« 男子高校生弁当 | トップページ | 台湾料理 故宮 ~ 渋谷 »

ファブリックの女王

マリメッコ好きなら

この映画はおさえておきたい。

P1140517


アルミ・ラティアを、

そしてアルミ・ラティアを演じる女優を描いた

ちょっと変わった撮り方の映画。

舞台上での演者をスクリーン上で観るというスタイルなので、

通常の映画とは切り離してもらったほうがいいかも。

マリメッコのテキスタイルが次々と出て眼が奪われてしまう。

(マリメッコ辞典で見たヴィンテージのものも多数)

アルミ・ラティアという繊細がうえに極端な行動に走りがちで、エキセントリックな面をもつ女性にどうしようもなく惹かれる。

デザイナーでなく、プロデュース力に長けた女性、というのが意外。

映画として楽しむ、というよりドキュメンタリータッチの演劇を楽しむ感覚で臨んだほうがよろしいかと…。

|

« 男子高校生弁当 | トップページ | 台湾料理 故宮 ~ 渋谷 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファブリックの女王:

« 男子高校生弁当 | トップページ | 台湾料理 故宮 ~ 渋谷 »