« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

メンチカツ

家でメンチカツ作るのはこれでたぶん3度目くらい???

なくらい、滅多に作らない。

近場に美味しいメンチカツがあると、つい買ってしまうのと、

じゃがいもベースのコロッケに比べかなりボリュームがあるので、

よほどお腹が空いたときにしか口にしない…という理由から。

でも、

この日は

その、よほどお腹の空いたとき。

合いびき肉を買ってはいたけれど、ハンバーグや肉詰めピーマン(合いびき肉、と言ったら子どもが出したリクエスト)の気分ではない。

P1090013

なので、

メンチカツ、作りました

P1090012

箸を刺すと肉汁ジュワッ。

…けれど、

隠し味にちょっとオイスターソースをいれたつもりが、ちょっと強めだったようでして…

肉まんの餡っぽい味に。

見た目はメンチカツ。

食べてみると肉まん?

美味しいから、ま、いっか

P1090011

副菜は、

・グリーンサラダ(切り昆布入り)

・れんこんとにんじん、切り昆布のきんぴら

次男がめかぶといい、切り昆布といい、好物なもので

もちろん、サラダもおかわりしておりました。

「切り昆布、いっぱいね。」

だって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉豆腐

P1090008

肉豆腐。

豚肉の細切れ肉があったので作りましたが、

やはりロースとかより、バラ肉のほうが食感はいいみたい。

ちょっと残念。

けれど、

いいお出しが出るので、

お豆腐、玉ねぎ、にんじんによく染みます

副菜は、

・れんこんとブロッコリの茎の炒めなます

唐辛子の小口切りパックを使ってみましたが…

辛味が思ったより効かない。

次回は多めにいれるとしましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつおのたたき

かつおのたたきが大好きです

P1090004

出来合いの柵を買い、切るだけの簡単さもありますが、

にんにくとしょうがのおろしを加えたお醤油につける

パンチの効いたお刺身は

他にはありません。

P1090006

ピリピリと辛味のきいた生のおろしにんにく、

おろし生姜にピッタリなのは、

大分の

フジジン醤油のうまくち

九州・山口の人には馴染み深いこの醤油メーカー、

うまくちは、

甘味がちょっとあってとろっとしているのが良い塩梅なのです

かつおのたたきや、卵かけご飯にはピッタリ

帰省のときに買い、未開封のまま置いて半年。

(未開封なら1年半ほど賞味期限あり)

やっと開けた~。

一気に使い切りそう…。

P1090005

副菜にもちょい甘めのうまくちが大活躍

・卵とトマト、玉ねぎ、もやしの炒め物

・新じゃがといんげんのツナ煮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丼三連続はいりまーす、いわし団子丼③

いわし団子を作ったらちょっと濃い味になってしまいました

これまた想定外のミニ丼に予定変更。

P1080996

いわしは中骨をとり、

フードプロセッサにかけます。

しょうが、にんにく、クミン、ナンプラー、卵を入れてこねまぜ、片栗粉も入れて混ぜます。

最後に洗ったもやしをどさっと入れて、手で揉み砕きながら混ぜ込み、ある程度の大きさにまとめたら油で揚げます。

もやしのぱりぱり感と、クミンのスパイシーな香りが楽しめるアジアンぽい団子の出来上がり。

ごはんのお供にピッタリです。

副菜は、

P1080997

・ナスとピーマンの味噌炒め

・トマトときゅうり、めかぶの酢の物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凶悪

「凶悪」

P1090001

映画化されていますね。

観ていないのですが、

そこから興味を惹かれて

読んでみました。

雑誌の記事をあげるまでに、

ひとつひとつ裏づけていく記者の行動と、心の動きが淡々と書かれている一冊。

ノンフィクション、とは思えないほど破天荒で凶悪な事件を追った一冊に、写真がなければフィクションと考えてしまうほど。

雑誌記者だと最初に名うっておかなければ、刑事が追った話なのかと思ってしまうほど。

…。

人として、超えてはいけない境界線を越えてしまった人の話は、やはり、

フィクションなのかノンフィクションなのか…但し書きがなければ、理解の及ばない世界です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丼三連続はいりまーす、ビビンバ丼②

丼三連続、二日目。

ビビンバ丼。

特にこの日は丼にしようと思ってなかったのですが…

味付け肉を買ったのと、

「そろそろ、アレ(ホットプレート ビビンバ)作ってよー」と休日にやいのやいの毎週のように言われ始めても聞き流しっぱなしでしたのでリクエストに応えようかと。

ただし、ホットプレートではなく、丼ですが。

P1080991

丼の中身は、

・そぼろの卵

・きゅうりとほうれん草のナムル

・もやしのナムル

・味付け焼肉

・キムチとコチュジャン

ぐりぐり混ぜていただきます

ちなみに

そぼろの卵、

昔はお箸数本束ねて作っておりましたが、

このところ泡立て器でやっています。

至極簡単

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丼三連続はいりまーす、まぐろとアボカド丼①

丼が三連続な日、初日。

まぐろとアボカド丼。

やはりワタシや子どもにとって

どストライクな丼。

(我が家のオトナ男子にとってはアボカドは避けたいアイテム)

P1090003

こんなにまろやかな丼、

なんで苦手なんでしょうね。

ちなみに、まぐろの切り落としはわさびとみりん(煮切る)、醤油の漬けにして。

下にはレタスの千切りをしいてます。

このレタスが入るだけで、すごく食感が軽くなって、こってりした味も飽きずに最後まで食べられる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏の内蔵好き

レバー

ハート

砂肝

軟骨

鶏づくしな晩ご飯。

…なんてことでしょう。

一番人気の軟骨の唐揚げを撮りそびれました

おろしにんにくとナンプラーで1時間ほど下味つけて後、塩と黒胡椒、小麦粉を入れてざっくり混ぜて揚げるだけ…なのに、大人気。

あまりのスピードに、食べ遅れました

そして、写真におさめそびれました。。。

P1080999

こちらは、

盛り皿でなく、めいめいの皿なので、余裕でパチリ。

副菜は、

・もやしのナムル

・きんぴらごぼう

美味し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真だらのムニエル

真だらの大きな柵がお安く手に入ったので、

4分割してムニエルに。

ターメリックとにんにく、塩、胡椒、クミンでちょっとカレー風味にいたします。

P1080990

副菜は、

・ナスのにんにくとトマトケチャップのソテー

・ほうれん草ともやしの和え物

・トマト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

肉大好き長男に、

珍しく魚弁当。

単に、急なお弁当依頼を受け、冷凍庫のストックにこれしかなかった、というだけの理由。

P1080998

・鮭のネギ味噌マヨ焼き

・レンコンとひじきの炒め煮

・コーンといんげんのかき揚げ

・にんじんともやしのナムル

鮭に軽く塩をふった後、粉をかるくふり、長ネギのみじん切り+味噌+マヨネーズを混ぜたものを塗りつけ、グリルで焼くだけ。

冷めても美味しいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローストポーク

鋳もの鍋のストウブを使えば、

意外と簡単にできるローストポーク。

切り込みを数箇所入れてローズマリーを押し込み、塩コショウをしたら、表面をしっかり焼き、

あとはストウブに入れて、

新じゃがを隙間に詰め込み、ワインを振りかけるだけ。

ずしんと重い蓋でしっかり熱がまわります。

その間ごく弱火で30分。

P1080988

肉を取り出したら、残りの煮汁でソース作り。

ブロッコリも弱火30分の残り5分というところで肉やじゃがいもの上にぽんとのせて余熱で蒸しました放っておくだけ料理でひと皿。

ちょっと脂がのりすぎでしたが、

うまうま~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏つくね

鶏の胸肉をフードプロセッサにかければ、

簡単につくねが作れます

P1080983

しっかり火を通してやいたら、

醤油・みりん・酒・はちみつ・砂糖を煮詰めてとろみをつけたタレにからめて出来上がり。

ねぎはグリルで。

かぼちゃは素揚げで。

P1080984

焼きナスは、粒マスタードと辛子、マヨネーズをあわせたソースで。

…そして、

つくねはそのまま食べても美味しいのですが、

もうひとつのお楽しみ

P1080985

シソを巻いていただくと、口の中がさっぱりと

焼きナスのマヨソースをのせていただくと、とろ~りマイルドなお味に

楽しくって、美味しい~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワインの試飲

久々にワインの試飲。

試飲会、と聞くと血が騒ぎます

実際はこじんまりと、

個人を訪問しての試飲販売だったのですが…。

便乗してしまいました

Ca3h0841

Ca3h0842

左の4本はドイツワイン。

普段飲まないので、

これだけ試す機会は貴重。

ほんのちょっぴり雫くらいでしたが、堪能

単なる甘さ…と捉えていた先入観を吹き飛ばしてくれました。

やはり説明ありき、で印象も、味も変わります。

ピーロートジャパンさん、ありがとうございます。

Ca3h0843

一番右は、なんと珍しき黒ぶどうを使った貴腐ワイン。

ぐっと凝縮された甘みのなかに含まれる深み。

食後酒にピッタリ。

そして、今回気に入って買ってしまったのが

パナメラ シャルドネ

トソ カベルネソーヴィニヨン

パナメラは、樽香がしっかり入った麦わら色のミディアムボディのワイン。

鶏や豚のローストと合いそうです。

トソは、うっとりするほどの上品でビロードのような舌触りの良さと深い香り。

これは一目惚れ。オーパスワンづくりに加わっていた方が手がけたワインというのも納得の美味しさとコストパフォーマンス。

お友達の注文に同梱させてもらいましたが、

届くのがとても楽しみなワインたちです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶりの照り焼き

続いて魚。

ぶりの照り焼き。

やっぱり次男、魚連続で(≧∇≦)/喜ぶ。

P1080971

P1080972

副菜は、

・鶏胸肉ともやし、きゅうりのコチュジャンドレッシング和え

・フリルレタスとプチトマト

手抜き万歳\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さばのマヨチーズ焼き

鯖が好きな次男のために、

そして、

いつもさば味噌ばかりじゃつまらない長男の身も案じて、

マヨチーズ焼き

P1080969

塩をふって水分を拭き取ったさばの切り身に、

マヨネーズを細くにょろにょろ~っと絞り出したら、

上からピザ用チーズをのせて、グリルで9分。

こんがりの表面と、しっとりした身の主菜の出来上がりです

青魚くささもチーズでマイルドに。

美味しいんです

グリルには一緒に外の薄皮くっつけたまんまの長ネギも入れます。

魚が焼きあがる頃にはまっくろくろの薄皮ですが、1枚はがせば真っ白で甘く蒸しあがった美味しいねぎがあらわれます

オクラは3分ほどのグリルで十分。

味噌とコチュジャン、砂糖をあわせた合わせ味噌だれを添えて。

P1080970

副菜は、

・きゅうりとにんじん、もやしの酢の物

そして、そして…

春の息吹を感ずる筍ごはん

あぁ~~シアワセだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煮鶏のおろし薬味添え

胸肉を使って

さっぱり煮鶏に

P1080936

しょうがの薄切りを入れてコトコト煮た鶏は、

適当な大きさにカットして、

荒くおろした大根をこんもり、しそをたっぷり、そして、ポン酢だれをたっぷりとかけていただきます。

うん、かなりさっぱりめで、疲れたときにピッタリ

副菜は、

・ブロッコリのにんにく炒め

・切り昆布とにんじん、もやしの炒め煮

切り昆布、きゅんきゅんして好物なんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当~餃子メイン その②

餃子を使った弁当、二日連続です

冷凍していたので、ほかの日にまわしても良かったのでしょうが…

餃子好きの長男のため、

敢えて今回は連続で。

P1080982

配置も微妙に変えちゃったりして…

前日は揚げ餃子にしましたが、

今回は、レンジで加熱後もう一度焼きで。

左より、

・ちくわときゅうりの酢の物

・焼き餃子

・卵とほうれん草の和え物

・冷凍枝豆

・プチトマト

・素揚げカボチャ

まぁ連続だし、副菜で良かったものを聞くつもりで

「なにが美味しかった?」と聞くと、

「餃子ー」

…。

そっか。やっぱりね。

「他には?」

「ちくわときゅうりの」

…意外です昭和なおかずがお気に入りなのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当~餃子メイン その①

前日に餃子を50個焼き上げ、

その個数が己の限界だと知りました

(100個当たり前というご家庭の知人もありますが、ワタクシひとりで包むにはツライ

うち8個を分け取り、そのうち4個は冷凍し翌々日のお弁当に。

4個は翌日のお弁当のため冷蔵へ。

P1080975

P1080974

で、

翌日のお弁当がコチラ。

左より、

・揚げ餃子

・小松菜と油揚げの和えもの

・にんじんと貝割れのナムル

・海苔巻き卵焼き

焼き餃子をレンジで再加熱後、素揚げ。

これでおかず一品~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぐろとアボカド丼

母子ともに大好きなアボカド

「今日はまぐろとアボカド丼だよ

と話したら、

「アボカドはパス」

の大人男子ひとり拒否。

テンション、だだ下がり

けれど、出来上がった丼を前にまたもや母子テンションMAX

一口入れてさらにUP

なんでこんなに美味しい組み合わせ(まぐろ×アボカド)なのに嫌がるのか…というか好き嫌いが多いのか…まったくぅ

P1080937

副菜は、

大根と豆腐のサラダ。

P1080938

とろみのある練りゴマ(白)を使ったドレッシングがよく合います

酸味は控えるのがベスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭の南蛮漬け

ちょっと暖かな日が続き、

さっぱりしたものが食べたくなりました

今シーズン初の

南蛮漬け登板です

P1080847

たっぷりの野菜。

玉ねぎは辛味が苦手な長男のために、塩もみして、水にはなして、そしてザルに上げて最後にお湯をかけて…と念をいれます。

そのほかのパプリカやピーマンはそのまんま。

ちょっと酸味強めにして漬けだれを作り、漬け込むこと1時間以上。

あとは、

鮭に塩をふり、片栗粉をまぶして唐揚げし、油をきったら、皿にのせ、

漬け込んでいた野菜をのせて、漬けだれ回し入れたら出来上がり。

南蛮漬け、本来なら、じゅっと漬け込むのでしょうが、せっかくの揚げたてのパリッとした皮を楽しみたいので、あえてかける派。

美味しい

酸味をきかせた主菜なので、

副菜で甘味をきかせて…

P1080848

大学いも

最後に醤油をちょこっと加えてあまじょっぱさを出します。

これまた大好き~~ッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平城苑ランチ

ランチ…この響きは普段だとママ友とですが、

この日は入学式を終えたばかりの次男と

もちろん、一旦帰宅して私服に着替えて。

平城苑へGo

ちゃんとした寿司気分でしたが

やはり男子たるもの、肉が一番らしくて

Ca3h0838

Ca3h0840

次男、カルビ&ロース、ごはんを石焼ビビンバにオプションチェンジ。

Ca3h0839

私はハラミ好きなもので、カルビと込みで。

う~~ん、幸せ。

やっぱり美味しいなぁ。

部活を控えた長男よ、すまぬ。

母と次男で舌鼓中です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おにぎり

人のつくるおにぎりが大好きです

次男の作るおにぎりはもっと大好きです。

だって、

デコだから。

P1080941

こんなのだったり、

P1080942

こんなのだったり。

「おにぎり、食べた~い。」

と言うと、ふつーにデコになる。

そんな彼が大好きです。

むぎゅーーーっ

(はねのけられるけれど。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏のピカタ

なんであの鶏胸肉がこんなに柔らかくしっとりになってくれるのだろう…とミラクルなのがピカタ。

胸肉のぱさぱさ感が苦手…という方には、迷わずピカタをオススメしたいです

P1080964

鶏胸肉を薄くそぎ切りにして、

ナンプラーとすりおろしにんにくで揉み込みます。

その後粉をはたき、卵+粉チーズ+黒胡椒の液にくぐらせ、フライパンでじっくり揚げ焼き。

P1080967

新入学なのでお祝いにお赤飯

副菜は、

・れんこんのおかか煮

・トマト

・豆腐チャンプル

P1080966

小松菜とにんじん、玉ねぎがたっぷり入ってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんまの甘露煮

この間のいわしの甘露煮に味をしめて、

今度はさんまの甘露煮。

こっちのほうが脂がのっているので

うまく味がのってくれません

思ったより枯れた味にならず残念ですが、

濃厚な煮魚っぽくて、ま、いっか。

P1080934

P1080935

副菜は

・じゃがいものミルクバター煮

・めかぶときゅうり、トマトの酢の物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんかつ

豚のロースブロック肉を買い、

前日はカレーに。

翌日はとんかつにいたします

P1080929

柔らかでおいしい

ちょい厚めに切っちゃいました。

副菜は、

P1080930

カレーの遠慮の塊の残りルーを使って、

カレーポテトサラダを作ります。

マカロニをいれるとGood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファーイーストバザール

アトレ吉祥寺の1Fには、

たくさんの美味しいジェラート屋さんがあります。

その日の気分でどこにしよう…なんて迷うほど、それぞれに特徴が。

この日は

ファーイーストバザールへ。

Ca3h0825

ドライフルーツやナッツ類、塩の計り売りをしてくれるお店なのですが、

その一角には

アラビアン・ジェラートが。

こだわりの砂糖不使用…というのに惹かれ、

どれにしようかなと覗き込みます。

Ca3h0819

Ca3h0820

エジプト…と謳っているだけあって、

フレーバーも見たことないものばかり

オリーブ、チェダーチーズ、ゴルゴンゾーラチーズ、ヘーゼルナッツ、花蜜ミルク、プルーン、デーツ、ミルク。

最初迷わずオリーブ!と思いましたが、

店員さんの

「まずは味見してみてくださいきっと想像していたより違うお味かも…」とテイスティングスプーンを差し出され、

ペロリ。

うん、思いっきりオリーブの実の味。

ゴルゴンゾーラも試食。

うん、お酒と合う味だ。

ゴルゴンゾーラそのもの…。

これはイチジクとかと一緒に(スタンドより)プレートで食べたほうが良さそう…

気分は甘いもの…だったので、

デーツとヘーゼルナッツをチョイス。

砂糖不使用なのに、デーツの甘み濃厚。おいしいッ

ヘーゼルナッツもまるまるナッツのお味。こちらも良い

二種選択で500円+税で、ちょっと割高かな、と食べる前は思っていましたがものすっごく満腹感、充足感あります

Ca3h0822

Ca3h0821

上にのせてくださるのは、お店でも取り扱いされている

オーガニックなナッツやフレーク。

レストランで出されるようなしっかりしたジェラート。

冒険したい方、ぜひ一度お試しを

ちなみにワタクシは、また行ってみたい派です。

この破天荒なジェラート、他のお味も知りたい~~~ッ

それからそれから…

食べながら、気になって見ていたのが壁一面のお塩壺。

Ca3h0823

細かな味の特徴が書かれ、ヒジョーに気になります。

一度どれか試してみたいです。。。

左下のディッピンドッツみたいなお塩、可愛かった

今度はナッツやドライフルーツ、お塩をじっくりみてみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわしのお刺身

美味しそうないわしをざるで購入。

内蔵もぷりっぷり

指で開いているうちに期待で空腹感が増しお腹がぎゅ~~~っ

P1080844

お刺身にして

生姜醤油でいただきます

う~~ん、脂がのって美味しいッ

副菜は、

P1080845

・かぼちゃの煮っ転がし

・だいこんときゅうり、にんじんのサラダ

なめろうも食べたかったな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がま口ポーチ

がま口ポーチの口金、

ここ最近、大きな飴ちゃんのようなぼっちが流行っていませんか

さっそく口金を購入、作ってみます。

P1080660

内布と表布それぞれ作ったら、合わせてまつり縫い。

P1080662

口金には縫い糸を通す穴が開いているので、指示書通りに糸をくぐらせていきます。

刺繍糸3本どりでカラフルに

P1080824

二つ作りました。

表にワンポイント刺繍を。

左のお花には黄色い蝶蝶を。

右の童話のような場面では、リスに赤い実、くまの目は青く。

P1080826

開けるとこんな感じ。

魚みたい。

あんこうみたい??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

これで三連、中学生男子弁当終結。

しばらく通常練習でひとまずホッ

前夜のシューマイを残して、

朝に揚げシューマイにいたします

P1080830

・揚げシューマイ

・ブロッコリのにんにく炒め

・紅白なます

・冷凍枝豆

・だし巻き卵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シューマイ

最近、餃子よりシューマイを作る頻度が高くなっているような気がいたします。

この日はグリンピースのせ無しのシューマイで。

普通のひき肉と粗挽き肉を混合。

プチッとする食感を出して驚かせてやろう

P1080828

スチームレンジで加熱すると、皮はパリッと

なかはハンバーグなみにギュムッとした密度の仕上がりになるので好きなのです

蒸し器とはちょっと違う。

副菜は、

P1080829

蒸し野菜とトマトのサラダ。

ゴママヨ和え。

さっぱりして美味しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

前日の夕飯のおかずが好評だったので、

肉は下味つけた状態で一晩おき、

朝にあらたに作った、豚肉とキャベツの甘辛味噌炒め。

お弁当用は、前夜と違って、水溶き片栗粉でとろみをつけて水が出ないようにいたします

味もちょっと濃い目に変化。

P1080827

・豚肉とキャベツの甘辛味噌炒め

・かぼちゃサラダ

・冷凍枝豆

・ナスとアスパラガスの揚げ浸し

「今日のお弁当どうだった?」

「肉、旨かった」

「他には?」

「忘れた」

やっぱり、主菜しか覚えていなかった

当たり前だね、リクエストしたくらいだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚肉とキャベツの甘辛味噌炒め

ガツンと男子が好みそうなもの、作ってみました

シンプル…に見えて下ごしらえしております。

豚肉とキャベツの甘辛味噌炒め。

P1080819

豚肉は細切れ肉を、ナンプラーとにんにくのすりおろしで下味付け。

片栗粉をまぶしたら揚げ焼きして、一旦取り出します。

キャベツを炒め、そこに豚肉を戻し、

コチュジャンと味噌、砂糖、紹興酒を混ぜたものをまわしかけて、味をなじませて出来上がり。

甘めの味噌味のなかでコチュジャンがピリ辛

「旨い~~…モグモグ…」

やっぱり術中にハマったな

P1080821

副菜は、あっさり系にいたします。

・春雨サラダ

豚肉のおかずは、

翌朝の中学生男子弁当にも入れてあげよう。

キャベツがしんなりするので、朝、新しくお弁当用に作ります…が、

豚肉の下味付け段階までは、夕食準備時にまとめてしておきました

朝は肉の揚げ焼きからスタートです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »