« 唐揚げ 衣がたっぷりカリッと編 | トップページ | もやし団子 »

いくらの醤油漬け たどり着いた方法は…

生筋子のほぐし方、

いろいろやってきましたが。

ようやく

今シーズンはこの方法で落ち着きましたcatface

①40度くらいのお湯をたっぷりボウルに用意する。

②①のなかに筋子を入れ、割れ目をパカッと開き、親指の爪で押し出すようにしてしごいてバラしていく。白っぽくなりますが、気にしないで。あとで塩水に漬ければオレンジに戻ります。但し、真水を使うと、一貫して塩水で処理するよりやや表面固めに仕上がるようです。柔らかさにこだわるのなら塩水で。最初のお湯もやや固めに仕上がる(ワタシは気にならない程度ですが)そうなので、柔らかさにこだわるなら常温で。

P1120840

③バラけたいくらはザルにとる。

P1120842

④きれいな水をたっぷりボウルに用意し、③を入れて、残った皮をはずしていく。ザルにあげます。

⑤きれいな水でいくらの粒を5回ほどすすぐ。その後3%の塩水につけること5分。ここで色がオレンジに戻ります。

⑥ザルにあげて10分ほど水切り。

P1120844

⑦筋子300-400gに対して、醤油、みりん、酒を各大さじ2ほど合わせた漬け液を一旦、アルコールを飛ばすために沸騰させ、冷ましておく。↑割合が同率なのは、ワタシが薄味好みなものでして…。

⑧⑦液に⑤を漬け込むこと3時間で出来上がり。味が濃くなるので液にひたひたに漬け込むのは半日まで。以降は乾燥しない程度に液を減らす。

P1120845


2日くらいで食べる場合は瓶詰めにして冷蔵庫へ。

今回は半量を液を捨ててからジップロックに入れて冷凍庫へ。

P1120851

さてさて、作りたてはどうしたかと申しますと…

P1120846


P1120850


散らし寿司にいたしましたhappy01

酢飯には、れんこんやしいたけ、ごぼう、にんじんのお煮しめの残りを刻んでごまとともに混ぜいれて。

上に炒り卵といんげん(塩)、いくらをトッピング。

美味しいheart04

翌日のお弁当にも

P1120853


混ぜ寿司ONsign01

あとは、

・ゆで豚肉の塩&七味和え 青じそプラス

・かぼちゃの煮っころがし

・ブロッコリのにんにくソテー

青々としているお弁当だなぁ…

|

« 唐揚げ 衣がたっぷりカリッと編 | トップページ | もやし団子 »

おうちごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053002/62271406

この記事へのトラックバック一覧です: いくらの醤油漬け たどり着いた方法は…:

« 唐揚げ 衣がたっぷりカリッと編 | トップページ | もやし団子 »