« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

かつおのたたき にんにくごま和え

P1050413


久々にかつおのたたき

たっぷりのにんにく、かつおだし醤油、ゴマ油で和えてサラダ仕立てにします。

さくさくレタスもたっぷりそえて一緒にいただけば、美味しい…

P1050416


副菜は、

・五目煮

・きゅうりとくらげの酢の物

ご飯がすすみます~。

さらに体重もヒジョーにまずい状況です…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚肉と長芋の炒め物

長芋ってどうしてこんなに美味しいんでしょ。

P1050403


長芋と豚肉、長ねぎでの炒め物。

ちょっぴりとろみも効かせて。

むっちりとした食感になり、肉やねぎとよく合います。

副菜は、

P1050400


・ブロッコリときくらげの中華風炒め餡かけ

・かぼちゃの天ぷら

とろみをきかせるのに最近ハマり、何かと片栗粉を使います

冷めにくいのでゆっくり食べても大丈夫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごぼ天うろん

今週前半は中学も期末試験期間。

お昼の給食はないので、

ご飯の用意をせねばなりません。

週末から無性に食べたくてしょうがなかった、

ごぼ天うろん。

福岡市内ではごぼ天がとにかく大きい。

幅広く薄切りにされたごぼうをこんもり天ぷらに仕上げるので、

ごぼう好きにはたまらないのです

博多で有名なのは、中洲川端の「かろのうろん」

「ど」が「ろ」と訛ってます。

ワタシが好きなのは佐賀が本店で福岡市内にもあるうどんチェーン「牧のうどん」。

そこのうどんにも大きなごぼ天。

ふと思い出し、食べたくてたまらなくなったのです。

作ったけど似てない…。

もっとボリューム欲しいんだけどなぁ。

P1050421

P1050422_2


こっちは、おきな昆布の季節限定品とろろを巻いて作ったおにぎり。

内訳は、ワタシ:長男=2:3

かなりお腹いっぱいになりました。

P1050420


寒い日のうどんは最高ですP1050423


柚子こしょうを溶かしていただきました

…にしても、せっかくこの日の社会テスト。

実にもったいないことをしてくれた。

朝、時事問題で「出るんじゃない?」ヒントを出したいくつかのうちの2点。

彼は見ているし、口にも出しておきながら間違えたらしい

アベノミクスだよーーーーッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クッキー二種

フィナンシェを作り、

珍しく残った卵黄。

それを使って、クッキーを作ります。

卵黄は3個。

2つと1つに分けて二種。

せっかくなので、

家にあるピスタチオの殻むきを次男にお願いします。

P1050412


ピスタチオはこんなふうに、ココア生地に混ぜ込み冷蔵で固め、スライスしていきます。

アイスボックスだとバラバラと割れてしまうので、程よい固さに冷やすだけでOK。

もう一種の生地は絞り出し。

(卵黄を2個使ったほう)

P1050417

絞り出しは、途中ビニール袋が裂けて移し替える手間もありましたが

なんとかやり終え焼成。

P1050419


甘さひかえめ。

…ちょっと、控えめすぎた…かも。

甘~いの、食べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

向日葵の咲かない夏

またもやイヤミス。

イヤミス=嫌な読後感となるミステリー。

最近はやっているらしい…。

湊かなえさんの作品群は特にその手の代表として挙げられています。

二転三転するストーリー、もはや誰が怪しくないのかわからなくなる多数の登場人物。

読んだあとにすっきりできなくて、

もうやめようかな、と思うけど、

見つけると読んでしまいます。

P1050418


道尾秀介さん著「向日葵の咲かない夏」

自分の見る世界が必ずしもほかの人と一緒だということはない。

…というか、同じようにとらえ、見ることはないのではないだろうか…。

すっかり気が付けば道尾ワールドにハマってしまっています。

あれ?じゃぁ、こっちかな?分かれ道で選択しなおす道もまた間違い。

もはや迷宮入りです。

この人の思考回路、この本が仕上がるまでどうなってんだろう。

イヤミスだけど、

またほかの作品を手にとってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィナンシェ

先週フィナンシェを作った際、焦がしバターを冷ますときに横着をしてやけどを負いました。

(ちょこっとね。)

懲りずに今週も作ります。

P1050409


今回はプレーンと抹茶。

型は二種で。

気泡がたくさん入ってしまったのは、きっと型に流したあとに衝撃をあたえそびれたからなのか…?

P1050411

味はOkでしたので、これは持っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜の花のポテトサラダ

このところ漬けや一夜干しの魚にハマっている我が家。

…というか、ワタシと次男。

この日は

鮭の西京味噌漬け。

焼くだけなのに、美味しい…

副菜は、

ちょっと春を感じて、

菜の花をとり入れます。

P1050396


・菜の花のポテトサラダ

 菜花は軽く塩ゆでしカット。ポテトサラダには辛子をぴりっと効かせます。辛子の黄色が加わりポテトもキレイ。

・れんこんの塩麹漬けのグリル

・トマトのザーサイ和え

そろそろ春、かなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森りんごキャラメル

出張のお土産、青森りんごキャラメル。

P1050404


りんごの味がぎゅっとつまったお味。

そして、

ワタシが一番気に入ったのは…

P1050405


飴ちゃんのシルエットとこの可愛くって可愛くってしょうがない包み紙デザイン

一人でキャーキャー言っております。

ここに女子がひとりいてくれればいいのに…

こんなとき切に思うわけです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさりとブロッコリのにんにく炒め

小粒ですが、あさりがお安くなっていると手にとらざるを得ない

大好きなんです、あさり

P1050308


この日はたくさんのブロッコリを購入したので、

豪快にあさりとブロッコリのにんにく炒め。

白ワインもたらっと流し、蒸し焼きにしてゆすります。

ブロッコリの房部分にしっかり味がしみるので美味しい

P1050310


副菜は、

・かぼちゃのバルサミコ酢炒め

・トマトときゅうり、レッドキャベツのサラダ

珍しく我が家の食卓、色が華やかです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お惣菜の海老グラタンコロッケ

お肉屋さんに行きながら、

海老グラタンコロッケに魅入られてしまったワタクシ

今日のお買得品、といつもよりお安くなっているらしかったので初トライ。

P1050393


ずっしり重く、1ケにするか2ケにするか迷うサイズ。

結局クリーム系だし飽きるといけない…と1ケずつで決断。

結果、正解でした。

美味しいんです…がどっしりときます。

副菜はその分、お野菜の繊維質たっぷり系のものを作りました。

・ごぼうとにんじんのゴマ和え

・ブロッコリのにんにく炒め

ごぼうとにんじんは予め、出しと醤油、みりんで味をうっすら煮含めておきます。

あとはすりごまだれをたっぷりとからめて出来上がり。

P1050394


あと、ご飯にのせるアボカド納豆

アボカドと納豆、醤油、白ゴマたっぷり。

クリームコロッケの上に、さらにクリーミーなご飯のお供。

太るよねぇ…

まったく…

どれもご飯がすすみますなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森に眠る魚

角田光代さん著作「森に眠る魚」

P1050390


幼稚園に通うお子さんのいるお母さんが読まれると、

ココロがぎゅっと詰まって、苦しくなる本。…だと思います。

幼稚園に通うママたちは園選びでカラーの似通った人たちが自然に集まってくるもの…と安心しておつきあいの距離をぐっと縮めがち。

けれど所詮、人は人。

距離感を間違えると、誤解が生まれたり、軋轢が生じたり、面倒になったり…と色々な問題が出てくるのは、「子ども」というワンクッションをおいたお付き合いならではのこと。

登場人物はちょっと強調してあまりリアルすぎないようになってはいるけれど、それでも既視感は否めません。

リアルに世代が重なっている方、勇気があるなら読んでみてください。

勇気が今ひとつ出ないわ…という方には「七人の敵がいる」加納朋子さん著をオススメいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドファミリーセール

ワールドファミリーセール、初日より参戦。

冬物とあり、オーソドックスな薄手セーター類が欲しいかな…程度に考え、

あとは子ども用のスヌード・バッグを探すか…と走り書きのメモを手にし行ってきました。

(最近、すぐ物忘れをするので

相変わらずすごい列…。

けれど一人ではないのでおしゃべりをしていればあっという間にOPEN時間に。

いざ

人は多いけれど、ブランド毎にブースも仕切られているためか(ワールドは年代別・カジュアル・モダン等ジャンル分けもはっきりしている)、ひとつひとつの店舗は押し合うほどの混雑はありませんでした。

見やすい

とりあえずはお目当てのお店へ。

メンズものは服もカラフル、おしゃれ

見ていて楽しくなります。

そこで長男用バッグとスヌード探し。

長男希望タイプのスヌードは見つかりませんでしたが、お安く暖かなものをGet。ヨシッ

バッグも探したのですが、オールシーズン使えるほどよいサイズのショルダーは見つからずちょっと中学生男子には大きすぎます。ビックリしたのですが、今どきのオシャレ男子用にバッグも冬仕様が充実しているのです。ウ-ルと皮の合わせ技の、女子が持っても可愛いバッグがあちらこちらにいや~…危うく我を忘れて買うところでしたよ。ちょうどお友達と遭遇し「どんな場面で使うか想像してみると、必要でないかどうかが見えてくる」という名言に冷静になり、ワゴンに戻しました大きいバッグを持ち歩かない私には合わない。あ~残念。

次男用にも服を…と子ども服フロアを見てみましたが…女子用が充実。男子は少ない。しかも…そこのブランドのロゴがドクロ…いくらそれっぽくないドクロといっても、されどドクロ。ワタシはスカルは基本好きではありません標本や図鑑として見るには好き、ですが。

レディースはひととおりざっと見た後お気に入りブランド店をじっくり。

そこでも見つからない…とお隣の同じお店のメンズを見ていたら…ありましたシンプルセーターSサイズ。最近古着のみならず、メンズものにも手を伸ばし始めております。念のため試着も済ませGet。

セールというとちょっと残念なものも混ざりがち(古いデザインだったり、セール用製作ものだったり)ですが、ファミリーセールではそういったこともなくどれもが目を惹くものばかり…

ファミリーセール、おそるべし。

体力消耗のあとは、ランチタイム終了間際に手近にサンシャインのAGIOにすべりこみ。

Ca3h0532


ワンプレートランチを頼みます。

Ca3h0531


写真に映りこんでませんが、パスタのソースはブロッコリと小柱のクリーム。

ちょっと柔らかめ、でしたが美味しかったです。

グリルドチキンも塩胡椒の塩梅よし。

バゲットとアンチョビ風味の半熟卵も美味しかった~。

ボリュームたっぷりで満足です。

ミルクティーを飲み、肩をまわし、首をまわし…疲れを感じつつもお買い物を済ませ満たされました。

それにしても、精算レジ並びは疲れましたな…

Ca3h0530

ぐっすり眠れそう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紙カツ

豚の薄切り肉を何枚も重ねての紙カツ。

炒め物に使おうかと思ったお肉でしたが、

揚げ物に変更。

P1050391


脂がいい具合に染み出して美味しい

副菜は、

・さつまいものはちみつレモン煮

・ひじきといんげん、厚揚げの炒め煮

・キャベツとにんじんの辛子マヨ和え

冬キャベツは加熱してから…が甘くてたくさん食べられます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉豆腐

脂身の美味しいお肉の薄切りを買うと、

この時期はやっぱり肉豆腐

温まります~~

P1050340


豚肉と玉ねぎ、今回は柔らか絹揚げを使って…

ちょっととろみをつけて熱々なのをキープ。

ご飯がぐいぐいと進みます。

P1050339


副菜は、

・キャベツときゅうりのサラダ

・れんこんといんげんの黒ゴマきんぴら

・トマト

副菜はサクサクとした食感で楽しみます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬大根おいし~~~ッ(*´ω`*)

このところ、

直売農家で大根を買うのにハマっております。

とにかく、皮が薄くてみっしりと水分と身の詰まった大根が美味しいんです

この日も、

主菜よりまずは大根の煮物から思いつきとりかかりました。

P1050374


シンプルに大根とえのきだけの煮物。

薄味でも美味しい

ずんぐりしているけど、聖護院ではなさそう。

今度農家の方に聞いてみよっと。

P1050375


もう一品は、

このところ値の安定しているほうれん草ときゅうりを使ったおひたし。

ちょっぴり酢を入れています。

P1050377

メインは子ども大好きさばのみりん干し。

あとはトマトと、ねぎの味噌焼き。

ねぎは、みりんで溶いただけの味噌をのせてグリルで焼くだけなのに大好評。

今度からちょくちょくこの手を使おうっと

| | コメント (3) | トラックバック (0)

さよなら、そしてこんにちは

P1050371


ここ数週間予約図書が怒涛のように届いています。

一週間に3-4冊を読み進めるハイペース

ブログに書き留めるのはそのうち、ちょっと気に入ったものだけ。

「さよなら、そして こんにちは」

萩原浩さんという作家さんの本は初めてです。

彼はいろんなジャンルの本を書くらしく、方向性も様々らしい。

この本は

ショートストーリーを数篇。

どれもが、ちょっと心温まり、くすり、と笑い、トホホと笑う。

悲喜こもごも、という言葉がぴったりはまるお話ばかり。

夢いっぱいでのぞんだものの現実は厳しく、それでも見なかったことにする主婦など笑ってしまいつつも自分に重ねたりして…。←あ~あるある…

新しいことに挑戦して、くじけそうになったときなど、

これを読むのをおすすめします。

人生山あり谷あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

週末の長男部活のために、

お弁当を作ります。

P1050389


ご飯には、おきな昆布がなくなったので、塩こん部長を入れておきます

おかずは、

・にんじんのナムル

・菜の花のからし和え

・いんげんのパジョン

・出し卵焼き

・プチトマト

・豚肉と大根皮の炒め煮

大根の皮は厚く剥いたものを使っています。

食感がワタシは大好き

お弁当に入れても水っぽくならず、長男もこの日の一番お気に入りおかずだったらしい。

…ただ、

「美味しそうだから欲しい」と言われる同級生たちにちょこちょことあげたらしい

母としてはそのセリフ非常に嬉しいのですが、皮ですからちょっとお恥ずかしいです…。

複雑ですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日ご飯~当日は平日編

おとーさんの誕生日。

今年は平日です。

皆でお祝いするのは前の週末に。

当日は寿司ケーキが恒例なのですが、

主役が仕事で遅いとなると、

ケーキ型でやると断面があまり美しくないカットで残しものとなってしまいます。

…なので、

そういうときは、

直方体のタッパーを型にして一人分ずつの寿司ケーキ

P1050384


卵は前回よりちょっと薄めに仕上がり、華奢な卵焼きをカット。

サーモンは漬けにします。

お吸い物には菜の花を浮かべ、来る春を楽しみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太刀魚のソテー

とにかく大好きな太刀魚。

水族館へ行って見ても

「実に美味しそうだ…」

という感想しかうまれません

この日は太った太刀魚でシンプルに塩・胡椒・小麦粉をはたいて

バターソテー。

P1050259


サイドの骨の脇についている柔らかお肉がたまりませんッ

副菜は、

・ほうれん草ときのこのソテー

・プチトマト

・にんじんのグラッセ

・フライドポテト

洋食屋さんのイメージで…。

一度でいいから三十センチくらいの長さを一気に食べてみたいわ~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オムライス

オムライス。

P1050292


中身はシンプルにチキンライスです。

「おかーさん、ケチャップ持ってきて」

長男が描いたのはコチラ。

P1050291


鼻の穴、強調されすぎデス

額の髪の毛一本のカールがヒジョーに気になるところ…

P1050293


ワタシはやはり女子っぽく

キュートな笑顔

次男は、せっかくオオカミのシルエットぽいのを作っていたのに

「気に入らないから」

で、早々にスプーンを差し込み、写真を撮りそびれてしまいました。

結構好きだったのにな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィナンシェ

久しぶりにシリコンのシェル(小)型を引っ張り出して、

フィナンシェ作り。

P1050369


ひとつはココア入。

もうひとつはプレーンで2種。

焦がしバターを作り熱をとる際、横着をして流水に小鍋側面をあてておりました。

…と、

突然

ブシュブシュブシュッ

しぶきとともに手に痛みが

カウンターにまで茶色くなったバターが飛ぶ飛ぶ

水がちょっと入ったか…。

横着するものではありませんね

いい感じにバターが色づいたので調子づいておりました…。

油断大敵。

P1050368


要領悪く、作業の流れが飲み込めない私に教えてくれる諸先輩方へ。

気持ちを贈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日ケーキ~でっかいプリン

おとーさんの誕生日ケーキのリクエストは

プリン

(やっぱり)

でした。

毎年おなじです。

(昨年も、一昨年もこの時期のブログに掲載)

なので、

プリンはプリンでも

ちょっとでも違うことがしたくなります。

今回はエンゼルドームの型を使ってみました。

(ババロアなどで使う、あのリング状のもの)

P1050342


オーブン160度で約40分ほど焼成。

甘いプリンを1/4もひとりが口にするので、酸味のあるイチゴでバランスをとります。

サイドは、お誕生日ケーキっぽくクリームデコで表現

キャンドルを立て、

「Happy Birthday」を唄い、

お祝いをいたしました。

お誕生日、おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日ご飯~前祝い編

怒涛のラッシュ、

我が家のお誕生日ご飯。

またもや前祝い編。

おとーさんに

「お祝いご飯は何がいい?」

と尋ねたら、

半日考えた末に、

「パリパリ焼きそば」

それを聞いて

「え===そばをパリパリに焼くの、難しいわ、失敗したらどうしよう…

と、慌てていたら、

「その焼きそばじゃなくて、

かまぼこが入っている、細麺の焼きそば」

それは

長崎皿そばです、おとーさん。

おそばも既に売っているものがいい、とのことなので甘んじてやってみました。

そのかわり餡かけの部分は海老、ほたて、豚肉等色々入れてみましたヨ。

P1050345


じゃんっ

たっぷり~~。

…でも、

これだけじゃ、お祝いご飯っぽくない

なので、

他にもちょこちょこと足してみました。

P1050344

P1050346


お赤飯と、

枝豆&チーズの春巻き。←黒胡椒を入れると美味しいのですが、入れ忘れちゃった

P1050347


ホタテと海老の水餃子。

なかの具を柔らかく作りすぎて、

取り出すのに一苦労。。。

P1050348_2


春巻きや餃子を包むのに時間をかけすぎて、

スタートが随分遅くなってしまいましたが、

ま、何とかお祝い膳をみんなで囲むことができました。

おとーさん、お誕生日おめでとう。

さて、お祝いケーキはこのあとに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白身魚の餡かけ

お魚の唐揚げに、野菜の甘酢餡をたっぷりかける一品。

よく子どものころに母がカレイなどで作ってくれていたのを思い出します。

この日は、

真だらで作りました。

P1050333


たらが見えないほどにたっぷり…

玉ねぎ、にんじん、いんげん、平茸、しめじ。

黒酢はちょっと入れただけでかなり強めに味がでるので少なめに。

ご飯がすすみます。

P1050335


副菜は、

きゅうりとくらげの酢の物。

あとはお味噌汁にかぼちゃなど野菜をたっぷり。

くらげ、もう少し量多く売ってないかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

突然の

「明日お弁当いります」発言。

夜です、もう、夜ですから

完全に残りものにてお弁当づくり。

P1050336


左端より、

・肉じゃがの卵とじ

・焼きかぼちゃ

・プチトマト

・いんげんの肉巻き甘だれ

・にんじんの粒マスタード和え

ご飯には長男リクエストどおり

松前屋の塩昆布のせ。

もうすぐこの塩昆布も底をつきそうなので、

そのあとは塩こん部長ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉じゃが

メークインを買い、牛肉を買い、しらたきを買い…

肉じゃが作りの買い物を済ませていざ作ります。

P1050306


にんじんもじゃがいもも、

レンジで下蒸しすれば、ずっと味が短時間で染み込みやすくなります。

この日は準備が遅くなり、

メインの肉じゃがに、

副菜は一品のみ。

P1050307


ほうれん草の酢醤油和え。

あとはキムチ、納豆でたっぷりごはんを召し上がれぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏胸肉の照り焼き タルタル添え

レシピブログで献立検索していたら、美味しそうなもの発見。

鶏胸肉の照り焼き タルタル添え。

P1050256


分量は我流でやってしまいましたが…

鶏胸肉、ローカロリーでローコスト。高タンパク。

いい食材ですが、使い道が幾つか決まってます。

照り焼きも、こうしてタルタルを添えただけでしっとりさをカバー。

美味しい~~

これはリピ決定です。

副菜は、

・カットトマト

・ブロッコリのにんにく炒め

・かぶの甘酢漬け

P1050252

今回、なかまでキレイな赤かぶが手に入ったので

甘酢漬けにしました。

葉っぱも細かく切って使うと色のコントラストも素晴らしく、お料理上手になった気分

さっぱりした味付けにしたのでもっと食べられたかな。

今度もっと多めに買ってこよっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛ぶ鳥~パッチワーク

月イチ パッチワークの会の日

前回より「モチーフでパターンを学ぶ」シリーズ企画もの。

同じ△と□を使って、

前回の「Tシャツ」に引き続き、

今回は「飛ぶ鳥」。

同じ型紙を使って作ります。

Ca3h0522


これが主催者の方が作られた見本。

鳥のシルエットだけわかるようにすれば、布は無地、柄、どこにどう使ってもいいんです。

前回のように、柄を背景にして鳥を無地4色にしようか…と最初考えてましたが、

気が変わり、

Ca3h0523


背景を無地、鳥を花柄で

他の方たちのも見てみましょう。

同じパターンでも色合わせ、柄合わせが全然違ってくるのでその日最後に見せ合いっこするのがまた楽しいんです

Ca3h0520


お抹茶グリーンに小花柄。

シック

このグリーンはワタシも気になり「どこで買ったの?」とすかさず情報入手の機会も逃しません。

Ca3h0521


こちらは、いつもポップでライトなお菓子のような配色を得意とする方の珍しく落ち着いた色の配色。けれど、洗練されて抜けてる感じがまた違っていいなぁ…

この日はひとつのモチーフで終わってしまったので、後は家に持ち帰り四つの鳥をつなげました。

Ca3h0525


こんなふうに。

最初、いつもより白く明るい配色で作った鳥で自分のいつものイメージからの脱却を図りましたが、やはりその後抑え目トーンをもってきていつもの色味におさまりました

うまくひと皮むけないもんだわ…

自分のカラーといえばカラーなのですが…。

今日の会でのおやつ当番はワタクシ

前夜に金柑のシロップ煮とタルト台を作り、

今朝焼いた金柑タルト。

Ca3h0524


すっごく可愛いイッタラのオリゴのプレートにのせてもらって光栄です

美味しいネスプレッソとともにいただきましたよ。

いつもいつもお世話さまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金柑のタルト

美味しそうな長崎県産金柑発見。

パッチワークの会のおやつ当番日を前日に控え、

金柑のシロップ煮とタルト台を作ります。

P1050301

金柑はへたをとり洗った後、縦に数箇所切れめをいれます。

短時間で味が染み込みやすくするため。

まずは水から茹でてこぼし、水の入れ替え。2回ほど。

同量の砂糖と適量のお水で沸騰しない程度に20分ほど煮、あくをきれいにすくい取ります。

タルト台は、生地を作ったら板状にまとめて冷蔵庫で数時間休ませ、

タルトの型にあわせて薄くのばし、油と粉をはたいた型に敷き込み、底をフォークでぷつぷつと刺したらラップで包み冷蔵庫で一晩寝かせます。

これで焼き縮みを予防。

翌朝、

アーモンドクリームを作り、

タルト台に流し込み、半分に割って種を抜いた金柑を並べて180度で40分焼成。

P1050302


いい焦げ目と、金柑の艶

あらかた熱が冷めたところで、型から抜き出し、

金柑シロップをはけで塗り、アーモンド生地部分に金柑の香りと風味をなじませます。

P1050305


子どもたちや主人の分だけ取り残し、

(先日購入した、益子焼き作家の久保田健司さんの唐草皿デビュー)

あとはパッチワークの会へ持っていきました

パッチワークの会で作ったモチーフは明日UPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビとサーモンのクリームパスタ

「今日の晩ご飯はいらないから。」

こう、おとーさんから言われた日は

食べたいものを食べたいときに…ハイいただきます!です

このところ休日のお昼にパスタを作っていなかったので、

ムショーに食べたくてたまらなかったんです

なので、

晩ご飯にパスタ~~イエィッ

P1050300


エビとサーモンのクリームパスタ

長男曰く「視力回復には”ほうれん草”がイイらしい」などとのあるあるネタでほうれん草を強要してくるので、

リクエストに応えてたっぷりめに入れてみました。

ホワイトソースは、

バターと小麦粉、牛乳、塩、胡椒のみ。

けれど、やっぱりコレが一番美味しい

最後にゆで汁とオリーブオイルでちょっとゆるめて、

フライパンでパスタと馴染ませれば、もう最高なんです。

あ~~シアワセ~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉団子

P1050298


豚肉を使って肉団子

あまじょっぱいタレが我が家は大好きなんです。

焼鳥のタレ、みたいな。

醤油、砂糖、酒、みりん、はちみつ。

あとは水溶き片栗粉で出来ます。

大学祭のとき、部で毎年出していた焼鳥やさん。

そのときに先輩から伝授してもらったタレ作りが活かされています

副菜は、

・ポテトサラダ

・赤かぶと長芋、昆布のサラダ

・プチトマト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カスタードプリン

久々にカスタードプリンを作りました

週末のおとーさんのお誕生日祝いに向け、

練習。

…ま、毎年プリンなんですがね。

やはり久しぶりにすると、温度と時間の加減を忘れちゃったりするものだから。

P1050297


大手スーパーや100円ショップでも売られているこのガラスカップ。

プリン作りに非常に便利です

160度のオーブンにも耐えられるし(蓋は✖)、

冷蔵庫に置いておくときも蓋をすればいいだけ。

ラップも必要ありません。

上に積み重ねて保存もOK。

P1050296


なんてったって、大容量

もう子どもたちは大喜びです

家族分の数はないので、大人は普通のガラスカップを使い、やや少量(たぶんレシピ的には普通量)。

お安いカップなのですが、

なかなか買うタイミングを逃します。

(忘れていて…)

P1050299


でも、こんなふうに美味しそうに食べられると…

買いにいかなきゃ…と思うんですよね。

…いつも。

…毎度。

そして、スーパーに行く時には忘れてる

たはは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわしバーグ

青魚のなかでも

いわしは昔ちょっと苦手な魚でした。

なぜかって…

今、自分の子達が言っているコトバと全く一緒。

「骨がめんどくさ~~~い」から。

けれど、

今は大好きなお魚なんです。

ただそのまま塩焼き…は未だにあまりしません。

トラウマかな。

きっと当時はお魚で美味しい町で育ったのでずっと美味しかったと思うのですが…。

香草オーブン焼きだったり、フライにしたり…洋食系が多いです。

今回は、

いわしバーグ。

和風です。

P1050227


いわしはわた、中骨とひれ、頭をのぞいて塩・酒をふり、フードプロセッサにかけるだけ。

しょうがや玉ねぎ、おから、卵を加えてさらにこねこねこね…

あとはフライパンでしっかり焼いたあとに、

照り焼きだれ(片栗粉でとろみをつけます)をだら~とかけて、

上に小ネギと大根おろしをたっぷり…。

パン粉の代わりにおからを今回入れたので、ちょっとぽそっとしていますが、

その分たれと大根おろしを多くのせてカバー。

丸々の身よりたっぷりいわしが摂れます。

小ぶりのいわしで2尾が一人分。

「頭、頭、頭~~~頭がよくなる~~ぅ

とお魚やさんでよく流れる歌があたまのなかでリフレイン。

副菜は、

・にんじんともやしのナムル

・きんぴらごぼう

食物センイをたっぷりと…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分 恵方巻き

昨日は節分。

せっかくのお休みの日なので、おとーさんに

「豆まきしようよ」とお誘いをしましたが、

「ボクはやらない」

あっさり断りが入りました。

「やっぱりねー」と母子でひそひそ。

豆まきをする前に、

まずは腹ごしらえ。

P1050268


P1050273


今年は南南東。

ワタシと次男にとってはダイニングテーブルの座り位置上、ヒジョーに都合よい方角でした。

恵方巻きは、まぐろときゅうり。

P1050270


太巻きは、

サーモンアボカド巻き。

P1050269


もう一種、

豚とキムチ炒め、野菜のナムルを入れたキンパ。

こっちは寿司飯でなく、ご飯に塩・ごま油・白ごまで混ぜたもの。

P1050271


あとは、お味噌汁と

大根の皮、にんじん、れんこんのきんぴら。

食事を終えたら

和室を締め切り、豆まきです。

P1050286


次男にボール紙を渡し、

ワタシが巻きものを作っている最中に製作してもらったお面。

リアルにコワイ…

彼のことだからちょっと可愛い線をひくのかと思いましたが、

変革がおとずれたようです。

色遣いも結構好きだな。

親バカながら、その出来にとっておきたい衝動に駆られましたが、

来年は来年用にまた作ってもらうこととしましょ。

P1050274


自作のお面、装着。

気合の一瞬。

P1050277


最近作った棍棒を手に、いざ鬼、スタート。

…と手前の長男も豆まきスタート。

P1050281


棍棒で襲いかかる。

P1050283


反撃。

中学生にしてそのホンキ投げ、

当たったらかなりの痛さと見た。

男子だなぁ…手加減すればいいのに。

(ここ、同年代の女子ならきっと痛くないように投げるはず)

よける鬼。

P1050284


ジャンプ。

ちょっとの豆まき(踏みつけない程度)を終え、

お楽しみの豆喰いTIME。

その後、

P1050288


やすらぎのひととき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三ツ矢堂製麺 中目黒店

恵比寿・代官山・中目黒といったい何キロ歩いたのだろうか…ちぃちぃ散歩。

お腹がすいたところで、

Ca3h0517




三ツ矢堂製麺へ。

ひとりでもラーメン屋に入れます。

…というか、入れないという女性が意外と多いことを最近知り、驚きました。

Ca3h0516

初めてなので、

しばしメニューとにらめっこ。

熱もりは決定。

迷うところは麺の量。

こちらのお店、

同じ料金でこれだけの幅から自分の食べられる量をチョイスすることができるんです。

ラーメンに関してはとにかくたくさん食べられるという変な自負を持っているので、

足りなかったら損だわ…と思い、ここは慎重に考えます。

普段200gでちょっと足りないかな程度。

ということは300gかな。

でも、並。

普段他店では中盛りでいいくらいなんだけど、ここは400gとある。

迷ったあげくに300g。



Ca3h0514


初めてのお店なので、ここは王道つけ麺で。

麺が思ったより…少ない??

メニューを見直してみれば…

しまった茹で上げた重さ、とありました。

きっと他店では茹でる前の重さ表記。

たぶん他店の240gがここでの400gあたりに相当するのかも。

まぁ、いいスープ割でたっぷりと楽しみましょう。

ここのお店は野菜をたっぷり使って出したスープらしいので、期待します。



Ca3h0515


さすが、製麺と店名でうたっているだけあり、

もっちもちの艶々麺。

美味しいです。

つけ汁も、ゆずの香りがほんのり香り食欲を出てきます。

濃すぎず、あっさりしたなかでもしっかりお出しがきいているのでするするいただけて、

後で喉が渇いてしょうがない…なんてこともなさそう。

美味しくって、お隣のグループ男子より早くに食べ終わってしまいました

400g…が良かったかな。

また食べたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵比寿・代官山・中目黒・上目黒 ちぃちぃ散歩

最近、古着にハマっております。

なんだか、なぜに急にスイッチが入ったのか分かりませんが。

一昨年くらいにお気に入りの一本に出会って以来、

たまに覗くようになりました。

学生時代、大阪ミナミのアメリカ村に行って以来のブーム到来。

今回は中目黒~上目黒散歩。

最後に一番お気に入りのお店をとっておき、

まずはお初のお店へ。

carboots

Ca3h0499

ヨーロッパのアンティークを集めているお店。

ヴィンテージアクセサリーのなかには

ジャンキーなシャネルのイヤリングもありあまりの可愛さに心が踊りましたが、

いやいや…ワタシにあのマークは似合わない…と諦めますすごく可愛いかったんですけど…

春物コートも幾つか入り始めたらしく、充実していました。

コンディションも良く、エレガントなラインが気になります。

バッグコーナーにはなぜかアメリカCOACHバッグも多数。

なんと学生時代から初OLあたりよく使っていた型も取り揃えてあったので、

年数が随分とたってしまったのか…と心にしばしすきま風。

ワタシが使っていたものも既にヴィンテージものというわけですね。

次に幾つか店舗をまわりましたが、

何となくう~ん…な感じ。

その次のヒットは、

H(アッシュ)



Ca3h0505


数年前このあたりを歩いていたときも、サイコロのような看板が気になっていたのですが入ることはありませんでした。

今思えば後悔。

ちょうど2/3までのSALEにもあたり、2フロアある店内の2階部分はなんと60%オフコーナーが。好みのブローチ類が充実していたので、選ぶのにも一苦労。

可愛いお店のおねーさんと相談しつつ、最初自分で選んだものとは違うものをチョイス。

結果正解です。よく使っています。やはりこういうお店は、スタッフの方と相談するのが一番かも。

春物も入り始め、1Fは購買意欲をそそるお洋服で一杯。

はやる心を抑えるのに必死でした。

大人でも着られる古着をコンセプトにしているだけあって、チョイスはワタシから見ても

「うん、着たい」と思わせるものが多かったです。

ここはまた来たい…

最後にとっておいたのは、

お気に入りの

Olgou



Ca3h0506


半地下のような造り。

13:00からの営業なので、時間に余裕のあるときでないと行けません。



Ca3h0507


Ca3h0513


ヨーロッパ系の古着や雑貨、アクセサリーを扱うお店で、

ここにくるとどれか一つは惚れてしまうものが見つかります。

今回は数点見つかり、絞るのにひと苦労。

(予算もありますから)

ここに来ると、

流行は気にしなくてもいいんだ、愛せるものと出会えればシアワセなキモチになれる…

そういう場所。

色あいも好みドンピシャ

ネイビー、グレー、カーキ、ベージュが豊富に取り揃えられ、その型は様々で一点ものに対する愛おしさも芽生えます。

試着したあと、

どうしても何かひっかかり

「やめます」

と言っても、

「…古着はね、出会いですから」

なんて洒落たコトバで返してくださり、

ぽっと気持ちが温まるんです。

なかなか行く機会がないのですが、この階段を下りるときいつもドキドキワクワクするお店です。

こうした古着屋さんのほかに、

前ブログの器やさんだったり、

あとは文房具店と布好きにはたまらない聖地cokkaにも行ってきました。



Ca3h0500


独特なテキスタイルで、人目を惹くcocca。

お店も一種独特な雰囲気。

マリメッコみたい?

とにかく布のデザインが映えるような空間を広くとったディスプレイは圧巻です。

ユザワヤやコットンフィールドで見るcoccaとは違い、ちょっとお値段もあがって見たことないテキスタイルデザインも。

赤ちゃんのスタイはすごくステキで、出産祝いにプレゼントされたらきっと喜ばれること間違いなしでしょう。

Ca3h0504



Ca3h0503


ALLEGORY BUREAU@恵比寿西

下調べなしにふらりと入ったお店でしたが、

近くにあるALLEGORY HOME TOOLSの姉妹店のようで、シンプルでちょっと凝った造りのものがいろいろ楽しげにディスプレイされていました。

バラのオードトワレも廉価で上品な香りのものがあり、すごく気に入ったのですが、これはまた次回に…ということで、

この日は誕生日プレゼントにもらった電子書籍のカバーに使える帆布ポーチを見つけ購入。大きなサークルドットのキルトに一目惚れです。(店内一部SALEもありましたが、これは残念ながら定価)



Ca3h0502


これまたビルの2階、いや1階になるらしい、文房具屋さん。

KILL TIME@恵比寿西

名前がなんとも恐ろしい…

けれど文具とあるし、スカルのトレードマークが何とも無骨で期待させます。



Ca3h0501


入口のマットもスカル。

ライトで照らされる時計(これUNICOでも見かけたことある)がオシャレ。

中は、文具好きにはたまらないシンプルでちょっとアクセントの効いた長く使えそうなものばかり。

うん、いいじゃない

それに何と

愛用のRHODIAのブロックメモがセール対象に

これまた数年前、誕生日プレゼントでノートカバー、メモカバー付きでもらっていたので中身だけ変えて使い続けている愛用品。ちょうど減っていた頃だったので半額で購入。

まとめ買いもしたかったのですが、ぐっとこらえました。

レジを済ませている間、

最後まですごく買おうか悩んだ

ゴム鉄砲。

フラットでキッチュな色彩のプラスティック製。

オトナが楽しむようらしいのですが、お土産に買ったらきっと子どもたちも喜ぶだろうなと想像しましたが…いやいや普段からそんなに買い与えちゃイカン、と自分のなかの取り決めがブレーキを踏みました。ワタシ用に買えば良かったかな…(ネットで探したけど見つからない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工藝 器と道具 SML~恵比寿

誕生日の時期にひとつ、何かしら台所用具を買い足します。

自分の中での密かな決め事。

今年は、

小鹿田焼の中皿あたりを探していたのですが(パンやケーキをのせる用に)、

なかなかそういうときに限って見つからない。

実は去年12月から行った先々で探してはいたのですが…

この日は違う目的でやってきた中目黒。

そこから恵比寿へ歩く途中、器のお店があることを知り、

立ち寄りました。



Ca3h0512


工藝 器と道具 SML



Ca3h0508


作家ものの器がじっくり手にとって見られるような、

美しい配置。

Ca3h0509





Ca3h0510


幸運にもこの日入荷したばかりのたくさんの小鹿田焼が並べられていました。

けれど…。

やはり器の特長としては小鹿田焼は厚みがあり、ちょっとすり鉢状になったもの。

フラットなタイプを探していたので、小鹿田焼は次回鉢物か小皿を探す時用にとっておくとして…

気になるお皿発見。

というか、ほぼ一目惚れ

大きさもおそらく家にあるパン皿とほぼ同じ?

既にほとんど売れて、残すところ2枚。

個性的な柄なので1枚のみを購入。

貫入の入具合や手描きの模様も違っているので、好みのはっきりしているワタシにとっては大問題。入念にチェック。



Ca3h0511


お店の方が親切に付き合っていただき、

違いについても教えてくださったので、スムーズに決まりました

2/17-2/22は、山陰民藝フェアも行われるそうです。色々な窯元から出るらしいのでそれもまた気になります…

さてさて、

購入したお皿ですが、

P1050260


久保田健司さん作の益子焼。

ぽってりと上からおとされた模様が印象的で、濃いこげ茶から浮き出て、何ともクラシック。

なのにモダン。

トースト一枚のせただけで、うっとりしそう…。

P1050261

お店の方に

「高台にも凝られているんですよ。」

と教えていただき、丁寧にひとつひとつくり抜かれたような型にまた惚れました。

器をつくるのがホントに好きな方なのだなぁ…。

どちらかというと磁器が多く、大雑把な扱いのワタクシですが、

このお皿の扱いを重ねるごとに、上品な仕草の似合う女性になれる…かも?(笑)

器に育ててもらう一年となりそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日の寿司ケーキ(小)

家族の誕生日が平日だったとき。

我が家では前倒しで休日にお祝いご飯をし、

当日は寿司ケーキを用意します。

ただ、

家族の誕生日が続くシーズンなので、

ちょっとここらへんで

自分の誕生日には

息抜きを…。

大きな寿司ケーキでなく、

小ぶりで銘々に作ってみました。

P1050234


四角いタッパーを抜き型に利用。

白ごまたっぷりの酢飯の上に、ちらし寿司にします

P1050235


厚焼き卵はほんのり甘い程度に…

しいたけは甘めに

茹でたエビ、サーモン、きゅうり…。

桜でんぶとのりでお化粧をしたら出来上がり

子どもたちは

「切り分けるとボロボロきたなくなるから、今度からコレがいいよ」

と言いますが…。

やはり親としては大きく作ってキャンドルを立てて

「ふぅっ」

とする子どもの顔を見たいんだな…

なので、子どもたちのときには大きく作らせてくださいヨ。

P1050239


お吸い物(手鞠麸、わかめ、水菜)と、

なぜか焼き芋

スミマセン、急に食べたくなりました。

理由はふたつ。

ひとつめは、

お友達が美味しそうな焼き芋をFBにUPしていたから。

ふたつめは、

祖母の誕生日に

「ほら、好きだっただろ」と

お茶目な祖父がよく焼き芋を買って帰ってきたというエピソードを思い出したから。

お芋を食べつつ、ちょっと涙目。

「お母さん目が赤いよ。」

と言われたけど、

お洋服屋さんかなり見て回ったからかな、と言い訳。

今年は祖父母にとっても大きな節目の年。

御霊に会いにゆきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

れんこんもち

寒い日が続くと、

なにかと鍋が続きます。

なにかと辛いものでカラダを温めたくなります。

ワンパターンにハマりつつあるので、

ここらでリセット。

ちょいと和食に。

P1050104


さんまの開き。

シンプルに魚が食べたくなります。

副菜は、

P1050105


・赤大根とにんじんの酢の物

・れんこんもちの餡かけ

酢の物を口にすると、

「あ~~中和される…」

と感じます。

脂ものに傾き加減な日頃の食事。

ちょっとこれを摂り入れるだけで罪悪感が薄れます。

れんこんもちは寒さをしのぐために、餡かけにいたします。

れんこんもちは、にんじん、玉ねぎ、れんこんをフードプロセッサにかけ、砂糖、塩、薄口しょうゆ、鶏挽肉、卵、酒、片栗粉をまぜまぜ…。

小さく粉砕されますが、野菜はたっぷり。

食欲なくなったときにもこれならもっちり食感で楽しんで食べられるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »