« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

年の瀬

あっという間に2016年も締めにかかってまいりました。

歳を重ねるごとに、

なんと月日のたつのが早いことか…

しかも自分の身になにか積めるものがあったか?と振り返ってみても、

なにもなし、がここ数年続いています。

来年こそはなにか残せることを、身になることをしたい、と目論んでおります。

さて、お正月料理の準備も終わったころ…なのでしょうか?

ワタクシはただいま真っ最中…。

味を極力濃くしたくないので、日持ちしないおせちとなり、例年作るのは今日明日です。

それでも前もって準備していたのが唯一…

P1150698


いくらlovely

11月下旬から12月頭くらいには筋子を購入し、その日のうちに

漬けたものを冷凍保存しておきます。

今年は筋子不足で高値が続き、買うタイミングをいまかいまかとうかがっていたら12月中旬になってしまいましたcoldsweats01

そのときに即下準備をし、お正月分は冷凍へ。

そして残りはその日のお夕飯に…がコチラの写真。

P1150700


柔らかな皮からぷちっと弾けてねっとりした甘味。

やはり自分で作るのが濃さも好みに調整できてよいのですcatface

はてさてお正月に解凍したものはどんな感じか…

また楽しみです。

ではでは…

みなさま

よいお年をお迎えくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスご飯~その2 イブに終わったはずなのに…

イブに特別ご飯を作ったわけなのですが、

「今日がクリスマス当日なのに、なにもないってことないよね?」

などと言う次男。

普段なら一蹴してしまうところですが、

前日のサラダに金柑を入れ忘れてしまった悔いと、

チーズが半分以上残っていたため、

メインをたてたサブ飯ってことで、

鰯を使ってクリスマスご飯。

(お安いsmilenote

P1150730


・鰯のハーブ焼き バジルソースのマカロニ

・カナッペ

・サラダ

・セロリのスープ

鰯は、にんにくと塩、オリーブオイル、ローズマリーを合わせたものを両面に塗りつけしばらく放置。

じゃがいもはマッシュして、塩、胡椒、すりおろしにんにく(半量をレンジで加熱、半量は生)とマヨネーズ、牛乳を合わせてなめらかに。

マッシュポテトを俵にして鰯を巻き、230度余熱したオーブンで10分焼いたらできあがり。

P1150732


金柑を入れてリベンジのサラダ。

レタスやキヌアを加えたり、切り方を変えてみたり。ドレッシングも変えてみる。

P1150733


ブルーチーズには黒胡椒とはちみつON。

美味しっっlovely

P1150735


P1150737


今年CALDIで飛びついた、

そんなに甘くないぶどう炭酸ジュース。

シャンパンっぽいボトルがクリスマス感を煽り、子どもたちのテンションもあがる。

「これワインに近い味??」と聞いてきたり。

例えるなら色といい味といい、ランブルスコロッソかな。

そのノンアル版みたいなお味でした。

で、デザートは?と当然のように要求してくるので、

まぁやはりメインの昨日に比べて少量に。

P1150734


ナッツとチョコがたっぷりのブラウニー。

これを焼いているときのぷーんと漂う甘い香りが大好きなんですhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスご飯~その1 メインはイブに…

今年のクリスマスご飯はイブに揃って、おうちごはん。

ま、いつものことです。

いつもが一番、平和ってことですね。

先日のtottoさんのおもてなしコーデ講習会のメニューがあんまり美味しかったので、

早速再現。

P1150718


・ダイスサラダ。

ギリシャ風が元レシピですが、フェタチーズでなくカッテージチーズで代用。

なにせ我が家の一部男子は香りに弱くって…sad

たぶんヤギは✖でしょう…

(ワタクシは大好きですが)

刻んだパクチーも入る予定だったのですが、これも前回違う料理で出したところNGという者が現れたのでここも今回はパス。

自分の誕生日ご飯のときにちょこっと入れるとしましょう(誕生日ご飯はメインゲストが好きなものをリクエストできるシステムなので)。

野菜は、きゅうり、プチトマト、紫玉ねぎ、紫キャベツ、アボカド、パプリカ…金柑を用意したのに入れるの忘れちゃったsweat01

P1150719

・ブルーチーズのマッシュポテト

・ごぼうとセロリのピラフ

ブルーチーズはドルチェタイプを。

ハードよりマイルドなので大丈夫だろう、とレシピどおりの分量を。

いい感じでじんわり香りが広がります。

美味しいheart04

ごぼうとセロリの組合せがこんなに相性いいとはsign01と感動し、これはぜひ家で作りたいっと思ったレシピ。ターメリックの黄色も効いてるし、鶏スープの味が染みて滋味lovely

P1150720


ピラフの炊き込みにも使った素がこちらのスープ。

・鶏のスパイシー煮込み

お肉とお野菜の旨みたっぷりsign01

P1150721


素材の味を最大限に活かした、滋味なので、肉にはお好みによりマスタードや岩塩をつけていただきます。

ピラフやポテトも各自好きなように盛り付けてワンプレートに。

P1150722


サラダもプレートに一緒に盛り付けたかったのですが、

チキンレッグが大きくて、別盛り。

スープは飲める濃さなので、こちらも取り分けます。

簡単に作れて、美味しいtottoさんレシピ。

なんだかハマりそう…

デザートだけはいつも自分が作るお菓子本から。

P1150724


スーパーで試食したぶどうが美味しくって…happy01note

ぶどうのロールケーキに決定。

粉ゼラチンを買い忘れ、なかの生クリームが固まらず…ちょいだれてしまいました。

あぁ残念。

P1150726


柔らかロールケーキ、味は◎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レバニラ炒め

無性にレバーが食べたくなるとき、ありませんか?smile

この日は

レバニラ炒め。

大人男子は何時に夕食になるやら分からないので、

作り置きです。

レバーともやし、ニラを一緒に炒めると、時間がたつとどうしても、

①もやしに水が…

②ニラが変色…

③レバーを焼肉感覚で食べたいという希望が叶えられない…

ので、

P1150682

こんな感じに。

もやしとニラは、青森のスタミナ源の塩だれで。ニラはもやしを炒め調味した後に加えて軽く数秒で火を止めます。

レバーは洗って血抜きしたら水気をとり、しょうがと岩塩きつめで焼きます。

最後はちょろりと醤油をたらす程度に。

野菜はさっぱりめの塩味で、もやしとニラの甘味増大。たれもとろみがあるので思ったより水が出ない。

レバーは岩塩の強さで、焼き肉らしさ満喫。

①②③クリア。

P1150683


副菜は、

・筍、切り昆布とにんじんのきんぴら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごまぶり

ごまさば、という郷土料理が福岡にはあります。

生のさばをたっぷりのごまと、あまじょっぱいお醤油ベースのタレにまみれさせた一品。

生のさばがベストなのですが、

こちらでは手に入らないので

家ではもっぱらぶりで代用。

P1150667


みりんはお水を少し加えてレンジで煮切ります。

そこに、醤油、あと調整で砂糖をほんの少し、しょうがのすりおろし、すりごまを加えて混ぜたものに、切ったぶりを投入。

漬け状態にします。

当初は冊をスライスしていましたが、好みの食感を残したいので、太めの拍子切りに。

漬けにしてもなお弾力を残したい、と思えば、こちらがオススメですwink

P1150668


副菜は、

・赤かぶの甘酢漬け

・白菜と小松菜、厚揚げの炒め煮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマトの冷製パスタ

パスタのネタ、続きます。

カルボナーラを作った日、準備前に

「今日のパスタはなに?」

と次男に聞かれ、

「カルボナーラsign01」と

答えたところ

「えーーーーーdownwardrightその気分じゃないbearing」と言われました。

食べ物に対して失礼な、と即叱りましたが。

(あの豚こまカルボナーラ、たまたま次男それを食べるチャンスなくまだ未体験だったのです)

まあ結局、カルボナーラをひとくち食べていつものごとく頬がゆるんでいたので(彼は非常に分かりやすい)、そらみたことか、と言ってやりました。

…で、

次男が当時期待していたパスタというのが

トマトの冷製パスタ。

冷製、といいつつ冷やしたわけではないのですが、ソースを加熱していないのでhappy01

P1150693

昔の職場で教えてもらったレシピ。

(飲食店ではありません)

トマト缶を大きなボウルに開け、

刻んだたっぷりのにんにく、オリーブオイル、(冷蔵庫から出したばっかりの)バジルペーストと粉チーズ、胡椒をしっかり合わせておきます。

塩を強めにした茹で湯であがったパスタをボウルに移し、ぐるんぐるんと和えればできあがり。

生のにんにくのピリリとした辛味と香り、たっぷりのチーズが絡んだ風味と、バジルの香り。

そしてトマトのほどよい甘さと酸味がなんともいえない美味しさ。

おそらく次男のなかで一番、のパスタ。

夏によく作りますが、味もしっかりだしほんのり温かいくらいなので季節を問いません。

さてさて、今更…なのですがこの間テレビでコツみたいに紹介されていたので意外とざる派が多いのか?!と気づいたこと。

パスタを合わせるとき、いつもトングでそのまま移していきます。

ゆで汁も多少あったほうがいいので決してざるは使いません。

移す際、ゆで汁少ないな、と思ったときは別にお玉で足していくくらい。

これは何のパスタのときでも一緒。ソースを乳化し馴染ませるために必要不可欠。

…と昔、教えてもらいました。

ゆで汁があるとなしとでは味が大きく変わるので、ご注意を…wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おうちカルボナーラ、これなら間違いなく美味しい!!

ここ最近ブログ更新おこたってますが、

やめてはいませんcoldsweats01

ほぼ毎日、より

ペースをゆるく変えていこうと思います。

しばらくぶりの料理更新…ですが、

休日パスタについて。

家族みんな大好き、カルボナーラ。

常備品のベーコンスライス以外にも

ベーコンブロックを買ってみたり、といろいろやってみましたが、

前々回あたりより、

間違いなく美味しくできるuphappy02

豚こま肉でのカルボナーラに移行しています。

P1150692


豚こま肉を粗く刻み、強めに岩塩をふり、にんにくとともにオリーブオイルでじっくり焼きます。

溶いた全卵に、たっぷりの粉チーズを混ぜ、そこにも岩塩を少しプラス。

固めに茹で上げたパスタを、豚こま肉と茹で汁少々でもってフライパンで軽く炒めあわせ、味とオイルをパスタに馴染ませたところで火を消します。

チーズ、塩を加えた溶き卵を流し入れ、素早くグルッと混ぜ合わせたらできあがり。

お皿に盛り付け、黒胡椒を多めにガリガリとおろします。

いいベーコンを使えばきっと美味しいのでしょうが、

普通にスーパーでパックされているスライスでは時間と量次第により味も出にくいsweat01

なので、豚こま肉+岩塩多めで、旨みを即抽出bleahnote

オリーブオイルもたっぷりめに、にんにくもたっぷりめに…

なんでもtoo muchが美味しくできるコツ。

一度作ったらきっと家でしか食べられなくなるかも…ですよ。

お試しあれ。

ちなみに、パスタを茹でるときのお湯の塩加減も気を抜かずにgood

あさりの塩抜きするときと同じくらいで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶりのにんにく胡椒焼き

冬になると、

ほぼほぼ、

ぶりにしか目がいかないのでは??

てほどに、好きなんですcatface

P1150664


一番好きな食べ方は、

お刺身。

そして、こちらの塩と胡椒で焼いたもの。

お肉感覚で脂もおいしいheart04

添えには

・かぼちゃのきんぴら

P1150665


あとは、

・きゅうりともやし、昆布のナムル

・大根と鬼おろしのポン酢和え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩麹ぶた

時々無性に食べたくなる、

とんかつ用の豚ロース肉をつかった、

塩麹豚。

P1150661


筋きりをした後、

塩麹を塗りつけて放置しておくだけで、

豚の旨みと甘味がぐぐーっとUPup

あとはグリルで焼くだけでできあがり。

翌日のお弁当にも。

P1150663


こちらはカットしてから、しめじと一緒にフライパンで白ワインをたらして蒸し焼き。

こちらもこちらで美味しいheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せんべい汁

青森八戸の名物、せんべい汁。

以前、八戸に住むひとから教えてもらって以来、

スーパーでせんべい汁用のせんべいを見つけると手をのばしてしまいます。

P1150658


今回は、豚肉醤油ベースで、

ごぼうや白菜、にんじんとともに。

ぐつぐつ…

お豆腐も足してぐつぐつ…

さいごに4つに割ったせんべいも入れて、汁を吸ったところで

もっちりとした食感のせんべいをいただきますhappy01

クセになる~~~up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手打ちうどん 長谷川

武蔵野うどん、知っていますか?

麺が長くてごつごつと弾力あって、

そして肉の入ったつけ汁でいただくという。

力強いうどんです。

Image4


こちらでいただいてきました。

Image2


糧うどん 大根おろしプラス

具がたっぷり入ったつけ汁です。

そこへ麺を移そうとするのですが、

とにかく一本が長い、

想像を絶する長さ。

いただく上で、途中噛みちぎります。

美味しい…

Image3


二口目には、忘れていた大根おろしも入れて。

(あるなしでちょっとお値段変わります)

さらに麺にツユが絡みやすくなります。

よい塩梅。

テーブル席もあるけれど、おひとり様用のカウンター(厨房に面していない)もあるので、

気軽に入りやすい。

よいですね~。

またお伺いするといたしましょうsmile

ごちそうさまですheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭のマヨチーズ焼き

これは間違いなく美味しい、

鮭のマヨチーズ焼き。

朝、お弁当のおかず用にと多めに作っておいた

ブロッコリーのドレッシング和え

かぼちゃの煮っ転がし

こちらを添えて。

普段は夜作ったものを翌朝お弁当に転用、のパターンですが、

その逆パターンもたまにあります。

一回で二回の食事分作るほうが効率的smile

P1150559


あらたに作り足したのは、鮭となす味噌炒めbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校生男子弁当

メインおかずは大抵前日のものを転用しますが、それがないときの高校生男子弁当。

冷凍にストックしていた食材を使った日のお弁当。

この日は冷凍子持ちししゃも使用。

P1150549


・子持ちししゃもの天ぷら。

・紅白なます

・はんぺんのバター醤油焼き

・かぼちゃの煮付け

この日は冷凍鶏もも肉(カット済)を使用。

P1150553


・鶏の唐揚げ&レタス

・ブロッコリのドレッシング和え

・赤かぶの甘酢漬け

・たけのこの土佐煮

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわしの南蛮漬け

夏になると小アジとかの南蛮漬けをよく作ってましたが、

まぁ、冬でもたまには食べたくなります。

酸っぱいものがね。

この日はいわしの南蛮漬け。

P1150546


P1150547


P1150548


酸っぱいものの横には、甘くてとろっとしたものを。

なす田楽。

なすはレンジで下蒸ししたあと、フライパンで調理。

早く柔らかになりますcatface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えびの串焼き

このところパエリヤとかによく使われている赤えびをよく見ます。

細くて長いこのえび、

ほかに何に使えばいいものか…と考えたあげく、

ま、焼くか。

背わたを抜いて、足やヒゲをカットしたら、にんにくと塩、クミン、オリーブオイルを入れたビニール袋に入れて軽くなじませて放置。

あわせて、お魚コーナーにあるいわしのつみれも購入し、こちらにはパン粉を細かく砕いて塩とおろしにんにく、粉チーズ、バジルを加えたものを合わせて、溶き小麦粉をつけたらパン粉という順番に。

あとは、つみれは揚げた後に串に刺し、えびは串に刺してから白ワインで蒸し焼きにします。

(つみれは串が油まみれになるのが嫌なので後。)

P1150555


P1150556


あとはひよこ豆をばらばらとのせたサラダを添えて。

いわしのつみれのほうは、もう少し味にパンチが欲しかったかも…。

えびは味はいいと思うのだけれど、殻がめんどくさい、と言われてしまいましたcoldsweats01

翌日のお弁当には、

いわしのつみれフライを。

ケチャップのせで。

P1150558


こっちのほうが違和感なく美味しかったhappy01

やはりトマト&バジルは最強の組合せなのね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

tottoさん料理講座

料理研究家tottoさんの料理講座に初めて参加できましたhappy01

「tottoのみんなが集まる日のごはん」@copse

P1150618


あぁ、雰囲気あるわぁ~~~heart04

デモンストレーション形式で、ワタクシたちはレシピをみつつ、都度質問を交えながらtottoさんが調理をすすめていくというスタイル。

P1150619


献立の組合せ方、彩り、テーブルコーデ。

ちょこちょこと挟んでくる情報量の多さといったら。

tottoさんの世界観を彼女の口からじかに聞けるという幸福感といったら。

~~~~~~happy02heart04

表しきれないこの高揚感。

P1150623

ひとつひとつ、食に対する溢れ出る愛情が伝わってくるのです。

そうこうしている間に、

完成。

そして、盛り付け。

ここでcopseさんとのコラボ。

”集いの食卓”をテーマに作家さんの器を紹介されている期間中でしたので、料理にふさわしい力強い土感を出してくる器たちに料理が盛られていきます。

P1150627


ゴルゴンゾーラのたっぷり入ったマッシュポテトは硬派な鉢に。

ポテトの肌がひきたちます。

P1150630


ギリシャ風サラダは、赤みの強いリムにアクセントのついた鉢。

P1150640


P1150635


鶏肉のハーブスパイス煮込みは、耳がぽってり可愛らしい土鍋に。

ごぼうとセロリのピラフは色鮮やかなターメリックの色が出ているので、ルクルーゼのお鍋から土色の器に移されます。

そして…

P1150639


copseさんにある様々な花器を使い、仕上げに花。

これがtottoさんワールドlovely

華奢な花を楚々と自然にあるように挿していきます。

テーブルコーデが完成したところで、お食事会。

P1150641

みんなでわいわいワンプレート、なので盛り付けはこんな感じで…とtottoさん。

さすが、です。

お皿の美しさにも皆、魅入ってしまいます。

(これまた会期中取り扱いの作家もの)

「みなさん、お酒は召し上がれるかしら?」

なんと前夜のうちにお宅で仕込んでくださったワインをサーブ。

りんご、マイアレモン、シナモン、ミントが入っているそうです。

果実の香りと爽やかな風味…。

シアワセだ~~~

P1150643


P1150647


デザートレシピも。

手早く作れるブラウニーなのですが、ナッツが丸々いろんな種類がごろごろ入ってます。

P1150651


copseさん、tottoさん、ありがとうございますconfidentheart01

濃ゆ~いひととき、もう心身ともにお腹いっぱい、満たされましたup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おろしハンバーグ

挽肉料理、

つづきます。

なんとなく続いてしまった。

しかも肉パックを別に追加で買ってまでして。

(大容量で二回に分けて、でなく)

大根おろしをたっぷりとかけたハンバーグを食べたかったんです。

(…と子どもは力説。「です」調ではなかったが。)

最近、自分が食べたいものがなんだかその日思いつかず、とりあえず人に聞いてみることにしています。

P1150538


大根おろしハンバーグ完成sign01

鬼おろしで粗くした大根にたっぷりポン酢がよく合いますhappy02heart04

その日唯一ワタクシが食べたかったもの、

それはサラダ。

シンプルに葉っぱが食べたかった。

なので、ハンバーグにたっぷり添えます。

P1150539


ワタクシの分のハンバーグは家族の男子たちに比べて小さめでOK。

肉:大根おろし=1:1.5なくらいでダイジョーブ。

で、このところ飢えていた生の葉野菜をたっぷりと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »