« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

いかメンチ

ケンミンショーを見ていたら、

いかメンチが美味しそうだったので

作ってみる。

次男はイカが好きではないので、

(するめは好きらしい)

ブーイングだったけれど、

なかなか美味しいと思う。

勝手ながら、

美味しいだろう、と

たっぷりの生姜の他に、クミンとターメリックをプラス。

軽い赤なら、うまく合うくらいの仕上がりに。

P1150245


ワインを飲む言い訳、というわけでもないけれど…ねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶碗蒸しに餅を入れる…てご当地だったの?

茶碗蒸し。

好きでよく作りますが、

必ず入れるのが餅。

…といっても、

器はそば猪口を使うのでそれほどの大きさのものは入れられず、

大抵、一個の四角もちを四個にカットし、そのうちの三個を入れます。

あとはその場にあったものをちょこちょこ。

底に沈んだ、卵のだしにまみれてのびる餅が大好きで、それが楽しみで。

…って、この間テレビでみていたら、これって地方だけのものだったらしいsign02

知らなかった~。

P1150239


「へーーーーっっ」

と思わず声が出てしまうほどビックリなのでした。

美味しいのよ。

みなさまも未体験でしたらぜひお試しを。

P1150241


この日は

うな丼。

P1150242


紅白なますも久しぶり。

余りのれんこんも入れて、シャキシャキ感プラス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合いびき肉でコフタ

前日の餃子の餡が少し残ってしまい、

そこに細切れ牛肉を追加購入。

フードプロセッサにかけて、一緒に混ぜ込みます。

さらに加えたのは、玉ねぎのみじん切り・塩・黒胡椒・にんにく・生姜・クミン・ターメリック・ナンプラー・酒・卵・パン粉。

混ぜ合わせて小さなハンバーグのような形をフライパンで焼いていき、ひきあげます。

P1150235


残った肉汁と足したオリーブ油で、

下茹でしたにんじんと、なす、ズッキーニをざっくり炒め、

塩と胡椒、白ワインで調味。そこへ肉を戻して味を馴染ませたら、ざく切りのトマトを合わせてできあがり。

スパイシーな炒めものに。

調味に使う、という理由で抜栓した白ワインとともにパクパクcatface

副菜は、枝豆。

最近枝付きが見当たらずスーパーで購入。

第二弾(初夏と晩夏にだいたい販売)の枝豆直売のタイミングを逃したのかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉ねぎの紅生姜サラダ

次男と先日行った飲食店でのつきだしで、

なんと衝撃的な組み合わせのサラダが。

それが、

玉ねぎの紅生姜サラダ。

あまりに美味しくって、家でも再現。

P1150234_2


玉ねぎは薄くスライスして、食感が残るよう軽くレンジで加熱。

しっかり水気を絞る。

ハム(ストックがなくてベーコンで代用)は千切りにして軽くレンジで加熱。

紅生姜をみじん切りにして、その汁と一緒に具材をあわせ、少量のマヨネーズで和える。

紅生姜って、焼きそばやお好み焼きのトッピングくらいにしか使ってなかったので、こういう使い途もあるのかと目からウロコ。

このサラダ、シンプルながらいくらでも食べられるほどに美味しい。

P1150233_2


ちなみにこの日は餃子Day。

ひたすら包んで焼く。

誰か手伝ってくれると助かるなーーーー、

なーーーーーっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽元の梅煮

手羽元を梅干しと梅酢、だし醤油とみりんで圧力鍋で炊き上げた

手羽元の梅煮。

次男の好物。

梅干自体は普段食べないのに、なぜかこうした調味料として使う分には好物にあげるという…。

P1150231


底には煮汁を含ませていただけるよう、わかめをたっぷりnote

P1150232


・とうもろこし

・長ネギのにんにく味噌だれ

・ブロッコリーとれんこんの辛子和え

…明らかにお酒のおつまみ…ですねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

獺祭をこれで飲みたかった♡

純米大吟醸 獺祭50

一般に百貨店などで出回っているのは磨きがさらに入った二割三分や三割九分の高級品ですが、

こちらは五割で、地元などで出回っているもの、らしい…です。

P1150225

香りが華やかで果物のような香りとあたりの良さ。

口にひらひら広がったのち、するりとした喉越し。

美味しくってついつい進んでしまいます。

そうしてそのお酒にピッタリなんではないかsign01と出会ったのが、

岳中爽果さんの酒器。

外側はテラコッタ色の釉薬がぬられ、そこに縦に細い銀のストライプ。

そして内側にはたっぷりの銀が使われています。

澄んだお酒がさらに清々しさを増して、口につけるときもなんだかお行儀よくしなくちゃ…といった感じになり、いつもよりゆっくりと盃を傾けるわけなのですcatface

う~~ん…旨いup

これに合わせたおかずが、

P1150220


肉豆腐。

P1150223


だし巻き卵。

そしてわかめときゅうり、筍の和えもの。

すっかり居酒屋メニューだねぇbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪黒豆マドレーヌ ええもんちぃ

いいものを頂戴しましたcatfaceheart04

それなのにUPしそびれていたとは…

P1150228


大阪 黒豆マドレーヌ

ええもんちぃ

P1150227


むっちりした黒豆が底にゴロゴロ入って、しっとりしたマドレーヌはバターの香りが口いっぱいに広がります。

これはええもんいただいたup

ごちそうさまでしたーーー

こちらは ちょびっとだけれど、

ぎんざ空也 そらいろ のお菓子を。

喜んでいただけただろうか…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「極楽カンパニー」

なんて楽しい大人のシュミレーションゲームなのだろう。

ワクワクして自分までその世界に入り込んでしまったのが、

P1150177

原 宏一さん著作の

「極楽カンパニー」

単純に楽しかったーでは終われない、

悲喜交々ではあるけれど、

これまた人生。

軽妙な筆さばきに

読後感もすっきり爽快ですcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏胸肉のハニーマスタード焼き

以前つくった、同名のオーブン焼きとは異なる仕上がり。

はちみつと粒マスタード(辛くないタイプ)と醤油をあわせたものを絡めた鶏肉にハマっております。

P1150161

オーブンではいっしょくたになって焼き上げるので肉汁とあわさり、全体になじむ雰囲気。

こちらは肉を焼いたのちに、煮詰めたのを絡めるので濃い仕上がり。
ごはん、パクパクいけるくち。

なので添えは、シンプルに野菜。

(蒸した)カリフラワー・レタス・きゅうり・トマト。

で、

ごはんは粒粒、

P1150162


とうもろこしご飯。

生のとうもろこしを丸のままフライパンで軽く焼き、

その後包丁でそぎおとし、

調味料とともに炊飯器投入で炊き上げます。

ぐっと甘味が増すような…気がしますヨcatfaceheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おぉ、あっという間の一品にクックドゥ

スーパーのチラシを眺めていたら、

「つくる」

と宣言する次男。

「コレ買ってきて」

とワタクシを使いっぱしりにする次男。

コレ、とは

クックドゥの「豚肉の黒酢炒め」

このところの暑さのなか、台所に長く立つことに辟易していたワタクシ。

立つことさえしなくていいのなら…と喜んで買いにいく。

が、大型スーパーとなると意外と棚探しで苦戦。

見つけたと思ったら、さらには新商品でそれだけがまだ出されていない。

チラシにあったので品出しをお願いして、待つ。

待つ。

待つ。

きっとこれを子どもに頼んだら「なかったー」で帰ってくるんだろうな、と想像遊びして一人笑い。

(気持ち悪い?)

P1150192


できたのがこちら。

美味しいではないか。

冷奴に雲丹醤油をひとたらしした一品と一緒に

いただきますhappy02up

ごちそうさまでしたーーーーheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさりとじゃがいものにんにく×ローズマリー焼き

先日やったえびとじゃがいもとほぼおんなじ調理法、

あさりとじゃがいものにんにく×ローズマリー焼き。

P1150178


違うのはハーブのチョイスくらい?

これまた子どもたちの好物。

副菜は、

・青梗菜のナムル

・ごま豆腐

P1150179


ごま豆腐には

おろし生姜と、

コレsign01雲丹醤油sign03

知人よりオススメいただき、つい手にとってしまいましたcoldsweats01

とろっと甘めで濃い。

黒ごま豆腐にはピッタリでしたわheart01

(指にちょっとかかってしまったままの撮影、失礼)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VINO BUONO

P1150202


夕食を外で…なんて久しぶりすぎて、ステキすぎてクラクラしてしまったこの日。

ライトアップされた大聖堂を前にしてのレストラン、

VINO BUONOは、表参道からちょっとなかに入った閑静なところにあります。

二階に位置するためこんな風に全景が楽しめる…ロマンティックだわ。

お料理もどれも美味しかったです。

P1150207


P1150204


バーニャカウダなんて、ほかでは味わえない濃厚な魚の旨味たっぷりのソース。

P1150206


P1150208


キッシュのチーズは濃厚なのに後味はしつこくない。パイもさくさくで最高。

カルパッチョや子羊のグリル焼き、リゾット、パスタ…頼むものすべてが盛りつけも華やかで味もよし。

口福がたくさん舞い込むひととき。

サービスがつかず離れずの程よい距離感。こういうの、好ましいです。

スパークリングからワインもすいすいと進みます。

P1150214


P1150215


P1150216

お話も様々なジャンルにとび、非常に豊かな時間でした。

ごちそうさまですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラジルワインと冷製パスタ~夏休みのお昼ごはん

リオオリンピックを見ながらぜひ飲みたい…と、

お店のPOPをみて即手にとったのが、

P1150197


ミオーロ

brazilian legends

初めてのブラジルワイン。

しかもお値段、やすっっsign01

自分の好きな南だし、赤ワインを選択heart04

暖かな地域で作られたどストレートな香りとフレッシュな赤が好きなんですlovely

カベルネソーヴィニヨンとメルローで作られ、

期待どおり抜栓してすぐにブワーーーッと香りがひらき、飲むのが楽しくなるワインです。

軽い飲み心地で、香りも楽しめ、果実味も十分。

これで1000円前後とは…嬉しいhappy02up

P1150194


次男とふたりのお昼どき、だったので

彼のリクエスト(どんなパスタにしようか)を聞けば

やはり、の

冷製パスタ。

P1150195


ワインのおつまみも兼ねて、

いつもの冷製パスタの上にはなすのフライも。

フライは、塩と小麦粉をはたいて揚げたもの。

甘くてしょっぱくて、いいおつまみになるのですcatface

P1150198


ミミガーベーコンと、生ハムも。

タイミングよく家にストックがsmile

昼からのんびり子どもとお昼ごはん。

夏休み、万歳up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えびのマリネ焼き

えびは、

にんにくとクミンに限る、と自分のなかのイチオシですcatface

ビニール袋に、オリーブオイル・塩・胡椒・刻みにんにく・クミンを入れてモミモミ…

マリネ液が合わさったところで、殻とワタをぬき、背を開いたエビを入れて、軽くなじませ冷蔵庫に放置。

P1150148


じゃがいもは新じゃがで皮付きのものを、レンジで下蒸ししておきます。

熱したフライパンでエビを焼き、一旦取り出してからじゃがいもを入れて、ワインをふりいれ、えびの旨味をしっかりじゃがいもに吸わせて表面もこんがり焼けたところでエビを再度加えてざっくり混ぜ合わせてできあがり。

マリネ液にレモンをあらかじめ入れていてもいいし、

今回みたいに最後にかけてもいい。

酸味が加わることでさらにクミンのスパイシーな香りが引き立ちますup

P1150149


副菜は

・小松菜のオイル蒸し煮

・そうめん瓜のおかかポン酢和え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマト冷製パスタ~夏休みのお昼ごはん

次男の好物、

トマトの冷製パスタ。

P1150151


作り方は至って簡単。

カットトマト缶を開け、

ジェノベーゼペースト、オリーブオイル、粉チーズ、塩、胡椒、刻みにんにくをよく混ぜます。

茹で上げたパスタをさっと冷まし、

水切りしたら和えるだけ。

本当は、

冷まさずにそのまま和えたほうが数倍美味しい。

ポイントは、

刻みニンニクの量。

生なのでピリリとするのがアクセントとなるため、なるべく多めに。

癖になりますcatfaceheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素麺のおだしには…柚子胡椒必須!~夏休みお昼ごはん

夏休みのお昼ごはん。

手頃なのはやはり素麺。

P1150147


つけ汁に必須なのが、柚子胡椒。

これがなくては始まらない。

P1150146


そして副菜の、

夏野菜の豆腐いりちー。

(もしくは チャンプル)

これまた定番のなくてはならない副菜。

(手軽に栄養がとれるので、素麺のときのおともによし)

美味しいねーーーcatfaceheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チキンロールカツ梅じそ味

揚げ物を食べたいけれど、

こざっぱりもしたい…

矛盾しているけれど、かなっているのがコレ。

P1150144

チキンロールカツ。
梅のたたきと、青じそを一緒にくるりと鶏胸肉で巻いて、ドロとパン粉をつけて揚げればできあがり。

あとは輪切りにカット。

(しまったsweat01下が割れちゃったcoldsweats01

じゅわっとした衣のなかから、酸味が広がります。

副菜は、

・にんじんと紫キャベツのサラダ

・れんこんのきんぴら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャーハン~夏休みのお昼ごはん

このところ、

ドラマ「侠飯」にハマっております。

チャーハンの作り方が至ってシンプルだけれど、むちゃくちゃ美味しそうなその映像に釘付け。

次の日にはラードを買いに走っておりました。

(以前も使ってはいたのですが、切らして以来久しく…)

P1150141


「ここまでやる?」と子どもにも茶化されましたが、

やはり見た目からでしょ。

この丸みが”チャーハンですsign03”感、強く主張しているし。

ここからスプーンを差し入れホロホロと崩れていく様をみて、

ウム、とひとり達成感を味わうのですから。

やらせてくださいなcatfaceup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なすの揚げ浸し

なすがちょっと手頃に入ってくると、

まずは揚げ浸し。

それから煮浸し。

そして、味噌汁の具。

王道の繰り返しメニュー。

この日は揚げ浸し。

P1150130


・なすと万願寺唐辛子の揚げ浸し

・小松菜と油揚げの炒め煮 柚子胡椒味

P1150131


メインはさんまの干物。

大根を買いそびれてしまったのが悔やまれる…weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煮豚くん

肉が食べたくって…

Photo


恒例、煮豚くん。

豚ロースブロック肉に塩をすり込み、冷蔵庫で一日ひとやすみ。

あとは、生姜や長ネギの青い部分をいれたたっぷりのお水から、

表面をざっと焼いたブロック肉をことこと煮込むだけ。

たれは、にんにくと生姜、醤油ベースのすりごまたっぷりダレ。

軽く柚子こしょうと塩で味付けした蒸し野菜をクルリと巻いていただきます。

うんまい~~~~happy02heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミックスビーンズとツナのさっぱり混ぜごはん~夏休みのお昼ごはん

教えていただいたご飯。

ホントは、

塩レモンでつくるほうがベスト。

けれど、

ないのでレモンで代用。

ごはんは、鶏がらスープの素と塩、レモンで炊きます。

P1150123

醤油・みりん・砂糖を少し水でのばし、煮た濃いめの汁に、さっと湯通ししたミックスビーンズ(缶詰)とツナを漬け込み味を染みこませ、炊き上がったご飯に混ぜ込むだけ。

野菜が入らないので、申し訳程度だけれど塩もみきゅうりをプラス。

食欲ない日になんとか喉を通せる、さっぱりご飯。

(さらにレモンをふっていただきましたsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太刀魚の唐揚げ

揚げ物、続きます。

太刀魚の唐揚げ。

油は下半分があたるくらいなので、揚げ焼き、が正しい表現かな。

背びれや腹びれがとてつもなく美味しいおつまみと化すので、

つい揚げてしまいましたcoldsweats01

P1150120


P1150121

副菜は、

・きんぴらごぼう

・オクラと削りかまぼこの冷奴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽元の唐揚げ

「やっぱり 骨付きが1番だねー」

と次男と言い合う。

弾力が違う、と思っちゃう。

それに

それに

軟骨のお楽しみがある。

ガブガブ手でもってかぶりつくので、軟骨まで齧りとる。

たまに軟骨だけ買うくらい好きなんだもの、ワタクシたちcatfaceheart01

P1150116

いつもの下味つけ(にんにくおろしとナンプラー)のあとに卵をからめ、そのあとに小麦粉とパプリカパウダー、黒胡椒を合わせたものをまとい、ねっとりとさせてから揚げると、

がっちり厚みのある衣がカリッと香ばしく、夏にピッタリup←泡の飲み物に合うってことで。

P1150117


副菜は

・れんこんのきんぴら

・レタス

・なすときゅうり、みょうがの甘酢和え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミドリな食卓

お抹茶を入れて作った蒸しパン。

(炊飯器でつくる)

P1150124


サラダも意図してミドリだらけ。

P1150125


(さっぱりしすぎなので粉チーズはたっぷり。)

P1150126

うだるような暑さのなかの朝食時、

たまには視覚から涼しさを取り入れてみる。

白×ミドリ

そしてちょっぴりの紫。

うん、これなら全部食べられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏胸肉のハニーマスタード~和風サンド

 みんなの“具だくさんサンド”を大募集!
みんなの“具だくさんサンド”を大募集!

鶏胸肉を使った和風サンドイッチです。

鶏胸肉のハニーマスタード焼き、

きんぴらごぼう、

ふわふわ卵焼き

それだけでおかずのワンプレートとなるものをぐぐっとパンで挟むので、

美味しくならないはずがないhappy02up

お吸い物を添えていただくと、

一風変わった朝食や昼食になるかも。

1_4


[材料 2人分]

食パン10枚切り…4枚

マーガリン…適量

マヨネーズ…適量

(鶏のハニーマスタード焼き)

・鶏胸肉…180g

・片栗粉…大さじ2

・醤油、はちみつ…各大1

・粒マスタード…小1と1/2

(きんぴらごぼう)

・にんじん…60g

・ごぼう…60g

・サラダ油…小1/2

・砂糖、醤油、みりん…各小1

・(顆粒を使った)鶏がらスープ…大1

(ふわふわ卵焼き)

・卵…MSサイズ3個

・マヨネーズ…大2

[作り方]調理時間45分

①ふわふわ卵焼きを作ります。材料をよく合わせて、薄く油をひいた卵焼き器に流し、蓋をして中弱火~弱火で両面焼きます。焼きあがったら二等分にカット。

②きんぴらごぼうをつくります。ごぼう、にんじんを細かく千切り。ごぼうはあく抜きをし、軽く油をひいたフライパンで炒めて、調味料を入れ炒め煮。水分を飛ばしたらできあがり。

③鶏胸肉のハニーマスタード焼きを作ります。胸肉は薄くそぎ切りにし、醤油小さじ1/2(分量外)を馴染ませ、片栗粉をまぶして、油をひいたフライパンで両面焼きます。

④合わせた調味料をを入れて、鶏肉に味を入れ、水分が飛んだところでできあがり。

⑤パンに薄くマーガリンとマヨネーズを塗ります。

⑥レタス、卵焼き、きんぴらごぼう、鶏の順にパンにのせます。少量のマヨネーズを都度つなぎに使います。 軽くパンで押さえつつ二等分にカットしたらできあがり。

2_4


3_3




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツルムラサキと豆腐のナムル

ツルムラサキ。

初めて購入。

(今さら~ですが、デビュー)

ビーツのような土っぽさを感じる香りなので、

ナムルにしてみる。

ちょっと塩加減を間違え濃くなってしまい、

急遽水切りした木綿豆腐も合わせて。

P1150112

栄養豊富なので、今後も使いたいけれど、

やはり香りが…

(パクチーとかは平気なのに)

P1150111


メインはカレイの唐揚げ。

塩・胡椒に、粉をふって揚げた簡単さにもかかわらず、

ヒレやしっぽがパリパリ美味しいし、

肉はふっくら柔らか。

いいね、いいねup

添えは

トマトと、白菜・えのきだけの鶏がらスープの素炒め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コロッケ

久々のコロッケ。

今さら、なのですが

気づきました。

ワタシの作るコロッケは俵型。

世間では、

クリーム系は俵だけれど、ひき肉の入ったポテコロは小判型だったのね。

P1150115


フライパンで数を一気に揚げてしまいたくて俵型にしているので変えるつもりはなし。

ただし、

買ってきたコロッケと、作るコロッケはすぐにバレてしまいますcoldsweats01

(買ってくるコロッケは甘いので子どもたちは好きではないらしいが…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いるの いないの?

京極夏彦さん著作の絵本。

P1150113

「いるの いないの?」

昔、鹿児島の祖母宅に泊まるたびに感じていた得体のしれない不安。

それが思い出される。

暗い天井の梁だったり、

ずらり壁にかかった祖父、曽祖父、またその先…の額装された写真。

そして外廊下をつたって家の端に位置する和式トイレの暗闇。

庭の奥の奥の暗がり、木の幹の分かれ目にぶらさがる蛇の抜け殻。

手水鉢にやってきた小さな蟹でさえ、これはなにかの遣いではなかろうか…などといろいろ怪しんではいたくらい、

そのくらい、なにに対しても不安を抱えて眺めていたあの頃。

その気持ちを、

この絵本の少年にそのまま投影し、彼のビジョンであらためて絵本の世界を内側から眺めてみると、ずっしりとした怖さと不安の重さが背中にのしかかってくる。

挿絵の無機質感を出すガラスのような目、陶器のような肌がなおいっそう、その効果を増幅させているようだ。

夏の昼下がりにでも、夜にでも、そっとひとりで眺めることをオススメいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンバーグ

ハンバーグ、

たまには大きなのも食べたい、という。

大きなの…

って、どのくらい?

いつもよりちょっとだけ肉を増やして、玉ねぎをたっぷりと増やしてみたら、

P1150108

オーブンで焼いても焼き縮みがそれほどなく仕上がる。

(玉ねぎのおかげネwink

満足そうで、よかった、よかった。

要するに、

「野菜のおかずより、肉の量が多いこと」がニーズだったらしいcatface

そういうことね。

(玉ねぎも結構入ってますけどネsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼きカレー

久々の焼きカレー。

P1150106


好きだーーーーっhappy02upup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏野菜の柚子胡椒炒め

野菜も旬の時期を迎えると

サイズの大きいことsign01←きっと農家直売品限定

P1150033


なす

ズッキーニ

パプリカ

いんげん

どれもが色濃く大きめ。

軽く下蒸ししたら、

オリーブオイルとにんにくでさっと炒め、鶏がらスープの素と柚子胡椒を加えて馴染ませたらできあがり。

スープの素でまろやかに、柚子胡椒でピリッと辛味がきいて美味しいです。

・夏野菜の柚子胡椒炒め

・鮭のムニエル

・蒸し鶏とわかめ、長ネギのポン酢和え

P1150035


これがまた、美味しくって…おかわりしたくなる…

けど、残り物の胸肉だったのでストックなしcrying

また、作ろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ワイナリーの「東京ワイン」

東京都23区内で初めてのワイナリー、ということで日経新聞にも創業当初とりあげられた

東京ワイナリー。

オーナーの意向で

様々な試みと、作りたかったという味のワインがここで生まれています。

こだわりは、

果実味を活かすこと。そのための、あえての無濾過。

スパークリングでも、好みのドライ味を作り、甘い味は作らない。

タンクの容量と、人手、作り方を自動の機械を使用しない、というのもあり、出来高量は限られていますが、ワイナリーで直売も行われるようになったのでタイミングを逃さなければ売り切れになる前に手に入れられるようになりました。

P1150032


こちらのワイナリーでは珍しく、比較的甘味を感ずるという

東京ワインを購入。

高尾という(食用)高級品種を使っています。

無濾過なのでクリアで洗練された味と違い、果実味を存分に楽しめるワイン。

食用品種なので皮もそれほど固くなく、長期保存はできないというのも、裏手にすればフレッシュさ=果実酒らしさを味わえるというメリットにも。

こちらは酸味も抑えられているので、ワインの渋みや酸味が苦手、という方でも気軽に飲めてしまいます。

ちなみにワタクシ、(ひとりで)二日で一本空けてしまいました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シューマイのあとの、お楽しみ

毎度の課題、

シューマイの肉を何グラムにすべきか…。

レシピ量の1.5~2倍だったかな~とアバウトなせいか、

具が最後に足りなくなります。

そしてこの度も。

P1150030


P1150031


・シューマイ

・枝豆

・厚揚げとれんこんの煮物

すべてシューマイに使いきり、冷凍ストック分まで確保しようと考えましたが途中から肉餡が皮の残数に対し、どうも足りないことに気づき…

残り9枚のところで急遽シューマイづくり断念。

少ない肉餡を分けて

P1150028


ワンタンに。

翌朝のスープの具にしましたhappy01

これでもいいかも~up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »