« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

お誕生日ごはんの残りもの…されど贅沢ひとりランチ。

週末に前祝いのワタシのお誕生日ごはん。

ビーフシチューを作りましたが、

にんじん少々とシチューが残りました。

冷凍庫にはほんの2週前に次男のお祝い用に購入したチキンレッグの残り1本も。

うっしっし。

その残り物で、

ひとりお昼ごはん。

普段は味気ないものですが、

こうした残り物には福が…。

チキンレッグは解凍し、骨にそって切り込みを入れたら、塩・胡椒をすりこみ、軽く表面を焼いて、残りのシチュー(既に肉なし)とともにストウブ鍋でコトコト。

途中レンジで蒸したじゃがいもも鍋に足し、コトコト…。

P1050220


普段の悲しいくらい貧相な昼食に比べたら豊かなお昼ごはんの出来上がり

P1050224


昨晩の残りのワインも出してきて、

ひとり、

のんびりいただきますイエイッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日ごはん~前祝い編

ワタシの誕生日ごはん、前祝い編です。

もちろん、

自分で作ります。

ごはん。

…作ってほしいのですが

ケーキはお願いして主人に買ってきてもらうことに。

さすがにね、そこは作りたくないでしょ。自分では。

…で、ワタシの食べたかったごはんはというと…

P1050152

ビーフシチュー

うちでホントに作らないかも。

外で食べるもんだと思ってますから。

このために、

牛すね肉を4枚購入。

赤ワインも。

コトコト煮込みますよ。

もちろんストウブ鍋で

ちゃんとカタチが残るんですもの。

よそゆきごはん作りにピッタリ。

P1050153


お赤飯も炊き、

サラダと、

チーズ、バゲットも用意。

チーズも食べたかったんです~~~

子どもたちもチーズは好きなのですが、

スモークやブリー系のものに限って。

今回、自分の誕生祝いなのでこの際久々に食べたかったブルーチーズをそのなかに紛らせておきますうっしっし

ワインを飲みつつちびちびつまんだり、

取り分けたサラダの上にちぎってのせたりして楽しみました。

長男も真似して「うん、イケる」と喜んでくれましたが、

次男は口にあわなかったみたい。

主人はさらさらブルー系には手がのびず。

おかげで長男とふたりでパクパク。

あ~美味しかった

ごちそうさまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スンドゥブチゲ

連続で韓国鍋。

プルコギ丼は辛くはないので、

辛味が欲しくなります。

…というわけで、

スンドゥブチゲ。

寒い日にはカラダも温まり、野菜もたっぷりとれて嬉しい

おぼろ豆腐はないので、かわりに木綿豆腐で代用。

しっかり味を染み込ませます。

P1050132


ぐつぐつ…

ハンおばさんの万能調味料を使っているので簡単にできました。

次回は粉唐辛子から使ってみたいかな…

このところ万能調味料を使うことが多く、すぐになくなってしまいそう。

P1050134


最後に卵をおとして、

軽く崩しつつ、いただきます。

マイルドな卵の甘みやら、

唐辛子の辛味やら、

いろいろないまぜで、

ホントに飽きないお味

子どもも辛さは平気なくらいにして、

たっくさんいただきま~す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくのクロスステッチ

次男、ついにクロスステッチデビューです。

小学校では6年になると家庭科の授業でクロスステッチが入ってくるのですが、

一足先におうちでやってみました。

きっかけはコレ。

P1050225


図書館で借りてきた一冊の本。

少ないステッチでものの見事に表現する刺繍作家さん。

男性目線での素材も面白いです。

早速、今どきの便利グッズをユザワヤで購入し、スタート。

P1040992


はるはるキャンバス~~~

マス目状のシートを素材の布に貼って上からステッチを施し、

あとは水に入れればシートは糊状になって溶けるという仕組み。

非常に便利なツールなんです。

P1050003


次男、ランチョンマットに選んだのはトゥカーノ(鳥)。

上から

黒、グレー、チャコールグレー、白、ベージュ、オレンジを使って刺していきます。

途中、

段を間違えたり、

色を間違えたり、

…で糸を切り、やり直すハプニングが数回ありましたが、

そのやり直す根性、大したもんです

その後、水に溶かして洗ってみれば…

P1050101


なかなかの上出来

よくできました。

給食の持ち物で今も大活躍。

その後はこの本、

アイロンビーズの素材のアイディアに活用されておりますが、

また、刺繍しないのかな…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チーズプルコギ丼(特大)

以前新大久保へ行ったとき、

友人がチーズプルコギ丼を頼んでいるのを見て、

食べたいなぁと思っていました。

油がかなりたまっていたようですが、

お肉のかな?

そこだけ気になったのですが、

美味しそう…

家で母子三人ご飯の日に試作。

しかも特大を分け合うってことで。

P1050144


使ったのは

すきやき鍋です

特大、でしょ。

鉄だからしっかりおコゲも出来るかな…と。

加熱してからゴマ油を薄く底と縁にひき、

ご飯を投入。

その上に

水菜

プルコギ(牛肉・玉ねぎ・にんじん)

薬味ねぎ

チーズ

の順にどっさりのせていきます。

蓋をかぶせて、チーズをとろけさせたところで卓上へ。

P1050146


すき焼き鍋なので深さもあるし、

ここを取り分け用の大きなスプーン2本使い、

がんがん混ぜ合わせていきます。

おコゲも出来ている

P1050148


皆で取り合うのですが、

子どもたち、

お互いよけいに取られまいと

ものすごい勢いで山盛りについでいます…

「チーズだからお腹いっぱいになるよ」

と、つい口をはさみたくなるのですが、

聞いてない…な。

案の定次男は最後あたりで失速。

長男はおかわりしている

ものすごい量だったと思うんですが…(おそらく4人分)

ちょっとを残すのみ。

ごちそうさまでした。

残ったものは翌朝に温め直しましたが…そのときにかなり油が出ました。

チーズの分離した油?かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

この頃よく食べるようになってきた長男。

いよいよここにきて背がのびる兆しなのか

まさか横にどんっときやしないかが心配です。。。

そんな日の

中学生男子弁当。

この頃の食べっぷりからすると、

お弁当箱(900ml)がたぶん足りないのかな…といった感じがしますが…。

P1050149

前夜に

「お弁当がいる

と言ったときには

ひゃっとしました。

あるもの勝負。

豚肉は幸いにも休日のお昼ご飯の焼きそば用に購入していたため、使うことができました。

・ごぼうの豚肉巻き 照り焼き味

・にんじんたっぷりポテトサラダ

・だし卵焼き

・ピーマンとじゃこのきんぴら

相変わらず、可愛いから程遠いお弁当ですが、

お野菜はぎっしり詰めています。

ごはんもぎっしり。

梅干も好きなので2個添えて。

部活がんばれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たらの中華炒め

連続お魚デー。

今回はワタシの十八番。

たらの中華炒め。

お魚の生だらを使います。

適当な大きさにカットして、塩をふったら、紹興酒、ナンプラーをふりいれ下味つけ。

その後、片栗粉をたっぷりまぶして、ゴマ油でこんがり焼き色をつけたら一旦引き上げます。

にんじんや玉ねぎは一度下茹でし、

青菜やしめじとともににんにくとゴマ油でざっと炒め、そこにたらを戻し入れて、

ナンプラー、鶏がらスープ、紹興酒、金時しょうが、片栗粉を混ぜ合わせた合わせ調味料を回し入れてとろみをつけたら出来上がり

P1050137


たらの旨みがぎゅっとつまって美味しいんです

副菜は、

P1050138

P1050139


・れんこんといんげんの黒ゴマよごし←ちょっと甘め

・長芋の梅酢和え

お野菜たっぷり摂ってね、こどもたち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小粒新ジャガのスパイシー揚げ

さばのみりん干し。

大好きなんです

うちの子達も。

たぶんフツーに焼いたお魚より、干物系のほうが好きなのでは?

P1050140


この日のさばのみりん干しに合わせた副菜は、

・新じゃがのスパイシー揚げ煮

・グリンピースのふわ卵炒り

・きんぴらごぼう

P1050141


このなかのイチ押しが、

新じゃがのスパイシー揚げ。

新じゃがは皮ごと洗って半分にカットし、レンジで加熱。

フライパンに油をひいて、こんがり揚げ焼きにします。

一旦引き上げて油を処理し、

じゃがいもを戻します。

塩を軽くふった後、

合わせ調味料をまわしかけて、全体にまわるようにゆすって出来上がり。

合わせ調味料は、

パプリカ、ターメリック、クミンシード(粉)、カイエンペッパー、だし醤油。

ちょっとのだし醤油がポイントこれで粉末系の調味料をすりあわせて、フライパンで加熱しながらじゃがいもにからめていくという仕組み。

カレー粉がなくって思いついた調味ですが、イケてます

ぜひお試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新大久保ではずせないもの

化粧品と食材が足りなくなり、

新大久保へ。

昨年より基礎系は韓国コスメにハマっております。

…というより、SKINGARDENのBAさんたちにハマっているのです。

Ca3h0495

いろんなメーカーのコスメがこのワンフロアにぎっしり。

そのなかでBAさんと相談し、手にのせて試しながら決めていくというスタイルがいいんです。

デパートだとメーカー個々カウンターが分かれているので、迷っても比べるのが難しいというのが現状。

「ワタシはこのアイテムは今いらない」と言えば、あっさりさがってくれて無理強いはしないし、顔をみて大体のニーズをぴたりと当ててくれる。←さすがプロ。

初めて行ったときにあたったBAさんなどはワタシと友人の頬をぐにぐにと触り、

「あなたは固い肉質だからこっちで大丈夫」「あなたは柔らかいからハリをだすこちらがオススメ」などとアドバイス。←メーカーも別

じっくり時間をかけ、色々手にのせてもらって試して決めることができます。

そんな時間を楽しむ前に、

おっと…

開店時間が10時=ランチタイムという「おんどる」もはずせないお店でして。

Ca3h0490

今回食べたのは

Ca3h0488_3


海鮮韓国ラーメン。

辛かった~。

あさりやお餅も入って、野菜もたっぷり

友人たちは、

Ca3h0484

石焼チーズプルコギ丼だったり、

Ca3h0485


石焼和牛カルビ丼だったり。

マッコリやビールと合わせていただきます

Ca3h0486


もちろん、ナムルたちも一緒に。

毎回ちょっとずつ違うのが出てくるので楽しみなんです

今回はさきいかの甘辛漬けが気に入りました。(手前、真ん中)

化粧品の次には、スーパーをいくつかまわり、

オットゥギのゴマ油だったり、ソウル市場オリジナルのレトルトサムゲタンだったり、
ヘチャンドルのコチュジャンだったりを購入。

P1050142

春雨を購入しようか悩みましたがかさばるので断念。

(もうストックがないというのに…)

夏だったら2-3袋は買うところですが、

このところはお昼の一人鍋のときにちょろっと使う程度なので…。

ちょっと歩き疲れ、今回は初のお茶時間をとることに。

どこへ行ったらいいのか分からず、

とりあえず目の前にあったTHE SECRETへ。

イベントに時折使われるという広々としたスペースにテーブル・椅子がぱらぱら。

ちょっと緊張。

引越したてのまだ家具が揃っていない広い家に通されたみたい。

Ca3h0492


いかにもこの風船がイベント~って風。

Ca3h0493


夜にはお酒も出るようで…

正面には巨大スクリーン。

メニューを見てとりあえずお茶を頼みます。

メニューには「お好みの歌手のミュージックビデオが見られます」とあるので、SHINeeをリクエスト。

おしゃべりを楽しみつつも、ビデオが気になってしょうがなく上の空のワタシ…

(ゴメンネ、許して~~~)

お茶は、

Ca3h0491


ワタシは手前の韓国伝統茶水晶茶(スジョンガ)をオーダー。

右奥は梅茶(梅シロップ割みたい)

左奥はえっと…ど忘れ。果物系だったかと。

なんとお店の店員さんがどなたもイケメンすぎて正視できず…

三人で

「場所間違えた~~~」と始終呟いておりました。

(くつろぎたかっただけなので)

骨休めした後は、

すっかり重たくなったエコバッグを肩にかけ、新大久保をあとにしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡蠣のジョン

「これ、これ、これ。」

と、おとーさんが声をかける。

何かと思って振り返れば、

日経プラス1を振りかざし、

「これ、作って。」

だって

載っていた料理は、

牡蠣のジョン。

以前ズッキーニのジョンは作ったことはあるものの、牡蠣はまた美味しそうな…とワタシも乗り気になったのでその日の夕食は韓国料理に決定です。

P1050129


手前から、

牡蠣、ズッキーニ、かぼちゃ、三種のジョン。

ポン酢にコチュジャンを溶かしいれたタレにつけていただきます

小麦粉をはたき、溶き卵にくぐらせてゴマ油で焼くだけの簡単レシピなのに、家族全員大好きなジョン。

牡蠣はふっくらの身が衣で閉じ込められてとても美味しかった

これはリピ決定です。

P1050130


ほかには

・サムゲタン

・きゅうりともやしのナムル

・辛味もち

P1050131


このサムゲタン、

レトルトパックなのですが、とても美味しいんです

新大久保へ行くたびに買ってきます。

P1050126


ハーフサイズ、1kg。

家族で分けるにはちょっと少ないので、必ず何か副菜を添えるようにしますが…。

美味しいんだなぁ。

P1050127


ジョンのたれにも使うコチュジャン、こちらも新大久保で購入するリピ食材。

200g入りですが、我が家では炒め物だったり鍋だったり色々使うので結構減りも早いです。

ヘチャンドルがやはり美味しい。

新大久保へ行くと、

サムゲタンだったり、コチュジャンだったり、ゴマ油(オットゥギ)だったり…とにかく重い荷物ばかりが増えてゆきます

夏場になるとここにかさばる春雨が加わり、とんでもない大荷物になることも…

でもなかなか揃わないし、安いし、美味しいし…

がんばらなくては。

…ね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚モダン

久々に豚モダンです

P1050123


ワタシはモダン焼きがホントに大好きで…

の割に、家であまり作ってなかったような…

なので、この日は早く食べたくってうずうず

P1050125


当然ながら、我が家ではご飯をおともにいただきます。

大阪育ちのおとーさん、

子どもたちがお茶漬け用にご飯をまるっと残しているのを見て、

「ちゃんと一緒に食べなさい。美味しいんだから。」

そっか…

そうやって

ごはん+お好み焼きの図式が子どもたちに食育として浸透していくわけなのですね(関西圏)。

でも、ワタシも美味しいと思います。

ご飯とお好み焼き。

珍しく意見が合致。

ちなみに…ワタシの好きな豚モダンにはチーズもプラス。

…テンション上がりすぎて早く食べようと急いだせいか、最後のチーズトッピングを忘れてしまいました。

詰め、甘い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「七つの会議」のドーナツ

池井戸潤 著作「七つの会議」

会社組織のなかでもがく人たちを描く、フィクション小説。

なんでもない人が実はキーマンだったり、

なんでもないものが、人の心の潤滑剤になったり。

最初は何気ない会社の一日一日が、あることをきっかけに急加速に次ぐ急展開をみせ、するりと読めてしまう一冊です。

そのなかで度々色々な人が手にするドーナツ。

チョコ・シナモン・プレーンの3種。

食べたくなりました。

…けれど、今年に入ってパン作りはまだ。

ということで、今年のパン作り初めは、イーストドーナツです

P1050121


久々に早起きしたので、

うっかり半分の生地にチョコを練りこむのを忘れてしまいました

後付けで溶かしたチョコを表面にのせたものはおやつ用に。

そして、シナモンとプレーン@シュガーは朝食に。

朝から甘いキャベツとベーコンのスープとドーナツ…

ドーナツで始まる朝もなかなか良いものです

シアワセだなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日ごはん~当日が平日@前祝いは終わっちゃった編

次男のお誕生祝い。

先週末、家族そろった夕食にお祝いを済ませました。

で、当日。

もちろん平日はおとーさんが何時に帰るのかは分からず。

よって、分けられるお祝いご飯。

我が家の定番、当日=平日がお誕生日ごはんは、

1


ケーキ寿司

2


結構大きいですよ。

高さもあります。

でも、作り方はいたって簡単

5


このように抜けるケーキ型にオーブンシートを敷き、

卵→寿司飯その1→寿司飯その2→寿司飯その1と、敷き詰めていき、あとはひっくり返すだけ。

その1は、にんじん・ごぼう・しいたけ・れんこんを甘辛く煮て刻んだもの。

その2は、その1にプラスα色ものを加えたもの。今回はさやえんどうと黒ゴマを追加。

1_2


すると、こんなふうにサイドもちょっと変化が出てきます。

上はスモークサーモン、いくら、菜の花で。

3


お吸い物は、鶏の胸肉と菜の花、わかめ。

鶏の胸肉は軽く塩をふり、片栗粉をはたいてから加熱します。

しっとり柔らかなお肉をキープ

4


「この間作った茶碗蒸しより、もっともっと大きく作って」という主役のリクエストにより、

大きめ茶碗蒸し。

意地悪にしいたけを彼のものだけたっぷり入れてあげたら、過剰分ワタシの方に移動

まったく…これで美味しいお出しもとっているのに…←説明はちゃんとしております。

食後のフルーツは…

楽しみにしていたのですが、

派手な兄弟喧嘩をしたので撤去。

誕生日にそりゃないよ…

成長、してくださいな。

母、悲しくなる…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キムチチゲ

久しぶりのキムチチゲ

やっぱり辛くて美味しいお鍋、温まりますね~~

子どもたちはこのお鍋が大好きなんです。

1


にんにく、生姜をたっぷりと入れ、

にんじん、大根を拍子切りにしてたっぷりのお湯で茹でます。

火が通ったところで、味噌とコチュジャンを溶かし入れ、塩で調味。

キムチを入れて、沸騰したところで豚肉を入れ、

白菜、もやし、ネギを入れていきます。

お豆腐をそっと入れて、ぶくぶくしたところで

いただきます

P1050109


もうスープが美味しくって…

白いご飯と一緒にいただければ最高です

P1050106


ここはやはり韓国製のコチュジャンを使っていただきたい。

全然違うんですよ。

辛いだけじゃない、旨みもしっかり入ってきます。

お料理上手になれた気分になれます

鍋の〆はやはりラーメンで

これがないと、

子ども、

暴れます…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日ごはん~ケーキ編

次男が昨年末から年明けにかけて作っていた

新聞紙ハウス。

耐えられるように筋交いまでつけてやっていたにも関わらず、完成後日を追うごとに傾き、崩れていきました

誕生日のケーキもその努力にちなんで、ケーキの家にワタシもトライ。

…やはり、傾いています…わざとじゃないんです。

単に技量不足…

3

4_4


初雪で雪遊びを楽しんだので、リクエストのマジパンで。

でも、柔らかくって自立できず、座ってたり雪だるまに抱きつくようにして寄りかかったり…。

2


シートスポンジを焼き、同じ長さで幅だけ変えてカットし重ねてゆきます。

この土台のクリームが柔らかすぎたのと、いちごを均等に並べていなかったのがいけなかったみたい…。

5


ともあれ、キャンドルを灯し歌をうたい、

お祝いはいたしました

お誕生日、おめでとう←前祝いだけど。

6


マジパンで遊ぶ人。

「うりゃ、おりゃぁッ」

7


柔道の絞め技、だそうです。

8


「食べ物で遊んではいけません

と、言いつつ、

オトナ気なく、ワタシも…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お誕生日ごはん~前祝い編

さぁ、今月から我が家のお誕生祝い強化週間の始まりです

まずは次男より。

家族が集まれる成人の日におうちご飯でお祝いしました。

1


リクエストは肉クリスマスのときのような肉とのことだったので、

味は変えて、同じようにオーブン焼きで。

第一希望は「さば味噌」だったのですが、あまりにお祝い料理からかけ離れていたのでこれは別の日に出すことにし、「他には?」と聞いたら、コレでした。

にんにくと白ワイン、ローズマリーなどハーブをいれたオリーブオイルに、塩と黒胡椒をすりこんだお肉を漬け込んでおきます。

一緒にオーブンで焼いたのはじゃがいもとミニ玉ねぎ。

2


サイドは、

グリーンサラダと、コーンスープ。

シンプルです。

3

なぜにシンプルかというと…

次男は少食だから。

…というか、たぶん人並みには食べると思うのですが、長男に比べるとまだまだ。

夕食後にケーキを控えているのでボリュームを抑えざるえません

これで結構お腹苦しくなったみたいです…。

4枚あるなかで、一番大きなお肉を選んだからかな?

いつもそのパターンだな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィーン風カツレツ=紙カツ

この日、

普段通りの豚カツを作ろうと思っていましたが、

次男

「ボクが叩く」

といいます。

「その前にお風呂の掃除してからだよ。」

「いやだよ。」

「やってから、手をキレイに洗ってやってちょうだい。」

「いやだよ~。」

この押し問答をどれほど繰り返したことか…

やっと済ませて台所に戻ってくるときには先ほどのやりとりですっかり怒りがおさまらない様子。

それでも肉叩きはしたいようで、

「このッ、このッスーパートリプルゥ…」

などといろんな技を言ってはガンガンと肉に当たっておりました。

気が付けば…

P1050010


紙カツ状態

急遽、

ウィーン風カツレツに変更。

塩・胡椒で下味をし、衣をつけるのですが、

衣には粉チーズを混ぜ込んでおきます。

P1050012


豚カツより短時間で揚がるので良かったかな。

副菜は、

その昔ウィーン料理教室に通った際、シュニッツェルとともに習ったザワークラフト。

あとは、じゃがいも料理かな…と他に思いつかず、蒸したのに塩をふり、ジェノベーゼペーストをまぶしたもの。

次男の怒りが料理の下ごしらえに活かせるとは…

これからこれを作りたいときは、わざと怒らせよっかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

三連休中日。

雨から早々に雪に変わった練馬地区。

部活の試合もなくなり、

作ってしまったお弁当は家で食べていただきました。

P1050027

・ミニ豚カツ。

(茎に見えるものが衣にくっついてますが、ローズマリーです)

・れんこんのきんぴら

・にんじんのグラッセ

・いんげんのゴマ和え

・キャベツとカリフラワー、卵の辛子マヨサラダ

それらを横目に見つつ、

母・父・次男は

おぼろうどん。

P1050042

P1050044

心斎橋のおきな昆布さん、東京出店は西武池袋百貨店のみらしいです。

おぼろは季節限定品で、思わず手にとってしまいました。

P1050040

P1050041


「夏の7月~9月にかけ北海道の自然豊かな海で採れる昆布。

半年間ねかせたのち年末に削り初めする「おぼろ昆布」

透けるほどに薄く削られる職人技がとろける食感を生みだします。」

~おきな昆布 心斎橋本店

他にも試食で色々昆布をその場でいただきましたが、関西なので、好みの味です。

大阪というと松前屋さんばかり贔屓にしていましたが、

今度からはおきな昆布さんも両天秤にかけようかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DONQの照り焼きチキンのお惣菜パン

DONQ池袋店で久々にお買い物。

パン屋は西武池袋百貨店に数店入っているのですが、

自分の好みと子どもたちの好みが両方叶うDONQは貴重な存在。

Ca3h0477


この日は遅いお昼用にパンを購入。

長男リクエストのカレーパンのほかに、

次男がピックアップしたのは、照り焼きチキンとしゃきしゃきキャベツのお惣菜パン。

あとは、干支の蛇ビスケット生地がのったデニッシュ。

シルシルミシルサンデーで紹介されたというチーズたっぷりのパン。

あとはチュロス。

P1050009


蛇ちゃんは、なかに生クリームとカスタードが入ったボリュームたっぷりのおやつパン。

1/3で分けてちょうど良かった

なかでも、照り焼きチキンのパンはもう次男と思わず目を見合わせての大げさリアクションをしてしまうほどツボに入りました

香ばしいチキンがちょびちょびとまんべんなく入ってマヨソースとキャベツのしゃきしゃき感が何ともいいバランスパンが他のお惣菜パンより薄めになっているのも、このバランスを崩さないためなのかな。とにかrくぼってりしたパンではこの味はありえない。

美味しいね~~~とつくづくシアワセなランチタイムなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポトフ

寒い…寒い((((;゚Д゚))))

カラダが温まるポトフを食べよう。

P1040978


豚のブロック肉は適当な大きさにカットしてあらかじめ塩をぬりつけ、焼いておきます。

あとは野菜を放り込んでローリエを加え、水を足して加熱。

先シーズン、あれほど寒い冬に上手く使いこなせなかったストウブ鍋ですが、

今シーズンはフル活用。

焼き芋からこうしたスープにまで。

圧力鍋で作ると玉ねぎがくたくたに崩れてしまうのですが、

ストウブ鍋だとキープされたカタチのままで美しく盛り付けられます

P1040979

惜しむべきは、大好物のポトフがちょうど4皿分しか入らないってこと。

このときばかりは普段は大きいと感じる29センチの鍋も容量不足…

P1040981


残り5分のときに最後に足したキャベツも半透明にあま~く柔らかに仕上がりました。

P1040985


いただきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さばの味噌煮

もうすぐで誕生日を迎える次男。

毎年お祝いご飯とケーキの種類のリクエストを事前に聞いておくのですが、

「う~~~ん、どうしよっかなぁ。

さばの味噌煮がいいなぁ。」

などとのたまう次男。

それはお祝いご飯には見えないでしょーー。

「もちょっと違うのにしたら?」

と初めての軌道修正いたしました。

…で、

せっかくの好物を食べさせないまんま誕生祝いを迎えるのもなんなので、

平日のうちに、

さばの味噌煮登板です

P1040995


おとーさんなんて、丸々残しちゃうのにね。

にんじんと大根も一緒に煮込みましたが、

大根はもはやとろっとろでお味噌にすっかりうもれております。

P1040993


練馬の無人販売でGetしたターサイは、

P1040997


油揚げとともに炒め物に。

小松菜の味によく似ています。

もうひと品の副菜は、

大根の皮と切り昆布のきんぴら。

これ、半日たったほうが味が染みて美味しいんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立体図鑑 シャークデラックスボックス

P1040989


立体図鑑シャークデラックスボックス

なんと小学生新聞の懸賞1名に当選

大喜びの次男←母も大喜び

P1040991


9種9体のフィギュアがぎっしり、このお宝ボックスに入ってます。

P1040990


生物が大好きな次男にぴったりのプレゼント

よかったね~~。

誕生日前なので、タイミング良すぎですヨ

P1040999


早速開封、差込んだら撮影

左前は、ワタシも好きなメガマウス。

ちょっとおとぼけなお顔が好きなんです

このメガマウス、

名前の由来を次男、知らなかった

「目がマウス(ねずみ)だからでしょ?」

OH,unbelievable

即、訂正しておきましたよ。

確かに、カラダの割にちっちゃな目なんだけどね。

それよりメガ級の口って方がやはりしっくりいくでしょ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナインパッチ

月イチ パッチワークの会。

前回よりモチーフを幾つか習うことに。

ナインパッチのTシャツ。

P1050001


家での作業も引き続き、ようやくひとつのモチーフの出来上がり。

Tシャツ部分と背景部分、どういう色にするかは自由。

ワタシはTシャツ部分を全て違う色にしたけれど、ダイ(ムラ染)という共通項でつないでみました

背景でチョイスした花柄はワタシにしては珍しい選択で、グループの方の選ぶトーンに影響を受けています。…が、やはりTシャツに落ち着いた色合わせをしてしまい、いつもの自分にもっていく…なかなか好みは変えられないかな…。

このTシャツ、4色のカタチだけでなく、潜んでいるTシャツもあるんです。

見つかりますか??

答えは

真ん中にひとつ

逆さまのようになっていますが、間に挟まれた部分にも花柄でTシャツ

面白いなぁ…

パッチワーク。

さてさて…今回の

おやつ担当は、

都心にお住まいの方。

おやつの予算はあらかじめ決まっているので、

今回はスーパーで購入。

…とはいえ、

練馬ではないので、

成城石井。

の、フルーツロールケーキ

ケーキ屋さんにあるのと変わらないフルーツの入りと弾力あるふんわりスポンジ。

P1040987


ネスプレッソとともに、美味しくちょうだいしました

ごちそうさまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

油淋鶏

久々にご飯をたっぷり食べたくなりました。

こんな日は、しっかり味付けされたおかずをチョイス

P1040941


ユーリンチー

揚げ焼きした(下味付け)鶏肉に、

長ねぎたっぷりの甘酢だれをたっぷりまわしかけます。

P1040942


副菜は、

茄子とピーマンの味噌炒め。

P1040943


次男、いそいそ茹で卵を作ってきました。

ご飯を何杯も食べると翌朝胃もたれ…

ワタシは夕食、食べ過ぎないようがいいようです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まっすぐ海老フライ

お買い得な有頭えびを見つけ、お頭付きのまっすぐな海老フライを作りたくなりました。

コツをネットで検索し、いざ

P1040963


ほぼ?洋食屋さんチックにまっすぐに仕上がった~いやっほぃ

コツをまとめると、

①背中はワタとりついでにすっと切り目を入れておく

②腹がわには4-5箇所切り目を入れておく

③①②が終わったら背を上にして、ぎゅっと押してブチブチッと筋繊維が切れる音を確認

④揚げるときは腹がわを下にして油に入れていく

だそうです。

まっすぐに上がるとテンションあがりますぅ

P1040965

ひっくり返すときに頭が取れっちゃのはワタシのお皿へ

P1040970



夜いつ帰るのか、全く不明のおとーさんにはタルタルソースは別添えで。

タルタルは、

①玉ねぎ1個をみじん切りにし、水にさらしておく

②卵二個は茹でて潰しておく

③①と②、マヨネーズを合わせ、ピクルスのみじん切りを加える

…でできるのですが、

ピクルスがなかったので、かぶの甘酢漬けをみじん切りにして加えると、ピンクがほんのり見えて見栄えも味も良かったです

甘みと酢が加われば、他にも代用できるものがあるかも…

さてさて…

有頭えびですが…

せっかくの立派な頭、

残すと勿体ない…(足のあたりが美味しそうなんだもん。ヒゲは切っちゃったけど…

…ので、

P1040971


オーブンシートにのせて、塩を強めにふり、

800Wで約3分。

P1040973


ワタシと長男のおつまみの出来上がり

「おつまみってお酒は??」と長男。

いえいえ…

ワタクシ、このところお酒を飲んでおりませんから。

不思議ね。

でも、アル中でないことがわかってホッとしております。

飲みたいときに飲めばいいのさッ

That's OK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさりと野菜の重ね蒸し焼き+茶碗蒸し

お野菜たっぷり計画その続き。

この日はあさりを使って重ね蒸し。

P1040956


フライパンで作るので簡単だし、あさりの旨みがきいて美味しいです

P1040951


洗ってスライスした玉ねぎ、大きく切った白菜、いんげんを順に重ね、

切り昆布を出しとして散らします。

その上に砂抜きして洗ったあさりを並べ、酒をふり、

後は強火で蒸し焼き。

P1040952


あさりの蓋が開き、火が通ったのを確かめたら出来上がり

野菜から出た煮汁も美味しいので盛り付けた後、最後にまわしかけます。

豪快に野菜を摂れるので、

あとは茶碗蒸しのみ。

P1040957


こちらは、

蒸した里芋、干ししいたけ、にんじん、さやいんげん、かまぼこ入り。

前回、前々回と失敗し、しばらく作ってませんでしたが、コツを知り、久々トライ。

P1040958


すも立たず、上出来で思わず見せびらかし~~

こんなこと滅多にないな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚しゃぶ…だけど、野菜だらけ

P1040899


お正月は、フレッシュなお野菜をたくさん食べることが少なくなるため、

どうしても禁断症状が…。

だからといって、

上の写真、野菜Onlyの鍋というわけではありません

これでも豚しゃぶなんです。。。

切っているうちにわっさわっさと多くなり、

我が家の肉食系の食べ方だと、

後から追加で野菜を入れると余るに違いなく、

こういう一気入れ、となりました

これで加熱して、くたっとなったところで野菜をある程度いただき、

そこから豚しゃぶスタートを切ります。

青菜が巷のスーパーでは高くて手が出せない状態ですが、

ここ練馬区では、

直売所という強~い味方がいるんです。

トップにこんもりのせたカラシサラダ菜もぴんっと張って元気なこと。

スーパーで水菜298円のなか、こちらはなんと100円なり。

最強ですね。

野菜をたっぷり摂れる環境にいられるというのはとてもシアワセなことです。

日々、感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七草粥

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。

いつまでたっても、

全部がすっと口をついて出てこない七草たち。

それぞれに効能があり、

まさに薬草。

七日にあわせ、スーパーの一番目立つコーナーには山と盛られた七草パック。

面白かったのは、

子どもたちが他用でおつかいに出たとき目にしたという、異様な光景。

買い物カートをまず手にした、

小さな子の手をひく若い人や、おばさまたち、

皆一様に目がすわり(きっと忘れないように…という一心だったのでしょう)、

「ななくさ、ななくさななくさ…」

とぶつぶつ何度も呟いていたそうな。

それを訝りながら話す子たちの顔を見つつ聞いていると、

なんだか新手の宗教のよう…

だって皆同じコトバをぶつぶつ呟きながらカートを押し始めるって…どう?

面白いなぁ…新鮮だなぁ…

P1040944

P1040946


柔らかいご飯があまり好きでない主人には、

早出を幸い、とばかりに

一人分の器にた~っぷりと盛っておきました。

通常だと土鍋をどんとおき、お好きなだけどうぞ…とするのですが、

美味しいのに、浅く一杯(いつもそう)でおしまいだなんてありえない。

…というか、お昼までに集中力低下しちゃうでしょ。

イッタラのシリアルボウルなら深みもあるし、これなら普段主人が口にする粥の量の二倍は入ります(どれだけ普段粥に限って少食なんだって話なんですが)。

ホントは一人三杯くらい食べられるようの量を作っておいたのですが…。

ホント食べないんですよね…。

…で、

その1時間後。

ワタシたち母子はというと、おかわり、おかわりでせわしなく、最後には土鍋の底を掻いてまでしてキレイに食べ尽くしました。

P1040947


底には香ばしいおコゲも

これまた取り合い。

奪い合い。

たくさん食べる人の特権のおコゲ美味しかったなぁ。

七草粥、シンプルが一番なのですが、

我が家では青臭さをとばすために、

ゴマ油(オットゥギが美味しい)と、金時ショウガ(粉末)を入れます。

金時ショウガは母から送ってもらったのでたっぷり2本はストックあり。

生姜の王様、らしいのです。

しばらく生姜を買う必要ありませんね。

ベースは今回、棹前昆布を細かく切ったもので出しをとり、鶏がらスープの素を加えて中華風に仕上げました。

塩・醤油もまろやかな味になるくらいに調味。

昨晩の残りごはんにお水と昆布を加えて一晩おいていたので、粒が崩れるくらいにとろっとろ…

朝からほかほかと温まり、おいしゅうございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石焼いもをおうちのストウブ鍋で作ってみよう♫

我が家の重鎮どころ、

ストウブ鍋。

無骨な鋳鍋は、

同じ類のル・クルーゼが女性をイメージすれば、

ストウブはごりごりの男性といったイメージ。

ずっしりと重い蓋がなかの水分を閉じ込めて対流させるため、

食材の旨みをぎゅっと凝縮させるのだそう。

この鍋なら、

石焼いものような、水分をほどよく飛ばしてねっとりとした甘味を引き出す芋も簡単に作れます

P1040898


ざっと洗い、水分を拭かないまま鍋に入れます。

細めの芋3本。

中火でちりちりと言い出したらすぐに弱火に切り替え30分。

皮と身のあいだがわずかに空き、その様は石焼いものよう。

P1040897


その場でぱくっと折り、家族とおやつ時間。

おいひぃ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リクエストは…二日連続明太パスタ

「お昼ご飯、どーしよっかなぁ…」

三日目のお昼から悩むところ、

「明太パスタがいい

と次男からのリクエスト。

久々だし、食べたいな、と残った三ツ葉をたっぷり加えて作ってみました。

翌日四日目。

「お昼ご飯、どーしよっかなぁ…」

とまた悩んでいると、

「明太パスタがいい

デジャヴか

いえいえ…二日連続同じリクエストってことです。

しかも

「でも三ツ葉は入れないで

明太と野菜買い出しのスーパーにまでついてきた次男。

三ツ葉を買われまい、と見張りもかねてのこと。

P1040892

P1040893


「大盛りでねッ」

のリクエスト通り、おそらく130g近い量のパスタ。

野菜は、

P1040891


白菜、きゅうり、りんごとくるみのサラダ。

白菜とりんご、ナッツは必須ですが、

後はその時ある野菜を加えていきます。

母から教えてもらったサラダ。

ちゃんと引き継いでいます

P1040894


夏でも美味しいのですが、冬は白菜が水分たっぷりで甘く、殊に美味しい

たっぷりといただきますよん

次男、苦言ふたたび…

「あ~~…くるみかぁ。カシューナッツのほうが良かったな…。」

あのほろ苦さが邪魔するらしい。

ストックが両方あるから言ってるんだろうけど、

なくて言ったらただのわがままだからねッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和食三昧の後はカレーだね

おせちや寿司、すきやきと和食三昧のお正月。

変わったのは三日目の朝の中華粥あたりから。

その後お昼は明太パスタとなり、

その日の夜は、

カレーです。

P1040888


めかじきのカレー。

P1040886


久々に最初から作ってみました。

クミンシードとにんにくを炒めると一気にアジアンな香りが…

P1040887


玉ねぎを炒め、

コリアンダーやターメリック、カイエンペッパーを入れて

トマトやココナッツミルクを入れて…

最後にめかじきをダイスカットしたものをバターソテーした後入れたら出来上がり。

さっぱりとして、辛くって、スパイスも効いて…

これでデトックスをはかります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お正月3日目の朝は…粥

ひたすら食べて、次の食事の準備をする。

ウィンドーショッピングはすれど、

特段運動をするわけでもなし。

自転車で遠出するわけでもなし。

当然ながらお腹も減らないわけです。

そろそろ…

カラダに優しいものを摂りたい。

七草を前にして、既にカラダがお粥を欲しております。

P1040879


おせちの残りを全部出し、

それとともにお粥を…

鶏とたけのこの中華風粥。

P1040881


ゴマ油とうっすらナンプラー、しょうがをきかせたお粥の味が大好きなんです

ついつい食べ過ぎてしまいました。

ごちそうさまです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おせちの残りでちらし寿司♫

今年、早々におせち料理がはけそうです。

二日目の夜にして、

お重に詰めたおせちもあとわずか…。

がめ煮と伊達巻が多めに残ったので、

これらを使って晩ご飯はちらし寿司にします。

お刺身は買ってきたものを漬けにして。

母子大好物のアボカドもこっそり下に仕込みます

(おとーさんには有無を言わせず)

P1040875

P1040876_2

P1040877

楽チンご飯ですが、色鮮やかなので豪勢な気分

お皿は人数分揃わないので、ばらばら。

同じ一品でも器が違うだけでこれだけ印象が変わるなんて。

さてさて、どれが美味しそうに見えるかな

ちなみに、こどもに聞いたランキング

1位:須田二郎さんの桜の器 

2位:Rimout ノワゼット

3位:イッタラ ティーマ レッド

…だそうです。

Rimoutのコストパフォーマンス高し

須田氏の器は納得。

何を入れても何割増しにも見える魔法の器。

ちなみに長男

「紙の器」と聞いてきたRimoutの器。

それだけフラットなんです。磁器だけど。

我が家では主にケーキをのせたりしますが、カフェ風のオシャレなお顔。

気に入ってます。お手頃値段だし。

ティーマはちらし寿司を最初盛り付けたとき、

「もっと大盛りにしても食べられるよ」と主人に目の錯覚をおこさせたもの。

実はすり鉢状に深くなっているので、見た目より大容量。

当然のことですが、

食べ終わる頃には

「お腹いっぱいだ」

だそうです

ほらね。

ちなみにどのお皿も買った年、お店は違うものの、全て吉祥寺から連れ帰ったもの。

やっぱり吉祥寺、なんでも揃う~~。

須田二郎氏はOUTBOUNDにて。

RimoutはUNICOにて。

イッタラはFree Designにて。

何を買う目的がなくとも、ふらつきたくなる吉祥寺、LOVEです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和菓子 大吾

お正月二日目。

おせちは既にほぼなくなりつつあります。

がめ煮を残し、これだけのみ。

P1040870

作った側としては嬉しいことです

せっかくおせちでTHE日本を演出するのですから、当然おやつも和菓子で…。

大晦日には毎年お正月用のお菓子を求めに、大吾へ。

Ca3h0476_6


今回は幸先よく、爾比久良の数量限定版黒糖が購入できました

元旦に練り切り、

二日に爾比久良をいただくこととします。

P1040829_2


練り切りは、

・姫椿

・三つ鱗(今年は巳年ですし)

・跳鯛

・へっつい猫

をチョイス。

男子はやはり、見た目で三つ鱗人気。

忍びっぽい感じで格好良く好きらしい。蛇の鱗をかたどったみたいだよ~と言うと驚いてましたが。

恒例じゃんけん大会にて、次男が三つ鱗Get。

長男は一番負け。

ワタシは、

P1040861_2


三番勝ちでへっつい猫をGet。

たっぷりの薄茶とともにいただきます。

ゆっくりいただきたかったのに、

「お抹茶、おかわり~」コール続々byチビッ子メンズ

お湯汲みにわたわたとして、落ち着きませんでした

二日目はいよいよ、爾比久良の黒糖

P1040871

P1040872


裏には丁寧にカットの仕方もあるので、そのとおりに…

P1040873

P1040874


黒糖の味そのままに、余分な甘味は加えられず作られた羽二重時雨。

カットするときも力を加えると崩れてしまうほど柔らかくしっとり。

口に入れるとするっと溶けます。

なかは、白餡と渋皮付きの一粒栗。

この渋皮付きがまた黒糖といい相性なんですよね~。

普段の黄身餡の爾比久良も好きなので、

次回は一つずつ買い、1/4カットを二種で味わおうかしらん。

※見たとおり、ずっしり濃厚なので一人分ハーフサイズがちょうど一回に味わうには適量かと思われます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせちとお雑煮

年が明けました。

今年もよろしくお願いいたします。

朝はフツーに起きて初詣。

その後の朝食は、

おせちとお雑煮です。

P1040814


おせちの一部。

炒り海老は、入りきれなくて二日目に登板させることに。

まだまだ冷蔵庫にはストックが…。

忘れずに出していかなくては…。

まずは一食分食べきれるだけ盛り付けます。

P1040819


・数の子 だし醤油漬け

・田作りとくるみ

・くわいの鈴揚げ

・竜眼揚げ

P1040818


・紅白なます

・紅白肉巻き

・ぶりの昆布巻き

P1040816


・伊達巻

・かまぼこ

・ぶりの生姜焼き

P1040820


・黒豆と長老木

P1040824


・抹茶栗きんとん

P1040817


・がめ煮

P1040822


・お雑煮

我が家は、海老と餅、白菜、大根、青菜、にんじん、三ツ葉が定番。

出しは混合削り節と海老のお出しで。

小さい頃からお頭付き大海老入りのお雑煮は実家で当たり前なのですが、コレ、南九州限定だったのらしいですね。

結構地方により違いが出てくるようで、面白いです。

毎年おせちを作り(かまぼこは買いますが)、今回がようやく段取りも慣れてきたかな…といった感があります。

レンジも使い~の今どきなやり方ですが、品数が多いとやはり特別感もあり、子どもウケもいいようなので、便利に作れるものがあればこれからも試していきたいです。

子どもたちも大きくなってきたので、今年はおせちをとても楽しみに、そして美味しく食べてくれた様子。

ぶりの生姜焼きを喜んで食べる次男を見て嬉しくなりました。

くわいも、今までの含め煮をやめて素揚げにしてみたら大好評。

やり方をちょっと変えるだけで美味しくいただける…学習になります。

料理が好き、ではなく、食べたいから作る、をこれからも続けていきます。

(今年の抱負??)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »