« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

夏休み昼ごはん~夏野菜の揚げ浸し

休日のお昼ごはん。

ふだんは麺類が多いのですが、

この日は珍しくごはん。

ししゃもを大量に買ったため

(朝食だけではまわしきれずにお昼にも焼きました)

その当のししゃもは奥に撮り、

P1060673

手前は夏野菜の揚げ浸し。

野菜を手っ取り早く摂りたいときの常套手段。

P1060672


素揚げした野菜を

たれに漬け込むだけの簡単さ。

かぼちゃは先にレンジで下蒸ししているので、

揚げる時間も短縮。

なるべく火の近くにはいたくない…

夏ですから。

万願寺唐辛子、ふだんなら丸のままなのですが、

今回は大きすぎて縦に二つ割り。

これまた美味し

ごはんと相性抜群なのですが、

皆、納豆で食べてます…

ちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニパフェ

このところお菓子作りがほど遠くなり、

もう一体なにが作りたいやら分からずに、手も出せず…の膠着状態になっておりました。

けれど、

「蒸し暑い」

卵、生クリームありという条件から、

アイスクリームを久々に作ることに

その昔、

初めての一人暮らしをするにあたり、

母より一冊のノートが手渡されました。

母のレシピが料理・菓子にわたり手書きでびっしり。

そのなかのアイスクリームは、

夏にタッパーいっぱいに作って、

抱え込んで食べていたほど。

(その頃もむっちむちでしたねー)

久々思い出に浸りつつ作ってみましたが、

思ったより量ができず、

(4人で分けるには)

カステラの切れ端を使って

ミニパフェに路線変更

P1060676

キウィのスライスをサイドに貼付け、

カステラを大きめのダイス状にカットしてカップ半分くらいまで。

6分立て生クリームを上からかけて、その上にアイスをのせ、

いちじくのジャムをのばして作ったシロップをかけて出来上がり

いちじくのジャムはボンヌママンのもの。

粒粒感がイイ感じです

ホイップしたりして手間をかけたわりに、

食べるのはあっという間。

でも、アイスだけ食べるよりカステラも足して満足感UP

また作ろっと(アイスは手間がかかるので、パフェのときは買ってこよう…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜ビビンバ

夏休みのお昼ごはん、

毎日考えるというのも困りますよね~。

うちでは時おり

ビビンバです。

ホットプレートでお肉も入れてダイナミックにするときもありますが、

このところ、

さっぱりと食べられる

野菜ビビンバにハマっています

P1060666


ナムルは

もやし、きゅうり、にんじんの三種

(にんじんは少し甘めに作り、もやしにはちょっと醤油を加え、それぞれに味を変えてあります)

あとは、キムチとコチュジャン、そして半熟の落とし卵をのせ、たっぷりのゴマをのせたら、

が=====っとかき混ぜていただくのです。

しゃくしゃくとした野菜の歯ざわり、ピリリとしたキムチとコチュジャンの味が何とも食欲をそそります。

ナムルは作り置き、

食べる直前に出せばいいので、

子どもが帰宅してすぐに食べられるお昼ごはんなのです

ワタシは既に負けてますが、

夏に負けるな、子どもたち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには大皿に盛って取り分けましょうよ、の食卓

我が家ではふだん一人分用に盛って出します。

兄弟でケンカの原因になったり、

オトナ男子が取り分けるのを面倒くさがり、あわよくば野菜のおかずを子どもの半分ほどで済ませようという試みを目の当たりにするのが

嫌なため。

けれど、いつまでも個人分けにしていると、

大勢で食べる場面で、

遠慮のない食べ方をしたり、そのほかのマナーが守れなかったりすることもあるので、

たま~にですが、

盛り鉢にします。

(主人は嫌がりますが…)

P1060667

P1060670


この日は

・さばのみりん干し

・とうもろこしときゅうりの和物

・茶豆

・厚揚げの野菜餡かけ

最近しょうがをたっぷり効かせる餡かけにハマっています。

この日は厚揚げもちょっと味を染み込ませてからとろみをつけましたが、

やっぱり暑い日の生姜はイケる

とうもろこしも、きゅうりも、にんじん、枝豆も全て農家直売。

どれもぴっちぴちで野菜の香りがしっかりいたします。

あ~~(暑いのは苦手だけれど)夏に感謝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火を数分だけ使った夕食

バタバタとした夕方。

ぐったりと疲れ、

火の前に立つ気力もなく、

お刺身です。

(この日は長男へのご褒美でもあり、好物を、という意味でもありますが…)

P1060664


P1060665


副菜は、

しょうがをしっかり効かせた

ナスとにんじん、いんげんの揚げ煮。

とろみをつけてピリリと辛味のある餡をしっかりナスに絡ませれば、

元気が出てくるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「共喰い」 田中慎弥

やっとやっと

図書館の予約で運ばれてきた

P1060658


「共喰い」田中慎弥著

この方の本は初めて読むのですが、

好きです、この文体。

すーーっと入ってきます。

ムダが削ぎ落とされているのに、

言葉からは登場人物の息遣いが伝わってくるし、

キレイとは言えない川からは、臭いや浮き立つ泡まで見えてくるような…

内容は荒々しい方言や、品が良いとはいえない父と子が出てくるものの、

その切っても切れない因果が日々の生活を通して伝わってきます。

ついついのめり込んで読んでしまった一冊。

文庫本にはもう一篇、

「第三紀層の魚」があります。

この話もまたおもしろい。

こちらは何度読み返してみてもいいかもしれない。

「共喰い」は子どもに読ませるには躊躇するけれど、

「第三紀層の魚」は読ませてみたいかな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

照りマヨチキン

こってり味とレタスをたっぷり食べたくって

P1060663


照りマヨチキン

パンに挟むと最高ッなのですが、

ごはんと合わせてもハワイのお弁当っぽくて最高なんです

チキンの照り焼きにはきのこもたっぷり合わせてボリュームUP。

お肉たっぷりすぎるとカロリーが気になりますからね…

対して

副菜は、

さっぱりといきます。

P1060661


これまた大・大・大好物

大根おろしとえのきだけのさっぱりポン酢和え。

駅前の野菜やさんでえのきだけ2パック売りのときによくこのレシピを勧められます。

「ホントにおいしいの~?」なんて一度目は聞き流し、

後日行ったときに同じ言葉を耳にすると

あら不思議

魔法をかけられ

作ってみたら、

これまたヤミつきになるお味

以来、

ちょこちょこと作ってます。

このときの大根おろし、

鬼おろしでおろした粗いものが特にオススメです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たらのソテー

P1060657


たらを買ってきたものの、何にするやら思いつかず、

シンプルに塩と山椒、酒でソテー。

ぷりぷりとした白身が美味しい

副菜は、

・ひじきの煮物

・なすとパプリカの味噌炒め

副菜は久々に食べたかったものばかり…

ひじきは子どもたちも大好きなので、

よく使います。

ご飯のおかずにぴったりな副菜で、

これまたたっぷりの白ごはんとともに…

ハイ、いただきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

夏休みに入っても中学生男子弁当は続きます。

この日は先輩の試合応援。

運動量も少ないようなので、

ご飯の詰めは甘くしておきます。

P1060653


おかずは、

・揚げ餃子

・冷凍枝豆

・きゅうりと生姜の酢の物

・だし巻き卵

・こんにゃくのおかか炒り煮

・パプリカのオイスターソース炒め

餃子は週末多めに包んだものを生の状態で冷凍にしていたもの。

レンジで解凍&加熱した後、表面を油で揚げるだけ。

これだと表面に油が吸い込まれにくくなるし、冷凍でも確実に真ん中まで火通りできているのが確認できます

「今日のお弁当、どれが美味しかった?」

と聞けば、

やっぱり餃子、そして意外なところで生姜が効いたきゅうりの酢の物でした。

ふぅん、そこへいきますか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏野菜、採れたて直売、とげツンツン

夏休み平日初日、

ブルーベリー狩りと枝豆狩り@地区班イベントに行ってきました

練馬区は23区で一番農地面積が広い区。

なかでも白石農園さんは農業を広めるために色々な活動に取り組んでおられるアクティブ農家です。

そこへ今回はお邪魔し、

ブルーベリー、枝豆、

そしてきゅうり、なすと購入してきました。

枝豆は産毛がびっしりな茶豆。

山形の有名なだだ茶豆は8月スタートですが、

こちらの農園の茶豆は一足先に味わえます

「たくさん豆がなっているのを見極めてくださいよ~」という白石さんのお言葉に、

子どもの後ろに控える母の目もつい真剣モードに入ります。

ブルーベリー狩りでは、

前もってプリントには毛虫がいたらいけないので長袖を…とありましたが、

ここ練馬区では青いネットで四方を取り囲んだブルーベリー果樹園がほとんど。

なので、毛虫はここ数年出会ったことがありません。

(実家近くの青空のもとの農園では子どもが刺され、一時トラウマ化してましたが)

こちらでものびのびと、頭をくぐらせ粒の吟味と採取を楽しむことができました

さてさて、その日の食卓。

P1060651


採れたて野菜なので、

あまり味を加えずシンプルにいただきます

主菜は、あさりバター。

副菜は、

・焼きナス

・茶豆

・きゅうりの酢の物

P1060652


どの野菜も、

とげがピンピンして、扱うときに要注意。

新鮮なのはやっぱり違うな…

大地の恵みに感謝して、

ハイ、いたーだきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餃子にとうもろこし…夏、到来を楽しむ

あ~~夏ぅ休みぃ~~

ついに夏休みに入りました。

なのに、

子どもたち、

だらだらです@ケンカも多い

一緒にいるワタシまで気がだれてきます

…ハイ、正直 早くも 苛立っております。

そこを何とかもちなおそうと、

間にはさまる食事で気持ちをクリアにもっていくことに…。

P1060650


みんな大好き餃子

P1060648


採れたての甘~いとうもろこし

P1060649


小松菜とにんじんのナムル

口になにかを運ぶときは、

その取り合いでない限りは平穏なひとときです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土用の日を前にフライング

土用の日、

と日付が掲示されていたのに、

待ちきれずにフライング。

P1060645


丼にいたしました。

鰻、厚焼き卵、きゅうりはコロコロにカット。

あとはカイワレ大根をのせて、

うなぎのタレをたらぁりかけて出来上がり。

サイドには、

このところハマっております

車麩のフライ。

P1060646


今回は、

トレイのなかで柚胡椒を醤油に溶いて、水で戻した車麩の片面につけ、衣をつけて揚げました。

ほんのり香るゆずと、うっすら辛味がいい感じです。

こんもり盛った枝豆は、

近場の直売店で買ったもの。

やはり採れたて枝豆は茹でたときの香りが違うんです。

この時期になると、

近くの畑では時間を決めて

枝豆販売会なるものをやってます。

前回

日に二回実施で午後にいったら

「本日分完売です」の表示が…

やはり皆さんご存知で楽しみにしていらっしゃるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みやげ菓子

土産ものの菓子。

P1060642


次男からの、軽井沢ミルククッキー。

P1060644


おとーさんから、静岡の安倍川もち。

そろそろ無駄におやつを食べるのはちょっと抑えよう…と

考えていたところだったのに

この有様。

もちろんおいしゅう頂戴いたしました

夏痩せを試みるのは断念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリガリ君、ついにデビュー

P1060519

初めて、ガリガリ君を食べました

今さら…のデビュー。

…といっても全部食べたわけではありません。

家族で一本ずつ。

ワタシは…

きっとみんなが積極的には取りにいかないであろう、

コーンポタージュを敢えてとりました。

でも、美味しい。

あり、です。

くじもあるんですね。

何も考えずにポイッとし、

長男が「あたりだ」と言って初めて気づきました。

ええ、ええ…当然ながらゴミ箱から再確認いたしましたヨ、

何もありませんでしたけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶりの夏野菜餡かけ

困ったときのぶり頼み

お肉のような食感のぶりは、

お魚Dayの献立メニューで

「何にしようか」迷ったときのお助けアイテムです。

この日は、

ズッキーニやパプリカを使って

柚胡椒をきかせた餡かけのぶりの焼き物。

P1060632


ぶりには、軽く酒をふっておき、水分をふいたら塩をふって、片栗粉をはたいてこんがりと油をひいたフライパンで焼き、一旦取り出します。

同じフライパンで、

長ねぎ、パプリカ、ズッキーニを炒めて、出し、醤油、みりん、柚胡椒、水を加えて

最後に水溶き片栗粉を混ぜたら魚を戻し、軽く煮たところで出来上がり。

副菜は、

P1060633


・きゅうりのわかめの酢の物

・キャベツとコーンの明太マヨ和え

美味しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜も肉まん

一度簡単なつくりの肉まん(皮)を覚えると、

またまた作ってしまいます。

ホントは発酵をしっかりさせたほうが、

ふんわりもっちりで旨さもさらにUPなのでしょうが、

発酵させなくても充分美味しい。

P1060484


今回は牛肉のオイスターソース炒めで、

ちょっと甘めの餡にします。

生姜、ネギ、筍はやはり入れなくてはね

P1060485


包んだ状態がこんな感じ。

これを20分ほど蒸すと

P1060487


こんな感じにもっちりと。

皮の生地にサラダ油を練りこむと、よりしっとり、皮の表面もピンとします。

この日はおとーさんごはんが要らない日。

主食を肉まんにいたしました

副菜は、

・蒸し野菜

・味噌汁

蒸し野菜には、ミルサーで作った簡単ディップを添えます。

ちくわ、だし汁、白ゴマ、辛子。

淡白ですが、美味しい…

P1060489


醤油とオイスターソース、砂糖、紹興酒で味付けしたお肉。

こういう甘めの餡もよろしいですヨ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルボナーラ

休日のお昼のパスタ。

困ったときには

自分的にはトマトベースのパスタ、

なのですが…

我が家の三人(うち一人はトマトにも賛同)は

断然カルボナーラ派、

らしいです。

P1060476

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旬のするめいかでB級グルメ

旬のするめいか。

小さめを何杯かまとめて購入。

一部は輪切りにして冷凍へ…

そして人数分は

煮物にするか焼き物にするか事前アンケートを行い、

P1060535


焼きいかに決定

熱したフライパンで両面を軽く焼き、

醤油・みりん・酒・砂糖を合わせたものをじゅわ~っと流し入れて一気に強火でからめます。

むっちりいかが美味しい~~ッ

副菜は、

・かぼちゃサラダ

・おろし納豆

P1060536


納豆は納豆のみで食べたい派の長男に強く抗議されました

美味しいのに~~

いかだから、消化をよくするための大根おろしなんだよ~と言ったら

「だったら別の小鉢にすればいいじゃん」

…それもアリだけど…人の作ったものに文句を言ってはいけません

ちょっと最近、反抗期か…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんらかの事情

「なんらかの事情」 岸本佐知子 著 

こんなタイトル、見てしまうと

気になるじゃぁありませんか。

P1060527

するとあらあら

こんなところにもいた。

ワタシとおんなじようなところでひっかかるお方が…

自分が常々思っていることが

ここまで文章化されると

面白い。

共感しつつも、

ワタシよりずっと変なヒトなんだ…

と、思うとおかしくなってククッと笑ってしまう…

そんな一冊なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうめんのごまだれ

暑い…

今日もまた30度をゆうに超える暑さの練馬区です

あちらこちらとバタバタする夕方だったので、

もう簡単に肉炒め。

焼肉のタレと練りゴマ、肉、キャベツ、長ネギを炒めます。

P1060533


そして、副菜にも練りゴマ登場。

P1060534


和風ドレッシングに練りゴマを足し、

野菜の千切りサラダに和えます。

あとは茹でたそうめんを下に敷いて、上にのせていただくのですが、

氷を入れて冷やすとまったり美味しいんです

小皿には夏の旬、枝豆をのせて…

夏は暑さがどうも苦手なのですが、

旬の野菜が美味しくって色々手出ししております。

野菜庫もいっぱい

(出し忘れ野菜がないようにチェックせねば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えびチリ

P1060531

P1060532


この日は

えびチリと

いんげんとにんじん、パプリカ、切干大根の明太マヨサラダ。

どっちもピリピリくる辛さの料理を作ってしまいました。

子どもには申し訳ないが、豆板醤しっかり効かせちゃったヨ

暑さでどうも、

食欲が変な方向へ向かいつつあるようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽先の梅煮

こう暑いと、

カラダがだれてまいります…

けれど、

タイのあの蒸し暑さに比べたら…

と考えると

まだ、我慢できる。

水分補給が欠かせなく、

ものすごい勢いで

麦茶とポッカレモンがなくなっていきます…。

そんなある日の晩ごはん。

P1060524


手羽先の梅煮。

しょうゆ、みりん、酒、砂糖、生姜…は普通の煮方と一緒ですが、

ここに梅干を入れてさっぱりとさせます。

煮汁は一部コップに移して、ゆで卵を漬け込みます。

(コップのほうが少量の煮汁でしっかり浸かるので)

副菜は、

・冷奴

・ごぼうとにんじん、きゅうりのサラダ

冷奴もね、欠かせませんね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽食な弁当

うちのチビッ子が移動教室です。

以前は車酔いも激しかった次男。

長時間の移動後に食べるお弁当、ということで

軽めにいたしました。

今回は泊りがけなので

捨てられる容器で。

P1060526


おにぎりは4個作っておりましたが、

本人に朝確認したら

「食べられないかも…」

心もとない答えだったので、3個に変更。

残り一個はワタシの口にぽぉん、とその場で放り込みました。

おかずは、

・きんぴらごぼう

・プチトマト

・だし巻き卵

・手羽の唐揚げ

・いんげんのゴマよごし

…スーパーのおにぎり弁当とかにありそうなラインナップ。

ちゃんと作りましたけどネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七夕…居酒屋メニューで乾杯です

七夕…

色々事前に考えてはいたのですが、

どうも時間がとれず、

居酒屋メニューに、

この日は特別、コーラも出して

乾杯です。

(ふだんは麦茶)

P1060520


まずは煮込み

もつ煮込みです。

朝仕込んでおいたので味がしっかり馴染んで旨旨~

あとは、

・冷奴

・焼きとうもろこし

・枝豆

・大根サラダ

P1060522


結構子どもは

この手のメニューは好きでして…

ジュースもあるし、

七夕ご飯っぽくはないけれど、

ま、特別っぽくて

いっかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツナ味噌冷やしうどん

暑くって暑くって…

冷やしうどんを食べました。

P1060502

レタスの千切り、長芋短冊、おくら小口切り、貝割大根、プチトマト…

いろいろ野菜を刻みますが、

このうどんの要は、

ツナ

オイルを切って

味噌、みりん(煮切った)、しょうゆ、砂糖、カイエンペッパーを混ぜたタレに漬け込みしっかり味を馴染ませてから、うどんにのせ、

スープをまわしかけていただきます。

これで、薄くなりがちな全体の味をぐっと引き締めてくれるのです

は~

暑気払い、暑気払い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚コマ肉で酢豚

大量に購入した豚コマ肉。

二日目は

酢豚。

豚コマ肉にはおろししょうが、ナンプラー、みりん、紹興酒をなじませしばらく置き、

片栗粉をまぶして揚げます。

小さな塊肉のように軽く整えてまぶすのがコツ。

あとは酢豚の手順で。

野菜はワタシは、レンジで下蒸しして、

少量のゴマ油で軽く炒め、豚肉を戻し、合わせ調味料を加えてからめて出来上がり。

P1060509


小さな子どもや歯の悪い人にはピッタリ

けれど、長男「柔らかい肉だから物足りない」

う~~ん…成長したなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜と豚肉のホイル焼き

豚コマ肉をたっぷり買って、

二日連続豚肉料理。

まず初日。

野菜をとにかくスライスして、

トマトケチャップと和えたら

アルミホイルの上に、

塩胡椒した豚肉をひろげ、野菜をのせ、とろけるチーズをのせて、ホイル焼き

P1060500


20分ほどグリルで焼けば、このとおり、とろ~りチーズがとろけた主菜の出来上がり。

野菜は、

P1060499


このとおり、タワーのようにてんこ盛り

気を抜けば、チーズがポロポロ崩れ落ちていくので少々押さえ気味にして盛り、

ホイルを包みます。

野菜は生の状態なので、焼く過程でじゅわ~っと水分が出て、お肉と合わさります。

なので、ホイルに油をしかなくても大丈夫

P1060501


冷奴(柚胡椒をつけつつ)で口のなかを冷ましつつ、

ホイル焼きであちあちいただきます

とうもろこしも美味しいな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわしのオイル煮

廉価の小いわし。

カルシウムもたっぷり摂れると小さい頃から聞かされ続け、

いわしはカラダにいいと思い続けてウン十年。

この日は、

オイル煮にしました。

シーチキンみたいな感じの仕上がりになります

作り方は、

いわしのワタと頭をとり、洗って、塩・胡椒をふり、しばらく置きます。

鍋には薄く半分魚がかぶる程度のオリーブオイル、にんにくスライス、ローズマリー、フェンネル。

オイルを温めたところで、いわしを入れて、じっくり煮ます。

時折スプーンでオイルを上から何度もかけてあげ、蒸し煮にします。

(ひっくり返すと薄い皮がはがれて汚らしくなってしまうので…)

P1060506


出来たら、お皿に盛り付け、残ったオイルの一部を使って作ったトマトベースのソースをたっぷりかけていただきます

さっぱりしているのに、オリーブオイルでマイルド。

添えるのは、

スパニッシュオムレツ。

玉ねぎ、にんじん、ピーマン、じゃがいも、しめじをみじん切りにして、卵、粉チーズと合わせてあとは好みで塩、胡椒してじっくり焼くだけ。

卵はほとんどつなぎにしてとにかくお野菜をたっぷりと。

これまたうまうま~~

どちらもしばらくほっておいて出来る料理なので、台所に本を持ち込み、

踏み台に腰掛け、このところ手にしていなかった読みかけの本をしばし読みます。

この時間、大切

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鍵のない夢を見る

寝覚めの悪い夢を見ているよう

既視感を覚える短編集。

どれも

過去あった事件をモチーフにしているっぽい

日常にあるちょっとした曲がってはいけない曲がり道を入り込んだような気分になり、

人は一歩間違うととんでもない方向へと転がっていくんだという危険性をはらんだお話が5編。

P1060464


「鍵のない夢を見る」

辻村深月著

黒いタイトル文字に目を奪われ気づかなかったけれど、

よくよく背景の薄い色のイラストを見れば、

それらは各々の短編に登場するものばかり。

よく考えられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の鶏唐揚げは衣たっぷりで♪

みんな大好き鶏の唐揚げ

久々に食堂で食べるような

衣たっぷりめの唐揚げを食べたくなりました。

P1060493


肉には、ナンプラー、にんにくのすりおろし、パプリカ、黒胡椒をすりこみ、

溶き卵を揉み込んだところで、小麦粉IN

まぶしてからめて揚げるとカリッカリ衣の唐揚げ出来上がり

さくっじゅわ~っと肉汁も出て美味し~い

ふだんは衣は薄く粉をはたく程度なのですが、

たまにはこれくらいボリュームがあるのも食べたくなります。

副菜は、

・さつまいものはちみつ煮

・小松菜と豆苗の和物

・とうもろこし

P1060494


採れたて(直売)のとうもろこしは最高ですな

練馬区在住の特典です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めかじきソテー レモンバターソース

めかじきの切り身

軽く塩胡椒をして置いたら、

にんにくで香り付けしたオリーブオイルでソテーいたします。

見た目は

豚肉。

されど、焼きすぎても固くはなりません魚だから

P1060496


焼いて取り出したあとのフライパンに、バターとレモン汁を入れてソースを作り、

たら~りとたっぷりかければ、旨旨ソテーの出来上がり

下には、魚を焼く前にこれまたじっくり焼いて作ったじゃがいものガレットを敷いて。

奥は塩をまぶしすぎてグリル焼きしたオクラ…。

残念~~好物なのに。

P1060497


かぶのサラダでさっぱりと野菜を摂り、気をとりなおす。

美味しかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当~がっつり系

もう大丈夫、

と言われて、

通常サイズのお弁当箱に戻します。

この日は、

次男のフラッグフットボールの試合同行で、

早出。

そんななかの

大急ぎでやっつけ状態の

長男部活用弁当。

P1060498


半分を

メインおかずで埋めちゃいました

・酢豚

・れんこんの梅酢漬け

・かぼちゃサラダ

・いんげんのゴマよごし

酢豚は豚小間肉をまとめて使ってます。

すりおろししょうが+紹興酒+ナンプラー+みりんで下味付けした後、片栗粉をまぶして揚げます。

たれは、ケチャップ、砂糖、ナンプラー、みりん、紹興酒、胡椒、水溶き片栗粉。

にんじん、ピーマン、玉ねぎは軽くレンジで下ごしらえしてからゴマ油でさっと炒めて、肉とたれと合わせるだけ。

うまうま~です

(ちゃんと味見しなくてはネ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当~ちょっと小さめ

今回も

お腹の調子に合わせて

とりあえず、

ちょっと小さめのお弁当で。

P1060491


左より

・ブロッコリ、豆苗とベーコンの炒めもの

・焼鳥(塩+山椒)

・かぼちゃのバルサミコソテー

・キャベツとにんじんの粒マスタードサラダ

・焼きとうもろこし

野菜が主体になっちゃった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハヤシライス

さっぱりめのハヤシライスが欲しくって、

トマトを効かせてみました。

次男と私はこれでヨシ、なのですが、

主人と長男

「味がない…」

カツやコロッケも、

中身を確認せずにとりあえずソースをどばっとかける主人の味覚は信用今ひとつなので、気にはなりませんが、

長男のコメント少々気にかかります。

もちょっと何か足せばよかったのかな…?

P1060478

次回の課題です。

…といいながら、次回は面倒でルーをそのまんま使うかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »