« 堀井和子さんとのお話会 | トップページ | ”秩父のおなめ”でドリア »

ひじきの煮物 → お稲荷さん

ひじきの煮物の余りを使って、

休日お昼ごはん。

P1130291

お稲荷さんを作るときの油揚げの煮物。

テレビや本で見るような、優しく煮るのではなく。

うちでは卵焼きパンでぐつぐつ、煮詰める感じ。

最初は広げて重ねていますが、煮汁が少なくなってくるとある程度味は染みているわけでして、よって、たたんで寄せて…ぎゅぅぎゅぅ。

P1130297


酢飯に白ごまと、刻んだひじきの煮物を混ぜ込み、冷めた油揚げに詰め込みます。

P1130292


P1130293


手荒な煮方ですが、手早く済ませたいお昼ご飯なんぞは

「美味しければいい」と、

このくらいで充分。

同じく余りの豚こま肉を使って、

白菜、ねぎの餡掛け。

あとは、前日鶏ハムを作ったので、そのときの茹で汁をつかったおすまし。

すべてありもので…

充分。

お腹いっぱいconfident

|

« 堀井和子さんとのお話会 | トップページ | ”秩父のおなめ”でドリア »

おうちごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053002/62728250

この記事へのトラックバック一覧です: ひじきの煮物 → お稲荷さん:

« 堀井和子さんとのお話会 | トップページ | ”秩父のおなめ”でドリア »