« Bar Restaurant はる | トップページ | スコッチエッグ »

筍づくし

ちょっと前にさかのぼります。

筍がわんさかスーパーに出回っていた頃のこと。

数年前、えぐみを取りきれずに

「もう筍なんて家で茹でないでpout」とまで長男に言わしめたあの暗黒の過去。

トラウマを抱え、去年も、確か一昨年も生の筍を購入することができずにいました。

けれど…

周囲より

「やっぱり美味しいねー」の声がちらほらと聞こえ始める頃には、

もう我慢もできず、

「今度はちゃんとあく抜きいたしますsign01」と高らかに宣言し、

夕飯用にと購入。

P1140311


P1140313


ご飯や炊合せのお出しには、こちらの大いなる力をsmile

福岡の料亭 茅の舎の、”茅の舎だし”はとにかく上品にけれど深い味わいのあるだしが簡単にとれるのでありがたい。

P1140314


・筍ごはん

・わらさのお刺身

・筍と新わかめの炊合せ

・菜花ともやしの和えもの 炒り卵添え

P1140317


これでもか、というほどに大きめ(薄切りにはしました)の筍入りのごはん。

P1140315


筍のやわらかな部分と、肉厚なわかめをさっと煮含めたもの。

湯気にあがる香りは、

「とうもろこしごはんの香りがするsign01

と次男。

確かに、青草のようでほんのり甘いその香りは、真夏のとうもろこしごはんの香りそのもの。

筍の甘さも存分に楽しめ、なんとかトラウマは脱せた様子。

(長男はほんのほんのわずかなえぐみも察知して「…」と時折フリーズしていたけれど)

P1140316

わらさも、脂がのって美味しかったsign01

大根は手抜きしてピーラーでシャシャシャッと。

翌日のお弁当は、

P1140318


・筍の磯辺揚げ

・コロッケ(以前作ったものの冷凍ストック)

・豆腐チャンプル

・筍ごはん

|

« Bar Restaurant はる | トップページ | スコッチエッグ »

おうちごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1053002/65180751

この記事へのトラックバック一覧です: 筍づくし:

« Bar Restaurant はる | トップページ | スコッチエッグ »