« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

手羽元のグリル焼き

普段は、

もっぱらお魚や野菜、鶏もも肉を焼くのに使用しているコンロのグリル。

今回はゴロンとした手羽元を焼いてみることに。

中まで火が通りやすいよう、切り目を入れてちょっと広げてみます。

塩、すりおろしにんにく、胡椒、ローズマリー、オリーブオイルを混ぜたものをビニール袋のなかでお肉に揉み込み、しばらく放置。

あとはグリルにおまかせ。

ほんの9分で焼けました

P1130902


P1130903

短時間なのに

こんがり、

中身はプリッとジューシー。

やはりグリルってすごい

P1130905

添えは、

・トマト

・粉ふきいも

・キャベツやきゅうり、にんじんのあっさり漬け風サラダ(青じそがポイント)

粉ふきいもって、小学校の家庭科で習ったんだよね~と子どもたちに話していたら

キョトン。

そうだった。

いまどきの子達の家庭科は、ジャーマンポテトでしたね。

こじゃれているよ

翌日のお弁当は、

あっさり漬け風サラダを転用。

P1130906


・キャベツやにんじん、きゅうりのあっさり漬け風サラダ

・マッシュポテト

・豚ロース肉と長ネギの塩山椒焼き

・厚揚げとひじきの煮物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しくふたつの男子弁当

我が家には中学生男子と高校生男子がいます。

お揃いの二段弁当箱がふたつ。

簡単に洗えるものが面倒くさがりやのワタシにはピッタリなので、

いまどきのカチャッとサイドで留め具がついているものはまず避けて、

シンプルな蓋、シンプルな容器が一番。

すると、意外にその手が少なく、結果、意図せずお揃いになってしまいました。

P1130900

この日は、

中学生男子が外へ、

高校生男子は家で食べるということもあり、

(母はお出かけしてくるため)

ごはん用の弁当箱はひとつでOK。

おかずは

・炒めなます(前日のがいい塩梅で味が染みておりさらに旨味UP)

・出し卵焼き

・ウインナー、コロッケ(冷凍ストックしています)

・ひじきとかぼちゃ、厚揚げの煮物

なんか、よくスーパーのお弁当で見かけるようなラインナップですが、

一応手作りです。ウインナー以外。

小さなこだわりですが、これくらいは頑固に押し通させてくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごま鯵

ごま鯖が大好きなのですが、

鯖の生がこちらではいただけないので

鯵や鰯で作っています

今回は鯵。

下処理をなんとか楽チンにできないものか…とYouTubeで検索。

皮のはぎ方、恐ろしいほどに大胆で楽な方法を発見し、

ひとりコーフンしつつ、5尾の皮剥ぎをしておりました

その後三枚におろすときには相変わらずのどヘタぶりでして…

骨についた勿体ない部分は、余すところなく包丁でそいで一緒に混ぜ込みます。

P1130898


漬けタレは、醤油・みりん・酒・砂糖・しょうがのすりおろし汁。

アルコール分は最初に煮切ってから、醤油等を加えて混ぜます。

あとは冷まして、厚めに切った鯵を漬けておくだけ。

ほんの1時間ほどで完成。

すりごまと青じそをたっぷり絡めてできあがりです

ごはんと一緒にいただくと美味しい~~~とまらない~~~

普段夜にごはんを食べると胃もたれするからと摂らないこの頃ですが、

この時ばかりは避けて通れなかった…

翌朝、例にもれず胃もたれ…。キツイ。

P1130899


副菜は、

・炒めなます

ほんのちょっとの酢とごま油でこんなにも美味しくたっぷり根菜類がいただける。

普通の炒め煮よりもオススメな一品おかずです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビーフン

ビーフンって、

大好きだけれど

なかなか家でやらないメニュー。

きっと、

このビーフンの麺自体を一度使い切ると、次必要な…もしくは目に入ったときにくらいしか購入しないからなのね…と自己分析。

業務スーパーで大袋を見つけ、いそいそ購入。

おそらく半年くらいは作ってないかも?

P1130894


大袋を買ったわりに、

具の割合のほうが多いという結果に。

おかしいなぁ…

半分は使ったんだけどね

しょうがはたっぷり刻んでコショウがわりに。

あとは豚肉、筍、長ネギ、にんじん、生きくらげ、干ししいたけ、もやし、ピーマン。

調味は、

鶏がらスープの素、あさりのダシダ、ナンプラー、ゴマ油。

美味しいねぇ~~~やはりビーフン、好きだなぁ

ビーフン自体はちょっとぶちぶち切れてしまいますが、具沢山なので翌日のお弁当にも…

と、とりあえず翌日味見してみたら思ったよりブツ切れになってなくてホッとしました。

弾力が残ってます。

これならいける

P1130897


・ビーフン

・海苔巻き卵

・きんぴらごぼう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かきフライ

いくら寝ても疲れがとれない、

そんなときについ手にとるのが牡蠣。

この時期、生でいただけるふっくらした生牡蠣が手に入りますが、

カキフライにします。

これなら万一火が完全に通らなくても生食用だから安心。

P1130892


タルタルは以前ネットで調べた、レンジで簡単に作れるレシピで。

もしゃもしゃ食べて、疲労回復をねらおーー

P1130893


副菜は、

・きゃべつの千切り&トマト

・きんぴらごぼう

・焼き芋

スーパーでハズレなしの焼き芋が食べられるなんてシアワセ

おやつでも食べますが、

夕食のおかず…というか、デザート感覚でつけてしまいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クランブルバー

P1130885


久々に作ってみたお菓子。

下はプレーンのパウンドケーキ生地に、いちじくのドライを刻んだものを。

上はココアのクランブルを。

このところ、SALE中の靴売り場で見かけるバイカラーのシューズが気になってしょうがないのか、お菓子にまでバイカラーを取り入れてしまいました

P1130887


切ってみたら、おしゃれっぽくなった

お味も良かったですよん

持っていく用の他に大量に残しておいたはずが、

その半分を次男が「やめられない、止まらない」で食べちゃったくらいですから…

お墨つきです

さて、持っていったほうは…

P1130888


こんな風に飴ちゃんのようにひねってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわしの梅しそチーズ巻き

小鰯を買ったので、

久々に

梅しそチーズ巻き

P1130879


ひらいて塩をふって、

しそ、梅のたたき、ピザチーズをのせてくるくるっと巻く。

あとは粉をふって、オリーブオイルをまわしかけ、オーブンまかせ。

P1130882

じゅわっと酸味が効いていいお味。

副菜は、

・長芋のアンチョビ焼き

・トマト

・赤かぶの甘酢漬け

翌日のお弁当は、

いわしでなくって、

豚の梅しそチーズ巻き

P1130883


豚の梅しそチーズ巻き

・スナップインゲンの海苔醤油和え

・長芋のアンチョビ焼き

・はんぺんのバター醤油

・赤かぶの甘酢漬け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日ごはん

さてさて、

今年のオトナ男子のお誕生日ごはんのリクエストは

「とんかつ、マカロニサラダ」

…うーーん。

どうやって”ケのひ””ハレのひ”とんかつに差をつけたらいいものやら…。

ここが悩ましどころ。

作るのはね、いつもの流れだから簡単なのです。

肉の大きさ、かなぁ。

添えの色遣いかなぁ。

と、なんとなくアタリをつけて

P1130852


こんな感じに。

大きなお皿に小さく盛りつけ、特別感も出る???

P1130851


「白ごはんで」

とリクエストもついてきていたので、お赤飯はやめておく。

お味噌汁も普段と変えて赤だしに。

P1130853


生ハムとキヌアを加えたマカロニサラダ。

反応はイマイチ。

いつものキャベツの入ったほうが良かったのか?

デザートは、

毎年恒例のジャンボプリン。

P1130854

皮まで食べられるタイプのぶどう、

ピンクグレープフルーツ、

マンゴー(冷凍)をクリームと一緒に添えてみる。

P1130862


スも入らず、大成功。

ホントは径は小さくても高さのあるほうがいいんだけど、型がない。

火が通りにくいかな…?

終始無言で食事するオトナ男子。

以前聞いても「ふつー」としか言わないので、

その後聞くことをやめてしまったワタクシ

作りながら???が多くなってきて、なにやってるんだろ…と自問自答。

世の中の”食べる側”諸君、ダメだしは聞きたくないが、何かしらリアクションは必要です。

”作る側”も次に、きっとつながるはずです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シューマイ

この頃、

シューマイを作るときにはオーブンレンジのスチーム機能を使って一気に30個。

楽なのですが、

ただひとつ…

スチームが今ひとつなのか、

ワタシのやり方が悪いのか…

肉に触れてない部分の皮が、揚げたかのようにパリッと仕上がる

それはそれで食感としてムチッ、パリッと二度美味しくていいのですが…

P1130846


P1130849


副菜は、

・キャベツと海苔のおかか醤油和え

・きゅうりとくらげの酢の物

シューマイの袋裏のレシピを見ていつもお肉を買うのですが…

レシピ量の1.5~2倍量でないと皮が余ってしまいます。

今回もまた残ってしまった~~~

翌日のお弁当…

P1130850


・揚げシューマイ

・ちくわの磯辺揚げ

・キャベツと海苔のおかか醤油和え

・きゅうりとくらげの酢の物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミミペット

P1130832


こういう足の短い、プリッとしたワンコ、好きです。

「耳栓がほしい」

といった、子ども用に購入。

柔らかなのですが、

まだ慣れないようで一度使ったきり…。

もっとボクを必要としてほしいんだワン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛スジの煮込み

「とりあえず牛スジの煮込み」

「それから、揚げ出し豆腐」

その昔、学生の頃によく頼んでいたお酒のつまみメニュー。

寒くなると、

それらが無性に食べたくなるのです。

大鍋でぐつぐつ何日も煮込んだ牛スジの煮込みなんて、絶品だったなぁ…なんて味の記憶が懐かしくよみがえります。

あんなふうには作れないけれど、

とりあえず家族分×2食量で作ってみた牛スジの煮込み。

子どもたちの好物

P1130837


あと、

P1130839


P1130840


絹ごしで作った

揚げ出し豆腐と、

マカロニサラダ。

第三のビールを流し込みつつ、ちびちびいただきます。

おいしっ

翌日のお弁当は、

マカロニサラダだけ転用。

P1130845


・豚こま肉のミルフィーユとんかつ

・かぼちゃの素揚げ

・小松菜の和えもの

・マカロニサラダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八宝菜、ならず六宝菜

 豚と白菜があったので、

お鍋だな、と考えていたのですが、

家族にひとり、ものすごい咳をする人がおり、

次男に止められました。

「やめて」

「きっと直箸入れるし」

ならば、

と炒め物に変更。

作ってみたら、

「八宝菜?」

と、咳をする人に尋ねられ、

あらためて見てみれば、そういえばそんな仕上がりだわ。

喜んでいたので結果オーライね

P1130817

具材を数えてみると、

あー…惜しい六種しかなかった。

六宝菜。

副菜は、

大根とトマトのしそ和え。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふろふき大根

どろどろどろ~っと

見た目はアレですが、

温まるし美味しかったですよ、

P1130821


ふろふき大根

P1130822

P1130830




くるりと剥いた皮は薄く柔らかなので、きんぴらに。

・大根の皮とにんじんのきんぴら

・ブロッコリーとゆで卵の辛子マヨサラダ

・昆布とほうれん草のさっと煮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すずきのムニエル

白身では、

すずきが大好き

まだ若かりし頃、友人の馴染みのお店に連れていってもらい、彼女がお店の方と事前に相談して美味しいすずきのポワレをいただいて以来、すっかり”焼き魚=すずき=ものすごく美味”の図式が刷り込まれてしまっているらしい

皮の香ばしさと身のふくよかさのメリハリがものすごく出やすいお魚なのかも。

P1130823


この日はムニエルにしました。

塩コショウをしたら、粉をはたいてバターで焼く、という中学家庭科で習うスタイルそのままですが、

やはりこれがものすごく美味しい

「すずきはね~こうしてパリッと焼くとなかがふんわりで美味しいんだよ」

と、次男にも刷り込みを。

彼も今後、

焼き魚=すずき=ものすごく美味

の図式が機会あるごとに浮かんでくることでしょう

P1130826


副菜は、

・ほうれん草の白和え

・フライドポテト

・トマト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤かぶの甘酢漬け

大きな赤かぶが直売所で並ぶと作るのが甘酢漬け。

色も鮮やかで、

お弁当や副菜に華やかさが出ます

P1130815


この日は刺身丼の添えに。

実際は、

この後「おかわり」「おかわり」で

随分と平らげております

翌日のお弁当は、ストックの鶏肉を解凍して、前々日好評だった唐揚げの柚子胡椒マヨをまた作り、その副菜に甘酢漬けを添えました。

P1130814


うん、華やかだ

甘酸っぱいので、実際はおかずというより、箸休めですが、

ぱりぱりのサラダ感覚でお野菜をとれるのは嬉しい。

・鶏の唐揚げ 柚子胡椒マヨソース きゅうり&レタス添え

・だし巻き卵

・かぼちゃの素揚げ

・赤かぶの甘酢漬け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナポリタン

たまに、無性に食べたくなるもの。

やはりそれは心に残る、舌に残る、懐かしい味。

そのなかのひとつが

ナポリタン。

イタリアンが好きなワタシにとって、

一時若気の至りで、

「こんなの邪道だー」とばかりに、口にしていませんでしたが、

やっぱり脳は正直。

たまに、あのねっとりしたケチャップ味が食べたくなるんです

P1130816

玉ねぎは甘いけれど、しゃくしゃくとした食感は残したい → 軽くレンジで下蒸しすれば、華鍋で炒めるより均一に仕上がる。

この日の気分。もちょっとこってりした味にしたい → 茹で上げたパスタにいったん少量のマヨネーズを和えてから、ソースと絡め炒めていくと、いつもよりこってりめに。

最後にたっぷりの黒胡椒で引き締めて。

たっぷりのにんじん、ピーマン、玉ねぎ、ソーセージとともにいただきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄泉のいちご大福

大泉学園でお気に入りの和菓子屋さんがふたつありまして…

そのうちのひとつ、

栄泉は、

控えめで上品な甘さと豆の香り、餅や饅頭の皮のしっとり艶やかさ加減が大好き

この日は、

季節限定いちご大福目当てに。

Ca3h1284


外から、ケースを覗き込みます。

間に合った~まだ残ってた

(売り切れることもあるので)

P1130833

カメラを用意している間に、ここの大福ファンである次男に

「いいよね」で、ひとつかすめ取られた

まぁ、この昭和な色遣いパケを撮りたかっただけなので、いいんですけどね。

一角が空いているのも…ね。

P1130834

大福をいただきながら、

しばし”いちご大福♡愛”談義で盛り上がる。

箇条書きにまとめてみました。

その1.白餡である。これ、重要。ワタシと次男のなかで、いちごには白餡がベストマッチ

その2.餅が柔らかで、厚みがないこと。 

その3.餡が柔らかでしっとり甘すぎず、粉っぽくないこと。

その4.お値段が手頃。これ、とっても重要。気軽に買いにいけるお値段でなくっちゃ。

以上、この時期ワタシ&次男が愛してやまない甘味リポートでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽元と卵のさっぱり煮

P1130758


この角度

ここから見える軟骨をポリポリ齧るのが大好きなワタクシと次男です。

そのためにもじっくり煮込む、煮込む。

ほんの少しのお酢を加えるだけで煮汁もさっぱりと締まった味に仕上がり、美味しい。

お気に入りの一品。

煮汁をしっかり卵に煮含ませるのもお楽しみのひとつ。

黄身が美味しくってね~~

P1130759


副菜は

・れんこんと切り昆布炒め煮

(栗原はるみさんレシピで青じそと唐辛子がポイント)

・にんじんのラペ

翌日のお弁当にも転用

P1130760

・れんこんと切り昆布の炒め煮

・えびのにんにくクミン焼き

・煮玉子

・にんじんのラペ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏の唐揚げ ゆず胡椒マヨソース

いつもだと、

鶏のもも肉を適当な大きさにカットして、漬け込み、衣をつけてジュハーーーッと揚げるのですが、

今回はちょっと気分を変えてみました。

一枚に切り込みを入れて、漬け込み(いつものにんにく+ナンプラー)、衣をつけてジュハーーーッ。

あとは、包丁でサクリ、とカット。

P1130812_2


唐揚げとはまったく別物に見えてきます

今回唐揚げ自体の下味を薄くしたので、

柚子胡椒+マヨネーズ+ピエトロオリジナルドレッシングを混ぜたものをトロ~リかけます。

すると…

美味しい~~~~~っ

このソースが気に入ったのか、追加オーダー、長男はいりましたー。

ほかの料理のときにも使えるわね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鱈と卵のグラタン

鱈をバターで焼いて、

骨をのぞいて軽くほぐしたものと、

ゆで卵を使ったグラタン。

P1130793


鱈の旨みもそのままべシャメルソースのベースに使っているので美味しい

さらには母のレシピで覚えたえのきだけトッピング(焼きカレーのときの)。

生の状態でちらし、チーズをのせて焼くと、

キュンキュンの食感がとてもいい

サラダはいつものグリーンのミックスとカッテージチーズ、トマト。

チーズだらけだな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校生男子弁当

前日のおかずが転用できない日の

お弁当。

P1130790


・いんげんのおかか醤油

・豚肉とえのきだけの炒めもの

・にんじんのグラッセ

・グリンピースのポテトサラダ

豚肉はいつも冷めると脂が固まっていやなので、

こんな風に餡にするか、

片栗粉をまぶして揚げ焼きにするか、が多いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校生男子弁当

鍋やカレーが前日にくると、

翌日のお弁当のネタに困ります。

カレーが残り少しなら、

コロッケに転用できるのでまだしも…ですが。

この日は、

冷凍保存していたエビを使って。

P1130798


・エビとブロッコリーの豆板醤とオイスターソース炒め

・卵と枝豆の炒めもの

・かぶの浅漬け

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おでん

節分がおでん初日。

二日目もおでんです

それまでは冷蔵庫で寝かせ、

追加ダネも投入。

P1130795


盛りだくさんとなりました

今回はかんぴょうを買い忘れ、

もち巾着はこのとおりの形に。

P1130794


パスタで運針

次男は、こっちのほうが好みだそう。

かんぴょう、ワタシも子どもの頃はそれほど好みではなかったかな。

今は好きだけれど。

P1130797


大根も染み染みで美味しい。

里芋はひとり一個、といったら次男からブーイング。

大好物はふたつ以上がいいようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分の恵方巻き

遅れましたが、

節分の日。

P1130799


ひたすら巻きましたよ~

細いのと中巻。

P1130800

・サーモン&いくらのしそ巻き

・まぐろ&アボカド巻き

・いか&ほたて、きゅうりの細巻き(南南東を向き無言で食べる用)

P1130802


P1130804


おでんと一緒に食べるので結構お腹にきます。

温まる…

翌日のお弁当。

新たに巻きましたよ。

P1130805


・かに&きゅうりのサラダ巻き

・にんじんといんげんのきんぴら

・れんこんのにんにくクミン焼き

・おでん

・だし巻き卵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とんこつラーメン めんくい

ここの角を曲がるときに換気扇から強く香るとんこつさえなければ、

きっと通り過ぎてしまうであろう、外観。

Ca3h1254


とんこつラーメン めんくい。

Ca3h1253


今まで

おひとりさまでしか

入ったことがない

L字型カウンターには

いつも人がいっぱい。

女性ひとり、というのは今のところゼロ。

けれど、

入りたくなる。

ひとりすするラーメン。

会話をせず、ひたすら集中できるラーメン。

だから、

気にならないんだな~

脂ののりがちょうどよくって、好み。

関東の醤油とんこつ味。

おいしゅうございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日ごはん

この日はお誕生日ごはん。

なのに、

メニューが決まらない。

ふらふらと立ち寄ったCALDIで生ハム切り落としがSALEになっていたので、そこでまずポテトサラダが決まりました。

副菜ですね。

それからまたスーパーでもうろつき、ようやく決まったのは、

バゲットサラダ。

…またもや副菜ですね。

しめじが大パックでお得だったものですから

P1130764


樋口正樹さんのレシピです。

きのことチーズがのったバゲットとグリーンに、アンチョビとにんにくのきいたドレッシングをまわしかけていただきます。

きのこが苦手な次男にも食べてもらいたいきっとこのメニューは好きなはずと思って作ったもの。

(この日の主役は、あくまでワタクシですが

P1130762


メインは悩んだ挙句に、

(肉にするか、魚にするか)

真鯛のアクアパッツァ。

赤エビやあさり、にんにくやトマトをたっぷりのワインとタイムで蒸し焼き。

これまた骨付き魚を面倒くさがる長男もきっと旨いとおかわりするはずと目論み、決めたもの。

(あくまで主役は、このワタクシめですが…)

P1130767


STAUB鍋のオーバルを使えば、30cmくらいの鯛もなんとか入る。

蓋をすれば、底につかずとも、きれいに蒸しあがる。

ふわっふわに蒸し焼きされた鯛の美味しいことといったら

骨と格闘しつつもおかわりし続ける長男をみて嬉しかったことといったら。

きのこのバゲットサラダもおかわりをする次男をみて「よしっ」と心でガッツポーズもとりました。

やっぱり好き嫌いなく食べてくれると嬉しい。

P1130765


汁椀にハムをはりつけ、ポテサラを詰め込み、ひっくり返したサラダは四等分にカットしようとする前に、我先にと子どもたちが取り合いに。

P1130766


きれいに切り分けるつもりがその結果、ちょっと粗くなってしまった

にんじんのポタージュ(甘さを出すため玉ねぎも入ってます)はミキサーのスイッチを入れて放りっぱなしにしたおかげで滑らかに。とろみ用に一緒にかけたのは少量の冷ご飯。

アクアパッツァの〆はパスタに。

P1130769


海鮮の旨味をしっかり吸わせているので、色は地味だけれど、滋味なんです~~~

先日伺った居酒屋さんでいただいたのが美味しくって、まねっこ。

今回は全体的に量を作りすぎることなく、完食。

気持ちいい

そして、最後は

買ってきてもらったケーキ

P1130786


TAKANOのフルーツケーキは、さっぱりしていて、フルーツもたっぷりだから好き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポテトグラタン

じゃがいもの重ね焼きのグラタン。

…を、銘々に作るのが面倒で大皿でとりわけ式に。

我が家では取り分けを面倒くさがり文句たれのオトナがいるので、

普段は大皿で取り分け、というスタイルをとらないのですが…。

P1130754

あさりの酒蒸しは、ホントに争いがおきるのでこれだけは各々に用意。

あとは、

じゃがいもの重ね焼きグラタン。

ほうれん草とスナップエンドウのバター醤油。

P1130755


オトナ男子の分だけ、その場にいなかったので取り分け済。

これなら文句もでないでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タリアテッレ ベーコンとほうれん草のクリームソース

またしても作ってしまった、

タリアテッレ、ベーコンとほうれん草のクリームソース。

今冬、見事ハマってしまいました。

もともとクリームソース系のパスタはそれほど好まず、トマトかオイル系を選ぶくらいなのに。

やはり、

地元農家直売のほうれん草が肉厚で甘いからでしょう

あと、SALEだったからと大袋のタリアテッレを買ってしまったからでしょう。

消費せねば。

P1130752


ソースを多めに作ったので、

塩バターロール(パン屋で購入)をちぎってはつけ、いただきました。

うまい~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もつ鍋

寒いです。

寒すぎる夜には…

やはり、鍋ですよね。

我が家では寒すぎる~ってときは、

もっぱらキムチ鍋か、もつ鍋。

…で、

今宵は、

P1130746


もつ鍋

キャベツ、大根、にんじん、もやし…最後にニラを。

もつは最初に茹でこぼしを3度ほどやり、その後たっぷりのしょうがとにんにくでほどよい柔らかさになるまで煮るのがポイント。

今回は味噌ベースにしました。

唐辛子はキャベツの甘さにいいアクセントとなるので、ちょい効くくらいに。

〆はラーメンです。

カラダがぽかぽか温まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽先の唐揚げ

骨付きで面倒だけれど大好きな

手羽先の唐揚げ。

揚げたてを頬張るときの

あのプチっと皮を破って出てくる鶏の汁がもう、格別でして…

P1130744


味付けは、

ナンプラーとしょうがのおろし汁でシンプルに。

粉とパプリカパウダー、黒胡椒を合わせて入れたビニール袋に、

4本ずつ入れてフリフリして粉をつけて、揚げます。

副菜は

・ハムポテサラダ

・プチトマト

・ほうれん草ともやしのバター醤油

バター醤油好きの次男、前日ホタテを食べそびれたので、翌日野菜でやってみました。

素直に喜んでいるよ…

残念だねぇ…

翌日のお弁当は、

P1130745


醤油とみりん、塩、しょうがすりおろしで味付けした普通の鶏肉の唐揚げをIN。

骨つきじゃ、食べづらいものね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »