« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

しいたけの肉詰め

このところ、

挽肉づくしです…。

鶏肉、豚肉、牛肉…

なんでもござれ。

この日は中途に余った鶏ひき肉を使って、

肉付きのよいしいたけに詰め込みます。

タネには、塩、ナンプラー、卵、片栗粉、長ネギみじん切り、石づきみじん切りを混ぜ込んで。

P1090318
半端な量のひき肉だったので、

とんかつ用豚ロース肉でカバー。焼き鳥風に串にさして、シンプルに塩&胡椒。

すっかりお酒のお供のような一品類。

・とうもろこし

・きゅうりともやし、にんじんのナムル

・冷奴

P1090319

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家族狩り

天童荒太さんの作品を久しぶりに読みました。

「家族狩り」

オリジナル版

本の厚みと、

二段組の字の小ささに読む前、圧倒されましたが、

読み進めるうちに

次から次にわいてくる疑問と家族の複雑な描写がそう感じさせません。

テンポよく進んでいきます。

P1090309

ただし、

出てくる人たちが

サイコです。

これがドラマ化されるとは…。

恐ろしい。

子どもには見てほしくないな…

どんな画面になるのだろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スコッチエッグは揚げたほうが美味しい。

前回、揚げないタイプのスコッチエッグを作りましたが、

どうもミートローフちっく。

ジュワーなスコッチエッグをやはり食べたくて、

もう一度作ります。

P1090314

やっぱり、この方がいい。

P1090317

箸で割ると、とろ~り半熟仕立て。

うふふ

これが、いい

P1090316

副菜はさっぱりとサラダで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽先餃子

ふっくらボディに魅せられて、

かぶりつけばじゅわっと広がるにんにくの香り

手羽先餃子の醍醐味ですな

P1090305

餃子の具が余ったときの翌日のお楽しみなんです

いつもだとそんなに残らないので、そのままスープの実になることが多いので、

正確にはまだ3~4度目か?

P1090304

前日の夜にはこんなふうに50個焼きました☆

がんばった~。

で、手羽先餃子ですが、

餃子の具にさらににらをたっぷり刻んで加えます。

個人的に餃子にはにらはちょっとくらいが好きで、

手羽先餃子にはたっぷりが好み。

手羽先のL字部分の内側にすっとペティナイフで切り目を入れて、

ナンプラーとにんにくで肉に下味付けした後、具を詰め込み、粉をはたいて揚げ焼き。

手羽に下味付けるだけで、具とシンクロするので、そのまんまよりオススメいたします

副菜は、

P1090306
カラフルな炒め物。

小松菜、パプリカ、えのきだけ。

こちらにもナンプラーちょろっと。

美味しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

日曜は早朝もすでにまとまった雨で、

もしや試合ないかしらん?とのんびり寝ていた長男。

小止みになってきたので慌ててたたき起こしました。

お弁当、

とりあえずの用意。

P1090303
主菜の準備がなくって、

ウィンナーに、パンケーキ材料でドッグ風。

ちょっとBPが割合的に多かったか、かなりふわっふわな仕上がりに

・ポテトサラダ

・ウィンナードッグ

・ピクルス

色は散りましたが、

メニュー的にはやっつけで乏しい。

ま、こんな日もあるさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

この頃の週末は

お弁当部活生活な長男。

今回は、

いただきもので冷凍しておいた551蓬莱のシューマイ。

P1090300

解凍して揚げて使います。

・揚げ焼売

・ブロッコリのにんにくとナンプラーのソテー

・冷凍枝豆

・ズッキーニのジョン

・にんじんとかんぴょうのきんぴら

珍しく、緑、緑しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつおのたたきの漬けサラダ

新玉ねぎをたっぷり使って、

かつおのたたきと一緒に漬けにします。

漬け汁は、

醤油、みりん、砂糖、酢、しょうが汁。

甘めに仕上げるのがポイント。

P1090296

いつものピリリから、

マイルドなイメージ刷新のかつおのたたき。

新鮮だ~~~

P1090297

副菜は、

・新ジャガと竹の子、水菜のバター醤油

・トマトのポン酢和え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揚げないスコッチエッグ

大量の油を使うのがおっくうで、

敬遠しがちなスコッチエッグ。

それでも卵とハンバーグのコンビが好きなので、

オーブンで焼くスタイルで

(ミートローフチック)

P1090292

パン粉もなし、かわりにチーズをのせました。

P1090295
開けたら、ゆで卵がゴロン。

P1090294
副菜は、

・ほうれん草ともやしのナムル

・きのことパプリカのソテー

・キムチとゴマ油の冷奴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑茶で燻製

ネットで検索を繰り返していたら、

チップがなくとも緑茶で簡単に燻製できるらしい。

…ので、

さっそく試してみました。

というか正確には、豚ブロック肉を買い塩・胡椒・にんにくを塗りこんで寝かせること一日待ちました

ストウブ鍋と、100均の網が、

ここで大活躍。

鍋の底にアルミ箔を敷き、そこに緑茶と砂糖をばらまきます。

100均の網(曲げて足を作りました)をセットし、

上に豚肉をのせ、

火にかけます。

煙が出始めたところで、極弱火にして蓋をしっかりして(煙がもれません)50分。

P1090257

良い色ですな

砂糖でこんな色づくのです。

冷めてからカットします。

P1090258

良い、良い

ほかにも蒸し野菜をたっぷりと添えて。

野菜にはディップを。

(鶏肉と味噌、砂糖、酢、唐辛子で肉味噌をつくり、ミルサーにかけたもの)

滋味。

P1090259

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えびふりゃー

えびふりゃーに力を入れすぎて、

あとがおろそかになってしまったパターン

P1090267

やっぱり、

ワタシとエビフライの相性は悪い。

きっと

そうに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅ゼリー

梅煮を覚えてから、

今シーズン既に3回目。

(既に4回目の梅を灰汁抜き中

すぐにシロップを飲み物用に使い果たされていたので、

今回は早々に

ゼリーを作ります

P1090263

P1090266

アガーを使って柔らかめに。

シロップを薄め、レモン汁をちょっぴり加えて爽やかに仕立てます。

うわ~これだとすぐになくなるわ~~~

P1090237

ちなみにこのとき作った梅煮の梅は大粒で緑。

果肉もしっかりめに仕上がるので、崩れにくい

ちなみに500gでやってみました。

鍋にも隙間があいて、沸騰していないかチェックしやすかったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

父の日は

長男

部活のためのお弁当。

今回珍しくリクエストが。

「梅干と昆布をセットで」

なんとなく、気分で、だって。

P1090261

おかずは左から、

・カリフラワーの甘酢漬け

・チーズオムレツ(ピザチーズ包んでます)

・チューリップ唐揚げ(ナンプラーとおろしにんにく)

・冷凍枝豆

・カポナータ

早朝には出ていき、帰ってきたのが夕方遅く。

暑いせいもあり、

案の定ぐったり。

父の日で、焼肉だったのに、

P1090262

思ったより食べず、

8時前には寝ておりました…

珍しいなぁお肉を残すなんて。

大丈夫かい…?中間試験。。。

というより、

熱中症にはならなくって良かった

(すでに今シーズンなって経験済)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

副菜だけひと皿にまとめると…

晩ご飯のおかずは、

あさりのバター焼きです大好き~

P1090239

そして、

この日の副菜は、

もうひとつのお皿にぎっしりとまとめました。

少しでも洗い物を楽しようという魂胆がみえみえなワタクシ…

P1090240

左から

・れんこん、エリンギ、小松菜の炒め物

・焼き新じゃが

・さつまいもといんげんのきんぴら

こうして隙間なくごっちゃりと盛ると、

ビュッフェを思い浮かべます。

やっぱり盛り付けって大事ね。

隙間、大切ね。

面倒がらずにしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明太マヨサラダ

賞味期限が近くなってきた明太子。

一気に使い切るために、

明太マヨに変身

明太+マヨネーズ+牛乳で好みの固さに溶き混ぜます。

P1090236_2

これであとは野菜にかけるだけ。

ブロッコリにかぼちゃ、にんじん…。

色鮮やかながっつり食べごたえのある野菜がいいなぁ~。

あともう一品は

さっぱりと、長芋とめかぶの酢の物で。

主菜は、

さんまの一夜干し。

P1090235

しまった。

…また居酒屋めにゅーチックでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏レバーはたれ、砂肝は塩、ね

焼き鳥で頼むときはたいがい

レバーはたれ、

砂肝は塩。

なので、

家で焼くときも

おんなじ風に。

フライパンで焼きます

砂肝は加熱しやすいよう、切り開いて。

ハートも。

レバーはざっくり切って血合いを取り除いたらよく水分を拭き取っておきます。

あとは、

フライパンで焼くだけ。

P1090233

砂肝は焼けた時点で塩、山椒をふり、串に刺します。

レバーは、こんがり焼いた後に醤油・みりん・砂糖を合わせて煮絡め、串に刺します。

見た目は買った風

副菜は、

・冷奴

・ポテトサラダ

・ブロッコリーのにんにく炒め

・トマト

そう、

すっかり居酒屋スタイル。

麦とホップをゴックンうーーん、ウマい

続きを読む "鶏レバーはたれ、砂肝は塩、ね"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉詰めピーマン

ピーマンがこのところお安いですね~

しかも大きい

これはもう

肉詰めピーマンを作るしかないでしょ

P1090232

チーズはピザ用ミックスと、チェダーが残っていたので両方を使います。

なので、黄色い

「カレー」と子どもにも聞かれるほどでしたが、ま、味でわかるでしょ。

副菜は、

・キャベツとパプリカの粒マスタードサラダ

・トマト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさり×ブロッコリー

あさりとじゃがいもはしょっちゅうするけれど、

この日はブロッコリを農家直売店で購入したので

あさり×ブロッコリーを、にんにくと白ワインでまとめます。

P1090220

ブロッコリーの房の部分に、あさりの汁の旨みが染み込み、

これまたいい組み合わせ

美味しいな。

副菜は、

P1090221

・冷奴

・きんぴらごぼう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏ひき肉と厚揚げの煮物

厚揚げをたっぷり摂ると

なんとな~くカラダにいいような気がする

P1090213

かぶの葉もたっぷり残っているので一緒に混ぜ込んで、

鶏ひき肉と厚揚げの煮物。

添えは、

・ぶりのお刺身

・ポテトサラダ

大根はスライサーでしゃしゃしゃっと。

便利だね~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たらの中華炒め

お買い得品、すき身のたらを購入。

薄めだと、こういった炒め物に便利です

P1090222
中華炒め。

たらは手頃な大きさにカットし、

おろししょうが・ナンプラー・老酒で下味をつけたら、

片栗粉をまぶしてこんがり揚げ焼き。

いったん取り出し、

下茹でしたアスパラ、えのきだけ、パプリカ、にんにくをさっと炒めたところに戻します。

あとは、

合わせダレ(ケチャップ、醤油、酢、砂糖、片栗粉、水)をまわしかけ、とろみがついたら出来上がり。

ご飯がすすむおかずです

P1090223

副菜は、

さっぱりめのナムル。

春雨も混ぜて、軽く火をとおしたシャキシャキ野菜もたっぷりと。

ゴマの香りが食欲増進

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏の葱塩だれ丼

葱塩だれ、と検索すれば

いくらでもヒットするレシピ。

それを参考に作ってみた

葱塩だれ丼。

P1090229

P1090230

タレがちょっと濃すぎたので、

副菜はその分控えめな味付けの和え物といたしました

お腹いっぱい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉巻き豆腐

もうどうしようもなく、大好きなおかず。

肉巻き豆腐。

薄めの豚バラ肉で、片栗粉をはたいた厚揚げをぐるぐるっと巻き、カリッと焼きます。

あとは甘辛だれに絡めて出来上がり

P1090211
半熟卵もそえて…。

もう、シアワセ

P1090212
副菜は、

・トマトとおくらのポン酢和え

・小松菜とえりんぎの炒め物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんかつ

とんかつ。

あんまり、

作りません。

ましてや、

買うこともいたしません。

豚肉は余分に脂が加わるのがもったいないような気がして…

ただ、家族が好きなので、

たま~に

作ります。

P1090205

・もやしとほうれん草のナムル

・きゅうりとにんじんのあさ漬け

お味噌汁にもこれでもかっというほど野菜をつっこみ、

なんとかとんかつを完食。

(…といいつつ、まんなかのひと切れ、好物な人へ抜いて並べておきました。見た目はひと切れっぽいけど…見せかけなひと切れ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわしの蒲焼風

いわし。

脂がのっていると、

フライか、

蒲焼にいたします。

P1090201

粉山椒も忘れずに。

P1090202

彩りが黒っぽい食卓となってしまいましたが…

副菜は

・ナスとピーマン、ホワイトアスパラの揚げびたし

・冷奴

う~~ん…

トマトでも切れば良かったか。

きゅうりでも切れば良かったか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマトに詰まった焼きポテトサラダ

久々に副菜にチカラ入れますっ

普通サイズのトマトのなかをくり抜き、

ポテトサラダを詰め、チーズをのせ、パン粉をのせ、オーブンで焼くという一品。

むっちゃ美味しいのでオススメです

P1090197

P1090194_2

こんな感じに詰め込み…

(ポテトサラダは、にんじんと玉ねぎ。)

P1090195

くし形に切ったら、チーズをのせ、パン粉をのせ、最後に乾燥チーズをふります。

あとはオーブンまかせ。

ついでながら、メインの鶏も焼いてしまいます

トマトはぐずぐずにならないよう、焼き色がついたら途中で抜き出します。

P1090196

鶏肉は、オリーブオイル、塩、胡椒、にんにく、ローズマリーでマリネしておいたもの。

最後の5分ほどで、いんげんも投入し、鶏の脂をまぶして焼きます。

これで一品。

そしてかぶの甘酢漬け。

(電子)オーブン任せの夕飯。

過去に二度ほどありましたが…

オーブンレンジが故障でもしたら大焦りのワタクシが容易に想像できるでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当~捨ててもいい簡易容器編

梅雨に入ったばかり、とんでもない雨量のなかの修学旅行。

今頃彼らは、なにを感じているのだろうか。

きっと思い出深いものとなるんだろうな…。

初日は、

捨ててもよい簡易容器に詰めてのお弁当を持たせます。

P1090214

「おにぎりをたくさん作って」というリクエストのもと、

とりあえず五個。

これをひとつひとつラップに包み、三角柱にした牛乳パックに詰め込みます。

※今回写真を撮りそびれたので、過去の写真をご参考に…

P1090215

「おかずはどのくらい?」

と尋ねれば、いつもどおり、と言う…。

食べられるのか??

ちょい深さのあるパックに詰め込みます。

・鶏つくね(前夜多めに作っておきました)

・ちくわとアスパラのピカタ

・かぼちゃとナッツのサラダ

・かぶの甘酢漬け

・ほうれん草ときゅうりのおひたし

・プチトマト

いつもは「なにが美味しかった?」と尋ねて今後のおかずの参考にするんだけれど、

今回は数日後だし、土産話をひたすら聞くとしよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

男子中学生弁当

30度超えの休日。

部活のためのお弁当。

P1090210

保冷剤はいつもの3倍入れておきました。

塩分とクエン酸補給に梅干を入れて。

おかずは、

・にんじんと青じその粒マスタード和え

・ブロッコリーのにんにくソテー

・いんげんの黒ごま汚し

・焼きかぼちゃ

・プチトマト

・揚げ餃子

餃子は焼き餃子を冷凍ストックしていたものを、解凍して揚げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えんツコ堂製パン

西荻窪で出会った天然酵母パン屋さん、

えんツコ堂製パン。

Ca3h0861

小さな店内での対面販売なので、

パンも乾燥することなく、安心して買えます。

天然酵母なので、小ぶりなパンでもしっかり味わい深く食べごたえありなんです

変わってるフレーバーがある、というわけでもないのに、

なんだかまた行きたくなり、

食べたくなるパン屋さん。

そのわけは何なんだろう…と

確かめにまた行ってみました。

夕方だったので、すでに売り切れも多々あるようでして…

P1090208

そんななかで購入したのは、

おしりパン

バゲット

おしりパンは前回長男の口に入り、食べそびれたのでリベンジ。

ハイジの白パンのごとく、シンプルなパン。

柔らかできめ細か、しっとりした生地なのに、お腹にしっかり満足感をもたらせるパンです。

軽くトーストしてバターをたっぷりつけていただくと、その美味しさにうっとり

ホントに癖があるわけでもないのに、他でなくこれを食べたい、って思う。

バゲットは、

クープも均等に開き、カットすれば、無数の大小不均等な気泡がいっぱい。

なんとも見目麗しい

やはり軽く温め、いただきます。

もっちり感もあり、けれど表面のぱりっと感もあり。

良いです。

また、今度は違うパンを攻めてみたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅煮

知人より梅煮の入ったゼリーをご馳走になりました

梅シロップ漬け、しか知らなかったワタシは

「煮るんですか梅をっ

と、そりゃぁもうびっくりしたもんでしたが…。

ネットで検索してみてよく分かりました。

梅煮、ではピンときませんでしたが、

梅のコンポート。

これなら腑に落ちます。

P1090193

青梅を使うので、まずはあく抜き。

ざっと洗って汚れを取った後、へたをとり、実に爪楊枝で穴を数箇所あけます。

(実が固いので爪楊枝は何十本とダメにすることを承知で多めに準備しておくこと)

あとはたっぷりのお水にひたし、何度か替えながら丸一日。

一旦実をあげて、

実の重さに対して8割の三温糖と、新しくかぶるくらいのお水を鍋に入れて火にかけます。

砂糖が溶けて、ふつふつとしたところで極弱火にしてから実を静かに入れていきます。

紙蓋をして煮ること20分。

火をとめて冷まし、実を引き上げて煮沸消毒した容器に入れます。

シロップは1/3になるまで煮詰め、それも冷ましてから容器へ。

ここで重要ポイント。

ワタシはこれで失敗いたしました。。。

火加減です。

ちょっとでも煮立たせたら最後。

ぺろりん、と梅の実の皮が剥がれてしまうんです。

ほんのちょっとの油断も大敵。

ワタシは、

ちょっとカウンター越しの子どもの様子が気になり二言三言交わしただけで、

鍋を覗いたときには軽く泡がたち、紙蓋を持ち上げると半数以上が剥けておりました。

1kgの梅の半分…

ショックの大きさといったら…。

ダメになった分から食べようかな、と思ってたら

子どもが「試食したい」と。

じゃ、おかーさんのも入れてね、とお願いすると

P1090207

皮の剥けてないのを選んで持ってきた。

息子よ

ワタシがいつもカメラを向けるのできっと選んで持ってきてくれたのだね…。

…というわけで

失敗例は載せず、

せっかくなので選んでくれたのをUP。

こんな感じに仕上がります。

シロップは水と氷で、涼やかなドリンクに

次は失敗しないぞ…。

(追記です)

梅は、青梅でも何度か作りましたが、その後は黄緑色がかったやや熟し梅でも作ってみました。こちらは実がやや柔らかく、これまた美味しいので、お好みでやってみてください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

がま口ポーチ

お世話になったあの方へ、

しばし(?)お別れの挨拶としてチクチク縫った

がま口ポーチ。

P1090192

布の切替位置のバランスがなかなか定まらず、

一度作って、縫い直すこと2回目。

柄の相性で面積を広く出したほうがいい場合とそうでない場合があるみたい。

切り落とした布は、またどこかで使おうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉汁つけうどん

休日のお昼ごはん。

やっぱり麺類

このたびは、肉汁つけうどん。

P1090203

豚肉を、しょうがとにんにくで香り付けしたゴマ油でしっかり炒め、そこへナスときのこを投入し、これまたしっかり炒めます。

あとは、みりん、だし醤油、醤油、塩で調味。

仕上げに、小口切りのねぎと油揚げ、そしてカイエンペッパーをふります。

ちょっと柔らかめに炊いたうどんを器に盛って、

あとはこのつけ汁でいただきます。

ついつい食べ過ぎてしまうような美味しさ。

夏が近づくと食べたくなるうどんメニューです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三種挽肉ハンバーグ

半端の残り物の鶏肉をフードプロセッサで砕いて、

合いびき肉に混ぜこんでのハンバーグ。

初めてでしたが、

美味しい

P1090189
いつもより勝手が違うので、念入りにこねこね…

おかげで箸を入れれば、肉汁じゅわわっ

お野菜にもたっぷりなすりつけていただきました。

副菜は、

・温野菜ブロッコリ&いんげん

・プチトマト

・じゃがいものガレット

ガレット、またもや失敗。

どうもうまくまとまらない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽先焼き

オーブンで焼いたわりに、

思ったより焼き色がつかずちょっと残念な手羽先焼き。

P1090182
でも、

この日の

隠れメインは、

こちらなんです

P1090183

そら豆のにんにくソテー

さやを開けるたびにドキドキワクワク

今回も当たり

ふっくらしたお豆さんが入っておりました。

これを軽く塩ゆでして、

あとは、オイルとにんにく、唐辛子でこれまた軽くソテー。

油と相性が良いです

左の副菜は、

・きゅうりとキャベツの粒マスタード和え

あと

・さつまいものはちみつレモン煮

P1090181

これまたレモンでさっぱり。

次男は食後のお楽しみに…と横によけて食事を進めておりました

ふふ、カワイイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »