« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

豆腐はたんぱく質カウント

栄養士さんのお話を聞くと、

豆腐も、一日のタンパク質摂取量に肉・魚と同様にカウントされるらしい。

お刺身ではちょっと量が足りないかな~などと思ったときには、

副菜でお豆腐ものを足すと補足できるってことですね

P1110078


P1110079


わらさといかのお刺身に、

副菜は

・ひじきと厚揚げの炒め煮

・おろし大根とえのきのポン酢和え

これでいいってことでしょうか

久々に、おろし大根とえのきのポン酢和えいただきましたが、

美味しいですねぇ~~

野菜屋のおじさんのレクチャーです。

これも商売なのでしょうが、簡単なレシピを教えていただくと嬉しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏のピカタ

ピカタ。

なんて不思議な響き…

いまだにこの名前に慣れません。

特別感のある響きですが、

下味をつけた食材に、粉をふって、溶き卵とチーズを合わせたものをつけて焼いたもの、というシンプルさ。

皮膜がつくられて、食材がしっとり仕上がるので

焼くとパサつき感がでるめかじきや鶏胸肉にはピッタリなんですよね

P1110072


今回は、

塩麹で下味付けの鶏胸肉。

むにゅっとした食感、じゅわっとした塩麹の旨み。

よい塩梅。

付け合せは、

・ポテトサラダ

・温野菜のサラダ

このあと、野菜が足りないという長男に、

さらにごぼうやにんじん、さつまいもをレンジで蒸して急遽追加。

素材にはこだわらず、安い野菜ですが、よく食べてくれるのはありがたいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干しいも

次男とワタシの大好物、干しいも

スーパーで見つけるとちょいちょいおやつに買っていきます。

…が、

ママ友のオススメで

100円ショップで野菜干しネットが売られていることを知り、

これで干しいもに挑戦。

今回は、焼き芋は買ってきたもの。

(作ればいいのですが…次回からにしよう…)

P1110074


P1110076


手作りの蒸し芋なら皮を剥きやすかったのでしょうが、

焼き芋なので皮むきに悪戦苦闘の様子。

きれいには剥ききれないまま断念し、拍子切りに。

ネットにオーブンシートを敷き(おいもがねっとり穴につきそうで初回は遠慮しぃしぃ)、芋を並べます。

乾かすこと半日。

ホントは1日以上は乾かしたほうが良かったのですが、

なにせ、ぶら下がったものがちらちら目に入ると我慢ならず…

P1110077


いただきま~す

やはり干し時間のせいか、乾きがまだ足りませんが…

美味しいことに変わりなし。

次回はもちょっと長くやってみることとします。

ハトが狙いに来なければいいなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温玉まぐろアボカド丼

丼もの。

しょっちゅう出すと飽きられますが、

たま~に空いた頃に作ると、簡単な割に喜ばれます。

P1110067


温玉まぐろ&アボカド丼

まぐろの切り身は漬けに、たたきはそのままにして。

マイルドの3乗なので、わさび醤油で辛味を効かせるのが最後まで美味しくいただけるポイント。

あっという間にからっぽ、な好評丼です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長芋のねぎ味噌マヨ焼き

鶏のつくねが食べたくなりました。

胸肉があったので、

フードプロセッサでミンチに。

あとは調味料を混ぜて手でこねこね…

P1110064


沸騰したお湯に入れてゆがきます。

ゆで汁は翌朝のスープに使うとして、

あとはたれを作り、絡めるだけ。

付け合せに、

長芋のねぎ味噌マヨ焼き。

皮はそのまま使うので、洗ってひげを火で焼き切ります。

輪切りにして、

味噌、みりん、マヨネーズ、ねぎの小口切りを合わせたものをのせて、グリルでこんがり。

これ、結構お気に入り

P1110065

P1110066


厚揚げと小松菜の煮浸し

さつまいもの炊き込みご飯とともに。

う~~ん、美味しい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さば味噌

「今日の晩ごはんはなに?」と尋ねられ

「さば味噌」と答えると

大きく

「よっしゃーー」とガッツポーズをとるのは次男くらいでしょうか

「おにいちゃんもこんな風に喜んでくれたらいいのにねぇ…」と毎度ながら呟いております。

P1110025


P1110026


とろ~りたっぷりめに作った味噌だれ。

煮込んだあとも残ってて良かった。

添えは

・大学いも

・白菜と小松菜、かぶのあっさり漬けサラダ

見た目はなにもかかってないように見えますが、浅漬けのようにいろいろ揉み込んでいるので味はついています。

ドレッシングをかけようとした大人男子、ちょっとストップ。

「味が薄い」といった長男、そりゃ薄いんじゃなくてわざとあっさりめにしてるんだよ。

次男は、味覚がワタシに近いので文句なし。

ありがたいことです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和菓子のアン

図書館の青少年ノベルコーナーで見つけた

美味しそうな表紙デザイン。

「和菓子のアン」坂木司さん著

P1100855


NHK朝ドラのように、

ほのぼの

しみじみ

どたばた

ちょこっとミステリアスな部分あり、

ほのかな恋愛要素あり、

のてんこ盛りなストーリー。

安心して読める、オススメできる

読後は心が温かくなる一冊です。

ドラマ化したらぜひ見たい

…というか、ドラマ化してほしい

できれば主人公は貫地谷しほりさん、のイメージで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マヨネーズ瓶収集

キューピーマヨネーズの瓶詰めの商法に

見事はめられてしまっているワタクシ。

年明けは干支柄キューピー。

そして

その後はリサ&ガスパールでその年のデザイン。

小さすぎず、大きすぎずのボトルサイズも使いやすく、

まだ持っていないデザインだとなると、つい手にとってしまいます。

P1100966


P1100967


キャラクターものって、

元々好きな方ではないので、持たない主義なのですが…

ガラス瓶は別物。

透明にぷくっとプリントされた絵がなんとも愛らしくて…。

我が家では、

大きめプリンを作るときの容器にしたり、

梅干や高菜漬け等、漬物類を詰め替える瓶として利用しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわしのつみれ揚げ

丸々と太ったいわしが連日のようにスーパーのお魚コーナーのざるに横たわっています。

鰯という感じが表すとおり、

傷みやすいのもあり、買い置きできないのが難点。

今日はコレと決めた日のみ、あぁ明日食べたいな、と思ったら、明日このお店に立ち寄らなければ…しかも明日あるのか?これが…?などと要らぬ心配に心を痛めたりもします。

それだけに、前回お刺身で食べたいわしが美味しかった~~

今回は、

そのお刺身にもできる新鮮な鰯でつみれ揚げ。

ちょっともったいないな~と思いつつも、

手開き下処理&皮をはがして、

フードプロセッサにかけてミンチ状にします。

塩、ナンプラー、しょうが汁、卵、片栗粉を混ぜて、

下蒸しした残り野菜(にんじんとブロッコリーの茎)を千切りにして、

きざみ昆布は少量の水に戻して、野菜と同じ長さにカット。

種に戻し水ごとしっかり混ぜ込みます。

温めた油のなかにぽとり、ぽとり。

Photo

P1110021


↑元生地はこんな状態。スプーンとゴムベラで整形して落としていきます。

こんがり揚がったところを、

あさり出しの素、塩、おろししょうが、みりん、醤油で作った漬け汁に浸していただきます。

しょうがで生臭さもなくなり、野菜の甘みと魚の旨みの相乗効果で美味しい~~

P1110024


P1110023


漬け汁が量もたっぷりあるので、

ついでに後から蕎麦も茹でて、この漬け汁でいただきます。

副菜は、

れんこんやにんじん、大根の炒めなます。

パリパリの食感、ほんのりお酢のきいたさっぱり風味が食欲増進。

蕎麦もあとから膨れるし、食べ過ぎた~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅とじゃこの焼き飯

このところ

ハマっている

梅とじゃこの焼き飯。

P1100971


ほんのり酸っぱさの効いているのが、

このところの陽気にぴったりな軽食なのです

材料は、

・梅&しそ…たたいたもの

・ちりめんじゃこ

・小松菜…下茹でしてざく切り

・しょうが…みじん切り

・昆布茶

・ナンプラー

・卵…少量のマヨネーズと合わせて溶いたら、半熟にして一旦取り出す

しょうがはたっぷりめにして、少々ピリリと辛味をきかせます。

卵は混ぜ込まず、最後に半熟状のものをのせて、好みの状態に混ぜ込みながらいただく。

…がポイント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かきフライ

久しぶりのカキフライ~

と、喜んでいたら…

タルタルソース失敗…

P1110017

あえて、

遠くからのぼかしショット。

かきフライは美味しく揚がったのですが…

なんだか連日ちょっと手を抜いたばかりの残念なことばかり…。

だめだめですね~~

P1110018

副菜は、

長芋ときゅうり、おくらの酢の物

やっぱり揚げ物にはさっぱりとしたものが添えてあると嬉しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚肉とたけのこのオイスターソース炒め

手軽で美味しい炒めものに、

オイスターソースが欠かせません。

P1110019


この日は

豚肉(とんかつ用ロースを拍子切り)とたけのこの炒めもの。

パプリカで色を添えます。

本当は、豚肉もナンプラーで下味つけをし、片栗粉をまぶしてから焼くと非常にぷりっとジューシーに仕上がるのですが、端折ってしまい、結果ちょい固めな残念な仕上がりに。

それでも美味しい…

それだけに、ちょっと残念…

P1110020


副菜は、

・高菜と挽肉の豆腐炒め

さっぱりとした味付けですが、

豆腐にしっかり高菜漬けの旨みを移してあるので美味しい。

ゴマ油で炒めているので香りもよし。

少し水溶き片栗粉でとろみをつければ、短時間でもしっかり味はつきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たらとあさりのトマト煮

たらの切り身とあさり、

トマトとしめじで

旨みたっぷり…なワイン蒸し。

色はちょっと白っぽいのですが、

美味しいです

P1100960


P1100961


あっさりな主菜に対し、

卵でちょっとクリーミーな

ミモザサラダ。

レタスときゅうり、ブロッコリで食感も楽しみます

これなら、もっともっと野菜が摂れそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日ごはん

長男のお誕生日ごはんリクエストは

シンプルハンバーグ。

P1100973


チーズがのっていたり、煮込みでなかったりの

シンプルis best

添えもシンプルにしたので、

その分、副菜は大皿に。

P1100972

スープはコーンをミルサーにかけて、クリーミーに。

P1100974


かぶと生ハムのサラダ

P1100975


じゃがいもとソーセージのホットサラダ

P1100977


ケーキもシンプルに。

いちごの下に敷いているのは、市販のアーモンドプラリネ。

お誕生日おめでとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えびマヨっ

「えびチリとえびマヨ、どっちがいいかなぁ?」

どうでもいいときは、子どもに尋ねます。

「えびマヨっ」と決めてくれたので、

P1100968


はい、どうぞ~~

えびマヨですよ~。

えびは、おろししょうがとナンプラーで下味付けし、片栗粉をまぶしてしっかり両面揚げ焼き。

玉ねぎといんげんをかさ増しに。

マヨネーズ、練乳、牛乳、ケチャップを合わせたソースに和えます。

とろんとして、ほんのり甘いえびマヨ

P1100969


その分副菜は、ちょっと塩気のあるもので。

青梗菜ときくらげの炒め物。

卵は半熟がポイント。

餡かけにしていますが、鳥ガラスープベースです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真たらの中華あんかけ

まだまだ寒い夜。

温かな餡かけものは嬉しいおかずです

P1100929

真たらを一口サイズにカットして、ナンプラー、しょうがで下味つけ。

片栗粉をまぶして唐揚げにします。

野菜は軽く下蒸ししたら、ごま油で炒め、

鳥ガラスープの素、水、胡椒、紹興酒、片栗粉を合わせたものを入れて、ゆるめの餡かけに。最後に真たらをざっくり合わせて出来上がりです。

副菜は、

とろろ。

どちらもご飯にかけて食べたくなるもの…

食べ過ぎちゃいますよね、ご飯をつい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一夜干しには大量の大根おろし+ポン酢

一夜干しが好きな子たちです。

この日は

さばの一夜干し。

大きかったので、半身を一人分として。

P1100926

その一夜干になくてはならないのが、

鬼おろしを使っての大量のざっくりした粗い大根おろし。

これにちょろっとポン酢をたらし、お魚の身といただくとえもいわれぬ美味しさ~

いつもだと多めにおろしてボウルに残していたりするのですが、

この日は残りの大根が少なくてひと盛分のみ。

ワタシも残念…。

さっぱりしたお魚とご飯をいただき、とろみのあるオクラのお味噌汁をすする…

もう最高です

副菜は、

P1100927


・小松菜の白和え

・フライドポテト

…たまに、あのしょっぱめなカリッとしたポテトが欲しくなるんです。

これが一番調理にかける時間が長かったかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩麹豚

とんかつ用のお肉を

切って叩いて

塩麹に漬け込んだお肉が大好きな我が家の子どもたち。

P1100930


もしかすると、

牛ステーキより好きなのでは

付け合せはファミレスっぽく、

ブロッコリーのサラダにトマト、

マカロニサラダで。

ワタシも大好きなんですけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白子のバター醤油

我が家で初の

白子登板。

…が、子どもたちに不評。

柔らかでとろっが気に入らないらしい。

それより何より、なんの部分かで抵抗感があったらしい。

まったく軟弱者だ。

まぁ、やはり無理か…と思いつつ、

三人分をほおばります。

純米酒には非常に合うんだけどね。

P1100924


表面は片栗粉をつけて、

バターでこんがりさっくり焼いたら、醤油をじゅじゅっとたらすだけ。

大根と青じそのおかかサラダも添えて。

P1100922


P1100923


メインは

あさりの酒蒸し。

それに、

厚揚げと小松菜、卵の炒め煮。玉ねぎも入って甘めの味付け。

お酒のともばかりになってしまいましたね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわし3パターンで楽しむ、の巻

この時期、

丸々と太った大きめないわしがお手頃な値段で手に入ります。

6尾でお買い得価格、しかも刺身可の表示があれば、

もう買うしかないでしょう

まずは

手開き、わたと中骨を抜いて、塩とコショウをふり

人数分アジフライに。

P1100888


さっくさくで、中身はふんわ~り

ちょこっとマヨネーズをかけるともう最高で何尾でも入っちゃうかも

残りは、

P1100889

同様の処理のあと、皮をはがして細く切り、

福岡名物ごまさば、のように仕上げます。

九州の甘いお醤油は手元にないので、

みりんを煮切り、ちょっぴりのお砂糖を足し、醤油、しょうが汁と合わせます。

たっぷりの炒った白ごまをすったら、合わせていわしを和えるだけ。

とろっと身の甘さが際立つ一品の出来上がり。薬味のねぎもふりかけて。

左は炒めなます。

しゃきしゃきれんこんと、大根、にんじん、干し椎茸を使ってさっぱり旨みのある一品。

それから、先ほどのアジフライのもうひとつのお楽しみ。

半分を、添えのキャベツ、マヨネーズとともに軽く焼いたバゲットに挟めば…

P1100890


P1100891


長男の小鼻が膨らむほどの美味しさ

いわしフライサンドイッチ

揚げたてだから美味しいんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なすとベーコンのトマトパスタ

いくら食べても飽きないパスタとして

ワタシは

なすとベーコンのトマトパスタを一押し

P1100801


じっくり熱したなすにベーコンとトマトの旨みがじゅっと染みて、

チーズをたっぷり合わせたら

もう、言うことなしッ

このときばかりは、

同じ好みの次男も

パスタは乾麺状態で130gほどはペロリんと平らげます。

スライスしたなすは、

最初にレンジで下蒸ししてからオリーブオイルで調理すると、必要以上に油を吸わない、ということを知って以来、この方法で。

オイルを少なく済む、というのではなく、

ワタシの場合は、トマトソースにたっぷりオイルを馴染ませたほうが好きなものでして

カロリーダウンしたいお方は、この方法で、トマトソースのオイルも抑えれば、実現できますよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おだふじ

久しぶりにケーキを買ってみました。

Ca3h1120


大泉学園にある、

正洋菓子 おだふじ

いつも行列が絶えず、

う~ん…と買う機会を逃しています。

P1100878


P1100880


P1100879


プロのお菓子は見るだけでワクワクする可愛いデコ。

我が家の男子はどちらもモンブラン好きなのですが、

そのうちひとりはマカロン好きでもある…

なので、こうしたチョイスに。

案の定、もめずに済みました

ワタシは希望通りのベリーのケーキを

層でお味が違って楽しめる…

う~~ん、シアワセだぁぁ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つられてオムライス

ドラマ「ウロボロス」も佳境ですね…

すっかりドラマに感化され、

無性にオムライスが食べたくなりました。

P1100854


…で、そのドラマにも出るようなしっかり卵のオムライス

…で、

お決まりのケチャップでお絵かき。

きっとどこのご家庭でもやっていることでしょう

ちなみに我が家では次男の顔を描くのが流行ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雛寿司

ずいぶんと遅いUPになりました。

3/3がすっぽり抜けていることに気づいたのが遅かったです…。

P1100883


例年のごとく、牛乳パックでめいめいに菱形の押し寿司。

下は青のりで緑。

なかは白。

今年のピンクはでんぶのないかわりに、サーモンとまぐろの漬けにいたしました

年々、

寿司飯の量が増えつつあります。

華奢で可愛い菱形寿司が、頑丈なビルディング状になりつつあるかも…

副菜は、

P1100884


お雛様の着物のカラフルな色を意識して、

・なすと厚揚げの肉餡かけ

・赤かぶの甘酢漬け

赤と紫で、THE和 といったイメージ。

P1100885


いただきもののワイン、

やっと抜栓。

ヴァルフォルモッサのクローディア。

スペインのワイン。

最初に甘味と花の香りが強く、その後すっきりとした後口とライチの香り。

華やかなワインです。

寿司飯や漬けのお魚にもぴったりでしたね。

そのあまりの春らしさに、口に含むたびに浮き足立ちます。

「ひと区切りついたら飲んでね」と

これをプレゼントしてくれた友人のチョイスがまた嬉しくって感謝。

とても美味しかったです。

証拠にこれ、二日間でひとりで飲み干しちゃいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぴょんぴょん舎 盛岡冷麺

盛岡冷麺のいただきもの。

ぴょんぴょん舎という、盛岡で人気の焼肉やさんが販売する盛岡冷麺セット。

P1100873


韓国冷麺と同じスタイル。

麺が灰色ではなく、綺麗な白色、というところが違いなのでしょうか。

初めてなので、裏面のつくりかたを見ながら…

P1100874


付属の「冷麺用キムチ」をのせて、お肉、野菜、きゅうりの甘酢漬けを作ってのせます。

こんな感じでいただきます

ほんのり酸を感じるさっぱりめのスープに野菜と麺をよく絡ませていただきます。

弾力のある麺。

食べていくうちに元気が出てきそう…

美味しかったーー

ごちそうさまです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひと区切りのご飯

受験生生活も終わりです。

結果はいろいろですが、

頑張ったことを褒めてあげたい。

きっとどこのご家庭もそう思っているはず。

P1100876


肉。

やっぱり、彼は肉をリクエストでした。

筋きりを端折ったら、やっぱり固かった…

ちょっと残念な仕上がりですが、

お祝いする気持ちには変わりありません。

おつかれさんです。

よぉ頑張りましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白餡ぜんざい

寒くって寒くって…

ぜんざいをおやつにいただきます

白花豆の餡が残っていたので、

お砂糖を足して

白ぜんざいの出来上がり

P1100849


小豆とまた違って

まろやかで美味しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽元の唐揚げ

鶏もも肉より、

手羽元や手羽先の唐揚げが大好きなワタクシ

この日も

手羽元にすっと一本切り目を入れての下味付け~の唐揚げです。

卵をしっかりからめると、

カリッカリの衣の出来上がりで美味しい

P1100824


軟骨がまたまた大好きなので、身を食べたあとも骨についた軟骨までしっかりバリバリ噛んで楽しみます。

P1100825


副菜は、

・ロマネスコと生きくらげ、きゅうりのサラダ

・ごぼうと切り昆布、にんじんのきんぴら

生きくらげを初めて購入。

さっと茹でていただくと、乾物とはまた違うぷるぷるの食感。

中華風のドレッシングにしましたが、これはやみつきになりそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明太子パスタに水菜は不可欠です!

週末のお昼のパスタ。

今回はナンバーワン人気の明太。

我が家の明太子パスタ。

とりあえずは、ワンプレートで済ませたいがために、野菜を混ぜ込みます。

P1100807


明太子と水菜のパスタ。

食感がよくって、好みの仕上がり。

子どもたちは「なくてもいい」存在のようですが…

パスタになると、普段はふつーな食事量の次男も、特盛状態になる傾向。

今のところ130gくらいは食べているでしょうか。。。

おそらく体格からすると食べ過ぎかも

ちなみに…

翌日もパスタにしましたが

P1100801


なすとベーコンのアマトリチャーナ。

ピリ辛ですが、

これまた大食い。

外では違うものを好んで食べますが、

家ではパスタ、大食いです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちご大福

いちご大福を

たらふく食べてみたいという野望を抱き、前々夜に水に戻し、翌日餡に仕立て、

さぁ大福作り開始です。

…が、

分量を誤り、

上新粉は6個分。

6個分を大きめの4個分に仕立てました。

P1100819


レンジで蒸してすりこぎ棒でガンガンつく。

あっという間に柔らか餅の出来上がり。

あとは片栗粉でまとめつつ、

白餡、いちごを餅で包みあげます。

P1100820


P1100821


特大いちごだったので、餡も一緒に包めばいくら6個分の餅とはいえ、かなり薄く包まねばならぬ…

が、結果オーライで、

家で食べるには十分な美味しさ

これはいい

白餡があるときには、

家でBIGな大福、もしくは複数の大福が楽しめそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日替わりおでん

まだまだ寒い日が続いております

瑞々しく美味しい大根が、

ここ練馬区では採れ、それが直売で格安で手に入るとあって、

ごろんと一本買うと、この時期煮付けをしたくなります。

この日はおでん。

基本、

手羽先と昆布で出しをとります。

初日。

P1100799


P1100800


ぷかぷかと天ぷらが浮いており、ほかに目立つものが見当たりませんが、底には手羽先だったり、卵だったり、にんじん、大根などが沈んでいます。

それをそぉっと取り出し、いただくのが楽しみ。

天ぷらを多く買いすぎたせいで、

二日目もおでん

今度は、里芋と牛すじを足します。

P1100802


日替わりおでん

この度は餅巾着のしばり部分を、かんぴょうでなく、ちくわでやってみたところ好評。

手間も省けてよいよい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・プルミエ・プゥッス

火曜日の西荻は、

お目当てのパン屋さんもお休み。

そんななか、前回見つけたお店 

ラ・プルミエ・プゥッスに、

パンを買いついでにランチ。

Ca3h1117


Ca3h1118

日替わりランチを選び、

グラスワインも頼みます。

グラスワイン、300円の割に期待以上に美味しいワインたっぷりだったので嬉しい

Ca3h1112


Ca3h1114


Ca3h1115


この日のワンプレート日替わりランチは、

・キャベツとソーセージのトマトブイヨンスープ

・大山鶏のフリカッセ きのこクリームソース

・ほうれん草のフリッタータ

・ペンネ、グリーンサラダ

グリーンサラダが半分を占め、こんもりした大皿に、

クリームソースのフリカッセやフリッタータがワインを進ませます

パンは籠盛りで、

なくなったところで

「おかわりはいかがですか?」と嬉しいサービス。

最初はデザートを後ほど…などと追加を考えていましたが、おかわりしていたらお腹いっぱいに。フォカッチャの塩加減が非常に美味しかった~~

会計の際に、お店入口脇のパンをピックアップしてまとめて。

Ca3h1116

朝食用に、

バゲットなどハード系パンを。

クリームチーズとクランベリーのフィグは、長男のお気に入りの組合せ。

ほかにもクロッカンをおやつ用に買いましたが、サックサクでアーモンドの香りが楽しめました。

ごちそうさまです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開運大福

お友達と西荻窪へ。

カントリーキルトマーケットで布と戯れるサイクリング旅。

ここには同じように布と戯れたい方々ですでにお店のなかは賑わっておりました。

洋服の癒しはpoefuへ。こだわりぬいたお洋服たちが端正な面持ちでそこに息をひそめ、自分を求めてくれるのを待っている…そう感じるお店です。

そんななか、

行き先を定めずに、ふいにPOPが気になり立ち寄ったお店は

Ca3h1111


おもちやさん 越後鶴屋

こういう派手なPOPがあるところは少し敬遠してしまいがちなのですが、

連れのお友達が「テレビで紹介されてたつきたてのお餅が食べられるお店」と話し、

開運大福なるPOPまで見つけ、立ち寄ることに。

P1100813


店内ではお餅がつかれている最中。

そのなか、次々に商品を作る作業も間近に見られます。

目の前のケースには漉し餡だったり、粒餡だったりの色々な大福や、お団子たち。

いちご大福も気になりましたが、

験担ぎで、

開運大福を購入。

P1100814


大ぶりなのだけれど、非常にお手頃お値段。

お味も、

関東の塩豆のしょっぱさが苦手なワタクシですが、

あっさりとした塩加減に豆の煮加減も硬すぎず柔らかすぎず、

なかの粒あん(漉し餡も選べる)も、甘さ控えめで小豆の味がよく感じられます。

こぉれはっ 美味しいっ

おそらく、ふたつは一気にいけるのでは?

西荻に行ったら立ち寄りたいお店がまたひとつ増えました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学生男子弁当

上の子は中学時代おそらく最後になるであろうお弁当。

…からといって、

気合はいれず、

あえての

いつもどおりで。

P1100812


そのほうが、きっと彼も落ち着くはず。

(…と一週間前のお話)

おかずは、

・長芋とにんじんの豚肉巻き←もう一回このあと火を入れ直し~(火が通ってない所あり)

・ちくわときゅうりの酢の物

・大学芋

・赤かぶと昆布の浅漬け

・だし巻き卵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんかつ

とんかつ。

たまに作りますが、

肉たたきのとき、

次男は

「自分の分は自分で叩くからね」

と、決まって言います。

なぜなら…

P1100809


これが普段のとんかつ。

P1100811

そして、

これが次男のとんかつ。

既にかじられていますが、

同じ皿の縁から軽~くはみ出る大きさになるまで叩かれています。

肉と衣が同じ割合なくらいまでが、彼の好みのバランスらしく、

(しかもカット済みだと食感が損なわれるので揚げたての丸のままで)

ウィーン風カツレツと同じバランス(牛じゃないし、とんかつソースだけど…)。

「食べてごらん」とお皿を差し出してくれるので、

ワタクシもかじってみました。

…うん、いいかも。

とんかつをそれほど好きではないせいかもしれませんが、

厚みが、肉>衣、より、肉≒衣のほうが、美味しく感じます。

ごちそうさまです、次男よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の木

久々に本を買いました。

(普段は図書館が本棚がわり

絵本、というより工芸品の域に達する、

インドのTARA Booksによる

「夜の木」

P1100850


日本語訳本は、タムラ堂さんが出版元となっていますが、

すべてインドで手作りされている本なのです。

なんと、紙から(驚きです)

手漉きなので、一枚一枚の表面が微妙~な違いで味わい深い。

ここに一枚ずつシルクスクリーンを施していきます。

原画がそのまま、手縫いと糊で綴じられています。

タムラ堂 http://www.tamura-do.com/

原書の制作風景  http://www.youtube.com/watch?v=om6i3enGZ8c

直にのっているから、インク独特の強い香りも特徴のひとつ。

手作り本ということで一度に出版される冊数も少なく、

P1100853


日本語訳の第四刷にもシリアルナンバーが。

Tara Booksは手刷りなので、こうしてシリアルナンバーが施されるほか、もうひとつの特徴があります。過去の刷りと混同されないよう、初版、二刷…と版毎に表紙の絵を変えているのです。

これまた魅力のひとつ。

当然ながら、本のなかの絵ひとつひとつがシルクスクリーンの作品として楽しむことはもちろん、インドにつたわる木への聖なる思いが綴られ、興味深い一冊です。

この本を知ったきっかけが、

吉祥寺OUTBOUNDの「シルクスクリーン展」でした。

Ca3h1108


最初は見るだけのつもりが、

気がつけば手にとらずにはいられない、そんな強い魅力をもつ

「夜の木」

癒しの一冊として、いつでも手にとれる場所においておこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かれいの煮付け

卵たくさんの子持ちカレイ。

たっぷりの煮汁とともにいただくと

シアワセ

P1100790


P1100791


副菜は、

・長芋ときゅうりのたんざく

・切干大根、ちくわの梅じそマヨ

こんな日は

純米酒に限ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »