、

ちょっと気合を入れて…

甘さ控えめの秋ならではのタルトです。

P1030857


パート・ブリゼ。

これはレシピ通りの配合のうち、粉を1割方ココアに代えて。

生地を半日休ませて、型に敷き詰めさらに1時間休ませて…

アルミ箔でびっちり覆って半焼き。

パート・シュクレより焼き縮みしやすいのでこうして生地を休ませる時間が長かったり、アルミ箔で押さえての焼成らしいです。

P1030859


そこへアーモンドクリーム。

これはきっちりレシピ通り。

ここで失敗すると困るので…

そしてアーモンドクリームの上にのせるように

P1030860


りんごのキャラメリゼしたもの。

聞こえはいいですが、砂糖で煮詰めて飴状に仕上げたもの。

甘さ控えめが好きなので目分量で…

シナモンもふっておきます。

中華鍋でやるといい感じに飴化しやすい

これらをクリームの上にのせていきます。

最後にスイーツポテトを網目状に絞り出し、オーブンで焼成。

スイーツポテトは、

さつまいもを蒸してマッシュ、バター、砂糖、生クリーム、牛乳、卵黄を練り合わせ(これまた加減をみながらの量で…)、普通の生地より絞り出し用に柔らかく仕上げます。黒ごまも入れて、ポイントに。

P1030862

焼きあがったのがコチラ。

上の焼き目は、卵液を刷毛塗りして焼いたのでこんがり

家用だとここまで手はかけませんが、人様のお宅に持ち込むので頑張りました

P1030866


こちらは翌朝もう一度熱を入れた状態。

これでカットして持っていきます。

行き先は…

月イチ パッチワークの会

お菓子当番なんです。

パッチワーク作品はまた明日UPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんま照り焼き

P1030738


さんまの照り焼き。

…って照りがあまりつきませんでしたが…

とろみのついたタレはたっぷりかけておきます。

醤油・みりん・お砂糖に、はちみつをちょっぴり入れるととろみがつきやすい

副菜は、

・かぼちゃの煮付け

・ピーマンのじゃこきんぴら

・納豆のおろし大根添え

あとはたっぷり根菜味噌汁。

地味なごはんはなぜか子どもウケが良くない。

美味しいんですけど。

ワタシも幼い頃はそうだったかも…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

チャプチェ

手軽にごはんとスープとチャプチェ。

P1030736


韓国はるさめでなくてはこの弾力はうまれません

ゴマ油もオットゥギだと炒めたあとも風味がしっかり残って「らしく」仕上がる。

もちろん、少しでも安く買えるところで、使う頻度によってまとめ買い。(でも、大人買いはしません)

技量がなくたって美味しくできるんだったら、譲れない。

主婦のは厳しくいかなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回し鮨 若貴 池袋東口本店

都民の日。

長男は学校へ。

次男の小学校はお休み。

台風の影響でてっきり月曜まで雨が続くか…と何も予定を入れなかったのだけれど、

快晴なり。

スタートは遅いけれど、

思い立ってお出かけすることに

「動物園@近いと水族館@遠い、どっちがいい?」

尋ねたら、遠くても水族館…だそうな。

珍しい…乗り物移動を面倒くさがる子なのに…

行ってきました、葛西臨海水族園。

P1030759


すっごく見入ってます…

ワタシが持っていたカメラも

「僕が撮る」と取り上げられ、

撮ったのは、

彼の目線がよく分かる写真。

P1030776


ここに着目ですか…

ついついワタシはお魚を目で追い、こちらの生物には一瞥くれるだけ…なのですが。

P1030780


水槽の隅も見逃さず…

壁の色と魚と砂のコントラストがすっごくキレイ

P1030789


オトナが見てもキレイ…と思うものも見逃さず…

(ぶれずにキレイに撮れている)

いっつもシャッターをきるときに力が入りすぎるのですが、たまにこうしてブレずに撮れることもあります。絵みたいだね

P1030792


岩か?と思う地味な生物にも目を向ける…

カメラを魚の目線に合わせてパチリ

いい挑みかたではないですか。

P1030832

見えるところではぽてぽて歩き、

見えない水面では素早く動く。

そのあたりがすごく次男に似ているような気がするペンギン。

子どもにカメラを持たせてみるのも面白い

こんなふうにこどもの世界は見えているんだ、ってことが分かったりして。

水族館と人間観察、両方楽しめたワタクシです

P1030839

ひとしきり楽しんだところで池袋に戻りお昼ごはん。

これだけお魚を見たので、

やっぱり

P1030845


お寿司でしょ。

回し鮨 若貴 池袋東口本店。←LABIの並び。ZARAのもひとつブロック裏。

こっちの店舗の接客が好きなんです。

久しぶりに行ったら、

平日限定15:00までのランチセットもありました。

P1030843


12カンとお味噌汁セットで680円。

お得極まりなし

ネタも寿司飯も多くてお腹いっぱい。

P1030844


次男はマイペースに単品オーダー。

これはとろたく。

5皿好きなの頼んでお腹いっぱいになったようです。

お魚三昧の都民の日、

楽しみました

それを知らない長男、すまない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族四人揃った週末ご飯は…ホットプレートビビンバ

週末になると風呂敷をほどき、ホットプレートが顔をだします。

今回はビビンバ。

これは普段好き嫌いがなにかしら出てきて無表情になる主人も大好きなご飯。

P1030744


ホットプレートを温めている間、

こんな風に準備しておきます。

250度になったら、ゴマ油(オットゥギ)をひいて、ごはんをなるべく広げるようにして…

P1030745


塩とにんにくで味付けたお肉、

各種ナムル、

キムチ、

コチュジャン、

卵、

ゴマをのせて…

P1030747


チリチリご飯が焼けだしたところで…

混ぜる

混ぜる

ひたすら、

混ぜるッ

あとはスイッチオフにして、

熱々をほおばります

おいひぃ~~~

P1030749


食後は…

長男作、コーヒーゼリー

ごちそうさまです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

日曜日。

いつ台風がくるやらヒヤヒヤのなか、

長男は試合(応援)へ。

P1030742


お昼前集合で午後一番から試合(応援)なので、おにぎり所望。

お弁当箱は一段にし、あとは牛乳パックを使った簡易容器にラップしたおにぎりをセット。

おかずは、

・きんぴらごぼう

・ピーマンのじゃこきんぴら

・ししゃもの天ぷら

・卵焼き

・カボチャの煮付け焼

・プチトマト

おにぎりは、

梅・昆布・高菜・じゃこ青菜

P1030743


保冷剤がわりにゼリーを。

…けれど試合に出ないから必要なかったね。

しっかり飲んでたみたいだけど。

牛乳パック容器は、食後はたたんでコンパクトに持ち帰れるので、おにぎりのときは重宝します。

マスキングで軽く留めるだけで三角のカタチはキープできるのでとても便利。

オススメです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »