« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

ALLLEY CAFE ~吉祥寺

吉祥寺をひたすら散策した日。

ランチを真っ先にとりました。

(ランチ難民にならないよう…)

P1140057


ALLEY CAFE アリーカフェ。

初めて行って以来でしたが、

落ち着ける、しかも吉祥寺っぽい ゆるやかなカフェ。

P1140056


ワタシは、パニーニのついたスープランチ。

友人は、おろしハンバーグのプレートランチ。

日替わりのプレートランチですが、今回はおろしにタレがたっぷりなせいか、個別に盛られてきました。

パニーニは、チーズとトマトがパリッとしたパンから溢れてきてアツアツで美味しかった

スープはチャウダー。

ほどよい塩気と舌触りのよさに木のスプーンのあたりの柔らかさがよくあって、自然に顔もほころびます。寒い日だったので、なおさら、かな。

最初に注文した白ワイン(別オーダー)を飲み干すのを途中忘れてしまうくらい、ほっこり気分に

ソフトドリンクはカウンターに設置された、烏龍茶やグレープフルーツジュース、紅茶にコーヒーと飲み放題。

ついつい居座ってしまいます…

人気店なのでお客さんも次々にいらっしゃり、そのお顔をみて、席をたつきっかけに。

ごちそうさまでした

おうちで待ってる子達にはお土産を。

EPEEで、ミルクハース生地にチョコクリーム、練乳クリームをそれぞれ挟んだパン。

P1140058

そして、肉のさとうで夕飯用にメンチカツ

定番ですね。

ホントは、天音のたいやきも買いたかったけれど…おやつパン買っちゃったから。

これはまた次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あわ家惣兵衛のいちご大福

東京駅や吉祥寺にも出店している、

大泉の和菓子屋 あわ家惣兵衛。

大泉学園には美味しい和菓子屋が数店あるので、自転車を走らせるとどこに行こうか迷います。

いちご大福はこれまで「ここのコレ」と決めているお店もあり(何度もブログにもUP)、浮気しないたちですが、

ここ、あわ家惣兵衛のいちご大福は初めてでお試しに購入。

P1140059


見た目は至極シンプル。

ちょい小ぶり。その分お値段もお手頃。

黒あん(ワタシは白餡のいちご大福が好物なのでして…)なのも知っている。

なのに、なぜ買ったか?

…それは

P1140060


いちご大福でありながら、表示さえなければ、一見豆大福だったから

面白いっ

外に豆がごろごろって、いちごとどんな風に合わさるんだろう…

そう考え始めるとワクワクしちゃって。

一度みかけたときは思いつつもスルー(その日のおやつは決まっていたので)。

二度目には売り切れで残念な思いをし、

そして三度目の来訪でようやく購入に至りました。

P1140061


いちごはちょっと小ぶりで(おそらくとちおとめ?)、甘さ上品な粒あんに、ねっちりやわらかな餅。

そして、この塩豆がいいシゴトしてました

ほんとに微かな塩味が、いちごと餡の酸いと甘さを引き立て、ちょっと固めの豆がまたいいアクセントになっています

いや、予想以上に気に入ってしまいました

コレ、いくら好きだからといって中身が白餡じゃ合いませんね。

塩豆にはやはり餡子でなくては。

いちご大福は白餡だーとばかり、こだわっていたワタシの思い込みが嘘のようにガラガラと崩れました。

シンプルないちご大福にはやはり白餡ベストですが、

豆大福といちごの合体技は大アリの美味しさです

ごちそうさまです

もう、そろそろいちご大福の季節も終わりに近づいてきました。

今季はあと何度食べられるかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぐろアボカド丼 → まぐろカツ

久々に、

「やっぱりこれだよね~

のまぐろアボカド丼。

P1140048_2


下にレタスの千切りを敷くのが我が家流。

さっぱりしていけるんです

わさび醤油をちょんちょんっとつけて、

レタス、寿司飯と一緒にごわーっと大口をひらいていただくのが最高

P1140050_2

副菜は ・れんこんとナスの揚げびたし。

これまた次男好物。

美味しいもんねー

この食卓にいなかった長男(外食でした)へは、

翌日のお弁当で、

残念だったね、のおすそ分け。

P1140052_2

まぐろの切り落としを集めて、まぐろカツに仕上げました。

これが気に入ったようで「旨かったー」と珍しくリアクションが。

自分用にも作ればよかった…と今度はこっちが残念な気持ちに

食べたくなったじゃないかぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじのなめろう…だけど細切りで。

子どもたちの大好物、なめろう。

でも、叩くより、普通に細く切ったほうが食感が好きらしい。

味付けはなめろうと同じ。

P1140043


たっぷりの生姜、たっぷりのすりゴマ、味噌、お砂糖、みりん(煮切り)、醤油。

上に青じそ。

ねっとりとしている表面、噛むと弾力を感じるところ…

確かに叩くより、こっちのほうが好きだね

P1140042


この日の献立一式。

台所の調理台が狭くて、とりあえずはテーブルにできたものからどんどん運んで

後に、配置していくスタイル。

(次男の好物のときには特にこうしています。なぜなら…好きなの(=多いの)を勝手にピックアップしていけるように

P1140044


副菜は、

・切干大根とにんじんの炒め煮

・がんもとかぶの煮物

かぶは、ちょっと葉が黄色くなってきているから…とスーパーの見切り品コーナーで激安になっているのをふた袋掴む。

その葉を落としても、煮物の添えに使える十分な量が残るので嬉しい。

煮物が確実にお店の味になってしまう出汁パック。

一口すすって、

「なんじゃ、こりゃぁっっ」と松田優作の名台詞が飛び出すくらいの旨さ。

P1140045


焼きあごや、かつおぶし、うるめいわし、真昆布が使われた

「茅の舎だし」

福岡の郊外にある料理屋さん茅の舎のお味が家でも味わえる、手軽なパックです。

お値段は手軽ではないけれど…。

翌日のお弁当。

P1140046


かぶは熱を入れすぎてトロトロで使えず…。

・切干大根とにんじんの炒め煮

・かぶの葉の梅ごま和え

・だし巻き卵

・豚肉とえのきだけの炒めもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「地下街の雨」

P1140041


「地下街の雨」宮部みゆき著作

ミステリー短編集。

さすが、と思わせる多彩なタイプのどっきりに、

飽きることなく最後まで一気読み。

余談ですが、

テレビが壊れて一週間です。

ようやくテレビがくるらしい。

どんなのが来るのか、不安。

はっきりいって、部屋が狭いのにそぐわない大きさは、キライです。

どうか…

どうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわしの蒲焼風

この頃

いわしをよく買っているような気がします。

…いえ、買っています。

容易に手開きできるのと、お値段が安いのが一番の魅力

P1140037


この日は蒲焼風に。

粉をはたいて、カリッと焼いた後、

タレに絡めるだけ。

タレは、醤油・砂糖・みりん・はちみつと水溶き片栗粉で。

P1140038


副菜は、

・かぼちゃのマッシュサラダ

・いろいろ野菜のゴマ和え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「再生の朝」

P1140040

「再生の朝」乃南アサ著作

いろんな登場人物の普段とかわりない生活の様子が書かれていることから始まり、

そこから急転直下のドラマが展開してゆきます。

人の奥底のどろどろしたところはえぐり出すことなく、

あくまで表層化した部分をあえてチラリと見せるに留まることで、

あるかも、と思わせる。

人の危うい部分は誰にしもあること、と信じさせる。

ジェットコースターミステリー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏胸肉のキヌア衣揚げ

キヌアを購入したものの、

ちょこちょことサラダ等に使って、

ワンパターン化。

雑誌をみたら、

カツの衣がわりに使える、なぁんて書いてあるではないですか

ちょっと勿体ない気もしますが、

きっとプチプチ食感がいいだろう…と好奇心が勝って

作ったのがこちら。

P1140035


鶏肉には塩胡椒のシンプルな味付けだったので、

長ネギの甘いタレ(ほんのり酢)を作ってかけます。

カリッカリと香ばしいおせんべいのよう…

美味しいです

でも、ま、キヌアが山と残っているときだけに使いましょう…。

P1140036


春めいてきたので、赤かぶもそろそろおしまいですかね…

今が旬の生わかめと合わせて酢の物に。

こちらはサラダがわりに、がつがつおかわりを次男しておりました…

酢の物好きだなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なすとベーコンのトマトパスタ

安定の味、

母の味、

我が家では

トマトパスタ。

…だと思います。

失敗なく、「美味しいでしょ」と、胸をはれる、ワタシの十八番。

(パスタはみなさん、失敗ないと思いますが…)

この日は

なすとベーコンのトマトパスタ。

P1140039


ちょっぴり唐辛子を入れてアマトリチャーナ風にしています。

これにたっぷりと粉が残るくらいにチーズをふりかけるのが断然美味しい

くぅぅぅぅ~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャージャー麺

家でつくるジャージャー麺。

3食焼きそば麺を5玉使って4人分。

しっかり手でほぐしてから、中華なべでこんがり焼いていくのがポイント。

タレは、

玉ねぎ・長ネギ・挽肉(今回は鶏胸肉があったのでフードプロセッサーでミンチに)・しょうが・にんにくをよく炒め、

そこに、豆板醤、甜麺醤、砂糖、みりん、酒、ナンプラー、トマトケチャップ、水で調味。

最後に水溶き片栗粉を加えてとろみをつけたところで、

千切りきゅうりと一緒に盛り付けます。

P1140034


見た目より、

ちょっと辛めに仕上がりました。

だって、最後に唐辛子の小口切りを加えたから…

味がボヤけず、ピリリとくるジャージャー麺の完成。

ひとりあたり1玉ちょっと分だけれど、

あっという間になくなっちゃう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大根の鬼おろしとえのきだけのさっとポン酢和え

ランチに唐揚げをたっぷりお腹におさめた日の夕食…

迷わず、

大根の鬼おろしが食べたくなりました。

消化酵素がたっぷり含まれているという大根おろしをカラダが勝手に欲するとは…

本能そのまんまだなぁ…

P1140032


右奥のガラスの器に入ったのが、それ。

・大根おろしとえのきだけのさっとポン酢和え

鬼おろしで粗くおろしたのがポイント。

水があまり出ずに、大根の甘味や辛味が存分にシャキシャキと楽しめるんです。

そこへ、レンジで加熱したえのきだけを混ぜ合わせ、かつおぶしをのせたら、ポン酢をまわしかけるだけで、幾らでも食べたくなるほどの絶品おかずとなります

「おかわり、まだある?」

とこどもに聞かれる一品。

左は、かぼちゃの煮っ転がし。

そして、メインは、

P1140030


・鮭の塩焼き

生鮭に好みの分量の塩をふって焼くのが好き。

魚にいたっては、結構薄味派です。

あとは、

今が旬の生わかめを購入したので、

・生わかめときゅうりの酢味噌和え

肉厚でしっかりした歯ごたえを楽しみたくて、先日「月曜から夜ふかし」でわかめを美味しくいただくマツコさんをみて、次男がリクエスト。

美味しいねぇ~~旬のものって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多もつ鍋 やまや サンシャインシティ池袋店

明太子で有名なやまやが

なんと飲食店まで出していたなんて…

知りませんでした

お友達と買い物帰りにたまたま立ち寄ったのが、

Ca3h1300


こちら。

すっきりとした和のお店づくりについ、立ち止まってしまいそう…。

それよりも

なによりも

立ち止まらせて吸い込まれてしまった要因は…

なんとランチ1000円ぽっきりで、

ごはん、明太子、からし高菜がおかわりし放題ってポイント

いや、明太子よ

ホントにおかわりしていいの

って、つい足が向くでしょうよっ

幾つかあるランチのなかで

選んだのは、

唐揚げ明太子風味 定食

Ca3h1297


唐揚げを久々食べてなかったのと、

明太子風味ってどんな風に作られているの?が気になりオーダー。

衣に明太子が混ざっているのが分かりましたが…

大きい唐揚げ、盛りだくさんすぎます…

おかわりしよう、と意気込んでおりましたが…食べ進めるうちに、お腹はパンパンに。

Ca3h1296


テーブルにはこうして、

どうぞ~~~と言わんばかりにセッティングされているんですけどね。

Ca3h1299


とりあえず、一杯分にひと切れの明太子とワンスプーンのからし高菜をのせて美味しくいただきましたけれどね…

あぁ~~~~悔しいっっ二杯目に手が届かない~~~~~

子どもを連れてきていたら、

きっとワタシの欲を代わりに満たしてくれることでしょう。

(すでにワタシよりよく食べるよう成長してくれたので)

次回は連れてきたいなぁ…

きっと喜ぶこと間違いなしだろうなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚しゃぶサラダ

美味しいのはやっぱり国産だね、といいますが、

意外と気にならず

外国産のものも美味しい、と感ずるワタクシ。

最近では、

ドイツ産の豚が気に入ってます。

脂が甘い

しかも、安い

P1140026


ホントはしゃぶしゃぶで温かいうちが脂が甘くて美味しいのですが、

このたびは豚バラスライスで、サラダに。

下にしいたのはキャベツのたんざく切りをレンジで蒸したもの。

トマトのコロコロをトッピングにし、

豆板醤とねりごまを使ったタレを作ります。

甘くて辛い、そしてとろっとしたタレが、豚しゃぶサラダにはピッタリ

かなりこんもりと盛ったキャベツですが、あっという間ですね、なくなるのも。

辛いタレだからこそ、豚の甘みもわかりやすい。

副菜は、

P1140028


ほうれん草とちくわ、ブロッコリースプラウトの和えもの。

緑と紫、白の組み合わせって、見栄えがするようで、好き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶりの照り焼き

魚の照り焼きを作るとき、

無意識にだけれど副菜も和食にそろえてしまう。

なぜでしょ?

普段は洋食やら思いつき系やら、とにかくなんでもありなんですけれど…ね。

P1140010


…というわけで、

このたびは、

・ぶりの照り焼き+トマト

・里芋とさつま揚げの煮物

・ほうれん草とにんじんの白和え

最近、吹き出物に悩む次男には嬉しい油脂フリーな和食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトデー

ホワイトデーにもらったのは

たったひとり。

次男から。

この日帰宅すれば

いつもどおりに制服のワイシャツのまんまでくつろいでいる次男。

「着替えなよー。」などと会話をしているとき、

「あ、今日はホワイトデーだったね。」などとふってくる。

「そうだねー。近くのショップが賑わっているのも今日までだよね~。」などと話していると、

「はい、これ」

と急にほいっと出したのがコチラ。

P1140015

あら、まぁまぁまぁ。

いつのまに…と思ったら、

下校後着替えて買いに行き、

ワタシの買える頃をみはからってまたワイシャツに着替え直し、

サプライズにしたかったらしい。

可愛いやーーーーん

P1140017

大好きなゴーフル。

しかも、可愛いキティちゃん

Good choiceです。

ありがとう、母はものすっごく嬉しいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日ごはん

このたびのお誕生日ごはん。

リクエストは…

・ステーキ

・ポテトサラダ

・タコとセロリのサラダ

…ん

またもやポテサラ…

とことん我が家の男子たちはポテトサラダが好きなようです

サラダを二種リクエストしてくるのは、

野菜好きな長男ならでは。

…で、

作りましたよ。

じゅじゅっと素敵なステーキ

(むか~し、同期が言ってたな~)

P1130994

P1130996


アスパラガス…大好物なのだけれど、普段はやはり高くてそんなにしょっちゅうは買ってない…

なので、一応特別食枠←超・貧乏性なワタクシ

P1130995


リクエスト通りにサラダ二種。

・ポテトサラダ…玉ねぎ・にんじん・枝豆が入ってます。ポテトの隠し味はコンソメスープ顆粒これで間違いなく美味しく仕上がる

・タコとセロリのサラダ…きゅうりやセロリはあらかじめ軽く塩をふっておき、水気は切っておく。あとは、ピエトロドレッシングとレモン汁、胡椒で、タコと和えるだけ。今回は、茹でたキヌアもたっぷりと一緒に。

デザートは…

季節ならでは。

2パックのいちごをたっぷり使ったババロア

…のはずが、

うまく固まらず、

急遽冷凍処置。

P1140005


半分アイスケーキのような状態。

下には、焼いたココアシートスポンジを敷いています。

なんだかうまくできないババロア。

トラウマになりそう…

皆、美味しく食べてくれたからいっかな…

でも、

出したとき

「あ、アイスケーキだ」と言ったオトナ男子の言葉が刺さった。

悪気ないんだけどね。

ちなみに、

お誕生日当日は平日でしたので、

その日は恒例の寿司ケーキをつくりました

P1140019

P1140020


寿司飯にも色々お野菜たっぷり

おでんは前日の残り。

あとは、茶碗蒸しとお味噌汁。

お味噌汁は次男作。

いいお祝いになったね

お誕生日おめでと~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煮豚くんに合うタレ

子どもが喜ぶ煮豚くん。

豚ロースブロック肉に塩をすり込み数時間放置後、

しょうがと長ネギの青い部分と一緒に1時間ほど煮るだけで出来てしまうので、

母にとってもありがたい

この度は、ちょい甘ダレを合わせてみる。

P1130992


玉ねぎ・にんにくをすりおろしたものと、みりん、酒、出汁醤油、砂糖、そしてゆるめる用のお水を加えて、ぐつぐつ煮込むだけ。あとはほんのり甘さを残す程度の甘じょっぱさに調整したら、水溶き片栗粉を少し入れて軽くゆるゆるとしたタレに仕上げます。

これが、合う

ものすごく美味しくって、三人で眼をグリグリさせてお互いを見合うほど。

(口はお肉で詰まって、言葉を発せないため

P1130993


副菜は

・じゃがいものバジルペースト和え

・トマト

・きゅうりとにんじんのナムル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑前煮

このところ

揚げ物が多くって

セーブせねば…という気持ちがむくむく…

胃のリセット

お粥

とまではいかず、

筑前煮ですっきりバランス食といきましょう

P1130990


筑前煮と出汁卵焼き

二品とはシンプルすぎる…

少なすぎる…

けれど、その分こんもりとたっぷり盛り付け。

翌日のお弁当は、

P1130991


・筑前煮

・ソーセージ

・小松菜としめじのゴマだれ味

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉巻きフライ

P1130980


コロッケに見えますが…

P1130983


フードプロセッサで粉砕したみじん切りの玉ねぎと人参がたっぷりと入った

肉巻きのフライです

とんかつソースは多めのほうが、野菜の甘味で味がぼやけずにいいかも

P1130979


こちらはレンコンの梅カツオ和え。

前日の夕食時、多めに作った梅とカツオのノンオイルドレッシング。

さっぱりして美味しい

翌日のお弁当は、

P1130987


そのまま転用。

フライの2/3が野菜が詰まっているということで、

非常にシンプルな弁当になりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たらマヨ

たらマヨ、

と言っても、

たらこ+マヨネーズではありません。

こちらです。

↓↓↓

P1130975


えびマヨの

鱈バージョン。

鱈マヨ。

生たらを一口カットし、塩をふったら片栗粉をまぶして揚げます。

マヨネーズ・牛乳・白胡椒・練乳を合わせたソースをフライパンで、

茹でいんげんと先ほどの鱈に和えてできあがり。

美味しいですヨ

副菜は、

P1130976


・千切り野菜のサラダ 梅カツオノンオイルドレッシング

・もやしの卵焼き

梅カツオノンオイルドレッシングは、

梅干をたたき、煮切ったみりん、出汁醤油、かつお出汁の素、水を合わせたもの。

とろっとして、この手のサラダによく合います

もやしの卵焼きは、油をひいた卵焼き器にもやしを薄く広げ、軽く塩を混ぜた卵液を流し、焼くだけもの。一度返したあとは軽くプレスして、一銭焼き風に。

お好みソースをたらっとかけていただくと、もやしが香ばしくってこれが簡単なのに美味しい子どもも見ただけで、手抜き?と思うような一品だと思ったらしくその旨さにビックリ。

あなどるでなぁ~~~いっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小松菜とちくわのじゃこ和え

副菜でおいしいものみ~つけた

P1130973


小松菜とにんじんをさっと湯通しして、絞ります。

ちくわは、出汁醤油・みりん・砂糖・酢・水を合わせたもので煮込み、その煮汁が少しになったところで火を切り、にんじんと小松菜、じゃこを和えたらできあがり。

あとは10分以上おいて味をなじませるだけ。

栄養もバランスよさげだし、なにしろ美味しい。

この日の主菜は、

あさりバターでしたが、そっちより、こっち推し

P1130974

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわしの蒲焼

P1130964_2


あら…うなぎの蒲焼ってどんなお味だったかしら…?

とおぼろげになるほど、

よく作り食べるのが

いわしの蒲焼。

実際は、フライパンで焼き、タレに絡めるという調理。

この時期など、いわしは丸々と太っているのでとても美味しいのです

身くずれしないよう、あらかじめ粉をはたいてから焼いたほうがよし。

タレは、いつも作る 醤油・砂糖・みりん・酒・はちみつを使って。

副菜は、

・マッシュポテト  ←蒲焼と一緒に食べると美味しくってオススメです

・紫キャベツのサラダ

・ほうれん草のバターソテー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽元のグリル焼き、再び

先日の手羽元のグリル焼きが好評だったので、

またもや登板です

P1130961


前回同様、骨に沿って切り込みを二本入れて、若干開くような形にします。

この方がしっかり火も通りやすいし、味をなじませやすいかな。

調味は、

塩・すりおろしにんにく・黒胡椒・レモン・オリーブオイル。

今回はレモンを一緒にすり込みさっぱりとした味に。

P1130962


副菜は、

・れんこんとかぼちゃのきんぴら

・小松菜とえのきだけのさっと煮

「翌日のお弁当にもこの肉入れようね~」と一言伝えたら、

喜ぶ長男。

かわええのぉ

P1130963


骨からは外しておきましたよ。身だけ。

・手羽元のグリル焼き

・にら卵

・はんぺんのバター醤油焼き

・ごぼうとにんじんの煮物 ごまよごし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

…で、やっぱりトマトソースに落ち着くんだな。

明太子パスタを作って数日後、

やはり作ってしまった…

トマトソースのパスタ。

やはり、これが一番落ち着く

P1130959


基本は、

刻みにんにくたっぷり、玉ねぎの刻みたっぷり、ベーコンをオリーブオイルで炒めた後、

カットトマト缶、ローリエ、白ワインを加えぐつぐつ煮込みます。

最後に、塩と黒胡椒で調味。

今回は、ここに白菜の太め千切りを加えてシャキっとした食感プラスの冬野菜パスタに。

粉チーズをたっぷりとかけていただきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明太子パスタ

うちのオトナ男子は

「お昼はパスタにするよ。」と言うと、

カルボナーラか明太子パスタしか、言葉を発しません。

基本、その二択にはサラダやスープ等で別に野菜を補う一品が必要になってくるので

(面倒なので)そんなにはつくりません。

たま~に作って、その貴重性やニーズを高める結果を引き起こし、悪循環ではありますが

この日は、

そのたま~に、の日。

明太を事前に買ってないとね、さすがに作れませんから。

P1130948


明太ソースは、

明太子・昆布パウダー(昆布を粉にひいたもの)・出汁醤油・バター。

青じそと海苔は最後にちらします。

シンプルなのに、美味しいんですよね~。

ワタシも好物ではあるのですよ。

確かに。

P1130949


でも、休日のお昼。

ワンプレート四枚とコップだけで洗い物食器は終わらせたいところだったりするのですよ。

そこへ、

サラダ。

ハイ、このところのお気に入りの紫キャベツ、ちゃんと入っております。

これ一色で華やかになるし、アントシアニン入ってるし。

召し上がれいっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煮豚くんとジェノベーゼソースが、出会った

 豚ロースの塊肉に塩と胡椒をすりこみ、

待つこと一日。

(一日ほったらかす、とも言う

あとは、お鍋にたっぷりのお水、お酒、長ネギの青い部分、しょうがスライスとともに、くつくつと煮込みます。

茹で汁は翌朝のお味噌汁用や、

煮豚のソース用等に活用。

P1130946

煮豚くんのできあがりです。

切るときはなるべく薄め、が好み

(肉が淡白なので飽きないように)

ほかにも茹で野菜を添えて、

市販のジェノベーゼペーストを豚の茹で汁や、酢である程度のばして味の濃さをほどよい程度に調節してタレにします。

「見た目はね…あれだけどね…」

などと口を濁しつつの子どもたちも食べると、

「うんまいっ」「いける」でもぐもぐ。

そうね…今後の課題は、このだらっとかける見た目だね。

考えておくよ。

ちなみに奥の小鉢は、紫キャベツの甘酢漬け。

最近、紫キャベツが見た目美しいのでつい手にとってしまうワタクシなのです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏団子と春雨スープ

たまたまフードプロセッサー談義になったときのこと。

あまり使わなくなった派と、

普段でも使う派に分かれ

「じゃ、なにに使ってる?」と尋ねられて

ほぼふたり同時に答えたのが

「挽肉かな。卵も片栗粉も調味料も全部一気に混ざるから。」

そんなわけで、この日のスーパーで手にとったのは

頭に残っていたからなのか、

鶏のももと胸。

団子のスープを作ります。

P1130940

肉は適当な大きさにカットしてからフードプロセッサーにかけます。

他に混ぜ込んだのは、塩・しょうがのすりおろし・ナンプラー・酒・片栗粉・卵・玉ねぎ。

すべてが混ざったところで一旦まとめやすいようボウルにあけます。

あとは適当な団子状にして、沸騰したお湯(+酒、しょうが)に次々落としていき茹でます。

他の具材は、長ねぎとしいたけ、春雨。

シンプルが一番美味しい

P1130941


副菜は、

・五目白和え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チカの天ぷら

ひとの名前のようなチカという小魚。

P1130950

数匹まとめられても廉価なわりに、

天ぷらにすると柔らかな白身がとても美味しい

この手の天ぷらが大好きな子達、

P1130951


ワタシは6匹でしたが、彼らは7匹をペロリ。

おろし大根を入れたつゆにたっぷりつけていただくと、

すぐになくなるのもわかるけれど…

味わっているのかな?

副菜は、

・ひじきと厚揚げの煮物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼からカフェ気分で…

子どもが試験期間中だからと、

お弁当を作らなくていい日が続いています。

この日は一緒にお昼が食べられる日。

ならば

また、この間のカレーを食べにいったみたいに、

二人でどこかへ食べに行こうかと思いましたが、

勉強の進み具合がどうも雲行き怪しいようで、親が脱線すすめるのもなんだか…

というわけで、おうちごはん。

パンを買ってきて、サラダ、チーズ、紅茶で軽~くカフェ気分。

P1130965


P1130966


Ca3h1294

ブーランジェリーベー。

シックな店構えで、オトナ向けっぽいですが、

甘いパンも色々あります。

結局ワタシは悩んだ末にいつも買うようなものを…

ロデブとバトンカラメル。

バトンカラメルの香ばしさが大好き

ロデブはきっとポタージュにぴったり合うんだろーなーとは思ったものの、そこまでは作らず。

メインはサラダ好きの長男のために、とにかくたっぷりのサラダ。

24cm皿にこんもり色々野菜をミックス。

生ハムもギュギュッと詰め込む。

P1130967

後に3/4をペロリ。

P1130968


ワタシはこれを飲みたかった

このために、チーズアソートもかったのだけれど、

サラダを目のおかずにして、長男「次はこれ」と次々につまんでいく。

…あぁ、チーズも減っていく。

ひたすら飲む、パンを齧るワタクシなのでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雛まつりの日

スーパーで雛あられを見ても、

『嫌いな食べ物唯一が雛あられ、だもんなー』

と、長男の顔を思い浮かべ、スルー。

男子たちも大きくなってくると、特にデコ気分でもなく、

華のない一日です

買い物は野菜やさんのみで済ませ、

冷蔵庫にあるものでなんとか辻褄あわせ。

P1130970


P1130971


寿司飯に混ぜ合わせる野菜だけは朝のうちに仕込んでおきました。

生ハムちらし寿司に、

(スーパーに立ち寄らなかったので海老は買えず)

副菜は、

・茶碗蒸し

・長いもの磯部揚げ 黒胡椒

茶碗蒸しにニラを入れてみたけれど、合う

色が変わりやすいので時間はおけませんが…。

下にはもちが沈んでおります。

長芋は、塩を軽くふって、粉をまぶし、そこに粉と青のり、黒胡椒を溶いたものをつけて揚げます。

今日の一番人気

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアル~インド料理

石神井公園駅周辺に数軒あるインド料理。

そのいくつかは足を運んだことがありますが、

(インド料理ってなぜハズレがないのでしょう…)

今日は、2014年OPENで初の

リアル。

P1130936

南口の商店街から一歩路地に入ったところに、

ギラギラっとした佇まい。

窓が大きくとられて、今まで行ったことのあるインド料理より店構えが明るい雰囲気。

P1130928


店内に入っても、陽が差込み、なんとも和やかで地元に馴染んだ様子。

いいなぁ~

好きだなぁ~~

お店の方も非常に笑顔が素敵で、控えめなのに細やかなお気遣いで心地よし。

オープン時間早々に行ったので最初はがらーんでしたが、あれよあれよというまに満席になりました。

お持ち帰りのお客さんもいて常連さんかな

いろんなタイプのランチがありましたが、

タンドリーチキンと、二種のカレーが選べるDランチに。

カレーの種類も多く辛さも五段階、選ぶのが楽しくなります。

ランチにつくソフトドリンクも色々あるなかから選べるので、

子どもはラッシー、ワタシはホットチャイを。

P1130929

まずはサラダ。

たっぷり盛られて、甘めのドレッシングできれいに千切りになったお野菜をいただきます。

器が家にあるのとおんなじだー。

P1130932


二人で計4種、選べたので

手前左から時計まわりに、

・生ほうれん草とチキン(これは、この日の日替わりカレー)

・バターチキン

・マトン

・ダル

右端に写っているのがタンドリーチキン。

じゅわっと肉汁が出てくる、しっとり柔らかなチキン。

そしてそして…

おかわり自由だという、ナン。

(ナンかライスか最初にチョイス)

P1130934


どーーーーーーーーーーん

かごから軽く半分以上はみ出しておりますけど。

ふっくらもっちり柔らかに焼き上がり、気泡もたっぷりなので食感もよし。

サイズなんて、今まで食べたなかで一番なくらいの大きさではありませんか

P1130935


手を横においてみると…わかりますか??この大きさ。

でも、これがまた美味しくって美味しくって…

最後なんてかなりお腹いっぱいになってきましたけれど、やめられないんです。

食後のチャイもおいしゅうございました。

ごちそうさまです

これは…また行きたいかも。

もうひとりの子どもも連れていかなくっちゃね(理由をつけて)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんにでも、粉山椒

この頃、

粉山椒をなんの肉料理にでもフリフリするのがハマっておりまして…

このたびも、

胡椒がわりに

手羽先の唐揚げにフリフリ

P1130919


これだけで、味がしゅっと締まるんです。

魔法の粉ですよ

焼き鳥やさんで食べる気分にもなれてしまう

P1130920


副菜は、

・紫キャベツとラディッシュ、ブロッコリーのサラダ

・厚揚げの出し煮 とろろ昆布のっけ盛り

翌日のお弁当にも…

P1130921


・豚肉と玉ねぎのすき焼き風 粉山椒フリフリ

・紫キャベツのサラダ

・厚揚げとブロッコリーの出し煮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄泉のいちご大福&菱餅…の切れ端♡

またもや、

いそいそと

和菓子やさん

栄泉へ。

Ca3h1293


このいちご大福のノボリを見ると、立ち寄らずにはいられないのです

別に通り道でもなく、

大きな寄り道、理由をつけてのサイクリングではありますが…

ひな祭りの日も近いせいでしょう。

この日は

菱餅も並んでおりました。

そしてワタシの目は一点に釘付け

おぉ

切れ端も売っているではないか

P1130942


肝心のいちご大福は…と棚をみると、

ないっっ

「売り切れてしまいましたか…」と声をかけたら、

「今、できたのを出すところです」

良かった…。

尋ねるものですね~~~タイミングというのもあります。

きっと売れ行き良すぎて追加で出されたのでしょう…

P1130943


できたてのいちご大福は、

いつもより赤ちゃんのほっぺのように透けるほどうるっとしております

柔らか~~~美味しい~~~~~っ

菱餅のほうは…かきもちに仕上げたほうがいいのでしょうが…とにかくすぐに食べたくって…焼いてみました。

よもぎの香りが口中に広がります。

春ですね~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せんべい汁

秋田、青森での名物せんべい汁を知って以来、

とりつかれております。

あのせんべいの汁の染みながらも弾力あるむにゅっとした食感に

地鶏ではなくても、

普段の鶏鍋に、

せんべい投入。

P1130917


これだけで、子どもたちのテンションはぐぐっと上がる

よい、よい

あとは、あちらこちらのスーパーで、せんべい汁用のせんべいを取り扱ってくれるとありがたいのだが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »