« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

さる

P1130494


いた。

P1130495


「…

なに考えてンだ?

P1130496


「よぉ、そろそろ出番だってヨ」

P1130497


「来年のバレンタイン、めちゃくちゃ期待していいよね

「え、そこモテ期じゃないし。 干支なだけだし。」

来年も

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キムチもつ鍋

日が落ちると

ぐぐっと寒くなりますね。

とはいえ、暖冬。

まだ10℃をきるという寒さにまではなっておらず、

子どもたちが帰ってくるまでは

暖房も入れず首にマフラーを巻いて我慢しております。

こういう日にはもつ鍋に限る。

いつもは

醤油ベース

味噌ベース

その二択なのですが、

今回はキムチとコチュジャンで。

P1130493


〆はラーメンだな、とわざわざ乾麺を購入していたのですが。

野菜を入れすぎてお腹いっぱいになり、たどり着けなかった…

美味しかった~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佃玉

昆布大使を今年やっていたので

モニターとして色々いただいたりしたのですが、

なかでも

見た目が斬新でおにぎりに活用した

佃真の

佃玉

P1130444

ソフトタブレット状になっているので、

そのまま口に含んで旨みを楽しんでもよし、

ご飯に埋め込んでおにぎりにするのもよし、

お茶漬けでふやかすのもよし。

形状がとにかく斬新。

ちょっとしたギフトにもよろこんぶ…

(あ、いっちゃった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩麹豚

豚ロース肉を塩麹に漬けると、

驚く程の肉の甘味が出てくるので大好物な次男とワタクシ

(長男は若干この味付けワンパターンに食傷気味)

P1130438


この日も筋切り後に、塩麹をぬりつけ冷蔵庫に放置。

その後室温に戻してグリルで焼くだけの簡単さ。

添えは、

・さつまいものマッシュポテト

・ほうれん草とえのきだけのバターソテー

・トマト

ほうれん草バターが非常に気に入ったらしく

「おかわりないの?」と聞いてくる次男をみて

そういえば作ったこと年にあるかないかくらい?と思い返してみる。

簡単でおいしいのになんで作らないんだろ…とあらためて考えてみると…

バターを切り出すときのナイフの始末…というものすごく怠惰な理由。

他にも洗い物があるのにね…

ものぐさだ…

今度からほうれん草をたくさん買ったときには作ってあげようっと。

翌日のお弁当。

食傷気味といった長男へのお弁当に、ちゃんと朝焼いた塩麹豚を入れておく。

甘味が苦手らしいので、黒胡椒をたっぷりとふって。

P1130439


焼きネギもつけて、焼き鳥やさんで出される豚ロース風に演出。

あとは、

・小松菜と豆腐のナムル

・さつまいものマッシュポテト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オステリアエンメ

いつ行っても美味しくって

接客もあたたかくって

居心地のいいお店。

オステリアエンメ。

お野菜たっぷりのサラダをいただき、

(写真とりそびれです…柿のような色のカブが彩よく)

パスタかピザがその日のメニューから選べるAランチで。

せっかくなのでスプマンテもグラスでいただきます。

(お友達がクーポンをみつけ活用)

P1130485


P1130487



シェアしようね、と各々でピザとパスタをオーダー。

・ツナとケイパー、ブロッコリーのピッツァ

・お野菜たっぷりパスタ

ぱりっとしてもちっとした薄いピザ生地に、いい塩梅のトッピング。

スプマンテを流し込みつついただきます。

パスタのお野菜はかぶの葉っぱやラディッシュ、白菜。

この食材にパスタの組み合わせは初だけれど、トマトソースによく合う~

しかもお野菜のシャキシャキ感がほどよくて、くったりしていないところが絶妙

こちらのお店のトマトソースがホントに好きで、パスタを選ぶとき、たまには違うもの、と選んでしまうのですが、また戻ってしまうくらい。

P1130488


P1130490


デザートはドリンクに合わせて

別オーダー。

セミフレッドと

ホワイトチョコとエスプレッソのムース(冬限定)。

シェアできるよう、二つのピース分けしてくださっている心遣いも嬉しい

最後までゆったり楽しく、

おいしいひとときをありがとうございます。

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にゅーっ する する する

子どもはとっくのとうに大きくなり、

絵本を目にすることもなくなりました。

大人のワタシはというと、

あいもかわらず、絵本で気になるものがあれば目にしています。

久々に見かけて

つい借りてしまった絵本。

P1130440


長 新太さんの

「にゅーっ する する する」

長新太さんやミロコマチコさんの筆の力強さが好きです。

この絵本、あらためて読んでみると、

あまりにシュールすぎる展開。

年少向けの出版で、トラウマになりやしないかと大人は危ぶんでしまうのですが、

単純にこういう展開、楽しいでしょうね、子どもは。

奇想天外なところに。

こういうのを書いてしまう長さんの凄さにも感服。

ほかの絵本も、読み返してみたくなりました。

ちなみに、

中学生男子に読み聞かせると、

やはり彼もその展開のスゴさに絶句。

そのリアクション、大人になったってことなのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久保田食堂

子どもが未就学児の頃からのお付き合いの方たちと忘年会。

行ってみたかった久保田食堂@石神井公園へ。

お店がビルのなかにあるとあって、探しまくりました。

落ち着いてみれば、ちゃんとビルの入口に看板が。

エレベーターで三階に昇れば、

正面にスパイスドールがお出迎え。

行く手を手でご案内。

P1130446

そのとおりに右に曲がってゆけば…

白い壁にオレンジ。

ポップな店構え。
P1130447

コースに飲み放題をつけて、

存分に飲みおしゃべりを楽しむメンバー。

思い出すのは、

午前保育の日によく持ち寄りランチをしていたこと。

持ち寄り一品に、飲みたいものを持っていらして…というのがルール。

でしたが、皆さん、美味しい手作りのお料理と、ボトルワイン一本。

今思えばすごいよね…昼からひとり一本持参ってのも。

飲む気満々なんだよね。

パクチーが誰かしらの料理にたっぷり入って、飲み助モード全開だし。

(メンバー内での認識では、パクチー好き=飲み助)

さてさて、

そんな食いしん坊なメンバーが美味しいね~と満喫したお料理。

P1130448


まずお料理が出てくるまで、最初にセットしてあったサンドを。

乾杯とともに。

P1130449


ワラサと洋梨のカルパッチョ。

よく熟れた梨の甘味と酸味が、ほどよい脂身の魚とよく合います。

P1130450


フリッタータとソーセージ。

前菜で一気に一杯が空になってしまうのでは?と危ぶむけれど、飲み放題だから心配なし。

P1130451


キャベツや、かぶ、きのこなどいろんな食材のマリネ。

そうです、そうです。

サワーなものが欠かせませんね。

たっぷりこだわり野菜をいただきます

(久保田食堂は、野菜イタリアンとなうっているだけあり、こだわり強し)

P1130452


こちらはマコモダケのグリーンサラダ。

トマトは濃い黒赤のトスカーナバイオレット。

白いのがマコモダケ。

お初にお目にかかります、で最初耳にしたとき

「へ?ダケ?きのこ??」と思いましたが、

食感シャキシャキで、

「いや、きのこじゃなくて、ダケって、竹?」

とまた考える。

正解は、イネ科の茎の部分。

ほほぉ…

ここだから出会える食材ですね。

P1130453P1130454

ピッツァ二種。

ひとつは

石神井のカブとアンチョビのピッツァ。

あともう一種は…メモしそびれました。

この頃にはもう何杯目かのワインに入っておりまして…(釈明)

P1130457


パスタは銘々皿に。

ちぢみほうれん草と桜えびのパスタ。

オイル系ですが、生クリームを使っているのかクリーミィでまたロゼも進む。

P1130458


こんなにしっとりなローストチキンって初めて

じゅわっと鶏の旨みが染み出てきます。

素揚げの新じゃがも艶やかな仕上がり。

P1130459


デザートは、

なんと長芋の入ったエンジェルプリン。

どこまでもお野菜にこだわりあり、の久保田食堂です。

舌にどこまでも滑らかに広がりまとわりつくプリン。

教えていただかなければ、長芋とは気づきませんでした。

舌触りは確かにほかではみないねっとりさ加減。

最初から最後まで美味しくて、

おしゃべりも楽しくて、

時間になるとさっと上がる小気味よいお付き合いの人たち。

これからも長きお付き合いのほど、

よろしくお願い申し上げます。

久保田食堂さん、

ごちそうさまでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスイブに中華ですが、何か?

23日にクリスマスご飯を食べたので、

翌24日は通常メニューに戻ります

…とはいえ、

帰宅した長男が

「今日はイブだけど、ご飯はなに?」とプレッシャーをかけてくるので、

とりあえず、色味だけでも赤と緑を使ってメリークリスマス

P1130481


P1130482


・鶏胸肉と長芋、赤ピーマンの炒めもの

…にんにくとナンプラーで下味付けの鶏肉に片栗粉をまぶして揚げ、野菜と一緒に、

オイスターソース・豆板醤・砂糖・ナンプラー・紹興酒・生姜・ごま油で調味。

・鶏胸肉と紫キャベツの春雨サラダ

…酒をふって蒸した肉を割いて、野菜・春雨と合わせ、ポン酢+レモン+ごま油+鶏の汁を合わせたもので和える。トッピングはひまわりの種。

・ブロッコリーのにんにく炒め

…下蒸ししたブロッコリをにんにくとごま油で炒め、軽く塩をふっただけ。

春雨サラダ、色が寂しいわりには一番美味しかった

ちなみにこの日の朝は、

前日の残り物を使ってお弁当に。

P1130479


クリスマスっぽくない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスご飯

「今日は在宅率高いですね」

配送の方のお話。

そうね、この日はクリスマス直前唯一の休日。

我が家もクリスマスご飯。

P1130465


P1130463


チキンレッグは裏を骨にそって切り開き、

塩胡椒をふっておきます。

次に、にんにくのすりおろしとレモン汁、オリーブオイル、ローズマリーを入れたジップロックでモミモミして数時間放っておきます。

あとはオーブン220度で35分ほど焼いて出来上がり。

(切り込みを入れることで、火が通りやすいだけでなく、丸く小さく仕上がるのを防止)

副菜は、

・サラダ

・いわしのトマト煮缶を使ったパスタ

・かぼちゃとレッドキドニーのヨーグルトサラダ

・にんじんのポタージュ

サラダのグリーン数種とラディッシュは、近くの農家直売で当日購入。

やはりクリスマスだからか、ロッカーに入れてもどんどんはけていくらしいです

トッピングはひまわりの種(富澤で売っているおつまみ系)。

にんじんのポタージュはレンジを駆使して時短。

とろみ付けはちょこっとご飯も一緒にミキサーにかけること

量は控えめに作ったつもりが、色々口にしていると結構お腹が張ってきます…。

最後にケーキ。

P1130475


いちごのケーキ。

極々シンプルな作り。

台は朝のうちに焼き、ビニールをかぶせてしっとりキープ。

デコの生クリームは1パックだとかなりギリ。

皆さんは2パック購入されているのかしら…?

だんだん大きくなってくる子達、リアクションも以前ほど大きいものではないけれど、

これも成長してきたってことで喜ばしいと捉えるべきなのね。

クリスマスツリーも以前のようにチカチカ点灯はなし。

P1130443


今年は

パッチワークで作ったクリスマスボールと、

鳥一羽が新たに加わりました。

P1130441


色が馴染み過ぎで、

新入りっぽくみえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワラサの漬け

ひとりで美味しく食べてしまったワラサの漬け。

今度は家族分作って食べてもらおうと魚コーナーへ。

あった、あったお刺身用のワラサが。

みりんとお砂糖にちょっとお水を足してからレンジで加熱し、アルコール分をしっかり飛ばします。あとはすりおろし生姜、醤油を加えて混ぜ混ぜ。すりごまもたっぷり加えたら、短冊にカットしたワラサを加えてひたすら待つこと数時間。時折底から返すようにして混ぜることも忘れず…

とろっとした漬けの出来上がり

P1130436


P1130437


ご飯がどんどこ進みます。

副菜は、

・里芋のおなめ煮(※埼玉のおかず味噌)

・小松菜とにんじんのさっと煮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャプチェ

韓国春雨をスーパーで探していたときのこと。

見つけた国産のさつまいも春雨が、まんま韓国春雨に酷似。

でんぷんで出来ているのだから、酷似というより一緒ですね。

それを購入し、

チャプチェを作ります。

P1130429


久々だとまた一段と格別

調味料(砂糖・みりん・ナンプラー・塩・酒)で味付けした後、最後に生のすりおろしにんにくとごま油、すりごまを加えると、ぐぐっとそれらしく仕上がります。

P1130430


副菜は、

・春菊と豆腐のナムル

・えのきだけと大根おろしのポン酢和え

翌日のお弁当は、

もちろんチャプチェ。

P1130431


・チャプチェ

・出汁巻き卵

・ほうれん草のおかか醤油和え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワラサしゃぶしゃぶ

ぶりが成長魚だという、ワラサ。

脂身よりも赤身の強いお魚。

お刺身用のサクを薄く切り、

しゃぶしゃぶにします

P1130424


P1130425


P1130427

お出しには、しょうがもたっぷり入れて。

青魚独特の臭みが出ないようにします。



P1130428


脂身が少ない分、ある程度しっかり熱を通したほうが青臭さがなくていい。

弾力も出て食感も楽しい。

たっぷりのざくざくおろした大根と七味を絡めたポン酢でいただきます。

美味しいな~~~~

〆にしようとしたら、かなりお腹いっぱいになったらしくギブアップ。

翌朝雑炊にしました。

残ったワラサは漬けにして翌日のお昼、ワタクシのお腹におさめました

ちょっと甘めにすると美味しい~~~

こりゃいかん。

後日、家族にも漬けを作って食べさせねば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘアターバン

髪がどんどん短くなっていく。

結ぶのが当たり前だった頃を思い出すと、

数十センチ単位で。

この間もパーマして、カットして…としていたら、

ついに結ぶには襟足の髪が足りませーん状態に。

それでも今日は結ぶ気分なんだよーーーー

て日には。

ヘアターバン。

便利です。つけるだけで襟足もすっきり。

中高年の頭頂部もこんもりボリュームUP。

ちょうどよい端切れを見つけると手に取らずにはいられない。

買っちゃいました。

縫っちゃいました。

P1130445


この頃、ショップで買ってもサイズが合わず、

だんだん痛いな~となってくる。

皆さん小頭なのね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスツリー

一週間前にしてようやく引っ張り出したクリスマスツリー。

昔のようにツリーは?などと待ち望む声が聞こえなくなったからかな…

それでも今年の新入りだけは準備しておいた。

P1130441


茶色のフクロウ。

やはりPUEBCOで。

P1130443


諸先輩方をたてるべく、地味に加入。

次男も気づかないほど。

最古参の茶色シルク鳥は今年もビーズがポロポロ抜け落ちております。

二番目の白フクロウは現役ばりばりで、トップを飾り、会長が一歩下がってる様子。

上下関係がよく分かる、社会の縮図、意外とシリアスなツリー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

れんこん鶏つくねの柚子胡椒味

P1130421


先日のれんこんの挟み揚げによく似ていますが、

違います。

柚子胡椒味の鶏つくねの片面に薄く切ったれんこんを粉ではりつけて揚げたもの。

これがご飯と相性ピッタリな美味しさ

P1130422


副菜は、

・ブロッコリーといんげんの辛子醤油和え

・赤かぶの甘酢漬け

鶏の色が地味な分、野菜は鮮やかな彩りで

翌日のお弁当は、

P1130423


・れんこん鶏つくねの柚子胡椒味

・いんげんの辛子醤油和え

・かぼちゃの煮っころがし

・赤かぶの甘酢漬け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もつ煮込み

夜のツンとした寒さに、

煮込みはどうして合うのでしょう。

単に温かいから、という理由だけではないと思います。

冬の根菜の甘味がとろけ出す美味しさからかな~

P1130419


この日のもつ煮込みは醤油ベースで。

冬は味噌のほうがよかったかも。

でもあっさりも美味しい

他には

枝豆(冷凍)や、冷奴…

飲み屋のメニューね…

「冷奴の気分じゃない」とばっさり子どもに言われました。

冬だもんね。

でも、

「いいじゃないか~」

と軽く受け流し、くくっとワインを流し込むワタクシなのでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスキャンディボックス

月イチ パッチワークの会

前回から手がけていた

クリスマスキャンディボックス。

ようやく出来上がり

P1130410


明るいトーンより寒色系が好きなので、こんな仕上がりに。

P1130408

P1130405

使わないときは広げて。

裏はこんな生地で。

この柄ならクリスマスに限らず冬場はずっと使えるかな…?

すぐに人に送ったので、

もうひとつ自宅用に作ります。

今度はカラフルでポップなクリスマスのイメージ。

P1130435

P1130432_2


P1130433_2








先に作ったものより、パキッとしたクリーンな緑・赤・白。

裏はお気に入りのレタリング柄。

ひとつめより、慣れたせいかさくさく作業は進み、

布や綿をカットするときに使ったはさみにふと目をやると…

P1130412


大中小、様々な刃をもつのが同じ角度。

置く癖があるのね

几帳面に並べないところは、ま、性格ってことで。

綿を切るものは、通常紙を切るハサミで(でもお気に入りの紙バサミはここでは使わない)。

布を裁つハサミは小中学生あたりから使っているもの?(覚えてな~い)

糸きりバサミは、ここ数年で買い足したお気に入り。(安くてよく働く)

ひとつめの仕上げあたりからは自宅で制作。

それまでは、

綿と布を縫いとめる作業を楽しみつつ、おしゃべりを皆さんと楽しむ。

おやつの時間も

P1130407_2

さくっとしたおせんべいと、

ハスカップのゼリーが挟み込まれたお菓子。

想像に反して、縁の部分がカリカリしている。

食感が三つ楽しめる北海道のお菓子。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑前煮

このところ

鶏肉ばかりを多用中。

別にまとめ買いしたわけでもなく、

その都度買っているのですけれど…ね。

食べたい気分なのかしらね。

(買った当人が他人事)

P1130401


焼いたり揚げたりが多かったので、

筑前煮。

じんわりくる旨み。

野菜にも味が染みて美味しい

副菜も合わせて優しいお味に。

・だし巻き卵

・きゅうりと昆布の浅漬け

翌日のお弁当は、

筑前煮のこんにゃくだけを水分を飛ばして入れます。

P1130411


・卵とたけのこのオイスター炒め

・煮こんにゃく(筑前煮の残り)

・スナップエンドウの黒胡椒炒め

・たらの天ぷら カレー塩

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤンニョムチキン

「手羽元を買ったんだけど…」

どう調理しようか迷ってましたが、

「あの辛いヤツ

と、またもや次男よりリクエスト。

ヤンニョムチキン。

毎度ながらネットで合わせ調味料の割合を検索。

P1130417

甘くもあるけど、辛い

やはりやみつきになるのも分かるな~~

美味しいです。

手が汚れますが、ここは気にせず手にとってかぶりつきたい。

副菜は、

P1130418

・ブロッコリーの辛子醤油和え

・焼き芋(買ってきたものを素揚げ)

・春雨サラダ

春雨サラダは、ポン酢とポッカレモン、ごま油を合わせたもの。あとはすりごまをたっぷり~

ドレッシングを使わなくたって簡単で美味しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

揚げ鶏のねぎダレ

P1130397


P1130398


下味(ナンプラーとしょうがすりおろし、酒)付けをした、切り開き済のもも肉に、

溶き卵→片栗粉の順にからめていき、時折フライ返しでプレスしつつ揚げ焼き。

あとはざくざくとカットして、

みりん・醤油・砂糖・酒・酢を煮立たせて、みじん切りの長ねぎ・生姜を合わせたタレをまわしかけて出来上がり。

お酢の味でさっぱり。

キャベツを下にしいているので、そこにもかかって、キャベツを噛むたび甘みを強く感じます。

なんじゃこりゃな真紅と深緑の迷彩柄っぽいプチトマト、ブラッディタイガーを見つけたので、買ってみたけれど子どもたちには不評。

青みのある味に慣れていないみたい。

昔のトマトはこんな野性味ある食感と味だったんだけどな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

れんこんのはさみ揚げ

このところ

れんこん好きにはたまらないほどの安値が続いている。

きんぴらにしたり、

すりおろして団子に加えたり、

酢の物にしたり。

そして、

好物のはさみ揚げにする

P1130395


もちろんタレは甘めにして。

副菜は、

・長ひじきといんげん、にんじんのきんぴら

・ブロッコリーの梅和え

P1130396


うっかりブロッコリーを冷蔵庫に2-3日放置。

お花が開きそうだ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校生男子弁当

翌朝に主菜がなんにも残らなかった日のお弁当。

冷凍していたカット済鶏肉を解凍。

味噌、みりん、醤油、しょうがすりおろしを揉み込んで焼くだけ。

P1130380


大抵、そういうときは中に火が通る前に焦げ付きやすいので、

水を加えて茹でつつ水分を飛ばしながら味を染み込ませるパターンでいくと失敗がない。

・鶏もも肉の味噌焼き

・スナップエンドウの海苔醤油

・かぼちゃの煮っ転がし

・赤かぶの甘酢漬け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじのなめろう

”なめろう”がものすごく美味しいことに

ようやく気づいた子どもたち。

むか~し作ったときはそれほどいい反応なかったのにね。

いわしやあじがあると聞くと、

「あの叩いたやつ、できる?」とリクエスト。

P1130391


これで、ご飯が軽く一杯はいけるらしい。

P1130392


副菜は

・焼きナス

・じゃがいもといんげんの煮物

そして、

いまだ青魚の生が苦手な大人男子には、

P1130393


あじフライ。

ざる盛りで5-6匹買うと、

4-5匹をなめろうに、

1匹はフライに。

…の割合。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉炒め

P1130381


P1130382


豚こま肉を使って、

ざざっと炒める。

しょうがに、みりんと醤油、塩、胡椒。

玉ねぎ薄切り、にんじんはひたすら千切り。

味はちょい濃いめになったので、慌ててキャベツの千切りをたっぷり添えて。

副菜は、ごぼうのサラダ。

マヨネーズと鶏がらスープの素、胡椒で味をつけるのだけれど、

ごぼうと調味料がどうも馴染みにくい。

なので、今回は水切りした豆腐をもろもろにして調味料を混ぜ、そこにごぼうを和えてみたら…馴染んだ

次回からはこれだな

翌日のお弁当は、

P1130384


・肉炒め

・さつまいものマッシュ

・ブロッコリの辛子醤油和え

・ごぼうサラダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さば団子のお弁当

お弁当に

さば団子。

臭わないか、ちょっと心配になりますが…

大丈夫です。

生姜とクミンシード、カレー粉を加えてスパイシーな香りならいたします

繋ぎは片栗粉と卵。

調味料はスパイスのほかに、塩と胡椒。そして、ねぎの小口切り。

あとは混ぜ合わせて、丸めたら粉をはたいて揚げるだけ。

P1130379_2


・ほうれん草の白和え

・さば団子

・海苔巻き卵焼き

・れんこんのピリ辛きんぴら

いつものように、前日の晩ごはんのおかずを最大限に利用。

こんな感じの夕食でした。

P1130377


P1130378

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさりとじゃがいも

うちの子達、

あさりといえば、この料理が一番好きらしい。

彼らにとっては

にんにくとローズマリーの香り、あさりの旨みを吸ったじゃがいもが主役扱い。

P1130375


あさりは先に白ワインで蒸し焼きにして取り出し、

汁の残ったフライパンに、にんにくとローズマリー、(レンジで)下蒸ししたじゃがいもを加え、オリーブオイルを回し入れて、あさりの旨みをしっかりじゃがいもに吸わせます。水分がなくなり焼き色がつきかけたところであさりを戻し、ざっくり混ぜ合わせて出来上がり。

副菜は、

P1130376


・カリフラワーといんげんのカレー醤油味

カレー粉と出汁醤油、みりんで味付けしただけで、カリフラワーの甘味がひきたち美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せんべい汁

青森のせんべい鍋、

お初でいただきます

P1130372


お揚げとせんべいがぷかぷかと浮き、他が隠れていますが…

P1130368

P1130370

セットのなかに、材料すべて入っておりますよ

青森シャモロックのもも肉、つくね肉。

ごぼう、にんじん、しいたけなどのカット野菜。

木綿豆腐。

大判お揚げ。

スープ。

そして、なくてはならない、せんべい。

見た目おやつ用南部せんべいですが、

おつゆ用せんべい、といって汁気に負けない食感をキープする特別仕様。

P1130371

レシピもあり、初めて、みたことないお料理でも安心

オススメ通り、白菜も足してみました。

P1130373


慣れ親しんだ西日本の味から、初めて関東の味に触れたとき「濃い」と驚いたくらいのワタクシ。

東北はさらに濃いのでは??と危惧しておりましたが、

なんのその。

地鶏のおだしがよくきいた、あっさり塩とお醤油の味。

例えるならお雑煮のときのお味なくらい?

その旨みをたっぷり吸ったのに、弾力が消えないせんべいの食感にも驚き。

てっきりむにゃむちゃ、どろり…と思ってたものですから…

これは絶品鍋です

「せんべい、旨っ」と子どもたちも大喜び。

また食べた~~~いとすぐにでも思ってしまうところがスゴイのです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ORIDO

吉祥寺と西荻窪を線で結び、そこから北へ等辺三角形を作るように点をつけたところに東京女子大があります。

そこからすぐ近くのところにある、

ORIDOというお店。

P1130325

P1130324




ランチやスイーツが楽しめるこじんまりしたカワイイお店。

デリのお持ち帰りもできるそう。

吉祥寺経由西荻窪行きの途中に立ち寄りました。

P1130322


この日は、季節ものと聞き、柿のタルトを注文。

こちらのお店のタルトの特長は、

見た目にはわかりにくいのですが、

「新鮮なぬかを使っているんです。」

と、驚きの発言。

ぬか、と聞くとまず匂いが気になるところなのですが、

それは時間が経ち発酵したもの。

精米したて、出来立てほやほやのぬかを使うとその印象はまったくなく、

食物繊維豊富で全粒粉を使ったときと同じぷちぷちとした食感となるのだそう。

「あちらのおかげです。」

お店の方の指差す先にはお米屋さん。

向かいにお米屋さんがあるからできること。

なんと、なんと…。

あらためまして、食感を楽しむワタクシ。

飲み物はポットサービスとなるハーブティーにいたしました。

P1130323


P1130321

カウンターには

手作りのシロップの瓶がズラリ。

こちらも一度試してみたい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏の唐揚げ

鶏の唐揚げのときの副産物。

それは

①鶏皮

②溶き卵

①は塩をふったら、グリルでカリッとするまで焼いて、調理バサミで適当な大きさにカット。

子どもたちの大好物なので、ワタシの口にはちょこっとしか入りません。

②は、下味付けをした後絡ませるときに使用し、そのとき余って瓶に入れるのですが、大抵翌朝には数個足して、卵焼きにいたします。

P1130328

この日は、

マカロニサラダが食べたくて、

こってりな、食卓。

翌朝のお弁当は、もちろん転用。

P1130330

・鶏の唐揚げ

・マカロニサラダ

・酢ばす

・スナップえんどうとえのきだけの炒めもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじフライ

ふっくら太ったあじを見て、

パン粉で包まれたフライを想像しませんか

ワタシは、します

そうして、

迷わず作ります

P1130333


甘いキャベツの千切りにマヨネーズをちょこっとつけたあじと一緒にいただくと、

ものすご~~く美味しい

ひととおり楽しんだら、

甘いかぼちゃと玉ねぎのお味噌汁をすすり、

あつあつのお豆腐にポン酢をたらしていただく。

P1130335


冬の食卓のシアワセここにあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚ロース肉のネギま いろいろ野菜のフライ

とんかつ用の豚ロース肉。

とんかつの他に、ソテーにしたりの他に、カットして串焼きにしたりもできて便利。

P1130305

この日は

子どもとワタシだけの夕御飯だったので、
居酒屋風メニューで盛り皿に。

豚ロース肉を使ったネギまは、シンプルに塩。

フライパンで焼きます。

ちぎったキャベツは、前日作ったきゅうりのQちゃんの漬け汁にお酢をさらに足してのアレンジノンオイルドレッシングを和えて、博多居酒屋風に。

またもや、「おかわりプリーズ」で何度もキャベツを洗ってちぎるの繰り返し作業に。

P1130306


以前、吉祥寺のピッツェリアで食べたいろいろ野菜のフライが美味しかったのでまねっこ

なす、パプリカ、さつまいもを使って。

さつまいもはレンジで下蒸ししてから。

粉をはたいて、塩とクミンシードを入れた水溶き天ぷら粉にくぐらせて揚げます。

やっぱり美味しいな

揚げたてのうちが、さくっ、とろっ(なす)として美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さばのマヨチーズ焼き

さばがお手頃プライスなので、

なに作ろうか悩んだときに、つい手にとります

P1130302


・さばのマヨチーズ焼き

あらかじめ塩を軽くふっておき、そのあと水分をとったらマヨネーズを塗り、ピザチーズをたっぷりとのせてグリルで焼きます。

ポテトサラダは久々にりんごもプラス。

サクサクして美味しい

P1130303


冬だというのに、なぜかきゅうりも安かったので、大量買いして

きゅうりのQちゃん作り。

ちょこっとお皿にのせてご飯のおともに。

…けれど、やっぱり「おかわりプリーズ」でものすごい速さでなくなっていく。

たっぷり作りたい気もするけれど、漬け込む汁に使う醤油が多くてその後の利用に困ってしまう。…捨てるのももったいないし。

なのでせいぜい一回に6本分くらいどまりかな。

ちなみに…漬け汁のその後の行方ですが。

お酢をさらにプラスして(元々にも入れてありますが)、キャベツをちぎったものに軽く和えていただきます。

博多の焼き鳥やさんに添えられるぱりぱりキャベツのような味。

キャベツの甘みをより強く感じられて美味しいらしく、ものすごい勢いで次男が食べています。もちろんこちらも「おかわりプリーズ」

たくさん食べられるのはいいことだわ

翌日のお弁当。

P1130304


・りんご入りポテトサラダ+プチトマト+レタス

・揚げさば団子

・卵焼き

生さばは骨と皮をのぞき、たたいておきます。

おろし生姜、塩、ナンプラー、クミンシード、カレー粉を入れて練りあげ、みじん切りの加熱済玉ねぎ、溶き卵、片栗粉をつなぎに足して、油で揚げるだけ。

美味しいですよん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽元と卵のさっぱり煮

みりん、醤油、砂糖、酒、生姜はいつもの煮込みの配分で。

ここにお酢を入れたのがさっぱり煮。

揚げ物やボリュームたっぷりのおかずが続いたときに

食べたくなる味。

P1130298

下茹でした大根と、手羽元を圧力鍋で一気に味を染み込ませます。

あとは水分を飛ばしつつ、追加したゆで卵にも味を含ませていきます。

お酢と圧力鍋効果、もうホロホロに崩れる寸前。

P1130299


添えは、

・ブロッコリーとキャベツの辛子醤油和え

ピリリとしてこれまたさっぱり。

翌日のお弁当は、

P1130300


・ほうれん草の白和え

・キャベツとブロッコリーの辛子醤油和え

・手羽元のさっぱり煮と油揚げ+煮玉子

・煮大根を焼いたもの

前夜の手羽元はほぐして、油揚げとともにちょっと濃い目に味付けしなおします。

大根はごま油で焼いて水分を飛ばしておきます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

”秩父のおなめ”でドリア

”秩父のおなめ”という、

おかず味噌をいただきました

ご飯にそのままのせていただくのが美味しいのですが、

ナスや生姜の入ったお味噌を使って、

和風ホワイトソースを作ります。

で、ドリア

P1130294


P1130295


オリーブオイルでしっかり焼き込んだナスの輪切りとベーコン、トマトが、ご飯の上にのせてあります。

その上に、味噌ホワイトソース、ピザチーズ、粉チーズ。

オーブンで焼くこと12分。

こんがりいい香り

P1130296


ボリュームたっぷり

ごちそうさまでーす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »