« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

手羽元の唐揚げ

もも肉、手羽先…

鶏の唐揚げは色々ありますが、

手羽元の唐揚げが結構好きなんです

そのワケは…

軟骨にあり。

しっかり揚げるので、軟骨もゴリゴリ言わせながら食べてしまいます。

P1060465


お皿にはすらっとキレイな骨が残るのみ。

この日は、

にんにくのすりおろし、塩、黒胡椒、クミン、パプリカ、小麦粉で味付け。

かなりスパイシーな仕上がりになります

その分副菜はさっぱりと…

・ポテトサラダ

・にんじんときゅうりのサラダ

もっとたくさんガブリっといきたいなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当:小さなサイズ版

校外学習の日。

お弁当が必要だという日の朝に、

なんだかお腹の調子が悪いらしい

なので、

小さめのワタシのお弁当箱に詰め替えます。

(たぶんお昼には治っているんだろうが…)

P1060483


昨晩の残りものの肉じゃがはコロッケに変貌を遂げました

・肉じゃがコロッケ

・豆苗とたけのこの和物

・にんじんと海苔のナムル

・プチトマト

・だし巻き卵

・スナップエンドウのソテー

小さめのサイズのお弁当箱だと収まりがよくていい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉じゃが

肉じゃがです。

もちろん多めに作って、

翌日のお弁当のおかずにも備えます

(校外学習で必要なんだって)

P1060479


じゃがいもの大きさにもよりますが、

うちの男子たちは大きめのサイズがお好みなので、

一個まるっと、

か、

縦に半割にします。

結構お腹いっぱいになるので、

あとは小鉢をつけるだけで充分。

P1060480


この日の小鉢は、

・たけのことほうれん草の和物

辛子をきかせるのがポイント

ほうれん草の青みが爽やかになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

週末部活のためのお弁当が定番となっております

このところの陽気ですから、

保冷剤も大きめのものをセットし、

重たいなぁ~…

でも自分のじゃないし、ま、いっか

P1060474


この日は久々お鍋でご飯を炊いたら、ちょいちょいおコゲ混じりに。

おかずは、

・(前夜の残りの)ラタトゥイユ

・大根の梅漬け

・ほうれん草とたけのこの和物

・いろんな具材炒り卵焼き

・長芋と牛肉の炒めもの

お肉、美味しかったらしい

良かった、良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陽だまりの彼女

予約していた図書。

思っていた内容より違っていたけれど、

ファンシーで心温まる、

大人のための童話、

「陽だまりの彼女」越谷オサム著

主人公と彼女がホントに可愛くって

少女マンガに出てきそう…

なんだか中高校生に戻った気分で読みました。

キュンキュンきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぐろのソテー和風ソース

まぐろ、まぐろ…

加熱用のまぐろをどうやって食べようか…

お手頃プライスでつい手にとったものの

ちょっと悩んだ末の

ソテー。

P1060472


塩をまぶしたゴロゴロのまぐろをフライパンで焼き、

白胡椒をたっぷりとふります。

そこへ、

醤油、みりん、酒、はちみつで作った和風ソースをたらりとかけ、

刻み海苔をわさっとかけて食べるのです。

ワタシは気に入ったのですが、

子どもは「やっぱりお刺身のほうがいい…」などと言う

まったく…

贅沢だッ

副菜は、

・ラタトゥイユ

・蒸しとうもろこし

・冷奴

ラタトゥイユでたっぷり濃い色野菜を摂りましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝から豚まん

挽肉が残れば…

長ねぎ、生姜、干し椎茸や筍を使って肉あんを作り、冷蔵庫へポン

翌朝、

簡単な皮でもって豚まんを作ります。

パン教室で習ったのはイーストでしっかり発酵させたふかふかしっとり豚まん。

けれど、

昔ながらの饅頭的な

食感でよしとするなら、

ものの30分ちょい(蒸すのも入れて)で完成です。

皮の材料は、

粉、砂糖、ベーキングパウダー、サラダ油のみ。

こねて分割して、

レンジのなかに乾燥を防ぐためにおいたら、

ひとつずつ取り出して、肉あんを包みます。

パスタパンを使って蒸すこと20分。

P1060461


むっちり膨れた豚まんの出来上がり

蒸している間に、

残り物野菜で作ったスープとともにいただきます。

P1060463


筍の食感がしゃくしゃくとしていい感じです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭のバターソテー

鮭のバターソテー。

合わせる副菜は…

P1060459


この頃よく買うナスで

ナス味噌炒め

厚揚げも一緒に入れて旨みをしっかり吸わせます。

ソテーも味噌もしっかりめのお味なので、

小鉢にはさっぱりお酢を効かせた和えもので…。

きゅうり、にんじん、コーン、わかめで作りました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

先輩たちの活躍で勝ち進む大会。

長男週末も弁当とジャグを抱え、応援です。

P1060469


おかずは、

・ブロッコリと卵の酢和え

・切干大根とにんじんの煮物(昨日の残り物)

・きのこのグラタン(卵焼き器でカンタンにホワイトソース作り→グリル焼き)

・冷凍枝豆

・牛肉のオイスターソース炒め

早起きして眠たい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほっけのマヨチーズ焼き

このところよく出すマヨチーズ焼き。

マヨネーズを薄くぬり、その上からピザ用チーズをのせてグリルで焼くもの。

黒胡椒をぱらりとふれば、しっかりとした味になり、手頃なおかずになるんです

P1060468


ほっけの開きを使ってやりました。

表面が香ばしくふっくら焼けて美味しい

キャベツの千切りとトマトを添えてあっさり。

P1060467


小鉢には、

切干大根とにんじんの煮物。

カイエンペッパーがぴりりときいて、

甘いお味が締まります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チキンカツ

さっぱりご飯が続いたせいか、

半動がやってまいりました。

THE揚げ物

チキンカツ。

P1060446


薄くてサックサクなのが好みなので、

ひたすら肉叩きでたたいた成果でこうなりました

27cm皿からはみ出んばかりのサイズ。

味付けはシンプルに塩、胡椒。

副菜は、

・枝豆とブロッコリのサラダ

・えのきとにんじん、ほうれん草の和物

・トマト

欲張った大きさだったのでお腹が苦しいです…

P1060448


偶然にも切り開いて叩いてたらのカタチに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつおのたたきサラダ

さっぱりを求める日々が続いております。

いいのだろうか…

カラダが慣れすぎてやしないだろうか…。

P1060450


この日は

かつおのたたきサラダ

あえてのレタス、緑部分多用。

こういうとき白っぽい部分を使うと美味しそうに見えない…のはワタシだけ?

あとはきゅうりとパプリカをあわせ、

かつおにはしょうがのすりおろしをのっけた後、

ざっと和風ドレッシングをかけていただきます。

簡単だ~~~

副菜は、

・かぶとひき肉の野菜あんかけ

残り物野菜をとにかく千切りにして、

かぶと一緒に煮込み、生姜と炒めたひき肉を加えて水溶き片栗粉でとろみをつけます。

甘くっておいしいな、かぶ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パッチワークパターン~輝く星

月イチ パッチワークの会。

久々なわりに進んでおりません

今回は前回持ち帰った

「輝く星」パターンをつなぐ作業。

…とはいえ、途中でタイムアップ。

残りは宿題としました。

Ca3h0539

お楽しみのおやつタイムは…

Ca3h0540


盛りだくさん

どれからいただこうか迷います…

アンリシャルパンティエの焼き菓子

マンゴープリン(CALDI)

房総ぼっちめぐり

帰宅してからは

ちゃんと頑張り、

P1060458


こんな感じで仕上がりました

ヨシッ

来月はリボンだッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭のマヨチーズ焼き

お魚のシンプルな塩焼き、

好きな次男。

あまり好きではない長男。

あまり食べない主人。

だからといって、食卓にのせないわけもいかず(今のうちからいろんなものを食べてもらいたくて…)、時折シンプルに出しますが、

大抵は、

塩こしょうでいただきます。

今回はちょっと濃く、

軽く塩をふった後、マヨネーズを薄く塗り、その上にピザチーズをのせてグリルで焼く洋風。

P1060428

案の定、食付きのよい長男と主人。

なんだかなぁ~~…

(あ…魚の切り身の向きを間違えました

副菜は、

・ブロッコリとエリンギのにんにくソテー

・ほうれん草とちくわ、コーンの和え物

・トマト

主菜が濃い分、さっぱりといきます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ガパオ

休日のお昼ごはん。

先週の土曜はそれはもう蒸し暑くって…

室内の湿度が60%近くになってました

こんな日は

こんな日は…

タイにならおう

ガパオ。

(我流ですが…)

P1060452


にんにくとひき肉を炒め、玉ねぎ、ピーマン、赤パプリカを加えざっくり炒めたら、

砂糖をぱらり、ナンプラー、オイスターソース、カイエンペッパー、バジルを加え味をなじませて具の出来上がり。

ご飯を盛り、具と目玉焼きをのせます。

崩しながら食べますが、

途中から、

レモン汁を軽くかけて混ぜながら食べるのがワタシの好みです

次男、一口試してすっかり気に入ったらしく、それからレモンをやたらかける…

それじゃ酢飯になっちゃうぞ。

食欲減退のときにぜひ、お試しあれ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

前日の鶏のさっぱり煮。

二本残して翌朝のお弁当にまわします。

P1060455

鶏自体には味がしっかり馴染んでいるので、

そこに粉をまぶして、卵液をからめて揚げます。

左より

・きんぴらごぼう

・枝豆

・手羽元のさっぱり揚げ

・いんげんの黒ごまよごし

・プチトマト

・かぶのナムル

・卵焼き

その後、試合が中止との連絡網があり、

家での弁当開示となりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽元と卵の黒酢煮

梅雨入りしたのかどうかもはっきりせぬまま、

体温超えの気温が記録された地域もあったり、

かと思えば絶え間なく降る小雨だったり…。

体の調子もぶれてぶれてままなりません。

さっぱり煮が恋しくなる時節となりました。

P1060453


手羽元と卵の黒酢煮。

黒酢はきかせる程度にし、あとは醤油・みりん・砂糖・酒。

しょうがは細く千切りにしてたっぷり入れて煮ます。

P1060454


副菜は、

・ほうれん草、もやしとにんじんのナムル

・枝豆

もしゃもしゃと口を動かし、食欲をキープさせることが大事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

いつもの週末男子弁当。

試合があるけど…お天気が心配な日。

P1060451


おかずは

・豚ひき肉のお稲荷さん詰め

・冷凍枝豆

・だし巻き卵

・かぶの梅酢漬け

・プチトマト

・いんげん、にんじん厚揚げの炒め煮

豚ひき肉の詰め物は、

肉だねに細かくエリンギを刻み入れ、下味もつけておきます。

あとは詰め込み、だし汁で煮た後、甘辛く味付け。

保冷剤も大きめを入れておきました。

そろそろ冷凍枝豆だけでは傷みが心配な時期となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋台の香りただよう…するめいかの漬け焼き

小ぶりの艶々するめいかを、

駅前のOakでGET

今日はなんだか甘じょっぱい味が恋しい気分でしたので、

漬け焼きにいたします。

カラダはゲソと本体を別にし、骨・ワタを抜きます。

醤油・みりん・砂糖・すりおろししょうがを合わせた液に30分ほど漬け込みます。

その後、熱したフライパン両面焼くだけ。

途中液に再度浸してまた焼く。

これだけで味が重ねられ、お祭り屋台の香りを彷彿とさせます。

P1060426


漬けるときに、横に切り目を入れるのもお忘れずに。

味が染み込みやすくなるのはもちろんのこと、

噛み切りやすくなります

P1060425


副菜は、

・ナスとかぼちゃ、ピーマンの揚げ浸し

・冷奴

たっぷりお野菜も摂って、このところの気温差に負けないようにせねば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おかしな目玉焼き

朝ごはんの風景。

P1060435


蒸しパン+サラダ+目玉焼き

この目玉焼き、

いつもは作らないものなんです

その名も

「おかしな目玉焼き」

練馬区の学校給食ではもう長年お馴染みの人気メニュー。

もしかしたら全国区なの?

知らないのはワタシだけだったのかしらん?

P1060434


レンジで作ったような目玉焼きですが…

その実は

スイーツ。

お菓子な目玉焼きなんです

ミルクゼリーと黄桃。

わざとゼリー液を高めの位置から黄桃に向かって流し入れます。

黄桃にうっすら膜がはり、

白身部分には高いところから落とすことで小さな気泡ができ、ぶくぶくと蒸し焼きした風な仕上がりになるというわけです。

黄桃の缶詰はあれば小さめのものをチョイスしてください。よりリアルです。

ワタシが行ったスーパーには普通に大きいものだったので、

計量スプーンで一部カットしてカタチを整えました

もし

「これ、初めて見る」

という方はぜひお試しあれ

ちなみに、

うちの主人は

「なにコレ。目玉焼き?」

「うん、冷やし目玉焼き」

「…」

パクリ

「…」

やはり…というか、薄いリアクション。

目玉焼きでなくスイーツだったのは予想外だったようですが、無表情で面白くない

せっかく子どもには根回ししておいたのにな。

きっとこんなリアクションは稀、稀ですヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回鍋肉&麻婆豆腐

この日はどかっと

大皿で中華。

CMで美味しそうに回鍋肉をほおばる姿を見て、

つい食べたくなりました

あ、もちろん気分で好きな味加減にしたいので「○○の素」はなしで

回鍋肉は滅多に作らないので、

豆鼓を買いに行くことから始めます。

そのほかの甜麺醤、老酒、麻婆豆腐用の花椒、豆板醤はストックから。

P1060417


右側が回鍋肉。

キャベツのほかに、ピーマン、玉ねぎを使ってます。

甘めでご飯に合う

P1060419


対して麻婆豆腐。

こちらは、子どもがお茶をかぱかぱ飲むほど辛めに設定。

(けれど、このくらいの辛さがいいんだそうです

こちらもまたご飯に合う

結果、4合半のご飯がまたたくまになくなりました。

中華は絶大だワ

ワタシは残り物ニラ玉チャーハンで…

けれど、またこれもいっか

P1060420

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長く着るひと

愛着?物欲?

それをなんと表したらよいのでしょうか。

ワタシは

服や小物を

とことん長く使います。

母が独身時代着たという、

黒の冬用ジャケットも

未だ時折袖を通します。

学生のときから使っているピアスもあります。

バッグも。

10年以上は当たり前。

20年以上も当たり前。

…となると、

繕うことが不可欠な作業でして。

そんなときに出会った

イイ本

同志にオススメいたします。

P1060398_2


図書館の検索でひっかかったこの三冊。

「繕いノート」

「10年着るための衣類ケアブック」

「足もとのおしゃれとケア」

借りて読んでみましたが、

実に、イイ

手放したくなくなって、

右の二冊は

書店で取り寄せ購入。

左の一冊は…悩み中。

ワタシは我流で繕っていたので、やっぱり粗いんです

こうして基本のキと、繕いを前向きに楽しむ本と出会えて

テンション上がりましたね~。

もう古くなったから…

でなくって、

古くなり、やっとこなれてきたか、と思うワタシにとってはバイブルとなりそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリンピースごはん&たこサラダ

グリンピースの季節が終わっちゃう

前に、

ご飯を一度はやっておかねば

P1060395


このときのご飯はちょっぴり固めなのが好みです

P1060392


久々にたこのサラダ登板@長男大好物@次男テンションちょい下がる

なぜに次男喜ばなくなったのか…?

最近セロリの香りが気にかかるらしい。

翌朝のベーコンとのスープは「これは美味しい」と喜んで食べてたのにね。

味がどれも淡白なので、

かぼちゃといんげんの天ぷらも添えました

うん、旨々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビと卵のチーズ焼き

ホワイトソースほどこってりしたものは欲しくないけれど、

マイルドなこってりを食べたい日。

エビをにんにく・塩・カイエンペッパーで炒め、軽く加熱したじゃがいもと玉ねぎを加え、茹で卵をカットしたものを並べる。

あとは、ピザ用チーズをばらばらとのせてオーブンで焼くだけです

P1060390

エビの旨みで意外とあっさり味。

美味しい

P1060391


サラダでさっぱりとさせることも忘れずに。

ごちそうさまです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当~運動会編

中学生の運動会ともなると、

子どもと観覧者のお昼は別になります。

長男用のお弁当と、

家でお昼を食べることとなる家族用を準備。

P1060402


はい、どーーーんッ

運動会、という特別行事にしては非常に地味弁当です

うっかりフルーツを別詰めするのを忘れておりました

せっかくアメリカンチェリーとピンクグレープフルーツを用意しておいたのに…。

お腹も空くだろうから…といつもよりギュウギュウに詰めております。

で、気持ち特別感を込めておりますヨ。

例えば、刺さなくていいのに竹串…とかネ

あと、いつもの梅干ご飯と思いきや、

のり弁にしてみたり。

(あ、我が家ではのり弁を作ることはホントないので、これもまた特別感出ております)

おかずですが、

・舞茸といんげん、厚揚げの煮物

・ヤングコーンの磯辺揚げ

・だし巻き卵

・豚ひき肉のつくね、柚胡椒味

・きんぴらごぼう

・プチトマト

P1060404


家用には、炊飯器のご飯とこちらを用意。

ホラ、お肉には串使ってない。

長男だけ、特別贔屓

地味~にですが、特別感、味わってください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

豚とピーマンの柚子胡椒炒め

ピーマンをたっくさん購入。

最初はじゃことのきんぴらにしようともくろみの計画購入だったのですが、

ちょっと暑い日でしたので、

気持ちは既に柚子胡椒に傾いておりました。

生姜焼き用のお肉を3つにカットして、

細切りピーマン、しょうがとともにまずは炒めます。

その後柚胡椒投入。

P1060399


いい具合にピリリッ

副菜は、

・きんぴらごぼう

・わかめときゅうりの酢の物

・コーンバター←次男が作る

P1060400


翌日の運動会に備えて多めに作っておきます。

P1060401


この日は午後から暑くなったので、

疲れの回復に…と汁をたっぷりめにした酢の物で(だし汁+お砂糖+うすくち醤油+酢)

飲み干しちゃった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌+牛乳+みりん+砂糖で漬け込むお魚

味噌漬けのお魚は好きでよく食べますが、

家で即席漬けにするときは、

味噌とみりん・お砂糖を少量の牛乳で練り溶き、

それをお魚に塗りつけておいたものを

焼きます。

お魚の臭みも抜けるし、

マイルドで美味しい

P1060387


この日は銀だらを漬け込みました

脂がのっていて美味しかった~~

副菜は、

・かぼちゃの煮物

・プチトマト

・小松菜と豆腐のナムル

そして、

・キムチ冷奴

P1060388


キムチをゴマ油(オットゥギが香り高く、少量で済みます)で和えてのせるだけなのに、

ものすっごく美味しい

冷奴で唯一

「おかわりッ

の声が続々の人気の一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHUTTERS

美味しいスペアリブとアップルパイが食べたくて、

吉祥寺のSHUTTERSへ。

Ca3h0554


中道通り、左手にあるダークブラウンとモスグリーンのシックな外装のお店です。

食欲を満たすため、

普段よりがんばってコースでいただきます

Ca3h0550


サラダとスープからスタート。

レタスに水菜、サラダほうれん草と、白く見えるのは大根、グリーンオリーブを刻んだ酸味強めのドレッシングで胃液を刺激します。

Ca3h0551


そこへどーんと登場、スペアリブ

ひとりあたり2本。

お醤油味か、塩こしょう味をチョイスできますが、

コースは2名~。一種類の味の選択。

悩みましたが、やはりこちらのお店の王道、醤油味で

身離れがよくって、ほろほろと口の中でほどけます。

ここでパンが欲しくなるな~~~(ないけど)

Ca3h0552


その後は、本日のパスタ。

この日はアマトリチャーナでした。

3人前にしてはやや少なめですが、

このコースのラインナップからすると、充分な量です。

Ca3h0553


その後、

一番のお楽しみアップルパ~イ

注文を受けてから焼くので、ほっかほか焼きたてにアイスがどーん、ソースがたぁっぷり

これがホントたまらないんですッ

選んだソースは

ラズベリー、そしてブルーベリー、キャラメル…

ずらりと並べばテンションあがるぅッ

一口運ぶと、脳からセロトニンが大量分泌~~

ホントにホントにシアワセです…

あとはホットな飲みもの(今回は紅茶をチョイス)をいただきつつ、ほっと一息。

久々に来れました。

ごちそうさまです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉祥寺 古着屋Orfeo

ぷすぷすと長年くすぶっていたものの、火種は残っていた古着・骨董品熱。

去年より一気にあがったワケは、

お気に入りのお店があるから。

吉祥寺にも幾つかあるのですが、

そのなかでもダントツ、吉祥寺に行けばサトウのメンチカツの前を通る頻度に近いほど足を向けずにはいられない、

古着屋Orfeo。

Ca3h0562


表には可愛らしいディスプレイ。

女子に生まれてきてよかった、と思う瞬間。

(高校・大学くらいまでは、いや、もしかすると社会人になってからも男子に生まれたかった…と思ってた時期が長かったので)

階段を登れば

Ca3h0561


またちょっとテイストを変えてのディスプレイ。

ヨーロッパ系のもの、ごっそり揃ってますよ~的な香りをぷんぷんさせております。

アメリカ古着よりサイズ的にもデザイン的にもワタシにはツボなので胸を躍らせ一歩一歩あがります。

今日はどんなものと出会えるかしらん(見るだけも多いですが)

ひっそりドアに白くペイントされているお店の方のセンスもまた惹かれます。

この日は以前こちらのお店に触れていたのがネットでヒットしたらしく

ブログの話になり、

店内は撮ったらご迷惑かな…と思って…と胸のうちを話してみたところ、

こころよく「どうぞ~」といただき、

ありがたくパシャパシャ。

このお店の雰囲気、見るだけでも癒されるので、ブログどうこうというより、

癒しのための写真撮りみたいなもの(アイドルの写真を眺める、みたいな?)。

Ca3h0555


この角度が一番好きなんです。

逆光気味ですが、外の明かりがふんわり入って、

照明と溶け合います。

時を重ねた服にふさわしい場所。。。

Ca3h0556


時折、分類ラックの位置が変わるようです。

これまた楽しみのひとつ。

お宝はどこに潜んでいるのやら…て、ね

…が、ワンピース類、ボトムス類、そして今の季節に人気の白モノ、等々が非常に見やすいように考えられているのは常のこと。

ぎっしりつまっていないところも、キレイに洗い終わった服たちが呼吸してるようでまたまたイイ感じ。

Ca3h0558


メンズものもあります。

女性でもゆるっと着たくなるものがひそんでいたりするので、

すべて見て回ります。

古着を見るようになりローブの着こなしが好きになりました。

ハンガーにかかっているコーディネートも目にとめお勉強…

いつか着こなしてみたいです…(まだ手にしていませんが)

Ca3h0557


皮のバッグ類。

なんと学生~新社会人時代愛用していたCOACHがヴィンテージものとして扱われている

自分自身もかなり歳を重ねてきたのね~と、中目黒のH、代官山のcarbootsなどでOLD COACHを目にするたび(しかもかつて持っていた型などがあったりすると)しんみりしてしまいます。リアルな時代に持っていたワタシもお店の若い方からみると、ヴィンテージなんだわ~…と。

Ca3h0559

気をとりなおし、

順番的にはこれが最初に出なくてはならなかったのでしょうが…

入口付近。

入って左がカラダをかがめてじっくり見たいアクセサリーコーナーです。

ちょこちょこ回転しているので、ここのチェックははずせません。

まずお店の方と挨拶、よりもこちらに見入ってしまうこともしばしば…。

福岡に住んでいた頃は、

馴染みのバーだったり、馴染みのイタリアンだったりと食ばっかりでしたが、

こっちでできた馴染みは古着屋さん。

馴染み…がひとつでもあると、そわそわ落ち着かなかったり、下手な買い物をすることもなく済むのでいいですね

そして、馴染みができる上で一番大切な要素。

そこのお店の方が好きであるかどうか、この一点なり。

もちろん、ここ、

大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚肉には里芋や厚揚げがよく合うのだ

久々に和風煮物。

P1060385


豚肉をしょうがで炒め、下茹でした里芋を投入。

スライスした厚揚げや小松菜、舞茸も加え、さっと鰹だしの素+うすくち醤油+みりんで煮込み、塩で調整したら水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がり。

豚の旨みがしみて、とても美味しい一品です

副菜は、

P1060386


これまた好物、

ひじきの煮物。

こっちはにんじんといんげんなり。

ご飯がすすむよ~。

誰かとめて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新玉サラダ

新玉ねぎが美味しい季節です。

せっかくなのでたっぷりの玉ねぎでサラダにいたします。

さらしただけでは

「辛い~~」と文句をいうおこちゃま長男のため、

今回は、

・繊維を切る向きで薄くスライス

・塩もみして水にさらす

・さらに熱湯をかける

と念のいれようです。

たっぷり食べて、あのしゃくしゃくっとした食感を楽しんでもらわなくっちゃ

P1060310


さらには、きゅうりやトマトも加えて、

残った辛味をマイルドにさせて…

(あ、今回はレッドオニオンです)

彩り鮮やかなオニオンサラダの出来上がり

メインはぶりのソテー。

ローズマリーとクミン、にんにく、塩、胡椒をきかせてスパイシーなのがワタシやうちのチビッ子メンズたちの好み

あとはさつまいものジャム煮。

柑橘系のジャムで軽く煮ると、酸味がきいて、さつまいもの甘みが引き立ちます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サーモン&マグロ・アボカド丼

あー…

ねっとり系ご飯食べたいッ

と熱烈な食欲におそわれたら、

P1060252


我が家では迷わず、この丼。

寿司飯には白ゴマたっぷり

そしてレタスの千切りたっぷりのせます。

その上に、

まぐろのたたき、

サーモン、

アボカド、

カイワレ大根。

わさびをピリリときかせたお醤油でいただくと、

ねっとぉり、

まぐろとアボカドの柔らかさと、サーモンの脂が

いい具合にお口のなかで広がります…

くぅーーーーーッ

カラダをひねらずにはいられない旨さです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

女子と鉄道

ちょっと前に読んでいた本。

これは…

すごくすごく面白いんです。

P1060227


「女子と鉄道」酒井順子さんのエッセイ本。

鉄道を愛する、といっても、列車の形状にひどく詳しいとかそういうことでなく、

とにかく乗ってどこかへ移動する…という過程が好きらしい、のがひしひしと伝わってくる、なんともゆるやかな鉄道ファン目線の一冊。

別に鉄道に興味がなくたって、するすると読めてしまいます。

…とはいえ、JR九州の個性的で素敵なデザインの車両には萌えるワタシなので、

酒井順子さんにほど近いゆる鉄の血が流れているのかもしれません。

文章も軽快だし、しかも簡潔でわかりやすく、笑いのツボをこころえております。

こういう本、大好き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 蕃茄

あいもかわらず好きな

大泉学園南口にある

麺屋 蕃茄。

久しぶりに子どもたちを連れて行きました。

ここはぎっちりした重みのある太麺。

量をどうするかで迷います。

ワタシは大盛りでちょうどよいくらい。

次男は並みでたぶん少量残すくらい。

問題は長男。

大盛りで大丈夫か?と思いつつ、

最近ワタシより食べるから…とオーダーしました。

Ca3h0539


きたきた

一回り大きな器に麺がずっしり。

濃厚なスープにつけていただきますが、

あっという間に完食。

ふと傍を見れば、やはり次男、最後までは食べきれないようで想定内とばかりに

「おかーさん、もらうね

といただきます

(その後、ちゃっかり次男「スープ割おねがいします」と頼んでおりました。)

そして長男

まさかの

「もうお腹いっぱい…」

その量、想定外ですけど

もちろんいただきます、母。

合算すれば、どれだけ食べるんだってくらい…。

もしかしてW盛り、いけるんじゃないかしらん?

柚子の香りの漬け汁に、カットトマトのおかげで不思議と入っちゃうんです。

またしばらくしたら行きたいわ…

Ca3h0540

今度はひとりで。

でないと、

「じゃ、おかーさんがいただくね。」

では、

体重がおそろしいことになります。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャプチェにチヂミ

韓国食材を新大久保にてたっぷり買い込み、

おうちで韓国料理です

P1060317

P1060318


チャプチェとニラチヂミ。

チャプチェの春雨。

やっぱり韓国春雨でなくてはなりません。

日本や中国の春雨と違い、グレーの色で太めですが、茹でても弾力は半端ありません。

これを肉・野菜と合わせてゴマ油で炒めて、コチュジャン(ヘチャンドル)や砂糖、ナンプラーで味付けます。

火からおろして最後に、韓国の金ごまと、すりおろしたにんにくを混ぜこめば、

にんにくの生の辛さがピリッときいて、香ばしい香りのチャプチェの出来上がり

子どもたちがこれが大好物で、お皿に盛ると多いのを必ず選ぶほど。

ニラのチヂミは

まるごと一束のニラを使って。

あとはにんじんと玉ねぎ、乾燥小エビ。

オットゥギのチヂミ粉を使い、卵、塩、水で溶けば簡単にもっちりチヂミの出来上がりです

美味しいなぁ…

お土産にホットクも買っていたので、

この日はおうちでも韓国三昧。

また、食材が切れたら買いにいかなくては

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明洞のり巻

食材と化粧品の補充に、

新大久保へおともだちとお出かけです。

ランチはいつも10時開店のおんどるを利用していましたが、

このところほぼランチメニュー制覇してしまっているので、

そろそろ違うところ(できるなら並ばないで済むところ)でお食事を…と思っていたところ、

有力な情報入手。

この地に詳しい方から、

「明洞のり巻」ののり巻とスンドゥブチゲを勧められました。

Ca3h0547


おや、ココは…

いつも素通りしていたところ。

ちょっと覗くと、

Ca3h0545

Ca3h0544

一見、ファーストフード店っぽい雰囲気なのと、

24時間OPENというファミレス的要素を含んでいるところが

敬遠させる要因だったのかも。

けれどなんてったって、お勧めだし…と入ってみます。

お客さんがちらほら出たり入ったり、

どの方も韓国人ばかり。

おひとりだったり、二人組だったり。

ちょっと期待できるかも…?

ドリンクは

黒豆マッコリを頼み、

(おともだちはジュース)

スンドゥブチゲとのり巻をオーダー。

のり巻の種類は豊富にあり、

見始めると悩むのですが、

友人曰く

「最初は王道、スタンダードを頼んでみると味が分かるかも」

なるほど、なるほど…

納得です。

Ca3h0541

Ca3h0542


きましたきました~~

ナムル色々、たくあん、たまご、そして天ぷら、かにかま。

たっぷりの具が入って、ゴマも香ばしく美味しい

Ca3h0543


スンドゥブチゲ。

こぶりの器にたっぷりのお豆腐、野菜、そしてあさり

汁に対して具の多いこと。

これはいいですね。

あさりの量が多いのでいい旨み出しが出ています。

いいお店を紹介してもらいました。

ここなら、すぐに食べられてお店をゆっくりまわっていけます。

この日はお目当ての食料品とコスメとは別に、韓国衣料・アクセサリーや韓国文具などちょっとディープなものもチェック。

お店の方とのコミュニケーションもなかなか楽しかったです。

コスメに関しては相変わらBAさんのご指摘鋭くて…

「あなたの肌にはこんな対策、(おともだち)あなたにはこっちの方…」などと、

見るだけでビシッと気になるところが言い当てられました。

(しかも今回は男性)

新商品を勧められたりもするお店もありますが、

「こういうのを探している」というと、

すぐにさっと引き、ニーズに合ったものを探してくれる…。

この切り替えの速さと、お客の立場にあわせた接客が好きなんです

日本のコスメだとなかなかこうはいかないです…。

くいさがるもんね~。

ワタシが韓国コスメにハマる理由は、効果はもちろんのこと、ここにあるかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »