« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

お茶漬けあられ

毎週のようにコメ5kgを買っております。

10kg…のほうがきっと経済的なんでしょうが、

うちにストックできるスペースはなし。

お店で買っても持ち運ぶ力も、なし。

そのコメの消費をさらにUPさせるアイテムを買ってしまいました…つい…ついね

P1090177

お茶漬けあられ。

吉祥寺のキラリナ京王吉祥寺に、小さいながらも愛する富澤商店は入っているのです

これなら電車に乗っていかなくても行けるっ

ただ、坪数も限られ何もかも揃っているわけではないので、ものによっては…ですが。

このお茶漬けあられ、欲しかったんだ~~~。

我が家では、オトナ男子を除き、お茶漬けたるもの、自分で作るもの。

だってなんだっていいんですもの。

夏に向け店頭にも増えはじめたナスを買えば、

長男がお気に入りのナス茶漬けを作ります。

(さっと横からかすめとるワタシ

P1090178

やっぱり、あられが加わると、格段に風味が変わるっ

普段、夜にお米を食べないワタシが食べるようになったのでコメの消費があがったということもありうるかな…

(朝、軽く胃もたれするようになりました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭のレモンバターソース

魚料理もネタがつきてきました…。

久々に

あれにしようかな、と。

レモンバターソース、と聞き、俄然テンション上がる次男。

冷奴にポン酢といい、

酸味のあるものが好きな子です

(なぜか梅干は苦手で、干し梅は好きなようだが

P1090179

鮭のレモンバターソースがけ。

かなり脂ののった鮭だったので、酸味がちょうど良かった

レモン、といえど、我が家にフレッシュなレモンがあるわけではなく、

ポッカレモンを使用。

簡単でいいんです

副菜は、

・ブロッコリとトマト

・ポテトサラダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさりと新じゃが

「今夜はあさりだよ」と聞くと、

決まって

「じゃがいもと一緒のやつがイイ

とリクエストが入ります。

一緒のやつ…

とは、

あさりをにんにくとオイル、ワインで蒸し、その煮汁をたっぷり吸わせたじゃがいもの一品。

P1090175
じゃがいもは、

最後焼き付けるくらいまでにするのが水っぽくならずに美味しい

じゃがいもの方には、ローズマリーの香りもつけて…。

副菜は、

元が5倍以上の量の野菜をしんなりさせて、たっぷり食べられるという、

これまたオイルとにんにくの料理。

オイル蒸しです

P1090176

今回は、にんじん・ほうれん草・ホワイトアスパラガス。

途中塩・赤唐辛子小口切りをふり、軽く混ぜて、また蓋をするだけ…という簡単料理。

鍋いっぱいだったほうれん草も、四人で小鉢に取り分けてこれくらいの量にまで。

ちょっと加熱しすぎだったかな。

次回はなにを入れようかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棒棒鶏

きゅうりが大量にあるので、

棒棒鶏。

P1090173

何時に帰ってくるのか分からないオトナ男子のために、

水っぽくならないよう、

きゅうりにタレはかけず。

ピラミッドのように積み上げ、

食べる人が、食べる時に混ぜ合わせてもらう、というスタイルに

生のにんにくもすりおろしているので、味噌だれはちょい辛め。

でも、子どもたちは大丈夫なようです。

慣れ、ですね

P1090174

副菜は、

かぼちゃ・ナス・いんげんの揚げ浸し。

酢を強めにだしてさっぱりめにしました。

やっぱり蒸し暑くなると、こういうのが一番ね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏と豆腐のお団子

鶏のひき肉に豆腐を混ぜて

ふんわり団子を作ります

離乳食っぽかったせいか、子ども受け悪し

やはり弾力あるほうが好みな様子。

これはこれでいいと思うんだが…。

P1090170

いんげんやにんじんとともに。

半熟卵は、煮汁に漬け込み味を馴染ませます。

どろっとして美味しい。

けれど、油膜でしっかりは漬からなかったちょい残念。

蒸し暑くなってきたので、

今シーズン初のところてん。

冷奴とともに、これからの季節、外せないアイテムですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当 Large&Small

中学生男子弁当、

今回は運動会編です。

…とはいえ、華やかさ、特別感はゼロに等しいのですが

よく食べる男子と

それほど食べない男子、

二人いる我が家では、

こんな感じになりました。

P1090187

Large

P1090186

small

「このサイズにするの

と何度聞いても、

「二段にしないで少ない時間で食べられないから

の繰り返し。

もともと二段だったのを下の段のみで、おにぎりもおかずも最小限で詰め込みます。

おかげで

おかずも全部は詰めきれず…。

P1090187_2

ホントは二人ともこのサイズでいきたかったのに。

おかずは、

・冷凍枝豆

・ねぎま焼き鳥風甘辛だれ

・海苔巻き卵

・きゅうりのQちゃん風漬物

・プチトマト

・切干大根とにんじん、昆布の炒め煮

・いんげんとベーコンチーズの油揚げ巻きピカタ

焼き鳥風に串に刺しましたが、

調理はバラバラで。最後に串に刺しましたこの方が簡単。

きゅうりのQちゃん風漬物は、きゅうりがお安く大量買いできる時期になると作るもの。

ご飯のおともにぴったりなので子どもに人気の一品。クックパッドに載ってます。

ピカタが一番手がかかりましたが、かかった分二番手人気。

(やっぱ焼き鳥がイチバン

運動会は…楽しかったです

みんな頑張ったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷奴の食べ方

冷奴の美味しい季節となりました

ワタクシの好きな冷奴の食べ方が、

以前しゃべくり007で俳優さんが紹介されているものと一緒で、なんだかちょっぴり嬉しかった…

P1090147

ゴマ油+塩。

これで十分、お豆の甘味が引き出されて美味しいんです。

できれば…オットゥギのゴマ油が香ばしくて良いです。

あともうひとつの好きな食べ方は、

キムチをゴマ油で和えて、豆腐にたっぷりのせていただく方法。

これまた一丁くらい軽~~くいけちゃいます

さてさて、この日の晩ご飯。

冷奴の奥に映っているのは

いんげんの天ぷら。

いんげん、柔らかいのが今野菜やさんでお安く手に入ります。

P1090145

あとは、手軽に

・お刺身 大根スライス+貝割れ菜

・厚揚げとごぼうのきんぴら

珍しくたくさんの皿で、

完食にいたりませんでした一部は朝食に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小アジの南蛮漬け

蒸し暑くなってくると、

ガンガンにお酢のきいたものが食べたくなってきます

なので、

南蛮漬け

P1090141

豆アジのえらとわたをいちいち取り除くのは面倒なのですが、

まるごと食べるためにも頑張ります

漬けだれには、新玉ねぎ、パプリカ、ピーマン、そしてにんにくとしょうがのすりおろし。

初日はやはり尻尾ちかくの中骨が硬かったのですが、

二日目には全てワシャワシャと噛み砕けるようになりました

P1090142

副菜は、

そのぶんまったり系で。

・ブロッコリーと半熟卵のマヨサラダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャーツァイ豆腐

厚揚げを使って家常豆腐。

たくさん野菜やら何やら使えるので、

結構便利な主菜。

P1090120

豚肉と干ししいたけでしっかりいいお出しもとれます

きのこが嫌いだーとこの頃言い出している次男、

しいたけのみを拾って先に食べている…

その後、お出しをずずずーっと呑んで

「美味しい」と呟いている。

…がしかし、そのお出し、しいたけの旨みたっぷりなんだよ~~~

思い込みで食べられない…と文句言っているように、ワタシには見えます。

P1090121

副菜はさっぱりと、

・きゅうりとじゃこの酢の物 プラス トマト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井のいち2014

今年で四回目の開催となる、

井のいち2014

石神井の氷川神社で行われるこの催事は、

石神井・上石神井・大泉界隈の

雑貨店・飲食店、

そして内外、遠方からのアーティストも集まっての市がたちます。

これまで子どものフラッグフットボールの春大会に重なり、逃しておりましたが、

ようやく今年、初めて行くことができました

P1090156

P1090153

想像以上に混み混みの盛況ぶり

写真は、ちょうどお昼ご飯時間帯で、皆さん木陰でGetしたフードやドリンクを楽しんでいらっしゃり空いてきたところを撮影。

たくさんのブースには作家さんたちの個性的で魅力的な作品がズラリ…

とても楽しい市でした。

P1090148

P1090150

ドライフラワーのお店も。

中津箒のお店も。

柿渋染のお店も。

アクセサリーのお店も。

清水焼きなのに、若い人も楽しめるカワイイ器も。

P1090169

こちらはひょうたんを使ったワークショップ。

これでランタンをつくるんです。

ほかにもいろんなワークショップが…

(ちひろ美術館からは、ちひろの水彩技法でうちわを作るというのも出店)

ロハスフェスタっぽい。

フードも、どこも重ならず個性的でいい香りがぷんぷん。

悩みすぎるうちに、完売するお店もあったりで。

(結局外へランチへ行き、)

ワタシたちは

かき氷を。

P1090161

オトナのかき氷。

梅酒なんです

美味しかった~。

P1090162

最後には井のいち文庫へ。

P1090167

P1090165

市に来られた方たちが、お薦めしたい本を、お手紙をつけて提供します。

(ロープにパチンと留められている紙がそのお薦め&思い入れがしたためられたお手紙)

受付で貸出の手続きをふみ、その後読み終わったら提携の雑貨店だったり販売店だったりに返却すれば、またこの本たちが他の方たちの手に渡っていく、というシステム。

その傍らでは読み繋ぐことのトークイベントも。

ジャズやクラシック、雅楽のライブもあったりで、

素敵です。

五感が刺激される一日でした。

来年も行きたいな

ちなみにちなみに…

来場の方たちのラフィアのオサレな帽子率高し。

5月なので、夏の帽子をかぶっていくのもちょい躊躇したワタクシでしたが、

すっかり境内では浮くことなく済みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじフライ

ちょっと大きめなアジを見つけて、

お皿からしっぽがはみ出るフライにかぶりつきたい衝動に駆られました

つくる側の特権、

即、夕飯メニューにとりいれます。

P1090116

しっぽも丸かぶ

ただし、しっぽちかくの根元の骨が思ったより頑丈でそこは残してしまいました…

ちょい悔いのこります(それほどか?)

副菜は、

これまた急に食べたくなってしまった、

ちょっと甘いカレー

P1090117

風味のおかず。

・コロコロ野菜の出しカレー煮

にんじん、大豆、コーンを、カレー粉・クミン・だし醤油・みりんで煮込みます。

最後にさっときゅうりのダイスカットも加え、火をとめて冷めるまで味を馴染ませるだけ。

思いつきな割に我ながらイケてます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴローゾテツ

久々に

「これ、美味しーーーっ

歓喜の声をあげるほどのランチと出会えました。

ゴローゾテツ。

西荻窪にあるイタリアン。

P1090129

P1090130

ランチは二種。

サラダ・パン・パスタ(本日の数種からチョイス)・カフェがついたAランチ。

さらに、前菜盛り合わせとデザートがセットになったBランチ。

お天気も良かったし、

どうせなら

「飲むよねっ」と満場一致で、ランチビールをプラスオーダー。

デザートもその後プラスオーダーしました。

P1090122

小丼と見紛うような器にたっぷりのサラダ。

しかもグリーンレタスにトマト、かぶ、カリフラワーにきゅうり、パプリカ…とさまざまなお野菜が入って、見るからにご馳走テンションあがります。

さっそくサラダをつまみつつ、乾杯~~

P1090123

フォカッチャにかかった塩、そして使われているオリーブオイルがまた美味しかった

P1090125

本日のパスタ、のなかに大好物なのになかなかランチでは巡り会えないブルーチーズのペンネを発見

ぎゃーーーーっ

もうこれは頼むしかないでしょ。

他の物は目に入りませんわよっ

たっぷりのブルーチーズのソースで、ペンネももっちりよい茹で具合。

ホント、大当たり

お友達は、

P1090124

いろいろ野菜とアンチョビのトマトソース。

P1090126

赤いかとブロッコリのオイルパスタ。

どれも美味しかったようです

P1090127

デザートは、ナッツたっぷりのバターケーキ。

カプチーノは他のドリンクより100円プラス。

ケーキもしっとり美味しくいただきました。

最初から最後まで美味しいなんて幸せだね~~~と何度も言葉を交わし合います。

P1090128

いや~~~幸せだ。

再訪したい。

ぜひ、したい。

今度はほかのも食べてみたいもん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポムドテール

「西荻窪行ってくるけど…ベーグル、いる?」

「あそこでしょいる、いるいるっ」

即答の次男のために、

行ってきましたよ。

ポムドテール

P1090135

お店のドアに、

「焼きたて」

の張り紙発見。

う~~~ん、

ますますテンション上がります

Bagle

ふふふ…既にいくつも売れている様子。

さてさて、どれにしようかしらん

P1090134

ものすごい高さのあるスコーンも気になりますが…

すでに、えんツコ堂製パンで数個買ってますし…。

次回ね。

P1090138

左奥より時計まわりに、

・コーヒー&レーズン&クリームチーズ 

・チョコ&チョコ

・6種のベリー(クランベリー・カシス・チェリー・ラズベリー・ブルーベリー・レーズン・)

・ポムシナモン

P1090144

翌朝、

温めたのち軽く焼き、バターを塗っていただきました。

具だくさんのサイコロカットスープとともに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えんツコ堂製パン

おもしろい名前だ…。

そう思ったのが第一印象。

白神こだま酵母を使ったパンだと知り、

がぜん興味がわいてきて、

西荻窪へ行ったら必ず立ち寄ろう、と企てていたのですが、

やっとチャンスが巡ってまいりました。

P1090131

P1090132

残念ながら、店内の写真撮影はNGなので、お店の外観を。

ふくろうが目印です

なかで売っているパン、どれもが美味しそうでしたのでついつい手がのびてしまいがち…

なのですが、

後ほどベーグルのお店にも寄りたかったので、

最小限にとどめて…。

P1090137

奥より、

・おしりパン

・ミルクフランス

・レーズンのカンパーニュ

天然酵母らしい、むっちりした噛みごたえ。

好きです

残念ながら、

一番楽しみにしていた看板メニューのおしりパン、ワタシの口に入る機会を逸してしまいました…。

次回は必ずワタシが食べるんだーーーーっ

再訪決定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餃子デー

今日は餃子

そう思ったきっかけは、

録りだめしていたドラマを見るためです、ハイ

見ながら、包む50個。

P1090112

そうすれば、一人でやってても苦にならない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつおのたたきサラダ

なんだこりゃ、

夏到来

自転車に乗っていると、

うなじがお風呂のときにヒリヒリとしているのに気づきます。

日焼け対策をつい怠っておりましたこりゃ、いかん…

暑い日に食べたくな~る、

かつおのたたき。

にんにくと生姜がガツンときいているからかしらん…

P1090114

この日は

パプリカや新玉ねぎにしっかり味を染みこませて、かつおと一緒に食べてもらおう

…と思っていたのだけれど、

なぜか別々に食べようとする子どもたち。

…そうでした。

盛り付け方が間違っておりました

かつおが隠れてしまうほどの野菜のマリネだったので、ちょっと手前に載せかける風にしたら、別のおかずと思った様子。

やはりどんと載せるべきでした。

副菜は、

P1090115

・きゅうりとしらすの酢の物

・豆腐チャンプル

暑い日になると母の味、豆腐チャンプルを作りたくなります。

今回は、豆苗もたっぷり加えて青っぽい香りがちょい不評でしたが、元々は好物だし栄養もこの一品で色々とれるので便利な副菜です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マスキングテープ本、あれこれ

マスキングテープで可愛い、綺麗な色を見つけると、あるのについつい買い足してしまいます…。

安物買いの銭失いの典型

端切れ布もパッチワーク用に…とちょこちょこ買ってしまうのとおんなじ。

いかん、いかん。

基本、色フェチ。布フェチ。紙フェチ。

たまったマスキングテープは食品のラップだったり、ギフトのラッピング、メモ帳がわりだったり、クラフト図工に使ったり…用途は色々あって、それなりに使い、消費はしておりますが、なんとなく使い途が決まってる。貼り方も決まってる。

ちょっと脳の切替に、

本にヘルプしてもらいます。

図書館で検索すれば出るわ、出るわのHow to 本。

P1090037

「マスキングテープ活用帖」

P1090038

「マスキングテープでつくる かわいい小物」

P1090039

「マスキングテープ・ブック」

P1090036

「マスキングテープ おしゃれワザ123」

なかでも気に入ったのは、

「マスキングテープ・ブック」…A

「マスキングテープでつくる かわいい小物」…B

Aは、とにかくわかりやすく、写真にのった作品のセンスがイイ

色合わせのコツがのっていたり、カード作成のときの地のパターンをおまけ的にビジュアル集として巻末に数ページあるのも、使いやすそう…。

(ワタシは借りた本なので、これでぐぐっと本を広げてコピーは出来ませんが…)

Bは秀逸の一冊。

マスキング本来の使い方で布小物(ステンシル)まで手がけてます。

いろんな分野のクラフト作家さんが登場して、それぞれの持ち味を活かしたマスキングテープの活用法を伝授。

もともとプロの方の提案なので、手作りでほんわか…に終わらず、仕上がりは彼女たちのプロ魂のストイックな様まで感じてしまう…。

これは借りる、というよりどれか一冊買うというのなら手元に置いておきたい本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピーマンの肉詰め

このところ、ピーマンが豊作のようで大きめのものが詰まって並んでおります。

我が家のように、

「そろそろピーマンの肉詰め、食べた~~い」という子どものいる家庭では嬉しいかぎり

P1090103

たっぷりチーズものせて、

スチームケースに入れて、レンジで手軽に

ピーマンも短時間で甘くなるんですよ。

副菜は、

・ごぼうときゅうりのサラダ

・トマト

・新玉とにんじんのサラダ

P1090104

お店で新玉が目に入るたびに、つい手にとってしまうよ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そら豆

とりあえず、

今シーズン発のそら豆。

塩ゆでにいたします

青っぽい香りがいっぱい広がり、美味しいな~~~

P1090101

P1090100

豆をシンプルにした分、

めかじきは、クミン・パプリカ・ターメリック・黒胡椒でカレー風味な唐揚げに。

おつまみっぽい仕上がり。

P1090102

小松菜やパプリカ、えのきだけの炒め物と一緒に。

いただきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベーコンもどきのサンドイッチ

休日のお昼ご飯。

P1090093

ネットで見つけた、

がっつり系サンドイッチ。

作ってみました

先立っては、

ベーコンもどきを前日に準備。

塩・胡椒をすりこんでおいた豚バラブロック肉の水分を拭き取り、

ストウブ鍋のそこにはアルミ箔をしき、

緑茶と三温糖をばらまきます。←燻製チップの代わり

足つき網(100均で購入した網を変形させてみました)をセットし、

上にブロック肉をのせ、

あとは蓋をして、じっくり燻製。

P1090088

水分の抜き具合が足りないのと、塩分がちょっと足りなかったけれど、

なんとか飴色っぽいいい香りの肉

P1090090

軽くトーストしたパンにバターを塗り、

炒り卵→ケチャップ→レタス→マヨネーズ→ベーコン(もどき)→粒マスタード

をのせて、パンをかぶせてぐっと抑えます。

P1090092

こんな感じ。

P1090094

フライドポテトとりんごも添えて、

がっつりいただきま~す

うまうまっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レバー

次男大好きレバー焼き

いつもだと塩・胡椒なのですが、

今回は甘辛しょうゆだれで。

P1090108

あとは、鶏もも肉の塩と山椒。

横の野菜は、かぶの葉とお揚げの炒め物。

直売農家に立ち寄ったとき、

棚にならんでなかったので

「もう終わったんですか?」

と尋ねたら、

「今からちょっと畑で抜いてくるから、なにがいるかな?」

まさに直売~~~

ほうれん草とかぶをお願いしましたが、その際にこのかぶの葉の料理を教えていただきました

P1090109

こちらは本体のかぶを使った浅漬け風。

さっぱりしていくらでも食べられます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

朝の6時すぎには出ていってしまった長男。

がんばってね~と送り出します。

そんな日の

部活・中学生男子弁当。

P1090111

左より

・ごぼうとひじきの煮物

・鮭のピカタ

・プチトマト&冷凍枝豆

・人参入り卵

・かぶと塩昆布の浅漬け梅添え

写真をUPしようと打ち込みをしていたら、次男に

「あぁっいいなぁ~~魚、残ってないのぉ。ずるい~」

さすが魚好き。

こういうセリフ、嬉しいな

きっとお弁当箱開けた瞬間、

「あ~…魚だ」

と心で呟く長男と真反対な反応。

ピカタはチーズたっぷりだから美味しいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

ちょっと久々にお弁当。

冷凍で残してあった4月末のメンチカツを解凍して使います

P1090107

左より、

・たけのこの煮物おかか和え

・いんげんの黒ごま汚し

・プチトマト&冷凍枝豆

・メンチカツ

・だし巻き卵

・きんぴらごぼう

よく作るものばかりなので、朝から楽チン。

そろそろ他のお惣菜のバリエも考えなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトアスパラガス

もっと多く買っておけばよかった~~

と後で後悔するものに、

旬の短いホワイトアスパラガスがあります。

いつも行くスーパーで見つけたときには小躍りして、

まずは付け合せように、とひと束。

…けれど、

やはり少ないな~。

太い、けど少ないな~。

ケチらず買っておけば良かったな。

P1090097

シンプルに茹でて、

辛子とマヨネーズを牛乳でのばしたソースで。

甘くて美味しい~。

しゃきっとした茹で具合は生ならでは。

う~~ん、悔いる…。

P1090096

主菜は、煮豚くんです

ホワイトアスパラの茹で具合を気にしている間に、ナスを焦がしてしまいました…

残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭のねぎ味噌マヨ焼き

ひとの作る料理、

つくり手の前で

そのままいただいてますか?

それとも

何かしら足して別のものとして食べること、多くありませんか?

もし後者のほうだったとしたら、

つくり手によっては、ショックを受けることもある、ということ含みおきください

うちでは、オトナ男子がことごとくこの後者をとります。

味をみないうちから、なので

慌てて「○○の味になってるよ!」と伝えるのですが、

無言でそのまま進めます。

ショックです。。。

P1090098

この日は

鮭のねぎ味噌マヨ焼き。

たれには、

ねぎ、みりん、味噌、マヨネーズ、カイエンペッパーを入れて溶いてあります。

これを鮭の上にのせてグリルで焼成。

ご飯のおかずにはピッタリなはずなのですが…

これをおもむろにご飯にのせ、お茶をかけてしまったツワモノが。

前述のものです。

味を見てからにしてほしかったなぁ~

お茶をかける前に伝えたんだけどなぁ~~~

P1090099

副菜は、

久々にがめ煮

(干ししいたけ入れそびれた…)

これだと、色々な食材がたくさん食べられます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉巻き豆腐

なんだか節約料理チックな感じですが、

子どもたちもワタシも大好きなのが

肉巻き豆腐。

食べたいから、作る派です

(節約重視、ではなく???)

P1090043

ハンガリー産の豚バラ肉、なんて珍しい輸入肉を購入。

なかなか美味しい。

もめん豆腐はしっかり水切りをし、片栗粉をはたいておきます。

じっくりと焼いて、あとは甘辛醤油だれに絡めるだけ。

めっちゃくちゃの好物です

P1090044

P1090045

副菜は、

・五目煮

・新玉ねぎときゅうりのおかかポン酢和え

新玉、美味しい~~

五目煮、やっぱ好き~~っ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏の唐揚げ

久々に鶏の唐揚げでもするか…

と甘くみたのがいけなかった。

焦がしてしまいました。

P1090065

こんがり…。

真っ黒まではいかなかったので、

お味はなんとか。

なんとか。

添えはレタスとトマト、

切干大根ときゅうりのサラダ。

P1090066

P1090068

もう一品は

ひじきの煮物。

ひじきは好物なので、

煮物からサラダからいろいろ出します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手巻き寿司と柏餅

こどもの日。

都内ではみどりの日と、こどもの日は動物園が無料になるので、

毎年行っていました。

今年もどこかしら行くのかな、と思ってました。

けれど、

それぞれに予定を持つようになった子どもたち。

今年はばらばら。

せめて晩ご飯くらいは一緒に同じものをシェアしましょう、と、

いつもはめいめい皿に盛り付けての食卓ですが、

手巻き寿司で分け合います。

…でも、やっぱり盛り上がりにかけるな。

元々うちのオトナ男子は寡黙だが、終始無言で食事を終えます。

子どもたちは…

納豆をあっという間にかっさらった次男に長男が文句をちょっと言ってはいたものの、

そこまでヒートアップせずオトナな対応。

P1090070

期待したほどの盛り上がりなし。

ちょっとつまんなーい。

ここに女子がひとりでも加わればかしましくなるのだと思うのだけど…。

P1090072

うどと筍のきんぴら。

春っぽい爽やかな風味が残るうど。

皮ごとカットしてきんぴらにできるよ、と友人より教えてもらい試してみました。

柔らかくっていけます

P1090073

食後は柏餅と練り切り。

お気に入りの和菓子屋「栄泉」で購入。

名物練馬大根まんじゅうも買いたいところでしたが、

きっと手巻きで満腹状態…とおしはかり、ぐっとこらえました。

P1090084

葉を広げると、強く香るよもぎ。

餡もつややかでねっとり。

美味しかったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きみはいい子

初めて読んだ中脇初枝さんの作品。

P1090086

「きみはいい子」

図書館でこの本を見つけたとき、

予感したとおり、

ひりひりと痛みをともなう一冊。

数篇の話に共通するのはひとつの街。

そして、小学校。

昔からの街の名前はいつしか変わり、小学校の様子も時とともに変わり、そこにいる人たちの心はどこか歪み、それを表には出さず、一見わかりにくい。

けれど、そのしわ寄せは確実に子どもたちの心やからだを蝕み、子どもはそれが自分が悪い子だからなんだと思い込む。

切り傷のようにひりひりと痛みが長引く話のくだりには読んでいて心が落ちてゆくのですが、最後には何かしらの光明が見え、いつまでもそのままでは続かないことを感じさせてくれます。

そのきっかけを作るのは、それは泥沼にはまり身動きとれなくなった親ではなく、周囲の人達。

ひとりじゃないんだよ、と一歩進む人があらわれる。

読後感が「つらい」で終わらなくてよかった。

他人様に助けられている、

そのことを心に留めおいて日々を過ごせば、

きっと大丈夫。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫を拾いに

「ニシノユキヒコの恋と冒険」でするっとした感触の文章を描く人だな、と思った

川上弘美さん。

P1090085

「猫を拾いに」

するっとした文章がぎゅっと詰まった短編集の一冊。

GW中、家族の予定が互い違いで昼食というはずせない枷にとらわれ、家にいることを余儀なくされたなか、ひとつひとつが、「ふふふっ」と思わず笑えて、

タイトルの付け方も「そこに着地しますか」的なセンスにまた嬉しくなる。

出かけたい気持ちも、どこかを見て回りたい気持ちも、

この一冊で治まりました。

ひとことでいえば、

ファンタジー。

現実のお話のようで、自然に入り込む「あれ?」な世界観。

楽しいです

この方の感覚、大好き。

こんな方が身近にいたらお友達になりたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが豚まん

一見して

なかみが

餡子なのか、

豚ひき肉なのか

わかります。

これが、

豚まん

P1090064

の鼻と耳は食紅で色付け。

目はレーズン。

皮は強力粉:薄力粉=1:1

ベーキングパウダーとドライイースト、そして砂糖、塩、ぬるま湯、ゴマ油。

なかの餡は、

豚ひき肉、生姜、長ネギ、干ししいたけ、黒胡椒、醤油、オイスターソース、片栗粉。

P1090061

晩ご飯の時間に出したので、

普通にご飯とお味噌汁、

そして、

鶏肉とカシューナッツの炒め物と一緒に。

穀物×穀物。

ちょっと重いけれど、そんなに大きくないし、ま、いっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェオレボウルで、たっぷりプリン

無性~にプリンが食べたくなるとき。

ちょっと暑くなってきたとき

体力落ち目なとき

おやつ作るのが面倒なとき

(けれど、市販菓子ストックが切れていたことに気づいたとき)

どうせ作るのなら、

ちょっと今回は多めに作ってみるか、

…と、

器をカフェオレボウルにしてみました

地厚だし、量も多いし、で

焼成時間はかかりますが、

なにせ、

混ぜて、漉して

蒸し焼きするだけの簡単プリン。

本をひたすら貪り読むことで、時間はまたたく間。

P1090025

器に作ったので、カラメルはソースにして後がけ。

午前中に焼けば、おやつの時間まで十分に冷やすことができます

たっぷり~。

お腹いっぱいなおやつ時間、

果たしてよろしいのでしょうか…。

オトナなカラダに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナスとかぼちゃの重ね焼き

久々にルクのオーブン皿を出して

ボリュームたっぷりなおかずをひとつ。

P1090029

どーん

P1090026

なかのお野菜は、

ナスをにんにくとオリーブオイルでじっくり炒めたもの。

かぼちゃの蒸したもの。

その上に、

玉ねぎたっぷりのトマトソース、

そして、

ホワイトソース、

その上にピザチーズをばらばらと。

P1090027

かなりなボリュームなので、

副菜はさっぱりめの

P1090028

切干だいこんときゅうりのナムル。

これ、もっと作っても良かったかも

お腹いっぱいで、重ね焼きの残りは翌朝のごはんのおかずとなりました

4人には多すぎた~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

格付けしあう女たち

P1090040

「格付けしあう女たち」

白河桃子さん著作

スクールカーストは聞いていましたが、

女子カーストなんてあるんですか…。

というわけで読んでみました。

女であることが嫌になる一冊です。

けれど、

自分はそうじゃない、と考える(考えたくなる)一冊です。

たぶん、

一部の世界で、一部の人達がおこなっている意識の世界では?

身近だったら、コワイ。

怖すぎます…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お昼の時間がずれこんでも、トマト<カルボナーラな男子たち

休日お昼ご飯。

「今日はなに?」

と聞かれ、

「パスタ~」と答えた私。

「カルボナーラがいい」と次男とオトナ男子。

「14時前まで待てるならカルボナーラ。待てないのならトマト系」

と答えたら、

「…」

「…」

相談している風。

「カルボナーラ

待つのですね。

長男の帰宅まで。

では、ご期待に応えて

生パスタ(市販)でカルボナーラ。

P1090041

良かったね~。

生パスタだから食べごたえあり、

待った甲斐があったね~。

待てなかったら、

乾麺で茹でおきして、

トマトソースは長男分残し、

和えればいいかな、と考えていましたが。

待つんだね。

ホント好きだよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫蘇&チーズ チキンロールカツ

無性に食べたくなった

青ジソ。

この日は

鶏胸肉もあったので、

ロールカツにいたします

薄く切り開いてさらに叩く、叩く、叩く。

塩をふったら、

青ジソ、とろけるチーズをのせて、くるくる~~~

あとは溶き衣をつけて、パン粉をまぶして、揚げ焼き。

P1090034

ポン酢につけると、シソの香りも消えずに美味しくいただけます

P1090035

副菜は、

新玉ねぎのサラダ

ほうれん草とにんじんもたっぷり加えて。

もっとたくさん作っても良かったかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビスケット

久々に

おやつをきらして

慌ててビスケットを作りました。

バターでなく、マーガリンで。

P1090031

昔と違って、マーガリンも進化してる。

美味しいんです。

マーガリンたっぷり、あとは卵黄、砂糖、粉、ベーキングパウダー。

好みでシナモンもたっぷり入れちゃった

コロコロに丸めて、焼くこと15分。

焼きたては柔らかいのですが、冷めるとサックサク

翌日分までと、多めに焼いたのだけれど、

(写真は一日分の量だけ皿にのせてみた)

見事この日でなくなりました。

三人で食べると多いな、くらいの量。

四人だったら…

「今、何枚食べた?!」で

殺気立ってたかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶりの照り焼き

ぶりの照り焼き。

たっぷり生姜を使うのが好みです

P1090019

添えは、我が家にしては珍しくバターコーン&いんげん。

気分でね。

なんとなく。

久々に食べると美味しい。

副菜は、

P1090020

・ナスとピーマンの味噌炒め

・赤大根の酢の物

「なんか、今日の茶色いね」

言われました、気にしてたこと

でもね、

P1090023

筍ご飯は白いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏の南蛮がけ

南蛮漬け

ではなく、

かけます。

そのほうが、

カリッと揚げ焼きの美味しい鶏の皮が楽しめるので

漬けるより、かける、とオススメいたします

P1090017

胸肉もこうすれば、しっとりパサつかずにいただける

下に敷いたのは、じゃがいもの千切りを焼いたもの。

P1090018

酸味のきいた南蛮漬けのタレなので、

サラダはぽってりしたお味のものに。

にんじん、ブロッコリ、トマトをごっそり入れて、

ヨーグルトとマヨネーズ、辛子と練乳のとろ~りドレッシング。

美味しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »